5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

真宗大谷派・東本願寺系諸派総合スレッド Part.15

1 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/26(水) 08:20:12
真宗大谷派をはじめとして浄土真宗東本願寺派、本願寺維持財団、本願寺寺務所
など、いわゆる「東本願寺」にまつわる教団問題や、教義・教学などについて語り合う
総合スレッドでございます。
なお、上記以外の東本願寺系諸派※の話題についても扱い対象とします。

※東本願寺系諸派
真宗三門徒派、 真宗浄興寺派、原始真宗、浄土真宗(西念寺) 、真宗長生派、
浄土真宗同朋教団など。

過去ログほかは>>2以降を参照。

2 :転載:2005/10/26(水) 20:26:29

●過去ログ●
本願寺
http://travel2.2ch.net/kyoto/kako/951/951262495.html
真宗大谷派
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1087905604/
真宗大谷派・東本願寺総合スレッド 二
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1092227806/
真宗大谷派(真宗本廟)・東本願寺総合スレッド 三
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1094821147/
真宗大谷派(真宗本廟)・東本願寺総合スレッド 4
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1096630764/
真宗大谷派(真宗本廟)・東本願寺総合スレッド 伍
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1100316194/
真宗大谷派(真宗本廟)・東本願寺総合スレッド 陸
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1104365875/
真宗大谷派(真宗本廟)・東本願寺総合スレッド 漆
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1106045652/
真宗大谷派(真宗本廟)・東本願寺総合スレッド 捌
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1108802509/
真宗大谷派(真宗本廟)・東本願寺総合スレッド \
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1112333190/
真宗大谷派(真宗本廟)・東本願寺総合スレッド ]
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1119538634/
真宗大谷派(真宗本廟)・東本願寺総合スレッド 11
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1121337011/
真宗大谷派(真宗本廟)・東本願寺総合スレッド 12
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1123426055/
真宗大谷派(真宗本廟)・東本願寺総合スレッド 13
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1126287710/
真宗大谷派(真宗本廟)・東本願寺総合スレッド 14
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1128273853/

3 :転載:2005/10/26(水) 20:29:09
◇ 真宗大谷派から分裂した、いわゆる「お東紛争」の現在 ◇

故・大谷光暢(闡如)大谷派第24代法主 より見て

宗派:浄土真宗東本願寺派(もと東京本願寺) http://www.honganji.or.jp/
本山:浄土真宗東本願寺派本山東本願寺(もと真宗大谷派浅草別院・浅草門跡)
長男:(故)大谷光紹(興如)〔浄土真宗東本願寺派第25代法主〕
    →長男:大谷光見(聞如)〔浄土真宗東本願寺派第26代法主〕

宗派:浄土真宗(財団法人本願寺維持財団) http://www.honganji.net/index.asp
本山:本願寺(東山上花山)
次男:大谷暢順(經如)〔本願寺維持財団/本願寺門跡〕
    →長男:大谷業成(光輪・楽如)〔本願寺門主〕
      ※大谷派25世を継いだものの、正式な継承式をする前に離脱したので、記録から抹消。
       (2ちゃんねらー)

宗派:真宗大谷派 http://www.tomo-net.or.jp/
本山:真宗本廟(いわゆる「東本願寺」より改名)
三男:大谷暢顕門首(淨如)〔大谷派第25代門首〕

宗派:浄土真宗(東派)※正式名称不明 http://www.d1.dion.ne.jp/~mitinori/test/index.html←移転準備中
本山:大谷本願寺(本願寺寺務所)※右京区嵯峨鳥居本北代町に建設予定
四男:大谷暢道(光道・秀如)〔大谷本願寺/大谷家第25代当主〕

〔参考文献〕
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/951262495/557,826 本願寺
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1066495915/309-328 大名家の系図を現代までつなげてみるスレ
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1087905604/36,38,39,60,65 真宗大谷派
http://www.d1.dion.ne.jp/~mitinori/honganji/sosiki.html 真宗二十二派(+α)&本山紹介
他に宗派公式HPを参考にさせていただきました。
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1087905604/65氏には多謝です。
Written by 調声人 ◆DlIN3YzWlI(引用する場合は文責を明らかにするためこの署名まで引用してください)

4 :転載:2005/10/26(水) 20:34:46

★ 「真宗教団連合」に加盟している宗派

●浄土真宗本願寺派(門主:大谷光真)……西本願寺
●真宗大谷派(門首:大谷暢顯)……………真宗本廟(東本願寺)
●真宗高田派(法主:常磐井鸞猷)…………専修寺
●真宗佛光寺派(門主:澁谷曉眞)…………佛光寺
●真宗興正派(門主:華園眞暢)……………興正寺
●真宗木辺派(門主:木邊圓慈)……………錦織寺
●真宗出雲路派(管長:藤光永)……………毫摂寺
●真宗誠照寺派(法主:二條秀瑞)…………誠照寺
●真宗三門徒派(門主:平光顕)……………専照寺
●真宗山元派(法主:藤原光教)……………證誠寺

5 :転載:2005/10/26(水) 20:43:23

●関連スレ●
=浄土真宗本願寺派(西本願寺)+西本願寺系諸派=
浄土真宗本願寺派・浄土真宗系諸派総合スレ 3
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1128746591/

=真宗高田派=
【伊勢一身田】真宗高田派【下野高田】
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1076867038/

=真宗木辺派=
真宗木辺派ってどうよ?
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1124336709/

=真宗浄興寺派=
【奉】歓喜踊躍山浄興寺本堂落慶【祝】
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1084681751/

=東・西本願寺系、高田系、木辺系以外の諸派総合=
◎浄土真宗(真宗)全22派 連合総合スレッド◎
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1128427332/

6 :転載:2005/10/26(水) 20:45:41

●関連スレ●
浄土系のお坊様に質問です…  Part.3☆
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1123146717/
   阿弥陀如来信仰
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1075795050/
【南無阿弥陀仏】 浄土三部経 【西方極楽浄土】
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1097665411/
【庶民】念仏道場を語るスレッド【信仰】
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1103554110/
浄土真宗本願寺派 [17拍]
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1129021608/

7 :転載:2005/10/26(水) 20:51:22

★ 宗門校
【真宗・東】
大谷大学 同朋大学 光華女子大学 大谷女子大学 名古屋音大学 名古屋造形芸術大学
愛知新城大谷大学 愛知文教大学
【真宗・西】
龍谷大学 京都女子大学 武蔵野大学 相愛大学 岐阜聖徳学園大学 兵庫大学 筑紫女学院大学

●URL
大谷大学…………………http://www.otani.ac.jp/
京都光華女子大学………http://www.koka.ac.jp/
大谷女子大学……………http://www.ohtani-w.ac.jp/daigaku/index.html
同朋大学…………………http://www.doho.ac.jp/~univ/
名古屋音楽大学…………http://www.doho.ac.jp/~meion/
名古屋造形芸術大学……http://www.doho.ac.jp/~zokei/
愛知新城大谷大学………http://www.owari.ac.jp/shinshiro.html
愛知文教大学……………http://www.abu.ac.jp/

〔参考文献〕
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1044876999/227 過去ログ倉庫行き
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1096630764/12   過去ログ倉庫行き

8 :転載:2005/10/26(水) 20:54:03

★ 真宗大谷派による正信念仏偈の勤行(音声ストリーミング配信)
http://www2.ocn.ne.jp/~hongaku/syosinge1.mp3 (312KB)
http://www2.ocn.ne.jp/~hongaku/syosinge2.mp3 (117KB)
http://www2.ocn.ne.jp/~hongaku/siyogiyu.mp3 (205KB)
http://www2.ocn.ne.jp/~hongaku/nigiyu.mp3 (148KB)
http://www2.ocn.ne.jp/~hongaku/sangiyu.mp3 (164KB)
http://www2.ocn.ne.jp/~hongaku/eko.mp3 (59KB)
(先祖供養のためのお経 http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1073577745/8 より)

・トップページからたどると他のコンテンツもあります。ありがたくアクセスさせていただきましょう。
http://www2.ocn.ne.jp/~hongaku/

9 :転載:2005/10/26(水) 20:55:38

http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1119414096/557
557 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/08/19(金) 06:31:13
真宗22+α派を系統的に考えると、西本願寺系、東本願寺系、専修寺系、仏光寺系、
錦織寺系の主力5派に大別できる。
「マイナー宗派だからといって差別はできない」という意見も分かるのだが、せめて系統
立てして統合していかないと真宗系スレが溢れかえらないとも限らない。

【西本願寺系】
浄土真宗本願寺派、真宗興正派、真宗出雲路派、真宗山元派、門徒宗一味派、仏眼宗、
仏教真宗、浄土真宗親鸞会

【東本願寺系】
真宗大谷派、大谷本願寺、浄土真宗東本願寺派、(財)本願寺維持財団、真宗三門徒派、
真宗浄興寺派、原始真宗、浄土真宗(西念寺) 、真宗長生派、浄土真宗同朋教団

【専修寺系】
真宗高田派、真宗北本願寺派

【仏光寺系】
真宗仏光寺派、淨土真信宗浄光寺派

【錦織寺系】
真宗木辺派

【その他、系統不明】
真宗誠照寺派、大法輪台意光妙教会、和の教会、ハニベ岩窟院念仏会、浄土真宗遣迎院派、
中山身語正宗、真宗一心山昌玲寺派 etc…

10 :転載:2005/10/26(水) 20:57:26
過去にあがった大谷派の発言例

〜メダルはEUのものでも、国のものでもなく、それぞれの選手の努力の上に輝いているものなのに
それを国家を代表する人が他国と比べていばってどうするのだろうと思わないでもありません。
 自分の国の選手を応援し、地元の学校に声援を送るのは、
私たちの中にあって自然にでてくる身贔屓の気持ちです。
 しかし、その気持ちは身贔屓であるだけに限界があり、相対的で、偏りという暗さがある気持ちです。
(略)〜そして他の国に対し、日本を優位に置いて誇り、領土も文化も日本にするのが善いことのように
思う錯覚も生まれます。
                     〜同朋新聞10月号四衢亮氏のコラム時言より

11 :転載:2005/10/26(水) 21:03:35
真宗大谷派が南京大虐殺追悼記念法要  2005/06/10

日本の真宗大谷派の僧侶9人と信徒2人による南京大虐殺追悼記念法要が8日、
南京大虐殺殉難同胞記念館の万人坑前で行われた。
今回の法要は、真宗大谷派久留米教区「靖国問題協議会」が組織した日中友好
訪中団による法要活動の一環として行われたもの。一行は南京で4日間の法要
活動を行うため、7日に南京入りした。
団長の木屋行深福岡光善寺住職は、「大谷派はかつて戦争を支持し、これに貢献
した。これは700年余り前の真宗大谷派創設者の初心に完全に反している。その
ため、中国訪問を通じて、過去に発生した出来事を理解・反省し、真の日中友好、
真の交流のための条件を整えることを、今回の訪問のきわめて重要な目的とした」
と語った。
(南京6月8日発新華社)
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/xwdt/t199418.htm

12 :転載:2005/10/26(水) 21:05:05

843 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/08/05(金) 23:50:04
「(日本は)ひどくて、ひきょうな国」 生き続けるGHQ宣伝計画
1 名前:番組の途中ですが名無しです 2005/08/05(金) 13:32:27 ID:zXOaEiLQ0 ?
占領期に連合国軍総司会部GHQ)が実施した「戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための
「宣伝計画」(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)は、今も形を変えて教育現場に生き続けている。

東京・九段北の靖国神社にほど近いある千代田区立中学では、女性教員が指導し、
「紙上討論」と称する授業を行っている。

三年生の授業では、さきの大戦について日本に謝罪と賠償を求めた韓国の大統領、
盧武鉉の演鋭や、原爆、戦争責任などを取り上げ、感想を書かせた。

生徒たちは、教員の指導と助言を受けて書いた感想文に「日本政府の人たちは頭、悪いんじゃないかと
思いました。本当に賢い人は『真実を、きちんと徹底的に教える』と私は考えるからです」「盧武鉉大統領、
日本の過去の事実を教えてくださって、ありがとうございました」「国のために死ぬのは右翼の人だけでいい」

後略
八月五日 産経新聞朝刊より一部抜粋

【歴史問題】「(日本は)ひどくて、ひきょうな国」 生き続けるGHQ宣伝計画[08/05]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1123207981/

13 :転載:2005/10/26(水) 21:06:16

慰安婦強制連行のウソ

(1) 日本ではじめて「従軍慰安婦」を戦争犯罪として世に広めたのが、千田夏光著「従軍慰安婦」
(1973年)および「続・従軍慰安婦」(1974年)です。

この本では、千田氏が「挺身隊」として動員された朝鮮人女性20万人のうち、5〜7万人が慰安婦
にさせられたと書いています。しかし「挺身隊」とは軍需工場などへ勤労動員された者のことで「慰
安婦」とは全く別のものです。

また、挺身隊員で慰安婦になれと強制された例は一つも確認されていません。これは朝鮮の反日
運 動家が「挺身隊で連れて行かれる者は慰安婦にさせられる」というデマを流したのを、千田氏が
ろ くに検証もせずに書いてしまったようです。

(2) 次に発行されたインチキ本は「私の戦争犯罪−朝鮮人連行−」吉田清治著(1983年)です。
この本で吉田氏は韓国済州島で慰安婦にするための女性狩りを度々行ったと告白した上、日本・
韓国およびアメリカなどで謝罪講演をして廻りました。

 しかし、千葉大学教授の秦郁彦氏が済州島に行って実際に調査したところ、吉田氏が慰安婦に
す るための女性を1000人近く徴用したという事実はないことが判明しました。それに現地の新聞
がすで に「吉田証言に該当する事実はない」と報道していたのです。

 韓国政府も国際人権委員会も吉田証言を引用して報告書を書いていますが、それは日本の朝
日新 聞が吉田証言をとりあげて、これを権威付けたからです。

 しかし、今日では、吉田証言は全くの嘘であることが証明されて、本人もフィクション(作り話)
であることを認めています。

14 :転載:2005/10/26(水) 21:11:33

932 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/08/07(日) 10:02:33
持ちつ持たれつ、ですか?

http://nishinomiya.jcp-giin.net/detail/02_06021.shtml
>宗教年鑑によると、門徒550万人をもつ浄土真宗大谷派宗議会が有事法案の撤回を求める
>決議をおこなっています。決議はこう述べています。
>有事法案は「戦争放棄を明記する憲法に違反し、すべての軍事を優先させ、市民の人権を
>根こそぎ破壊し、国民を戦争にかりたてる」ものであり、「国を守るとしながら、実は国民総
>動員を企図するものにほかならず」「政府、国会議員が有事法案を撤回し、断念せられることを
>強く求める」という内容になっています。どこかの宗教団体・宗教政党が自民党と一体となって
>有事法制成立になりふりかまわず策動している姿とは、格段の違いがあると言わなければな
>りません。

550万?門徒の総意のような表現をされ、なおかつ、公明党攻撃の道具に使われちゃってるしw
あ、本意ですか?www

15 :転載:2005/10/26(水) 21:14:09
ttp://www.honganji.or.jp/history9.htm

09.昭和の法難

激動の現代にあって、親鸞聖人の法統を受け継がれたのは二十四代闡如上人(1903〜1993)でした。
闡如上人は、終戦後荒廃していた人々の心に、親鸞聖人の御教えにより、広く救済の手を差し伸べら
れました。特に、大谷智子御裏方と共に、大谷楽苑を設立し、仏教音楽を通じて戦後日本の文化的復
興に尽されて、その御感化は遠く海外にまで及びました。
多くの人々が教化を受けて闡如上人の下に集い、親鸞聖人七百回忌(1961)、並びに蓮如上人の四
百五十回忌(1949)の法要も盛大に行われました。蓮如上人四百五十回忌の法要では、京都東本願
寺の参詣者だけでも50万人を超えました。しかし、この一見順風満帆に見えた東本願寺にも、世界の
東西冷戦という時代の影響が、暗い影を落とし始めていたのです。
1969年本願寺と包括関係にあった真宗大谷派内部から、当時の反体制革命思想等の影響を受けた
僧侶(宗政家)達に煽動され、教義を根底から覆し、親鸞聖人から続いた法統を廃絶しようとする反乱
が起きました。
闡如上人は本願寺の法統を守るために、真宗大谷派との包括関係を解き、京都の本願寺を独立させ
ようとされました。そして全国の別院末寺にも独立をするよう命を下されたのでした。
それを受けて闡如上人の長男の興如上人(1925〜1999)は、自身が住職をされている東京本願寺の
独立を進められたのでした。 が、悲しきかな1981年改革派は、700年の法統を廃絶するように、宗憲
を変更してしまいました。
ここに真宗大谷派は、従来の東本願寺とは全く異なった宗教団体へと変質してしまったのです。それ
ばかりか、1987年「宗本一体」の実現という名目で、京都の本願寺を法的に閉鎖消滅させてしまいま
した。
けれども、御仏の光はどんな時代にも、真に信仰ある人々を見捨てません。希望は残ったのです。

16 :転載:2005/10/26(水) 21:15:50
ttp://www.sphere.ad.jp/honganji/homepage/index.html

明治の末期、本願寺(通称・東本願寺)の勧学布教と財政基盤の強化を目的に構想
が検討され、大正元年(1912年)、時の本願寺門跡のご発示、ならびに大谷伯爵家
からの7千坪の土地の寄附を受けて、それを基本財産として本財団は設立されました。
運用財産の主な財源として予定された、永代経収入が真宗大谷派に引き抜かれたこ
とで、たちまち財団運営の途がふさがれ、不本意な停滞の状態が実に昭和48年まで
続きました。

この年になって東山浄苑の創建運営を本願寺の要請で引き受けたことと、それと並行
して進められた上記の土地の有効利用を図る懸命の努力により、財政基盤は飛躍的
に強化されました。
こうした背景のもと財団は設立以来、約1世紀に亘って、その目的に沿い本願寺を支
援してきました。
ところが昭和62年(1987年)、本願寺は真宗大谷派により解散吸収され、慶長8年
(1603年)の開山以来400年続いた、宗派本山としての寺院の実体が消滅してしま
いました。

JR京都駅の北にそびえる壮大な伽藍“お東さん”はもはや「お寺」ではなく、又、住職
も不在の、単なる廟(墓所)になってしまったのです。
しかし本財団は、財団設立の主旨(前掲「御親示(抄)」)に明らかなように、“浄財を蓄
え本願寺の法灯擁護の原資に当て、将来も後顧の憂いなく勧学布教を進めて、報恩
謝徳の経営を行う”ため全力を挙げています。

17 :転載:2005/10/26(水) 21:17:45

Kyoto Shimbun News 2004年11月16日(火)
大谷光道氏が新寺院建設へ
本願寺寺務所、来年5月移転

真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)の故大谷光暢前門首の四男大谷光道氏(59)は16日、
右京区嵯峨鳥居本北代町に新しい寺院を建設し、東本願寺内にある本願寺寺務所を来年5月に移転
する、と発表した。
光道氏が現在使用している東本願寺境内の内事部建物を来年3月末までに明け渡すよう定めた真宗
大谷派との和解を受けた。新寺院は今年2月、光道氏ら5人の共同名義で購入し、敷地約1800平方
メートル。来年1月に寺務所と庫裏を着工、本堂は来秋の着工を目指す。
宗派と大谷家が対立した「お東紛争」で、光道氏は門首継承権を失い、僧籍簿から削除された。宗派
は2000年、内事部建物と聖護院別邸(左京区)の明け渡しを求め光道氏を提訴。今年7月の大阪高
裁で両者の和解が成立した。
光道氏は「寺院の名称は未定だが、新しい環境で全国の約30カ寺とともに宗教活動を続ける」として
おり、将来は宗教法人を取得する方針。
ttp://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004111600142&genre=J1&area=K1F

右京区嵯峨鳥居本北代町
ttp://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&nl=35/01/24.419&el=135/40/25.215&grp=all&coco=35/01/24.419,135/40/25.215&icon=mark_loc,0,,,,&

18 :転載:2005/10/26(水) 21:23:42

305 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/07/20(水) 20:44:53
何が凄いって東京大空襲で一面焼け野原になったのに、東京の本願寺は焼けなかった。
参考までに・・・
ttp://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/tokyoudaikuusyuu.htm

19 :転載:2005/10/27(木) 05:35:59
≪祖国を蝕む内なる敵を斬る!≫
 
 国の体質が変わるとき先ず司法の体質から変わることは前述した。
スペイン共産党書記長S・ガリョは共産主義化へ向けたプロパガンダ装置として「マスコミ・学校・司法を
味方につけられれば時間の問題で共産主義革命に至る」と述べているが、日本はこの三つとすでに共
産主義勢力の手中に落ちかけているのだ(496頁)。

 平成10年の参議院選挙では比例代表で共産党に投票した人間は819万余人だが、これは未成年
など選挙権のない人やノンポリの棄権者の比率を鑑みると、日本人有権者の2割近くが共産党に投票
したことになる。つまり大人が5〜6人いれば、その内の一人は共産主義者なのである。社民党や民主
党左派(社会党出身議員)を支持した人も合わせると、日本人の3〜4人に一人は確信犯的な左翼だと
いう見かたもできよう。こんなに左翼比率の高い国は、自由主義国では韓国、ドイツ、日本ぐらいのもの
ではないだろうか。(498頁)

 マルクス主義が暴力を肯定するイデオロギーであることは前述した通りだが、それ故にマルクス主義
陣営同士でもその好戦性から内ゲバが絶えない。中核派と革マル派の内ゲバは有名だが、国単位で
もソ連と中共、ソ連とチェコ、中共とベトナムなど、共産主義国の憎みあいはそのイデオロギーの持つ暴
力性に由来する(500頁)。

20 :転載:2005/10/27(木) 05:42:38

 マルクス主義の毒とは麻薬よりも中毒性が強いのだ。例えば宗教界に目を向けてみると、日本国内
のキリスト教団体はごく一部を除いて大半が反日自虐史観を掲げており、共産革命を目指す宗教団体
も多く「日本のカトリック団体のいくつかは左翼の巣窟になっている」(渡邊昇一氏)のである。「日本キ
リスト者平和の会」や「日本宗教者平和協議会」等は共産党直系であり、その中でも特に悪質なのが
靖国反対を主導する「日本キリスト教協議会」である。宗教を否定する共産主義にかぶれる宗教団体
というものは、もはや私には全く理解ができない存在である。「マルクス主義はキリストの敵であり、日
本の戦争は聖戦である」と宣したカトリックのローマ法王の言葉を、この共産主義キリスト教徒たちはど
のように受け止めているいるのであろうか。なお仏教界においても左翼系が増殖しているが、とりわけ
共産党の影響力が強いのが浄土真宗である。真宗大谷派(東本願寺)が平成14年に発行したパンフ
レットでは『新しい歴史教科書』や靖国神社を批判して「私達は15年におよぶ中国への侵略戦争とア
ジア太平洋戦争からなにを学んだのでしょうか」などと歴教協流のマルクス史観が延々と並べ立てら
れている。実は東本願寺が共産党にジャックされているのは地元京都では知る人ぞ知る事実であり、
共産党の牙城である京都では真宗大谷派のみならず共産党員の僧侶が多数存在しており、仏の教え
よりもマルクス・レーニン主義を広げることのほうに熱心なのである(505頁)。
⇒自己否定以外の何ものでもない。

21 :転載:2005/10/27(木) 05:52:24

 本来のその目的主旨から逸脱して単なる反日反米マルクス・レーニン主義運動に「変化」してしまっ
たのは同和運動も同様であり、社会党・中核派・解放派などが合流した部落解放同盟は、幾多の暴
力的行動を引き起こして「極左暴力団」として認知されるに至っている。
 その解放同盟よりもさらに悪質なのが共産党系の全解連(全国部落解放運動連合会)であり、彼ら
の運動は同和問題そっちのけで「反天皇」「反資本主義」「反自衛隊」「反日米安保」「護憲」「中朝へ
謝罪と連帯」といったスローガンに溢れているのだ。なお、あまりにも悪評が広がりすぎた為に全解連
は名称を人権総連(全国地域人権運動総連合)に最近変更している。私は同和運動がその本来の主
旨だけを訴える分には何の異議もないのだが、同和の仮面をかぶった共産主義政治運動である以上
は、その政治性において強く批判するものである。偏向したイデオロギーを排して純粋に同和問題に
取組んでいる「全国同友会」等の同和運動は全面的に支持する(505頁)。

 中西輝政教授は「左派勢力は、市民団体、NGO、官公庁や自治体、左派のテレビ・新聞を中心に、
外国人参政権運動、男女共同参画構想など、一見それとはわかりにくい主張を隠れ蓑して、じわじわ
と勢力回復を図り、今では再び侮り難い影響力を誇示し始めた。(中略)ことによると保守との勢力関
係は再び伯仲する兆しをみせているのかもしれない」とのべられているが、まさに慧眼の指摘であり、
日本は今や「第二の韓国」への道を歩みつつあることを忘れてはならないのだ(506頁)。

22 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/27(木) 09:03:00

死刑執行の停止、死刑制度の廃止を求める声明

昨日、大阪拘置所で1名の死刑が執行されました。
私たちは、1998年6月29日以来、死刑の執行がなされるたびに「死刑制度を問いなおし
死刑執行の停止を求める声明」を宗派として表明し、教団内はもとより、広く社会に対して
死刑制度について論議していくことの大切さを呼びかけてまいりました。しかし、このたび
私たちの願いが聞き届けられることなく、引き続き死刑が執行されたことは、誠に悲しむべ
きことであります。
私たちは、たとえどのような罪を犯した人間、また未だ反省や悔悟の気持ちを表現すること
にいたらない人間であっても、それを排除することなく、かけがえのないいのちとして尊重す
ることをとおして共に生き合える世界を、阿弥陀如来の本願として教えられています。私た
ちはその根源の願いに立って、一人ひとりの人間が、いのちの尊厳において見出される社
会の実現を願うものであります。

23 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/27(木) 09:05:35
>>22の続き)
もちろん、犯罪被害者の深い悲しみや怒りは察してあまりあるものがありますし、死刑を望
む声もあることは承知しておりますが、私たちはこれまでに開催した死刑制度と犯罪被害者
の課題に関する公開のシンポジウムや講演会をとおして、犯罪被害者遺族が求めているの
は、加害者の心からの反省や悔悟や償いであり、遺族の悲しみは死刑の執行によって癒さ
れるわけではなく、加害者や加害者の遺家族との交流・対話によってなされることを学んで
まいりました。

私たちは、どこまでも加害者の償いが可能となり、被害者にとっても、その苦悩から解放さ
れる新たな関係を生み出していくことを願っており、そのため、さまざまな立場の人々と共に
考え、論議していくための場を開いていくことにつとめる所存であります。
ここに、あらためて今回の死刑執行に遺憾の意を表明すると共に、今後の死刑執行を停止
し、死刑制度廃止に向けての取り組みが進められますよう願うものであります。

2005年9月17日

真宗大谷派宗務総長 熊谷 宗惠

24 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/27(木) 09:11:47

日本国憲法「改正」反対決議

今年、私たちはアジア・太平洋戦争敗戦60周年を迎えました。1931年の「満州事変」に
始まり、1945年8月の広島・長崎への原爆投下に終わった15年にも及ぶ戦争一色の年
月の中で、日本国民約300万人、アジア諸国民約2000万人の命が奪われ、その悲惨な
傷跡は未だ癒されることなく国内外に深く残っております。

1946(昭和21)年に公布され翌年施行された「日本国憲法」で私たちは、「国民主権」
「基本的人権の尊重」「戦争放棄」の三原則を国のあり方の根本と定めました。この「日
本国憲法」は、二千数百万人にも及んだ余りにも大きな犠牲へのおののきと、人類の
滅亡すら危惧される核の時代がもたらす底知れない不安感を背景に、「政府の行為に
よつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し」、「平和を愛する諸国
民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意」して生み出され
たものでありました。
しかしながらその後、日本政府も私たちも、国の基本法である「日本国憲法」に謳われ
た精神を具現化することをおざなりにし、戦争犠牲者から託された、恒久平和構築の悲
願を忘れたかのように、経済的物質的豊かさのみを飽くことなく追求してまいりました。
まさに「恥ずべし、傷むべし」と言わざるを得ません。
私たち大谷派宗門もまた、「遠く通ずるに、それ四海の内みな兄弟とするなり」と本願
念仏のみ教えをいただかれた親鸞聖人を宗祖としながら、宗祖聖人の仰せにもなきこ
とを聖人の仰せと偽り、釈尊の「兵戈無用」の金言を忘れて、戦争遂行に協力をしてき
ました。

25 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/27(木) 09:22:24
>>24の続き)
戦争の悲惨さを知る人が少なくなりつつある今、日本国民が、「国家の名誉にかけ、
全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓」った「日本国憲法」を「改正」
しようとする動きが急加速しております。ことに2001年9月に発生した同時多発テロ以
降、アジア近隣諸国との関係悪化に便乗するかのように、「戦争放棄・戦力不保持・
交戦権の否定」を謳った第9条の「改正」を中心とした憲法「改正」への動きが俄に現
実味を帯びてきました。
「世のなか安穏なれ、仏法ひろまれ」と宗祖の仰せをいただき、1995年・戦後50年に
当たって「不戦決議」を採択した私たちは、宗門の負の歴史を心に刻み、「日本国憲法」
を生み出した戦争犠牲者の声なき声に耳を澄ませて、「国権の発動たる戦争と、武力
による威嚇又は武力の行使」を「国際紛争を解決する手段」として「永久にこれを放棄する」
意志を再確認し、今般の「日本国憲法」「改正」の動きに対して、真宗門徒として強く反
対の意を表明いたします。

2005年6月14日

真宗大谷派宗議会

26 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/27(木) 09:51:58
>>24
>1931年の「満州事変」に始まり、1945年8月の広島・長崎への原爆投下に終わった15年にも
>及ぶ戦争一色の年月の中で

典型的な左巻き志向の表現ですね。
それ以前からの歴史的展開は無視ですか?

27 :転載:2005/10/27(木) 10:04:52
【「朝生」における福島瑞穂の暴言】

福島「警察官の拳銃使用は絶対反対。犯罪者と言えども人権はある訳ですしぃ〜、犯人には傷一つ
   付けてはいけない。例え凶器を持った凶悪犯と言えども警察官は丸腰で逮捕に向かうべき」
田原「そんな事して、警察官が殺されたら?」
福島「それは警察官の職務ですしぃ〜、それに犯人がそんなに抵抗するんだったら無理して逮捕する
   必要は無いと思うんですよぉ〜、逃がしても良い訳ですしぃ〜」
田原「じゃっ、逃がした犯人が別の所でまた人を殺したら?」
福島「それはそれで別の問題ですしぃ〜」

それ以降、田原総一郎は福島に発言させなかった。

28 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/27(木) 10:45:28
>>26
それを指摘すると「君は戦争を美化しようとしている!」「軍国主義を肯定する右翼!」と
罵られるんですねぇ。毎度のことではありますが。
「侵略戦争」という言葉の主語は必ず「(日本による)」が前置きされてるんですねぇ。
で、各地で残虐行為の限りを尽くし、日本国民は本来、それを望んではいなかった、という
論調なわけです。そりゃ本当ですか?

「お国のために」はただ“言わされていた”だけですか?
「靖国で会おう」はただ“言わされていた”だけですか?
戦争というのは「指導した者」だけを晒し首にして総括できる、そんな単純なものですか?
主体もへったくれもない論調ですねぇ。
念仏さえしていれば、過酷な奪い合いの生存競争の外側に身を置けるんですか?
それは違うと思いますけどね。
お寺の外に出たことがないと、奇麗事だけで世の中が成り立つと錯覚してしまうんですかねぇ。
アンタが拠って立っている正義というものがあるとすれば、所詮、それはアンタだけの正義ですよ。
他人様にそう言って聞かせている坊さんが、最もそのスパイラルに浸かって出離の縁を持たない。
こりゃ廃れるわけです。

29 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/27(木) 10:53:05
>>1
前スレにちゃんと「次スレ」としてURLを貼ってね。

30 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/27(木) 10:58:43
>>28
被害者の言い分だけが正しいってことなんだろ?
WWUのB、C級戦犯の裁判なんてろくな弁護人もつけず、現地民の証言の
裏づけ作業もしないまま、いきなり論告求刑なんてことがザラだったと聞く。
当然、抗弁をしても採用されるはずもない。
相手は最初から一方的に裁き倒すつもりでやっているのだから。
勝者が敗者を一方的に裁いて、その結果だけでモノを語る。
そこで本当に何が起こっていたのか?なんてことは調べようともしない。
過去の人々は野蛮な理性と全体観だけで愚直に突き進み、それを帝国主義
国家が巧妙かつ周到に利用していた、なんてことが真実かと。
そこに宗教的救いを持ち出すのは構わないが、結果、そのことが多くの人々
を犯罪者呼ばわりし、名誉を剥奪したまま死なせていくような冤罪の温床に
なっていることに気づかない。

31 :転載:2005/10/27(木) 11:02:08

オランダ  サンティン・アムステルダム市長 (1994年内務大臣)
「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。日本は敗戦
したが、その東亜の解放は実現した。即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から
追放して終わった。その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。日本の
功績は偉大であり、血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。自分
をさげすむことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。」

タイ  ククリット・プラモード 元首相
「日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産
して母体をそこなったが生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南ア
ジア諸国民がアメリカやイギリスと対等に話ができるのは一体誰のお陰であ
るのか。
それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあった為である。
12月8日は我々に、この重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して
重大決意された日である。更に8月15日は我々の大切なお母さんが病の床
に伏した日である。我々この2つの日を忘れてはならない。」

マレーシア  ラジャー・ダト・ノンチック 元上院議員
「私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。敗れ
て逃げてゆく英軍を見た時に今まで感じたことのない興奮を覚えました。
しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで将来のそれぞ
れの国の独立と発展の為に、それぞれの民族の国語を普及させ青少年の教
育をおこなってくれたのです。」

インドネシア  モハメッド・ナチール 元首相
「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。大東亜戦争は私たちアジア人の
戦争を日本が代表して敢行したものです。」

32 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/27(木) 11:34:05
>>31
という声があってもダメなんだろうね。
もう固まっちゃってるから。

33 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/27(木) 11:40:10
>>1
乙です!

34 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/27(木) 11:52:35
>>25
>1995年・戦後50年に
>当たって「不戦決議」を採択した私たちは

(´・ω・`) 知らんがな

35 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 01:00:02
NHKに韓国の犯罪を追及してもらおう!
在日の悪事を報道してもらおう!
以下の内容を文体を変えてNHKの下記のコーナーに書き込もう!
http://www.nhk.or.jp/
特集・もっと知ろう韓国!もっと知ろうニッポン!

・なぜ韓国は在日を差別して受け入れないのですか?
・なぜ韓国は日本固有の領土である竹島を不法占拠・領土侵犯するのですか?
・なぜ韓国は日本と戦争した事も無いのに戦勝国だ!と主張するのですか?
・なぜ韓国は第18光洋丸を沈没させたのに、謝罪も賠償もしないのですか?そしてなぜNHKを始め、日本のマスコミは、この事件を報道しないのですか?
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/1917/
・なぜ日本は在日の犯罪を通名で報道するのですか?
・なぜ在日は通名を使うのですか?
・なぜ日本政府は反日思想の在日に参政権を与えようとしたり、人権擁護法案を可決しようとしたり、社会保障を与えるのですか?参政権も社会保障も韓国がすべきです。
・なぜ韓国は日本のマンガなどの文化や科学技術、製品などをパクるのですか?
・なぜ日本政府は善良なる日本国民の生命や財産を守らずに、在日の人権ばかり守るのですか?
・なぜ韓国人たちは従軍慰安婦も強制連行も存在しないのに、日本に抗議をするのですか?
・なぜ韓国は靖国参拝や日本の歴史教科書に文句を言うのですか?明らかに内政干渉です。日本のマスコミも報道すべきではないですね。
・日本政府はなぜ統一教会という人身売買を行う韓国カルトを放置するのですか?
・なぜ在日の人たちは朝鮮半島に帰らないのですか?北朝鮮に家族を人質に取られてると主張し、日本に対し、いろいろ権利を主張しますが、
それは本来韓国政府に主張すべきですし、北朝鮮に対して、あなたがたが革命を起こすべきで、日本には全く関係のない事ですので、
これ以上日本と日本人に迷惑をかけないでもらいたい。

36 :_:2005/10/28(金) 01:06:01
片瀬雪希とぽけっとチュッチュ♪

37 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 01:37:47
>>35
大谷派内でも執拗に在日に肩入れしているのがいるが、その多くは同和屋さんと
繋がりのある僧侶ばかり。

38 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 01:54:27
>>37
外で酒飲んでる時に、大声でその手の話をするバカが多いのもここの教団人の特徴。
他のお客さんや従業員がドン引きしているのもお構いなし。
何なんだろうね、こいつら。

39 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 02:16:45
>>38
私生活でお付き合いしても特にメリットはないですから。

40 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 19:16:36
創価の次は親鸞会かいな・・・

41 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 20:06:49
>>31
まあ、この教団でそれを言っても無駄みたいですよ。
帝国主義=悪、の一面理解だけで突き進みたいようですし。
最初に理想を立てちゃって、あとは裁く側に回っちゃうと。
そんな自分自身も、ある特定社会の全体論の中に身を置いているという自覚が無いようで。

42 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 22:06:40
>>41
それを問題にしている自身の問題は?ということなんだよね。
それなくして「問題への取り組み」と抜かしてる香具師など放っておけばいい。

43 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 22:24:10
>>40
西で相手にされないものだから今度は東か?懲りないねぇ。

44 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 22:44:12
他を攻撃しなければ己を正当化できない、という者ほど愚かなものはいない。
行き先決まったな。

45 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 22:55:01
>>41
自分は常にどこか一段高いところにいるんですよ。
で、偉そうに上からモノを論じていこうとするんですね。
論じてる側がどれだけ私生活がハチャメチャのものであっても、それは関係がないようです。
真宗って何でこんな虫のいい宗教団体なんでしょうね?

46 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 23:19:05
>>1
セットアップ完了?

47 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 23:39:29
前スレが1000到達したので浮上させます。

48 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 23:41:55
模範的な回答ですね(w

993 名前:名無しさん@京都板じゃないよ :2005/10/28(金) 23:19:37
本物の本願寺はどれか?


995 名前:名無しさん@京都板じゃないよ :2005/10/28(金) 23:24:22
>>993
本願寺?
堀川or東山だろ。
浅草にあるのは「東」本願寺だしな。

49 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 23:43:28
真宗本廟という答えは出ませんでした。哀れよの〜

50 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 23:47:30
>>49
真宗本廟?
おいおい、それは「本願寺」じゃねえだろが。

51 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 23:48:27
884 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/10/25(火) 20:25:46
真宗大谷派宗憲
(真宗本廟)
第十三条 真宗本廟は、宗祖聖人の真影を安置する御影堂及び阿弥陀堂を中心とする聖域であって、本願寺とも称し、本派の崇敬の中心、教法宣布の根本道場である。


885 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/10/25(火) 20:27:57
宗教法人「真宗大谷派」規則
第三条 この法人は、この宗門の最高規程たる真宗大谷派宗憲(以下「宗憲」という。)により、宗祖親鸞聖人の真影を安置する真宗本廟(本願寺とも称する。)を中心とし、

52 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 23:50:07
886 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/10/25(火) 20:29:32
真宗本廟崇敬条例
第二条 真宗本廟は、宗祖聖人の真影を安置する御影堂及び阿弥陀堂を中心とする聖域であり、真宗大谷派(以下「本派」という。)の唯一の本山であって、本願寺とも称し、本派の崇敬の中心、教法宣布の根本道場である。


888 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/10/25(火) 20:33:53
称号及び標章等に関する条例
第二条 次の各号に掲げる称号は、本派及び真宗本廟たる本山本願寺を指称する称号として、本派が固有にこれを依用する。
 一 大谷派
 二 真宗東本願寺派
 三 東本願寺派
 四 真宗大谷派本願寺
 五 東本願寺
 六 大谷派本願寺
 七 大谷本願寺

53 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 23:51:45
>>52
と言いながら、法的には浅草門跡の前に屈しましたけどねwww

54 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/28(金) 23:54:49
浅草は安全パイ。

敵は東山にあり。

55 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:00:06
>>53
確かに。
浄土「真宗東本願寺派」の名称も、本山「東本願寺」の名称も合法的に奪取されましたね。
しかし、本願寺の解散を声高らかに宣伝しておいて、「我々こそが東本願寺だ」と主張したところで
説得力ゼロ。
真宗本廟(東本願寺)なる表記に至っては情けないの一言。

56 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:01:46
東山じゃなくて本願寺は下鳥羽だろうが。
六条山にあるのは財団法人で、宗教法人じゃないよ。

57 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:07:45
>>56
寺基は東山上花山だが?

58 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:15:24
>>55

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
|
       ____.____    |
     |        |        |   |   
     |        | ∧_∧ |   |   
     |        |( ´∀`)つ ミ |   
     |        |/ ⊃  ノ | |
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄   |   
  .          大谷派     |
    .              |
      .               |
       ____.____ |
     |        | オッ!!   | |       |||
     |        | ∧_∧ |   |       |||
     |        |( ・∀・) |   |      東本願寺
     |        |/ ⊃━⊃━━━━┫          ┃
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |    ┃          ┃
           浅草門跡     |    ┗━━━━━┛
                        |
――丶ヽ〃――――――――― ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こういう構図だからね。
自ら投げ捨てといてあの言い分はどう考えてもオカシイ。

59 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:27:15
こういう文化事業?もぜ〜んぶ先を越されてるしね。
http://www.rennyo.jp/

60 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:31:19
>>58
分かりやすいなぁwww

でも、まさにそういうことでしょう。

61 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:34:42
>>56
確かに、京都の伏見区に宗教法人「本願寺」を設立して寺基を移転する動きがありましたな。
あれってどうなったんです?

62 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:38:47
財団法人の地図を見ると、「真宗本廟(元本願寺)」と書いてあるんだよね(w
確か報恩講のご案内のところ。
ちなみにけっこう出仕してる僧侶がいるようだが、あれは崇敬寺院の住職連中?
それとも所化?

63 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:50:29
帰命無量寿如来 南無不可思議光
法蔵菩薩因位時  在世自在王仏所
覩見諸仏浄土因 国土人典之善悪
建立無上殊勝願 超発稀有大弘誓
五劫思惟之摂受 重誓名声聞十方
普放無量無辺光 無碍無対光炎王
清浄歓喜智慧光 不断難思無称光
超日月光照塵刹 一切群生蒙光照
本願名号正定業 至心信楽願為因
成等覚証大涅槃 必至滅度願成就

64 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:51:30
如来所以興出世 唯説弥陀本願海
五濁悪時群生海 応信如来如実言
能発一念喜愛心 不断煩悩得涅槃
凡聖逆謗斉回入 如衆水入海一味
摂取心光常照護 已能雖破無明闇
貪愛瞋憎之雲霧 常覆真実信心天
譬如日光覆雲霧 雲霧之下明無闇
獲信見敬大慶喜 即横超截五悪趣
一切善悪凡夫人 聞信如来弘誓願
仏言広大勝解者 是人名分陀利華

65 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:52:23
弥陀仏本願念仏 邪見驕慢悪衆生
信楽受持甚以難 難中之難無過斯
印度西天之論家 中夏日域之高僧
顕大聖興世正意 明如来本誓応機
釈迦如来楞伽山 為衆告命南天竺
龍樹大士出於世 悉能摧破有無見
宣説大乗無上法 証歓喜地生安楽
顕示難行陸路苦 信楽易行水道楽
憶念弥陀仏本願 自然即時入必定
唯能常称如来号 応報大悲弘誓恩

66 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:53:14
天親菩薩造論説 帰命無碍光如来
依修多羅顕真実 光闡横超大誓願
広由本願力廻向 為度群生彰一心
帰入功徳大宝海 必獲入大会衆数
得至蓮華蔵世界 即証真如法性身
遊煩悩林現神通 入生死薗示応化
本師曇鸞梁天子 常向鸞処菩薩礼
三蔵流支授浄教 梵焼仙経帰楽邦
天親菩薩論註解 報土因果顕誓願
往還廻向由他力 正定之因唯信心

67 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:53:44
>>56
宗教法人本願寺(京都市伏見区下烏羽三町37)のことですね?
しかし、活動主体は六条山ですね。

>>61
いつの段階の情報ですか?それ。

68 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:54:28
惑染凡夫信心発 証知生死即涅槃
必至無量光明土 諸有衆生皆普化
道綽決聖道難証 唯明浄土可通入
万善自力貶勤修 円満徳号勧専称
三不三信誨慇懃 像末法滅同悲引
一生造悪値弘誓 至安養界証妙果

69 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:55:37
善導独明仏正意 矜哀定散与逆悪
光明名号顕因縁 開入本願大智海
行者正受金剛心 慶喜一念相応後
与韋提等獲三忍 即証法性之常楽
源信広開一代教 偏帰安養勧一切
専雑執心判浅深 報化二土正弁立
極重悪人唯称仏 我亦在彼摂取中

70 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:56:30
煩悩障眼雖不見 大悲無倦常照我
本師源空明仏教 憐愍善悪凡夫人
真宗教証興片州 選択本願弘悪世
還来生死輪転家 決以疑情為所止
速入寂静無為楽 必以信心為能入
弘経大士宗師等 拯済無辺極濁悪
道俗時衆共同心 唯可信斯高僧説

71 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:57:52
南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無
弥陀成仏のこのかたは
いまに十劫をへたまえり
法身の光輪きわもなく
世の盲冥をてらすなり
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無

72 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 00:58:24
>>63-66,>>68-70
正信偈を荒らしの道具に使うのはやめろ。

73 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 01:01:11
  ワケ     ワカ      ラン     ワケ       デモ     ナイ♪
  ∧_∧   ∧_∧    ∧_∧   ∧_∧     ∧_∧    (⌒)(⌒)
 ( ・∀・)  ( ・∀・)   ( ・∀・)  (  ・∀)    (∀・  ) 彡│ || |
⊂ ⊂  )  ( U  つ  ⊂__へ つ  ( ○  つ   ⊂ ○ )   (∧_∧⊃
 < < <    ) ) )     (_)|   \\ \   / //    ( ・∀・)
 (_(_)  (__)_)    彡(__)   (_(__)  (_(_)     ∪
     トモ       イエ      ナイ     ケレ      ド♪
     ∧_∧      ∧_∧    ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧
     ( ・∀・)     (, ・∀・)∩ (・∀・∩) (,, ・∀・)    ( ・∀・ )っ
   (( ( つ  ~つ )) (( (つ    ~ノ  (つ  丿 (つ  つ )) ( つ  /
     乂  ((⌒) )) + ヽ (⌒ノ   ,( ヽノ     ) ) )    |  (⌒)
     (__) ̄      (_)U   し(_)    (_)_)     し'⌒^ミ

74 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 01:01:41
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無
解脱の光輪きわもなし
光触かぶるものはみな
有無をはなるとのべたまう
平等覚に帰命せよ
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無

75 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 01:01:59
     イイ        カゲン        ソノ     ヘンニ
     ∧_∧        l |  | l
   ◯( ・∀・ )◯    ∧_∧        ∧_∧    ∧_∧
    \    /     ( ・∀・ )      ∩ ・∀・)  ○( ・∀・ )○
     |⌒I │     ⊂     つ      ヽ ⊂丿   \    /
    (_) ノ     / /\ \     ( ( ノ ))  ミ,( ヽノ
      し'     .(__)  (__)     し'し'     し(_)
       シト        ケヨ       ナ♪
      ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧∩
      ( ・∀・)    ⊂( ・∀・ )   (・∀・ )ノ
     ⊂ ⊂  ノ彡    (   ノU    ノ   つ
       Y .人      |(  )    (⌒),、 ヽ.
       (_)'J     し ∪ ミ     ̄  し''
      ッテ     ナンド     イワ       セリャ
    /)__∧     ∧_∧     ∧_∧     ∧_∧
    | |・∀・)   ( ・∀・ ∩    (・∀・ )    ( ・∀・)
    (    )   ⊂    ノ  (( ( つ  つ   ⊂  ⊂ )  ))
   / /) )    ,(__つ     ( (\ \   / /) )
  (__)〈__つ   し'         (_) (__) (__) (_)
      ワカ        ルンダ        ヨ♪
     ∧_∧       ∧_∧      ∧_∧
     (∀・   )∩     (  ・∀)   ○(・∀・# )
   ⊂   ○  ノ     (  (_`つ      \ _   )ゝ
   _/ /> >      > 〉\ \     (__)ヽ ヽ
  (__ノ  \_)     (__) (__)        (__)

76 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 01:02:38
南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無
清浄光明ならびなし
遇斯光のゆえなれば
一切の業繋ものぞこりぬ
畢竟依を帰命せよ
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無

77 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 01:03:33
願以此功徳
平等施一切
同発菩提心
往生安楽国

78 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 01:04:31
荒らしでは有馬線。ネット上でお勤めをしていただけでアリアス!

79 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 01:06:21
>>76
>畢竟依を帰命せよ

の後の

>南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
>南無阿弥陀仏 南無

は不要なんだが。素人か、アンタは。

80 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 01:07:10
>>78
それを荒らしというのだが。

81 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 01:12:01
>>62
>元本願寺

しかし、事実関係としては何の誤りもありませんけどね。
本願寺を解散したんですから。

82 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 01:21:59
>>81
例の信心学講座か。
しかし、財団系で学位?を貰ったところで、クソの役にも立たないんだけどな。
知り合いの寺に、財団系で「僧籍を取得した」という男が現れ、「法務の仕事をくれ」と
言ってきたそうな。
丁重にお断りしたそうだが、その後、大谷派の寺ばかり数軒に現れたらしい。
便乗商売もけっこうだが、関係のない大谷派の寺に迷惑かけるなよ。

83 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 01:33:27
>>82
一般人の場合、それでも法務にありつけると思うのかねぇ・・・?
しかし、罪作りだな。
それでなくても僧侶なんて飽和状態。
おまけに都市部に群がって、ダンピング競争かまして死体の奪い合いをやってるというのに。

84 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 02:01:57
>>82
それを言ったら、浅草の東本願寺学院も、だね。
寺院の子弟以外、ほとんど意味ないと思うんだけど。

85 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 02:02:49
ちなみにここ。
http://www.honganji.or.jp/gakuin.htm

86 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 02:50:29
宗派:浄土真宗東本願寺派(もと東京本願寺) http://www.honganji.or.jp/
本山:浄土真宗東本願寺派本山東本願寺(もと真宗大谷派浅草別院・浅草門跡)
長男:(故)大谷光紹(興如)〔浄土真宗東本願寺派第25代法主〕
    →長男:大谷光見(聞如)〔浄土真宗東本願寺派第26代法主〕

宗派:浄土真宗(財団法人本願寺維持財団) http://www.honganji.net/index.asp
本山:本願寺(東山上花山)
次男:大谷暢順(經如)〔本願寺維持財団/本願寺門跡〕
    →長男:大谷業成(光輪・楽如)〔本願寺門主〕
      ※大谷派25世を継いだものの、正式な継承式をする前に離脱したので、記録から抹消。
       (2ちゃんねらー)

宗派:浄土真宗(東派)※正式名称不明 http://www.d1.dion.ne.jp/~mitinori/test/index.html←移転準備中
本山:大谷本願寺(本願寺寺務所)※右京区嵯峨鳥居本北代町に建設予定
四男:大谷暢道(光道・秀如)〔大谷本願寺/大谷家第25代当主〕

↑の3つは何で1つにならないで別々なの?

87 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 06:17:25
>>86
広範囲なコピペをしてるわりには大した質問ではないね。

88 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 06:49:16
>>86
何故、三位一体になる必要があるのでしょうか?
これは東西の統合に固執している人々にも言えることなのですが、一体化なり統合なりをして
どのようなスケールメリットがあるのかという点の説明が非常に弱いですね。

東本願寺派、財団、大谷家の三者について言えば、彼らがそれぞれに権益なり財産を有して
いる関係上、利害が一致する範囲で協力する間柄にはなっても一体化することは考えにくいと
思います。

89 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 07:18:14
>>83
このご時世だし、予備軍みたいなのがけっこういるんじゃないの?
俺の時も「住職になりたい」とか「法務で食いたい」なんて在家出身者がゴロゴロいたし。
「荒れ寺でも何でもいいから」とか言ってるわりには「できれば関東圏がいい」なんてね。
そんな虫のいい話、あるわけないでしょってのw
別院の採用のクチも大してあるわけじゃないし、「現実知ってりゃやらなかったよ・・・」
なんてこと言ってる人たちもけっこう多い。

90 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 08:01:20
>>89
まさに死屍累々の有様ですね。

91 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 10:23:56
>>88
統合ネタを持ち出す香具師は大抵、本願寺派による吸収合併を想定しているようだが、
今の大谷派にそんな価値はないからね。
かえって妙なのが紛れ込んできても迷惑なだけ。

92 :婆門徒 ◆VhRV0pCSRs :2005/10/29(土) 10:42:23
かつて法主から全権を剥奪し、その子孫の中で有力な者たちを追放した人々ですからね。
そんな人々を抱えるのは御免でしょう。
また騒ぎを起こされても面倒ですし。

93 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 11:16:17
いっそのこと真宗本廟は「駅前本願寺」に改称したらどうだ?

94 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 11:19:33
>>62 >>82
信心学講座は高い学費もあって、果たして何人の受講者があることやら。

報恩講に出仕しているのは岐阜のK寺の僧徒です。
還暦総得度運動を提唱している東京国際仏教塾(hpを見て)の卒業生で
浄苑で得度した人間が百人以上居ます。彼らは上記のK寺に所属していて、
行事のときは動員が掛かります。
外陣に座っている薄緑の裳附が彼らで、その中で教師資格(実際には何の
価値もありませんが)を取得するとピンクの裳附となり余間に出られます。
内陣出仕をしているのは大谷派真和議員団の議員の息子とかですね。

霊源院には人徳がないのか、崇敬寺院というのは2件だけです。
上記のK寺(単立)と理事長に次ぐ参与をしている(最近、理事にもなった)
北海道のE寺(大谷派)の二軒だけです。

95 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 11:47:52
東西本願寺(東本願寺派・東山上花山・大谷本願寺も含めて)法主(門主)の先祖は親鸞
親鸞の先祖は藤原鎌足(=蘇我入鹿を殺した人殺し)
人殺しの子孫が法主(門主)の教団なのか


96 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 12:44:06
>>95
人類は、自分と家族だけ助かって他人を見殺しにしたノアの子孫というわけですか。

97 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 12:54:31
「駅前本願寺」でもええけど、「烏丸本廟」にしたらどうや。


98 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 12:59:31
「駅前本廟」

99 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 13:05:50
「プラッツ近鉄本廟」

100 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 13:11:36
つまり東西本願寺の門主(法主)は聖徳太子の子山背大兄王の仇をとった人の子孫

101 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 13:20:37
浄土真宗東本願寺派、本願寺維持財団、大谷本願寺は真宗教団連合に加盟しないの?

102 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 13:22:08
大谷派が加入を認めないだろう。

103 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 13:26:19
大谷派以外の9派が真宗教団連合を離脱して、東系3派を含めた12派で浄土真宗教団連合を結成。

104 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 13:30:45
本派は賢いから、そんな在るか無いか分からないような泡沫教団のために
わざわざ大谷派と事を構えるようなことはしない。

105 :& ◆KqlWjqEKqU :2005/10/29(土) 13:44:01
>>94さんへ E寺のお兄さん、理事になったんだ!知らなんだ

106 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 13:47:12
>>94
お東騒動でひとり得をしたから、恨まれてるのかもしれないね。

107 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 13:50:36
>>104
東本願寺紛争の時も、
事態が落ち着くまで、様子見だったものな。

108 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 14:20:03
>>104
というより、大谷派が何をしようが、どうなろうが傍観でしょう。

109 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 14:21:33
>>100は東西のところ構わずマルチさせてるな。

110 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 14:27:32
>>105
大谷派にいながら財団の手代さんですか。
周囲の寺院はどう見てるんでしょうね。

111 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 14:46:15
>>110
じゃあ、大谷派で同じようなポジションを得られるかと言えばそうじゃないでしょう。
商売上、大谷派の看板はそのままにしておいて、一定のロイヤリティだけ納めて「後は勝手にやるぜ!」
という方が良いかも知れませんよ。
どうせ大谷派なんて何もしてくれないわけですし。

112 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 14:51:15
>>111
願事は差し止めとします。

113 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 14:53:52
>>112
それだけの事由がないだろうに。

114 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 15:03:34
>>111
まともに金払ってるんだからセーフだろ。
金払ってる寺院を願事差し止めにすることはあり得ない。
そのくらい金、金、金・・・だしな。

115 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 15:06:11
>>109
本尊論の親鸞会が一段落したら、今度は創価の工作員ですか・・・
忙しいスレだね、ホント。

116 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 15:09:17
>>3>>67をまるで反映させないまま継続使用されていますね。
Part.16ではそのあたりにも対応すべきでしょう。

117 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 15:13:23
>>107
かえって静観していた方が賢明。
西にも「世界同時革命」を盲信するマルキストの残滓がいたのも事実。
反応しないことで彼らの動きを牽制した、という見方もできる。

どうせなら教学の西、政治向きの東ということで、末寺を総入れ替えした方がいいんじゃないの?
と思えてくる。

118 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 15:26:28
>>117
ま、政治活動やるんだったら、教学は要らんしな(w

119 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 15:40:48
>>116
こんな感じか?

宗派:浄土真宗 http://www.honganji.net/index.asp
本山:本願寺(京都市伏見区下烏羽)
    (財)本願寺維持財団/東山浄苑 http://www.sphere.ad.jp/honganji/homepage/index.html
次男:大谷暢順(經如)〔本願寺維持財団理事長/本願寺門跡〕
    →長男:大谷業成(光輪・楽如)〔本願寺門主〕
      ※大谷派25世を継いだものの、正式な継承式をする前に離脱したので、記録から抹消。
       (2ちゃんねらー)

120 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 15:48:32
>>118
マイノリティだの社会的弱者だのと位置づけてる連中が、裏社会では絶大な政治力と経済的利権を
有している場合もあるしな。
単なるバカが付くほどのお人好しなのか、それとも確信犯なのか知らんが。
しかし、マイノリティだの弱者だのって表現がそもそも差別だとは思わんのかね?

121 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 15:51:12
前妻さんは今?

122 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 15:52:45
>>119
それにしても業成君のサイトがまるで更新されていないのだが。。。

123 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 16:00:45
>>120
そこは誰も触れないようにしているみたいだな。
しかし、それで万人が納得するような活動ができるとは思えないがな。

124 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 16:04:34
>>122
京都仏教会の評議員をやってるって話は聞いたが・・・・

125 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 16:16:14
弟くんはどうしてるかな。

126 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 17:07:17
財団の情報通?って言うと彼かな。

127 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 17:24:37
「真宗本廟」だと本派の「大谷本廟」とまぎらわしいので通称を「東本廟」か
「烏丸本廟」にしたいのですが、皆さんはどちらがいいですか?

128 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 17:34:52
>>126
誰? 

129 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 17:39:05
真宗本廟って考えてみりゃえらい傲慢ないいかたやなぁ。真宗の本家のつもりちゃう。

130 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 18:02:15
ほんまに、東はあくまで分家なんやから「真宗本廟」はちと厚かましいねえ。

131 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 18:13:37
「真宗民主主義人民本廟」

132 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 18:16:51
大谷本廟(西)と大谷祖廟(東)で、
本家が「本」を使っているから、
大谷派系統のなかの本家をねらって付けた「本廟」か?
しかし、先に大谷本廟があって有名なのに、
あえて「真宗本廟」なんて付ける発想がわからん。


133 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 18:30:56
通称「東本廟」でええんとちゃうか。


134 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 18:52:48
大谷本廟からすると西に位置するから東本廟もねぇ。

135 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 19:00:04
そしたら「大谷烏丸廟」は?

136 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 19:00:41
本願寺が東西分立する時に「大谷本廟」と「大谷祖廟」も分立したのか?
「大谷本廟」は家康の圧力で分骨に応じたってこと?

137 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講@佛所 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/10/29(土) 19:03:16
本国寺もういっぺんつくったろか?

138 :ホモ■ヒロシ:2005/10/29(土) 19:28:08
>>137
創価学会のちんぽしゃぶりの分際で、なに寝言抜かしてるんだ?

139 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 19:28:20
大谷祖廟なんて言い方昔からしてたっけなぁ?

140 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 19:54:50
とにかく本家は「西」やから、本家と紛らわしい名称は一切使わんこと!
「真宗祖廟」(東祖願寺)とか「真宗分廟」(東分願寺)かなんかにせい。

141 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 20:16:30
>>125さんへ 霊光院さんは、北大出て、北海道の一般企業に就職したんじゃなかたっけ?

142 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 20:23:59
分家がさらに分家したのは、分家体質か?

143 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 22:04:32
>>141
「北大でて」まではあってるよ。

144 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 22:40:56
宗教法人真宗大谷派の礼拝施設やし、大谷派本廟が妥当とちがう。

145 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 22:50:37
パチモン本廟

146 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/29(土) 23:50:56
3月の教師資格を取得するための試験の日程わかるかたいますでしょうか?

147 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 00:22:01
せいぜい2〜3人の所業ですか。
ご苦労様です。

148 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 00:30:06
>>120
弱者と決めつけているオメーらはどうなんだ?ということ。
弱者の側に身を置くと言いながら、やってることは逆・弱い者苛めと冤罪作りだったりするわけだ。

149 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 00:58:20
そのうち「真宗」に載るでしょう。

150 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 01:03:58
>>149
そりゃまたマイナーなメディアだこと(w

151 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 01:10:33
>>150
中央声明の願書なんかも「真宗」の専売特許みたいなところあるしな。
それにしても検定試験自体がマイナー。
確か満位からのスタートだろ?

152 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 01:29:17
教師資格取得の方法っていろいろあるけどさ、そん中で一番まともなのが検定試験組じゃね?
左漬けにならないって意味では。
あとは大谷大学(四大、短大、取得コース)と同朋大学、真宗学院、専修学院あたりか

153 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 01:43:13
>>152
>あとは大谷大学(四大、短大、取得コース)と同朋大学、真宗学院、専修学院あたりか

これって左から右に進むに連れて危険度が増すってこと?
ちなみに九短、同朋別科なんて抜け道もありますわな。

154 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 02:03:29
>>153
谷大の場合は、一般大学を卒業後、学士入学してそのまま大学院の修士あたりまで
進む人が珍しくないですからね。
こういう層は除外して良いと思います。

155 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 04:26:50
>>148
ただの似非人権屋。

156 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 11:55:24
>>150
じゃあメジャーなメディアって、朝日新聞・聖教・赤旗?

157 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 14:08:41
「レーニン廟」

158 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 14:15:07
「京都タワー前親鸞廟」

159 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 14:22:45
お西の報恩講では、大谷派門主が参拝するみたいだけど、
これって西が「本家」だから?
逆に本願寺派門主は、お東の報恩講に参拝するのかな?

160 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 14:43:39
「本家」である「大谷本廟」にも1点不可解な点があります。
それは宗祖親鸞を火葬したといわれる「恩荼毘所」です。
「大谷本廟」の敷地内に「恩荼毘所」の碑がありますし、
真宗大谷派の「延仁寺」にも「恩荼毘所」の碑があります。
御伝鈔では「鳥部野の南の辺、延仁寺」と記されていますので、
やはり、延仁寺の方が正しいということでしょうか。

161 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 15:48:08
>>159
どういう事情があるのかは知らんけどね。
ちなみに毎年、お西の人たちも余間に招かれてるよね。
さすがに門主は来ないけど。

162 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 15:54:53
真宗教団連合の付き合いってことかな

163 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 15:57:54
>>153
さすがに専修は拙いでしょう。
今、活動家として活躍している僧侶の出身が往々にして専修である
現実を踏まえてもね。

164 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 16:16:20
こんな話あるのか?と。

355 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/10/30(日) 08:21:45
近所の電気屋さんの父ちゃんが亡くなって、大谷派の通夜に行ってきた。
その時の、法話。

「直接の付き合いがあまりなかったので、私はここのお父さんをよく知らない」
「お寺の外陣の照明を直してもらうよう発注してたのに、急に亡くなって迷惑している」
「もう別の電気店に頼んで、ついでに照明ももっとセンスの良いものに替えてもらった」
「人間に生まれたからといって人間になるわけではない。ちゃんと人間に育てられて、はじめて人間になる」
「たとえば、昔、アマラとカマラという狼に育てられた娘が居て‥‥」
「そういうわけで、人間に生まれて人間に育てられて人間として死んだお父さんは幸せだった」

なんだそりゃ。
しかも、いまだにアマラカマラの話を真実だと思ってるなんて‥‥墓゛

165 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 16:29:00
これからは、同朋のほうが、レフトの
基地化しそうだけど・・・。

166 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 16:30:41
>>164
あり得ねぇ。。。

>>165
かも知れないな。
いずれにしろ、加速度的に左傾化が進む。。。

167 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 16:35:28
真宗の極左僧侶に「国防論」について聞いてみたいもの。
これだけ強固な反権力と護憲のスタンスなのだから、自衛隊は違憲&即時解隊だよね?
どうせなら>>27も入れて、警察・海保も丸腰。
さあ、この状態でどうやって国を守るのだろうか?

168 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 16:39:12
>>161
どういう事情があるのかは知らんけどね。→だったら黙ってたら。
ちなみに毎年、お西の人たちも余間に招かれてるよね。→これは正解。
さすがに門主は来ないけど。→毎年来てるよ。貴方は参った事ないの?

西の大谷光真門主は真宗本廟の報恩講(11月27日の大逮夜)に参拝されます。
北余間で参拝後、法要の最後に中尊前で焼香されますよ。
十派連合の他派は別の日に来ます。(これは余間で参拝・焼香)
別に内局同士の交流もあります。

西の門主と東の門首の相互訪問は蓮如上人の御遠忌以降行われるようになりました。。

169 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 16:40:11
>>167
お寺に泥棒が入った時には官憲を呼ぶんですよね・・・不思議。

170 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 16:41:35
>>168
>11月27日の大逮夜

には参詣しないっての。

171 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 16:57:44
>>168
今年の報恩講は警戒が必要ですね。
また元神職?の暴漢さんが登場!なんてことにならないことを祈ります、はい。

172 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 17:00:48
政治向けの話なのでこちらに転載しておきますね。
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1130475814/153

153 名前:名無しさん@京都板じゃないよ :2005/10/30(日) 16:56:13
なんか 最近の NHKって全体主義 国家社会主義的番組ばっかり作っている

このような全体主義  イデオロギーのNHK番組は、以下のような特徴がある

思想・文化等すべてをイデオロギー一色で塗りつぶしてしまうので、それらは自然的な発展が
許されず、文化はイデオロギー化のための手段として利用される。

イデオロギーに染まった人々が主導権を握るために、正当な主張を持っていたり、あるいは学術・
芸術などに優秀な能力を有していても、体制に従わない者は抹殺されていく。

個人の頭で自由に判断する能力を奪われてしまう。

こういうことを やってる今のNHKの連中に 受信料を 払うというのは
北朝鮮のキム ジョんイルに金を貢いでいるようなもので
個人的にはきわめて遺憾である

173 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 17:05:51
焼かれたら焼き返すべしホトトギス。
レフト君に、真の活躍の場を与えよう。

174 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 17:06:19
>>172
そう言えば、NNN(CATV)で韓国の暴動おじさんの話をやってましたね。
もう、何かあるとぜ〜んぶデモに参加してるっておじさんの話。
ああいうの見ないんでしょう、真宗の人は。
彼が何を目的にしてるか(行間という意味で)を考えることも必要でしょう。

175 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 17:10:47
>>172
NHKねぇ。
彼らはディレクターあたりからきちんと言質を取っておかないと、
平気で事実とは異なる内容で放送したり、コメントの大事な箇所をカットして意図を
違えるように操作したり、好き放題やってくれますからね。

176 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 17:11:28

今の天皇には4人も姉がいます!!

今の天皇は1989年(平成元年)に、4人の姉を差し置いて即位しました!!

姉上達は、女であるただそれだけでカヤの外に置かれたのです。

戦前の話ではありません。1989年、平成元年の話です。

今の天皇はあからさまな女性差別(しかも4人)によって、誕生したのです。本当に正当な皇位なのか?

天皇の顔や皇室ニュースを目にするたびに、皆さん、このこと思い出してください!

177 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 17:14:29
>>176
お決まりのコピペですか?
いい加減にウザいんですが。

178 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 17:20:31
藤原鎌足の話は面白かったよ。

179 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 17:21:07
>>171
さすがに報恩講ではやらんでしょ。
死人が出るよ、一歩間違うと。

180 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 17:22:02
>>178
お西のスレでどうぞ。

181 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 17:28:54
イラクでは既に起きたこと。そういう時代です。

182 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 17:45:26
>>179
焼死よりも、ご参詣のご老人たちが将棋倒しになって圧死しそうな悪寒。。。

183 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 17:48:13
誰も死ななかった・・・あまりの参詣の少なさに・・・(w

184 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 17:49:57
>>183
報恩講くらい人はいるでしょ。
でも、11月27日の大逮夜なら逃げられるかも。

185 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 17:59:55
>>175
いずれにせよ、最近のNHKは酷いですね。
といっても客観的な資料を用いず、当事者?の一方的で怪しい証言と、弁士の主観だけで
突っ走っている大谷派僧侶に笑う資格がないことも事実ですが。

186 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 18:08:52
>>1
>※東本願寺系諸派
>真宗三門徒派、 真宗浄興寺派、原始真宗、浄土真宗(西念寺) 、真宗長生派、
>浄土真宗同朋教団など。

どこに話題があるんだ?

187 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 18:35:10
>>184
いや、どうせなら170がお参りしているときにしてください。
伝聞でいい加減なことを書き込まれちゃ迷惑ですから。

188 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 18:36:17
>>187
縄で縛って転がしておくしかないんじゃない?

189 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 18:41:30
>>185
中国・韓国人の証言>>>>>>>>>>(越えられない壁)>>>>>>>>>>日本人の証言

190 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 18:48:57
>>189
その信用度の低い香具師に向かって法話してるわけか(w
しかし、通夜の場で延々30分も靖国の話しても受けないと思うけどね。

191 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/30(日) 18:58:42
>>190
本人は大真面目?なだけに余計に痛い。。。

192 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/31(月) 03:39:26
>>190
社会活動の名を借りた政治活動も度を越すと引かれるんじゃないの?
個人的な課題とするのは別に構わんけど、「〜であるべき」「〜を知らなくてはならない」みたいな
絶対的な命令・指示口調で来られるとね。
いい加減、ポイントもズレまくってる人が多いようだし。
門徒さんにもいろんな立場、考え方の人がいるだし、最初から偏向したイデオロギー前提だとした
ら、その中へ入っていけないのでは?

193 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/31(月) 07:17:26
>>186
便宜上ですよ、便宜上。

194 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/31(月) 10:44:11
私は実家の宗派が西なので、東の真宗本廟や難波別院(南御堂)を参拝するときの焼香は1回だけど、
報恩講など、西の関係者が東を参拝するときや、東の関係者が西を参拝するときの焼香はどうするんだろ?
自分の宗派の方式?それとも参拝する宗派の方式?

195 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/31(月) 11:10:35
>>178
ふじわらのかたまり

196 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/31(月) 11:19:21
>>194
自分の信念に基づいてやればよい。

197 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/31(月) 11:43:25
政治ネタはつまらん。
どうせ創価か、神道カルトのDQNの仕業だろうw

198 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/31(月) 11:45:12
>>194
お西前門のご葬儀の時、真宗各派門主は自派の作法で焼香されてましたし
比叡山のお座主は焼香+印を結んでおられましたから基本的に自分の宗派の
作法でよろしいのでは。

199 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/31(月) 14:13:15
>>197
おいおい、教団の動きを見ろっての。頼むよ・・・。

200 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/31(月) 14:27:55
>>199
大谷派から政治活動を差し引いて何が残るの?
「念仏を捨てた」とまでは言わないけど、かなり縁遠いものになってるのは事実では?
まあ、教師修練で同和問題しかやらない、靖国問題しかやらないという時点で終わってるのかも
知れないが。
いつからああいうスタイルになったんだ?教師修練は。

201 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/31(月) 15:20:44
>>197
その「つまらん」ことに血眼になっているのはどこの誰だ?

202 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/31(月) 15:32:31
>>201
今夜、第三次小泉改造内閣が発足するわけですが、法務大臣は新任になるんですかね?
新大臣の初仕事が死刑執行命令書へのサインですから・・・となると、また声明ですか。
今度はどんなアホな文面で勝負してくることやら・・・ネガティブに楽しみですね。

203 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/31(月) 15:41:45
だから政治はつまらんのだよ。

204 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/31(月) 15:52:07
>>203
もはや「お笑い本廟」だからな。
そのくらい冷ややかな目線で笑い者にしなけりゃやってられねえよ、バカバカしくてな。

205 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/31(月) 18:22:02
>>204
同類視されるのは勘弁。

206 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/31(月) 18:29:02
>>202
どうせサインするだろうから、今から文案考えておきゃいいんじゃね?

207 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/31(月) 18:42:36

    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

http://www.tomo-net.or.jp/info/event/051018.html

208 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 00:07:19
お西にも武田達城大先生がいらっしゃいますが

209 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 00:11:45
赤い禿に南無阿弥陀仏

210 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 00:43:19
武田達城先生が東に改宗すれば最強教団になるんだねw

211 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 00:57:49
そんなことより私の所属寺(大阪教区)の住職が月命日の時に毎月来るんだけど、
こないだ跡継ぎの息子が来たときはショックだった。金髪スタイルはさすがにひいてしまった。
自由であるかもしれないけど、仏事を大切にしている門徒の家に生まれた者としては、
そういう大切な場に茶髪や金髪の僧侶というのは、ちょっと周囲への配慮が足りないのではないかと思う。
不愉快に思う人も多いわけで、いくら本人の自由であってもそれ以前にTPOを弁えないのは
いただけない。もちろんほとんどの人は真面目にやっているんだけど。
とはいえその寺は大阪教区でも古い寺(確か大坂の陣ぐらいか)で、
19代ぐらい続いているところ。大阪でも中心部にあり、所属している門徒も郊外に移転
する人も多く、苦労しながら家々を回っていることも確かなので、なんとか支えたいとも
思うけど、完全な茶髪・金髪の跡継ぎを見ればその気も失せてしまう。
同年代だからファッションに凝ることも理解できないでもないが、仏事を主宰する僧侶であること
を考えて、身だしなみには人を不愉快にさせない程度の配慮が必要だと思う。


212 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 01:07:23
↑いくら自由な宗旨とはいえ、茶髪・金髪はいただけないよね。

213 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 01:19:42
ありがとうございます。
あまりにひどければ、直接的に角が立たない程度に言ってみようと思う。
ほぼ同い年なんで、話しやすいかもしれないので。
それでも駄目なら教区の責任者か本山に相談するしかないかもしれない。


214 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 01:27:30
本願寺派の東海教区仏教青年連盟サイトより
ttp://www2.big.or.jp/%7Eyba/QandA/04_02_03.html

>僧侶であれば、社会の良識をわきまえた上で、目の前の場において仏法が
>スムーズに展開するよう勤める責任があります。「ロン毛で茶髪」が
>世間一般の風俗になったり、世代を超えてそうした姿の僧侶が支持される
>時代になれば問題はありませんが、不必要にご門徒さんに不快な思いを
>させるのであれば、変更した方が良いでしょう。

大谷派の大阪教区なら↓のQ&Aで問い合わせてみるのもいいでしょう。
ttp://www.icho.gr.jp/faq/index.htm

215 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 03:46:43
>>211
確かにロンゲもいれば茶髪もいる。
若さ故か今ひとつ自覚に乏しい?副住職・候補衆徒に見られる傾向。
常に「見られている」という意識が強すぎるのか全く無いのか・・・・

216 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 04:24:14
>>210
間に合ってます。

217 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 04:30:03
>>211
>ちょっと周囲への配慮が足りないのではないかと思う。

周囲への配慮なんて真宗の坊さんに求めても無駄だと思いますけどね。
その意味では茶髪坊主も、活動家坊主も同じことではないかと。

218 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 06:57:25
親鸞会にまでバカにされてます(w
http://www.nurs.or.jp/~unmask/rev7.htm

>また、大谷派では、
>
>財政改革・門徒数調査に関する部会は、「御依頼」という半ば任意のかたちで各寺院に
>割当されている宗派経常費を将来的に義務金化する構想を打ち出している。
>(略)宗門財政のあり方については、院号収入の対価のようにして寺院に納められている
>相続講金が財源の大部分を占めている現状に対し、「本来の懇志の意味に背いている」
>といった声や、「院号収骨への過度の依存は財源の先細りにつながる」といった指摘が
>ある。
>(中外日報 平成16年6月19日号)
>
>葬式仏教、法事仏教と揶揄されて久しく、院号料や戒名料に対する批判は耳新しいもの
>ではありません。先細るのは当然ですが、別のところに財源を求める前に、何か大事な
>ものを見失ってはいないでしょうか。

219 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 07:18:20
>>218
戒名料ですか・・・・(w

220 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 07:44:40
>>218
>「本来の懇志の意味に背いている」
>といった声や、「院号収骨への過度の依存は財源の先細りにつながる」といった指摘が
>ある。

で、その対案が「宗派経常費の義務金化」だとしたらおめでたい連中だな。
それこそ「本来の懇志の意味に背いている」と思うが?
今後、全国的に門徒戸数調査をやるようだが、戸数あたりの平均課金額を算出して
戸数分だけゼニを分捕ろうという話だろ?
それで徴収したゼニがドブに捨てられていくわけか。バカバカしい限りだ。

221 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 08:05:26
>>220
そこで得意の「嫌なら門徒を置いて離脱しろ」攻撃ですよ!

222 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 08:23:41
>>218
その前に「小さな本山」を実現しろっての。

223 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 09:52:26
>>222
無理ですよ。既得権益山積みですもの。

224 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講@佛所 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/11/01(火) 10:00:33
坊さんって今はそんなに儲かる商売じゃないでしょ?

225 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 10:02:43
>>223
寄生虫の権益とクソの役にも立たない雇員のために、こっちは寺の修繕その他を差し置いて
経常費を捻出しているわけか?
やり切れないぞ、それ

226 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 10:05:25
>>225
災害などに備えて積立金もやらないかんしな。
といって門徒個々が宗門がソロバン弾くほど支出できるはずもないんだよ。

227 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 10:11:43
>>226
末寺が命令一つでホイホイ従う打出の小槌だと思ってる節はあるね。
享保の改革の年貢増徴政策ではないけど「胡麻の油と百姓は絞れば絞るほど出る物成」と
考えているんじゃないの?

228 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 11:39:22
>>227
命令するだけだろ。
で、見返りはあるのか?看板だけだろ。

229 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 11:57:27
>>226
確かに・・・今時、寄付は集りにくいしね。
ウチは墓地清掃費+災害向け保険料(戸割り)+修繕準備金を年間1万円でやり繰り。
それでも批判は多い・・・

230 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 12:09:18
>>228
その看板の社会的信用にしたって8000を越える末寺群があってのこと。

231 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 12:17:17
>>224
儲かりまっせ、真宗は。

232 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 12:20:16
>>231
はいはい、じゃ、具体的な例でも示してもらうとしますか。

233 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 12:25:17
>>211
たしかにロン毛・茶髪・金髪はどうかと思いますが、
「ヒゲ」についてはいかがでしょうか?
最近、ヒゲをはやしてる僧侶がよく目につきます。
うちの住職もヒゲはやしてますが、
ロマンスグレーの髪と相まってとても似合ってます。

234 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 12:30:51
>>233
>ロマンスグレーの髪

ウホッ!

235 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 12:33:02
>>231
そうかねぇ・・・
これは出入りしてる葬儀社から聞いた話なのだが、近所の曹洞宗の寺では葬儀の布施だけで
「本当は3本だけど、今回は2本にまけておきます」なんてことが罷り通っているのだとか。
しかも、戒名料は別途。それでも確実に1本は取られるらしい。
あちら様は坂上の山の手地域、こちらは坂下の下町地域。それだけでこういう差が生じたりする。
こちらはどうやっても2本の4分の1が関の山。実際にはそれ以下がほとんど。
これで安易に「儲かってる」なんて言われちゃ、他はどれだけ暴利を貪ってるんだ?という話にも
なるだろう。

236 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 12:39:16
>>234
ウホッ!禁止!

237 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 12:56:45
>>235
葵のマーク付きの寺院も吹っかけ屋さんが多いね。
しかも、頼んでもいないのに脇導師だの式衆だの・・・なんてこともあるのだとか。

238 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 13:00:19
>>237
>葵のマーク付きの寺院

けちゃっぷ宗か?www

239 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 13:17:44
>>233
うちの住職は春風亭小朝みたいですよ。
まあ、面白い人なんで個人的には「こういう人もありかな」と。

240 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 13:24:05
>>227
詰まるところ限られたパイの奪い合いってわけだ。
しかも、本と末でそれやってる。
本も末から搾り取れるだけ搾り取ろうなんて発想捨てて、独立採算ベースでモノを発想したらどうだ?
末には末を運営せにゃならん個々の台所事情があるんだからさ。

241 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 14:50:01
>>240
無理だろうね。
別院独自の門信徒を獲得するとか、そういう気概がないもの。
もうね、別院⇒手次ぎ寺⇒門信徒という構造に慣れきっちゃって、上前撥ねることしか
思いつかないわけ。
昔の郡代か代官気取りなわけよ。

242 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 15:16:29
>>240
>末には末を運営せにゃならん個々の台所事情があるんだからさ。

んなことは寄生虫どもの知ったこっちゃないだろ。
胡麻の油か百姓か、なんだからな。

243 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 16:29:06
>>224
その通りです。
実際、ごく一部を除いては減収傾向にあると思います。
が、宗門側は所詮、お役所ですから自分のところの予算を減らしたくないし、
別院の普請は教区持ち、という慣習を楯に、末寺に対して増税を迫ろうとしているわけです。
じゃあ、どこをどう改めればいいのか、なんてすぐにでも弾き出せそうなものですが、
行財政改革なんて名ばかりで、かえって末寺の負担を増やすことしか考えていないのが実情です。
それが>>218になって現れているということですね。

244 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/01(火) 20:55:02
http://www.asahi.com/national/update/1101/TKY200511010257.html

asahi.comトップ > 社会 > その他・話題

法相「舌足らず」と釈明 死刑制度「世論は二分」とも
2005年11月01日13時25分

 杉浦法相が就任会見で死刑執行について「(命令書に)サインしない」と述べ、後に撤回した問題で、法相は1日の記者会見で「表現が適切でなく、舌足らずだった」と釈明した。
ただ「他人の命を奪うということは、理由のいかんを問わず許すべからざることだという気持ちが根底にある」と強調。
死刑制度のあり方については「問題がないわけじゃない。国民世論は分かれている」と述べた。

 法相は、撤回の理由について「(昨日の)会見後、あの部分が気になった。発言が独り歩きしてはまずいと思った」と弁明。実際にサインをするかどうかについては
「あらゆる要素を加味して厳正に対処しなければならない。個人の心情で動かされてはならない」と語った。

 自身は、浄土真宗大谷派の門徒。「サインしない」という当初の発言について「殺人を犯した人でも、一人の人間であることは変わりない。自分の宗教観として、
そういう思いがあるということを申し上げたかった」と説明した。

 地下鉄サリン事件の遺族、高橋シズヱさんは「個人的な信念や宗教観に基づいて述べたのだろうが、死刑に署名するしないという重い内容の発言を軽々しく口にし、
すぐに撤回するのは、法相として軽率。私たち遺族の気持ちはかき乱される」と話した。
松本サリン事件の被害者、河野義行さんも「法相という自分の立場をよく考えていなかったということだろう」。

 数々の死刑事件の弁護を担ってきた安田好弘弁護士は「法務省側から圧力があったのだろうが、初心を貫いてほしい」とエールを送った。



245 : :2005/11/02(水) 02:00:36
>>244
でも、執行するでしょうね。
でなけりゃ、他の理由でもつけて大臣罷免。

246 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/02(水) 02:10:58
>>241
俺らは庄屋か名主か?ww

247 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/02(水) 03:06:13
>>229
まあ、文句を言う香具師は何をやっても文句を言うでしょう。
いざという時に「1軒あたり・・・」なんて言われるくらいなら、積んでおいた方がいいんですけどね。

248 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/02(水) 08:19:24
>>246
搾取階級のように思われているが、年貢取立てを代行して若干上前を撥ねてるだけ?

249 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/02(水) 12:08:52
>>235
そりゃそうだろ。
同じ規模の寺でも、最も内部留保が少ない(=ロイヤリティの負担額が大きい)のが
大谷派の寺なんだから。

250 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/02(水) 13:59:11
>>228
看板の信用だけなら「真宗本廟」より「本願寺」だろうね。
未だに皆さん、「ホンガンジさん」と呼ぶわけだし。「シンシュウホンビョウ」なんて言う人は
少ない少ない。
(というより、ほとんど会ったことがない)
「ゴモンシュさん」も「ご門主」のイメージであって「ご門首」ではないのだし、未だにその
「ゴモンシュさん」が頂点にいると思ってる。

経済的基盤にしても、檀家制度の名残と、従来からの供養前提の仏事が主体。
難癖屋の独り善がりな仏事解釈なんて大方通用しないし、過去の遺産で食いつないでる
のが現状。

251 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/02(水) 14:49:30
>>250
宗政家さんたちが思っているほど底辺の意識なんか高くねえってのw

252 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/02(水) 16:48:39
>>250
求められていることに対して敏感にアンテナを張り巡らせることしかないだろう。
それなくして常に相手を見下したようなことをやっても何の成果も上がらないはず。

253 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/02(水) 17:09:03
>>244
そう言えば、左藤恵はどうしたんだ?

254 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/02(水) 17:18:39
>>253
大阪で住職やってるでしょ。
娘婿の左藤章は郵政民営化法案に反対し、無所属で出馬した結果、落選の憂き目に。
ちなみに左藤章はプロフィールを見ると、大谷学園評議員などの経歴あり。

255 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/02(水) 17:56:57
>>251
当然、「本廟を崇敬しろ」と言われても何のこっちゃ?ですわね。
となると御遠忌事業ってのもこりゃ考えものだな。

256 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/02(水) 20:44:23
関心のない門徒は金を出さなくなる一方で
まじめな門徒にさらなる負担がかかってくる。
んで結局まじめな門徒も寺から離れていく。
ご院さん方どうしはんの?

257 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/02(水) 22:15:19
>>254
経歴って言っても、じぶんちだろw

258 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/03(木) 04:51:56
>>256
徹底した行財政改革と経営合理化を追求してもらいたいものです。
もはや大本山を頂点とする大規模な宗門機構は必要ありません。
そんなものがあっても一方的な負担増になるだけですし、それでいて末寺の経営・教化事業には
何ら寄与するところがありませんので。

259 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/03(木) 07:39:13
>>258
よく「本願寺の解散を以て本末関係を解消した」と言う方がいるんですが・・・
そのスタンスで言うならば、解散前以上の分担・負担増を強いるに「義務」という言葉を
用いているのはどうなんですかね?
根本的におかしいと思うのは私だけでしょうか?

260 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/03(木) 09:09:20
>>259
解散したのに(東本願寺)の記載は拙いでしょう。

261 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/03(木) 15:22:21
>>259
まあ、化けの皮が剥がれたということだよ。

262 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/03(木) 15:33:23
大谷派と本願寺派のお寺が隣合わせにある場合、大抵、大谷派の寺の
本堂・庫裏の方がボロいというのが定説。

263 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/03(木) 15:42:05
>>262
金掛かるからね・・・大派は。

264 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/03(木) 15:46:53
経営が下手なせいもある。

265 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/03(木) 16:12:25
>>264
どのような点を以て「経営が下手」と言えるんでしょうかね?

266 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/03(木) 16:44:40
>>227
>胡麻の油と百姓は絞れば絞るほど出る物成

一般の門徒さんがどういう生活をしてるのかなんて知ろうとも思わんだろな。
俺も在家で会社勤めしてたから分かるけど、できることなら1円たりとも払いたくない、というのが
本音だぞ。そそくさと門から墓地に直行&直帰、年忌法要もできるだけやらない、が当たり前。
信仰もないのに金なんか使えるかって。
本山?知らねえよ、そんなモン、というくらいの話。

267 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/03(木) 17:06:17
>>266
上も下も末期症状だな。

268 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/03(木) 19:55:05
もう1回、西との統合話を蒸し返したいねんけど、あかん?

269 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/03(木) 20:38:06
真宗木廟、真宗犬谷派

270 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 00:19:00
真宗大谷派 社会主義人民本廟

271 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 00:28:36
南御堂に行ったんですが、浄財箱の隣りにパキスタン地震義援金の募金箱が置いてありました。
財布の中の小銭は1円玉と百円玉が1枚ずつだったので、募金箱に百円玉を浄財箱に1円玉を入れましたw
逆の方が良かったでしょうか?w いつもは十円玉で焼香してるんですがw

272 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 03:43:29
>>258
まずは、阿呆の宗務役員を大量にリストラすること。
現在の宗務役員は上層部が阿呆しかいないから、
新しく入る人間がどんどん毒されている。
人員の配分も無駄ばかり。
同時に、宗議会、参議会の定数削減、
さらに、名古屋、北陸の大寺の金満坊主の僧籍を剥奪
勘違い人間養成所と化している専修学院(学院生は変なプライド〈自己正当化の手段として専修学院での生活体験を持ち出す
=そういう学びをしているのは自分たちだけだと勘違いしている〉だけ増幅して卒業)の健全化(N国先生が泣いている)。
改革すべき問題は尽きない。
形骸化した宗門なら、いっそのこと一度全て崩壊したほうがよい。





273 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 05:12:12
>>272
>まずは、阿呆の宗務役員を大量にリストラすること。
>人員の配分も無駄ばかり。
>同時に、宗議会、参議会の定数削減

ここまでは無条件同意。

>さらに、名古屋、北陸の大寺の金満坊主の僧籍を剥奪

剥奪する事由は?

>勘違い人間養成所と化している専修学院(学院生は変なプライド〈自己正当化の手段として
>専修学院での生活体験を持ち出す=そういう学びをしているのは自分たちだけだと勘違いし
>ている〉だけ増幅して卒業)の健全化(N国先生が泣いている)。

これねぇ、ズバリ当たってます。

274 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 09:34:14
>>272
まず、宗務役員、「役員」という呼称を廃止すべきだな。
国語としては間違いではないかもしれないが、
役員というと、まず幹部・重役というイメージを持つし、
スポーツ大会などの競技役員、運営役員も、権限のある特別な役職の人という感じがする。
一般社会(企業)には就職できないレベルの寺院子弟がコネで入り込んだのに、
「役員」と呼ばれてのぼせ上がる、こういう図式を崩すべきだな。
かつては、公務員が役人と呼ばれて、役人根性とか役人風を吹かすなんて批判を浴びたが、
宗務役員なんてのはそれ以上だと思うよ。


275 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 09:55:11
>>274
のぼせ上がってるのは本人だけ。
周りは「雇員だろ?」という程度にしか扱っていない。

276 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 10:28:51
>>272-273
処構わず仏法の話をして良い、という不文律があるのか、
処構わず喧嘩を吹っかけてますよね、彼ら。
正直、楽しくワイワイと飲みたい場が一転、ただウザがられるだけの一群がそこに。
他のお客さんの迷惑も顧みず、大声で「アンタは真宗に出会ってない!」だの
「聞法が足りない!」だの・・・
あんたら何様のつもり?というのがホント多いです。

277 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 12:06:56
>>276
上手いこと生態を捉えてますね。
活動家に身を窶している連中の経歴を見ると、その多くが専修OB。
別科まで行った香具師はほぼ陽性。

278 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 12:30:27
>>268
所詮、麗しき妄想。

>>271
それで良いと思います。
というより、今さら「ダメです」と言ってどうにかなる話じゃないですし。

279 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 12:36:25
>>277
確かに場違いな論争は学院出身者のお家芸だからな。

280 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 12:48:21
よく真宗本廟の存在意義を
「親鸞聖人の廟を参詣して、そこでみんなで親鸞聖人の法を聞くためにあるのです。それは
門徒の“親鸞聖人に遇いたい”という純粋な願いの産物なのです」
なんて言ってる人いますけどね。
ホントにそこに親鸞聖人の法があるんですかい?と。

門徒さんたちの一部には
「年金暮らしで旅費もバカにならない。地元に別院や道場(=お寺)があるのだから、そこで
親鸞様の法を聞くことを優先したい」
「ご開山は関東の貧しい人たちに法を説いていった、と言うが、十余ヶ国の境を越えられた
のは農期に関係のない階層の人たちだったのでは?」
「親鸞さんは自分で門弟たちのところに出向いて仏法の話をされたようだが、日々の暮らし
に忙しい我々に「本願寺へ来い」というのが大谷派の考えなのか?」
と上山に反発する意見もあるんだよね。
理想的な在り方は分かるんだが、現実と符号してないんじゃないの?と。
そりゃ、そういう意見に対して言い分もあるだろうが、数少ない熱心な門徒さんたちの声
だからね。
無視しちゃうのかな?あるいはお得意の「金で解決しろ」かな?

281 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:01:40
>>280
マルチさせようって輩がいるようですね。

282 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:05:47
立正佼成会は池上のお会式でも秩序と人数と若さで圧倒されるが
中山の法華経寺のお会式でも毎年万灯の大行列を披露する
堀之内妙法寺のお会式はまだ行ったことがないが立正佼成会の本部がすぐ近くだよね
堀之内のお会式での立正佼成会の万灯は池上や中山よりもすごそうだ
立正佼成会の本部のお会式が一番すごいんたろうけど


283 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:07:14
Mは、俺に宿題をやらせている間に、少女漫画を読むから邪魔するな、と言って、部活で帰りの遅い俺の姉の部屋に
1人で入った最初の日、俺が一度ドアを開けると、じゃますんなよと縄跳びでバンバンたたかれ、Mが俺の姉の部屋で
何をやってるのか見たことないんです。
でも、↓に書いた日合羽を着てフードまでかぶって入っていったので、タンスをあさる音や合羽のまま姉の布団に入って
オナニーするらしい音が、彼の分の宿題もする俺の耳に入ってきたのです。
俺の姉の部屋で毎日のようにオナニーやってたと思うとさらに興奮しちゃって、宿題なんか手につかず、彼のオナニーの
音を聞きながら、想像しながら俺もオナニーしちゃいました。そして、彼の暴力が苦痛から快感に変わった瞬間でした。
彼はその後も、夏の雨の日は、下着の上から合羽という格好でやってきて、同じことが繰り返されたのでした。
じゃんじゃん。

284 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:08:29
あのな、世界遺産ってのは別に崇拝対象に限らんだろう。
また崇拝されていることが条件でもない。あれは歴史的文化的に見て価値があり、
後世にのこすべき遺産であるとの認定でなされるもの。

明治神宮はあてはまんないよ。インチキであることにかわりない。
後世どうなるかはわからんw
ただし現在の俺らがそんなことに構う必要はない。
インチキはインチキだってことでいいんだよ。
声を大にしていいたい。地元の氏神、産土神に参らずに何が明治神宮だよ。
この異常事態はおかしいということにつきるわけだ。


285 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:09:19
>>218
別に親鸞会の肩を持つわけじゃないが、>>218のその部分の指摘に限って言えば
図に当たっていると思うけどね。
「懇志」の意味・目的についてはきちんと考え直すべきだし、財源の確保についても
「末寺・門徒の義務」なんてことを言うべきではないね。

286 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:14:59
相続講金だって事実上、義務金だからな。
所詮、それがどの名目で入ってくるかの話だし、総枠は事実上、ペナ付きの負担義務なのだから。

287 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:20:31
本山からの院号法名って
どういう仕組みになっているの?
御染筆法名は祐筆で末寺に送ってくるわけ?
それを表具に出すの?金額は?
それしか下さる物はないのですか?

288 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:24:34
>>280
>よく真宗本廟の存在意義を
>「親鸞聖人の廟を参詣して、そこでみんなで親鸞聖人の法を聞くためにあるのです。それは
>門徒の“親鸞聖人に遇いたい”という純粋な願いの産物なのです」
>なんて言ってる人いますけどね。
>ホントにそこに親鸞聖人の法があるんですかい?と。

んなことは普段から提唱すべきことで、御遠忌だから、と思い出してきたように
取り出す話ではないのだが・・・
手次ぎ寺、道場はこれまで末端を担ってきたわけだし、それを否定するかのような
キャンペーンってのはどうかと思う。
真宗は本来、一極集中型ではなく、分散型で成り立ってきたもの。

289 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:27:21
>>287
末寺から申請するスタイルです。
但し、葬儀の間合いがありますから、事後処理であることが多いのでは?

290 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:29:33
>>287
>それしか下さる物はないのですか?

どういう意味?
院号法名を申請すると今ならオプションで裏書付きの本尊も貰えます、とかそういうことを
期待しているのかな?

291 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:31:58
>>289
間合い?七七日に間に合わせるって感じでしょう。

292 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:33:45
>>280
門徒さんの方がよく心得てらっしゃるwww
まあ、真宗の特徴の一つではあるけど。

293 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:34:48
同時期に葬儀が重なると院号が同じ人が出てしまっています
どういうこと?今月の院号とかって感じですか?
色々作らないの?
裏書きの本尊なんて要らないよ!!あんな粗悪品!!

294 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:37:49
>>293
>同時期に葬儀が重なると院号が同じ人が出てしまっています

それこそどういうこと?
末寺から上げている限りではそんなことはあり得ないと思うが。

>裏書きの本尊なんて要らないよ!!あんな粗悪品!!

あらら、それは失礼。

295 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:40:48
えええ!!東はひょっとして寺院号なの?
本派本願寺は壇紙二つ折りにして御本山か御門主名で
来るのにいい加減なものなんですね

296 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:43:22
本廟の本尊!!印刷のポスターみたいなやつだよね
門主の裏書きなんて無いよ
ただ真宗本廟とだけ印刷されていて印が押されている
間違えなく本山からの物ですが
門主不在なんですよね本廟は・・・

297 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:47:18
家のおばあさんと親戚の家のおばあさんは
院号がまるっきり同じ!!同じ寺の檀家じゃないよ
それでおかしいな〜とおもっただけなんですが
院号法名例作集でもみて付けたの?
センスの悪い30代の住職さんいい加減にしろ
数年したら法名取り替えよう!!っと!!
全然有り難くないし!!

298 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 13:53:39
院号のダブルブッキングですかww

299 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 14:01:24
そんなに考えつかないか・・・
ねた切れ坊主!!

300 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 14:02:51
いくらヘビメタ好きの兄ちゃんだったとはいえ
カタカナの院号には驚きました
大谷派のお坊さん

301 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 15:13:36
まあ、よく思いつくモンだね、次から次へと。

302 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 15:25:57
>>301
とりあえず「何もしない」ことです。

303 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 16:11:46
>>285
使途のほとんどが人件費という名の互助会(宗務役員なる貧乏寺の子弟の食い扶持)に
注入され、その互助会がほとんど何の生産能力も持っていないのだから、そこから見直す
べきだろう。

304 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 16:38:53
>>303
でも、本山・別院ももう少し独自に採算性を高めてもらわないと。
そのうち「胡麻の油」も通用しなくなってくるよ。

305 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 16:53:58
金だけ使って布教しないんだから層化にも劣る志の低さだ。

306 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 16:55:20
>>305
何でも基準は創価ですか?(w

307 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 16:58:29
>>304
親の財産・遺産だけを頼りに暮らしてる香具師と大差ない。
それを食い潰しながら御遠忌とは聞いて呆れる。

308 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 17:03:31
>>307
末寺のガキが偉そうなこと言いなさんなよwww

309 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 17:14:49
>>305
そのためにも1円でも多く教化事業に投入したいんだけどね。

310 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 17:19:38
言われてますよ、大派さん。

273 名前:名無しさん@京都板じゃないよ :2005/11/04(金) 00:03:20
大谷派と本願寺派って末寺の差が在りすぎませんか?
本願寺派の寺はどこも立派なのに、大谷派の寺って貧相な寺しか観たことないのですが?
住職居るの?って聞いてしまいました、

311 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 17:33:34
如来大悲の恩徳で蛯原友里に生中出ししたいです

312 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 17:36:57
>>310
単純にロイヤリティの差ですよ。
同じ規模なら、まず間違いなく大谷派の方が貧相ですね。

313 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 18:01:04
>>312
御遠忌のために自坊の修繕も後回しにして募財、募財に明け暮れ、
はるか彼方の本山や、日頃縁の薄い別院で盛大な法要が厳修されたはいいが、
終わってみればな〜んにも残らず終い。
さあ、自坊の修繕に取り掛かろうと思った時には、頼りにしてきた門徒さんもある人は
彼の土へ旅立ち、ある人は代替わりして老人ホームで余生を。
ご子息さんたちには「寺?そんなもん知るかよ」と冷たくあしらわれ、相次ぐ離檀に頭を
悩ます・・・

そんな感じでしょ。
まるで明るい未来はないね。あるのは経営難という地獄だけ。ま、せいぜい頑張ってよ。

314 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 18:32:03
>>297
世話役の人が亡くなったのでウチの寺から院号法名出して葬儀をした。
その一週間後、少し離れた他の家の人が亡くなってお内仏探したら
本山からもらった院号法名が出てきた。

世話役の人につけたのと全く同じだった・・・
変えるわけにも行かず、そのまま葬儀を終わらせた。
まあ法話の語り出しのネタにはなったが。

315 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 18:40:38
記録してないのかね?

316 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 20:18:12
どうでもいいけど、位牌に西暦とは?うちは大谷派です。

317 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/04(金) 23:30:43
>>314
本山のそれなんて院号も法名も使い回しですよ。

318 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 00:04:52
>>317
院号は知らんけど、法名だけなら同じ法名の人がゴロゴロいるな。
そんないい加減な状態で「帰敬式を受けるのは門徒の義務です」なんてよく恥ずかしくもなく
言えるものだと思うね。

319 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 00:09:46
272です。
>>276
そう人たちを傍若無人というんですよ。
含華未出、胎生、疑城胎宮ともいう。
不見三宝


320 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 01:00:35
木版印刷の無作為量産品法名なんて
もらっても有り難くないね
紙もペラペラの美濃紙だし


321 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 06:04:35
西に移れる奴は西に移れ。

322 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 07:38:28
>>211
茶髪+ピアスでバイク乗り回してる俺が登場しましたお^^

323 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 11:20:23
>>318
本山系の帰敬式なんてその程度ですよ。
おそらく下から批判の声もあるだろうに何も変わらない。
末端には変化と貢献を求めるくせに、自分たちは何ら変わろうとも貢献しようともしない。
正直、末期症状でしょう。

324 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 11:47:26
>>319
造悪無碍を悪く解釈した感じですね。
押し付けがましい「出会い」には困ったものです。
他人を批判してそこに自身の安定を求めているとしか思えませんし。
それ、最悪のパターンですよね。

325 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 12:47:00
一度口を開くとうるさいし、酒が不味くなるし、場の空気が悪くなるから、賢明な住職さんは
あまり突っ込んだことを言わない。
学院出身者はその態度を見て「自分たちこそが正しい」と勘違いし、遠巻きにしている住職たちを
端っからダメ扱いしているところがある。

326 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 13:44:08
>>325
みょ〜な選民思想に囚われてるよね。

327 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 13:55:00
>>326
しかも揃いも揃って気持ち悪いくらいの左巻き。

328 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 14:56:26
>>327
悪しき大谷派の坊主像のうち、活動家側面では学院卒。
放蕩息子的な側面では谷大卒。
やはり一般大学卒&検定組が最も中庸でまとも。

329 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 15:07:29
ほとんどはまともではないということか・・・

330 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 15:10:00
>>329
鋭い!www

331 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 16:49:46
じゃぁさ、正しき大谷派僧侶像ってどんなのよ?

2ちゃんで「左巻き」を叩く僧侶のこと?

332 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 16:52:32
>>331
アカ晒しage

333 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 17:23:11
大谷大学に通っていた(通っている)人いる〜?

334 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 17:27:51
勘違い人間養成サティアン=専修学院
学院生は洗脳されている。
N国先生の「呼応の教育」が泣いている。
「呼応の教育」においてN国先生が示した意義が勘違いされている。
教員が自らの「教化者意識」をごまかすための印籠として使われる場合がしばしばある。
N国先生の「呼応の教育」は、人間の「教化者意識」を問い直すものである。
しかし、学院生、卒業生は、自分たちだけは専修学院で学んだ「呼応の教育」を実践することによって、
「教化者意識」を克服しつつあると主張する←彼らはここに潜む問題に無自覚
なぜならいかなる意味に於ても、教え(法)は自己正当化のための道具ではないからだ。
→法に基づく自己正当化は、法に基づく他者の批判へと展開する。
しかし、そう主張する時、教えまでも自己正当化の道具として用いるあり方に堕していることに無自覚なのだ。
N国先生が泣いている。


335 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 17:36:45
>>334
自信教人信なんですよね。。。

>なぜならいかなる意味に於ても、教え(法)は自己正当化のための道具ではないからだ。
>→法に基づく自己正当化は、法に基づく他者の批判へと展開する。
>しかし、そう主張する時、教えまでも自己正当化の道具として用いるあり方に堕していることに
>無自覚なのだ。

その通りでございます。

336 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 18:47:01
334>
全く以て同意…て、いうか学院卒(の9割)キモすぎ

337 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 18:48:45
>>336
中庸な人もいるんだけどなぁ・・・でも、多数派は>>334に合致してる。

338 :図星なので転載:2005/11/05(土) 18:50:46

317 名前:名無しさん@京都板じゃないよ :2005/11/05(土) 17:40:10
>>296
> ものごとを考えるのに、もっと主体的に間がるべきだといっているのです。
> 何か問題があればすぐに親鸞の言葉をさがす。
> 自分たちの直近の問題なのだから、自分たちの言葉で考えるべきだということ。
> 結果的に親鸞の言葉に背くことになっても、自らの判断をすべきです。

そのお言葉通りに、親鸞を捨てて、自分たちの主体的な判断に走ったのが、
大谷派、お東です。
その結果がどうなったのか、おわかりでしょう。

339 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 19:09:11
>>338
御遠忌が近づいてきたので「親鸞聖人に帰れ!」みたいなことを言ってますけどね。
慌てても遅いよ、としか思いませんが。

340 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 21:08:34
>>328
一般大卒→谷大院修了のオレはボーダーライン上?

341 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 21:12:43
その「一般大」とやらが、何処かによるだろw

342 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 21:38:26
>>333
ノシ

大谷大学文学部真宗学科卒でやんす。●●ゼミでした。

343 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 21:41:54
@「西」との合併。
A浄土宗との合併。
ウザイやろ。


344 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 21:54:41
>>343
「合併」ではない。一方的に吸収されるんだ。

間違えるな。

345 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 22:06:20
>>341
おおお!!●●ゼミですか!?
一緒ですねえ

346 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 22:10:27
>>341
二流国立大理系

347 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/05(土) 23:17:03
>>343
@、Aともにあり得ないことはもう十分に語られてきただろう。

348 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 00:19:50
>>347
何でそんなことに固執してるのかよく分からん。

349 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 00:36:11
>>348
現実からの逃避でしょ。
自分ひとりじゃ逃げるのが怖いから、全体で吸収されてしまえと。
相手の迷惑をまるで考えないあたりが真宗禿の真宗禿たる所以ではあるのだが。

350 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 00:45:46
>>341
某国立大学大学院哲学科修了


351 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 00:49:28
>>345
●●=腹黒?

352 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 00:57:20
>>346
二流国立=北海道、東北、大阪、九州?

353 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 09:17:27
高岡の浄誓寺で庫裏全焼 住職の長男放火容疑で逮捕

高岡市二塚の浄誓寺(三松順敬住職)で2日夜、庫裏が全焼した火事で、高岡署は4日、
住職の長男で僧侶、三松順尚容疑者(41)を現住建造物等放火の疑いで緊急逮捕した。
調べによると、順尚容疑者は2日午後8時ごろ、木造2階建て庫裏内で火を放ち、全焼さ
せた疑い。
出火当時、建物内には順尚容疑者を含め、家族5人がおり、順尚容疑者と順敬さんが手
などに軽いやけどを負って高岡市内の病院に運ばれた。
同署では、順尚容疑者と順敬さんが入院していたことから、現場付近の住民などに聞き
込みを開始。順尚容疑者の犯行の疑いが強まったことから、4日午後の順尚容疑者の
退院を待って事情を聞いたところ、「私が火をつけた」と放火を認めたため、逮捕した。
同署で、家族内でトラブルがなかったかなど、火をつけた動機を追及している。
順尚容疑者は出火当時、酒に酔っていたという。

(2005年11月5日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news004.htm

354 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 09:30:14
>>353
おいおい、庫裏に火をつけるバカ息子かよ・・・さすがは真宗。

355 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 09:34:41
>>354
ちょっと待て。
高岡教区には

>高岡市二塚の浄誓寺(三松順敬住職)

なんて寺はないぞ。

356 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 09:42:13


 ま た 例 に よ っ て 言 い 掛 か り か ?
 

357 :重要なことなので転載:2005/11/06(日) 09:48:43

409 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/11/04(金) 16:00:40
歎異抄を読んで俺は生きるのが本当に嫌になったよ。
あれを読んでいるとまるで死ね死ねと言われている様だ。
そうは言っても人間はやっぱり生きたいよ。親鸞自身も
そうやったはずや。だから、たとえ世の中のインテリが
どんなパラドックスを駆使しても、俺は親鸞を敗北者と
言い続けるぞ。


410 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/11/04(金) 16:01:32
>>409
多角度的に読んでみましょう。味わい深いものがありますけどね。

358 :重要なことなので転載:2005/11/06(日) 09:49:42

412 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/11/04(金) 22:41:27
>>409
本当に読んだのか?
浄土は素晴らしいと言われても、
死んですぐにでも浄土に行きたいとは思えない。
そう思えない唯円に親鸞もそう思うと答え、
死にたいと思えないのが人間であり、
そういう人間を救いたいのが本願だと書いてある。


416 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/11/06(日) 02:58:32
要するに、信心歓喜した二人の心境が分からなければ

何も分からないだろう

本願力に出遇い、信心歓喜しながら
「死にとうない」と本音をもらすところが味わいどころ!

359 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 10:18:12
>>358
煩悩の闇が深ければ深いほど、本願もまたそれ以上に深いと。

360 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 10:22:38
>>350
本願寺派のようですよ。

361 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 12:57:12
また大谷派からの転派組か!

362 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 12:57:50
>>358
その会話の流れで「(本願を)たのもしく思える」と言うとるでしょうが。
味わいと言えばそこが味わいでもある。

363 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 13:11:06
>>361
仮にそうだとしても、今は本願寺派だろうに。
そこまで面倒見切れるかよ。

364 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 13:14:52
>>363
転派組の尻拭いまで・・・大谷派って懐が広いんだね(w

365 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 14:40:27
>>364
その懐の広さを生かして政治・社会問題にも積極介入。
反権力と国体粉砕のために日夜、正義の大鉈を振り下ろしてもらいたいものです。

366 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 15:05:57
>>365
所詮、権利闘争でしょ?

それが真宗の僧侶の在り方ですか?

367 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 15:21:29
正義ってなんなんだろうね・・・。
環境に優しくない上、電気使用量の9割カットで達成されるという、「夢」のソーラー瓦計画のことか?
なんか闘い方に教養が感じられないというか・・・。
専修批判はごもっとも。ただし、カキコの大半は、専修卒業生だな。らしい、よねW

368 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 15:26:00
>>367
内部批判が起こらない方が気持ち悪くない?
それ、洗脳がパーフェクトに行われたって証拠だし。


369 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 15:37:37
>>367
実際、OBの中には批判的な人も多いですよ。
知人の住職に、1〜2年のサイクルで卒業生を役僧として採用している方がいるんですが、
曰く「学院で学んだことが全てなんて思ったら大間違い。どうもそこに固執して孤高の道を行くような
勘違いをしてる人が多いんだよなぁ。そういう意味ではリハビリのお手伝いしてるようなもの」と。
実に正鵠を得てるんじゃないかと。

370 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 15:40:17
>「夢」のソーラー瓦計画のことか?

「夢」というより今や「幻」ですね(w

371 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 15:57:01
絶望的、という点では、専修のそれと、教団のそれとは、質の違いはありますが、同じ穴の狢だと思うんです。
専修への怨念は、ご同情、ご理解申し上げますが(W)、そういう方々は、専修外は真っ当だという、論の立て方をなさいます。
その暑(苦し)さが、まさに、ザッツ・専修。もっと勉強して、絶望を深めて頂かないと、教養が問われます。

372 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 16:05:59
>>366
どこで「出会っちゃった」のか知らないけど、権利闘争なんて本来、お坊さんの
やるべき仕事ですかね?
ご自身たちがマイノリティ認定した特定の人に肩入れするのは結構ですが、
それ以外の人たちの「生きる」はどうなっちゃうんですかね?
弱者、弱者、弱者・・・その偏向した発想自体に猛烈な差別性を秘めていること
に気づかないんですかね?

男女同権を引っ繰り返して、女男同権なんて程度の低いフェミニストみたいな
ことをやるのがお坊さんの仕事ですかね?
門徒さんも「アホらし・・・」と思っているけど、末端にいるこっちもいい迷惑。

373 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 16:07:29
>>371
OBさん乙です。

374 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 16:25:36
>>373
ばれちゃいましたか(W
こういうとこなんです、皆様。「臭い」でわかるんですねえ・・・。
もしや、373氏も・・・?

375 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 16:29:19
           , -+--、
          」_─‐、:i'
    、'~ィ     (_,ノI'、_):ァ  bk´ 〉
   i;;;i     . !rヮj ,ィ    〉;;i  オッケ〜〜〜〜イ
   ヽ `ー-‐'⌒::::`ル:::::::r~`( /  左巻きの学院OB フォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーゥ!!
    `‐- ─ヘ:::::::|::::::::::ヾ、__,ノ
         〉::::|::::::::::/
         /;;;;/;;;;;;;/
    ((   /;;;/:::::::《   ))
        <;;;l《:::::;;:ヽ
      /   ヽI,r''"^~、

376 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 16:30:33
>>374
しかし、専修の人って何であんなに暑苦しくて厚かましいの?

377 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 16:47:57
>>372
弱者の言うことは何事も正しいらしいね。
しかし、そんなことをやっている間に貴重な時間を空費していくだけなのだが。

378 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 17:06:28
>>367
それなら最初から「何もしない」が最も経済的なわけだが。

379 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 17:32:34
↑伝統的なやり方の方が、かえって合理的な場合もある。瓦問題なんか、とくにそう思います。
ただ、最近出た本は、きちんと反対意見も載せてたので、立派です。(再反論には疑問も残るが・・・)
何もしない、のがいいとは思いませんが、やればいい、ってものでもないような・・・


380 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 17:45:17
↑伝統的なやり方の方が合理的、という場合もあると思います。瓦問題のような、建築に関わるような事例は。
先頃出た本は、きちんと反対意見も載せられていて、立派でした。(再反論に疑問も残りましたが・・・)
何もしない、のがいいとは思いませんが、やればいい、というもんでもないように思います。

381 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 18:22:25
修練スタッフは左巻きの人でないとなれないの?

382 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 19:19:21
>>379
>ただ、最近出た本

何の本だ?

383 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 19:26:42
なんか、ブックレットみたいなやつ。
法蔵館にもあることでしょう。

384 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 19:28:31
>>383
法蔵館は分かったが、何についての本かも分からなければ探しようがないではないか。

385 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 19:39:48
「幻のソーラー瓦計画」だったと思う。ソーラーの専門家と、福島和人氏の講演がのってて、高岡教区の方々が出されたもの。

386 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 19:42:13
>>385
またそんなものを出版して。。。
何をやってもその「崇高な」志は理解されないということを知りなさい。
その短絡的な環境意識とともに。

387 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 19:43:30
>>385
それは法蔵館が出してるものではないけどな。
置いてもらっているかも定かではない。
ほとんど自費出版レベルの話。

388 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 19:49:07
>>381
というより、左巻きしか寄りつかんだろ、あんなモン。

389 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 19:50:36
>>379
その「伝統的なやり方」についてご教授願えませんでしょうか。

390 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 21:47:26
〉専修への怨念は、ご同情、ご理解申し上げますが(W)、
〉そういう方々は、専修外は真っ当だという、論の立て方をなさいます。
〉その暑(苦し)さが、まさに、ザッツ・専修。もっと勉強して、絶望を深めて頂かないと、教養が問われます。

さて、専修学院生の問題点を指摘し、専修外は真っ当だという論を立てることは、あり得る話でしょう。
それは学院生以外の人が自らを正当化し、学院生を批判するあり方でしょう。

しかし、それは専修学院生、あるいは学院生以外を問わず、人間の問題として、必ず躓いてしまう陥穽です。

ただし、学院生の多くがこの陥穽について無自覚なことは事実です。

学院での実践生活や真宗の教法を自己正当化のための道具としてしまう、
そしてその問題に無自覚な学院生を養成している専修学院とは?が問題とされているのではないですか。


391 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 23:06:46
>>390
得てして難癖バカに成り下がっている現実をよく見るわけです。
何様のつもりか知りませんが。

392 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 23:45:29
>>390
他を批判することで自身の安定を保つようになるんですね。
しかも、批判精神の根底にあるのは「真宗精神」であるから、自分たちは間違っていない、と。
もはやこの時点で履き違えが始まっているんです。

393 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 23:56:08
>>390
その「真宗精神」とやらがあれば、他人の内側にズカズカと土足で入り込み、批判を繰り返しても
それは御同朋であるから許される、というような勘違いまで芽生えてくるわけです。
御同朋の間柄であるから、相手の痛みや心の傷というものへの配慮をしなくても良いというような
ことになってしまう。

394 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/07(月) 17:33:05
置いてけぼりですね、ここだけ。
本スレなのに。

395 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/07(月) 17:45:10
>>394
神祇不拝派と神祇崇拝派の熾烈?な戦いが22派のスレで行われているようなので
その影響かと。
ダメスレの方は相変わらずのようだけど。

396 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/07(月) 18:05:22
>>393
しかも、卒業生がやたら徒党を組むのもよく見られる光景。




何故なら、お友達が少ないから。

397 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/07(月) 19:09:32
>>396
教区で群れたがるんだよなぁW
そんなところで群れてたって何にもならんのに。

398 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/07(月) 19:28:03
>>397
教務所なんか出入りしても、お願い事されるだけでまるでメリット無し。
そこに入り浸ろうというのだから、よほど暇なのか仕事がないのかどっちかでしょ。
そんなことをするくらいなら現場に専念していれば良いのに。

399 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/07(月) 19:48:59
>>398
或る実例を思い浮かべながら書いてるんだけどさ(w
そもそも専念するような現場なんて無いんじゃね?
基本的には親父さん1人で何とかなってるとかさ。
学院なんか行っちゃったもんだから社会復帰も侭ならず、といって宗務役員にも採用されず、
おまけに教区の嘱託も欠員無し。
しょ〜がねえから教区でウロチョロするしかないが、そこなら屁理屈を聞いてくれる暇な香具師が
ゴロゴロいるもんだから退屈しない。
常人には近寄り難い臭いを醸し出し、先輩住職に連れて行ってもらったキャバクラで、キャバ嬢
相手に薀蓄垂れたり、クソの役にも立たない原理主義(実は単なるテメエひとりの主観)とやらを
振り翳し、二言目には「学院では・・・」「本尊を中心とした生活ってのは・・・」ってなもん。

400 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/07(月) 19:59:39
>>399
リアルだなぁ・・・www

401 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/07(月) 20:14:16
社会問題にも必ず首を突っ込む。
しかも、それが「僧侶のあるべき姿」であると信じて疑わない。
一皮剥けば、単なる権利闘争への肩入れでしかないのに「被害者の側に立つ」と決まり切った
フレーズひとつで疑いもなく突き進む。
物事には必ず相手があるのに、そんなことはお構いなしに被害者の側に立っている自分自身の
姿に悦に浸っているところがある。
権力と聞けば牙を剥き、国家と聞けば否応無しに悪。そこまでいけばただの主観でも、本人に
言わせると「念仏とは批判精神である」とこれまた、他人様の受け売りみたいなことを言う。
批判、批判、批判・・・自己への批判を済ませたとでも思っているのか、必ず矛先は他者に向く。
それでも何でも「俺の行動は真宗精神そのもの」と信じて疑わない。

402 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/07(月) 20:17:24

「差別」をおかずにメシを食える人種ですわね。

403 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/07(月) 20:31:35
>>402
何かこちらが一言発すれば、「それは差別心の表れです」とか抜かしやがる。
自分をどこに置いて発言してるのか知らんが、言葉尻を取って喜んでる程度の低さ。

404 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/07(月) 21:39:05
真宗坊主はおかげさまを忘れてるね

405 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 08:47:13
>>402
飲み屋で部落の話を持ち出してドン引きされる、に100j

406 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 09:33:02
おい、似非人権屋ども。出番だぞ。

【社会】「問題提起したくて」 女性ら3人、"女人禁制の大峰山"に地元住民の願いぶち壊して登山★16
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1131373731/l50
【社会】「地元女性、なぜこんなに女人禁制を守るのか?」 不思議がる"大峰山登ろう実行委"メンバー★4
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1131357334/l50

407 :406:2005/11/08(火) 09:35:05
ちなみに刑法第188条↓踏まえてからやれよ。

947 名前:名無しさん@京都板じゃないよ :2005/11/08(火) 09:31:33
>>944
真宗スレで展開したら似非人権屋どもが食いつきそうな内容ですね。

ちなみにこのバカ女どもは刑法にこういう条文があることを知らないのかね?
何でもかんでも権利云々主張すればいいと思ってるでしょ?

第24章 礼拝所及び墳墓に関する罪(礼拝所不敬及び説教等妨害)
第188条 神祠、仏堂、墓所その他の礼拝所に対し、公然と不敬な行為をした者は、
       6月以下の懲役若しくは禁錮又は10万円以下の罰金に処する。

2 説教、礼拝又は葬式を妨害した者は、1年以下の懲役若しくは禁錮又は
10万円以下の罰金に処する。

とりあえず、罰するだけ罰しちまってください、と。
聖地を汚す者にはそれ相応の罪科を問われるべきです。

408 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 10:19:05
>>406
何せ「女男同権」なんてことを言い出す偏向したフェミ坊主どもだからな。

409 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 11:44:31
>>408
それって単純に力関係の存在を認めて、関係を入れ替えてるだけにしか思えないんですが。
弱者を持ち上げて、力関係を逆転させることで新たな弱者を作っていく、そんな単純なことも
真宗のクソ禿には分からないんでしょうか?

410 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 12:08:29
>>409
だから何度も言われてるじゃん。ただの権利闘争だって。

411 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 12:32:12
好きそうだねぇwww

http://www.on-kaiho.com/action/diary/index.html
水平社博物館(奈良県御所市柏原235-2)では2005年3月27日(日)まで特別企画展
「差別に生きた女性たち」を開催し、奈良県に在住され様々な分野で差別とたたかった
女性たちが紹介されています。その中の「女人禁制」のコーナーでは、実際に置かれて
いた『女人結界石』や現在も女性が立ち入れない「大峰山(山上ヶ岳)」の様子、かつて
全国にあった「女人禁制」場所の地図などが展示されています。私たちは、3月6日に
見学会を行い、現在も女性が入山できない山が存在し、このような「女性の排除」が女
性の人権を著しく傷つけていることを、少しでも多くの人に知ってもらうきっかけになった
のではないかと思います。そして、「大峰山(山上ヶ岳)」が来るべき未来においても人
類の誇りうる世界文化遺産としてあるために、「女人禁制」の開放にむけてさらに取り
組むことを確認しあいました

412 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 12:48:04
>>411
信仰を持たないアホ女にとってはただの山。

413 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 13:05:41
こういう人たちってのは「せんそ〜 はんた〜い!」とか言ってデモ行進することが
正義だと思っている人でしょう。
といって警官隊と激突してまで己の信念を貫くことも無い。
「暴力だ!暴力だ!暴力による弾圧だ!」とオロオロしてるだけ。
覚悟がないから、女人禁制はけしからん、という程度で山登り・・・・ダメぽ。

414 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 13:10:31
>>412
女男同権もけっこうだが、信仰を持たない者が他者の信仰対象を汚す資格などないと思う。
日本人だからこの程度の話で済んでいるが、他国でこれをやった場合には相応の報復を
受けても文句は言えないだろう。

415 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 13:19:53
>>414
信仰を持たないという点では真宗禿も同罪。

416 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 13:48:57
>>414
で、日本と同じ感覚で出掛けていってあぼ〜ん。。。

417 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 13:51:42
http://www1.jca.apc.org/anti-hinokimi/archive/ishihara/osaka427.htm

石原都知事発言抗議緊急集会参加者一同
同 呼びかけ団体一同
--------------------------------------------------------------------------------
外登法違憲大赦拒否訴訟を共に闘う全国連絡会
異議アリ思いやり予算関西
反天皇制市民1700ネットワーク
関西共同行動
教育合同労組
市民平和訴訟関西
ゼネラルユニオン
真宗大谷派反靖国全国連絡会 ←←←←←←←←←←←←←←←←ココ
                 (中略)
働く青年の全国交歓会関西実行委員会
やさしいまちづくりをめざす吹田わいわいフォーラム
「国民基金」撤回を求める関西・女のネットワーク
高槻「タチソ」戦跡保存の会
日本製鉄元徴用工裁判を支援する会
不戦へのネットワーク
映画「MABUI」上映を広げる関西連絡会
在日高麗労働者連盟
再びアジア人民をじゅうりんし、侵略し、支配しないための日本人民の運動’90

西尾正二 / 神坂玲子 / 岡村達郎 / 伊田広行(大阪経済大学)
                  (中略)
重松朋宏(国立市議) / 増本享(佐賀市議) / 辻本清美(衆議院議員)
(4/26現在 64団体17個人・着順)

418 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 13:54:23
>>411
後刻話し合いの場を設けることになっていたのに、騙まし討ちするかのように入山。
権利だの何だのと言う以前に、まずその品性と常識を疑いたくなる。

419 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 14:06:05
石原東京都知事への抗議声明

去る4月9日石原都知事は、陸上自衛隊記念式典で「不法入国した多くの三国人、外国人が
非常に凶悪な犯罪を繰り返している」と、日本の犯罪の多くを在日外国人が起こしていると決
めつけ、日本敗戦直後、旧「植民地」出身者に対して特別な差別的意味で使われた「三国人」
という言葉をわざわざ持ち出し、日本人の民族差別意識を煽るという許し難い発言をした。
そればかりではない。「大きな災害が起きた時には大きな騒じょう事件すら想定される」として
「皆さんに出動願って、災害の救急だけではなしに、やはり治安の維持も・・大きな目的として
遂行して頂きたい」と、在日外国人への排外意識を扇動しながら自衛隊に軍隊としての治安
出動を要請するという、きわめて危険きわまりない発言を繰り返した。1923年関東大震災で、
官憲の流言飛語で6000人以上の在日朝鮮人・中国人が虐殺された歴史を持つ東京都の
知事の発言としては、許し難い悪辣なものであり、激しい怒りを感じる。
私たちは断固抗議するとともに、石原都知事への謝罪を要求する。
言うまでもなく、在日朝鮮・韓国人、中国人の多くは戦前の日本の植民地支配や強制連行の
結果、日本に在住することになった人々とその子孫であり、また今日世界中から多くの労働者
が渡航し、日本に居住する在日外国人はますます増えようとしている。平和を守り、異文化を
認め合い、真に国際的に開かれた社会、他民族共生社会をめざすのは世界の趨勢である。
自治体の長は在日外国人を含むすべての住民の生活と権利を守る義務があるのは当然であ
り、歴史に対する誤った認識をもち、人間としての良識に欠け、差別を煽り国際化に逆行する
ような人に、その資格はない。
自治体の長は、憲法を順守しその理念のもとに施策にあたるべきであって、平和を脅かし
住民を戦争に駆り立てる人にその資格はない。
 私たちは石原都知事の即時辞任を要求する。

2000年4月27日
石原都知事発言抗議緊急集会参加者一同
同 呼びかけ団体一同

420 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 14:10:41
>>419
>「不法入国した多くの三国人、外国人が非常に凶悪な犯罪を繰り返している」

実際に犯罪を起こしまくっているわけですが・・・その事実には立たないのですかね?
起こっていることなのに発言してはいけない、何様のつもりですかね?

>日本敗戦直後、旧「植民地」出身者に対して特別な差別的意味で使われた「三国人」という
>言葉をわざわざ持ち出し、日本人の民族差別意識を煽るという許し難い発言をした。

今はその旧「植民地」の方々が随分と侮蔑的・差別的なことをやっているようにも
見受けられますが?

>「大きな災害が起きた時には大きな騒じょう事件すら想定される」
>「皆さんに出動願って、災害の救急だけではなしに、やはり治安の維持も・・大きな目的とし
>て遂行して頂きたい」

あり得る話でしょう。無秩序状態になるんですよ?
阪神・淡路大震災の時にも、混乱状態の下ではそういうことが往々にして起こっています。
自治体の長としては当然、想定しないといけない範囲のことですね。

421 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 14:13:28
>>419
>1923年関東大震災で、官憲の流言飛語で6000人以上の在日朝鮮人・中国人が虐殺さ
>れた歴史を持つ東京都の知事の発言としては、許し難い悪辣なものであり、激しい怒りを
>感じる。

だからって何もしなくていい、なんてことがあるわけないでしょうに。
治安出動がそういった行為の抑止という側面を担うことはまるで無視ですか?

>言うまでもなく、在日朝鮮・韓国人、中国人の多くは戦前の日本の植民地支配や強制連行
>の結果、日本に在住することになった人々とその子孫であり、

数々の優遇的な措置を施されてますね。そんなものはない、とは言わせませんよ。
帰国しようと思えば帰国できるのに、です。

422 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/08(火) 14:15:03
>>419
>歴史に対する誤った認識をもち、人間としての良識に欠け、差別を煽り国際化に逆行する
>ような人に、その資格はない。
>自治体の長は、憲法を順守しその理念のもとに施策にあたるべきであって、平和を脅かし
>住民を戦争に駆り立てる人にその資格はない。

自身の歴史認識にはひとつも疑問符がつかない時点で怪しいですね。
疑いの眼差しが己に向かない、そのことの方がよっぽど危険極まりないとは思わないのでしょうか?
ちなみに、治安出動がどうして「住民を戦争に駆り立てる」ところまで発展しなければならないんですかね?
自治体の長が交戦権の行使を決定する最終機関じゃないでしょうに。飛躍解釈も大概にすべきですね。

423 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 11:34:14
まあ、次から次へとよくやるね。

424 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 12:03:24
>>423
一体何をやる団体なんです?大派さんって。

425 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 12:05:02
政治結社です。

426 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 12:15:01
ある熱心な女性門徒さんから
「女性の権利問題に取り組むのもいいのですけど、それは本当の意味で女性の苦しみなんですか?」
との厳しい突っ込みにヲタヲタしてしまう自称・ジェンダー僧侶。
そんなもんなんですよ、所詮。

427 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 12:46:23
>417
ぬけていますよ。
浄土真宗本願寺派反靖国連帯会議



428 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 12:48:38
>426
自分のことだろう。正直に言ってみろ。

429 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 12:50:30
>>427
西にもそんなしょ〜もないものがあるんか?

430 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 12:59:41
>>429
よかったら、東にトレードしますが。

431 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 13:00:13
宗教の西、政治の東

432 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 13:02:21
東は家康が作った分家にすぎんからな

433 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 14:13:23
本家(浄土宗)の分家のまた分家。

434 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 15:06:47
>>433
本家(法然の浄土宗)は、とっくに消滅している。
今の浄土宗は、弟子の作ったバチモン浄土宗。

435 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 17:36:33
>>432-433
また本家・分家論かよ。
だから本家に合併するべき、とでも言うんじゃないだろうな。
イデオロギーに染まりきった危険分子など、どこの宗派でも抱え込みたくないのだろ。

436 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 17:55:46
企業などでもある程度の規模になると(あるいは経営者の意識次第のところもあるが・・)、
人権問題に取り組まないといけない状況が生じてくるんだよね。
その実は行政の指導ということもあるけど、特定団体の「金づる」だったりするのだが。
しかし、特定の問題に特化せざるを得ないということは、それ自体、他のことに関心や
問題意識がありません、ということを暗に認めているだけのようにも思えてくる。
自らを問わずして宗教者でもないでしょうに。

437 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 21:16:23
>>432
東西分派は徳川家康のせいだと思っているのか。
バカ。
もっと勉強しろ。

438 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 22:40:54
>>437
遠因すら分かっていないかも(w

439 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 22:44:59
また真宗か?

建造物侵入:女子シャワー室に僧侶隠れ、逮捕 埼玉・越谷

9日午後8時半ごろ、埼玉県越谷市北越谷の県営運動施設「ときめき元気館」の
女子シャワー室に男が隠れているのを、女性従業員(27)が発見した。
男性従業員(29)が取り押さえ、通報で駆けつけた県警越谷署員が建造物侵入容疑で
現行犯逮捕した。

逮捕されたのは、同県松伏町上赤岩、「無量寿院」副住職、宮本大慶容疑者(34)。
調べでは、宮本容疑者は更衣室の奥にあるシャワー室の個室に隠れていた。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20051110k0000e040022000c.html

440 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 22:53:05
>>439
言い掛かりも大概にしろ。

>真言宗豊山派 無量寿院
http://www.pref.saitama.lg.jp/A01/BN00/syukyou/matubusemati.htm

441 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 23:13:02
>>440
幼稚園も経営してるらしいが、住職も気の毒だな。
バカ息子のおかげで住職の座も、幼稚園の理事長の座もパーだろう。

442 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 23:43:50
↓も乱立状態のようで。
しかし、こういう形で例に使われるってのもね。

■南無歸命頂禮大聖歓喜天(聖天&天部信仰)15■
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1131326947/59

59 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/11/10(木) 21:46:24
こちらはさしずめ東京本願寺だな。
真宗本廟は電脳歓喜講すれだな。さあ移ろ。あっちへ。

443 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 23:53:28
>>442
東京本願寺(現・東本願寺)には、我こそは正統、と主張する根拠はあるからなぁ。
ここは大谷派の側からの主観的意見が主だから致し方ないにしても。

444 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/10(木) 23:59:06
>>442
乱立と言っても、そもそも本派、大派のスレが分離した時点では誰も問題にしていなかったし、
「別教団なのだから話題・内容的に分離した方が良い」という結論だったはず。
むしろ、確信犯的に叩き専用スレ、東専用の難癖スレを立てたり、次スレが必要でないタイミングで
次スレを立てたりする輩のおかげでとばっちりを食っているのはこっちの方。

445 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/11(金) 00:55:04
>>436
もうね、ある意味では義務的。
総会屋対策同様、面倒だけど総務畑の人々のお仕事。
でないと「お糾」を据えられちゃう。

446 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/11(金) 13:26:49
>>445
>でないと「お糾」を据えられちゃう。

直接手は下さないにしても、自らあぼ〜んしてしまう人もいるしね。

447 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/11(金) 14:58:34
>>444
でも、ここは過去ログやテンプレの転載など、面倒なことをちゃんとやっているからな。
難癖スレじゃそこまではやるまい。それだけでも違いは決定的。
そもそも目的が違うのだし。

448 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/11(金) 15:08:20
>>444
どうせ先回りして第17弾が立つことは確実。
そんなものは無視してきちんとスレ作りをしていれば、それに相応しい判断が下る。
大事なことは徹底的に無視すること。
ただそれだけ。

449 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/11(金) 19:22:09
>>448
無視できないから荒れるんじゃねえの?

450 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/11(金) 19:55:38
>>446
だから賢明な香具師は距離を置いている。
それに対して「教団挙げての課題なのに無関心とはけしからん」というのが活動家連中の主張。
無関心なのではなく、危険だから関わらないというのが真実だろう。

451 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/11(金) 22:29:43
西のスレが不体失往生の話題で盛り上がり始めているのに、
こちらは相変わらずですね。

452 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/11(金) 22:34:39
仏教とは無縁の政治団体スレですからw

453 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/11(金) 22:41:05
>>452
このスレを覗くと単純にそんな印象を受けますな。

454 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/11(金) 23:22:43
>>451
死んだ後に浄土だの地獄だのって言われてもねぇ・・・・嬉しいか?

455 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/12(土) 01:46:54
>>454
平和人権派に、この世を浄土に、と言われるよりましだが。

456 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/12(土) 17:32:33
>>455
この世を浄土に?
おたくの宗祖さん、そんなこと言ってましたかね?

457 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/12(土) 18:16:15
>>455
確かにその通り。
どっかの人権団体の尻馬に乗って、「この世を浄土に」なんてことを言い出すようだと
かなり危なっかしい。

458 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/12(土) 21:48:23
>>457
自分にとって「浄土でないもの」は全部批判対象とかね(w

459 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/12(土) 22:04:51
>>457
浄土ってのは単なる主観世界か?
ならば、大谷派の似非人権屋が掲げる浄土になんぞ行きたくもねえって。

460 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/12(土) 22:51:14
>>450
積極的に運動しているようで、顔ぶれを見てみるといつも同じ。
まあ、そんなもんですよ。

461 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/12(土) 23:18:12
だってさ。

>国が追悼のために施設をつくることは、人間の生死(しょうじ)が国家によって管理されると
>言うことであり、浄土の真宗に生きることと相反することがらであります。

じゃあ、誰がやんのさ?アンタら?勘弁してくれや。


「仏教タイムス」(2002年7月25日)
「新追悼・平和祈念施設」に関するアンケート・回答
教団名 真宗大谷派(担当部署 総務部)

1.国家(政府)が「追悼紀念のための祈念碑等施設」を設置することに貴教団は賛
成か、反対か、それとも不必要か。その理由。

当派としては、靖国神社に変わる国による新たな「追悼・平和祈念のための祈念碑等施設」の
設置について現段階では賛成いたしかねます。
このたび福田官房長官の施設諮問機関として「追悼・平和祈念のための祈念碑等施設の在り
方を考える懇談会」が設置される契機になったのは昨年八月十三日に強行された小泉首相の
靖国神社参拝であります。首相の参拝行為について、国内はもとより、先の大戦で多くの戦争
の犠牲者を出したアジア諸国からの激しい批判の声がよせられる中、「何人もわだかまりなく
戦没者等に追悼の誠を捧げる平和を祈念することの出来る」国家施設の検討が打ち出された
のであります。こうした動きには国の戦争責任に対する内外の批判を回避しようとする意図が
感じられます。
「靖国神社」ではないにしろ、そもそも戦没者あるいは全ての戦争犠牲者としたとしても、国が
追悼のために施設をつくることは、人間の生死(しょうじ)が国家によって管理されると言うこと
であり、浄土の真宗に生きることと相反することがらであります。
いずれにしても、戦争を起こしてしまった私たちの国も、その戦争に加担した私たちの教団も、
まず真剣に内外から寄せられる批判や願いの声を積極的に聞き続け心に刻むべきと考えま
す。そのことを忘れて、安易に国による代替施設の設置を認めることには、当派としては慎重
にならざるをえないのであります。
------------------------------------------------------------

462 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/12(土) 23:29:17
>>461
正しい歴史認識とか言うけどさ、よくよく考えれば、一方的に「どちらかが悪い」なんてことが
あり得ないことくらい分かるものだけどね。
立場が違えば歴史観が違うのも当然のことで、共通の歴史認識を持つということは不可能
なことじゃないのかね。
諸々のことは因縁による結果なんでしょ?仏教に立場を置けば。
社会的善悪という点では、個々の行為に対する責任を免れることはできないが、とことん
突き詰めていけば、そこには「やむを得ない」事情というものがあるでしょうに。
大谷派は執拗に日本の罪悪を糾弾しているわけだけど、そういった物言いというのは本来
の真宗の教義から脱線してるんじゃないの?何様のつもりなのか知らないけどさ。
まあ、阿弥陀如来の本願よりも、集団的な善悪二分論の方が大事なのかな。

463 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/12(土) 23:44:35
よく真実、真実と言ってるけど、それすらアンタの主観的な真実じゃねえかよ、と。
あらゆる事象には裏と表があるし、見方次第でその評価はいろいろ。その中で人間なるもの
は自分に都合のいいストーリーを思い描きながら生きてるわけでしょ。
で、他人様も同じことをしているもんだから、どっちが正しいか否かで衝突する。
人間にできることは、自分も他人様も同じようなことをしながら、その結果、異なるストーリー
を生きているのだということを認識して、相互に尊重することしかないでしょうに。

大谷派のやってることと言えば、「日本(日本人)は過去に悪逆非道の限りを尽くした」として
対外的に謝罪と反省と賠償を求め続けているわけだけど、「日本が悪い」「日本が悪い」と言
いながら、その実、自分が悪いとは思っていないところがある
それが証拠に「日本人である前に真宗門徒である」と言ってのけるわけでね。
歴史的事実の延長に自分がいるにも関わらず、他の日本人にはゴチャゴチャと謝罪と反省
と賠償を促しているが、その実、自分が悪いとは思っていないのではないかと。
これは差別問題などの語り部になっている僧侶にも言えることなんだけど、自分は常に糾弾
側にありたいわけ。
したがって、立場的にはいつしか被害者側になって、検察官、裁判官気取りになっている。

464 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 00:12:20
結局、「本願に出会う」とか何とか言っておきながら、誰よりも反省しているかのようなことを
言いながら、内面では「自分は他の人たちとは違う」とでも思っているんじゃないの?と思え
てくるんだよね。
心底から反省などしてない証拠に、反省すべき内容をいくらでも広範囲に、過激に展開して
いくことに抵抗を覚えないという傾向がある。次から次へと「新しい事実」とやらをこしらえて、
他の人たちに反省を強要していく。
心底から反省しようとする人にとっては、そんな捏造紛いのことは到底受け入れられないだ
ろうから当然、抵抗する。そこで揚げ足を取って「おまえは反省してないじゃないか」とやり
込めようとするというわけ。
で、反省できない人たちと、深く反省しているつもりになっている自分を比較して悦に浸って
いると。ホント、いやらしさもここまでくると拍手モノ。

本当に反省しているならば、まずは自分が率先して反省し、謝罪すればいいんじゃないの?
と思うんだけどね。その姿が真摯であればあるだけ、他の人たちも心を動かされるだろう。
実際にそういう人もいるのだが、大谷派の連中がやっていることは、サンプルを紹介しなが
ら「おまえらは反省が足りない」と演説を打ってるだけのこと。
自分は「反省したつもり」になっているし、「自分は他の人たちとは違う」から常に優越感を
抱いているので、それが次なるエネルギーを生み出している。

465 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 00:18:30
結果的に「反省」だの「謝罪」だの、「被害者の側に立つ」だのと言っておきながら、自分を
一段高いところに置き、他人に反省と謝罪を強いているだけのことでしょ。
よくよく考えてみれば、自分が何か悪いことをして深く反省した場合、それを他人にも「反省
すべきだ」と強要しようとするものかね?
他人に反省を強要するということは、自分は決して反省などしていないということ。
反省などしていないからこそ、他人に反省を強要できるってわけ。

>>462の相互の尊重ということで言えば、「日本人が悪い」という主張を一応のところ尊重
しておいて、そのうえで「自分自身のこと」として実践してもらえばよい。
他の人たちに「反省させる」のではなく、まずは「自ら反省する」ことを徹底的に実行しても
らう。他人様のことはさておき、自らの業を自ら背負ってもらうこと以外に方法はないはず。
実践者というのは声高らかに高邁な理想を語る人でも、他人に極端なまでの反省を強い
る人でもなくて、まずは自分がどうなのかを真摯に考える人のことなんだしね。
その点では大谷派にそういう人がどれだけいるんだか。

466 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 00:49:20
>>462-465
何か気合入ってまつね。。。。

467 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 01:05:05
>じゃあ、誰がやんのさ?

遺族がやるだろw

468 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 01:06:09
そんなに反省したけりゃ、まずは自分が首吊るまで反省してみろ、ということだな。

469 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 01:09:26
>>467
その通り。
遺族であって極左僧侶の出る幕ではない。
その遺族が望んでいることを「軍事施設としての靖国」「戦争神社」と罵倒して
回る権利が大谷派にあるのか?ということ。

470 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 01:12:08
西で器官運動を必死こいて取り組んでる連中も大体同じレベルです。 実質は、街道に活動資金を提供するだけの不毛な運動…

471 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 01:12:47
浄土の真宗に生きているから、「人間の生死が国家によって管理される」べきじゃない?
浄土の真宗に生きていたら「神として祀る?勝手にせいや」となるのでは?

472 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 01:16:08
戦時教学や戦争指導への協力などについて、遺族に土下座して謝罪した教団人っているのか?
軍人さんでは「統率の外道」と自ら割腹自殺したりした人もいるけど。

473 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 01:23:37
>>465
「知らないことが罪なのだ」と言うのも彼らの決まり文句。
で、「知らなかった」人を仲間に引き込んで、「あなた方には罪の自覚が無いのか?」とやる。
思い起こして下さい。これってカルトの常套手段ですよ。

474 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 01:31:51
>>471
「人間の生死が国家によって管理される」つーのがよくワカランよな。
別に「国家功労者の祭祀権は国がこれを独占する」と言ってる訳じゃないのに。
国家に限らずあらゆる集団が何らかの意図を持って死者の追悼儀式を行うのは
社会的団体としてきわめて自然なこと。それに対して特定の宗教の立場から
「止めろ」とは言えないはず。特に国家についてはそれこそ政教分離に反するのでは?

475 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 01:32:18
教区仏青の研修会とかで、門徒さんの若い人たち集めて、反戦反日映画とか上映しまくったり、左巻の旧進歩的文化人ばかり講師に招いたり…別院はオルグの場じゃないんだから…。

476 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 01:34:09
>>471
まったくだ。
靖国だろうと何処だろうと、
勝手にやってりゃいい。
が、
>>469
遺族が望んでるからって国がやることはない。
遺族が自分でやってりゃいい。
勝手に税金つかうな。


477 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 01:41:30
>>473
仏教における「罪」と、人間社会における「罪」がゴチャ混ぜになっていて鬱陶しさすら感じる。
そこをきちんと前置きしてもらいたい。
とはいえ、そこが彼らのつけ込みどころでもあるわけだが。

478 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 01:45:38
>>474
そうなんですよねぇ・・・
「人間の生死が国家によって管理される」という言い方をしてしまうと、じゃ、真宗門徒に限っては
「人間の生死は真宗大谷派によって管理される」となるのかい?ということになってしまう。
それもまた違うのでは?

>国家に限らずあらゆる集団が何らかの意図を持って死者の追悼儀式を行うのは
>社会的団体としてきわめて自然なこと。

同意。

479 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 01:48:00
>>475
そんなモンを見せられる門徒さんの若い人たちが不憫・・・。
でも、彼らが別院をオルグの場所だと思っているのは事実でしょう。

480 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 01:57:53
>>476
>勝手に税金つかうな。

原点はどうであろうと、過程はどうであろうと、今や靖国神社は一宗教法人ですからね。

>靖国だろうと何処だろうと、
>勝手にやってりゃいい。

彼らがどのような祭式を行おうが、そこに先祖が神として祀られていようが「ああ、そうですか」の
レベルですよ。
ウチも大叔父が靖国にいるそうですが、彼が「靖国で会おう」と死んでいったのであれば、それは
尊重しなければならないし、我々に最後の言葉なんて分からないのだから。
また、彼が心底から真宗の門徒であったかどうかも今となっては知る由もない。
しかしながら、こちらとしては年忌法要も営むし、大叔父の死を自分たちなりの宗教観を以て受け
止めている、そういう話ですしね。

481 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 02:01:24
>>475
その講師とやら、あるいはスタッフとやらがまさに>>462-465のスタンスなんですよ。
さらには>>473も当てはまるかも知れません。
それが反省の名の下に行われているとしたら、連中は「クロ」ということですよ。

482 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 02:16:11
>>480
そういうことは宗教団体なり宗教法人に任せておけばいいんじゃね?
但し、特定の宗教法人を優遇するするわけにもいかないし、助成もできないから、
代わりに一律に税法上優遇しておきますわ、と(w

483 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 02:23:47
>>482
わ〜〜〜〜〜〜っ!!!!国に介入されちまったよ〜〜〜〜〜〜!!!! ヽ(`Д´)ノウワァァン!!

484 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 02:35:46
>>483
ならば宗教法人格を捨てるなり、今ある寺院を有志に引き渡すなりして、国に介入されない
脳内寺院でもやってなさい。
国民としての義務を負わない代わりに、一切の権利も放棄する。
そのうえで社会生活を営むとしたらこれは難儀だぞ。

485 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 17:26:09
杉浦正健の発言撤回をどう受け止めているんです?この教団は。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051102-00000005-san-pol
杉浦法相「死刑署名拒否」 “サプライズ発言”波紋 省内警戒

次期国会の論点にも
杉浦正健法相が就任会見で明言した死刑執行命令への「署名拒否」発言が、波紋を広げている。
弁護士資格を持つ法相はその直後、「個人としての心情」と釈明、発言を撤回したが、おひざ元の
法務省幹部は「次期国会で論点になるのは必至」と頭を抱える。犯罪被害者の権利擁護が叫ば
れるなか、最近の調査では死刑制度容認派が初めて八割を超えており、世論を無視した新法相
の“サプライズ発言”に反発が強まりそうだ。
発言は三十一日深夜、法務省で行われた初登庁後の会見で飛び出した。死刑についての考えを
述べる中で、執行命令書に「私はサインしない」と言い切ったのだ。
死刑は平成五年以降、歴代法相が命令書に署名し、少なくとも毎年一回は執行されている。署名
拒否は、法務省の刑事政策の転換をも意味する。
反響の大きさに、法相は一日未明になって「個人としての心情を吐露したもので、法務大臣の職
務の執行について述べたものではなかった」とのコメントを配布し、発言を撤回した。
同日午前の閣議後には、小泉純一郎首相に発言の経緯などを説明し、首相からは「個人的な考
えと大臣の立場をよくわきまえて発言したほうがいい」と注意されたという。
法相はその後の会見でも「舌足らずな面があった。職務が個人の感情に左右されてはいけない」
と釈明した。このなかで、「個人の心情」について「自分の信仰は東本願寺(真宗大谷派)の門徒。
親鸞聖人の教えを、幼いころからおばあちゃんのひざの上でお参りしていたことが根底にある」と
語った。

486 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 17:27:13
>>485の続き)
真宗大谷派によると、同派は「罪人も、かけがえのない命として尊重する」という立場をとっている。
平成二年十二月から約一年間法相を務め、同派の僧籍を持つ左藤恵氏が、退任後に「思想と信
念に基づき死刑署名をしなかった」と告白した例もある。ただ、法相が就任直後にきっぱりと「署名
拒否」を宣言したケースはない。
法務省内では法相の発言撤回にもかかわらず、「信仰に基づいた確信的発言だと思った。次期の
国会では論点の一つになることは必至だ」(同省幹部)との声が出るなど、新法相に対する警戒
感が漂う。
アムネスティ日本支部では、「死刑廃止は国際的な潮流」と法相発言を好意的に受け止めるが、
今年二月に公表された内閣府の調査では、「犯罪に対する抑止力」として、死刑制度容認派の
割合が初めて八割を超えており、容認派は増加傾向にあるのが国内の現状だ。
法相発言には、衆院選で大敗した民主党も関心を寄せている。前原誠司代表は一日の会見で、
「二転三転するのは大臣としての資質が問われる」としたうえで、死刑制度の是非についても言
及。「私個人としては死刑は存続すべきだと思っている。更生が見込めないものについては極刑
をもって罪をあがなうべきだ」との考えを示した。

487 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 17:28:29
>>486の続き)
≪個人的裁量の働く余地なし 命絶つ行為を重視≫
死刑執行の署名が、法務大臣の信条や哲学によって左右されることには批判が強い。
平成五年、執行が止まっていた死刑が三年四カ月ぶりに実施された際、法相だった後藤田正晴
氏は当時の国会答弁で、「裁判官に(死刑判決を出すという)重い役割を担わせているのに、行
政側の法相が執行をしないということで国の秩序が保たれるか」と批判。さらに、「個人的な思想、
信条、宗教観で執行しないのなら大臣に就任したのが間違いだ」とも答えている。
刑の執行命令は通常は検察官が下すが、死刑だけは刑事訴訟法で「法務大臣の命令による」と
規定されている。命を絶つという行為を重く見ているためだ。
裁判で慎重な審理を経た上で確定判決が出されているという理由から、法務省では「死刑執行に
あたって大臣による『慎重な判断』がされることはあっても、大臣の個人的裁量が働く余地はない」
(刑事局)と説明している。つまり法律上、法相は「署名する、しない」という意図的な選択ができ
ないようになっているのだ。
一方、日弁連など死刑反対派の中には、「刑の存続・廃止については国民の合意ができるまで、
法務省は執行を停止すべきだ」という主張もある。

488 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 17:33:32
昨日話した大谷派の坊さんは古典的な人だったな。

世の中の矛盾の大部分を大資本におっかぶせて労働者の地位を嘆く割に、
自民を追い出された亀井などその大資本の申し子たる旧来の利権議員達を
「今の改悪に反対した気骨ある人」と礼賛する。
「自民党は負けるべきだった」と言う割に支持政党が無い典型的な「アンチ自民」
「政治が今進んでいる方向は非常に危険、未来へのビジョンがない」という割に
自分のビジョンは「護憲で平等社会」だけ。
「中国脅威論は虚構」と断言する割にアメリカ政府陰謀説を熱心に展開する。
「新聞は政権礼賛ばかり、反権力が消えた」あんたはどこの国の新聞読んでるんだ?

団塊の世代の人だったけどここまで自分と意見が違うとは・・・・
こういう住職が多いうちは現在の路線は変わらないね>大谷派

489 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 17:45:48
大谷派は犯罪者や朝鮮人の「宗教」

490 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 17:47:21
>>485
もし撤回してなければ、大谷派の意向が政治の舞台に持ち込まれたことになる。
これは極めて危険なこと。
その点、故・後藤田正晴氏の発言は、個人としての信条と法務大臣としての職務の区分を
捉えたものとしては実に正鵠を得ていると思う。
信仰は信仰、職務は職務である。
それを混同した左藤、混同しかけた杉浦両氏は本来、法務大臣に就任すべきではなかった
と思う。

491 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 17:49:15
死刑制度廃止に躍起になっている大谷派教団としては、この政治的アクションを批判的に
捉えるのだろうが、死刑制度廃止のプロセスとしては明らかな誤りと言わざるを得ない。
門徒が法務大臣になったから死刑廃止の動きが加速する、というのは国民世論を集約して
いくべき国政を歪めることであるし、それでは創価学会と何ら変わらない。
国民世論の8割が死刑制度を支持している、という現状をどう見つめていくのか、制度的
抑止に拠らなければ秩序を守れないという社会をどのように見つめていくのか、それこそが
宗教者の重要課題なのではないか。

492 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 17:56:26
>>488
>世の中の矛盾の大部分を大資本におっかぶせて労働者の地位を嘆く

典型的だねw
資本主義を社会主義に、社会主義を共産主義へと発展させれば、
平等な社会が完成するとでも思い込んでいるのだろうか?
ろくに労働者として社会生活を営んだこともない人間が。

>「自民党は負けるべきだった」と言う割に支持政党が無い典型的な「アンチ自民」
>「政治が今進んでいる方向は非常に危険、未来へのビジョンがない」という割に
>自分のビジョンは「護憲で平等社会」だけ。

憲法第9条を崇め奉っていれば世の中は平和、ですか・・・

>「中国脅威論は虚構」と断言する割にアメリカ政府陰謀説を熱心に展開する。
>「新聞は政権礼賛ばかり、反権力が消えた」あんたはどこの国の新聞読んでるんだ?

「弱者なる権力」志向なのでしょう。どの道、反権力と言っている時点で
ただの権力闘争なんですけどね。

493 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 17:59:15
>>489
>>477のいう「仏教における「罪」と、人間社会における「罪」がゴチャ混ぜ」の状態。
それを確信犯的にやっているのでタチが悪い。
しかも、思考回路は>>462-465であると。

494 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 18:14:50
>>488
自分の側にいてくれる人だけ支持。実に狭視界な人たちです。

495 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 18:58:19
>>492
骨の髄までマルキスト。

496 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 21:07:06
>>476
それならば、今まさに検討されようとしている「無宗教の慰霊施設」もなかなか珍妙ですがね。
俺自身、自分の宗教心や宗教観に国が介入することは是とはしないが、それ以上に隣国の政治
的思惑が介在することもまた是としないですよ。
無宗教というなら葬送も祭式も、それ以前に墓や供養塔、慰霊碑の類すら必要ない。
それが無宗教というものじゃないですか?
無宗教というならば、死体なんて腐って虫が湧くし、衛生的じゃないから、サッサと焼いて残りカス
は川にでも撒いておいてくれ、という程度のものでしょうし。
そこに何らかの意味合いを持たせること自体、既に何らかの宗教性が介入しているのではないで
しょうか。

497 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 21:46:08
>>495
葬式と墓の売買でメシを食らうマルキスト・・・

498 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 21:50:35
元祖寺院ビジネス

499 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 22:40:02
>>496
神社神道限定ではなく、さまざまな宗教信者が参拝できる施設というのがとりあえず無宗教的施設といえるのではないでしょうか?

500 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 22:49:28
>>499
そういうのは無宗教とは言わないでしょう。
さまざまな宗教信者が参拝というなら、汎宗教とでもいうのでしょうね。
まず、在り得ない。

501 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 22:58:29
>>500
「無宗教」ではないですよ。
だから、敢えて「無宗教的施設」と表現したんで、「汎宗教」でもいいんですよ。
とりあえず、特定の神社神道だけを国家が特別扱いすることは辞めるべきだと思います。

502 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 23:02:57
同意します。
少なくとも日本国憲法を立てるからには、そうあるべきですね。

503 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 23:03:56
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1488195/detail?rd
「祖国のために尊い命を投げ出した人に感謝と敬意をささげるのは当然だ。」
戦犯の問題を除いてこれに異論を唱える人は少ないと思います。
ただ、それがなぜ靖国神社でなければならないか?ってことでしょう。

504 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 23:07:09
そうそう、そういうことです。
ただ、右傾化促進のためには靖国が象徴として手っ取り早いということですね。

505 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/13(日) 23:51:19
>>503
仏教徒なら異議ありでないといけないんでしょうね。
まあ、本筋とはずれるし真宗だし、スルーしときます。

506 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/14(月) 00:45:25
>>503
麻生太郎さん・・・大谷派が嫌うタカ派の代表格みたいな人ですね。
大谷派には視野が極端に狭い人が多いですから、タカ派の政治家が何か言えば過剰なまでに
反応してくださいます。
おそらく言葉尻の一語一句まで精査して、些細な問題であろうと掘り起こそうとするのでしょう。
実に暇な方々です。

507 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/14(月) 00:51:17
>祖国のために尊い命を投げ出した人に感謝と敬意

それが「顕彰としての戦争神社」となってしまうわけだ。で、これは軍事施設だと。
酷いのになると「国家に殺されたんだ!」とヒステリックに騒ぎ立てる坊さんすらいるね。
抽象的な表現してないで、どこの誰に殺されたんだか言うてみぃっての。

508 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/14(月) 00:53:39
>>501
天皇家と繋がってる大谷派が言っても何の説得力も無いわけだが。

509 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/14(月) 01:27:32
>>501
仮に・・・ですが、日本国政府(特に厚生労働省)が一宗教法人との関係を断ち切ったとすれば、
「遺族が殉難者を顕彰する」施設としての靖国神社の存在は合法ですか?
仮に合法だとするならば、大谷派が訴求するポイントはもはや1つしかないわけですよね?

それと大谷派のスタンスで言うならば・・・
日本国政府が「宗教的意図」を以て「宗教施設」を建設することに異議はないんですか?
地方自治体が「公共的」な目的で「宗教施設(=霊園)」を建設するのも、遠回しに考えれば
問題があるように思えてきますが。

510 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/14(月) 01:39:25
>>503
戦犯、戦犯って・・・まさにスケープゴートだな、こりゃ。
「平和に対する罪」なるものがあったとして、だ。
「死」以上の償いがどこにあると言うんじゃ?
しかも、死刑制度に反対する声明を出している教団が、だ。

511 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/14(月) 08:42:47
どのような組織であれトップが責任をとるというのが常識だ。
責任は悪いことばかりじゃない。
日露戦争は日本が勝利したから、陸軍大将乃木希典や海軍大将東郷平八郎は英雄。
逆に、JRの脱線事故は、実際に事故を起こしたのは運転士だが、
会社の代表として社長は責任を取らなければならない。
それをスケープゴートだと言うものはいない。
指導者、先導者、管理者・・・そこには責任がついて回る。

ただ、浄土真宗としては個人の責任を追及するというのは
教えに反しているのではないかと思うが・・・。

512 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/14(月) 08:52:36
>>509
> 「遺族が殉難者を顕彰する」施設としての靖国神社の存在は合法ですか?

オームのように事件を起こさない限り、違法性はないでしょう?

> 日本国政府が「宗教的意図」を以て「宗教施設」を建設することに異議はないんですか?

殉難者に感謝と敬意をささげる施設に、国が宗教性を持たせる必要はない。
感謝と敬意をささげる各人が、それぞれの主義で殉難者に感謝と敬意をささればいい。
無信仰者は、自分の思いで殉難者に感謝と敬意をささげればいいし、
信仰を持っているものはそれぞれの信仰に従って殉難者に感謝と敬意をささげればいい。

513 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/14(月) 13:24:21
>>511
責任を取った人間を、いつまでも「犯罪人」扱いし続けることが本義ですか?そうですか。

>>510
確かに一死を以ての償い以上のものはないですね。
それなのに死刑制度に反対しているという質的矛盾。
まあ、真宗禿らしいと言えばそこまでかも知れませんけど。

514 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/14(月) 13:26:43
>>512
>殉難者に感謝と敬意をささげる施設に、国が宗教性を持たせる必要はない。

現実には外野も含めて宗教性を持たせてますけどね。

515 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/14(月) 13:40:42
>>511
戦争には必ず相手がある。
しかし、戦犯なるものは「負けた側だけ」が一方的な罪状で起訴され、明治維新あるいは
それ以前からの歴史的なあらゆる業を背負うかのように処刑されたもの。
政権を支持し続けた国民はただ「騙されていた」だけで終わりか?
善悪二極的でご都合主義的なものか?
そんなはずはないだろう。

516 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/14(月) 13:44:24
>>508
だから教団運営の外側に除けたんじゃないのか?
そのわりには未だに「次の門首は誰?」という茶飲み話に花を咲かせている僧侶ども。

517 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/14(月) 15:35:47
>>513
生贄ですよ、生贄。
彼らを未来永劫、悪の権化にしておけば批判対象が明確。
それ以外のところはノー・タッチで押し通せますからね。

518 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/14(月) 15:42:45
>>517
一方を徹底的に裁き倒すのが真宗なのか?

519 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/14(月) 19:53:30
>>513
> 責任を取った人間を、いつまでも「犯罪人」扱いし続けることが本義ですか?そうですか。

そういう言い方をするなら、殺人の凶悪犯が死刑にされたら、その後は神として祭られるのか?
神道的には。
オームのサリン事件で死刑囚になった奴らは、死刑の後は国家によって神として崇拝されるのか?
浄土真宗板を越えた議論になっているが・・・。

520 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/14(月) 20:06:48
>>515
> 政権を支持し続けた国民はただ「騙されていた」だけで終わりか?
> 善悪二極的でご都合主義的なものか?

そうであってはならないと思う。
しかし、北朝鮮の報道を見て、「偉大なる将軍様」「将軍様マンセー」と語る北朝鮮国民を
政権(金正日)を支持し続けている国民と思うか?
情報のない世界に閉じ込められている自由な世界を知らない不幸な国民だとは思わないか?
金正日や北朝鮮指導者(幹部)と飢えに苦しむ国民を同列に見るか?

521 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/15(火) 13:56:49
>>519
神云々の話ではなく「犯罪者として殺し続けるのか」ということだろうに。

522 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/15(火) 19:03:21
>>519
>そういう言い方をするなら、殺人の凶悪犯が死刑にされたら、その後は神として祭られるのか?

そんなわけないでしょう。
死を以て償いをした人間をいつまでも罪人にしておくべきではない=神として祀る 
というのは話として飛躍しすぎでしょう。

523 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/16(水) 00:49:18
>>520
そういった議論になるならスレ違いだぞ。
>>511
>ただ、浄土真宗としては個人の責任を追及するというのは
>教えに反しているのではないかと思うが・・・。
と、答えでてるじゃん。
真宗の教えにもとづいて国民と指導者を区別する論理があるならともかく。
それらのことは同一のことを教団がやっているということで
教団が真宗の教えではない行動をしているという立証としてならスレにあうけど。

524 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/16(水) 02:45:46
>>523
仰る通り。
人間の問題として「罪」ということを考え、「懺悔」から「救済」に展開させていくならば話として
分かるんですけどね。
その流れは最終的に自身の実存的な問題へと展開されていくでしょうし。
逆に過去に遡って特定個人を罪人として踏みつけ続けるような作業に何の意味があるのかと。
自身の「懺悔」がないのだから「救済」もあり得ないってことになりますし。
誰かに「懺悔」をさせることが目的であるとするならば、真宗の坊さんって何様なの?という
ことにもなりかねないですね。
結果、倦怠感ばかりが漂うルーティン・ワークに成り下がってしまっているんじゃないかと。

525 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/16(水) 09:19:01
>>521-522
基本的に神社や靖国神社のことに無知なようですね。
靖国神社に祀られている「祭神」は神話に登場する神や天皇などではなく、
「日本の為に命をささげた」戦没者、英霊(英でた霊)です。
つまり、靖国神社に英霊として奉られるということは、神として崇拝されるということです。
戦犯とされている人ちの扱いは別として。

526 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/16(水) 09:34:53
>>523-524
神として奉られるということに罪の自覚や反省ということは生まれにくいように思う。
自身をことは棚に上げておいて他人の罪を追及するというというのは間違っていると思う。
しかし、国として、また人類として戦争を繰り返す罪深さを自覚し、
仏教となら亡き人を諸仏として手を合わさせていただくということではないでしょうか?

527 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/16(水) 10:22:28
おまえら分かったからもう寺に火を付けるようなマネはするな。

528 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/16(水) 15:51:07
>>525
>基本的に神社や靖国神社のことに無知なようですね。

その程度で知ったかぶられても困るのだが(w
それと話の中心線がブレてしまっているが、要するに、一死を以て罪を償わされた人間を
それでもなお「犯罪者として殺し続けるのか」ということだろうに。
話はそこに移っているんだよ。

529 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/16(水) 15:52:55
>>526
>国として、また人類として

いきなり拡げないでよ、そこまで。自覚的な問題をやってるんだから。

530 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/16(水) 16:48:17
おい、小泉がブッシュと金閣寺を拝観したぞ!
なんで政教分離とか騒がないんだよ、このダブスタ教団!

531 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/16(水) 17:31:28
騒いでも儲からないから。

532 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/16(水) 17:55:23
>>530
政教分離?
観光しちゃいけねえのかよ。

533 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/16(水) 20:13:24
>>526
だからスレ違い。
国の祭祀の仕方に文句があるならそういうとこでやって。
もっとも真宗は他宗が神として奉ることを罪の自覚や反省ということは生まれにくいから
やめろと文句いったりしていたというならいいけどさ。


534 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/17(木) 01:11:53
ファシストブッシュが真宗本廟に来なくて良かったですね

535 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/17(木) 03:03:36
来たら平伏して迎えるんじゃないww

536 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/17(木) 11:29:47
>>533
国がやることなすことに一々文句をつけるのを趣味にしている人たちですから(w

537 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/17(木) 13:45:44
別に国に文句をつけるのは勝手だけどそこに真宗利用されてもな。
だいたい文句つけるやつらの理屈って真宗でも仏教でもなくてただのサヨ思想だもんな。
教団の靖国に対する意見がいい例。
憲法に反しているから。
もうね、アフォかと。


538 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/17(木) 18:53:52
サヨ機関誌―同〇新聞

539 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/17(木) 21:10:03
>>538
ほんと、読むとこないんだよね。
真宗も任免・辞令ぐらいだし。

540 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/17(木) 22:56:44
読むとこはいっぱいだぞ。
同和にハンセン氏病に女性差別に・・・
朝日なんて目じゃない電波が垂れ流しφ(゚∀゚ )アヒャ

541 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/18(金) 00:16:44
そうそう付録も付いてた、半島出身の民間徴用者の遺骨に関しての調査。

542 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/18(金) 02:22:41
真宗大谷派って、浄土真宗本願寺と違ってサヨ集団だとか色々と
言われているけれど、お寺さんを変えようとかは思わないの?
(例えば天台宗とか禅宗とか・・・)
今の時代、親鸞聖人や蓮如さんの戦乱の時代に何かしらの拘わり
を持った御先祖さんの思は捻じ曲げられてる感じも受けるし。
秀吉時代に守られてきた浄土真宗本願寺・徳川時代に守られて
きた真宗大谷派・政略で分離され、現代までも思惑通りのゴタゴタ浄土真宗
先祖代々門徒だからって、真宗大谷派で有り続ける必要はもうないのでは?
こんな両宗派に未だしがみ付いてる人とって純粋に、阿弥陀さんが好きで
変わってないのかな?
私には、解らない・・こんなにまで言われまだ真宗大谷派を続けている事が

543 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/18(金) 09:42:08
>>542
教え自体は天台宗や禅宗よりはまし。
だから、上層部が変われば将来に変わる可能性はあるけど、
他の宗派は、宗派自体の教えが変わることはない。


544 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/18(金) 10:23:24
その手のものをぐぐってみ、大谷家追い出しとかしてないだけで
本願寺派も上層部はサヨ集団になってるから。

もちろん独立という考えも常にあるけどサヨ集団化なんてのはここ30年のことだし。
ここみてもわかるとおり、全てサヨ化してないし俺も含めて反対してるのもたくさんいるわけだし。

545 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/18(金) 10:44:20
>俺も含めて反対してるのもたくさんいるわけだし。

ギャハハ!
バカだねぇw

ま、がんばれやw


546 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/18(金) 13:15:32
>>544
反対してるポーズねw

547 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/18(金) 15:31:58
542の名無しです。
>>543さん・>>544さん私の拙い思いに対し、親切に答えて頂き
ありがとうございました。
宗派自体の教えは変わっていないとの事、何故か良かったとも
思えましたが・サヨ集団化は30年も続いてるんですね少々複雑です。
上層部方々の思想が、私情を交えた教えとならなければ良いなと思い
ます。

私の思いに対し答えて下さったのに、傷つくような言われ無き言葉が
記載されたのを目にし(私の文を目にし、答えてくれたばかりに・・)
申し訳なく思います。ゴメンなさい・・そして答えて下さり
有難う御座いました。


548 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/18(金) 15:43:44
>>543も他宗に対する誹謗だと思いますが・・・

549 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/18(金) 18:04:48
>>543
上層部がイカれてるなら、それを実証してやらんとダメでしょ。
まあ、マルキストに何を言っても無駄だとは思いますけど。
現場は現場でできることをするしかないでしょ。

550 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/18(金) 20:58:25
>>549
己を正当化するならば、教説でも何でも都合よく解釈してくれるからな。
とりあえず、現場への介入を阻止しながら、適当な距離を保ちつつ、自分たちの信仰活動を
突き詰めていくしかないだろう。
彼らの考え方で現場が死んでも、彼らが責任を取るわけではないので。

551 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/18(金) 22:58:26
>>544
本願寺派のサヨ集団、基幹運動は、
組織改革の結果、勢力をそがれて健全化していますよ。
もちろん、活動家はいますが宗派内でもはや力を持たない。


552 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 00:13:49
>>551
組織改革ねぇ・・・どうすりゃいいのよ、ホント。

553 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 00:35:57
東のはなしだけど恒沙所属の院主さんのお寺のHPなんかをみると
少しづつでも変えていこうっていう宗内の雰囲気も感じられ。。。
実際どーなんでせうか?


554 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 00:39:25
>>553
その「変えていこう」という方向が問題だったりするのでは?

555 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 00:48:39
>>553
恒沙?
状況をさらに悪化させるだけ。

556 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 00:58:49
組織を改革することも大事ですけど、皆さん、組織なんかに何を求めているの?
個々の坊さんがパーソナリティを発揮して、独自の寺作りを展開していけば良いことでは?

勿論、ロイヤリティの支出を最小限度に抑えるための努力は必要ですが。

557 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 03:07:02
>>556
>勿論、ロイヤリティの支出を最小限度に抑えるための努力は必要ですが。

それこそが最重要課題じゃないのか?
今のままで推移したら、上納金ばかりが右肩上がりになるだけだろうに。

558 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 03:34:09
与えられた仕事だけをモサーッとやってる本山雇員、まずはあれを何とかして欲しいものだな。

559 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 04:04:48
4.慧光塾 .. ホテルニューオータニの大谷社長らに「お告げ」


 ホテルニューオータニの社長、大谷和彦氏と

 同氏が会長を務める貸しビル業のテーオーシーの社長で
 従兄の大谷卓男氏

 の両氏が“お告げ”にはまり、両社の社員は悩まされている。

 両者は、

 「慧光塾(えこうじゅく)」

 の言いなりで、テーオーシーでは毎月1、15日に1回300キロ
もの塩撒きが義務付けられているほどだ。

 同塾代表の光永仁義

 は、天から啓示が降りたという松田憲子という電器屋のおばさんの
元で数年修行、両大谷社長の相談に「悪霊が憑いている」などと奇怪
な“お告げ”を垂れているという。
二階回転ドア入り口にはガムテープで両側に
お札が張り込んである


560 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 04:11:02
>>559
マルチさせてんじゃねえよ。

561 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 07:14:47
慧光寺でなくって良かった。

562 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 13:01:50
>>558
それを言うと「教団は民間企業ではない」と屁理屈を垂れる香具師が多い。
しかし、現実に現実に余剰人員は余剰人員。

563 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 13:29:48
>>557
まともに門徒数を報告したら負けでしょ。

564 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 13:51:32
正直者が馬鹿をみる。そういうこと。

565 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 13:52:28
小泉はアメリカの糞食い便壷男だから
アジアで好き勝手できるんだろうねwwwww
ちょwwwwwwwwwwwwwwうはwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww













wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

566 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 13:55:15
>>563
実情にまるで見合っていないということで、裁判起こした住職もいたけど・・・

俺のところは先代から現・住職が引き継ぐ時に、分担率をかなり下げてもらったんだよね。
確か紛争前の出来事。
まあ、今の教団は融通が効かないから無理かも知れないけど。
離檀や絶家が相次いでいるんだから、相対的な戸数は絶対に減っているはずなのだし、
どうしてそこのところが分からんのかな。

567 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 14:21:44
>>563
仰る通り。
そんなモン、バカ正直に報告する方が間違ってる。

>>566
実勢を考えたら当然、減収になるわな。
ところが予算を2〜3%カットしただけで「これだけでも大変なんだ」みたいな顔をする。
アホか?テメエは、と言いたくもなる。

568 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 14:47:43
ホテルニューオータニって真宗大谷派の大谷家と関係あるの?

569 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 14:51:32
天台宗や禅宗は戒律が厳しいから嫌です。それならプロテスタントの戒律が緩い宗派のクリスチャンになる方がましです。

570 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 15:12:08
>>569
どうぞお好きなように。

571 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 15:26:47
>>568
関係ないです。以上。

572 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 16:07:19
>>569
真宗って教会仕様のお寺があったりするよね?
法服とかもあるの?

573 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 16:32:38
>>572
お西じゃないか?
確か牧師さんみたいな法服があるはず。

574 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 16:38:15
んだよ、ブン屋の方が過激じゃねえかよ(w

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/news/nov/o20051118_30.htm

朝日新聞社内で社員同士けんか
小泉首相の靖国参拝問題で

朝日新聞社(東京都中央区)の男性社員(43)が、社内で、小泉純一郎首相の靖国参拝を
報じるテレビのニュース番組を見ていた際、別の男性社員(35)と口論となり、暴行のすえ、
けがをさせていたことが18日、明らかになった。
一部報道によると、2人は首相の靖国神社参拝を報じるニュース番組をともに見ていた10月
18日に口論になり、43歳の社員が相手を押さえつけ、頭突きをするなどして、35歳の社員
の腰に全治10日の軽傷を負わせたという。けがをした男性は、社内からの110番通報を試
みたが、それを止められて再びもみ合いになり、その後、社外から通報。築地署に被害届を
出した。

2人は、世論調査に関係する同じ部署に所属。参拝の是非に関する調査にも関係していた
と見られる。朝日新聞広報部は「社員がもみ合い、110番通報したのは事実です」としなが
らも「軽微な事案と考えているので、事実関係をこちらから広報する内容ではないと判断した」
と語った。

575 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/19(土) 16:48:05
>>572
普段着ている「間衣」を洋風にした「教衣」と言うのがあるな。

576 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 16:06:39
明日から御正忌だね。
皆で本願寺の歴史始まって初の女系鍵役を見に行こうぜ。

577 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 17:40:44
おまえらの宗派での御正忌の意義を説明しなさい

578 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 18:02:09
>>575
個人的にはあれってけっこう好きなんだが。

579 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 18:45:21
おいおい、何だこりゃ?
http://www.tomo-net.or.jp/sermon/kyoken/mes0506.html

教学研究所メッセージ歴史をつなぐこと、ともに歩むこと ――改めて「愛国」について――

中国では4月に入り大規模な「反日デモ」が相次いで発生しました。「反日デモ」は日中両国で懸案と
なっている歴史認識をめぐる問題が未だに決着していないことを再確認させるものでありました。
4月24日、「反日デモ」への対応をめぐって、日中首脳が会談しました。その席上、胡錦涛主席は日中
共同宣言の遵守と、台湾独立を支持しないように小泉首相に要請しました。
「反日デモ」が私たちに突きつけた問題は歴史認識の相違だけではありません。日中両国がともに
長い年月をかけて培ってきた歴史が断ち切られつつあることを「反日デモ」は証明したと言えます。
「反日デモ」では「愛国無罪」がスローガンの一つになっていましたが、そこでは「愛国」という言葉が
排外的な意味合いで使用されていました。日本においても近年、「愛国心」について議論されていま
すが、そこでの「愛国」もまた排外的な意味を帯びているようです。互いが互いを歴史の流れの中に
位置づけることなく――むしろ、その流れを断ち切って――「愛国」と「愛国」とが衝突しているかのよ
うです。
このようなことは日中両国に限ったことではありません。世界各地で「愛国」を叫ぶ声が高まりつつあ
ります。ここ数年、急速なグローバル化により、私たちの生活を支えてきた枠組みが破壊されつつあ
ります。それに伴って、多くの人々が日々の生活に不安を感じています。排外的な「愛国」を欲するの
も、何とかして日々の不安感を解消したいという思いと無関係ではありません。
『20世紀の歴史』などの著作で知られるイギリスの歴史家、エリック・J・ホブズボームは、「愛国心」
を、国民を糾合する「忠誠心の新しい形式」と呼びました(『ナショナリズムの歴史と現在』)。ホブズボ
ームによれば、「愛国心」は19世紀後半、国民国家が次々と誕生し、旧来の君主制が弱体化するの
に伴って登場しました。旧来の忠誠心は、新しい「愛国心」に取って代わられたのです。「愛国」を求
める運動は歴史的に見ても、新しい現象なのです。

580 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 18:46:53
>>579の続き)
かつて、周恩来首相(当時)は日中共同声明調印に際して、こう述べています。「われわれ両国の歴
史には、2000年の友好往来と文化交流があり、両国人民は深い誼みを結んできた。われわれはこれ
を大切にすべきである。しかし1894年から半世紀にわたる日本軍国主義者の中国侵略によって、中
国人民はきわめてひどい災難をこうむり、日本人民も大きな損害をうけました。前のことを忘れることな
く後の戒めとする、というが、われわれはそのような経験と教訓をしっかり銘記しておかなくてはならな
い。」(「周総理・招宴における挨拶」1972年9月25日)
私たちが取り組むべきは、これまでともに歩んできた歴史を再確認することであり、その歴史を次の世
代へとつなぐことです。ここで注意すべきは、周首相が中国侵略のはじまりを「1894年」としていること
です。それは、侵略行為は日清戦争(1894〜95年)にはじまった、とする歴史認識です。しかし、日本
側では「満州事変」(1931年)にはじまったと認識されることが多く、実は日中国交正常化が実現した
時点から歴史認識のズレが存在していたと言うべきでしょう。しかし、今では、その認識の違いは顧み
られることがありません。
今こそ、日中両国の間に存在する歴史認識の相違を直視するとともに、その認識のズレが何であるの
かを改めて確認すべき時です。それは、自分たちにとって都合の悪い歴史を忘れ去ることでもなければ、
誇りある「正しい歴史」を回復することでもありません。歴史をつなぐこと――それは排外的な「愛国」を
越えた、真の信頼関係を築くための第一歩です。
(『ともしび』2005年6月号掲載)

581 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 20:17:44
>>580
ついには日清戦争も一方的な侵略扱いかいな(w

582 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 21:52:44
>>580
・・・、ついには白村江の戦いまで「侵略だ!」って言いそうな雰囲気だな・・・・
聖徳太子もその時代に持ち上がった任那出兵計画を持って
「朝鮮半島へ兵を送ろうとした憎むべき侵略主義者」とか言い出しそうw

583 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 22:08:06
もう勝手にしろ、と言いたくなるね。

584 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 22:21:55
仮に、中国が尖閣諸島を占領し、後日、これを日本の自衛軍が奪還したとしても
侵略に位置づけられそうな勢いですね。

585 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 22:29:58
とにかく負けた戦争は全て「悪」という位置づけなんでしょう。
教学研究所と名乗っていますけど、結局は当事国間の問題のみに終始し、世界史レベルの
観点が抜け落ちているというあたりが大谷派の限界でしょう。

586 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 22:36:19
>>585
差別問題に過度に粘着しているわりには、人種差別の問題などはスルーなんだよね。
その問題に触れずして明治維新以降の日本を語ろうということ自体に無理がある。
正直、もう大谷派には辟易という感じ。

587 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 22:44:40
>>586
頭悪いからそこまで考えてないんじゃないの?所詮、大谷大学出身だろ?

588 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 22:51:59
売国教団

589 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 23:16:32
>>588
日本国民である前に真宗門徒です、だっけ?

590 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 23:47:45
差別問題に関連して寺格・堂班廃止とか言いながら
寺格に基づく採用を続けているのが大谷派です。
改革派はどうしてその辺りを問題にしないのか。

591 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 23:55:38
>>590
己に批判の目を向けない似非人権屋集団。

592 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 23:57:52
>>571
ホテルニューオータニと関係ある方は本願寺派の大谷家ですか?

593 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/20(日) 23:59:10
>>586
それじゃ、日本の罪を糾弾できないだろうに。
趣味じゃないことはやらんよ、彼らは。

594 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 00:04:03
>>571
大谷なんて名前、何処にでもあるだろう。
大谷親鸞さま〜 なんてあほな文章書いてたババアが居たな。

595 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 00:05:19
>>593
他人に反省を求める香具師ほど、自分は反省していない(反省したつもりになっているだけ)という典型。

596 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 00:15:19
>>589
それならば日本国民であることをやめてから言いなさい。
もはや「日本国民である」必要はないはずのだし。

597 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 00:32:59
>>595
だから毎日が糾弾用のネタ探しってことさ。

598 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 00:39:23
摺醴霾醴髏蠶蠶鸛躔か                    ベ∃壮鎧醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
勺儲靄靄醴醴醴蠶體酌偵Auru山∴          ベヨ迢鋸醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
∃儲霾ヲ露繍蠶髏騾臥猶鬱h  ご笵此∴        ∃f謳廱躔騾蔑薺薺體髏蠶蠶蠶蠶蠶蠶
ヨ儲諸隴躇醴蠶歎勺尓俎赴  f蠶蠶蠢レ      ∴f醴蠶鬪扠川ジ⊇氾衒鑵醴蠶蠶蠶蠶蠶
ヨ鐘諸薩讒蠢欟厂  ベ状抃  傭蠶蠶髏厂      ヨ繍蠶蠶臥べ泣澁価価櫑蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
f罐諸醴蠶蠶歎      マシ‥…ヲ冖        .∴瀦醴蠶襲jJ鶴門門攤蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
加罐讒蠶蠶欟厂        ヘ              ∴f醴醴蠶甑欄鬮°f蠢蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
溷霾醴蠶蠶勸                        ∴ヨ繍醴蠶蠶鬮狡圷し醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
醴蠶蠶蠶蠶髟                        ベ湖醴醴蠶蠶蠶庇⊇⊇體髏髏蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
蠶蠶蠶蠶欟                          f繍蠶蠶蠶蠶蠶曲三三巛憫髏蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
蠶蠶蠶蠶歉                  澁畄_迢艪蠶蠶蠶蠶蠶蠶甜川⊇川川衍捫軆髏髏蠶蠶蠶蠶
蠶蠶蠶蠶髟                コ醴蠶奴繍蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶齡辷シジ⊇川介堀醴醴蠶蠶蠶蠶
蠶蠶蠶鬮か                .ベ苛ザベ繍蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶醯己に⊇三介f繙醴蠶蠶蠶蠶蠶
蠶蠶髏鬮シ                        尽慵蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶自辷三沿滋鐘醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶
蠶蠶醴勸                            氾隅髏蠶蠶蠶蠶蠶靦鉱琺雄躍蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
蠶蠶醴訃                      ∴∴∴沿滋溷醴髏蠶髏髏韲譴躇醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
蠶蠶蠶髟              _山辷ムf蠡舐鑓躍醯罎體體體驩讎櫑蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
蠶蠶蠶a            f躍蠶蠶J蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶醯註珀雄醴醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
蠶蠶蠶廴          f醴蠶欟閇憊體醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶靦錐讒醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶

599 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 05:37:21
何で愛国が排外的なんだろうね


600 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 11:18:01
  ┏┳┳┓   ハイ。.  ┏┳┳┓
┏┫┃┃┃   差別は ┃┃┃┣┓
┃┃┃┃┃   ここまで ┃┃┃┃┃
┃      ┃┏━━━┓┃      ┃
┃ 差別 ┣┫ . ・∀・ ┣┫STOP !┃
┗━━━┛┗┳━┳┛┗━━━┛
          ┏┻┓┃
      ┏━┛  ┣┻┓
      ┗━━━┫  ┗━┓
.     .      .┗━━━┛




601 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 15:35:32
>>599
この考え方が根底にある、というのが大谷派の主張なのでしょう。

>過去にあがった大谷派の発言例
>
>〜メダルはEUのものでも、国のものでもなく、それぞれの選手の努力の上に輝いているものなのに
>それを国家を代表する人が他国と比べていばってどうするのだろうと思わないでもありません。
>自分の国の選手を応援し、地元の学校に声援を送るのは、
>私たちの中にあって自然にでてくる身贔屓の気持ちです。
>しかし、その気持ちは身贔屓であるだけに限界があり、相対的で、偏りという暗さがある気持ちです。
>(略)〜そして他の国に対し、日本を優位に置いて誇り、領土も文化も日本にするのが善いことのように
>思う錯覚も生まれます。
>                     〜同朋新聞10月号四衢亮氏のコラム時言より

602 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 16:03:11
>>601
要するに・・・日本人選手が活躍しても拍手喝采すべきではないということですね?

603 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 19:43:04
大谷派の人はオリンピックを見ないんですか?
一体、誰を応援するのでしょうか。

604 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 19:45:48
大谷派には縁もゆかりもないけど俺もオリンピックも高校野球もプロ野球もサッカーもマラソンもまったく興味なし

605 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 20:41:50
禿同

606 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 22:05:08
>>604
大谷派の系列校が時々甲子園に出るのですが、何か?

607 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 22:06:10
まったく興味ないなあ

608 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 22:13:29
まったくだ。
ニュース番組もスポーツに時間を割き過ぎ。
やるんなら別番組に汁!

609 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 23:37:33
おれもそんな興味ないけどなんでこいつらは応援している人を
悪のようにいうのかね。

610 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/21(月) 23:58:41
日本代表の試合には興味ないけど阪神タイガースの応援は力が入ります
タイガースが試合をしていれば阿弥陀如来もどこかへ行ってしまいます

611 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/22(火) 00:36:18
>>610
> タイガースが試合をしていれば阿弥陀如来もどこかへ行ってしまいます

阿弥陀如来は甲子園にはいないから、
どこかへ行くと言われても、西方浄土にいますが・・・


612 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/22(火) 01:17:42
とある真宗門徒でもあるトラ吉さんは「巨人死ね」と仰ってますw

613 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/22(火) 02:07:14
皆さん聞いて下さい、「アールブリアン」ではないのですが同じ大阪日本橋界隈にある(恵美須町でんでんタウン)
「THRIVE」という画廊の連中がビラを配っていたのですまず、アーケードから1本奥に入ったニノミヤPC館の前あたりで
3人組がビラを配っており、私はそれを無視して通り抜けると、女が「ちょっとなんで受け取ってくれへんの〜」
と捨てセリフを吐き、男は「逃げんといてくださいよ〜」と言い、そのあとアーケードの中に入ると、以前中川ムセンが
あったところに男2人組が同じそのビラを持っており、そのうちの1人が無理やり渡しに来たので、そのビラを「いいですよ」と下に捨て、
私はさっきのことを彼らに言うとそのうちの1人(27歳のホスト崩れ野郎)が因縁を付け胸倉をつかみ殴りかからんとする勢いできたのです。
その時はもう1人の男が止めに入ってきたのですが、その男もしつこく恫喝気味にかかってくるので私は適当にそこはあしらいましたが、
100mほど歩いて即座に浪速警察署へ電話を入れました(ビラ配りが歩いている人間に胸倉つかむ事など信じられない)
そして、おまわりさんが来て、私が事の顛末を話し、また連絡するのでケータイの番号を教えて、後を任せる事にしました。
ところがです、私はデジカメを買いに来ていたので、アーケードを歩いていると、さっきの男がまた信号を挟んだ反対側にいるのに
早歩きで私を見つけると「なんで逃げるんですか」「デジカメ買いに来ている”だけ”なんでね」と言うと
冷たい表情で(お互いに)それぞれ別の方向へ歩きましたが、さすがに嫌になったので、でんでんタウンを諦め、
梅田のヨドバシカメラで買う事にし、恵美須町を後にしました。
おそらく、これからもその連中は恵美須町でビラ配りをしていると思うので、皆さん気を付けて下さい。
なお、夕方警察から電話が入り、警察側から注意をしたそうです。
聞くところによると、この画廊の悪さはかなり評判になっており警察にも何度か苦情が来ているそうです。

614 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/22(火) 09:07:56
確かに日本人選手の出る試合ばかり特別扱いして見せられるのにはうんざりするがな。

615 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/22(火) 10:25:21
だってここ日本だし。
日本人選手でてれば興味ある人も多いし必然、多く放映されるわな。
つーか、おまえの好みで放映されるわけないじゃんw

616 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/22(火) 18:18:33
ソフトバンクの的場捕手は真宗寺院の息子

617 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/22(火) 20:18:12
>>616
だからそれがどうしたの?

618 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/22(火) 21:07:46
実家がこの檀家なんですが、とある雑誌で、江戸時代いわゆるえたひにんが
この宗派を信仰していると書いてありました。
そのような事実はありますか?


619 ::2005/11/22(火) 21:15:51
あるが、何か?

620 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/22(火) 23:56:32
いや、日本人だから日本人選手を見たがるっていう思い込みが、何ていうか、貧乏臭いよ。

621 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 11:59:20
実家は部落のことを教科書で知ったくらい、同和問題の意識が薄い土地です。
先祖代々この宗派を信仰していたと言うことは、自分はえたひにんの
子孫である可能性はありますか?
武家は曹洞宗、など士農工商によって信仰する宗派が違いますが、
大谷派はえたひにんに密着した宗派であったということでしょうか?
大谷派は、現在、同和問題などに取り組んでいるのでしょうか?

622 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 13:12:38
>>620
ということは批判の対象はマスコミということですね。
一般の視聴者は「愛国心を植えつける情報操作の被害者」面していればいい。 
さあ、被害者の味方、真宗禿の出番と。

623 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 13:16:54
武家は臨斉でなかった。?
曹洞宗は土民と聞いたが

624 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 13:19:18
>>623
曹洞宗なんて近年まで差別戒名マニュアルが存在したほどの徹底ぶり。

625 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 13:20:20
>>621
そうだよ。
だったら、どうだってんだ?

626 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 13:39:03
>>621
>自分はえたひにんの子孫である可能性はありますか?

ありますね。
で、あなた自身、それがどのように問題になるとお思いですか?

>大谷派はえたひにんに密着した宗派であったということでしょうか?

そういう階層に門徒が多かったことは事実です。それが何か問題なのでしょうか?

>大谷派は、現在、同和問題などに取り組んでいるのでしょうか?

はい、教団を挙げての取り組みになっていますが?

627 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 14:04:45
しかし、過去に何度も何度も触れられてきたことを今さら・・・

「天子天台、公家真言、公方浄土、武士禅、日蓮乞食、門徒それ以下」という言葉があるが、
>>621は、浄土真宗が「えた」「ひにん」と呼ばれる人々に信仰されていた、ということを殊更
強調し、問題にしたいだけだろう。

628 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 14:07:16
現在の大谷派は内局からして同和問題の取り組みは消極的だろ。

玉をやめさせたのだってその表れじゃないのか。

629 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 14:13:36
>>628
依然として解放同盟にいいように食い物にされ、ど突き回されながら同和利権擁護の
一翼を担っているのは事実やんけ。

630 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 14:20:23
>>629
同和坊主に特殊権益の話を振ると、極端なリアクションを示すな。
一応、後ろめたい気持ちとかあるのかね?

631 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 16:03:52
>>627
また平田かよ・・・w

632 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 16:11:53
>>630
解放だの何だのと言っても、利権抜きにはあり得ない話ってこと。

633 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 16:55:18
>>621
代々、その地域に住んでいる家系であれば
親や親族に同和地区かどうか聞くのが一番早いな。
また、地域状況や地名、苗字からも推測は出来る。

634 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 17:08:18
土下座しろ
反省が足りない 「未来永劫」慰謝料よこせ
…もううんざりッス

635 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 17:43:18
>>634
>反省が足りない

何様のつもりで言ってるんだろうねぇ・・

636 :621:2005/11/23(水) 17:46:19
真宗大谷派の別院の近くに住んでいます。
同和問題は小学校で初めて知ったくらいで差別されたことはありません。
ただ、社会的階層によって信仰する宗派がだいたい決まっているのに
興味を持ちました。
お騒がせしてすみませんでした。

637 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 18:22:08
>>636
所謂、「宗旨人別帖」の問題ですね。
お寺では一般に公開してくれないと思いますけど、過去帖を調べると明治初期のそれに
「新平民」と表記されている例がチラホラとあります。
しかしながら、被差別階級の存在は何も江戸期に始まったことではありません。
大谷派には徳川幕府悪玉論に凝り固まっている人が多いわけですが、それは「宗旨人別」
の制度を取り上げてのことに過ぎません。

それと今現在、差別事件等で問題になっているのは明治期の「壬申戸籍」の名残りでもあ
る本籍地の表記の方ですね。士業と言われる人たちは、本人の許可なく戸籍謄本を入手
できるわけですが、そこで知り得た情報が様々な差別事件に発展していく例が後を絶ちま
せん。

638 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 18:28:43
>>634
そうでも言わなければ、特殊権益を守れないからでしょう。

仮に僧侶の立場で「反省が足りない」という香具師はスルーして良いと思います。
>>635ではないですけど、それこそ「あんた、何様のつもりなんだ?」という話にしかならないと
思いますし。

639 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 19:03:06
>>637
>徳川幕府悪玉論に凝り固まっている人が多いわけですが

それに便乗してたおまえらこそ何様だ?ということになるよな(w

640 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 22:01:59
>>636
徳川家康の家来で大名になった門徒もいますよ。

641 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 22:17:34
>>640
本多サドのことか?

642 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 22:37:44
>>640
家康の家来じゃなくてもいるだろ、そりゃ。

643 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/23(水) 23:54:14
公家貴族・武家・商人・職人・農民・エタ非人とすべての人を平等に救うのが本来の仏教であります
身分を越える様々な人々に信仰されている浄土真宗の教えこそ真の教えであります
南無阿弥陀仏

644 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/24(木) 00:43:18
真宗某派僧侶の活動について
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/watch/1132750479/

645 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/24(木) 01:46:03
>>643
最下層設定が嫌な方は、天台でも真言でもお好きなようになさったら?と。

646 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/24(木) 02:19:18
>>643
衆生は皆、弥陀大悲の内にあるのだ、と。
極論すれば、あとは回心懺悔できるか否かだったりするわけだが。

647 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/24(木) 02:22:48
天台でも真言でも仏教であれば身分がどうあれ平等じゃないの?
それを否定するならヒンズー教を信仰すべきでしょう。

648 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/24(木) 02:29:50
>>647
ふ〜ん、そういうモンですかね?

649 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/24(木) 02:35:07
この宗派って平等、平等って言い過ぎなんだよねぇ。
で、その平等とやらが結局、人間の手によって生み出し得るものということになって、
法的・制度的平等の実現に向けて突き進んでいる自分に満足してしまうと。
そりゃ、ちょっとばかり違うんじゃないの?と。
所詮、人間が作ったルールの中じゃ、平等なんてただの奇麗事の謳い文句で終わっちまうっての。

650 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/24(木) 02:38:46
>>649
それが故に、如来要らず、念仏要らずの浄土真宗ということになってしまう。
人間業でどうにかしようという時点で破綻しているわけだけど。

651 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/24(木) 04:16:46
>>628
寺格・堂班の廃止だって表向きだけ。
実際は寺格に基づく縁故採用のオンパレード。

平等平等って言いながら、出身成分が問われる北朝鮮と一緒。
浄土って地上の楽園か?

652 ::2005/11/24(木) 11:59:44
>寺格に基づく縁故採用

ちがうよw
かつて寺格が高かったから、じゃなくて、
今も力があるところが、かつて寺格が高かっただけ。
何か穿違えてるなwww

653 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/24(木) 17:07:40
ちがうよw って、貴方は何も知らないのに決め付ける専修卒のサヨ坊主ですか?
何か穿違えてるなwww


654 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/24(木) 17:31:21
大谷光道氏 「寺務所ができて安どの思い」
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/kyoto/news/20051124ddlk26040197000c.html
毎日新聞 2005年11月24日 【鶴谷真】

655 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/24(木) 19:05:07
寺格といっても決めてたのは単純に門徒数の多さでだったからな。
それにはっきりと出してたぶん縁故採用かと文句もいえたが
廃止したいまでは裏にまわってますます内局での力関係やコネで
採用が決まるようになってる。

656 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 01:06:41
>>651
実質寺格に基づく縁故採用なんてない。
上にあるように基本的に寺格なんてのは門徒数だから
門徒がほとんどなく寺格なんて下だったとこのほうが寺すっぽかして
教団の中に入り込んでコネ作って番縁故採用しまくってるし。
もっとも北陸あたりの門徒かかえて役僧雇いまくりで
教団に顔だしてる寺格の高かった寺はあるにはある。
だけど、それも寺格が高いからじゃなくて教団や教務所に顔がきくから。
寺格が高かった寺でも今の教団に批判的なためハブられてる寺はたくさんある。

寺格撤廃といっても差別が要は寺格にあったと寺格に差別のレッテル貼りしただけ。
今でも縁故採用があるのは事実だけどそれを寺格のせいなんていってるのは
教団の宣伝にのせられてるよ。

657 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 10:54:02
宗務所のことは詳しく知らないけど、谷大に本山役員系二世、三世教員(加〇・一〇・木〇・舟〇・訓〇…)が多いのは確か。

学問の世界も世襲制なのね…。ま、それなりに学術業績あげれば無問題だけど。

658 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 11:42:15
「怪物」の子孫が谷大にいるのか・・・

659 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 13:35:41
学問の世界の世襲なんて、昔に比べれば少なくなってるじゃん。

660 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 15:22:36
>>656
一生懸命書いてくれるのはありがたいが、結局、何が言いたいんだ?

661 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 16:16:42
大谷暢顕真宗大谷派門首・大谷光見浄土真宗東本願寺派法主・
大谷暢順東山上花山法主・大谷暢道大谷本願寺法主

この人達のお母さんって、大谷智子さん(元皇族)になるの?

662 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 16:31:08
>>661
>>3を嫁。

663 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 16:48:51
>>657
親子二代で現役の宗務役員・・・・これを寄生虫と呼ばず何と呼ぶ。

664 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 17:06:34
>>663
そういうことが放置されたままの現状ってのはどうなんだ?
とはいえ、大谷大学卒じゃまともな就職先もないのだろうが。

665 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 17:13:35
おれ、兼業じゃないと食ってくことができない寺の息子
教師資格取れと、親の言うまま、とりあえず大谷大学は出たものの
寺に入る以外何の役にも立たない大学だったこと、後悔してる
といって、本山、教務所じゃいじめに合うし、結婚できないし
寺の息子というだけで、人生捨てたようなものだ
後悔、後悔、ものすごく後悔、ついでに生まれながらに不幸

666 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 17:22:08
清沢マンセー

667 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 17:57:57
>>665
ま、そんな後ろ向きなヤツは、
他の世界でも負け組だな。
親のせいにしてる時点で最低w

668 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 18:51:02
>>665
寺が親が大学が・・と言う以前に
お前さんの意思で人生を
捨てている。

>本山、教務所じゃいじめに合うし
一般企業に入っても結果は同じ
>結婚できないし
したきゃ自分で動け

669 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 20:36:30
>>665
宗教とか信じてみたらいいんでないか?

670 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 21:55:58
>>660
寺格で差別撤廃なんてのは欺瞞ってことだ。
簡単にいうと
・寺格撤廃で差別撤廃→実は内局とのコネだから寺格関係なし
他にも
・法主制をやめて民主化→実際は中央集権強化。ただの内局、宗務総長の権力強化
・真宗同朋社会の実現→共産国家の実現
・真宗門徒として靖国神社反対→理由は憲法違反、真宗門徒関係ないじゃん!
・東本願寺→そんな寺、京都にはない

などなど、イメージ操作したプロパンガンダ連発してますから。


671 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 22:24:33
親鸞が念仏の道に入ることになった出来事として伝えられている夢告って、
亡き人が現世に現れてお告げをする訳ですから、
真宗の占いや迷信を否定した教義からしたら、その否定すべき現象のように
思えるけど、この事象をどのようにとらえたらいいか、
簡単に説明してもらえる人いませんか。よろしくお願いします。


672 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 22:25:57
夢なんだからOKでしょう。

673 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 22:30:05
ていうかその話は、恵心尼文書などからの逸話として語られていて真偽はわからない。
それを言い出せば御伝鈔なんてとても親鸞の思想とはかみ合わないわけですよ。
覚如が当時の風潮にあわせるために書いたもんで。熊野権現とかでてきますからね。
聖人の考えからすればおかしなことになる。

674 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 22:53:14
とりあえず親鸞の夢告が
>亡き人が現世に現れてお告げをする
ものかどうかよく調べてからおいで。
夢告という言葉に反応してその中身を理解してないと思われ。

ついでにいうと占いや迷信を否定した教義なんてものもない。
言葉面だけ捉えてるとそういう理解になってしまうよ。

675 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 22:58:19
「親鸞夢記」という親鸞と同年代に書かれた書物に出てくることだね。
ここでは3回の夢告の記述がある。
のちに「御伝鈔」にも記されることとなるが、
少なくとも、真宗の考えからしたら、否定されるべきこと。
それを親鸞(または親鸞に限りなく近い身内や弟子)が堂々と明言してるんだから、
もっとこれを正当化する理由を提示する必要があるね。
当時の宗教観、風潮ですまされないことだと思う。
こういったところに、真宗の弱さがあるね。
矛盾を突かれると、こじつけ的言い訳をするんだね。

676 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 23:02:58
>>674
真宗坊主の身勝手自己満の答えだね。

それじゃ、布教も教化できないだろうに。


677 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 23:03:30
どこに矛盾があるのだろうか?
夢なんだからさ。

678 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 23:06:13
学界では親鸞夢記は現在では偽作とされているのですけど。

679 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 23:07:15
>>667
夢で終わり?

情けないね

680 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 23:09:56
日蓮系が湧き出てきたか?
親鸞夢記はアカデミズムの世界では偽作の疑いが濃いとされています。
それにしても定期的に言いがかりを吹っかけてくる人がいますねえ。
同じ人なんだろうけど。

681 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 23:16:06
ていうか、そんなこと高田派に聞いてくれってと思うなあw

682 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 23:18:40
おれは修練の時に夢精したけど、やっぱり意味があるんだろうな。

683 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 23:20:56
>617です

偽作かどうかではなくて、
その内容は、親鸞の歩んできた道として事実化されてるんだから、
それは、真宗の教義に照らし合わせて、どうかを教えてもらいたいんだけど

684 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 23:24:43
>>674
夢告とは「夢のお告げ」ですよ
亡き人が現世に現れてお告げをするんですよ
初めに真宗ありきから考えるのが、世間からしたら変
つごうのいい解釈ですよ

685 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 23:32:02
>>683
教義的にどうか、ということですか?
教義的に重要なことではなく、法然上人の元に行かれる際のエピソードとして
語られる程度ですから、そこから何らかの思想的含意を引き出そうとする人は
あまり見られませんね。もっともその内容から女性史の観点からこのエピソードを
引用する学者の方はおられます。
私自身としては、矛盾のなにも夢の内容に関して真宗の教義に違背するとも思えませんけど。
これに限らず観音菩薩やら勢至菩薩やら様々な菩薩も登場しますが、存在として定立している訳でも
何でもありませんから、夢で何を見ようと教義に直接かかわる者でもありませんし。
とはいえ、重要なメタファーを提供していると見る考えもあります。
真宗に限らず他宗派においても、大乗仏教は様々な説話・寓話の類をメタファーとして
用います。直示できかねるものをメタファーを使用することにより間接的に指し示すことも
あれば、逆に例えば法難の際の弁論として敢えて用いることもあります。
親鸞聖人からすれば、阿弥陀仏ですら最終的には方便ですから(大乗仏教であるかぎり、
言語で語りうるものは全て方便足らざるを得ないわけですから)、仏典その他のテキストから
どのような思想的含意を引き出せるかというところが重要になってくるでしょう。
と言っている私は僧侶でもなんでもなく、一門徒ですけどね。

686 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 23:32:08
そうだな、
当時の人が、そんなにひねくれて考えてたとは思えないし
これは死者の霊の仕業だな。
親鸞もそう思ってたんだ。
そう思いたくない真宗かぶれの面々も、素直になりなさい。

687 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 23:35:27
>>686
霊がどうだのという話になれば、私はノンタッチというか全く興味がないので、
いかんともしがたいのですけど。別の板の原始仏教スレでもこの種の霊がどうたら
と言う人が荒らしているので、困っています。

688 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 23:39:16
>>685

この夢告は

エピソード=誇張した作り話
方便=たとえば、こんなもんじゃないかな

の理解でよろしいでしょうか。

689 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 23:46:35
夢告は、亡き人のお告げというのとは異なります。
古代から中世にかけて、人生の岐路に立ったり、
解決できない問題に直面すると、
意識的に夢をみて、観音などのお告げを得るというのが、
一般的な方法として認められていました。
誰か偉い人のアドバイスよりも、異界からのメッセージが信頼された時代です。
親鸞は、比叡山の自力修行の道を断念し、
自分の進むべき道を夢の中の観音菩薩のお告げに求めたわけです。
夢告の内容は当時の覚禅鈔の内容とほぼ似ていますので、
以前に読んで深層意識にあった内容が整理されて、
夢のお告げとして現れたものです。
ただ、親鸞にとって夢告は絶対的なものではなく、
その意味を確認するために法然のもとへ百日通って確認しています。
新宗教の教祖のような、唐突な神のお告げとは意味が異なります。


690 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 23:46:49
親鸞の夢告にいつ死者や霊がでてきたよ。
内容を鑑みずに夢告=死者=迷信と短絡に考えるのがどうかしてる。

691 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/25(金) 23:50:15
>>688
どうなんでしょうか?
別に私もよく亡くなった祖父の夢を見ますから(といって
祖父の霊なるものがあるなどとは思いませんけど)、偽作とは思いますが、
一つのエピソード程度と捉えればいいのではないでしょうか?
もちろんその書かれた内容から思想的含意を引き出そうとする人もいるでしょうから、
それはそれで一向に構わないと思います。

「方便」についてですが、これは大乗仏教成立史の研究が膨大な数世に出ていますので、
ご覧になればよろしいかと思います。釈尊も類似の表現がありますし、
ナーガールジュナ(龍樹)を読めば自ずと理解できるでしょうし。
「中論」にある第一義諦と世俗諦の箇所を前提知識として踏まえておけば理解は
断然増すと思われます。余計なお節介かもしれませんが。
あと膨大な数の仏教研究・親鸞研究がありますが、中でも増谷文雄先生の著作は
かなりわかりやすいものがありますのでご参照を。

692 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 00:56:09
>>670
その通りですね。

693 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 01:37:02
>>691
三夢記の資料としての真偽は不明ですが、
親鸞の六角堂夢告の出来事は史実です。
方便として語られたものでもありません。
親鸞にとっては人生の大きな転機となった出来事です。

中世の夢告は、あるテーマに関して、
意識して夢を見ようとしたもので、親鸞の場合は95日間かかっています。
無くなった家族の夢を見たというのとは異なります。


694 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 11:15:51
浄土真宗東本願寺派、浄土真宗(財団法人本願寺維持財団)と大谷本願寺の
三者の関係はどうなっているんでしょうか?
いづれも真宗大谷派と対立しているのは分かりますが
この三者もまた互いに対立しているのですか?

695 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 14:40:19
対立というより大谷派が目の敵にしてる感じかと。
三者は互いに対立はしてないし、どれも包括団体というわけでないから
末寺(といっていいかわからんが)同士でもおおっぴらにしないものの行き来が結構ある。
最近では以前と違って末寺レベルでは大谷派でも独立でも行き来があるところはある。
結局、対立を煽るのはトップの連中でしかないわけ。
特に大谷派はひどい、包括団体だからといのもあるが、独立の寺の報恩講に出仕すれば
目をつけて嫌がらせするし独立というと離脱と言えという人もいたりする。
あと教務所とかべったりでサヨ思想に染まってるのだと大谷派は民主主義で
東本願寺派は独裁主義だと思ってる馬鹿がけっこういたりする。
独立側も大谷派はサヨ、アカと馬鹿にするけど・・・・こっちは結構事実だったりするから・・・なんとも。

696 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 16:08:15
>>693
毎日毎日、夜中に六角堂行ってたわけでしょ。

697 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 16:16:17
>>695

>三者は互いに対立はしてないし
そんなこと無いよ。骨肉の争いは今も続いてますよ、○男と○男。

東京は不完全ながら宗派といえるかも知れないが、
東山は末寺2、嵯峨野も金を出してるのは4件だけ。
東山の2の内の一つは一応大谷派ですけど。
この大谷派の寺の息子が財団の理事・参与を務めていて実質N0.2なのだが
何故か大谷派はこの件に関しては知らん顔してるね。

東京も先代が死んで、当代はどうなのよ?
嵯峨野は今後どのようにして収入を得るのか?

明日、嵯峨野のイベントですね。何人くるのかなぁ?



698 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 17:10:56
>>695
向こうさんがどういうリアクションをしているのか分からんしね。
しかし、現場レベルということで言えば、ウチなど東本願寺派(実際は単立寺院)と高田派に
ごく近しい親類がいたりするし、公然と行き来もしている。
そこに対立の構造があるかと言えば、そんなものはないし。

699 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 17:38:15
>>695
>結局、対立を煽るのはトップの連中でしかないわけ。

的を得ていると思いますよ。
8,000余の末寺を「従えている」教団として、デ〜ンと構えてりゃいいのに・・・ほんと人間が小さい。

>教務所とかべったりでサヨ思想に染まってるのだと大谷派は民主主義で
>東本願寺派は独裁主義だと思ってる馬鹿がけっこういたりする。

いますねぇ(w
あれは血統主義だ!なんて吼えてる狂人住職もいますけど、じゃあ、アンタは違うの?と。
包括関係にないのだから独裁なんて成り立ちようがないし、浅草の東本願寺さんの中で法主さん
が威張ってる分には別にどうでもいいことですし。
逆に考えると、本当の信仰的繫がり合いということを中心とするならば、包括・被包括関係を一度
解除してみたらいいんですよ。
懇志だけで教団が成り立つかどうかを。
どうせ怖くてできないでしょうけど(w

700 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 17:48:27
>浄土真宗東本願寺派、浄土真宗(財団法人本願寺維持財団)と大谷本願寺

対立関係がなければ、アンチ大谷派として浄土真宗東本願寺派に一本化されるんじゃ

701 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 17:53:15
>>700
その通りですね。

それぞれの側近者の利害が一致しないというのもあると思います。

702 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 18:17:07
>>701
一致するわけねえじゃんw

703 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 18:52:15
>>700
はっきりいって仲良くないよ、特に次男(財団)と四男(嵯峨野)。

次男の方は長男(東本願寺派)の葬儀にも来ていたみたいだから
そんなに仲悪くないのかも知れん。一時浅草と財団が接近した時期も
あるっぽい(浅草の本願寺についてた抵当権がはずれてた時期)し。
だが一本化なんて夢の又夢だろうな。借金でどうにもならなくなった
浅草を財団が買い上げる形にでもなれば別だがw

704 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 19:15:12
>>703
不良債権じゃね?

705 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 19:24:15
>>696
毎日、六角堂に籠もって夢で仏や菩薩から答えやヒントを得ようとする。
それが、参籠というものですね。
中世では文学のなかにもよく出てきますね。
しかし夢告ですべてが決まったわけではなく、
方向性を示唆されただけのようですね。
これは法然上人の教えのことかもしれないと直感し、
夢を見てすぐに法然上人に会い、話を聞きに行ってますから。


706 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 19:26:31
>>705
日中は比叡山にて修行・修学、そして夜な夜な六角堂に・・・という日々ですね。

707 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 19:56:42
過労で変なもの見たとしか思えんなあ。

708 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 20:43:51
>>706
その説(通い参籠)をおっしゃる学者さんもおられますが、
毎日比叡山から、六角堂まで通うのは少々無理があると思います。
普通、参籠というと、数日間はお寺に籠もりっきりでした。
百日の参籠だと、さすがに昼夜籠もりっきりというわけではないでしょうが、
恵信尼文書に親鸞が「山をおりて」六角堂に百日の参籠をしたとありますから、
比叡山とは決別をし、山を下りて次の道を参籠に求めたと考える方が自然だと思いますね。
夢告の後は、法然上人のもとへ向かい、そのまま弟子になっていますから。


709 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 20:50:52
>>707
現代的に解釈すればそういうことでしょう。
比叡山の修行も、肉体と精神をいじめて限界に達すると幻覚を見ます。
仏を見たいという意識で行っていれば、その修行によって仏を見るのでしょう。
目的意識をもって、修行や参籠を行えば、
深層意識が夢や幻覚となって現れるということですね。
その意味で、何の脈絡もなく唐突に死者の霊を見たとかいう出来事とは異なりますね。

710 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 20:51:27
>>708
ああ、恵信尼の文書に拠れば、の話ね。

711 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 20:54:53
>>707
別に「変なもの」と言うならそれでいいんじゃないの?
その後の親鸞の行動を決定づける契機になった出来事として考えるならば
それ自体に信憑性だの何だのを付け加える必要などないのだし。
夢告も大事だが、それ以上に大事なのはそれによって結果的に「生涯を決する師と出会えた」
ということなのだから。
そちらに重きを置かんとね。

712 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 20:56:05
>>710
恵信尼文書だけが、当時の六角堂参籠の史実を伝える資料となりますね。


713 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 21:00:09
>>711
六角堂夢告の話は、
親鸞が本願念仏に出会う前の話ですからね。
真実に出会うきっかけが何であっても、
その真実の信憑性を判断する根拠にはならないですね。

714 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 21:08:52
>>713
そりゃそうだろ。
法然様との出会いで親鸞さんは「雑行を捨て本願に帰す」と決意をしたわけだろ?
すなわち、求めていた師との出会いが、さらに突き詰めれば「真実」との出会いがそこにあった
わけでね。

とするならば、夢告の「事実」関係の追求なんぞ研究者に任せておけばいいってこと。
法然様の下に出向く動機づけが夢告にあったとして「夢?おいおい、適当なことを言いなさんな」
とこき下ろしても何の意味もない。
それ以上に、親鸞さんが出会った宗教的「真実」の方がはるかに重要。

715 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 21:30:08
夢告が縁となって師・法然と出遇えたのだから、それが自身の信仰告白の中で
重要な位置を占めるのは当然のことですよね。
「何で法然のところに行ったの?」
「夢のお告げです」
これってごく自然な流れだと思いますし。
現象としての夢告を否定しても、その後に続く法然との出遇いや、親鸞自身の
信仰自体を否定する根拠には到底なり得ませんし。
親鸞に「嘘こけ!」と言っても、法然との出遇いがそのような不思議な縁によって
もたらされたものである以上、難癖をつけても意味ないですね。

716 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 21:31:07
君ら寺のどら息子だろw

717 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 21:34:19
>>716
で、他に言いたいことは?

718 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 21:38:49
>>699
>逆に考えると、本当の信仰的繫がり合いということを中心とするならば、包括・被包括関係を一度
>解除してみたらいいんですよ。

どうせ革命を起こすなら、そのくらいのことをやらんとね。
そこまで徹底したものではなかったし、今にして思えば、権力闘争による
クーデターでしかなかったと。
それを民主化と呼ぶのはちょっと抵抗があるね。

719 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 21:43:52
>>718
だって権力を奪取するためのクーデターだもん(w
で、その結果、首都圏の布教拠点となり得る東京別院を失い、本廟護持の財源を失い・・・・
それを成功と言うべきなのか?

720 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 22:16:54
>>719
で、やってることは基幹運動か?
俺は違うと思うので列には加わっていないが。

721 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 22:30:19
夢のお告げは非現実的な空想の世界

禅にいけば良かったね

722 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 22:52:53
>>721
工作員さん、乙です。
夢告のエピソードなんて所詮、傍らのこと。
親鸞が夢告に重きを置くのは、信仰を告白していくにあたって、それが師・法然との
出会いの切っ掛けとなる掛け替えのない出来事だったからですよ。
たとえそれが空想だろうが幻覚だろうが、師・法然との出会いという歴史的事実は
何ら揺らぐことはありません。
結果、師との出会いにより「真実」に触れることができたということも、揺らぐことの
ない事実なのです。
夢告の真偽など、こちらの与り知らないことです。

723 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 22:57:56
>師・法然との 出会いの切っ掛けとなる掛け替えのない出来事

だから重要なのじゃないですか

>夢告の真偽など、こちらの与り知らないことです。

無責任ですね

724 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 23:02:14
>>723
「親鸞一人の信仰において重要なこと」なのですよ。
空想と言われようが何と言われようが、親鸞自身がそう語っているとすれば、それを
否定する理由はどこにもないのです。
信仰告白というのはそういうものです。

725 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 23:03:22
>>722

真宗の得意な
都合のいいとこ取り

726 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 23:06:14
>>724

法然との出会いは否定しないよ
夢告が意味ないとする理由は?

727 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 23:11:53
>>726
意味がないのではなくて「真偽のほどは与り知らぬ」と言ったまでのことです。

728 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 23:12:36
>>726
言葉を変えれば、ですね。
生涯の師と呼べる先生に出会うことがなければ、さらに遡ればその切っ掛けとなるような
出来事がなければ、自分は決して救われる道を得られなかった、というのが信仰告白の
取っ掛かりですね。
その後、師との出会いによって目覚めた自分を語るとするならば、それが「本願に帰する」
ということでしょう。
夢の内容、あるいはその真偽を我々が疑ってみたところで、あるいはあれは「作り話だ」
と断定してみたところで、「本願に帰する」と決意した親鸞を否定することにはならないと
いうことですよ。
だから与り知らぬ、と言ったまでのことです。

729 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 23:16:28
>>725
そういうチンケな発想を「小利を貪ってついには大利を失う」と言うのです。

730 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/26(土) 23:18:56
荒らしは放置ということで。

731 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 14:09:32
お東さんはサヨ坊主の乗っ取りがなくても分裂していたということですねw
さすがは教如さんの(ry

732 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 18:31:42
>>731
意味不明ですが?

733 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 18:40:04
>>729
小さな矛盾を見つけて、鬼の首でも取ったかのように騒ぎ立てる。
大した問題でもないのにね。

734 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 19:02:13
>>733
> 小さな矛盾を見つけて、鬼の首でも取ったかのように騒ぎ立てる。
別に、小さな矛盾もないでしょう。
単に無知なだけのように思えますが。

735 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 19:07:56
どいつもこいつも
真宗坊主はケツの穴が小さい

736 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 19:11:20
>>733
>>735のことね?ww

737 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 19:13:31
>>730
ほとんど荒らしによって成り立っているようにも思うけど(w

738 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 19:14:38
>>736
かわいそうな人

坊主って世間からは相手にされないから
自分に都合のいい話を見つけては自己満足に浸ってる人でしょ
地獄行き

739 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 19:19:25
>>738
>自分に都合のいい話を見つけては自己満足に浸ってる人でしょ

誰もテメエに都合の悪い話なんざ聞きたくねえだろ。

>地獄行き

サッサと本性晒してんなよ。

740 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 19:20:53
>>739

下品

741 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 19:42:52
>>740
今さら品格もクソもあるまい。

742 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 19:47:57
だから荒らしは放置ですよ。
荒らしにまともに応対することも荒らしと見なされますよ。
今、原始仏教スレではとんでもないことになっているのです。
変な荒らしが現れてまっとうな議論ができない状態です。

743 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 19:50:18
>>741
確かにその通りですね。品格など最初から求められていませんし。
そもそも品がないから教団問題もこんなことになっているのでしょうし。
下品で俗世間以上に俗っぽいのが大谷派教団です。

744 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 19:52:12
>>742
ここで粘着している人たちの素性は、その論調や語句の使い方を見れば一目瞭然
ですしね。放置して然るべきだと思います。

745 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 20:00:26
>>744
相手にされなけりゃ、ダメスレで「みつを」ネタでもやって遊ぶでしょw

746 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 20:03:12
宗教板でもそうなんだけど、この種のスレには様々な勢力が書き込んできます。
新興宗教系、在野のオカルト好き、日蓮正宗系諸団体、はたまた真宗教団の見解を
気に入らない神道系の人、利害の衝突する諸団体など有象無象の人々が跋扈しています。
もちろん仏教学からすればお話にならないことを平気で書いて批判した気になっている
わけですが、まともに相手にしていると気が狂いそうになりますので無視するのが
得策なのです。
以上です。

747 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 20:37:47
>>746
なるほど。大真面目?なレス、ありがとうございます。

748 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 20:48:02
>>699
>あれは血統主義だ!なんて吼えてる狂人住職もいますけど、じゃあ、アンタは違うの?と。

違ってませんね。
じゃあ、その狂人住職は血統を軽んじているのかと言えば、狂人の後任は
狂人のジュニアですしね。
質的矛盾について自分を棚上げにして、大谷家だけを糾弾対象にしている
のはおかしいと思います。
理由を聞くと「宗門を私物化している」と答えるくせに、一法人を半ば私物化
している自分たちには批判の目が向かない。
適当な理屈をこしらえても説得力ゼロですね。

749 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 21:01:24
大谷光道氏の寺務所(兼仮本堂)が完成(右京区嵯峨鳥居本北代町)
来年中に本堂建設着手、宗教法人の取得も
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2005112700087&genre=J1&area=K1H
京都新聞 2005年11月27日(日)


750 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 21:03:10
>>748
それを言い始めたら大谷派なんて「狂人」教団ですわね(w
基幹運動にしても、「目の前の人たちの様々な問題に関わり、共有していく」ことに重きを置いて
いるはずなのに、いつしか反権力を標榜しての権利運動になり下がっていて、
その列に加わらない者は「問題意識のない人」「真宗門徒ではない」というような扱いをして蔑む。
名目はともかく、いずれの運動も単なる悪人探しと権力に対する糾弾に終始し、自己の正当性を
確認したいがための手段に転換させているあたりが、真宗教団の社会的信用の無さにつながって
いることに本人たちが気が付いていない。
その点、もはや致命的とも言えるのだが。

751 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 21:04:38
>>749
その250人の内訳も気になるところだがw

752 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 21:11:02
>>748
同意する点がありますね。
私は一門徒ですが、大谷家に関しては象徴としての立場に徹し、教団を統裁する
にふさわしい人格と識見を備え、具体的な教団運営にタッチせずまた財産を私物化
するようなことでない限りは、真宗教団の象徴として存在してもいいだろうと思います。
大谷家に関してはそういうスタンスです。
坊主も世襲が続いています。私の所属寺は
大阪教区で大阪の陣の頃からの寺で約二十代続いている寺なのですが、
跡継ぎの私と同年代の二十代のせがれがこれまた茶髪ですからね。
ファッションは自由とはいえ、大事な仏事の時にそんな格好でくるとは、
僧侶としての自覚が足りないと言われてもしょうがありません。
好き勝手なファッションを楽しみたいなら、門徒の懇志で飯食うのではなく、
ご自分で働いて稼げと言いたいわけです。私の家だけでも数十万気持ちを込めて
おさめさせてもらっているのです。誰もバカ息子の茶髪やらピアス代として支払っている
わけではないのです。非常に腹立たしい思いを内心抱いている門徒は多かろうと。
真宗は同朋教団であり、僧侶も基本的には在家なのです。それをいいことに親鸞聖人の御心に
適わない門徒無視の姿勢ならとっとと僧侶をやめるべきであると思われます。
ほとんどは真面目な人だと承知しているものの、世襲になるとこういう変なのも
出てくるものです。真剣に仏道に邁進したいという志を持つものが寺を受け持てば
いいのです。
大谷家だけを糾弾してもしょうがないという点は激しく同意します。
同意します。

753 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 21:16:16
>>749
ご自由にどうぞ、という感じだけどな。
浅草や東山は多少話題に上がることもあるが、四男なんて話題に上がることもない。
「私こそが大谷家の当主だ!」と名乗ったところで、今時、「だから?」というリアクションしか
返ってこないだろうし。
せいぜい二番目の兄さんと痴話喧嘩でもしてなさいってこった。

754 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 21:31:41
>>752
至極ご尤もな指摘だと思います。
浄土真宗における大谷家の位置づけとは本来、親鸞廟の留守職(墓守)です。
親鸞様の御末裔ということで敬意を以て接するべきではありますが、留守職個人が崇敬の
対象にはならないということです。
個人的には、墓所としての親鸞廟(祖廟)を管理していただき、門弟として敬意を以て相応
の経済的支援をさせていただくというあり方に戻せないものかと思っています。

755 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 21:40:47
>>752
住職=聞法道場の管理人、に過ぎないからね。
その道場を護持するために分担金があるならば、人件費はこれくらいが適当、教化費はこれくらいが
適当、その他必要な経費の類はこのくらいが適当、ということで、門徒側がどんどん介入すべき。
任せっ放しが一番いけない。
茶髪&ピアスが管理人としての品格を貶めるものだ、と思うならば、それを厳しく指摘するのも一つ
の役割じゃないかと思う。
「言ってあげる」ことが大事なんじゃないのかな。
でないと気が付かないと思うよ。「見られている」という自覚のないダメ息子のようだし。

756 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 21:44:28
>>752
法事の場にそんなのがノコノコ出てきたら「帰れ!」と一括してやりゃいいのに。

757 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 21:52:18
>>755
そうですね。ただ同年代でしょう。文章と違って私はしゃべるとかなりどぎつい
言い方になるので、あまり角が立つようなことになることを避けようと思って直接
言わないようにしているのです。まあ言い出せばキリがないんですけど、肝心要の
教義についての理解もお粗末至極ですし、この先法話で醜態をさらけ出すことになるんでしょうが、
大谷大学の真宗学科は一体何をしているんだろうかと思えるほど。先生自体は仏教学の中でも
それなり知名度の高い優れた人もいるのですが、いかんせん学生や直近の卒業生ともなると
言い方は悪いですが「アホ」です。
他宗派に比べて真宗は比較的数多くの優れた学者を輩出してきた伝統があるにもかかわらず、
このざまです。真宗は勉強すればするほど奥深いものなのに、基本的な仏教の教義の中から
親鸞を捉えようとしてないために、ここに出没する荒らしの人間とさほど変わらない認識しか
持ち得ないのです。「仏教をなめてんじゃねえぞ!そんなあまいもんじゃねえんだ!」
と一喝したいぐらいです。まあこんなこと言い出せば大喧嘩になるかもしれませんねw

758 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 21:54:16
おかしな坊主相手にするときは、布施しないor減らすのが一番さ。
生活に直結するから、相手も真面目に考えるだろうよ。

759 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 21:55:51
>>757
ちゃんと喧嘩してあげないと。
でないと、いつまで経っても無自覚な茶髪・ピアス君のままよ。

760 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 21:58:54
>>756
毎月来るんですよ。祖母の月命日にね。お内仏にお経をあげにこられるのです。
読み方にまでいちゃもんつける気はありませんけど(気持ちの問題ですから)、
どうも読みなれていないというか(ということは普段読んでいないということでしょう)、
私の家族の誰よりも下手糞なのです。中学の弟がいるのですが、その弟より間違いなく下手です。
正信偈も和讃もきれいにそらんじますよ、弟でさえ。



761 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 22:02:46
>>757
勉強も大事なんだけど、それは知識・学問の領域をきちんと固めておくということなのよね。
言ってみれば、棚にきちんと引き出しがあって、引き出しの中に整理整頓された資料が収納
されている状態とでも言うべきかも。
それは布教者として最低限のことなのかも知れないね。
ただ、勉強だけだと思想屋、悪く言えば理屈屋に仕上がっちゃうんだよねぇ・・・。
聞法、聞法で耳学問だけをやっていても、「自分自身が救われる」ということに向き合って
いないと引き出しから取り出したような話しか出てこない。
「それがあなたの救われるということですか?」と。

762 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 22:05:11
>>760
そこで言ってやらないと。
「まあ、気持ちの問題ですけど・・・・声明ってのは大学ではやらないんですか?」とね。

763 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 22:13:54
あるがまま

764 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 22:14:38
>>761
最低限の知識は頭に叩き込んでおかないと。
というか仏道に生きんとする熱意があれば、自ずと仏教の教理理解への力も
入るでしょう。私はただの門徒の子弟ですが、「まんまんちゃん、まんまんちゃん」
と言っていた頃に素朴に「この人らなにやってるんだろうか?」と思っていたので、
その素朴な思いから仏教に親鸞聖人の教えに段々惹かれていったわけです。
惹かれて行くと今では昔と違って十分に勉強する時間も財力もあるでしょうから、
貪欲に勉強しようとしますよ。教えの内容を深く理解したいという思いがあれば、
学習意欲もわきましょう。それすらないとなると、一体僧侶としての存在意義を
どこに求めればいいのでしょうか?
お念仏は決して呪文ではありません。懸命に仏教の理解に努め、また日々の生活の努力の中から
理解され思わず称名となって現れるものだと思っています。
本来仏教とは仏教史を紐解けばわかるように徹頭徹尾論理を追及するものだと思います。
論理なら論理を徹底的に追及し、その果てに見出される深い智慧。
僧侶ならしっかりとした教義理解に裏打ちされた知識に基づき、聞く側の立場・状況に配慮した
法話が望まれると思いますが。

765 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 22:28:47
>>764
論理は論理でいいんじゃない?大事なことだし、誰も否定はしていないよ。
だから日々研鑽、そりゃ当然のこと。
ところがそれが「お勉強」になってしまうと、軸足がどこに置かれているのやら・・・ということが起こり易い。
そういう指摘です。

行き着くところは「自分自身とは一体何者であるのか?」ということでしょう。
等身大の疑問や悩みを大事にしながら真摯に向き合う。そのうえで経典、先達の論釈に触れなければ、
ただの薀蓄博士になっちゃうよ、ということ。
まあ、薀蓄自体を否定しているわけじゃないけどね。
悩める者になること、あるいは悩める者であることを知ることから始まるわけでしょう。
でないと理想屋さんになっちゃうよって。

766 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 22:34:45
>>764
誤解のないように言っておくのだけど、貪欲な勉強、これは必要ですよ。
その貪欲である自分、あるいは貪欲でない自分をきちんと振り返って、そこから始まらないと
仏法にはならないということ。仏法のテーマは「私はどうなの?」ということなので。
だから、そのボンクラな跡継ぎさんに対して「叱ってやれ」「喧嘩してやれ」と言ったのは、
どこかで強烈に恥をかかせる、自分に向き合わせる必要があるからなのね。
でないと、仏法という衣をまとって、中身はただの俗っぽい兄ちゃん、っていう真宗坊主の
典型を作ることにしかならないから。

767 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 22:43:24
>>765-766
言わんとするところは理解できますよ。
ただ話題にしている坊主の場合はそれ以前なのです。
親鸞聖人の教えを法話なり様々な仏事などを通じて広めることも期待されて、
門徒から浄財を集めておまんま食っているわけですから相応の振る舞いと中身を
供えるべきですよね。
こんなのは一部であると思いますし、真宗に限ったことではなく、組織として固定
されてしまえば生じるだろう弊害の一つなのかもしれません。つくづく世襲はよくない。
よりふさわしいなり手に任せるべきです。

768 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 22:44:11
訂正
供える→備える

769 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 22:59:20
>>767
あなたの言いたいこともよく分かるの〜〜〜っ。

>門徒から浄財を集めておまんま食っているわけですから相応の振る舞いと中身を
>供えるべきですよね。

でも、これって逆だと思うんだけどなぁ。
信仰ということが前提になっていれば、むしろそこから振る舞いや中身ということを自分自身で
問題にするようになるよ。儀式にせよ法話にせよ、それは信仰の表現だからね。
その部分に喝を入れておやりなさいと言ってるのだし。
浄財でメシ食ってるから勉強しておきます、ちゃんと立ち振る舞いします、ってそれでいいの?


>親鸞聖人の教えを法話なり様々な仏事などを通じて広めることも期待されて

その通り。
でも、法話もエスプリが効いてないとね。
「親鸞様の仏道」を土台にして、等身大の自分を題材としないと、そりゃ無理でしょう。
ただの仏教をネタにした薀蓄話か世間話になってしまうし。

770 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 23:09:29
講釈たらたら
理屈こねこね

真宗坊主

771 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 23:09:58
「最低限のことを身につけておけ!」が>>767の主張で、「信仰の部分から撥ね付けてやれや」が
>>769の主張だと思いますが・・・よろしい?

772 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 23:12:45
>>769
ちょっと誤解を生む表現になってしまいましたね。
浄財で飯食っているから勉強しろというよりも、信心がなければご自分で
働いて飯食ってくれと言いたいわけです。
信心がともない、寺を預かるものとしてふさわしい振る舞いと中身が備われば、
浄財で食べていくことに誰も文句をいうつもりはありません。
信心もなく、中身もない。おまけにふざけたファッションで仏事にのこのこ現れる
人間を食わせるためにご仏前として金銭を供与しているわけではない、そのことを自覚
してくれと言いたいわけです。

773 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 23:13:54
>>770
ならば近づかないことです。

774 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 23:23:55
>>772
>信心がなければご自分で働いて飯食ってくれと言いたいわけです。

おそらくROMってる真宗坊主は「信心がなければ」「信心がともない」という一節に教義的に
突っ込みを入れたいと思うだろうけど・・・あえて言わないw
しかし、少なくとも「自身の信仰と宗教的救済に対して真摯に探求する姿勢がないのであれば、
宗教法人を担う資格はない」ということであれば至極同意。

>信心もなく、中身もない。おまけにふざけたファッションで仏事にのこのこ現れる
>人間を食わせるためにご仏前として金銭を供与しているわけではない

とはっきり言ってやることですよ。やっぱりそれは言ってやらないと、その兄ちゃんの問いに
ならんのです。是非、一喝してやってください。

775 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 23:30:50
>>774
いやいや、私も書いた後、「突っ込まれるかも?」と思っていました。
厳密に書こうとすると厄介ですから敢えて問題のある表現になった次第。
いずれにせよ、ちょっといい加減にしてもらいたいなと思っているところなのです。
機会があれば言うことにしますよ。
かなり前のじいさんの頃はこんな醜くはなかったのですけどね。
単に世襲として継ぐのはやめにしていただきたいと思っています。

776 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 23:31:16

信仰無き者は去れ!でよろしいでしょうか?ご両人。

777 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 23:35:42
ところで信心ということで思い出しますが、最近sraddhaということの意味を
どう考えればいいのか、真宗信心の根本問題に頭を悩ましている日々です。
七高僧の諸説を振り返りつつ、親鸞聖人の「信」の問題を考えてみたいと。


778 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 23:36:30
しょせん
宗教人、特に真宗坊主は宗教を「メシ」の種化してる。
真の教義を曲げて、言い訳して、本来ないことを平気でしている。
なにもかも「生活のため」

779 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 23:37:09
>>775
あ、やっぱり?w
きちんと真宗に触れていらっしゃる方は違いますねぇ。

でも、>>775さんの手厳しいご指摘は、そのまま私自身の常日頃の活動姿勢を問われるような、
そんなご指摘でもあったので深く感謝しております。

780 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 23:39:26
>>778
それは真宗坊主に限ったことかい?もう少し視界を広くしたら?

781 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 23:42:13
>>780
ひとのせいにしないで、
自身を考えなさい

782 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 23:47:01
>>776
いわんとすることはそういうことなのですけど、まあ「信仰」というとズレちゃいますので
信仰という言い方だけは避けようとしたのです。でも言わんとするところは
そういうことですね。やる気のねえ奴だったら別の職があるからそこで働いておまんま食えということです。

>>778
別に真宗の坊主が特にそうだとは思いませんが、宗教の世界にはそういう住人が多いことは
確かです。苦労している寺院もあり、また真面目にやっておられるところもあることは
知っていますが、不真面目の方がかえって「効率的に」稼げているということでしょうね。

>>779
そういっていただけるとありがたいです。
親鸞聖人の教えを大切にして生きていきたいと思っているので、なんとか御同行御同朋の
教団として(せっかく教団なんて組織があるわけですから。もっとも教団を護持することが
自己目的化してしまえば本末転倒ですけど)機能してもらいたいという思いからの苦言です。


783 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 23:51:28
>>782

まじめな方ですね。

2チャンではもったいない人です。

自坊繁盛、信心繁盛と察します。

784 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/27(日) 23:59:21
>>783
いえいえ、真面目じゃないですよ。普段はバカやっている一匹の学生に過ぎません。
暇だしいろいろ検索しているうちに最近ここにたどり着いたわけです。
いろいろ変なことが書き込まれているなあと思いつつ自分も書き込んでみた
という次第です。

私の連れというかつきあっている彼女が天理教の分教会の娘ということもあって、
そこから再び自身のよって立つ真宗について再考してみたいという動機も重なっているんですけどね。
仏教なかでも真宗と天理教とでは教義が真逆といってもいいぐらいなので。
真宗の再考のいい契機ともなっていますよw

785 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 00:10:44
>>784 横槍御免ね!
君ね、もっとお外で遊んだ方がいいよ!!!!
お勉強ばかりしてるとおバカさんになるよ!!

根無し草の浮き草門徒より

786 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 00:17:24
>>777
「信」を表す原語としては、sraddha、adhimukti、abhisampratyaya、prasadaなどがあるね。
sraddhaとは「信を置く」というような意味合いで用いられて、漢訳の段階で「浄信」だとか「信心」
と訳されたわけだよね。
adhimuktiは「心を傾ける」という心的な態度を表すのだけど、漢訳では「深信」などと訳される。
abhisampratyayaは「同意する」、prasadaは「浄化する」というような意味合い。
prasadaが漢訳されると「清浄」「浄心」となるのだけど、このprasadaが原始経典ではsraddha
と同義的に用いられて、「信心」「浄信」「信楽」などとも訳されることがあるよね。
ということは、仏教での「信」というのは、清浄なる心の状態、すなわち「禅定」ということになるの
だろうし、一方でそこに三宝に信順し、同意していくような心的な態度を含んでいることになるの
ではないかと。

787 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 00:18:18
>>785
遊ぶも何も部活による現在右足親指の骨折のためボルト入れているんですよw


788 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 00:22:43
>>785
逆でしょ。
勉強しなければバカにはなれません。

789 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 00:23:10
>>788
ええ、そうですね。原義についてはヴァスバンドゥなどを介して承知しているのですが、
それが親鸞聖人の場合に果たして何らかの転回がみられるのかどうか、見られるとすれば
その構造がどうなっているのかということについて詳しく勉強したいと思っているところです。

790 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 00:49:39
>>788 もっとお勉強しましょ!

やっぱり親鸞爺ちゃん、すげーなぁ!!

791 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 00:56:52
>>787
ありゃりゃ 大変だそりゃ!! 気をつけろよォ〜〜!!
おいおい お外で遊ぶって何も家の外で遊ぶだけじゃないぞ〜
家に人がいたら一緒に遊んでもらいなね!!

792 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 01:02:15
勉強しないとバカになれない
勉強してるとバカになる

むつかしいからお坊さんに説いてもらいましょう!
どうぞ、お坊さん!! 

793 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 01:11:36
>>789
あ、そうなの?w
でも、仏教における「信」ということが、清浄なる心「禅定」という状態と、仏・法・僧に信順する
ような心的態度(=憶念)の両面を併せ持つとするならば・・・それは親鸞様の示す「信心」の
内容に通じていくよね。

『教行信証』「信巻」では「信とは即ち是れ、真なり、実なり、誠なり、満なり」と述べているし、
『末燈鈔』では、「往生の信心は釈迦弥陀の御すすめによりておこるとこそみえてさふらへば、
さりともまことのこころおこらせたまひなんには、いかがむかしの御こころのままにてはさふら
ふべき」という具合に「まことのこころ」と表現している。
つまり、信心とは「真実誠満」であって、同時に「まことのこころ」であり、「真心」「真実の心」
のこと。

794 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 01:12:38
これについて親鸞様は『涅槃経』から引用して「真実と言うは即ち是れ如来なり。如来は即
ち是れ真実なり。真実は即ち是れ虚空なり。虚空は即ち是れ真実なり。真実は即ち是れ仏
性なり。仏性は即ち是れ真実なり」と述べているよね。
真実とは如来を意味する・・・ということは、清浄なる心とは「如来」であると。
これについて親鸞様は『涅槃経』から「大信心は即ち是れ仏性なり。仏性は即ち是れ如来
なり」と引用し、『唯信鈔文意』でも「この信心すなはち仏性なり、この仏性すなはち法性な
り、法性すなはち法身なり」と釈している。
信心とは仏性であり、如来であり、法性であり、法身である、という展開だね。
親鸞様は如来の心が、私の上に成立したものを信心、真心と言っている。信心、真心は
それ自体は如来そのものなのだけれども、それが俗世のこの身において成立(=出世)
するものだと。
『歎異抄』で「如来よりたまわりたる信心なり」と言っているのがまさにそれ。

795 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 01:20:47
>>772
信心はないし、自分で働いて飯食う方がいいし、現にそうしてるけど、浮世の義理で寺の方にも
やむを得ず多少首突っ込んでる奴がここにいるわけだが。

あと、茶髪ピアスには何のシンパシィも感じないが、それを「ふざけたファッション」と断ずる
理由を聞きたいな。

796 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 01:29:49
>>793-4
そのとおりだと思います。
基本的な読みですよね。もちろん承知しています。
親鸞聖人の「信」は仏典ならびに七高僧の論釈の理解の上に成り立っており、
その延長線上に位置づけられると思われます。
基本の部分は「信心」に内容的に通じていますよね。まあ当然といえば当然なのでしょうけど。
そこで、では内容的に何か付加されているものがあるのかどうか、つまり親鸞聖人の歩みの中で
聖人が書かれた著述全てから伺える「信」の構造をさらに追及したいなあと、こんな風に思っているわけです。
論文になっちゃいますけど(事実、信の構造について論文がいくつかものされています)。
親鸞聖人が特に重視された天親菩薩や曇鸞大師はもちろんのこと、龍樹菩薩にも振り返りつつ
見定めていく必要があろうかと思われます。これは「信」の問題のみならず、
大乗仏教の根本思想であるところの、そして浄土教がその流れに位置づけられベきところの、
空思想を考える上で必要不可欠であろうと考えます。
現在は龍樹菩薩を中心に再度七高僧の思想の流れを読み直し、その系譜の中で親鸞聖人の教えを
明確に位置づけたいと思っています。

797 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 01:47:02
>>795
「ふざけたファッション」というのは、門徒が大切にしている仏事において、
僧侶の格好としてふさわしいとは言い難い、また僧侶の格好として社会的に認知
されているとまでは言い難いファッションであるということです。
たんなる個人のファッションとして茶髪にしようと、それはご勝手にということでしょう。
しかし自分が好むファッションだからといってTPOを弁えていないと思われるような
ファッションで仏事に僧侶として訪れることは、やはりふさわしくないだろうと考えます。
こういうファッションにした方が格好よくてもてるだろうな(たいして格好よくないのですがw)、
とか考えてやっているのでしょうけど、ご自分の自己満足を他人の仏事に持ち込んでいただきたくない、
またそういうことに拘っている人が偉そうに法話などするに及んでは、「何を言っているんだ、こいつ?」
という反応があっても不思議でもなんでもありません。
まず、そういうファッションに対して不快な思いを持つ人間が一定数以上存在することへの
認識と、その認識に基づく他人への配慮が著しく欠如していると考えられます。
もちろん無自覚なのかもしれません。つまりそんなことの認識すらできないのかもしれません。
だとしたら教え以前に社会生活を送る上で、非常識な人だと判断されても仕方がありません。
次にそのような認識を持ってはいるが、ファッションに拘っているのかもしれません。
その際、その人は仏事に参加する他人の感情を無視してでも己のファッションを優先しているわけですから、
結局他人の感情・思いへの配慮を欠いているということになります。
いずれにしても、社会生活上非常識であるとの批判がなされてもいたし方ありません。
葬式にけばけばしいファッションで来られれば、遺族の感情を逆撫ですることもあるでしょう。
そういうところにも想像力すら働かないのだろうか、という疑問も寄せられることでしょう。
ファッションはファッションで結構ですが、その前に自分の置かれている立場、そして
その立場を社会生活上の常識の中で判断し、他人への配慮に富んだ態度をとっていただきたい
ということです。

798 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 01:57:56
>>796
>基本的な読みですよね

読みではあるけどね。
しかし、「信」の本来的な意味合いを踏まえた上で、「信心とは仏性であり、如来であり、法性であり、
法身である」という事実が我が身の上に成就する、という「信」理解に到達するってのはなかなかに
味わい深くない?
簡単に飲み込める、頷ける性質のものではないと思うけど。

ちなみに原始仏教あたりだとこの「信」ということが極めて曖昧だったりするけど・・・
親鸞様の「信」理解というものが、本来、仏教が示してきた「信」、すなわち、sraddha、adhimukti、
abhisampratyaya、prasadaのそれぞれの性格をきちんと踏まえていることは、真宗が決して仏教
の列から外れていないことを示しているのではないかと。
片隅であろうとも、大乗の仏道として成立していることを証明していると思うね。

しかし、窺い知れるところでは相当いろんな書籍を読み込んでいるみたいね。
頑張ってね☆

799 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 02:12:26
>>798
もちろんそう思います。親鸞聖人も「難信」と考えていますし。
この辺り蓮如上人とは若干趣きが異なるのでしょうね。
おっしゃるとおりそういう「信」の理解への到達は頭では理解したつもりでも
真に頷けるにはまだまだ時間がかかるというか、なんというか・・・
親鸞聖人の教えは正に大乗仏教の系譜に位置づけられます。「信」の問題の他にも
そのことは伺えます。龍樹菩薩のテキストを読み直してみるにつれますますそう思います。
それから別に相当読み込んでいるとまでは言えません。チンピラですよw
サンスクリット語やパーリー語の文献をなんとか苦心しながら読んでいくという段階です。
チベット語まではまだ手がつきませんw
チャンドラキールティの原文をすらすらと読みこなせれば、中観思想の理解はより深まると思って
いますが、暇なまとまった時間を見つけるのがちと大変です。

彼女が天理教という仏教とは教義的に相容れないところの信者なので一層仏教なかでも真宗の理解への
欲求が高まっているのでしょうか。まあこれもいいご縁なのでしょうね。

800 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 02:16:08
>>795
何となく言わんとしていることは伝わってくるんだけどね。
でも、真宗の坊さんには、果たして「物事には必ず相手がある」ということに対して自覚があるか
どうかってことなのよ。
(この際だから他宗とは比較しないけど)
相手のところに伺うにあたって、自分のスタイルだけ尊重していてもどうしようもないでしょ。

801 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 02:39:06
>天理教

ああ、「陽気暮らし」だっけ?個人的には嫌いじゃないけどね。
しかし、天理さんも「神の創造」という土台があるんだよねぇ・・・。
科学との整合性がないから、もう「創造」なんて言いなさんな、と思うんだけどね。
このあたり、方便を駆使しながらひたすら真理を求めるという仏教は、「嘘だよ〜ん」ということ
がない。何故なら、真理は私の内に開かれていくものだから。
外にあるものに縋るのではなく、外からもたらされて私の上に成り立つ、と。
大事なことは「事実はどうか」ではなくて「私の真実とは?」だしね。これが根本課題であるから、
個人的には仏教に頷きがある。
しかし、注意しなければいけないのは、対抗心で信仰を研ぎ澄ましていくのはダメよ、ということ。
仏教ってそういうものじゃないしね。あくまで「自分って何なの?」が最大のテーマなんだし。
どこまでも等身大の自分をまな板に置かなければ始まらない。
道があるから従う(条件に乗る)のではなく、そこに道があったのだ!という喜びですし。

「良いことをしなさい、それが生きる喜びです」ってなものとはちょいと違う。
自分のような罪深い者(=親鸞様)が救われていくのだから、救われない者はいないのだ!と
いうことでしょ。真逆の掘り下げだよね。
途中、各々にどんなに紆余曲折があろうと、大悲の本願は全人類を包んで果てることはないと
いうあたりが素晴らしい。物理的条件があるとすれば「煩悩ある身である」というだけ。

802 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 02:53:25
>>801
それを言ったら・・・・アカンて。

803 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 03:26:54
>>795
>浮世の義理で寺の方にもやむを得ず多少首突っ込んでる

なんて言ってる香具師に面倒見てもらいたくないわい。

804 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 15:11:55
>>749
もう本願寺要らんだろ。ったく何を考えてるんだか。

805 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 15:22:31
まぁ他宗の坊さんを見慣れていると
有髪に法衣ってのはかなーり違和感。ぜんぜん有難味を感じません。
やっぱり慣れの問題ですかね?

茶髪なんてもってのほかですな。


806 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 15:33:23
>>805
他宗さんでも「いないことはない」んですけどね。
浄土宗さんなどは五厘刈りもいればネギボーズもいれば、七三もいます。

807 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 15:39:30
>>805
見慣れるような環境下にいるわけですね?(w

それはさておき、人間なる者、外に賢善精進の相を装っても内なるは虚仮。
コスプレ坊主に有難味を感じるのであれば、そちらに改宗されるもの一手だと思いますね。
それに浄土真宗では僧侶自体、何の有難味もありませんから。
聞法道場の主管者のオヤジを拝んだところで何の意味もありません。

808 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 16:34:18
>>804
それでも引っ掛かる?本願寺ブランドw
納骨堂ビジネスでもやろうって腹なのかね?あのオッさん。

809 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 16:55:24
次スレです。

真宗大谷派・東本願寺系諸派総合スレッド Part.16
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1133164138/

810 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 17:18:09
>>808
金も無く、あるのは意地だけでしょう。
納骨堂を建てる広さはないですよ。
支えている四ケ寺が金を出さなくなったら終りです。

浅草へ間違って墓を買いに来る人が結構あるらしいですね。
購入後、浄土真宗東本願寺≒大谷派だと気づく方が多いとか。

811 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 18:00:34
>>810
しかし、その4ヶ寺もよほど経済的に余裕あるんだね。

812 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 18:10:24
>>810
築地の納骨堂のチラシを見たけど、俺なら築地に入れるね。

813 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 18:51:39
西で待ってるぜ

814 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 20:43:20
>>810
2ちゃんねる風に言えば・・・

光道、必死だなwwwwww

ということでしょうね。
しかし、大谷家お得意?の墓苑・納骨堂ビジネスもできないし、崇敬寺院はごく僅か。
井波時代の支援者も高齢化してるでしょうし・・・まるで発展性を感じません。
むしろ、大谷家に伝わる宝物類を公開しながら、本願寺資料館なんてのを経営した方が
世のため人のためだとは思いますが。

815 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 20:53:43
元来、大谷家は親鸞廟の留守職でしょ?
小野宮禅念の土地を相続した覚信尼が、土地建物を門徒に寄進して廟堂を建ててもらい、
留守職(=墓守)になったと。
このスタイルに戻るのであれば、本廟を「聞法の根本道場」とし、祖廟を「親鸞聖人廟」と
して明確に区分して、大谷家には後者を管理していただくと。
大谷家当主には「親鸞聖人廟堂 留守職」というきちんとした肩書きを与え、畏敬の念を
以て管理費用を末寺・門徒が分担すれば良いのでは?と。
そして各々の行事の際には留守職にご出仕いただいて、首座を務めてもらえば良い。
今の傀儡のような扱いは失礼だろう、どう考えても。
そりゃ、叛旗を翻す者も出てくる。

816 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 20:56:17
こんにちは。
現在、神社仏閣板では、ローカルルールを決める議論をしています。
興味のある方、ご意見のある方は、下記スレッドまで、お越しください。

ローカルルール(LR)議論スレッド
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1102745174/

817 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 21:06:08
みなさん報恩講にはいきましたか?

818 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 21:11:51
行ったけど、知ってる人に会うといやだから
門の中へは入らなかった。
報恩講より、紅葉の方が心が休まるよね。


819 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 21:22:07
誰か嵯峨野の大谷本願寺へ行った人はいないの?

820 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 21:23:37
報恩講へ行くのは何のため
自分のため
親鸞のため

821 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 21:59:44
お金のため

822 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 22:00:18
>>818
よく似た人がいる。
私は南禅寺〜長楽寺〜泉涌寺〜東福寺と観光して、
翌日帰る前にちょこっと阿弥陀堂で手を合わせてきました。
出仕僧がいっぱいでした。

823 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 23:11:36
報恩講も紅葉には勝てないね
坊主がこうだもの
門徒を教化できるはずもないね

824 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 23:25:08
おろかな はげ

825 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 23:29:15
はげにもなれません
俗からも相手にされません
だから、卑しく生きていくんです

         真宗坊主

826 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 00:12:38
紅葉モデルコース
四条河原町→(徒歩)→八坂神社→(徒歩)→清水寺→(徒歩)→大谷本廟→(無料送迎バス)→京都駅

827 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 11:31:26
>>815
その形態を実現してるのが西だと思う。
一方で大谷派の場合、内局はその形態こそ潰したかったんだろう。
なぜかというと彼らは共産主義、同和という人間だったから徹底した大谷家の排除が目的。
天皇制への憎悪をそのまま大谷家ぶつけたわけで。
民主化といってやったことといえば東本願寺という大谷家が住職をしてきた寺と
彼らの代々の先祖の遺骨や遺物を奪うことに過ぎなかったわけだ。
留守職にしろなんにしろ世襲による職の維持という形態に天皇制をみたんだろう。
もっとも本人たちも世襲してることはスルーのようで。

828 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 12:53:34
818 いいこと言わはる

829 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 14:23:26
ご門主はどんなかたちであれ

有難い

830 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 15:49:15
>>827
最後の行を言い出したら、もはや何を言っても虚しいね(w
共産主義だの同和だのを持ち出しても、根本では一緒ということになってしまう。

831 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 15:53:41
>>829
風呂の残り湯でも飲んどけ。

832 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 17:09:43
>>827
排除するなら徹底的に世襲制度まで排除すれば良かったのにね。
その半端なやり口が大谷派らしいと言えばそこまでだけど。

833 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 17:38:46
>>827
大谷家と宗政家の対立の結果、宗政家は「門首」なる珍妙なポストを仕立て上げ、
大谷家をあらゆる権限を取り除いた「象徴存在」にしてしまった。
結局、天皇の戦後のあり様をなぞることが民主化された教団であるという、何とも
滑稽な教団が出来上がってしまったわけです。

しかし、本来の形に立ち返るならば、参考にすべきは覚信尼・覚恵時代でしょう。
廟堂、この場合の廟堂とは親鸞様の廟所、すなわちお墓ですね、これを管理して
いただくということが本来の形でしょう。
それにあたる場所はどこですか?それは祖廟でしょう。
祖廟において親鸞様のお墓を守っていただくことを門弟として大谷家に「お願い」
し、その代わりに大谷家に「お願い」される形で相応の経済援助をさせていただく
ということでしょう。これが大谷家と門弟の関係ですね。権限だの何だのと言わず
にお互いが「お願い」し合えば良いのではないでしょうか。

834 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 17:45:16
>>827
では、蓮如上人と門弟の関係はどうでしょうか?
中興の祖である蓮如上人はその大谷家から輩出された、親鸞様の教説を庶民の
目線まで下げて布教伝道された稀有なる上人様ですから、絶えず尊敬の念を表し、
その教説に信順することは勿論のことです。
しかし、蓮如上人に対する尊敬の念はそれとして、その末裔である大谷家そのも
のには覚信尼・覚恵時代の形に戻っていただくと。
留守職に対して敬意を抱き、親鸞様の廟所を守っていただくために援助をさせて
はいただくけれども、信仰の問題は別なのです、と断言しなければならないのだ
と思いますね。
そこが曖昧であるから、ただの権力闘争の図柄にしか描かれないのではないで
しょうか。

対して、真宗本廟は信仰の現場(根本道場)ですから、親鸞様の御影を安置し、
その御前で門弟が聞法をし、門弟が中心になって護持していけばいい。
その根本道場に対して末端の道場もまた、本尊(阿弥陀如来)と親鸞様の御影
を安置し、その御前で仏事を営み、聞法をする現場として機能させていく。
真宗本廟が廃れるも栄えるも、末端の道場が廃れるも栄えるもこれは当代の門
弟の信仰と努力でしょう。

835 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 18:33:06
都合のいい時だけ利用して、増長してきたらシッペ返し。

836 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 19:11:59
>>833
覚如じゃないのね(w

837 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 19:50:13
>>827
>なぜかというと彼らは共産主義、同和という人間だったから徹底した大谷家の排除が目的。

そのわりには門首は大谷家の人ですね。
しかも、連枝なんて人たちまで未だに教団内にいらっしゃいます。
これはどういうことなんでしょうね?

838 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 19:58:13
>>834
今みたいに「カネ納めりゃいいんでしょ」システムだと、ますます気持ちが遠のいてしましますね。
「両堂が老朽化しているぞ!ヤバい!」というのはこれ、自覚の問題ですよね。
そこで「直さなきゃ!」と思うから頑張る。
「直さなきゃ!」と思うのは、根本道場を大事にしようという心。
「よし!みんなで直そう!」という気持ちがないのに「カネよこせ」と上意下達で言われても、
「そんなこと知るか!」「おまえに命令されたくないわい!」になってしまう。
末端は実勢に見合わない経済的負担を強いられてるわけですから。
しかし、これは末端の寺院でも同じこと。
そういう現場になっちゃってるんですよね、自坊も含めて。
じゃあ、自坊の本堂を修復しようと思っても、門徒さんだって「そんなこと知るか!」
「おまえに命令されたくないわい!」になってますよ。

御影堂や阿弥陀堂は義務的に綺麗になるでしょう。
しかし、義務感が生むものってのは・・・・身につまされないですよね。
義務を義務としてどんどん末端に押し付けるだけ。
「だって義務でやってますから」じゃ終わりですよ、もう。

839 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 20:40:02
批判もし、批判もされ
そして真実が分かってくる

         よつを

840 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 20:41:11
>>839
今度はこっちに出張かい?

841 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 20:43:55
紅葉を
見に行く旅費も
経費で落とす

    真宗坊主

842 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 20:48:45
>>840
あみださまも
出張するんだよ

いつを

843 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 20:50:58
もっともらしい話は
たいくつなんだな
 
      むつを 

844 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 22:00:55
>>838
あなたのおっしゃる通りだと思います。
本山・内局は過去の遺産である集金システムが機能している間に
金を集めて建物だけ直してしまおうという魂胆。
浄土の教えも、組織改革も構造改革もない。
末寺も今ならまだ納められるから、とりあえず納めてやり過ごそうという意識。
門徒も、お寺から言うてきたから仕方ない・・・、
息子らは分からんが、ワシらの代だけでも・・・、そういう意識。
こんな宗派、凋落あるのみです。

845 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 22:05:01
つーかさ、寺でもないのに「寺」を名乗って観光客集めるのって詐欺だろ

846 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 22:54:01
>>845
拝観料とってないってのが誇りみたいですよ。
その代わりに末寺・門徒を締め上げてるのにね。

847 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 22:55:52
>>844
ああ、行財政改革のこと?
同じような立場の香具師が顔つき合わせて一体何が変わるの?
変わるわけないじゃないw
もうダメですよ、ここの教団は。
末寺の住職さんたちは組織を頼らず、何があろうと信仰を貫くような姿勢じゃないとダメ。
その姿勢がないのであれば末寺もダメ。
組織ダメ、末寺ダメで、はい、おしまい。

848 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 23:00:17
相も変らぬ中傷が多いですね。
真宗門徒なら「信仰」なんて言わないでしょう。
この時点で真宗ではない証拠です。日蓮系ですか?それとも神道系?
あるいは新興宗教系の方ですか?
教団については門徒一人一人が異議申し立てするべきところはしますので、
部外者の方はご退散くださいね。

849 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 23:05:02
>>848
>真宗門徒なら「信仰」なんて言わないでしょう。

じゃあ、何ていうんです?

850 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 23:06:33
>>849
「信心をいただく」とか「信をおく」というでしょうね、普通は。

851 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 23:10:47
>>850
その営みを俯瞰から見れば、信仰生活でしょうに。

じゃあ、>>847なんかは

>何があろうと信仰を貫くような姿勢じゃないとダメ。
ではなく

何があろうと「信をおく」を貫くような姿勢じゃないとダメ。
何があろうと「信心をいただく」を貫くような姿勢じゃないとダメ。

ということですかい?
回りくどいね。

852 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 23:26:21
>>851
ちょっと違うんですけど、とりあえずよしとしましょう。
本来真宗の信心は二元的に対象化したうえで当該対象を「信仰」するという類のものでは
ないのです。真宗に普段から触れていれば口が裂けても「信仰」などという表現は出ないはず。
ですから単に言葉を入れ替えても「信」の内容が把握されていなければ、間違いになるわけですけどね。


853 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 23:35:37
>>852
はいはい、如来から賜りたるご信心ですね。んなことは先刻承知でしょ。
つーかですね、「真宗大谷派 信仰」でググッてみなさい。

854 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 23:41:41
>>853
結局何もわかってらっしゃらないじゃないですか?
先刻承知と言っていきながら「信仰」っていって憚らないことが、あなたが
真宗を中傷しに来ていることを予想させる根拠になっていると思われます。
荒らしには応対しないように、と言っていた本人が部外者の荒らしに対応してしまいましたw

「如来よりたまわる信心」であることは確かですが、問題はその「信心」ないし「信」の構造なのです。
ちょっとやそっとでわかるもんじゃない、今もってわからないことが多いですよ。
これ以上言ってもしょうがないですから、せいぜい中傷に勤しんでください。
どうせどこかの新興宗教やらそこらの関係者でしょうw

855 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 23:43:30
>>854
ちゃんとググッたんでしょうか?この人。

856 :天台:2005/11/29(火) 23:49:40
>>854
新興宗教を尤らしく見下すのはよくないよ
鎌倉新仏教さん


857 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 23:51:56
痛いところを衝かれて必死ですねw
信心≠信仰。
では。

858 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 23:52:34
>>855
試しに検索してみたけど、教務所、別院、末寺関連のサイトでも使ってますわな(w
ついでに東本願寺派さんも使っておま。
んじゃ、こいつら総出で異安心ということで。

859 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 23:56:13
自作自演は見苦しいですよw

860 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 23:56:20
地下鉄東西線のトンネルほぼ開通 二条-天神川間、掘削機を公開
 
2007年度中の開業を目指し、延伸工事が進んでいる京都市営地下鉄東西線二条-天神川間(2・4キロ)のトンネルがほぼ開通した。
両駅から地下を掘り進んでいたシールドマシン(掘削機)が、中間の西大路駅(仮称)に到達。
同駅の様子が28日、報道関係者に公開された。
掘削機は、東の二条駅からは直径約5メートルのマシン2機が今年2月と3月に相次いでスタート。
約850メートルを堀り進み、11月上旬までに西大路駅に相次いで到達した。
西の天神川駅からも3月に直径約9メートルのマシン1機が出発し、
天神川の真下約9メートルなどを毎分3-4センチの速度で進み、今月24日に西大路駅に着いた。
28日は、02年11月に着工し、地下2階建てで地下約20メートルの位置にある西大路駅内で、
開通したトンネルのほか、プラットホームの土台や柱が公開された。
レールの敷設などは12月中旬から始まる。
延伸区間の総工費は約745億円。完成すれば、六地蔵(宇治市)-天神川(右京区)間を約35分で結ぶ。
天神川駅では、京福電鉄嵐山線に設置される新駅で乗り換えが可能になる予定。
(京都新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051128-00000052-kyt-l26

861 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 23:58:32
でも、>>847の言うように、宗門の行財政改革なんて口先だけなのは事実だからね。
仮に相手が新興宗教の人間であっても、指摘として正しいことは認めざるを得ないと思うけど。
言葉の言い回しひとつで矛先が逸れたと思ったら大間違い。

862 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 23:59:48
>>859
自分の目で見るのが嫌なだけでしょ?あんたは。

863 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:03:11
>>861
宗門の改革が必要だろうということは、以前私も書きました。
真宗門徒として若干問題ありとする場面に遭遇することがありますからね。
そして指摘自体は概ね正しいかろうと思いますよ。
ただしそれを大して事情も知らない部外者に言われることなのでしょうか?
真宗教団の中傷という目的がまずあってやっていることであるならば、新興宗教が
信者獲得のためにやっているとも推量できるわけで、この思惑に乗るべきではないとも
思います。宗門全体の問題は門徒一人一人が異議申し立てすべくところをしていくという
態度でいくべきであると考えています。

864 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:08:24
>>862
何を寝ぼけたことを言っているのでしょうか?
検索でヒットしたから正しいことにはならないでしょう。
よく見てくださいね。他宗教との関係で
「信仰」という文字を使用している事例があるということでしょう。
親鸞聖人が信心と信仰をごっちゃにしているのでしょうか?
七高僧がしていますか?以後の研究者がしていますか?
仮に信心と信仰を混同しているような人がいるなら、不勉強というべきでしょう。
真宗ではない人が真宗教団の中傷を目的に書き込んだことが丸わかりの文章
出されれば、突っ込みたくなりますよ。

865 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:10:08
>>863
んじゃ、新興宗教の仕業だと思ってりゃいいじゃん。

>宗門全体の問題は門徒一人一人が異議申し立てすべくところをしていくという
>態度でいくべきであると考えています。

一体どこに異議申し立てをしていくってのよw
それで何か変わったことはあるんですかい?と聞きたい。

>この思惑に乗るべきではないとも思います。

あのね、信仰という言葉は宗門内でも使ってますよ、と指摘しているだけなんだが?

866 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:19:06
(ノ∀`) アチャー
http://www.shin.gr.jp/kyodan/tokyo20050311.html
>真宗教団連合は、一九六九(昭和四十四)年の発足以来、
>「親鸞聖人の信仰を基調として加盟団体相互の連絡提携のもとに、真宗宣布についての
>総合的対策を樹立し、真に時代に即応する教化活動を展開することにより社会の不安と
>混迷を救い、もって、世界平和の進展と人類永遠の福祉に貢献する」ことを目的とし、歩
>みをすすめてまいりました。

867 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:22:09
>>865
あのね、「信仰」云々は後のことでしょう?私がその使用の仕方は厳密に言うと
誤りですよ、と申し上げたわけです。「思惑に乗るべきではない」というのは、
それ以前の中傷に対してじゃないですか。何を言っているのやら。

あと「信仰」という表現を使用している人間もいるでしょう。しかしよく読めば、
一知半解の人間はさておき、他宗教との比較であったり、真宗でいう「信」理解が
一般化しておらず、世間では「信仰」と使われている場面が圧倒的であるがゆえに、
使用しているという例でしょう。親鸞聖人の「信」を直接問題にするとき、
果たして「信仰」と使用しているでしょうか?
一般的表現で便利な「信仰」という語を使用するのと、親鸞聖人の「信」が信仰である
というのとは全く異なるわけです。

異議申し立ては所属寺レベルからいろいろやっていけるでしょう。
少なくともネットで部外者がピーチクパーチクやっているよりははるかに
ましです。いや、ましというより真宗教団は門徒により支えられているわけですから、
門徒が決定すべきことであるわけでしょう?

868 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:24:20
>>866
アチャーでも何でもないでしょう。
世間一般で汎通している表現を使用したというだけのことです。
それより親鸞聖人の「信」が信仰であるという論拠はどこにありますか?

869 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:26:10
荒らしは放置!それに反応するのもまた荒らしになるぞ!

870 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:27:14
ど、どっちが荒しなの?


871 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:28:25


  は い は い 、 言 葉 あ そ び は や め よ う ね




872 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:28:42
>>867
>異議申し立ては所属寺レベルからいろいろやっていけるでしょう。

だからさぁ・・・それをどうやってやるのって話でしょう。
ひょっとして所属寺から組に上げて、組から教区に、教区から宗会に、ですか?
何ともまぁ、気の長い話ですね。何年掛かることやら。

873 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:30:28
執拗にダメ、ダメやっている奴だよ。しかしそれに反応するも同罪。

信心と信仰という問題では、親鸞さんの信はいわゆる信仰とは別物。
でもそんなこと世の中の大部分は知らないから信仰と敢えて使用している場合も
ある。学者でそんな混同している奴はおらん。そういうこと。

874 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:31:58
>>873
もう少し褒める要素ないのか?この教団は。

875 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:33:31
>>874
あんた真宗じゃないのか?

876 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:34:03
>>873
大体、このスレで言葉尻ひとつ取ったら、ほとんどが新興宗教絡みになるんじゃね?

877 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:35:09
>>875
世間から褒められるようなネタをどうぞ。

878 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:36:11
なんだやっぱ部外者か・・・
ご勝手に。

879 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:37:50
>>878
何だ、ないのね。了解。

880 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:40:10
>>877
少なくとも神社仏閣板では「厄介者」扱いですねぇ(w
スレ乱立させてみたり、スレを荒らしてみたり、ろくなことしてません。

881 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:44:21
>>867
この点については、信楽先生が追及しているテーマの一つでもあるから
信楽論文は参考になるよ。お西の人だけど、宗学批判も手厳しい。
本願寺派の空華学派の解釈を叩いて当時排斥された石泉学派を評価しているところが
面白い。空華学派の解釈じゃあ、親鸞さんのテキストは読めないもん。

882 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:45:18
>>878
>>1
>真宗大谷派をはじめとして浄土真宗東本願寺派、本願寺維持財団、本願寺寺務所
>など、いわゆる「東本願寺」にまつわる教団問題や、教義・教学などについて語り合う
>総合スレッドでございます。

とある時点で、内部批判的な書き込みが多くなるのは致し方ないんじゃ・・・
だって「教団問題」だよ。
となったらマイナスの要素の方が圧倒的に多いじゃない。

883 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:46:09
>>880
スレ荒らしは真宗のやつじゃないだろう!
逆の人間だぞ。
お前みたいな奴だよ。

884 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:48:06
>>883
でも、板内では自治スレを中心に「真宗坊主の仕業」が支配的な見方ですけど。

885 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 00:56:16
>>881
ありがとうございます。
実は私も信楽先生から得るものが多くあります。お西さんのことは詳しくはないものの、
真宗教学や仏教学を学ぶ上で大いに参考にしています。今ではネット上で論文の一部が
読めるようですし。
石泉学派とか江戸宗学については本当に詳しくはないので、ちょっとした知識があるのみです。
勉強します。空華学派に関しては「そりゃないだろう」という解釈ですしね。
実のところ、私は蓮如教学に関しても若干疑問があって、やはり親鸞聖人と蓮如上人とでは
全く違うといいますか。例えば「信」の問題に関しても親鸞聖人が「難信」としていたのに対し、
蓮如上人は「易信」と考えているなど、随分違います。親鸞聖人が『教行信証』(信楽先生は『教行証文類』
というのが正しいとしていますね)執筆において「獲信」の部分を何度も手直ししていることからも、
この部分つまり「信」の問題に死ぬまで拘っていたようですし。

886 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 01:03:24
>>885
勉強しているね。
確かに信楽先生は『教行証文類』という言い方をしているね。で、それが正しいと
思う。親鸞さんと蓮如とは違う。ていうかそもそも覚如・存覚の頃に随分変わっちゃったからね。
親鸞さんの根本意趣からすれば、特に存覚とはまるで違う。蓮如の頃には若干もとにもどったけど、
俺個人としては覚如・存覚はあんまり読む気がしないw

>>884
勝手に仕業にしたてているだけだろうw
誰がそんな嫌がらせみたいなことするんだよ。反真宗の輩が真宗叩きの口実に使っているだけ。
現にスレの内容を読めば真宗の表面的なところを触って、愚にもつかない批判しているだけじゃん。
みりゃ部外者だってすぐわかるよ。ここも荒らしが多いだろう?

887 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 01:16:54
>>886
いえいえただのチンピラです。
それにしても覚如上人にもかなり手厳しいご意見ですね。存覚上人は確かに
親鸞聖人の御教えとは全く違いますが、覚如上人に関してはもちろん親鸞聖人と
かなりズレているものの、当時の政治情勢からしてやむをえなかったのではないか
と思います。教団を維持していくためには政治や社会との妥協を余儀なくされたの
ではないかと思うのです。これに関しても研究書も出されていますし、手近なところでは
本願寺派勧学である梯先生が『真俗二諦』という著書のなかで触れています。
親鸞聖人とは全く違いますが覚如上人に関してもやむをえなかったと。
蓮如上人も親鸞聖人とは違いますね。江戸期までは親鸞聖人よりも蓮如教学が全面で出ていましたから、
直接親鸞聖人に触れられたのは明治以後ではないでしょうか?

それにしても荒らしは絶えませんね。別スレの原始仏教スレにもたまに行くのですが、
ここはもう凄まじい荒らしで大変です。でもこういう掲示板は顔の見えない者たちの
書き放題の場ですから覚悟していたつもりですけどね。

888 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 01:42:58
>>887
う〜ん。俺は覚如にそれほど同情はできないんだけどねえ。
念仏を大切にし、目覚め、気づきを繰り返して、仏道をあゆむような
積極的なものがない。主体的・一元的に自己を問いながら、
行信一如を生き抜く姿を目指していく信心のあり方を歪めたと思う。
絶対譲れないところのはずなんだよ。親鸞不在であってはならない。
蓮如に関しても手厳しく問う必要があると思う。

889 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 01:49:22
>>887
真俗二諦かぁ・・・親鸞の言葉に「真俗二諦」を開くならば、「行巻」のこの箇所でないかと思うのだが。

 真実功徳相とは、二種の功徳あり。一つには有漏の心より生じて法性に順ぜず。いはゆる凡夫、
 人・天の諸全、人・天の果報、もしは因もしは果、みなこれ顛倒す、みなこれ虚偽なり。このゆゑに
 不実の功徳と名づく。二つには菩薩の智慧清浄の業より起こし仏事を荘厳す。法性によりて清浄
 の相に入れり。この法顛倒せず、虚偽ならず、真実の功徳と名づく。いかんが顛倒せざる、法性に
 より二諦に順ずるがゆゑに。いかんが虚偽ならざる、衆生を摂して畢竟浄に入るるがゆゑなり。

890 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 01:52:26
>>888
蓮如さんの場合には、どうやっても存覚さんの思想的フィルタを通してるからね。
そしてこれがまた江戸宗学の中核をなしているし。
やっぱり寄り道しないで直球勝負しかないんだよね、これ。

891 :転載:2005/11/30(水) 01:55:23
中傷スレじゃ勿体無いので転載しておきますよ。

534 名前:名無しさん@京都板じゃないよ :2005/11/30(水) 01:36:18
葬儀は仏縁の場で、布施や法礼は自由意志と言いながら、
半ば形式的になっている葬式仏教の側面も何とかしなければいけません。
本来の趣旨に乗っ取って執り行い、寺院の私物化は排除して、
住居部分や生活は極力質素であるべきです。
ジリ貧生活でも十分ですが、そうでなくとも国民の平均水準を超えるような贅沢は、
いくら煩悩具足の凡夫だからと言っても、本末転倒です。
本堂は門徒が法を聞き、ご本尊をご安置する場所である
「本尊の家」でなければいけません。
親鸞聖人の御教えを尊ぶならば、本山が何も言わないからではなくて、
そういうことを末寺である自分達から実行していくべきです。
と個人的には考えてます。

892 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 02:00:03
>>889
親鸞さんの場合、真俗二諦に関してはそれほど重きをおいていない。
後の意味とは違うしね。ていうかそれぞれで違うんだ。世間との妥協で都合よく
使われてきたんだ。
龍樹のいう真俗二諦もこれまた違う。もっとも親鸞さんはこのことを踏まえていたんだけどね。
それは研究からも明らかになってきている。
でも覚如・存覚から違うんだよな。蓮如とも全く違う。

>>890
そうそう。今は自由に親鸞さんのテキストを自由に読めるわけだし、膨大な研究の蓄積が
あるわけだから、親鸞さんに返らないと。正に直球勝負だよ。

893 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 02:01:31
>>891
いいこと言いますね。

>本山が何も言わないからではなくて

できれば、何もしない、何も言わない、でお願いしたいところですけどね(w
勿論、「末寺が率先して実行していく」ことが大事です。というより、組織云々は所詮、組織のこと。
ここで突っかかってしまうと本末転倒になってしまいます。
極端なことを言えば、組織に属さないということも必要なのかも知れません。
我々は同朋であって上下関係のものではありませんからね。

894 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 02:07:32
やっぱ親鸞さんの理解は釈尊はもちろんこと、龍樹・世親・曇鸞に遡らないとダメなんだね。
親鸞さんが七高僧でも一番重視したというか実質的に思想的な影響があるのは
この三人なんだから。そりゃ法然さんに導かれたことは事実で、法然さんを尊敬していたことは
確かだけど、法然さんともやはり違う。法然さんはどちらかというと善導重視だし、
観無量寿経重視という特徴があるけど、親鸞さんは無量寿経重視で、やはり龍樹・世親・曇鸞なんだよね。
とくに唯識を打ち立てた世親の「浄土論」を中観派の立場から注釈した曇鸞の「浄土論註」は
決定的に重要。最終的にはこの理解が晩年の自然法爾へと行く。

895 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 02:22:34
>>889
味わい深いね。これって曇鸞の引文だよね?

しかし「人間界における諸行、そしてその因果の全ては虚偽である」だもの。
で、第二の功徳を「菩薩の智慧は清浄の業より起こっているのだから、その業に拠って
自利・利他のあらゆる行がなされる。したがってその行業は必ず法性に拠っているのだ
から、それによって起こる全ての相は清浄だ。清浄だからこそ、ここに生じる一切は虚偽
ではない」という意味っしょ。
で、その相は「法性によっており、二諦に順じている」と。
じゃ、この二諦は何か?
真諦は真如法性。俗諦は真如から生じる清浄の相でしょ。
すなわち、俗諦は方便法身としての名号、あるいはそれを浄土の荘厳と置き換えても
良いのかな、と。
となると、菩薩の清浄なる業なるものは、真如法性と方便法身の二諦に順じるのだから
虚偽ではないと。そういうことになる。

896 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 02:26:52
>>894
でもねぇ、親鸞も法然門下時代には観経重視だったよね。
大経重視に転じていくのは後のことじゃなかった?
三心の問題などではやはり観経抜きにはしてないでしょ?

897 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 02:31:51
>>896
もちろん。
そして観経抜きではない、これも確か。
しかし核心部分はやはり大経重視。
この点も法然さんとの違いだろう。


898 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 02:53:48
>>895
二諦の問題では最澄の『末法燈明記』も引用しているね。

 それ一如に範衛してもつて化を流すものは法王、死海に光沢してもつて風を 垂るるものは仁王
 なり。しかればすなはち仁王・法王、たがひに顕れて物を開し、真諦・俗諦たがひによりて教を弘
 む。このゆゑに玄籍宇内に盈ち、嘉猷天下に溢てり。ここに愚僧等率して天網に容り、俯して厳
 科を仰ぐ。いまだ寧処に遑あらず。しかるに法に三時あり、人また三品なり。
 化制の旨、時によりて興替す。毀讃の文、人に逐って取捨す。それ三古の運、減衰同じからず。
 後五の機、慧悟また異なり。あに一途によつて済はんや、一理について整さんや。
 ゆゑに正・像・末の旨際を詳らかにして、試みに破持僧の事を彰さん。なかにおいて三あり、初め
 には正・像・末を決す。次に破持僧の事を定む。後に教を挙げて比例す。

こうなると曇鸞のそれとは異なって、真諦を仏法、俗諦を仏法に立脚した俗世の法、という解釈に
なるのだが、この引用は後序との兼ね合いを考えるに、法難ということを前提にして、俗世の法を
ぶった切るために持ってきたんじゃないかと思うのだが。
末法の世に真諦の行があるのか?と。仏法に立脚した形での俗諦などあろうはずがないと。
ここまでくると仏教一般の真諦・俗諦の関係すら否定しようしているのでは?とも思えてくる。
そのうえで、末法の世、俗世の法の支配するところに仏果を求めるならば、それは阿弥陀仏の法
(他力回向)しかないと。

899 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 03:05:20
最近、深夜の書き込みほどまとも?な気がするのは俺だけ?

900 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 03:20:05
法難の話となると必ず「親鸞聖人は反権力だった」という解釈の論拠に
後序を用いる人がいるんだけどさ、二諦に対する考え方を見ていると、
「末法の世に最澄の言うところの真諦と俗諦の関係など成り立たね〜ぞ!」
ということまでは良いとしても
「国家なんか!」
と吐き捨て、反権力の世捨て人になっているわけではなくて
「だからこそ、阿弥陀如来の他力回向こそが真実なのだ」
という点をむしろ協調しているようにも思えるよね。
俗のことは俗のことでこれは人間業だからアテにならない、と。
じゃあ、世直しをやりますか、という環境改善ではなくて、その中にドップリ
浸かりながらも、そこに真実に触れていくための道を見出していくという
方向なんじゃないかな。

901 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 03:32:12
いわゆる反権力ではないが、非権力というのか仏教自立主義っていうのかなあ、
俗世の政治権力の力学の中でのことなので一線を画す、でも仏教の根幹に権力が
土足で踏み込んできてもそうおいそれとは動かんというスタンス。
イデオロギーの欺瞞を見抜く視点があることは確か。しかし同じイデオロギーの土俵には
上らない。むしろイデオロギーを根こそぎにしてしまうだろうな。
親鸞さんのラディカリズムってのは。しかしこれは権力・反権力という二項対立の土俵の話ではない。

902 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 03:40:27
>>901
権力に埋没しない主体を、仏道の中に確立していく・・・これも違うか。
しかし、出世(=出世間)の境界ということが前提として置かれてくることは確かだと思う。
といってイデオロギーの否定ではないんだよね。
そうすると別のイデオロギーを持ってきてしまうことになりかねないから。
まあ、いずれにしろ対決軸ではないと思う。

903 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 03:41:10
「煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろずのこと、みなもって、そらごとたわごと、
まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします」
ここでいう念仏とは仏の教えという意味。政治的イデオロギーというのは常に政治的な意味づけや
カテゴライズが前提なり、その前提に基づいて妄想膨らまし人々が右往左往しているわけで、
俗世への強烈なパンチでもあるよね。
聖徳太子の
「世間虚仮、唯仏是真」
にも通じる。まあ聖徳太子の場合、精神的なバランスをとるのに大変だったと思うよ。

904 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 03:48:46
>>902
うん。イデオロギー同士のオブジェクトレベルじゃなくて、いわばメタのレベルに立つといって
もいいのかなあ。上手く伝えられんなあw
左右のイデオロギーの土俵ではない、場合によってはそんな対立全体がインチキであるとして根こそぎに
できるだけの力があるんだと思うな。



905 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 03:51:16
ある著名な方が
「今の真宗教団ってのはマルキシズムに乗って、親鸞さんを解放の先導者に仕立て上げている」
と言ってましたけど、全くその通り。
解放なんて言っている時点で、何らかの抑圧構造というか、そういうものを前提にした弱者作りと
権力闘争の英雄にしてしまっている。
しかし、これは明らかに違いますよね。似て非なるものというか。
親鸞さんにそれを聞いたら何と答えるでしょうね?
「おまえさん、一体何がしたいんじゃ?何者になりたいんじゃ?」と言うでしょうね。

906 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 03:54:19
>>903
ええ、仏の眼には「およそ凡夫のなすことは顛倒し、虚偽である」と映っているわけで、
仏の眼差しの代弁をするような、そういう描写ですね。
でも仏の教えを「念仏」まで絞り込んでいくあたりがポイントですね。
ここが「仏法のみぞまこと」だと、選択された本願ということもボワ〜ッとしてしまいます。

907 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 04:16:54
>>905
いわんとするところはわかるよ。政治的な主張と親鸞さんを直接リンクさせることは
できないと思う。
ただし今の社会情勢・政治情勢に盲目であれとも現状肯定も言っていない。

そこでどう考えればいいか、なんだけど確かに社会の矛盾はある。
差別だって昔にくらべればなくなったが、人間の醜いところでどうしても差別感情なり、
それが表面に現れることもある。この点は親鸞さんの教えを振りかえって、
誤っていないだろうかと考えることはできると思う。つまり、そういう社会的・政治的
イデオロギーに基づく分別が虚偽のものであるとメタレベルから見つめ、
最終的にそういう分別自体が下らない馬鹿馬鹿しいことなのだと見切る視点を持ちうるなら
親鸞さんのラディカリズムに適合するだろうと思う。

ただし同じ土俵に乗ってしまっては、対立すれどもイデオロギーの土俵に乗っかってしまって、
イデオロギーの罠に絡めとられてしまう。そこをどう見極めるかが大切なんじゃない?
教団がマルキシズムに乗ってというのは、ちと言いすぎとは思うけど(抑圧というのは社会が複雑化していけば
起こりうることで、この分析は何もマルキシズムの専売特許じゃないから)、
もうちょっと違うレベルに問題をずらしていくことができないだろうか、イデオロギー対立の力学に
掠めとられてしまわないような、もっと仏教という根本から対していく工夫があってしかるべきじゃないかと思う。
抑圧構造を指摘し糾弾することもありだろうけど、それは抑圧構造の批判と弱者の解放という視点じゃなくて、
抑圧構造やら強者ー弱者という関係そのものを作り上げているイデオロギーないしは観念的虚偽を総体的に根こそぎにする
というか、かんらからからバカバカしく思えるような、視点を供することじゃないかなと思える。
ぶっちゃたけた話「何を馬鹿馬鹿しい制度にとらわれているんだ」という観点というか。
おやすみ。

908 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 16:46:54
チベット高僧5人逮捕 「14世非難を拒否」米政府系放送局報道

米政府系放送局「ラジオ自由アジア」は30日までに、中国公安当局がチベット仏教の
最高指導者ダライ・ラマ14世を非難することを拒否したチベット仏教の高僧ら5人を逮
捕した、と伝えた。

捕まったのはチベット自治区ラサ郊外にある同仏教最大の寺院の一つ、デプン寺の高
僧1人と4人の僧侶。高僧は中国政府が現地で実施している「愛国教育キャンペーン」の
中で14世の批判を要求されたが拒否。逆に当局者に対し「ケ小平氏や江沢民氏を非難
しろと言われても(当局者も)拒否するだろう」と言い返し、23日に逮捕された。

その後、デプン寺の僧侶らが寺院内で抗議活動をしたため、当局は寺院を2日にわたり
閉鎖したという。

また、ラサ郊外の別の主要寺院であるセラ寺でもことし7月、僧侶の一人がダライ・ラマや
チベット独立を支持する文書を持っていたとして拘束されたという。(共同)

ソース
http://www.sankei.co.jp/news/051130/kok027.htm

909 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 20:50:14
真宗を語るほどバカげたことはない

   無   意味

910 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 21:36:51
>>909
ならばここには来ないことです。

911 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 23:00:07
友人の結婚式で京都に行ったついでに、うちが檀家のお寺が東本願寺だった
ことを思い出し、翌朝東本願寺(真宗本廟)に参拝。
阿弥陀堂で行われていた異様なお祈り風景(坂東節だっけか)に
興味を持って、ここにきたけど、テンプレを見て、
何も知らずにあれを見れたのは結構運が良かったのかななどと思ったりw
どおりで、平日なのにわんさか人がいたわけだ(28日
ただ、なんかお家騒動とかで色々分かれているようだけど
俺が参拝すべきは他のお寺だったりしてw
東は東だから問題ないか。

912 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 23:50:20
>>837
遅レスになってしまったが。
なぜ、門首などとして大谷家を置かなければならないか?
そうでなければ、教団の権威、社会的信用度といったものが落ちる。
これは教団にとっては致命的といっていい。
末寺が世襲であることをスルーしてることと同じ。
彼ら内局のいう改革の思想を全うするなら当然世襲制ではなく任命制であろう。
では、任命制にしてみたらどうなるか。
別院をみればわかる。企業努力を放棄し、怠惰に給料を貰いそれどころか金を袖にいれる。
大寺院ならこれもできるが多くの中小規模の寺では寺自体が潰れる。
それ以前に任命制にした途端に末寺は独立し大谷派は崩壊するだろう。
門首制にしても彼らは知っている。
教団の信用度、権威などというものは教団がもっているのではなく
東本願寺という大谷家が住職として数百年にわたり維持してきたものであることを。
あれほど言葉狩りが大好きな連中がいまだに真宗本廟(東本願寺)などといってることから
それが透けて見えてくる。
結局のところ、民主化だ、平等だといったとお花畑の理想論を飛ばしながら
やってることはただの権力闘争でしかない。
大谷家を叩き、内局の正当性や改革を謳うならまずこれらを実行してもらいたいね。

913 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 00:00:09
というか、真宗の場合は地方支配者が自分の影響下にある人たちを
引き連れて門徒になっていったのが、世襲の寺や寺格の起こりだろうよ。

914 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 00:07:37
小滝透氏は、著書「天理教QアンドA」の末尾で、
「まとめますと、天理教の教えは、その根源にある人間存在への肯定を基本にして、
現代世界の最も解決すべき環境の問題、戦争の問題、労働の問題等に大きな貢献を
為す可能性を秘めたものと考えられます。天理教は個人個人のたすけはもとより、
思想やシステムとしての世界救済論をも併せ持っているのです」と絶賛を惜しんでいない。

915 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 11:13:40
>>914
解決すべき問題を掲げるのも人間、それを解決するのも人間。
人間が人間の問題を解決しようというところには、必ず「闇」が潜んでいると。
真宗というのは逆にそこを注視しているんだと思います。

916 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 11:27:52
>>912
大谷家の個々人に全く問題がなかったわけでもない。
したがって、教団の中枢から外れていただく。
ここまでは評価できる面もあるのだけど、同じ刃がどうして自分たちに向かないのか?
という指摘をかわしきれないんですね。

917 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 11:45:17
門徒に君臨する大谷家を排して、蓮如以前の「墓守」に還元するためでしょう。
末寺は元々、地方の小支配者から転化したものですから、世襲制の廃止は問題にもなりません。

918 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 11:54:36
>>917
それならば「門首」という現行の立場はちょっと違うのでは?
きちんと親鸞廟(=祖廟)と、聞法の根本道場(=真宗本廟)を区分して、前者の留守職を
担っていただくべきではないでしょうか。

そこが曖昧になっているから、詳しくない人が見たら、本願寺には今も厳然たる存在として
門首(門主と勘違いした形で)が存在して、内局がそれを輔弼するような機関に捉えてしま
うのでは?

919 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 12:03:14
>>918
もっともなご意見だと思いますが、その誤解の上に存続するよりほかないのでしょう。
同朋会運動が成功していれば、そんなまやかしはしなくて済んだのでしょうが、
みるも無残な失敗に終わりましたからね。

920 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 12:22:57
>>917
末寺というのは巷の聞法道場ですからね。
門徒さんが自治的に道場の運営に携わっていれば、最優先されるべきは聞法活動ですから、
主管者が誰であろうとあまり関係はないし、それを○○家が代々世襲していてもあまり関係
はないと思いますけど。
逆に主管者が「次は衆徒の△△さんにお任せしよう」と思うのも有りだと思います。
あるいは門徒さんが「次は世襲しないで、衆徒の中から後継者を選びたい」という希望を出せ
ばいいと思うんですけどね。
現状、大谷派では、覚信尼・覚恵さんの留守職システムをそのまま末端にも流用してはいま
すが、それが必ずしもベストではないし、茶髪・ピアスのクソガキが主管者候補として相応し
くないと思えば、これを排除しても構わないと思います。
前提として、他宗のように僧侶全員が厳しい修行と研鑽を積み、優れた聖者として檀家信徒
の上に君臨しているという図式ではないですから。

921 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 12:42:16
>>919
それにも限界があるんじゃないの?
それができないから、末端も怠惰な世襲が続いてしまう。
世襲が悪いんじゃなくて、怠惰な姿勢に向き合わないことが悪いんじゃないの?
「俺はホントは寺なんて継ぎたくなかった」
という方にはサッサと還俗してもらえばいいし、
「俺は自分の生まれた境遇を、巡り合った運命を最後まで背負って生きていくんだ!」
と決意した方の志は周囲が大事にしてあげればいい。
それだけのことでしょ。

大谷家の方には墓守のポジションを甘んじて受け入れていただくしかないし、
末寺にできることは、「志をお包みしますので、親鸞さんの廟を守ってください」と
いうことだけ。それが覚信尼と関東門弟のスタイルへの回帰じゃないの。
権限云々じゃなくて、こちら側が廟を守ってくださる子孫の方への敬意をきちんと
抱くこと。

922 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 13:10:24
>>921
仰る通りです。
現行のあり方というのは、どこまで行っても蓮如モデル(本願寺への権力集中)なんですよ。
だから末寺・門徒の上に君臨したくてしょうがないし、烏丸の巨大な伽藍にこだわる。
あれが無くなったら、何かアイデンティティまで失われると思っているのでしょう。

しかし、親鸞さんの時代に、あるいは覚信尼さんの時代にそういうものが必要であったかと
言えば、そういうものは必要なかったわけです。
むしろ各地の道場での布教伝道の方が重要で、門弟さんたちが志として廟堂の留守職の
面倒を見ている状態でしたし。
「親鸞聖人に帰れ!」と叫ぶのであれば、そこまで戻らなければ嘘ですね。
蓮如モデルに終止符を打つべきです。
その決意もない人たちが「民主化された教団」とは笑止千万でしょう。

923 :転載:2005/12/01(木) 13:17:18
こういうことってよくあるんじゃない?
とりあえず、話のネタに転載しておきます。

989 名前:名無しさん@京都板じゃないよ :2005/12/01(木) 12:54:23
>>987
子供がいない寺に、本山の教育機関を出ただけの在家出身の若い僧侶が後任で着任して
教育機関で習った原則ばかりにこだわって、地域の習慣とか無視して結局檀家が怒って
まとめて離壇して隣の同じ宗派の寺に移籍した事があった
たいていそんな近所の同じ宗派の檀家を引き受けないんだけど、近所の寺にも若いくせに
原則論ふりかざして間違ってるとか偉そうに文句言ってもめてたから近所の寺も引き受けた
みたいだね

ま、どんな世界も見習い制度が無くなってポット出の奴が一人前のつもりになって問題おこす
ここで色々行ってる人達も僧俗共に原理主義に走りすぎて現場の実態を無視するのは要注意かも

924 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 14:17:05
>>923
門徒(檀家)にも道場を選択する権利はありますからね。
新任の住職にそれを止める権利はないわけですし。

925 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 18:30:54
>>923
何となく真宗っぽい話だね。
しかし、前住職はどういう対応したんだよ?と問いたい。

926 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 18:35:08
>>923
立派なご住職だ
習慣や慣わしにとらわれない
真宗坊主としてはあたりまえのこと

離檀した門徒は地獄行き

927 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 18:38:20
>>925
無住の寺で起こった話なら納得もできるが、話の中に前住職が全く登場してこないのも
おかしな話。
血縁関係がない場合には、その人選にあたっては紹介者が必ず存在するしね。
それに養成機関を出たばかりの若造をいきなり住職に迎えるという話も・・・
教務所長なり、周囲の心ある住職たちが紹介するとすれば、あまり無茶な人物は推薦
しないと思うのだが。

928 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 18:39:18
>>926
逆だろ。
んなモン、自分だけの浄土ってやつだよ。

929 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 18:43:36
>>927
ウチの従姉などは、きちんとした筋から婿養子を迎えたのに……

930 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 18:44:24
その浄土を信じられないヤツは
真の門徒でない

931 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 18:48:24
>>929

でたーっ
<きちんとした筋>

そう思い込んでること自体終わってるな
かってに自己定義していることがわかってない

932 :929:2005/12/01(木) 18:51:51
>>931
ええ、終わった間柄なのでどうでもいいです。

933 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 19:00:04
>>930
そういうひとは
南無阿弥陀仏よりも
細木数子が似合います

934 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 19:04:45
>>933
浄土真宗じゃなかったら「アンタ、あたしが地獄に落すわよ!」と言ってみたいけどね。
たまに羨ましいと思うことがあるw

935 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 19:05:00
>>929
その「きちんとした筋」とやらが
きちんとしてないから困るんだよ。

936 :929:2005/12/01(木) 19:08:32
>>935
一応、某教務所長の紹介だったんですが……w

937 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 19:14:55
>>934
たまにちょっと大きな神社の宮司さんを羨ましく思ったりすることはあるな(w
知り合いにそういう宮司さんがいるもので。

938 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 19:33:46
>>937
真宗にとっては神道は不倶戴天の敵だからね。
でも、俺自身は神社ってけっこう好きなんだけどね。

939 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 19:57:54
別に敵でもないよ。どうでもいいよ、よそのことはって感じだね。

940 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 19:59:19
>>939
いやぁ、そうでもないよ。
「神道は最も差別的な宗教だ!」なんて吼えてる人もいるし。

941 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 20:01:33
そういう人もいるということね。
むしろ最近神道の連中が目の敵にしていると思うよ。このスレにも生息してるでしょう?

942 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 20:03:46
>>941
別に構わんけどね。
敵が多いのは承知の上。

943 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 20:12:02
>>942
好戦的ですね。

944 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 20:29:38
大多数の真宗坊主の目的は布施をもらうことにある。
なのに、そういう自分はこっちに置いておいて、
欲だの感謝だの言ってるのは偽善間違いありません。

その偽善行為をいかに正当化するかの話が
いわゆる「お説教」「ご法話」と言われるものです。

みなさん、だまされてはいけませんよ。

945 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 20:42:13
>>944

だまされて地獄に落ちても後悔せず

こんな人は絶対いない。
今なら訴訟もの
真宗はうそ八百

946 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 20:48:22
>>945
言ってるそばから・・・
とりあえず、そこで表現されている「地獄」について
調べ直してからモノを言いましょう。

あ、訴訟?大歓迎です。
告訴したければどうぞご自由に。

947 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 20:50:21
だって今地獄にいるんだもん。
出るためにできるのお念仏ぐらいしかないもん。
他はアミノ式体操並みに無理だし。

948 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 20:58:14
>>946
地獄にいる、ということが分からなけりゃ救いもへったくれもないからな。
まだ地獄じゃないと思っているようだが。

949 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 21:15:48
三途の川を渡ってないです
閻魔さまもいません



950 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 22:47:38
>>949
三途の川?閻魔様?アホかwwww

951 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 23:19:33
次スレです。

真宗大谷派・東本願寺系諸派総合スレッド Part.16
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1133164138/

952 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 00:29:23
>>951
乙です。

953 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 00:41:12
>>908
相変わらず教団挙げてスルーの意向のようですね。
兵戈無用を標榜しているわりには所詮、日本限定のローカル・ルールのようです。

954 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 00:53:56
>>953
あなたは何がおっしゃりたいのですか?
結局あなたはチベット問題(この問題は本当に複雑であることは確かで、仏教徒として
チベットの仏教文化の行く末について危惧があることも確かです)にかこつけて、
実は別の政治的主張がしたいのでは?そういう人がいるから、チベット問題になかなか
声をあげにくいという現状があるのではないでしょうか?つまり中国叩きのためのダシとして
チベット問題を利用している勢力には与したくはないという良識ある人々がいます。
まあ政治問題は別のところでお願いします。

955 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 00:58:18
>>954
中国叩き?
人道的問題への取り組みの結果、非難する相手が中国政府であったとして
それの何がいけないんですかね?

956 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 01:00:33
>>955
それがアンタッチャブル・ゾーンだからさ。

957 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 01:04:38
>>955
人道上の問題として批判するのはいいことだと思いますよ。
ただねえ、なんと言うか人道的な理由を口実として別の意図を感じ取るんですよね。
つまり中国政府のおかしさ(同感するところも大ですよ)を利用して反中ナショナリズムを扇動する
役割を果たしてしまうのではないかという危惧ですね。普段人道問題に取り組んでいるとは言い難い、
むしろそういう問題に冷淡であるだけでなく真逆の思想を持った人たちや勢力を見るにつけ、
信用できないという気もするわけです。

まあ政治ネタは荒れる元ですから別のところでおやり下さい。

958 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 01:10:48
普段は人権を否定する人たちによる人道問題の借りた政治的主張に対する不信感
といった方が正確でしょうか。
私個人としては、中国政府によるチベット政策には問題が多いにあると思います。
何が事実かそうでないかは詳らかにはわかりませんが、仮に伝えられている内容が
事実だとすれば由々しき問題であり、チベット政策を離れても現に中国の人権状況は
一時に比べれば国際社会の目があるのでましになったとはいえ、それでも先進諸国の
人権保障の現状に程遠いものであるとの国際的な批判が起こっています。
そしてその批判は概ね正しかろうと思います。
この問題が一部の政治勢力に利用され、その結果多くの良識ある人々の声を躊躇させるような
ことにならないように願うばかりです。

959 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 01:17:07
>>957
>普段人道問題に取り組んでいるとは言い難い、
>むしろそういう問題に冷淡であるだけでなく真逆の思想を持った人たちや勢力を見るにつけ

ならば、真宗のお坊さんも社会問題への取り組みなんておやめになったらいかがですか?
信念もないのにただの偽善でしょう。

960 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 01:17:55
真宗のお坊さんが取り組んでいる同和問題なんて、あれ、どうなるんです?
あなた方は人権だの何だのを振り翳して、彼らの言うことは100%の是として受け入れて
いるようですけどね。
しかし、あれだって差別という要素の裏に、明らかな政治的意図と特殊権益が絡んでいる
じゃありませんか。どうせ見て見ぬふりをしているだけでしょうけど。

あなた方は人権、人権と言っているけれども、人種差別の問題にだって無関心ですしね。
戦争が起こる原因のかなりの部分を資源問題と人種差別が占めていることは明らかなわけ
ですが、民族浄化なんてものは、その最たる政策じゃないですか。

961 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 01:20:54
>>959
私は坊主ではないので、なんとも。
取り組みがあってもいいのではないですか?何でもかんでもやってたら身が持ちませんよ。
あなたがおやりになれば?

>>960
百パーセントだなんてご冗談を。
同和問題は複雑でしょうね。問題を利用して利益を貪るエセ同和行為など既に問題になっています。
全ての問題に完璧に応対しろというのも無理な話ですよ。
あなたがやればいいではないですか?

962 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 01:23:19
あと同和問題や社会問題への取り組みは真宗だけがやっているわけではありません。
全日本仏教会としても取り組まれています。ご存知ですよね?
では全ての問題に完璧に応対しろと詰め寄るのでしょうか?
人間には限界がありますよ。できればそうしたいだろうけど、なかなか上手く行かない。
その中でなんとか手探りしている段階ではないでしょうか?

963 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 01:24:08
だから政治ネタはスルーだって!ウヨサヨ好きがやってくるぞ!

964 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 01:27:30
>>961
ああ、大谷派のお坊さんじゃないんですね、これは失礼。

>全ての問題に完璧に応対しろ

とは言っておりません。
人権を語るときに、どうして人種問題にまで心が向かないのか、ということです。

965 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 01:31:07
>>963
というより、神社仏閣板で政治向きのスレと言えば、大谷派スレを除いて他にはないでしょう(w

966 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 01:33:40
>>964
同和問題だの靖国問題だのの研修会は腐るほどあるけど、
人種差別の問題に触れる内容のものは無いね。
いつも同じところを行ったりきたりで、結論は「差別はなくならない」で
「お時間も尽きましたので、そろそろ閉会と致します」ってなものw

967 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 01:40:21
>>966
話題としては日本国内限定ですね。
日本国外はみんな「大東亜戦争被害者の会」という扱いですから。

968 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 01:50:05
人種差別の問題は当然想定されていますよ。ただしある問題をテーマにする場合、
それを広げてしまうと、結局問題のインフレ化を招き焦点ボケに終わってしまう場合が
あります。ただ僕は人種や民族の差別の問題は話題になったことありますよ。教区の何かで
色々聞きましたね。とはいえ、そういう問題が喫緊の課題であるというなら、
そうしたテーマを立ててやることも大事かもしれませんね。昨今レイシズムが吹き荒れていますから、
意味あるテーマになるでしょう。日本国内のみならず世界的な現象のようですし。
ご助言ありがとう。

969 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 02:00:31
>>967
というわけでアイヌ問題です。

970 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 02:06:08
りうきう民族も

971 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 02:07:06
薩摩隼人も古代の蝦夷も

972 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 02:23:42
>>969-971
いいね、どんどん出てくるね、差別問題!

973 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 02:36:55
荒らし君お疲れ様。せっかくまともな方向に進んでいるかと思いきやこれだもんな。
拡散詭弁論法つかっちゃって。

974 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 02:39:04
どうせ神道系の連中だよ。いつもの。

975 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 03:18:46
>>973
荒らし=神道系かい?
けっこう身内の犯行じゃないの?事実だったりするところ結構あるし。

976 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 03:30:39
別に内部の者じゃなくても書けるじゃん。
他スレとのタイミングといい、文面といい内容といい怪しいぞよ。
まっどうでもいいけどさ。無視すりゃいいわけだし。ただ荒らしで無駄に
レス消費してほしくないんだよね。じゃあね。

977 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 03:38:40
なにせ、連中血走っちゃってるからさあ。
たまんないよ。いろんな考えがあるわけでね、教団にも。
挙句の果てにはお西さんなんか、本願寺放火されかけたでしょう。
御真影に傷つけられて、ご門主暗殺計画もあったという。
これ、生国魂神社の神職であった北崎勝史の最近の犯行だし、このテロを
擁護することを言ってた神道系大学の教員もいるわで、物騒な人たちなんだよね。
気をつけないと。

978 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 05:02:47
この団体は所詮パチモノそのまたパチモノですから。

979 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 10:18:44
ああ神道がね。
ぶちきれちゃった?だからって放火しないでね。

980 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 12:34:44
>>977
東の御真影は元々妙安寺のものですし、
門首も単なる置物ですから攻撃の対象としないで下さい。

教団の意思決定は内局・宗務総長ですので、そこんとこ宜しく。

981 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 13:47:23
>>980
要らねえもんならさっさと廃止しろや。

982 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 14:19:46
>>981
要るんですよ、傀儡ですから。

983 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 14:34:42
>>976
で、毎度毎度無視できないんだな(w

984 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 15:01:43
>>980
仮に・・・だが、
そういったテロのような行為によって御影堂が焼け落ちた場合・・・


やっぱりゼロから修復するんか?
そのカネは末寺と門徒が負担するんか?

985 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 15:09:45
本来なら北崎みたいな奴に賠償請求すりゃいいんだけど、そんな財産あるわけ
ないからなあ。家やら家財道具一式没収してもなんぼにもならんわけで。
一層のこと奉職していた生国魂神社に請求してやったりしてw


986 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 15:10:40
言われちゃってますね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/493865119X/abe/ref%3Dnosim/250-4568756-8356216

>あるドキュメント, 2003/12/18
>レビュアー: カスタマー
>
>「お東騒動」について興味深い内容の本だ。ただ、大谷家に問題があるにしても、
>もう一人の主人公である訓覇信雄師の評伝を書いている人の本なので、少々気
>にして読む必要がある。何しろ、訓覇師も息子に寺を継がせて、孫がそこで祝言
>を挙げているのだから。「家の宗教から個の宗教に」というのは、多分大谷派にと
>って無理なのだろう。

987 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 15:13:30
世襲制度は真宗だけの問題じゃなくて、あらゆる世界の問題だよね。
全く同意だね。政治家も医者も世襲。坊主も世襲。天皇も世襲だもん。
みんな世襲制度にがんじがらめになっちゃっているw
ここを改革しないと。正にその通りだよ。

988 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 15:14:48
>>現在の土地を売って、総会所を本堂にしたら良いんでないかい。


989 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 15:16:25
北崎を擁護した教員てのはどっちの大学の誰?

990 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 15:19:33
じゃ、そろそろ本願寺にお参りに行って来ます。

>>989
気になる?
東か西かってこと?
調べればわかるよ。んなことw
普段から真宗を目の敵にしている御仁。右翼ともお付き合いのある人。

991 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 15:27:26
>>986
よく言われているのは、「家の宗教から個の宗教に」の後に「個の宗教から家の宗教に」が
続くのだ、という説ね。
要するに、お爺さん、お婆さんの背を見ながら、何となくお念仏に触れ、そこに問いを持って
欲しいのだ、と。
漫然と継承するのではなく、確かに頷きながら継承して欲しいと。
全国の住職さんは自分の奥さんや息子、娘さんを教化していますか?家族を教化するには
まずご自身ですよ、ということが骨幹にあると思うんですけどね。
同朋会運動というのは門徒向けの外部発信のように見えて、掘り下げれば教師が自分自
身を問う内容なんですよ。
こんな運動を教団挙げて標榜していること自体、住職さんたちは自分を恥じるべきなんです。

992 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 15:35:36

   /⌒ヽ
  / ´_ゝ`) <すいません、御影堂が焼けてしまったんで、
  |    /        お西さんの御影堂を使わせてもらいますよ。
  | /| |
  // | |
 U  .U

993 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 15:36:18
>>990
んで誰よ?

994 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 15:38:41

      /⌒ヽ 通りますよ・・・
     / ´_ゝ`)    ∧∧
     |    /    (゚Д゚ )  < 極左坊主は通行止めだ、他を・・・
     | /| |      と  |っ
     // | |      |  )〜
    U  .U         し`J

995 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 15:39:21

           三      ニ
     シャッ     三ニ    三三ニ シャッ

       ///   ∧∧  ∧∧     ヽヽ
 ヒュン  ///   Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)      ヽヽ     -  ― ニ´_ゝ`) 通りましたよ・・・
 三ニ ///       と  |っ            ニ- ―ニ -ニ三三
 ニ-三           |  〜         三ニ三 ― ニ-三三
  三三          し`J             - ―ニ―三三

996 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 15:49:05
>>988
どうせなら、もう一度解散して「解放運動推進財団」に生まれ変われば良いのでは?

997 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 16:00:49
>>987
真宗は特に酷い。世襲流家元のようなもんだ。

998 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 16:02:54
>>997
比較の対象が分かりませんが?

999 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 16:05:40
>>996
そっちの問題の方が重要そうなので賛成。

1000 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 16:06:14
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

363 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)