5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

浄土宗・称名念仏第七回

1 :南無阿弥陀仏:2005/11/28(月) 18:58:38
日本仏教の精髄、浄土宗を盛り上げましょう。

浄土宗・称名念仏第一回
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1101618487/
浄土宗・称名念仏第二回
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1113414378/
浄土宗・称名念仏第三回
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1119955135/
浄土宗・称名念仏第四回
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1122705630/
浄土宗・称名念仏第五回
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1126536579/
浄土宗・称名念仏第六回
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1129320288/

2 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 19:06:35
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ 法然さんの教えはどこへ行ったんだ・・・・

3 :法然:2005/11/28(月) 19:09:56
念仏の声あるところ
全て我が遺跡なり。

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 19:51:41
甚深殊勝のことなり。



5 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 19:52:51
けちゃっぷさんは少々調子っぱずれなことを言っていても
きちんと念仏の声を響かせていれば彼もまた法然の遺跡であろう

6 :けちゃっぷ:2005/11/28(月) 20:07:42
>>1 いつもありがとうございます

7 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 21:01:36
こんにちは。
現在、神社仏閣板では、ローカルルールを決める議論をしています。
興味のある方、ご意見のある方は、下記スレッドまで、お越しください。

ローカルルール(LR)議論スレッド
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1102745174/

8 :ごんべい:2005/11/28(月) 21:06:48
祝!新スレ。

9 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 22:12:11
なんか、盛り上がらんな。

10 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 22:34:21
前回、レスを頂けなかったので、再度質問です。
広島小一少女殺害事件のようなことが、
檀家さんの身内で起きて被害を受けられた場合、
通夜の席でご遺族を前にどういった法話をされますか?

レスをお願いします。

11 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 23:01:26
>>1 乙

あれだね。回数も凝ると面白いかもね。「浄土宗・称名念仏その七仏通誡偈」とか。
一心、二尊、三心、四修、五種正行、六道、八正道、九品、十重禁誡なんてね。。

あ、面白くない・・・そうですか。。

12 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 23:01:42
まず、お念仏することを勧めるでしょうね。無心のお念仏を。
次に、代受苦について、お話しするでしょうね。自分の経験から言うと
何を聞いても、自分で整理がつかないと、納得できないんですよ。と、
いうか、吸収できないんだね。

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 23:02:55
>>11 七が抜けてる。

14 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 23:04:28
>>11 ペンチャン待ちか?

15 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/28(月) 23:12:57
>>13-14
先の行で
>「浄土宗・称名念仏その七仏通誡偈」とか。
って書いたから省略しちゃった。スマソ。

>>10
これは正直難しいよね。自分が体験したことのない悲しみだもの。
不条理な世の中だ。うちらが恨むなと言っても説得力がないわな。
俺も一緒に泣いちゃうかもね。愛別離苦。諸行無常。

でも、いつまでも彼女が亡くなった時間に家族一緒に留まっていることは出来ないから、
とにかく彼女のためにお念仏することを勧める。それが彼女のためであり、自分たちのためでもある。
犯人を捜すなどのこの世の問題と、彼女の行った極楽とは別世界であるから、
割り切って考えねばいけないと思う。

16 :けちゃっぷ:2005/11/29(火) 01:14:27
>>10 「子供にとっては、親より先に亡くなって親を悲しませることは親不幸になってしまうので、
いつまでも親が悲しんでいては、子供にさらに親不孝させてしまうことになる」
と、M谷先生が言ってましたが。

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 01:15:44
>>12, 15
10 です。レスをありがとう。

他の方々やけちゃっぷ氏のご意見も拝見できると参考になります。

18 :けちゃっぷ:2005/11/29(火) 02:01:04
>>10 何のために法話をするのかにもよるでしょうね。
ブッダなら、諸行無常を説き、執着を捨てさせるでしょう。
実際は、話す内容より、話す時の表情や声のトーンで、印象が決まるらしいですね。
ブッダが、あれだけ厳しいことをズバリ言って、それでも人々から受け入れられたのは、
話し方にも完成された人格がにじみ出ていたのではないでしょうか?


19 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 08:16:00
>>16
「親孝行」という考え方が、ほんとうに生きていればとても有効な説教でしょうね。
親が「自分も親を悲しませたくない」ということを心にもっていれば・・・。

つまらない例かもしれませんが、ひろさちや氏の漫画のシリーズで『お浄土のはなし』
という本は孫に死なれた祖父の悲しみがテーマでした。これを読んでお浄土については
わかったのですが、悲しみをどうするか、まではわかりませんでした。

どうしても死後の世界を語ることになってしまいますが「あなたがお浄土で再会された時、
子供が死んでから悲しんでいただけの人生だった、と話をするのと、おまえの分まで一生
懸命生きたよ、と話すのと、どっちが喜ぶと思いますか」というのはどうでしょう。そして、結局
は「内容」よりも「心」ではないかと。「心に慈悲がなければ、どんな言葉も相手の胸にひびかない」でしょう。



20 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 09:53:35
あの賽の河原地蔵和讃の話も、親がいつまでも嘆き悲しんでいては子供にとっても不幸であるという主旨ですね。
脚色はあっても仏教の本筋は連綿と伝えられ日本人に浸透してきたのだと思います。
それが逆に日本人の感情表現を苦手にし、抑圧的な性格やストレスを生んできたのではないでしょうか。

21 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 12:38:21
>20
賽の河原和讚自体の評価は別にして、
>それが逆に日本人の感情表現を苦手にし、抑圧的な性格やストレスを生んできたのではないでしょうか。
というのは事実に反します。

22 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 12:39:58
21です。訂正。
日本人が感情表現が苦手で、抑圧的な性格やストレスをもつ
というのは事実に反します。

23 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 12:44:27
>>20
それは違うだろうよ。賽の河原地蔵和讃はお地蔵様の
功徳を説いたもので、その中に親の嘆きと死した子の
苦は説かれているが>>20の言う主旨ではないだろうよ。

そう云うのをけちゃプ風すり替えって言うんだぞ!

24 :こら!けちゃっぷ:2005/11/29(火) 19:54:37
昨日から、手を抜き過ぎだぞ。

25 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 21:12:42
ヒューザーのマンションが欲しい。

26 :情報ある方いますか:2005/11/29(火) 21:52:09
今年の、増上寺と、知恩院の加行について、情報をください。

27 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 23:27:01
>>26 何が知りたいの?

28 :情報ある方いますか:2005/11/29(火) 23:36:28
礼拝の回数ですとか、こんなところが要領だよ、とかです。

29 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/29(火) 23:43:26
>>28
増上寺は、約5000礼すると思う。
スクワットで、鍛えていたほうがいいよ。
それから、くれぐれも風邪をひかないように予防に留意。

30 :情報ある方いますか:2005/11/29(火) 23:51:17
>>29 鍛えるの、間に合わないかも。知恩院は、寒いとか聞きましたが

31 :質問者:2005/11/30(水) 14:26:22
浄土宗では仏像についてどのように扱われているのでしょうか?
法然上人は逆修説法において立像の阿弥陀如来を安置し、その中で
真仏ではないが真仏と思ってまつれば功徳がるし、「道の先達」
というお言葉まで引用されています。
また一方では開眼の説明をなされて理の開眼を説かれています。
東大寺十問答には住持三宝のご説明をなさっていますよね。
しかし臨終近くに阿弥陀様が見えると言われるので仏像のことかと思ったら
「その後ろにおられる本当の阿弥陀様のことや。」ともおっしゃられる。
理の開眼をして功徳を成就するということは、仏像もまた仏身であることに
なるのでしょうか?
そして、その仏身は我々のレベルに応じた住持の仏なのだから
応身の仏になるのでしょうか?
それとも浄土から我々を見守っていて下さる報身の阿弥陀仏の化身なのでしょうか?
それとも世界の根源的な発想から法身とみるのでしょうか?
それとも、あくまでも似て非なるもの、木偶にすぎないのでしょうか?


32 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 16:24:39
お念仏のみが衆生済度のための真実門であって、それ以外は皆方便にすぎないでしょう。
たとえば昔で言えば獄中、山間遠島僻地で仏像など見たこともない人が念仏で往生できるのかということ。
無ければ無しでいいと思われていたのでは?

33 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 19:55:16
そりゃあそうだよ。

34 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 20:35:43
出でよ!けちゃっぷ!・・・大魔神か?おまえは。  

35 :?質問者:2005/11/30(水) 20:39:12
>>32仏像が方便であるか否かをお尋ねしているのではなく
我々は仏像に対してどのように接するのか?
布教に携わる方なら住持の三宝について語る席も生じる。
その際に、どのような理解をすればよいのか?
阿弥陀様の像はあくまで方便に過ぎぬなどということは
皆様に論議していただかなくても導き出される答えでしょう。
その上で、信者さんから法然上人が
「仏の一切の功徳を成就し候をば理の開眼と申候也」(昭法全648頁)
と仰有ってるのはどう理解すればよろしいですか?と問われた時の
答えを聞きたいのです。

36 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 20:51:08
>>35 質問読むだけで疲れる。

37 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 20:58:20
けちゃっぷが、北方領土に行ったって話、本当かい?

38 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 20:59:59
>>37 出張か?

39 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 21:18:00
>35
誰も答えないのはばかばかしい質問だからでしょう。
>二敬有縁像教謂造西方弥陀像変不能広作但作一仏二菩薩亦得教者弥陀経等五色袋盛自読教他此之経像安置室中六時礼懺香華供養特生尊重
『選択集』所引の『西方要決』の文です。
仏像に対しては敬ってこれを拝む。それでいいんじゃないの?

理の開眼については、法然上人のお言葉を解釈して理解する必要があるの?
文字通りそのとおりにうけとめればいいじゃん。

40 :質問者:2005/11/30(水) 22:07:32
>>39では「僧の仏眼の真言をもてまなこをひらき、大日の真言をもて
仏の一切の功徳を成就し」という言葉の通りに理解すればよろしいか?
誰もお答えにならないのはそのような質問をされることは
ないと思っておられるからかと思っておりました。
純粋に資料に対する疑問を聞いてみたのですが
ムダな時間を費やしたようです。

41 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 22:18:46
>40
そのとおりですね。
ただし、そいうことをしなさいよ、と奨励しているお言葉ではない、ということはわきまえておいてね。
あくまでも、供養と開眼が同じか、という質問に対する答えですからね。

42 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/30(水) 22:34:23
官房長官の安倍さんって浄土宗の檀家さんなんだよね?
小池さんも浄土宗なのかな?
浄光会っていつ発足したんだろう?

43 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 00:37:22
                      >>35
―――――――――――――‐┬┘
                        |   本尊
       ____.____    |   を
     |        |        |   |   窓から
     |        | ∧_∧ |   |   投げ捨てろ
     |        |( ´∀`)つ ミ |

     |        |/ ⊃  ノ |   |   ,;::,.
       ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄     |  ,::::::、
                      δ.. ̄,_√)
                       ヽ    <

                      / \  /ヽ r')
                      |   \/  Y ̄|


44 :???a^?O`:2005/12/01(木) 13:41:46
>>43禅宗の和尚さんみたいね。

45 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 19:31:29
禅宗は窓から捨てるのか?

46 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 19:33:14
けちゃっぷ、留守か?

47 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 21:05:11
今年の加行の情報をくれ。一体加行僧は、どのくらいいるんだ?

48 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 21:32:13
>>47
何もかもがいつもどおりと聞いたが

49 :けちゃっぷ:2005/12/01(木) 21:33:03
>>46 ドラゴンボール七つ集めたら出現します

50 :ごんべい:2005/12/01(木) 21:43:43
コメントが短すぎて、本物か、ニセけちゃっぷか、判断できん。

51 :ごんべい:2005/12/01(木) 21:46:01
代受苦について、代表的なのは、お地蔵様だけど、それ以外について
の見識を誰か、賜りたい。

52 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 21:50:12
>>48  なんだ、そうですか。私も、結局何も変わらないという情報
を得ています。では、まだ、発表になっていませんが、養成講座は、
どうなるんでしょう。

53 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 22:05:17
>>52
少僧都養成講座はなくなるらしいね。
噂だけど、
律師養成講座で統一して夏期冬期系計4回、1期につき4週間と、
厳しくなるらしいね。
噂だから、確かな情報じゃないよ。スマソ

54 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 22:06:27
>52
宗報にのってた宗会の議事録を見ると、かなり反対があったらしい。

55 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/01(木) 23:00:33
>>54
主導権握ってた人物って一体だれなんだ?
少僧都養成講座潰した人物は?

56 :52です:2005/12/01(木) 23:40:37
情報ありがとうございます。一期四週間は、長いですね。少し、つらく
なりますね。

57 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 08:28:29
>53
1期2週間と聞いてるよ。
現行の少僧都養成講座は3期x3週間=9週間
律師養成講座は2期x3週間=6週間

新制度では4期x2週間=8週間
となるらしい。

58 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 11:57:22
知恩院で加行の方はしもやけの薬を持参しましょう。
男は誰も持っていなくて尼僧さんに分けてもらってるのをよく目撃した。

59 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 12:09:33
2年間で3週間×3期=9週間が理想じゃないかな。
1年目は夏と冬の2期、2年目は夏の1期と冬の加行。

60 :けちゃっぷ:2005/12/02(金) 12:42:40
>>40 阿弥陀様は、自分の像を拝んでいる念仏者を、
どのようなお気持ちで御覧になっているのでしょうね?


61 :けちゃっぷ:2005/12/02(金) 12:44:43
本物の阿弥陀様に常に観られていることを忘れないで、仏像を拝むべきだと思います。


62 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 12:55:00
阿弥陀様の仏像に本物の阿弥陀様が宿っておられる場合も
多々有ると思うのですが。
浄瑠璃寺の阿弥陀様は、見る人が見ると光を放っていらっしゃる。

63 :けちゃっぷ:2005/12/02(金) 12:57:21
「わしが阿弥陀になるじゃない 阿弥陀の方からわしになる 南無阿弥陀仏」
(ある妙好人の言葉です)
仏になったつもりで自分を観て、その仏が再び自分になったつもりになって、自分にもどる。

64 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 19:54:02
>63
ぜーんぜんはずれ。

65 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 19:55:43
けちゃっぷは信機をどう考えてるんかな。
てか、信機を念頭に置いたら>63 がはずれだということはわかりそうなものだ。

66 :けちゃっぷ:2005/12/02(金) 20:48:54
>>65 思考が首尾一貫する必要はないと考えます。
信機を思って感じることもあるし、妙好人の言葉に感じることもある。
ひとつひとつを、宗教的な感動を与えてくれるアーティストの歌詞のようなかんじに受けとめています。
ですから、まったく矛盾する別々の教えを、受け入れています。


67 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 20:55:49
>66
だからあなたは法然上人のみ教えを受け止めることができないんですよ。

末法であるとは限らないと言い出したり、
上座部(そんなもの、実体があるんかい?)や、禅宗をありがたがったり。
浄土宗の坊主だといいながら、法然上人のみ教えを否定することばっかりいっている。

68 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 20:56:58
そうそう、
>信機を思って感じることもあるし、
なんていっている間は信機はそなわっていませんよ。

69 :けちゃっぷ:2005/12/02(金) 21:00:19
>>65 信機を強調するのには、あまり乗り気になれません。
聖道門を捨てさせ浄土宗に勧誘するためではないかと思ってしまうし。
正直、凡夫でも聖者でも念仏すれば救われるんだから、それでいいではないかと思っています。
だから禅僧は禅僧のままで念仏すればいいし、法華信者は法華信者のまま念仏すればいい。
日蓮さんでさえ、臨終には念仏したそうですね。

70 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 21:08:00
>69
信機があって初めて信法があります。
そこは、法然上人が特に強調されているところです。

>信機を強調するのには、あまり乗り気になれません。
という発言が出てしまうこと自体が、法然上人が何を苦しんでいらっしゃったのか、
あなたが理解しようともしていないことの証拠ですね。
ただ、信機はあくまでも自分自身に対して強調するものであって、人に説くべきことでは
ないとは思いますが。

日蓮大聖人のものをいささかでもお読みになればすぐに分かりますが、
世評とはまったく逆で彼は信機を徹底していますよ。

71 :けちゃっぷ:2005/12/02(金) 21:11:30
>>70 浄土宗バッシングしまくった日蓮さんでさえ、念仏すれば往生するのです。
聖道門につまづいた人が、浄土門に転向できるのは、すばらしいことですね。
しかし、信機がないと念仏できないのですか?

72 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 21:28:40
>71
信機があって初めて信法が確立します。これは法然上人が仰っていることです。

日蓮大聖人は信機の塊のようなお方です。
法然上人の末流を詐称する連中は叩いたけれど、法然上人自体は叩いていません。

73 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 21:30:43
けちゃっぷよ、君は日蓮のものを何も読んだことがないだろ?
>71で白状しちゃってるよ。

〜ですら往生しますなんていうチミのことばが軽いかる〜いものだってよくわかるよ。

74 :けちゃっぷ:2005/12/02(金) 21:39:36
>>73 読んだことないですよ。

75 :けちゃっぷ:2005/12/02(金) 21:48:20
>>72 なぜ、信機があってはじめて信法が確立するのでしょうか?


76 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 21:50:40
>74
読んだこともないのに日蓮が往生したってどうしていえるのよ。いい加減なことをいうな。

>75
法然上人がお書きになっているから自分で探したら?
ていうか、まともに念仏申していたら自分でわかることだから、おしえてあげない。

77 :けちゃっぷ:2005/12/02(金) 21:53:59
>>76 僕が知りたいのは、教えではなく、あなたの考えです。

78 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/02(金) 22:04:02
>77
知っても意味がない。自分で見つけなきゃ。
法然上人のお言葉だって、単なる道しるべ。
自分で分かった時に初めて、そういうことだったのか、
と納得できるのよ。
だからあなたに送ることばは
>ていうか、まともに念仏申していたら自分でわかることだから、おしえてあげない。


79 :52です:2005/12/03(土) 00:06:27
みなさんへ。南無阿弥陀仏の念仏だけが、念仏では、ありません。日蓮や道元
の念仏が、阿弥陀様への念仏だったとは限りません。

80 :52です:2005/12/03(土) 00:13:13
日蓮宗の排他性が現代まで、脈々と伝わっているのは認めるが、教え
の基本、おおもとが間違っているからな。早くなくなれ、日蓮系。

81 :牛飼い:2005/12/03(土) 08:12:52
日蓮系は武士を否定しているからな(法華経28番で)
これらを信仰しているのは必然的に武士以外の家系でしょうね。
来世も武士家系には生まれず、せいぜい商人か百姓止まりでしょう。
とにかく日蓮系の坊主は生意気だ。理由は賎民出身者が多いからだと思うが(仏性の問題ではない生まれつきの資質の問題だ)
>>79あなた鋭い!

82 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/03(土) 08:30:31
>>79
>念仏では、ありません。日蓮や道元 の念仏が
  阿弥陀様への念仏だったとは限りません

すいませんが、詳しくおしえてくれませんか。

83 :牛飼い:2005/12/03(土) 08:48:26
ハンセン病であった日蓮上人の終期は下痢が止まらずの絶叫悶絶死であった
これらは特に賎民に多い病気だ

84 :牛飼い:2005/12/03(土) 09:01:50
武士を十悪業だといい
また五逆罪だと言い放った日蓮は結局、自身の出自が粗末であるがゆえの
武士に対する、ねたみ、そねみに違いない。彼は本当は武士になりたかったのだ。
厳格な封建制度の鎌倉時代ではクシャトリヤ出身ではない僧侶日蓮は認められなかった、というのが事実。
この自身のポテンシャルでは他宗派の宗祖に勝てず、寄ってカルト的な「憑くもの」が
主流の教義に変貌していった(例えば幽霊が見える、そこに要る、なんてね!)。

85 :52です:2005/12/03(土) 16:41:13
>>82,牛飼い様  牛飼いに褒められるとは思わなかった(やや、嬉しい)
道元は、自力で成仏をめざす、禅宗(曹洞宗)を開宗、他力の浄土宗を快く
思っていなかったのは確かで、『十方のゥ佛を念ずる』念仏を推奨していた。
(何で調べたのか、忘れたが、間違いは無い)、おそらく、お釈迦様だろう。
で、今でも、他力に対する曹洞宗寺院の見方は、さめたものが多い。



86 :牛飼い:2005/12/03(土) 18:00:34
そうだ禅宗の奴等の信仰対象はすべて釈迦ム・ニ・ブ・ツだ!

87 :52です:2005/12/03(土) 19:26:06
牛飼いは、浄土宗の教師か?

88 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/03(土) 20:22:31
カルトが湧いて出てるな。

89 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/03(土) 20:29:49
しょうにんずう

90 :けちゃっぷ:2005/12/04(日) 07:42:18
>>67 800年前とでは状況が違います。
このままでは、日本の巷の仏教ファンの心が、テーラワーダに向いていくのではないかと思います。
なぜなら、ヴィパッサナー瞑想は、その瞑想自体は、念仏と同じで、いつでもどこでも誰でもできるからです。


91 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 11:06:09
>>90
隠れテーラヴァーダ・ファンの君一人で行けば?
そこでお得意のオカルト論を説けばいいじゃないか。

92 :けちゃっぷ:2005/12/04(日) 11:21:04
やはり、信機で対抗するしかないんでしょうか?
「あんな瞑想でわれわれ凡夫は悟れっこないから、
座禅や瞑想には近づいてはいけません。
ひたすらお念仏してください」、と。
本当に、それでいいのだろうか?
純粋にブッダの教えに興味をもっている信者さんの信仰の芽を、
刈り取ることにはならないでしょうか?


93 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 11:36:45
>>92
けちゃっぷさんが悟れるんならいいんじゃないんですか?
誰も否定はしていないでしょう。
悟れるなら瞑想すればよい。悟れるならね。
私には無理だが。
そういう修行方法があることは否定しません。

94 :けちゃっぷ:2005/12/04(日) 11:45:11
>>93 僕がどうこうではなく、檀家さんが聖道門に興味もったらどう対応するのか聞きたいです。
信機の主張は、カルト的な排他性を感じさせはしないでしょうか?
僕は、自分の妄念のしぶとさを知っていますので、信機もありますが。

95 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 11:49:05
最近浄土宗の坊さんも、真宗みたく
髪をのばしてるね。

96 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 11:51:40
>>94
だから、悟れるなら瞑想すればいいじゃないですか。
けちゃっぷさんでなかろうと。
法然さん自身も凡夫であると自覚があったから念仏往生に感銘を受けたわけで、
私は凡夫であるという自覚を持たせたらいいんじゃないですか?
それまで瞑想すればいいでしょう。悟れないとわかるまで。

97 :けちゃっぷ:2005/12/04(日) 11:52:41
>>91 関係ないけど、インドでVの音をワ行で発音することがあると、田中先生が言ってました。
ですから、テーラヴァーダをテーラワーダと発音するんですね。

98 :けちゃっぷ:2005/12/04(日) 12:01:34
>>96 逆に、仏教徒としてのスタートに念仏を位置づけ、
念仏で往生決定したうえで、個々の能力に応じて戒・定・慧を重ねていけばいいのでは?
三宝帰依だけでは生天止まりだけれど、念仏すれば往生極楽が決定する。
従来の仏教では、三帰で仏教徒になって生天決定した上に、修行を積み重ねるが、
浄土門では、三帰で仏教徒になり、次に念仏で往生決定し、そこから修行がはじまるのです。

99 :けちゃっぷ:2005/12/04(日) 12:07:21
信機の主張は、
聖道門に挫折しないと浄土門に入れないように思えてしまう。
そうでなくて、信機も何もわからなくとも、
とにかく仏教徒はまず浄土門から入って、そこからよちよち歩きで聖道門に向かえばよいと思います。

100 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 12:07:51
>>98
逆にする意図・理由は?
けちゃっぷさんみたいに常に上を目指しておられる方はそれでいいんですが、
それができないのが凡夫なのでは?
できる人はそれでいいんですけどね。
あくまでけちゃっぷさんの考えであり、浄土宗的ではないですね。

101 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 12:11:22
>>99
法然さんはそんな事言ってませんよ。
あくまでけちゃっぷさんの持論てことでよろしいですね?
読んでおられる方が勘違いしてもいけないので・・・。
勘違いされる方はいないと思いますが。

102 :けちゃっぷ:2005/12/04(日) 12:12:01
>>100 念仏者も仏教徒だから、「いわんや善人をや」の気持ちで、常に上をめざすべきでは?
下品下生の者が上品上生をめざしても、法然さんは怒らないと思います。

103 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 12:14:59
>>102
だから目指すのは間違ってませんよ。
実践されるのもよし。

104 :けちゃっぷ:2005/12/04(日) 12:15:01
>>101 なんのためにコテハン使っているかというと、すべてけちゃっぷの私見だからです。
まぁ、たまに、自分でも本気じゃないけど、どんな反応が返ってくるか試しているだけのときもあります。
僕自身、信機も末法も信じてますから。

105 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 12:16:45
>>104
わかりました。
では失礼します。

106 :けちゃっぷ:2005/12/04(日) 12:20:56
一応言っておきますが、2ちゃんねるで書いているようなことは、
檀家さんにはお話していませんので、ご安心ください。

107 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 12:43:00
>>97
ここは日本です。
日本語の中のカタカナ表記には何を使うべきか常識で判断してください。

108 :けちゃっぷ:2005/12/04(日) 12:58:37
http://www.j-theravada.net/ 自体が、「テーラワーダ」と表記してるんだから、それでいいのではないでしょうか?

109 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 13:52:19
>>108
あそこは一つの宗教法人にすぎません。
そこが上座部仏教を代表するとはお考えにならないでください。

110 :けちゃっぷ:2005/12/04(日) 14:11:17
>>108 わかっています。
それをいいだすと、浄土宗だってひとつの宗教法人にすぎませんが…。
一応、ブッダの弟子の末裔が運営しているので、どちらも仏教教団と呼べるでしょう。


111 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 21:13:55
けちゃっぷがついに本性を明らかにしたね。

浄土宗の坊主を止めるべきだな。少なくとも、浄土宗を名乗って檀家さんからお布施を貰うのは詐欺ですよ。

112 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 21:14:36
檀家さんに、あなたがここで発言していることを、表現を柔らかくしてでも、その実質を話しても平気ですか?


113 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 21:46:36
葬儀・告別式での
弔辞や喪主の挨拶の時
「安らかにお眠りください」とか「永眠しました」とか
使ってる檀家さんいるけどどうしてる?
1周忌までにいろいろと教化していってる人いるかな?

114 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 21:51:20
>113
そんなん、まだましだぜ。
「天国にいらした・・・さま」って、阿弥陀さんの前でやってくれるのもいるもん。
こっちもひっくり返るけれど、神父さんや牧師さんもひっくりかえるやろな。
ちなみに弔辞を読んだからといって、うちの檀家さんではありあません。

115 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 22:02:57
「おばぁちゃん、天国で私たちを見守っていてね」
ってよく20代前後の若い女の子が弔辞で言うなぁ。
若者には「極楽浄土」より「天国」という言葉のほうが、
馴染みがあるよ。
我々、浄土系僧侶の教化怠慢の結果だろうけど・・・
実際、教化って容易じゃない。
日本仏教は葬式と先祖崇拝によって維持されてるのが現実。

116 :けちゃっぷ:2005/12/04(日) 23:47:33
>>112 檀家さんに極楽や阿弥陀仏のことを話した時、人それぞれの受けとめ方をされますよね。
ブッダの教えは比較的、誰でも納得しやすいですが、
阿弥陀仏のことは、現実主義っぽい人だとなかなか受け入れにくいかもしれません。
近所のお寺の五重の案内をしたときに、ある社長さんに、
「五重受けないと極楽にいけないんでしょ?」
と言われました。
なんかショックでしたね。
極楽をエサに五重で金集めしてるみたいに思われてないか、不安になりました。
ですからね、やはり念仏だけじゃなく、ブッダの教えについて檀家さんに知ってほしいですね。

117 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 23:48:19

















.


118 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 23:49:15

















.


119 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 23:56:02
>116
それで、阿弥陀仏の話はブッダの教えではないの?
法然上人の教えはブッダの教えではないの?

けちゃっぷ、いい加減浄土宗の僧籍を返上しろよ。
真面目にお寺を守っているのに追い出される人だっているんだぞ。
お前は浄土宗教師として檀家さんにお布施を頂いているんだろう。
そのお前がそんな発言をするのは、詐欺師以外の何者でもないぞ。

120 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/04(日) 23:57:14



















121 :けちゃっぷ:2005/12/05(月) 00:19:44
>>119 誤解しないでください、僕は阿弥陀仏を信じています。
ここで浄土宗義にいちゃもんつけてる発言が、本音ではないのです。


122 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/05(月) 00:21:10
日蓮正宗のHP見てしまったけど・・・
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/indexj.html
恐ろしい宗派だね。徹底的に他宗派を折ふくしてる。
でも、他宗派のことをよく調べてるもんだ。

123 :けちゃっぷ:2005/12/05(月) 00:23:05
>>119 阿弥陀仏の教えは、ゴータマ・ブッダの教え、基礎仏教ではないでしょう?


124 :けちゃっぷ:2005/12/05(月) 00:27:13
>>122 もう五時八教説はキツいですけどね。

125 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/05(月) 01:48:12
「天国は素晴らしいくても永遠ではなく無常の世界である。天国の天人は五衰の苦を免れない。
さあ、私は天国ではなく阿弥陀さまの極楽に行くぞ。極楽で永遠の寿命を享受するぞ。極楽に往生するぞ。往生するぞ」
繰り返し学習するというのが最強だろうね。

126 :けちゃっぷ:2005/12/05(月) 08:22:09
極楽での寿命も永遠ではないでしょうけどね。
永遠であっても困る。早く成仏しなきゃいけないのに

127 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/05(月) 08:48:38
>123
阿弥陀仏の教えは仏教ですから、釈尊の教えです。
ゴータマ・ブッダの教えは仏教ではないのですか?
基礎仏教なんていうものがあるんですか?佛大の授業には基礎仏教学がありましたね。

128 :けちゃっぷ:2005/12/05(月) 12:46:33
>>127 でも、実在した釈尊の説いた教えと、お経の登場人物である釈尊の教えがありますよね。
どちらも仏教ですが。
なんというか、どこの国・宗派でも共通してブッダの教えだと考えられている部分が、基礎仏教では?

129 :けちゃっぷ:2005/12/05(月) 12:55:34
ほんとに仏教に興味ある檀家さんがネットで調べたら、
大乗経典の成立年代等については、すぐわかるでしょう。
これも、法然さんの時代にはわからなかったことであり、新たな問題ですよね。
浄土宗としては、「大乗非仏説」説に、どう回答するのが妥当でしょうか?
一部の日蓮信者のように、五時八教説にこだわっていては、カルトになってしまうでしょう?

130 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/05(月) 18:31:58
>>129
阿弥陀仏信仰自体は遥か昔からあるわけだし、
阿弥陀仏信仰を仏教的思考で文書にしたのが大乗経典・・・
ってな図式になるのかな。。

しかしそれは仏陀が説いたという意味の仏教ではなく、
仏になるための教えという意味の仏教になるな・・・

131 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/05(月) 21:00:15
>129
人間釈迦は人間釈迦。ブッダはブッダね。
きっと人間釈迦のことばが仏説だといいたいんだろうけれど、
どこにも残っていないよ。

五時八教を歴史的事実と捉えれば痛すぎるよね。
でも、どうしてここで五時八教をあなたは持ち出したのですか?
天台が本家でしょ。


132 :けちゃっぷ:2005/12/05(月) 22:40:50
>>131 五時八教は有名だから。
檀家さんから大乗非仏説について尋ねられた時、
浄土宗教師の模範回答は何なのでしょうか?
…ということが知りたい。
けちゃっぷへの反論じゃなくて、檀家さんにどうお話しすべきかを

133 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/05(月) 22:58:13
自分を見つめてると、
自分の信仰が弱く浅はかで、こんなもんでいいのかと思ってしまう。
阿弥陀信仰や念仏信仰は自分で選んだわけじゃないし・・・

みんなどうだい?自分を見つめて、自分の信仰をどう思う?


134 :けちゃっぷ:2005/12/05(月) 23:17:13
>>133 念仏が口に出ますか?

135 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/05(月) 23:26:56
>>134
念仏は称えます。133

136 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/05(月) 23:28:18
今の浄土宗非法然説、というのもよく聞きます。
良忠の浄土教になっているとか。
大乗も釈迦直説ではないという意味では非仏説ですね。
しかし純粋な釈迦直説というのも存在しないし。
日蓮宗など、根本仏教の教えとずいぶん異なるから、
釈迦仏教は古い、日蓮本仏だと開き直っていますね。

137 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 02:27:39
青山圭秀氏という物理学者、医学博士、作家の名を聞いたことがある人が
ここの住人にいるかもしれない。
10年前「アガスティアの葉」「インドの聖者サティア・サイババ」を
紹介した人物だ。
小生は、メールを通じ青山氏に「念仏行」について感想を聞かせて頂いた。
その回答は次のようなものだった。
「念仏を唱えることには意味があり、尊いことです。
しかし、念仏の多くはインドから中国をへて日本に渡ったもので、
もともとの音の力の一部は失われています。
また、口に出して唱えるものは、
意味が分かりやすいという利点がありますが、
表層のレベルに留まるという点もあります。」

というものであった。
「もともとの音の力が失われている」という氏の感想に、
いま称えてる念仏が廃れたものであるのではないかという気持ちになった。

我々現代人にとって本当に相応しい教えとは一体何なのだろう?
念仏行だけで、果たして人生の指針を得ることはできるのだろうか?
小生は、懐疑的な思いにある。他の人々もそうではないだろうか?

我々が生活して行く上で心の支えとなるような本物の教えが求められている
ような気がしてならない。
それが、果たして 本当に 念仏行なのだろうか?

葬式仏教を踏み越えて改められた仏教の姿勢が生まれるのはいつだろう?

138 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 02:46:11
>>137
有名なトンデモ系の人ですね。
肩書きをならべても、仏教に関して無知なのはかくせません。

サイババはトリックを使ったイカサマだということは現在では知られています。
トリックを撮影したビデオも出回っております。

念仏が何なのか、観想念仏と称名念仏のことも何もご存じないようですね。

青山さんは信用しないことです。


139 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 06:50:14
>132
なさけない話ですが、浄土宗としての模範解答はないと思いますよ。
たとえば浄土宗の公式ホームページにも触れてなかったんじゃないかな。
だから私見として答えてゆくしかない。

僕も法務上困ることがあって尋ねて回ったことがあるんですが、
佛大や正大の養成課程や、宗内の各種講座で仏教史の上で事実上浄土教
が釈迦直説ではないと主張してしまう人はいても、それなら浄土宗のおしえって仏教ではないわけ?
という問いに答えようとする人はあんまりいないみたい。

誰かそういった問題意識をもって取り組んでいる人いないですか?

140 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 08:30:01
まぁ、阿弥陀仏の救いが事実であることに変わりはないんですが、


141 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 11:13:41
>>138
青山氏の著作物を読んだことあるかい?
君はあれだけの認識力を持っているように思えないが・・・

サイババの奇跡がトリックかそうでないかさておき、
サイババの教えや慈善事業に関しては、
浄土宗教団が行っていることより明らかに立派だ。

142 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 12:19:49
>>139 結局は信仰の問題かもしれませんね。
まず僧帰依の信仰があるなら、現に僧団がお経として重んじてきたものを、否定できない。
また、僧が嘘をつくはずがないので、お経に嘘はないはず。

143 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 12:22:43
原始経典でも、ブッダや神かテレポーテーションしたりしてます。
そういう不思議なことは実際あるのです。
阿弥陀仏の不思議も、不思議なままに信じればよいのです。

144 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 12:25:11
ただし、僧侶でも与えられた情報が少なければ、間違った解釈をしてしまうことはありますね。


145 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 12:29:57
>>135 口先で 南無阿弥陀仏と いえばよい 心なくして 申せるものか
だいじょうぶ。
念仏が口から出るなら、信がある証拠です。


146 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 13:08:17
>143
オカルトずきのあなたらしい発言だね。
弥陀の願力の不思議とはまったく別物。
お経に書いてあることと、畜生の通力、幻覚、妄想、詐欺師のたわ言と区別してね。

147 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 15:28:27
>>143
オカルト浄土宗では、そう言いますね。

148 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 17:35:38
>>147 じゃあ、たとえば阿弥陀仏の来迎を、どのようにとらえているのですか?

149 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 17:37:44
>>146 お経に書いてあることについてお話していまず。
ブッダはテレポーテーションできますよね

150 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 17:40:37
お経に書いてあるとおりに信じたらオカルトになるんですか?
では、どのように解釈するかをちゃんと説明してください。

151 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 17:53:11
きんもー☆

152 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 18:51:42
法然上人は、お経に書いてあるとおり、
たとえば観経に書いてあるとおりに信じて、
「そのまま」をされたのか?
お経に書いてあるままをすべて信じるなら、
法華経も、理趣経も、なにもかも、そのまま信じるのか?
何のために仏教を学んだ?

153 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 18:53:35
>>146,147
けちゃっぷの問いかけに、オレも賛同したい。
「オカルト」という言葉で、
この世の不思議な出来事を否定するんだったら、
浄土三部経の不可思議な内容を君たちはどのように
受け止めてるんだ?

154 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 18:54:41
>>149
> ブッダはテレポーテーションできますよね

テレポーションして具体的に行く先の浄土はどこにある。
テレポーションして行く先は、実体的な存在になる。

155 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 18:56:45
>>153
この世の不思議な出来事はオカルト。
浄土三部経の世界は「あの世」の経典的描写。
そのくらい区別しないと。

156 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 18:57:33
>>152 では、あなたなら、大乗非仏説について尋ねられたら、何と答えますか?


157 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 19:04:33
>>154 霊鷲山からイダイケ夫人のもとへどうやって来たのですか?

158 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 19:06:49
>>156
話をそらさずに、きちんと答えなさい。

159 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 19:13:09
>>157
経典の比喩的表現を即物的に理解するものではありません。
そういうことは仏教の講義のなかで学ばなかったのかな。

じゃあ、お釈迦様は生まれていきなり歩いて、いきなりしゃべったと、
あなたは信じておられるわけですか・・・・

160 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 19:18:13
>158 >159 僕の意見はあとでのべますが、まず他の方々の意見が聞きたいのです。
僕が意見を言うと、それへの批判や質問ばかりになり、他の方々は自分の意見を言ってくれないまま終わるのがパターンだから。

161 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 19:19:49
あと、誰が誰かわかるように、今だけでいいからコテハンになってもらえないでしょうか?

162 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 19:23:26
>>159 では、念仏による往生・臨終来迎については、どう理解すべきだとお考えですか?
単なるたとえ話ならば、選択本願念仏が自力の念仏になりかねませんよね?
しかし本願をお経のままに理解すればオカルトになるんでしょう?
他力とは何でしょう?

163 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 19:29:47
>>152 法然さんの時代には、お経をすべてそのまま信じていたのではないですか?
その上で、他のお経には誰でも往生できる方法が説かれていないから、
三部経を所依のお経に選択されたのでしょう。

164 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 19:33:15
>>154 唯識。

165 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 19:37:24
けちゃっぷへ。
今回あなたが叩かれているのは、
>143 のスタンスが叩かれているのです。
経典の中に説かれる通常の物理法則には則らないことが書かれているのを、
サイババなるトンデモ男の話と並べて、現実にあること、と述べてしまった点。
それと、私たち普通の人間の世界の話と、仏の領域(『観経』の記述だって、
仏の領域でのはなしですよ)とを区別せずに並列させている点。
もともとけちゃっぷの発想は、この二つを混同してしまってオカルトかぶれになって
いるのは、ここの常連さんたちはみんな知っているから、>143 からの流れで
叩いているわけ。

166 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 19:40:16
オカルトファンには指方立相がわからないのでしょうね。

167 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 19:40:56
>164
あなたねぇ、調子よく、空だの唯識だの持ち出すけれど、
現実にあなたは唯識無境であるという認識で生きていますか?

確かに唯識と答えたり、空だと答えれば正解ね。
ただし、正解と解釈すれば正解といっても間違いにはならない、
という程度で、毒にはなっても薬にはならない答えだわ。

体得してもない境地を概念化して述べてしまうなら、理論に関する
議論に限定しないと議論になりませんよ。


168 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 19:41:15
>>165
ということですね。

169 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 19:45:01
>>165 けちゃっぷがいくらたたかれても別にいいんですよ。そんなの気にしてませんから。
僕としては、けちゃっぷの問題で話を終わらせないでいただきたいのです。
書き込みしている皆様ひとりひとりが、どのように考え、檀家さんにどのように説くのか、
それを聞かせていただきたいのです。
人の意見を叩くのは簡単です。それより、あなたの考えをお話しください。


170 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 19:48:32
>>167さん、では、あなたは浄土や阿弥陀仏の来迎を、どのように理解しているのですか?
方便ですか?幻ですか?実体ですか?
何のために念仏するのですか?
あなたの考えを聞かせてください。


171 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 19:51:46
>>166さんは、 浄土をどのように理解し、大乗非仏説について尋ねられたらどう答えますか?

172 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 19:53:30
相手がけちゃっぷなら、適当に叩いて終わればすみます。
しかし、もし同じ質問を檀家さんに尋ねられたら、どう答えるおつもりですか?
それを聞かせてください。

173 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 19:59:38
>>171
阿弥陀仏信仰は大乗経典成立前から存在しますが、何か? と言ったら?

174 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 20:09:01
>>173 それはそれでアリですね。
で、阿弥陀仏や浄土は実在するとお考えですか?

175 :173:2005/12/06(火) 20:25:09
>>174
もちろん信じてるよ。でなきゃ、他人に布教出来ない。
けちゃっぷさんはどう?

176 :167:2005/12/06(火) 20:54:29
念仏申さずにはいられないから念仏申す。ただそれだけ。
理屈は後でくっついてきて法然上人の御言葉はそのまま得心できますよ。
だから往生も来迎も、法然上人の御言葉どおりに信じていますよ。
実体だ幻だなんて考えません。なんたって、見たことないんだからね。


177 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 21:01:17
>>155
君のいう「あの世」とは「死後の世界」ということ?

178 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 21:02:27
>>175 信じています。夢に阿弥陀様が出てきてくださいましたし。

179 :通りすがりですが:2005/12/06(火) 22:18:22
けちゃっぷさんへ
私は大乗非仏説論について、或いは阿弥陀様、浄土について
尋ねられたら
本当に仏陀の言葉であったか否か、或いは
阿弥陀仏や浄土が実在するか否か、ではなく
「私にとっては必要である」と答えます。
仏陀が凡夫の救われる道を説いていてくれなければ困る
阿弥陀様が西におわして救ってくれなければ困る
というのが信仰ではないでしょうか?
だからこそ法然上人も法爾の道理と胸を張ってお説き下さるのではないでしょうか?
貴方の姿勢は水が上から下に流れるのは何故だと思いますかと
尋ねているように思えるのですが。

180 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 22:53:41
>>179 すばらしい答えですね。ひろさちやさんも、そのようにおっしゃってます。

181 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 22:58:12
>>178
阿弥陀仏の実在は、自分の夢に出てきたことが根拠ですか。
オカルト浄土宗ではそう説きますか・・・

182 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 23:25:06
>>180 ひろさちやは、商売の匂いがプンプンするな。

183 :けちゃっぷ:2005/12/06(火) 23:41:43
>>181 夢でさえ観られるのだから、臨終には必ず来迎してくださるでしょうね。


184 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/06(火) 23:52:56
>>183
あまいなあ。
オカルトファンで、隠れ上座部ファンのけちゃっぷは、
心から阿弥陀仏の本願を信じて帰依する心が見られないから、
「南無阿弥陀仏」も心からの帰依には思えないし、
阿弥陀仏も来迎に行く値打ちがあるか、躊躇しているよ。

185 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 01:14:18
念仏往生と
「お釈迦様は生まれていきなり歩いて、いきなりしゃべった」という伝説を
同等に捉えていいのだろうか?



186 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 02:40:30
>>185
文脈を読めませんか?

経典の記述をそのまま即物的に信じて、
釈尊がトランスポートの出来る超能力者だという意見に対しての話。

187 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 02:41:40
>>186
テレポーテーションと書いてありましたね。
オカルト用語です。

188 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 08:24:19
お釈迦さまはテレポーテーションできないということですね。
では、阿弥陀さまの来迎についてはどうですか?


189 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 09:28:04
経典をそのまま信じられないとは情けない。他宗はともかく浄土宗なら、西の方十万億土を過ぎて極楽世界有ると受け取らねば。
如来の因位御修行、浄土の荘厳、弥陀の本願、正依両報、一つとして架空の話でなく真実の話。この世があるのと同様に宇宙の彼方に浄土はある。
我々はお念仏によって阿弥陀仏のお迎えのもと極楽の宝蓮台に生まれ、六神通を身につけた後この世に戻って来る。
空とか唯織とかは釈尊がインテリを浄土の真実法門に導くために説いた方便法門という立場。
浄土宗なら惑わず真実だけを語っていればいいはず。

190 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 12:33:59
>>186 あなたは、浄土三部経をどう理解しているんですか?
お釈迦さまが生まれてすぐに歩いても歩かなくても、救いに直接関係ありません。
しかし、阿弥陀仏が実在しなければ、念仏往生はどう理解なさるのですか?
別に責めるつもりはありません。色々な解釈があってよいと想います。
僕が知りたいのは、皆様がどう解釈するのかです。色々な意見が聞けたらおもしろいじゃないですか。

191 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 12:53:29
僕は…
三部経の世界に生きるつもりです。
三部経を事実と「みなして」生きます。
三部経が事実でなかったとしても、事実とみなして生きる人間の生き方はもう変わりません。
変なたとえですが、
賞味期限のわからないお菓子が棚から出てきたとする。
僕は賞味期限が切れてると「みなして」捨てる。
仮に本当はまだ食べられたとしても、
僕の捨てたという行動は変わらないし、捨ててしまってお菓子が無くなったことも変わらないわけです。
「事実とみなして」行動した時点で、もう事実かどうかに関係なく、僕の人生がそのように動きだすのです。
脳死を人の死と「みなした」時点で、本当は生きていたとしても臓器を取り出す事実は変わらないのです。

192 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 12:58:28
自殺者が往生したと「みなせば」、「おめでとう」という気持ちが自然にわいてくるのです。


193 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 13:04:58
>>190
阿弥陀仏を実在として信じるということと、
経典の記述のままに即物的に理解することとは異なります。
釈尊がすぐにかけつけて説法されたという事実があったとしても、
後に釈尊の事績を敬うあまり、経典の記述では空中を飛んできた
という事になることでしょう。
釈尊を、この世の法則に従わない奇跡を起こす超人として信じることは、
仏教を信じることの条件ではありません。
テレポーションという表現は、この世の法則に従わず、
この世で奇跡が起こる「事実」として信じるオカルトです。
経典の表現とオカルトとは区別すべきです。

194 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 13:35:32
この世の法則の全てが解明されているわけでもないのに簡単にオカルトと決めつけるわけにはいかない。
少なくとも阿弥陀仏いや大乗仏教を信じるならば人間の修行の力が成し遂げる広大な誓願力を信じなければなるまい。
諸仏がそれにより十方の浄土を建立し、阿弥陀仏が極楽世界を建立したところの誓願力は人知を超越している。
六神通も含めて軽々しく嘘だとか言えない。

195 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 17:33:45
>>193 釈尊は人間扱いでいいでしょう。
では、阿弥陀仏については?
仏の智慧と慈悲を擬人化した喩え話にすぎない、とか?

196 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 17:49:31
それか、三部経の内容をイメージすることが、平等の慈悲をイメージすることになるという、
慈悲の瞑想の一種であり、実在しなくてもイメージすることが修行になるのでしょうか?
だとしたら、自力の念仏になりますが。

197 :194:2005/12/07(水) 19:26:33
現代の科学力では宇宙の彼方の極楽世界の存在を確認することはできない。
しかしいつの日か必ず発見されるだろうし、そうして往生の仕組みも開明されれば
人類の生死に関する観念に全く新たな地平を開くだろう。
富野監督の「伝説巨神イデオン劇場版」ラストシーンと聞いてピンと来る人なら、
往生という宇宙規模の壮大なドラマに思いを馳せることができるだろう。

198 :167:2005/12/07(水) 19:57:05
>188
なんでもかんでも、あれかこれかの二者択一にしちゃうのが論理的間違いを犯す理由の一つね。
>190
どういう意味かは別として、阿弥陀仏の救いがある、と信じていなきゃ、浄土教の信者ではないですね。
あなたのオカルト浄土教は、阿弥陀仏やその救いを実体視して、それを空や唯識という言葉で
誤魔化すからおかしくなってるのにいい加減気づきなさい。

>193
基本的に仰ることはその通りですね。でも、けちゃっぷは絶対に理解しようとしないですから、徒労におわる
かもしれませんよ。
でも、他のROMの人にはいい答えだと思います。

199 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 20:23:43
>>198 なるほど。
で、念仏による阿弥陀仏の救いとは、何だとお考えですか?

200 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 20:35:48
救いがある、救いを信じている、というなら、
どのような救いだと考えているのでしょうか?
誤魔化さないで、考えをのべていただきたいです。

201 :167:2005/12/07(水) 20:38:49
>176で答えていますよ。

202 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 20:48:27
けちゃっぷ様。疲れると、お念仏したくなることがありませんか?

203 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 20:55:21
>>202 念仏していないことに気付いたら、念仏したくなりますよね。


204 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 21:00:53
>>201 あ、あれ>167さんでしたね。失礼しました。
基本的には、同感です。
では、大乗非仏説について尋ねられたとき、お経や法語のままに信じていますと答えたなら、
結果的に、けちゃっぷと言ってることが同じように聞こえると思うんですが。


205 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 21:14:42
>204
だからさ、あなたは即物的に言葉を捉えてしまっているから、
お経の言葉をテレポーテーションと置き換えて平気なわけね。
もっといったら、経典の言葉、たとえば、涅槃経にでてくる話で、
パータリプトラでお釈迦さんがガンジスを飛び越えたという話と、
サイババを同列にしちゃうといったことをして平気なわけね。
そしたら、オウムのなんとかというデブと釈尊は同じだよ、とならない?

空を間違って理解してしまったのは、手の施しようがないんですよ。
あなたがその実例なんです。私としても困っているんですよ。
あなたとは、名無しでの付き合いが長いから、なんとかしたいんですけどね。
むしろ、まったくわからない、というのが救いようがあるわけで。

206 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 21:15:26
う〜ん。どうなんでしょうね。

釈尊がテレポートした・・・つまり、六神通を持っていたということですよね。
いまは、教えのみ残る末法だから、既にそんな力を持つことは出来なくなっているけど、
釈尊の時代、さらには法蔵菩薩のいた時代には人でも修行しだいで六神通を得れた・・・
そういう考え方もありだと思います。

207 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 21:23:12
>>205 言葉は所詮言葉ではないですか?
ですから、言葉でテレポーテーションと言っても、テレポーテーションは空でしょうに。
凡夫の生きる世界は、概念と観念の世界です。言葉の世界です。


208 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 21:29:26
>>206
いや今だって極楽で六神通を得て苦の衆生を救済するためこの世に戻っている
還相回向者たちがたくさんおられるはずだ。
特に江戸時代以降浄土宗の拡大とともに浄土宗僧侶によって戒名つけられ浄土に向けて
引導渡された人たちが数多くいる。浄土が居心地良すぎてあんまりこの世には帰って来て
いないのかも知れないが。

209 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 21:31:40
テレポーテーションも阿弥陀仏も、雨や風や人間も、空ですよね?
日常生活で見聞きするものは、すべて空なる妄念ではありませんか。
「人間」が実在することも、信じてはいけないのですよ。
それを信じてしまうのが妄念なのです。
言葉で表現されたものは、すべて空である夢物語です。

210 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 21:35:30
>209
ところがどっこい、そうは思ってないのよね。あなたも僕も。

211 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 21:35:43
では議論終了〜
議論する意義ナ〜シ

212 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 21:38:59
>>210 念仏以外から念仏にもどる時に、一瞬だけそれを思いだしますね。
あ、また念仏を妨げる妄念に溺れてしまってたなぁ、って。
無間の念仏を、妄念が妨げます。

213 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 21:44:01
>209
>「人間」が実在することも、信じてはいけないのですよ。
人間に「」をつけた理由を説明してください。でないと、レスがつけられません。

214 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 21:44:53
>>212
念仏行は空ではないんですか?

215 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 21:48:41
>>213 「人間」という言葉で示された対象のことです。

216 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 21:58:40
>>214 空です。


217 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 22:02:46
>215
それじゃ、逆だよ。目の前で死んでいく人間、歓喜に溢れた人間、いるじゃない。
それがいないとでもいうの?
かってに自殺しておめでとうとでも言っていなさい。
その発言の結果には一切私は責任はもちませんよ、もちろん。

218 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 22:07:22
>>216では阿弥陀仏までもが空なのか?

219 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 22:08:31
>218
空です。もちろん、けちゃっぷがいう「空」ではありませんが。

220 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 22:12:34
>>219
けちゃっぷの言う「空」との違いは?

221 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 22:14:47
>>218 空ですよね。

222 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 22:17:05
>>217 識がつくる幻です。幻が紡ぎだす物語です。

223 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 22:18:39
>220
けちゃっぷがいう「空」は「空」という実体なんですね。
「ない」というじったいが「ある」んです。
だから、けちゃっぷが「あみだぶつは空だ」といったら、「阿弥陀仏はない」という実在があるという意味になるんです。

224 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 22:20:01
>222
はいはい。そうすると、だれがどんなに苦しんでいようが、幻がつむぎだす物語によってくるしむわけね。
栃木で酷い目にあって殺された少女がいたでしょ。彼女の苦しみ、彼女の両親の苦しみも
幻がつむぎだす物語だというわけですか?

225 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 22:23:55
>>224 まぁ、そのとおりです。
ただし、空なる妄念を克服しなければ、そのような苦しみの相から解脱できませんが。


226 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 22:26:47
>225
>まぁ、そのとおりです。
というのは何がその通りなのかな?

>栃木で酷い目にあって殺された少女がいたでしょ。彼女の苦しみ、彼女の両親の苦しみも幻がつむぎだす物語
というのがその通り、というのなら、どうして菩薩にとって空の体得が不可欠なのか頭の中だけでも理解できていないと
白状しているようなものなんですが。
目の前に、苦しんでいる人がいる、そのことは事実です。


227 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 22:27:40
>>223
非常に難しいですね。
丁寧な回答ありがとうございます。

228 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 22:33:56
結局何が言いたいのかよく分からん議論になっているから、
とりあえず、念仏して寝るわ。おやすみ☆

229 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 22:45:14
>>226 事実ですね。で、その事実は空ですよね。
事実から抜け出すのは難しいので、念仏して往生するという新しい事実に移動すればよい。

230 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 22:45:44
念仏の教えは本当に現代日本人に適う教えだろうか?

地球規模の眼差しで信仰を眺めた時、
念仏の教えだけが究極の信仰だとはいえないよな。

結局、
浄土宗の寺の跡継ぎの道として念仏の教えを支持してるというのが
念仏信仰してる大きな理由だろう?

一般人にとって、念仏の教えとかどうでもいいというのが
本音だと思う。



231 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 22:47:17
>229
はぁ?意味不明。まったく別のことを牽強付會しているだけ。

232 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 22:47:44
我々は何のために念仏の教えを流布しなければならないんだろう?

233 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 22:50:23
>>230 仏教は、人生の苦悩を消すための教えですから、
現代の日本人でも、苦悩ある人は仏教で苦悩から救われます。
その仏教のひとつが、念仏です。


234 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 23:03:05
>>232 不幸を消すためでは?

235 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 23:15:23
>>232
別に流布はしなくてもいいんじゃない?
まずは自分のために念仏する。

で、念仏による満たされた生活がおくれるようになったときに、
人生等に満たされない人から相談をされたら、
念仏を勧める。強制ではない。こういう選択肢もありますよって。

236 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 23:19:51
>>233
現代日本人の苦悩を、仏教や念仏が解消しているかい?
何を根拠にそれを確信できるんだろう?
自殺者約3万人の現代日本なんだよ。

念仏にそれだけの力があることが本当に認められていたら、
日本だけでなく世界中に念仏が広まっているでしょう。
現実はそうでないことを示している。

けちゃっぷくんは、何をもってそれだけの断言をするんだい?

>>234
念仏で「不幸が消える」? 

葬式仏教以上でもなければ葬式仏教以下でもないのが、
現代日本の仏教というのが現場の感想だ。



237 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 23:34:02
そうじゃない。
自分の不幸を差し置いても人のために尽くす。
人のために尽くすのに慈悲・金銭・労力等あるが、念仏の道に引き入れるをもって究竟となす。
自分の苦を解決しようとも思わず、一生駆け回って一人でも多く浄土に引きずり込み道連れにできれば、死ぬときは幸福。

238 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 23:39:45
創価もそう思って勧誘してるんだろーな

239 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 23:44:07
>>236 僕自身もそうですが、阿弥陀仏の教えで救われたという知人がいますよ。
一般の若者ですが。

240 :けちゃっぷ:2005/12/07(水) 23:47:22
葬式仏教ではなく、ちゃんと布教すれば、救われる人も増えるのにね。

241 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 23:52:54
>>239
一人の知人の例だけで、大言するだけの根拠にはならない。
本当に、念仏に現世での苦悩に対する救済力があるならば、
率先して多くの老若男女が念仏信仰を実践するだろう?

どうだい?

242 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/07(水) 23:57:59
>>240
「ちゃんと布教」って、
けちゃっぷくんは自分が「ちゃんと布教できる」僧侶だという自信が
あるのか? すげぇ〜な。

布教行脚して日本中を布教してほしい。よろしくお願いします。

243 :けちゃっぷ:2005/12/08(木) 00:01:32
>>242 自信はないですが。
しかし、モルモン教のレッスンに通って、彼らの布教ノウハウを少し学びました。

244 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/08(木) 00:25:20
>>243
将来的には浄土宗布教師会に参加するとか?
布教の旅にでるんですか?

そういう意志表明を聞きたい。

なぜ、浄土宗の布教師会ではなく、モルモン教なのか?
疑問です。

245 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/08(木) 00:29:18
>>243
じゃあ二人組みで自転車に乗って
「あなたは阿弥陀仏を信じますか?」とか言って勧誘したら?
「阿弥陀仏はテレポーションも出来る超人です」と付け加えるのも忘れないように。

246 :けちゃっぷ:2005/12/08(木) 00:36:47
>>245 彼らは、イエスの復活も、ジョセフ・スミスが神に出会ったことも、自信まんまんに説きますよ。
それと、信者さんとお話したのですが、
宣教師がわざわざ自費で外国にまで布教に来ている姿を見て、
あそこまで本気になる教えなら本物なのかもしれない、と思ったそうです。
少なくとも、金儲け目当てだとは思われずにすんでいます。

247 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/08(木) 00:46:39
浄土宗の布教師は、変に型にはまっている。自分の考えを言えないのか
主張のない布教のなんて、何の意味も無い。

248 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/08(木) 01:28:17
>>247
そういう君は布教師会に参加したことあるの?
批判するのはいつの世でも簡単だよ。

249 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/08(木) 01:30:38
けちゃっぷくん、
是非、行脚して、君の信じる念仏布教を示してください。
一日も早く、葬式仏教を変える潮流を生み出してください。

250 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/08(木) 01:33:19
>>246
人の命を奪うことも出来るほど本気になれるオウムは本物だったのでしょうか。
統一教会で教祖が決めた相手と結婚できるほど本気になっているのを見て、本物だと思うのでしょうか。
新宗教の教祖はみんな自信満々、洗脳された信者も自信満々。

251 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/08(木) 03:09:17
他のお寺はしらないけど、
仏教の名のもとに、
高額のお布施を頂いて家庭を養い生活していくっていうのは
罪作りなのかなぁと思うことがある

252 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/08(木) 03:11:44
>>250
釈尊は初転法輪の時以来、
自分の教えに自信に満ちあふれていたのでは
はないの?

253 :けちゃっぷ:2005/12/08(木) 08:26:13
>>250 そういえば、統一協会からモルモンに転向したという信者さんにも、会いました。

254 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/08(木) 17:58:06
浄土宗の場合、百千万億の仏が後光を輝かしながら空中に現れて「念仏しても往生などできぬゆえ信じるなかれ」と言われても、それをはねのけて信じなければいけないんだ。
仏にも菩薩にも言い負かされない金剛の自信を持って、他宗外道や親兄弟が束になって来ても打ち破られてはならない。そうそう深い信念。

255 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/08(木) 18:24:35
>>254
君の話を聞いてると、
「念仏が口にでれば」それは信の証程度のものじゃ
全く歯がたたない。ってことを痛感する。

念仏に取り憑かれて、心の自由を失った状態が、ホントの信仰なのか?

256 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/08(木) 19:29:02
経典の比喩的表現をテレポーションなどと即物的に理解するなら、
三千大千世界を覆う、巨大な「舌」の話を檀家さんにしてあげれば?
CGで映像化してあげれば、よく理解できると思うよ。

257 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/08(木) 23:50:35
愚者ぐしゃです。

実はちゃんと読んでません。
でも、ここ最近のけちゃっぷさんにはちょっと無理を感じます。
「自殺して往生おめでとう」までは理解できぬではありません。
しかし、殺された人の苦を「空」というのは、現実論としても原則論としても
無理があるように思えます。

確かに遺族の苦を「空」とするのはよいことかもしれないけれど、
それは「虚無主義」としての「空」になりかねません。
「空」ではなく「空性」です。「空性」を「空」と訳したところに玄奘の
誤りがあったという自論を繰り返しておきます。


258 :けちゃっぷ:2005/12/09(金) 02:48:15
>>257 愛欲があるから憂いが生じる。
地球のどこかで3秒に1人子供が死んでいる。なのに3秒に1度の悲しみが起こらないではありませんか。
仏は、喜びに浮かれることもなく、悲しみに打ち拉がれることもありません。
夢から覚めたら夢の内容に悲しんでいないように。
どんな悲しみも夢のように空だから、
悲しみの夢から覚めることができるのではないでしょうか?


259 :けちゃっぷ:2005/12/09(金) 03:01:39
>>256 では、どのように理解するべきなのか教えてください。
臨終に阿弥陀様が来迎するという記述も、実際に来迎するのではないということですか?
「あぁ、できることならおまいらの臨終に来迎してやりたいぜ」ってくらいの強い慈悲が仏にはあるよ、
という喩話ですか?
あと、舌の話ですが、舌を出した仏の相が三千大千世界に遍く満ちるという理解は間違いでしょうか?


260 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/09(金) 09:25:57
>>258
他人の苦しみを見て自らも苦しむから菩薩なんでしょ。
大乗の慈悲が理解できなければ、
念仏など理解できるはずがありません。
3秒に一人子供が亡くなれば3秒ごとに親兄弟の悲しみがある。
あなたがそれを悲しまないことと、
親兄弟の現実の悲しみとは何の関係もありません。
むしろ仏教者として、それを悲しめないことを恥じるべきです。
悲しまないでいられることを恥じるところに凡夫の自覚が生まれる。
わたしは、そのように考えます。

261 :けちゃっぷ:2005/12/09(金) 12:26:29
>>260 慈悲と、嘆き悲しむ憂いとは、違うのではないでしょうか。
菩薩まで悲しんでいてはいけないのでは?
釈尊の死期が近づいて、アーナンダが嘆き悲しんだ時、
釈尊は悲しむなと教え諭されました。
悲しむ必要はないと、無常を説きました。それが釈尊の慈悲でしょう。
悲しむ者を悲しませたまま放っておくのではなく、
悲しまなくてすむ法を教えるのです。
悲しみから救い出すのを仕事とする菩薩が、
一緒になって悲しみに溺れてはいけないでしょう。


262 :けちゃっぷ:2005/12/09(金) 12:37:43
釈尊は、私が亡くなっても私の説いた法は永遠だよ、と言ってます。
また、法を見る者は私(仏)を見るとも言われました。
法華経の久遠の釈迦は、このような思想をデフォルメしたもんでしょう。
しかし、結局法を学べても悟れなければ意味がありません。
南無妙法蓮華経は自力の念仏ですね。自力だから、法華経はただの比喩的表現だと思ってもさしつかえない。
しかし他力浄土門では、三部経は書いてあるとおりが事実でなければ、往生がかなわなくなります。
ただの喩え話だと理解してしまったら、自力の念仏になってしまいます。

263 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/09(金) 13:09:41
>>259
> あと、舌の話ですが、舌を出した仏の相が三千大千世界に遍く満ちるという理解は間違いでしょうか?

間違いです。「相」が覆うとは書いてありません。
広長舌相を出して、三千世界を覆うと経典に記述があります。
大きな舌を出して、その舌が三千大千世界を覆うという意味に変わりはありません。

即物的理解が、経典の記述には適さないことを、いいかげんに理解してください。

264 :けちゃっぷ:2005/12/09(金) 17:27:36
>>263 理解はしているのですが。(なぜなら僕もはじめはあなたのように考えていたので)
往生や来迎については、どう理解されているのですか?

265 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/09(金) 19:03:51
愚者です。俗人で仏教のことは知りません。
どうぞ宗論をお続けください。
ただ、私はどこかで、「悲しむこともまた、嘆き泣き叫ぶこともまた」「慈悲」なのではないかと思っています。

小さい我が子を殺された親の嘆き、悲しみ、怒りを「消したい」として「空」といっておられるの
かも知れませんが、本当は、ずっとずっと深いところでは、それが「消えていくこと」と「消す」
ことの間に大事な違いがあるのだと思います。

犯罪ではなく、自然災害や、病気だったら? もちろん、親は嘆き悲しむでしょう。
しかし、「あ、死んだか? これも運命だ」と、我が子の遺体をゴミ箱に捨てて処理するような
人間が人間でしょうか。

もちろん、そちらを指しての話ではないと思いますが、そう取れなくもありません。

悲しみや苦痛も仏の慈悲だと、そうは思いませんか?


266 :けちゃっぷ:2005/12/09(金) 19:15:53
>>265 インドでは、遺体を河のそばで焼いて、
残った灰をホウキでササッと掃き散らして、
ハイおしまい、だそうです。
生のままゴミ箱に捨てるのは衛生的に問題があるでしょうけど。


267 :けちゃっぷ:2005/12/09(金) 19:19:13
>>265 たしかに、人情として言いたいことはわかります。
自分と一緒に泣いてくれたらうれしいもんでしょう。
でもそれは、自分だけえこひいきしてもらったら嬉しいのと同じで、煩悩に由来する喜びではありませんか?


268 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/09(金) 22:16:05
愚者です
>>266-267
仏教は、苦痛を取り除いてはくれるけれど、生きる意味までは与えてくれない
今、被害者の親の手紙が読まれていて、そんな苦痛も慈悲なのかと言われそうだけど、
「苦」がないのが至高の常態なら、「なぜサッサと苦のない世界に行ってしまわないか」という
問題に答えられなくなりますよ。

本人はそれでよくても、残されるものに苦をあたえることにはなりませんか?
そしてその「苦」も虚無主義でササッと掃き散らしてしまえばよいのでしょうか?



269 :けちゃっぷ:2005/12/10(土) 02:23:40
>>268 お釈迦様は、教えを求める人に応えるために、この世に留まっていたのです。
菩薩の場合は、利他の誓いを実行するために、この世に留まるわけです。
この世に留まって何をするのかというと、
ホウキでササッと苦しみを掃き飛ばす方法を説くのではないでしょうか。


270 :けちゃっぷ:2005/12/10(土) 02:32:33
生きる意味は、他人のためということになります。
「借金」を返すため、恩返し、罪滅ぼし、責任を果たすため、というのもあります。


271 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/10(土) 22:06:43
けちゃっぷ君、愚者さんの思いにはきちんとレスしたほうがいいよ。
実際、法務の上で一番語るべきは愚者さんの思いに対することなんだよ。

けちゃっぷ君に対する批判をしている人たちは同じ思いを持っているとおもいます。

272 :けちゃっぷ:2005/12/11(日) 01:00:46
>>271 答えたつもりでしたが…

273 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/11(日) 21:54:36
また、集団自殺が兵庫の方で起きたな。
念仏を称えていたら自殺しないで済んだのだろうか?
善導大師が自殺未遂で悶死したのは事実なの?
日蓮正宗のHPでは浄土宗バッシングのネタにしてる。

274 :けちゃっぷ:2005/12/11(日) 21:59:45
善導大師の自殺は史実ではなかったんじゃないでしょうか。
善導大師は阿弥陀仏の化身ですしね。

275 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/11(日) 22:27:56
>273
自殺未遂で悶死の方がましかもしれないよ。
Aさん「念仏申したら往生しますか」
善導「往生する」
Aさんは直ちに木に上って投身自殺しましたとさ(『唐高僧伝』)

けちゃっぷ君はAさんの遺族に対して、やっぱり「自殺してておめでとう」というのかな。

276 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/12/11(日) 22:30:11
>>273
ほう。それはどこのHPだね?
URLを教えて。

277 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/11(日) 22:31:22
はきいさん、いつもここをヲチしてんの?

278 :けちゃっぷ:2005/12/11(日) 23:19:37
>275 言わないですよ。

279 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/12(月) 00:23:44
>>276
http://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/html/jyoudo.html
ここだよ。

280 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/12(月) 00:46:47
愚者です
私が仏教に深く興味をもったのは今年なのですが、
「苦」に対しては執着を捨てるという方法で大変救われました。
また、「倶会一處」という観念でもどれほど楽になったか知れません。

苦を取り除くだけでも仏教は大したものだと思っています。
だから基本的にはけちゃっぷさんの意見に異をとなえるものではありません。
いや、むしろ「他人の苦をのぞくために生きる」というのはそれ自身素晴らしい
生きる意味なのかもしれません。

そうですね・・・前にテレビで取材されていた浄土宗のお坊さんも、登校拒否の
女の子を目の見えない夫婦のところに連れていくところから始めていました。

女の子「ボランティアがやりたいの」
僧「笑顔になることも、元気に挨拶することも、ボランティアなんだよ」

やはり、理論ではなく、実践の場にあてはめていくのがいいのかも知れませんね。

先日、真宗の方の葬儀にゆきましたが、南無阿弥陀仏を心から称えることができました。
そういう時は十念でいいのかどうかわかりませんが、念仏の存在に感謝できました。

それではお続けください。


281 :けちゃっぷ:2005/12/12(月) 00:51:53
>>280 あの番組、僕も視ました。

282 :けちゃっぷ:2005/12/12(月) 00:58:37
>>279 おもしろいホムペですね。
阿弥陀仏は架空の仏だと書いてました。
実在したゴウタマ・シッダールタを久遠の仏だと呼ぶのも、
善導大師を阿弥陀仏の化身と呼ぶのも、
同じことです。
善導大師が実在したということは、阿弥陀仏が実在したということです。
地球の歴史上に、阿弥陀仏は実在しました。

283 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/12(月) 01:03:23
>>280
愚者さんのような方こそ、浄土宗僧侶になってほしいものです。
私のように両親への恩愛から不本意に、
僧侶になってその日暮らししているような輩はよろしくない。


284 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/13(火) 00:02:28
不必要に乗らないようにしてますが愚者です。
>>280
あの番組を見て、24時間体制で利他行を行っているお坊さんの
エネルギーはどこからくるのかなあ、と思いました。
普通の人があんなことをしていたら「一銭の徳にもならないのに、
なんでこんなことをしなきゃならないんだ」と思うことでしょう。
たまにテレビが来ても、なんだか素材に文句をつけて(確か、ホスト
のネタが没になったりしてたはず)見物だけして去っていく。
キレイなレポーターのお姉さんが来ても煩悩を満たせるわけでもない。

でも、ブラウン管を通して見ても、あのお坊さんは生きる意味と力に
溢れていました。

あの時、番組スタッフのサイトを見て「私はあの時聞いた一言を思い
出して泣きました」という一節がありました。おそらくは280に引用した
言葉でしょう。どうしたってシンドくて、辛くて、時に不条理に報われな
い人生の日々だったとしても・・・そう、大きな声で挨拶するだけでも
人に元気を与えることができるのだと、そのスタッフは気づかされたのでしょう。

その元となったあのお坊さんは(名前を調べればすぐ出てくるんで
しょうけどね)そんな短期間の出会いだけで人の人生に影響できるほどのエネルギーが溢れているわけです。

その源泉はやはり阿弥陀如来なのでしょう。別に大日如来でも
法華経でもいいと思いますが、まあ、他宗を攻撃することに使う
エネルギーがあったら元気に挨拶したら、と言いたくなりますね>>279

ただ、あのお坊さんの話しを浄土宗の知り合いにしたら、なんか話をそらされてガッカリした覚えがあります。

私は自分に求める以上のことを聖職者に求める気はありません。

人の喜びのために生きることは最も喜ばしい生きかたなのでしょう。


285 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/13(火) 00:30:28
今夜は冷える。
若い女性の肌が恋しい夜だ。

286 :けちゃっぷ:2005/12/13(火) 12:37:53
>>284 学生の時お世話になったお坊さん(西山浄土宗)も、
社会福祉に力を入れて活発に活動されていました。
自分も将来ああなりたい…と思ったものですが、なかなか1歩が踏み出せませんね。
たぶん、1歩踏み出せば、どんどんやるべき仕事が見えてきて、背中を押してくれるのだと思います。
もちろん、専業でないとできないことが多々ありますが。
浄土宗青年会の活動にしても、ほとんど平日なので、
参加できる専業の方はどんどんレベルアップしていき、
兼業の者はおいてけぼりのような気がしてしまいます。

287 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/13(火) 13:44:13
浄土宗僧侶が最近犯した犯罪って何かあるかい?
日本の僧侶全体では、放火、レイプ、盗み、暴行ってあったね。
禅宗系が多いみたいだけど。

288 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/13(火) 20:05:32
>>286
レベルとか考えるのはお坊さんらしくないね。


289 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/13(火) 23:42:19
お坊さんは能力不問、一切平等とでもw?

290 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/14(水) 00:47:00
念仏を通して『まっとうに生きるとはどういうことか』を伝えることができますか?

291 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/14(水) 01:18:44
六万、十万の行者とか、五体投地礼拝念仏全国巡礼行者なんかは
もはや社会人としてはまっとうではない感じだが、坊さんとしたらそれもありなのかな?

あと念仏は数多くしてるけど意地悪、ケチ、性悪、癇癪、暴力、セクハラ、人権無視の人がいたら、
これはどうなんだろう?
たとえまっとうに生きなくても念仏すれば、必ず最後は阿弥陀さまが救ってくださるとういこともあるんじゃないかな。

292 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/14(水) 01:28:02
念仏信仰の盲点だな。
悪事をしても念仏すれば後生は救われるといういことを
公言してしまうと、
性悪な奴はいくらでも悪事を働いては念仏すればいいと
都合のいい解釈する。
この盲点はどう補われるようになってるんだろう?

293 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/14(水) 03:10:06
>292
>性悪な奴はいくらでも悪事を働いては念仏すればいいと
>都合のいい解釈する。
という奴は昔からいた。しかし、宗義上は×。
往生は三心具足の念仏によって可能となるのだが、そのような
悪者に都合のいい解釈では、完全に信機が欠落することになって
しまうので、三心不具足となるから。

現在の浄土宗でこの点をきちんと説く人はほとんどみあたらないけどね。

294 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/14(水) 05:07:47
三心具足の念仏か否かの判別はできるのか?

295 :けちゃっぷ:2005/12/14(水) 12:38:50
>>292 仏教への信仰が強くなるにつれて、
善を心がける気持ちも強まるでしょう。
そのためには、僧侶が念仏だけでなく基礎仏教のお話も説くべきですね。
ブッダの教えを聴いて、それでも尚、
念仏してれば悪を行なっていいと考えるならば、
それこそ下品の凡夫です。
そういう人こそ、念仏で救われなければ他に救いがありません。
悪人でも往生できると知りながら、
しかもブッダに憧れて悪を止めようと心がける。
そのような魅力が、仏教にはあるはずです。
悪人救済を説きつつ、悪人が少しでも善人に近づくように、
善をめざす道心を与える力がある仏教を、説き続けるべきです。


296 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/14(水) 13:00:35
念仏の数にこだわれば、滅罪のための念仏、呪文の念仏になる危険がある。
そこからは「性悪な奴はいくらでも悪事を働いては念仏すればいい」との、
都合のいい解釈も生まれてくる。

それが信の欠落した念仏の問題点。

念仏をしていれば信が生まれるのではなく、
信から生まれるのが念仏。

297 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/14(水) 18:19:28
>295
>それこそ下品の凡夫です。
>そういう人こそ、念仏で救われなければ他に救いがありません。
下品の凡夫には違いないでしょうが、その性根が治らない限り、
念仏によっても救われないはずです(救うのは阿弥陀仏ですので
断言はできませんね、はい)。

前から多くの人が指摘しているとおりですね。
あなたは法然上人が何を悩んでいたのか、念仏でどうして救われたのか
まったくわかっていない。

忠告します。一切の説法を止めるべきです。

298 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/14(水) 21:20:46
いくら念仏しても、信心できなければ往生できないということですね。
信心の結果自然に口をついて出るのが念仏であって、念仏の力で往生すると思うのは間違いと言えましょうか。

299 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/14(水) 21:44:24
今日、泉岳寺へ行ってきました。
人殺しの赤穂浪士なんて好きじゃないんですが、仕事の関係です。
で、切腹した場所っていうのにも行きました。
前にも来たことがあるのですが、今年はちょっとちがっていたのは
「十念」ということを覚えたからです。
ただ冥福を祈るだけでなく、南無阿弥陀仏を10回称えると、なんとなく
一区切りついた気がするのです。
人から見るとかなり熱心に冥福を祈っている感じに見えるでしょう。

いや、人から見えるのはどうでもいい、どんな人生も最後には浄土に安らげる
という気持ちが人殺しの殺伐とした物語を和らげてくれるような気がしたのです。

「念仏唱えたら悪行したって極楽へ行ける」もともと念仏往生というのは、悪行を
しなくては生きていけないもののためにあったものでしょう。その人が「この悪行を
しなくては生きていけない」と思ったらその通りでしょう。たとえば姉歯建築士です。

しかし、悪行を続ける限り、現世に安らぐ場所はありません。ただ、浄土に迎えられる
という安心感が悪行を捨てさせる契機となるのを願うばかりではないでしょうか。

むしろ罪を重ね続けるのは「念仏すらできない人たち」だと思います。

少なくとも念仏する時、自分は悪行を行っているのだという自覚だけは持てると思います。

あとはその人の慈悲心が起きることを期待して、念仏をすすめる他ないのではないでしょうか?

今や小さい子の親は「人に道を聞かれたら逃げろ」と教えているそうです。法律は「性悪説」に
基づくものに改悪されていくでしょう。

せめて宗教が人間の仏性を信じなくてどうするのか! と言いたいです。


300 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/14(水) 22:41:41
>298
往生は阿弥陀仏の力によります。信心の結果自然に念仏が口からでようと、念仏を申すうちに信心が
具わろうとどっちでも違いはないと思います。結果的に三心具足の念仏となりさえすればいいのですから。

>299
>もともと念仏往生というのは、悪行をしなくては生きていけないもののためにあった
>少なくとも念仏する時、自分は悪行を行っているのだという自覚だけは持てると思います
その通りだと思います。自分の行いを悔い改めようとする気持ちがあること、過去の行為は
決して償えないものであるとの自責、しかし同じことをやらかしてしまうかもしれない、という自分に
対する怯え、それらが念仏を申さずにはおれなくさせるのです。


301 :けちゃっぷ:2005/12/15(木) 00:46:06
>>297 悪人が簡単に悪人を辞められないことを、
法然さんはよくご存じだったのでは?
遊女に対して遊女を辞めないと往生できないとは説きませんでした。
できることなら辞めなさいと、仏教本来の立場で諭した上で、
辞められなくても念仏で往生できるという命綱は、
ちゃんとつなぎ留めておきましたよね。
善人は善人ながらに、悪人は悪人ながらに、念仏すれば救われます。
しかも、できるだけ善人をめざすのが仏の教えなのだと教えるのです。


302 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/15(木) 00:47:57
浄土宗青年会では教区や支部によってその活動は多種多様だと思うが、
親睦を深めつつもお互いの自己研讃、重要な交流の場として有意義なものに
なってほしい。お寺は自営的性質がつよいので、
「井の中の蛙」のような日々を送らなければならない。
話し合い、行動し、これからの浄土宗の寺のあるべき姿の指針を見い出せたらいいなと思う。
2ちゃんねるの匿名性に隠れて、ホンネを吐露することができるが・・・
浄青の支部会でもこういう話ができたらいいとつくづく思う。

303 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/15(木) 00:50:12
>>301
その遊女は入水自殺をしてしまいましたよね?
法然上人は自殺しないように換言しなかったのでしょうか?

304 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/15(木) 00:57:43
>301
あなたは
>念仏してれば悪を行なっていいと考えるならば、
>それこそ下品の凡夫です。
と仰っている。悪を行ってはならないというのが大前提です。
しかし、やってはならぬと分かっていながらやらなければ生きていけない、
そんな私が救われるはずない、と絶望しているからこそ、お念仏なんですよ。

ちがいが分からないならあなた、よっぽど重症だよ。

305 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/15(木) 01:33:02
信心の結果自然に口からお念仏が出るのと、念仏申すうち信心が具わるのと、その違いがわからないのも問題じゃないですか?
念仏しながら信心具わらず、往生決定する前に死んでしまったら、それまでの念仏は無駄になりますよね。
しかし一たび信心具われば、口から念仏出る間もなく死んでしまったとしても決定往生ですね。
阿弥陀仏の力で往生させて頂けるからこそ、それを信じることが根本ではないでしょうか。信心させて頂くうちに自然に如来様に感謝の気持ちが育まれ念仏として表現される。

306 :けちゃっぷ:2005/12/15(木) 01:44:18
>>304 絶望したままじゃ救いにならないでしょ。
悪を行なってはならないと知って、
それでも悪を止められないと気付いて悪人の自覚を持ち、
しかしそんな悪人でも救われるんだと、希望と幸福を感じるのです。


307 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/15(木) 01:46:29
>305
浄土宗では(というより法然上人は)そんなややっこしいことは言わないよ。
でもって智具の三心、行具の三心、いずれも浄土宗義ではありです。
報恩感謝の念仏は、板ちがい。
信心信心って一体どういう信心だい?

308 :けちゃっぷ:2005/12/15(木) 01:52:23
>>307 念仏すれば往生できるという、単純な信仰でいいと想います。


309 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/15(木) 01:53:02
>306
きちんと読めよ。絶望しているからこそ、お念仏で救われるのよ。
でもね、それでも自分の過去の行為が帳消しになるわけではない、と思うわけ。
それ故一層絶望も深まる。
だから阿弥陀仏が迎えとってくださるわけね。

きっと法然上人は遊女に対して澄ました顔して念仏申したらOKなんていってないと思うよ。
彼女と一緒に絶望しつつお念仏で救われると信じて彼女にお念仏をすすめたのだと思うよ。


310 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/15(木) 02:04:23
>306
「八十億劫生死の罪を滅す」なんて言い出したら
いったいどれだけおめでたい香具師なんだと笑ってやろうと思ったが、
さすがにいいださないね。

311 :けちゃっぷ:2005/12/15(木) 05:27:49
>>309 過去の罪は、往生の支障にならなくなるのでしょうね。
それにしても、絶望はどうしても往生に欠かせない要素なのでしょうか?
臨終間際に、意識が朦朧となりながらかろうじて仏名を称えた人でも、往生できます。
絶望云々を考える暇もない場合もあるでしょう。
また、その最後の1念と思われた人が、縁あって命長らえたとしたら、
あらためて、絶望しなさいというのでしょうか?
むしろ、希望をもって道心をおこし、
少しでも善人に近づくように挑戦しつづける人生であってほしい。
煩悩に負けても負けても、
仏教を知ってしまった私だからこそ煩悩に挑戦できるのだと、
前向きに生きてほしい。
絶望を強調して後向きに生きるのではなく、
念仏を希望にして前向きに煩悩に挑戦してほしいです。
この1念は最後の1念になるかもしれないので、
絶望に酔い痴れるぐらいなら、念仏すればいい。
それで生き永らえたら、希望をもてばいい。

312 :けちゃっぷ:2005/12/15(木) 05:36:49
1念で往生が決定した人は、
もう極楽(阿弥陀仏のサンガ)に片足つっこんだ修行者です。
過去の罪は滅して絶望する必要はないのだから、
絶望してる暇があったら修行すべきです。
いずれ阿弥陀仏にまみえるのだと自覚し、
阿弥陀仏の弟子になるのにふさわしい生き方を、意識すべきでしょう。


313 :けちゃっぷ:2005/12/15(木) 05:43:34
煩悩の悪魔は、次から次に無数に襲ってきます。
その1匹の攻撃をくらってしまったからといって、
立ち止まって嘆いている暇などありません。
次の悪魔、また次の悪魔を、どんどん撃ち続けねばならないのですから、
とても忙しいのです。
六根からの刺激が妄念となって、無間の念仏を妨げようとどんどん湧いてきます。
妄念を撃ち落とす方法は、気をつけて無間に念仏しつづけるしかないのです。
ですから、とても忙しいのです。

314 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/15(木) 09:04:02
>>306
> 悪を行なってはならないと知って、
> それでも悪を止められないと気付いて悪人の自覚を持ち、
> しかしそんな悪人でも救われるんだと、希望と幸福を感じるのです。

自分で考えた善悪では所詮は世間的な善悪にすぎない
そういう悪人が救われるという思考なら、単なる滅罪の念仏にすぎない
阿弥陀仏が救う「悪人」という自覚は
信なくしては生まれない

315 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/15(木) 11:07:46
やっぱり言い出したね。
>312
>過去の罪は滅して絶望する必要はないのだから、
往生の障にはならないけれども、自分の悪行は自分で責め続けなければならない。
懺悔とはそういうことだし(あやまったらそれでオシマイじゃないよ)、
信機とはそういうことだ。自分の悪行を棚に上げた瞬間、信機はなくなり、そのまま
三心不具足となる。

>311
>絶望に酔い痴れるぐらいなら
そんなものは絶望とはいわない。絶望に酔いしれること自体が悪だぜ。

316 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/15(木) 11:20:26
俗世で俗人らしく生きている限り、そんなものは絶望とは言わない。
望みを絶つと書いて絶望である。
稼ぎを得て妻子を養いながら、望みを絶つということはありえない。
財を成す、名声を得る、子に次代を託す、・・・これら現世の目的を総じて断念して、
寂滅の境のみ求めるを出世間という。これを絶望とする。

317 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/15(木) 11:33:07
どうもまたぞろ 親〓〓がわいて出てますな。

318 :けちゃっぷ:2005/12/15(木) 17:59:10
>>315 救われる望みはあるんだから、懺悔があっても絶望とは言わないのでは?
絶望を強調されると、
「救われると希望をもったら救われなくなる。
救われないと絶望してる者だけが救われる。」
というふうに聞こえます。
単純に、悪人も救われると思って念仏すればいいと思うのです。
なぜ、念仏をわざわざ難しく理解しようとし、善人ぶって理解しようとするのでしょう?


319 :けちゃっぷ:2005/12/15(木) 18:04:07
もちろん、懺悔の気持ちは一生捨ててはいけませんが、
それは一人の仏教徒としての心構えです。
往生のための念仏はそんなに難しく考えなくてよいと想います。


320 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/15(木) 19:07:47
念仏は称えるが信心が弱い。
神社に厄払いに行ってしまう。
自分の信仰って強いと思う人ここにいる?
けちゃっぷくんは自分の信仰は強いと思うかい?

321 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/15(木) 19:38:32
けちゃっぷくん。法然の教えが危険だということは考えたことある?
ひょっとして法然上人の優しい言葉しか知らないんじゃない?厳しく突き放すこともあるんだよ。
>318-319 は、誤解するととても危険になる実例ですよ。

322 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/15(木) 22:05:01
確かに当時浄土宗は弾圧されて法然や弟子達は流罪にされている。
死んだ後も怨まれて墓所が破壊されて遺体が冒涜されそうになっている。
処刑された者もいる。
当時はオウム並の危険宗教と見なされていたのかもしれない。

323 :けちゃっぷ:2005/12/15(木) 22:15:36
>>320 信仰の強さって、どうやって計るのでしょうね…

324 :けちゃっぷ:2005/12/15(木) 22:23:57
>>321 法然さんの教えは危険ではないでしょう。
善を志すことを説かれていますから。
念仏者も仏教徒であるという大前提を切り捨てて、
念仏往生のみになったら、危険かもしれませんが。
まず仏説である三部経が所依なのです。
無量寿経を読めば、善をめざす仏教の基本姿勢は書かれてありますよね。


325 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/15(木) 23:05:50
しかし聖道門を否定して戒定慧三学を放棄することによって、仏教徒であることを止めているのではありませんか?

326 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/15(木) 23:19:13
>>325
南無阿弥陀仏にて往生するぞと思ううちにこもり候なり

327 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/16(金) 01:00:05
けちゃっぷ君。

仮に殺人犯でも、三心具足して念仏申せば往生できますよね。
でも、殺したという事実は消えないでしょ。

殺された人の遺族や身内にしてみたら、犯人が幸せになられちゃ許せないわけなんですよ。
そのことを殺人犯は死ぬまで背負っていなければならない。それを絶望というんです。
そういう絶望を背負うのが人間の宿命であり、それを自覚した人を阿弥陀仏は救ってくださるのですよ。

けちゃっぷ君の理屈だと、往生できるから絶望はなくなって幸せになれるのだそうだけれど、
それは殺人犯に「あなたのやったことはもうけりがついたから忘れてしまっていいよ」というようなものです。

殺人という極端な例を出したけれど、もっと日常的な悪行だって同じことです。


328 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/16(金) 06:42:57
>>327
ふたつの、いや、多くの種類の救いがあってはいけませんか?
私は蚊を叩きつぶしたり、まだ食べられるものを捨てたりする時お念仏をします。
蚊を叩き殺した人は、一生その罪の重さを背負っていくべきですか?
まあ、心の底ではそうあるべきでしょうが(仏教的には)、そのくらいは「けりがついて
しまって幸せになっても」よいのではないでしょうか。

もちろん、人殺しの場合にはあなたの言われる通りでしょう。人を殺せば永遠にその罪
は消えない。けれど、それさえも救われる道がある、ということに希望を持たせる。穿って
いえば「希望を持たせることによってそれ以上の罪を犯すことを止める」効果もあるでしょう。

私はけちゃっぷさんでも僧侶でもありませんが、法然さんはそこまで考えて浄土宗を
興したと信じたいのです。


329 :けちゃっぷ:2005/12/16(金) 08:23:25
>>328 殺人犯は、殺人したという事実が消えませんし、
行為による報いも受けねばなりませんね。それは自然な結果です。
あたりまえだと自然現象のように受け入れるべきです。

それと、被害者の抱く憎しみも、煩悩なのです。
病気や老衰で死んだ時に誰かを憎んだりしないでしょ。
たまたま殺人鬼に出会って死んだというだけ。
この世に煩悩あるかぎり、一定の確率で犯罪が起こり、被害者も生まれる。
犯罪も雨風みたいな自然現象なのです。それに対して憎しみを抱くのは煩悩です。
でも大丈夫。煩悩があるままで念仏すればよい。

330 :けちゃっぷ:2005/12/16(金) 08:29:04
僕自身、自分の煩悩に気付く度に、絶望は感じません。
あ、煩悩だ。念仏しよ。
…それだけです。

331 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/16(金) 08:53:01
念仏すればかんたんに癒される、お気楽な煩悩なんだなあ。
法然の説いた煩悩の自覚とは、そんな程度のものだったのかな。

332 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/16(金) 10:07:03
>>329
意地悪な質問かもしれませんがお願いします。

けちゃっぷさんは、自分の最愛の恋人(いますか?)や自分の子供が
殺人鬼に殺されても

>たまたま殺人鬼に出会って死んだというだけ。

と、思おうと自分に言い聞かせるのですか?

また、昨今の短絡的な殺人犯にたいして、思う怒りの感情も
煩悩でしょうか?
私は、その短絡的な殺人犯に怒りを覚えるべきではないのでしょうか?

お願い致します。

333 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/16(金) 11:21:44
一番罪が重いのは、殺害された被害者が極楽に送られ、後から死刑にされた加害者も極楽に送られる場合ではなかろうか。極楽で加害者と被害者が顔を合わせたら一体どうなるか。
考えるだに恐ろしくおぞましい事態ではないか?
儀式を執行して引導を渡す坊主に責任大である。

334 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/16(金) 11:24:43
>極楽で加害者と被害者が顔を合わせたら一体どうなるか。

そのような事は有り得ないと思うが、仮に有ったとしても及ばない事
気に病むなかれ・・・・。

335 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/16(金) 12:13:22
今も昔も死刑囚の回向に携わってきた坊主がおろう。
被害者もまた仏式で葬送されたとなると、極楽で顔を合わせる可能性は十分ある。
回向するのはこの世で坊主が行うことなんだから、知らないというのは無責任過ぎないか。
被害感情に配慮するとなれば、それ相応の罪を犯した者には汝の罪の赴くままに逝けと厳しく突き放すことも必要ではないか?

336 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/16(金) 12:14:33
>335
実際、そのように釈尊が突き放したことを伝える経典もある。

337 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/16(金) 12:27:36
愚者です

>>でも大丈夫。煩悩があるままで念仏すればよい。
前に「煩悩こそが生きる意味ではないのか、それを消すことが意味のあることかどうか」
という主旨の反論をしましたが、これでなんとなく呑み込めました。解釈を書くことは控えます。
けちゃっぷさんの考えと違うかも知れない可能性は残りますので。



338 :けちゃっぷ:2005/12/16(金) 12:37:51
>>332 短絡的な犯罪を犯すのは、煩悩の病のせいです。
道ですれ違った人に風邪の病をうつされ、そのせいで死ぬのも、
道ですれ違った人の煩悩の病のせいで殺害されるのも、
同じことです。
どちらも、病人をあわれみ治療し、
同時に、病気が他人に感染しないように配慮します。
僕は上記のように考えるのが正しいと思っています。
実際に僕も、そのように正しく考えられないことがあります。
それは、僕の煩悩が僕の思考を惑わして、正しい判断を邪魔しているのです。
他人に怒りを覚えた時は、
その怒りの根本原因は相手ではなく自分の煩悩なのだと、
自分に言いきかせます。
言いきかせねばと気付いたら、怒りは弱まります。気付くまでに時間がかかるから、煩悩は恐いのです。

339 :けちゃっぷ:2005/12/16(金) 12:46:14
極楽に生まれた時点で、阿弥陀仏の力によって善人にされます。
それに、極楽に生まれた時点で、裟婆の思い出は前世の話です。
仮に今、前世で自分を殺した人の生まれかわりに出会ったら、
リアルに憎んでケンカふっかけたくなりますか?
水に流せますよ。

340 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/16(金) 12:56:26
坊さんが死後の世界を語ってはいけませんよ
見てきた訳ではないですから。


341 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/16(金) 16:11:43
じゃあ阿弥陀さまがどうとかも語るなよ。見たわけでもないのに。
坊主も戒律やら瞑想してこの世で涅槃を目指すなら、見たこともないファンタジーを語らずに済む。

342 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/17(土) 01:05:45
大本山増上寺八百年御忌冊子、御法主の写真が変、何故か右肩に袈裟をしてる
よく見ると全てが逆だ・・・ネガを逆に焼いちゃったのね。

343 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/17(土) 10:10:26
>>339
極楽では前世の記憶を持っていると言ってたでしょう?
じゃあ基本的に前世の記憶が無いこの世とは違うと思いますが。
ありありと殺されたり犯されたりした場面を覚えている被害者は、同じくその記憶がある加害者とどう向き合うのか。
人間感情として怨み晴らさずにおれるものなのか。

344 :けちゃっぷ:2005/12/17(土) 10:51:36
>>343 極楽に生まれた時点で、人格が変わっています。
恨みの感情など起きないでしょう。
「また、アーナンダよ、
かの仏国土に生まれた求道者たちは、すべて、
偉大な人物にのみ具わる三十二の特徴をそなえ、
身体四肢は完全であり、
精神の安定や神通力に熟達し、
さまざまな智慧を巧みにはたらかせ、
精神的素質が鋭く、
感官がよく抑制されていて、
了知をそなえた能力をもち、
能力が怯弱でなく、
動揺せず、
認知のはたらきを得ていて、
無辺・無限の功徳のある者なのだ。」
(岩波文庫の無量寿経梵本和訳より)

345 :けちゃっぷ:2005/12/17(土) 11:00:41
極楽では、感官がよく抑制されていて、動揺しないのです。
いかなる思い出やできごとにも、感情が高ぶることがないのです。
常にヴィパッサナーしている状態ですね。

346 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/17(土) 11:02:32
けちゃさんいつからカルト坊主に落ちたの

347 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/17(土) 12:53:23
>346
完全なカルト。誰かこのスレを宗務へ出さないか?
教師養成のあり方について一石を投じることになるかもよ。


348 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/17(土) 15:29:08
けちゃっぷのニセものか?
どこかのスレに、ニセものが出没してたからな
鳥付ければいいのに

349 :けちゃっぷ:2005/12/17(土) 15:34:44
>>340 僕は、浄土三部経の世界観の中で生きることに決めましたので、
お経に書いてあることを事実とみなして語ります。


350 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/17(土) 15:35:56
>>349
鳥つけれや

351 :けちゃっぷ:2005/12/17(土) 15:38:04
吹けよ癒しの風!赤ちんビーぃっム!!
僕が本物です。

352 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/17(土) 16:00:21
>>347
今の浄土宗のあり方から言って、
カルトを否定できるのかな?

353 :けちゃっぷ:2005/12/17(土) 16:16:12
何をもって「カルト」と言うのでしょうか?
法然さんの開宗なんか、現在だったらカルト呼ばわりされるでしょうね。

354 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/17(土) 16:36:38
>>353
生意気な事言うなニセけちゃっぷ

355 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/17(土) 17:18:06
>>344
うさん臭っw。
そういうのってすべて象徴として受け取るべきではないですか?
お経って生きる上でのヒントを指し示していると思う。「月を差す指」って言うそうですね。
それをそのまま鵜呑みにするところが、カルトの温床になるのだと思う。
阿弥陀とか浄土もそのまま信じたらヤヴァスw
清らかな心の状態を仮に名付けて言うんでしょうに。

356 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/17(土) 19:47:02
愚者です
私も客観的に読んでいるつもりなのですが、どうしても、けちゃっぷさんを肯定する意見に
なってしまう。
その不思議さにここにとどまっております。
>>阿弥陀とか浄土もそのまま信じたらヤヴァス
ここですね。でも、「正しく」阿弥陀仏を信じられるなら、自殺する必要もなくなる。
というけちゃさんの言葉を検証し続けている自分がいます。



357 :けちゃっぷ:2005/12/17(土) 20:36:11
>>356 僧侶は、お経を事実として説けばいいでしょう。
それをどう受け入れるかは、聴く側の自由です。
象徴だと思って聴くなら、それもいいのだと想います。
はじめから「象徴だよ」と、世俗の常識にすりあわせて説かなくてもよいのでは?
象徴だと想いたい人は、勝手にそう想うでしょうから。

358 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/17(土) 20:49:37
>>357 お経を事実として説くのは、まずいんじゃないか?事実として
説くには、かなり無理のある部分もあるぞ。

359 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/17(土) 20:51:06
また、ニセけちゃっぷが出ているのか?

360 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/17(土) 22:34:26
最近で一番衝撃を受けた言葉が
「人類は<死>を発見してしまった」という言葉でした。
この言葉には「死んだら無になる」とか「地獄極楽は迷信だ」という言葉とは
まったく違った重いリアリティが感じられました。

このスレでもたびたび話題になる江原氏などは、そういった不可避な不安を
癒す意味では阿弥陀如来なのかも知れませんね。今でも所謂「霊能者」を毛嫌いして
いますが、その毛嫌いは「自分は信じることができないのに、あんなウソで癒されるアフォ
が妬ましい」という気持ちがあるのだと思います。

その点、本物の阿弥陀如来は、まず「ウソ」などというレベルではありません。
「十万億仏土の西ってどこよ? どんなに西にいっても自分の背中に突き当たるだけじゃん!」
「ゴコウの年月って? 500億年だっけ? アタマ大丈夫?」

つまり、阿弥陀如来には人類が死を発見して以来見てきた「夢」がこめられているのでしょう。
そして「西方浄土」とは、人々が一日の労働を終えて、やっと休める頃に見る安らぎの象徴としての
夕日が反映されたものなのでしょう。そういうふうに分析してみることはたやすい、けれど、それを
信じることは能動的行動でなくてはなりません。

行動は動機を強める。それがお念仏なのでしょう。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・。

361 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/18(日) 00:04:54
>>323
けちゃっぷくん、「自信教人信」ですから、
人に教えを説くとこができるということは強い信仰の現れでしょうね。

362 :けちゃっぷ:2005/12/18(日) 00:12:49
>>358 ふむふむ。たしかにそうかもしれませんね。
では、あなたは、阿弥陀仏の救いの教えをどう理解されています?

363 :けちゃっぷさま(1)  :2005/12/18(日) 02:03:33
すみません。見たのが遅くて、眠くなってしまいました。
明日、必ず御回答いたします。  合掌




364 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/18(日) 14:04:45
阿弥陀様は念仏する者に死後に極楽往生を約束される仏さまだ。
現世のご利益や救済を願うために観音菩薩や神道の神に祈願するのは、
浄土宗僧侶として誤ってるのかな?

365 :けちゃっぷ:2005/12/18(日) 15:40:41
>>364 浄土宗云々は直接関係ないんじゃないでしょうか?
救ってくださる方に助けを求めればいい。
ただ、現世で物質的な願いがかなっても、
それは究極の救いや平安にはならない、
一時しのぎの救いにすぎないということは、
忘れてはいけませんね。
たとえば、節分の豆まきで鬼を払っても、
やはり人生が四苦八苦の連続であることは、変わりません。

366 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/18(日) 16:06:27
坊さんも阿弥陀さまを前に国豊民安うんぬんやってるしね
そういう中で仏菩薩のみならず諸天善神の加護を祈念する
誤ってるというよりも布施を食んでいる僧侶の勤めですらあるわな

367 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/18(日) 16:12:04
>>363
けちゃっぷさま(1) 鳥つけれよ
ニセけちゃぷは、菅ちゃんのスレに出てきて
ダマされたからな。

368 :けちゃっぷ ◆ZutfXt.Wrk :2005/12/18(日) 16:15:03
偽けちゃっぷは、最近現われてませんよ。昨日のも全部本物です。

369 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/18(日) 20:20:31
>>342
笑ってしまった、逆に印刷してる。

370 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/18(日) 21:26:48
>>364
法然上人の教えに従うなら、
浄土宗僧侶としては誤った方向でしょうね。

良忠以降の浄土宗やオカルト浄土宗ならOKかもしれませんが。

371 :けちゃっぷさま(2):2005/12/18(日) 21:35:11
>>362 昨日の続きです。阿弥陀様には、無条件に帰依しているのです
が、いかんせん、阿弥陀様の誓願などは、釈尊を通じてのものです。
私が考えているのは、全く何の根拠も無ければ、何千年もの間、信仰
の対象とされることはないだろう、ということです。またそこには、あ
る種の真実は必ずあるだろう、ということです。

372 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/18(日) 21:49:41
>357
たしか、けちゃっぷは末法だという主張は現在では間違いだと主張していたよな。
言っていることが矛盾しているよ。
そこで、けちゃっぷ君、あなたは>、阿弥陀仏の救いの教えをどう理解されています?
自分のことは言わずに人に尋ねるばっかりじゃずるいよ。

373 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/18(日) 23:50:19
浄土宗の良さを教えてほしい。

374 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/18(日) 23:59:28
>>373 無心の念仏での極楽往生。


375 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 01:21:12
浄土宗には、何の科学的根拠も合理的根拠ない。そこがいい。そこが本質。
オウムみたいに「教祖に従って人を殺したらステージが上がる」みたいな
欺瞞に巻き込まれなくてすむ。念仏も本来は十回で十分。それでも迷ったら
念仏のみ。
おかげでよけいなことに悩まずに現世を生きられる。そういうものだと思う。




376 :牛飼い:2005/12/19(月) 02:11:25
これ貼らしてもらうぜ!大事なことだからよ。
コピペのコピペ↓
  北側大臣     ⇒ 創価学会員
  姉歯       ⇒ 創価 建築士
  ヒューザー    ⇒ 創価 企業
  木村建設     ⇒ 木村 盛好 社長 = 「 李 盛好 」 朝鮮人
  イーホームズ   ⇒ 創価 藤田 社長 創価企業・韓国人だらけ
  シノケン     ⇒ 社員の半分 朝鮮。
  公明党 山口議員 ⇒ ヒューザー社長を 国交省 担当者に 紹介。
  創価大学     ⇒ 卒業生の進路から、ヒューザーを速攻で削除。

  ★在日コンサルタント( 工事を発注 )→ 土建屋( 在日 )
  ★同和採用枠の公務員( 工事を発注 )→ 土建屋( 在日 )
  ★在日カルト宗教法人( 工事を発注 )→ 土建屋( 在日 ) 
  
  ttp://www.geocities.jp/ariradne/aneha.html




377 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 02:53:13
>>375
念仏していても迷ったり悩んだりするけどなぁ

アンタ、現世をそんなに気楽に生きれるの?

378 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 08:11:49
>>377
いちいち「悩まずに生きられることをめざすものである」って
書かないといけなかったかな?

信仰っていうのはそんなに客観的にならなくてもいいんじゃない?
ただし、客観的にならないと、それこそオウムみたいに暴走する
からこそ「暴走しない教義」と指導者が必要なんじゃないかな。

その意味でもけちゃっぷさんの「本質的だけど誤解を受けやすい」教え
をみんなで叩くのは重要ですね。叩くっつーか批評?



379 :けちゃっぷ:2005/12/19(月) 08:30:38
念仏してる瞬間は悩みがないですからね。
どんな悩みも、心に浮かんでは消え去る、無常な現象です。
判断はブッダのように合理的に。
凡夫だから、判断に感情は反発する。
しかし、感情より念仏は強いのです!

380 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 09:05:28
念仏には、悩みを忘れさせる癒し効果があるのです。
一時的に忘れるだけだから、何の解決にもなってないけど。
現実逃避とも言えるなあ。
念仏はまじないか・・・・

381 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 09:17:08
>>378
義なきを義とする教えですからね。
ただ、死の不安が軽減するだけでも凡夫にとってはありがたい教えです。
それ以上のことを望むのは、それこそ凡夫の煩悩の浅ましさということでしょうね。

382 :けちゃっぷ:2005/12/19(月) 12:17:07
>>380 悟った人が若さへの執着がなくなって老いの苦悩が消えても、
老いはなくなりません。
借金のある人が悟って、借金返済に苦悩を感じなくなっても、
借金はなくなりません。
でも悩みはなくなります。
現実逃避ではなく、現実をありのままに受け入れ、ストレスを感じなくなるのです。
それを現実逃避だとは思いません。
念仏で悩みが消えるは一時的なものですが、
やはり現実逃避だとは思いません。

383 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 12:25:17
浄土宗の良い所を語れる人は他にいないんですか?
せめて、10ぐらいは教えてほしいものです。

384 :けちゃっぷ:2005/12/19(月) 12:32:43
>>380 この世での悩みの方こそが、一時的なものです。
悩みは心身とともにいずれ拡散します。
悩みは人間と一緒に死ぬのです。
念仏していれば、死んだあとに極楽が待っています。
どうせ消える悩みに右往左往するより、
往生のために念仏するほうが、現実的です。


385 :けちゃっぷ:2005/12/19(月) 12:35:15
>>383 浄土宗という教団は、往生したら捨て去るものであり、
たいした価値はありません。
大事なのは宗教法人ではなく、念仏です。

386 :けちゃっぷ:2005/12/19(月) 12:40:47
法然さんの願いは、
より多くの人が念仏往生を遂げることだったのではないでしょうか?
りっぱな本山や宗派の繁栄は、
念仏を広める手段にすぎないわけで、目的になってしまってはいけません。
宗派の宣伝より、念仏の宣伝を優先すべきでしょうね。

387 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 12:58:51
>>385
けちゃっぷ君は、三宝を敬ってない。
そもそも、浄土宗とは教団を表す言葉なのかい?

388 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 13:17:13
>>387
仏、法、僧を敬え、というヤツですか。
俗人は僧を敬うべきだと思うけど、僧はいいんじゃないの?


389 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 14:02:10
てか、僧が僧を敬うだけで批判できなかったら、それこそ暴走する危険があるのでは。


390 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 14:14:42
飲酒肉食妻帯してるようなのは、
僧のコスプレしているだけなので僧として敬う必要はない。
ただ人として尊敬できるのであれば人として敬えばよい。

391 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 14:58:01
浄土宗とは教団だけを表す言葉ではない。

392 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 17:37:13
>>382
> >>380 悟った人が若さへの執着がなくなって老いの苦悩が消えても、
> 老いはなくなりません。
> 借金のある人が悟って、借金返済に苦悩を感じなくなっても、
> 借金はなくなりません。
> でも悩みはなくなります。

老いの苦悩が、本当に根本的に「消える」などと本気で語る?
いくら念仏しても、「消える」ことのないのが煩悩だとお忘れか?
それが「消えて」しまうのなら、この世においてさとって仏陀になられたか・・・

念仏して一時的に消えたのなら、
一時的に忘れるだけの「癒し」、根本的な解決にはならないから、
念仏している間だけの現実逃避と変わらない。

393 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 17:41:20
>>391
浄土宗と言えば、教団のことを言うでしょう。
教えの意味なら「浄土教」と言うんじゃないですか。
浄土真宗や真宗なら、教団だけでなく教えも言いますが。

394 :けちゃっぷ:2005/12/19(月) 18:20:31
>>392 刹那刹那に、消えていきます。ただ、再びわいて出ますが。
湧いたらまた消せばいいだけです。
汚れるたびに洗うのは、現実逃避ではないでしょう。
汚れない心になるのは難しい。ならば、汚れるたびに洗えばいいのです。
毎日汚れるたびに洗濯するという生活習慣が、無間の念仏です。
習慣だから、一時的なものじゃなく、一生続く癒しです。
毎日汚れたら洗う服を着てる人は、毎日清潔な服を着てることになります。
汚れても洗わず何日も着ている人は、あまり清潔じゃないですが。

395 :けちゃっぷ:2005/12/19(月) 18:23:55
1念ずつは一時的でも、念仏が定期的に継続すれば、全体としては、一生の念仏になります。


396 :けちゃっぷ:2005/12/19(月) 18:29:16
念仏は、雨戸です。煩悩の雨風が強い時には、雨戸をしめればよい。
念仏は、激流の中でよりすがることのできる島です。
念仏は、停電の暗やみに頼れる燈です。
法灯明自灯明は聖道門。浄土門は、阿弥陀灯明念仏灯明です。

397 :けちゃっぷ:2005/12/19(月) 18:30:51
雨戸がない家に比べて、雨戸のある家は安心です。

398 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 23:14:32
けちゃっぷ君の念仏讃美はなかなか参考になるような気がする。

折角だから、念仏果徳十箇条として、
箇条書きで十項目書き並べてください。

399 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 23:21:12
人の不幸が辛いなら目を閉じていればよい。
嫌なことを聞きたくなければ大声で念仏称えれば聞かずにすむ。
何も解決しなくても、その場さえしのげればいい。
雨戸念仏は本当の救いなのだろうか。

400 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 23:27:45
>>394
悪徳商法で稼ぐ業者が、
罪滅ぼしに毎年チャリティーに少しの金を寄附するようだな。
毎年続けているから一生の間の慈善事業になる。
商売では汚い手を使っていても、
チャリティーでその心を定期的に洗えばいいのか。
汚れる度に洗う。

401 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/19(月) 23:46:34
けちゃっぷ氏って、念仏で全て解決という了見かい?

402 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 00:22:52
>>399
なんとなく、日蓮宗の人が書きそうな批判だな。
いや、中傷かもしれないが。
念仏は、主食ではなく、スポオツドリンクと考えてはどうか。
マラソン中にまさか主食は食べられない。
中継地点に置かれたドリンクをサッと取って走るしかない。

聖道門はいわば立ち止まって主食を食べるようなもの。
立ち止まる余裕のある人がやればよい。
ただもう、走り続けるしかない余裕のない人生には、サッと
手に取れるスポオツドリンク。それでよいのでは。

乾いたらドリンク、また乾いたらドリンク。時にはアタマから
かぶり、時には足を湿らせ………。

浄土門はそれでいいんじゃないのかなあ。


403 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 00:58:32
>>402
しかし、批判されてもしかたがない。
けちゃっぷの念仏は、信の抜けたその場しのぎの呪文のようだ。
浄土門といっても、念仏には阿弥陀仏への信が必要だろ。

404 :けちゃっぷ:2005/12/20(火) 01:02:28
>>400 念仏は、最後に往生というゴールが用意されているから、やはり特別ですね。


405 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 01:03:22
>> 400
戒がないと駄目でしょうね。
例えばいくら瞑想の達人でも普段の生活が乱れて不道徳ならば、人として間違ってますよね。
戒を守ることを考えれば、そもそも悪徳業はできませんからね。
悪事を働きながら申し訳程度に寄付をするという偽善などできないわけです。
だからこそ釈尊は不道徳な瞑想家を外道となし、戒を仏法の大地と申されたのです。

406 :けちゃっぷ:2005/12/20(火) 01:05:48
>>403 最後に往生があるので、その場しのぎだけでは終わりませんよね。


407 :ごんべい:2005/12/20(火) 01:09:31
けちゃっぷ君、往生はゴールではないぞ。区切りだな。

408 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 01:09:48
この季節、キリスト教の圧倒的なパワーを感じてしまうのは
オレだけか?
ファッションで言ったら、キリスト教はオシャレで、
若者の心を魅了してしまう。

409 :けちゃっぷ:2005/12/20(火) 01:19:41
>>407 たしかに、そうですね。
>>408 クリスチャンでもないのにロザリオ首から下げてる人(女性に多い)って、
どういうつもりで着けてるんでしょうね。
本物のクリスチャンが不快に思わないのか気になります。
プレゼント交換の習慣が、クリスマスを盛り上げるのでしょうね。
神が、その一人子(イエス)を人類のために犠牲に下さったことを記念して、
プレゼント交換するらしいです。
イエスは神から人類へのプレゼントだったんですね。

410 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 01:20:11
キリスト教の影響は微々たるものですね。
本当に圧倒的力があったらどこの教会も満員のはずですね。

411 :ごんべい:2005/12/20(火) 01:36:53
>>409 ファッションじゃないの?宗教的意味合いなんて、ないと思う
けれど。浄土宗だって、だめだってのに、荘厳数珠を首にかける奴が
いますよね。

412 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 01:41:47
>>411
そういえば、1/11にトリビアの泉スペシャルがあるそうで、
塔婆プリンター96へぇ〜を獲得した浄土宗の真如寺の坊さん
また、念珠を首にかけた映像ででるのかなぁ?

413 :ごんべい:2005/12/20(火) 01:43:48
>>412 かっこわるいね。全国に流れるのにね。

414 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 01:47:15
クリスマスの華やかさに勝る仏教イベントって、
今の日本にあるかい?
日本仏教もクリスマスほどに信者を楽しい気持ちにさせるイベントが
あってもいいと思うが・・・
お釈迦様も阿弥陀様も法然上人もあんなにお祝いされないよな。
キリスト教のイメージは明らかにクリスマスのお蔭で明るい。

415 :ごんべい:2005/12/20(火) 01:57:58
佛教の本質は、自分の内面をみつめるものだから、古来、イベントと
いう面では地味だな。外的なものは、重視していないからな。



416 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 01:58:41
そうともいいきれません

417 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 02:08:46
そういえばカンフー映画やドラマに出て来る中国の坊さんは、みんな首から数珠かけてるよね。
たぶん善導大師もやってたと思う。
なんで日本では禁止になったんだろ。

418 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 02:11:57
本来、お寺というところは
地域社会で明るい場所だったらしい。
明るいイメージを持つというのは大切な課題だとおもうな。
クリスマスはそれに成功してるキリスト教のイベントだね。
信仰とは、心を明るくしてくれるものであってほしい。
明正和の実現のとっかかりとして。

419 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 07:23:46
おれなんか、クリスマスのイベントに出ても、神聖な気持ちになった時は、お念仏すれば
いいと思ってる。イベントはイベントであって、信仰じゃないんだし。
日本人のクリスマス流行りも、男女間のデートの口実になりすぎるのはいかがかと思う
けど、イベントの中にほんの少しでも敬虔な気持ちになる部分があれば、無駄じゃない
とは思うんだが・・・。

以前、お世話になってた方が亡くなった時、クリスチャンだったんで一切ヤソ式の取り扱い
だった。そんな中でも十字をきらずに合唱して南無阿弥陀仏を称えるのは間違ったことで
はないと思いました。



420 :けちゃっぷ:2005/12/20(火) 08:27:25
音楽に酔い痴れ楽しむのは、律では禁止されてませんでしたっけ?
クリスマスみたいに浮かれるイベントは、仏教にそぐわないのでは?

421 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 08:37:07
誰か助けてあげて!
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1134756690/l50

422 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 11:08:27
現代日本だったら、
安泰な衣食住を手にいれてたら、まずは幸せだ。
幸せになれる人間が本当の意味で頭がいいのだろう。
果たして、念仏していて幸せを手に入れることができるんだろうか?
法然上人の時代背景と全くちがうよな。
「なぜ、今 念仏をすすめなければならないのか?」
誰か応えてちょうだい。けちゃっぷ氏どうだい?
人はいつ死ぬかわからないから、その準備のため?

423 :ごんべい:2005/12/20(火) 11:31:20
>>422 『佛教』の究極の目標は、『開悟』であり、『成仏』です。
悟りをひらく、という目的のために念仏をしています。


424 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 11:46:45
>>423
信なくばカラ念仏

425 :けちゃっぷ:2005/12/20(火) 12:17:45
>>421 うちの寺では、何回か、
その団体の会合の会場に本堂を無料で貸したことがあります。
檀家さんの中に、その団体に所属してる人がいて。
うちの住職が浄土宗の勤行とお話もしました。
先祖供養を重視する団体みたい

426 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 12:23:18
ケチャも非常識だがケチャの親父も非常識だとよぉくわかった納得

427 :けちゃっぷ:2005/12/20(火) 12:29:36
>>422 衣食住は、死んだら失うものです。
今の暮らしがよくても、未来はどうなるかわかりません。
何よりもまず、来世で仏教に出会える確率が低い。
だから、今現在の仏とのご縁を確実に未来につなぎ留めておくために、
今、念仏するのです。


428 :けちゃっぷ:2005/12/20(火) 12:38:32
>>426 総代の許可ももらってます。
一般信者の大半は、阿弥陀仏の寺に来たら阿弥陀仏に拝むということに、
特に抵抗もこだわりもないのでしょう。
ほかにも、神社の氏子で役員をしている檀家さんもいます。
地域住民の素朴な信仰ですから、それはそれで尊重します。

429 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 12:42:17
だったら創価も同じ手続きふんできたら許可するんだな?

430 :けちゃっぷ:2005/12/20(火) 12:45:28
>>429 相手が申し込んでくればね。それと、檀家であれば。
学会の場合、浄土宗から脱会させられて、
墓も撤去、仏壇も燃やせと言われるので、
実際にはありえないかも。

431 :ごんべい:2005/12/20(火) 13:26:54
>>424 曹洞宗は、『判らなかったら、まず、形から入れ』。念仏も、
申しているうちに、三心は備わることになっている。屁理屈でグズグ
ズいうよりも、念仏を始めることが大事。


432 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 17:42:02
>>428
総代までが非常識なんだな。
念仏すれば地獄に堕ちると行った日蓮の系統でしょ。
節操がないとくれば、極端なんだな。

日本では寺の檀家で氏神さんの氏子というのは珍しくないが、
念仏を明確に否定する宗派を歓迎するとは、何を考えてるんだか、
何も考えてないのか・・・

433 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 20:01:20
>420
君はそんな戒律うけてないだろ?

クリスマスというきっかけでプレゼントをしたりとか
人を楽しませようとしたりとか、他者に対する思いやり
をかきたてるのであればかえっていいことじゃない?
であれば仏教にそぐわないなんてことはないと思うよ。

434 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 20:03:01
433ですが、坊主がクリスマスやれっていってんじゃないので、誤解しないでね。

435 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 20:20:44
>>433
仏教徒なら、
宗教をお遊びの道具にして刹那的な快楽を貪ることに対し、
少なくとも肯定をすべきではないでしょう。


436 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 21:35:30
>>435
仏教でも、「遊ぶ」って大切だと思うな。
「遊行」ってあるしな。
浄土選書「仏教ことば博物館」(川副春海著)に
そのような記述があった記憶があるぞ。


437 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 21:39:38
>436
遊行とか遊戯っていう言葉はあるね。
日本語とは全然ちがう意味で、アソブという意味はまったくない。

438 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 21:49:13
>>437
「遊び心」のない仏教者は魅力がないし、成仏もできないだろう(w

439 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 21:51:13
マスコミの垂れ流す 毒入り伝聞情報

この伝聞情報を垂れ流しているのは  NHK  朝日新聞などに
雇われている 探偵の40ぐらいのおばさんである

探偵のおばさん
「  そうですよ  そうですよーーーー そういってましたよーー」
この伝聞情報はいつも 裏がないし 一回も 本人確認のない
いいっぱなしの未確認情報である
このおばさんは 「 かいてますよ  かいてますよ
いってることをかいてますよーーー」 と汚い メモ帳を
証拠として出してくる  

しかし このメモ帳には 何の証拠能力もない
なぜなら 本人の直接の供述がないからである

このような いかがわしい 情報を世間や 政界に流して
民主主義や 経済を 破壊しているのが いまの マスコミである

伝聞証拠

http://www.shijokyo.or.jp/LINK/report/rinri/chap4.htm#chap4-1



440 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 22:15:16
>>438
日本のクリスマス、
そんなに立派なことやってる?
「遊び心」なんていうほど、ちゃんと文化の背景を持っている?

何百年も続いてきた欧米のキリスト教文化のなかのクリスマスと、
日本の商業主義に毒されたバカ騒ぎとは根本的に違うだろう。
その違いすらもわからないのが、何ともなさけない。

441 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/20(火) 22:57:25
仏教も大々的に成道会するべきだよ。
電飾ボーディツリーに全身電飾後光ピカピカブッダ。
海外じゃ当たり前だよ。
そんで電通と組んでプレゼント交換を流行らせる。

442 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 00:12:09
>>441
クリスマスのまねごとしか思いつかない発想の貧困さ。
仏教は文化を生まなかったのか?

443 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 00:32:36
ブン菓だか何か知らんが、そんなもんは犬に食わせておけ。
できないことばかり言い訳するより、衆生救済のために何ができるか考えろ。
ホワイトバンドを見ろ。
莫大な金が動いて集まれば、それだけ多くの人を救える。

444 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 01:52:49
>>443
だんな、ホワイトバンドは偽善くさい。
金の流れをちゃんと知ってるか?

445 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 02:09:53
ところで大阪浪速区マンション姉妹殺害事件のてんまつを聞くと、「唯除五逆」の一句、軽くない。
誰か「五逆罪を犯しても阿弥陀さまが救ってくれる」と説いて更正させてやれる奴は居るまいか?
釈尊がアングリマーラを更正させた如く。殺人鬼、犯罪人をも立ち直らせる何かが仏教にはあるはずだが。
矯正プログラムが見直されるそうだが、仏教の関与する余地はないのかな。

446 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 05:33:16
>>444
ホワイトバンドはどうでもいいが、
細木数子あたりがのさばっていることを、宗教者は恥じたらいいと思う


447 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 09:34:43
>>446
残念ながら、今の浄土宗では細木を否定できない。

448 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 09:38:48
>>447
そうだよな。
浄土宗は丹波哲郎に力を借りるべきだったな。


449 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 12:35:44
現代日本、衣食住を軽んじて念仏信仰もなかろう。

クリスマスの華やかな雰囲気が
日本人を楽しませているのは事実だよな。
抜苦与楽的要素もある。

450 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 12:44:11
>>447
細木の霊感商法をきちんと批判できないのが今の浄土宗の限界でしょうね

451 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 12:47:16
>>449
> 抜苦与楽的要素もある。

抜苦与楽は相手の苦を抜くこと。
苦に対する根本的な解決を与えず
刹那的な快楽で苦を一時的に覆い隠すのは
癒しではあっても救いとはならないですね。
仏教が与えるのは救いのはず。

452 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 13:19:53
>>451
実際、仏教がどんな「救い」を与えているのか?
語ってほしいね。具体的に。

そもそも楽しい時間を持つことを
根本的に否定するような考え方をもっている君は
意固地な性格だな。周りの人間に嫌われてないか?

453 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 13:52:55
>>445
どんなてんまつだったの?

454 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 13:53:54
>>452
快楽主義者ってこわーい

455 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 14:25:54
>>447
確かに。
細木は墓参りや先祖供養をアドバイスすることが多い。ところが今の浄土宗寺院の大半がそれ抜きでは成り立たない。

一方で「父母のために念仏称えたこともない」「私が死んだ後遺体は賀茂川に流して魚の餌にせよ」といった宗祖の教えに忠実に、
墓参りや先祖供養を否定する浄土真宗系教団もある。
今後法然回帰主義を取るなら注目である。

456 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 17:33:32
>>453
少年時代に母親を金属バットで撲殺したそうです。
父母を殺すのは仏教の五逆罪の一つです。昔は法律的にも尊属殺人と言って罪が重かったが、今はそうではない。

457 :けちゃっぷ:2005/12/21(水) 17:50:58
>>456 不幸な生い立ちを考えたら、
悪い環境のせいで殺人犯に育ってしまっただけなんですよね。
だから逆に、極楽という新たな環境で育ちなおしたら、
善人に生まれ変われるのです。

458 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 18:03:27
一度犯罪を犯したら即死刑
何歳であろうとも更正させる機会は不要

459 :けちゃっぷ:2005/12/21(水) 18:23:03
>>458 ついでに、他人に病気をうつした人も即死刑にしますか?

460 :けちゃっぷ:2005/12/21(水) 18:26:18
ビートたけしも死刑だね

461 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 19:11:44
>>459-460
もちろん死刑

462 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 19:24:27
>>455
それだけじゃなくて、
ぽっくり寺なんて細木のやっている霊感商法と変わらない。
あれを否定や批判する論理が、今の浄土宗には無くなってしまいましたね。
恥ずかしいですが。

463 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 19:25:30
>>454
快楽主義者って、自分のことしか考えないもんな。

464 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 20:46:16
>>463
容疑者、笑ってましたね。
自分の母親を殺して、そしてまた何の罪もない若き姉妹を殺して。
殺人の快楽が忘れられずに血を見たくてやってしまったそうです。
殺人という禁断の快楽に取り憑かれてしまったんですね。
そういう人が仏典に出てきますね。


465 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/21(水) 23:27:39
快楽殺人の犯人が、ある日自分の罪の重さに気づく。
「自分は死後、永遠の苦しみを受けるのだろうか…」
やがて、浄土門の教えと出会い、自ら念仏の道を取り、
心安らかに死刑の日を迎える・・・・・。

これでよいのでしょうか?


ええ、これでよいのです。



466 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2005/12/21(水) 23:47:08
>>455
親鸞会?
さて暫く、こちらに逗留しますかね……

467 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 00:29:23
快楽殺人の犯人が、死刑の判決を受ける。
別に反省はしていないが、死ぬのは怖い。
ある日、念仏さえしていれば、罪は消えて極楽へ行けると聞き、
罪を消すために念仏をとなえ始め、気楽になる。
これで地獄に行かずにすむと思うと死刑も怖くない。

これでよいのでしょうか?

468 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 00:35:04
>>467
表現は違いますが、465を「よい」と言った以上、それも「よい」だと
思いますよ。「微妙に違う」なんて言うのは原理的に無理でしょう。

さて?


469 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 01:10:28
俺が快楽殺人犯なら念仏さえ唱えりゃ救われるもんねーって、殺しては唱え殺しては唱え、安らかに満ち足りた生活しちゃいまぁす!

470 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 01:36:24
念仏さえ唱えりゃ救われるというのは、信心家であれ殺人犯であれ口で言ってる理屈に過ぎん。

その人のじっさいを見れば安らかに満ち足りた生活をしてるかどうかがわかる。

殺人犯に安らぎなど無い。三毒煩悩が染みついたままで安らかなることなどない。

471 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 02:30:35
それはあんたの期待半分の主観で、満ち足りた殺人犯はたくさんいるだろうね
もっと軽い犯罪者なら安らかに暮らしてる連中ごろごろいるでしょ

472 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 03:12:06
>>470
罪を犯した人間は心安らぐことはない?

このごろの殺人犯は、血を見て安らぎを感じるんだよ。

473 :けちゃっぷ:2005/12/22(木) 12:54:39
>>472 快楽はあっても安らぎはないのでは?
悪業の連鎖は恐いですね。
誰かがつくった悪い環境が、犯罪者を生む。
弓をじわじわと引きしぼってゆくのは人間に可能ですが、
弓に蓄積されたエネルギーが放たれた時、飛んだ矢を素手で停めることは難しい。
少しずつ業を蓄積してできあがった悪い環境が、
突如、犯罪者の矢を放ってくるのです。


474 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 12:58:43
殺人したって安らぎも平気であるんじゃないの
特にけちゃっぷ教に洗脳されてたらね
それに今までのあんたの無責任な発言は犯罪を助長してるさ

475 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2005/12/22(木) 13:12:35
得るモノによる安らぎは、長続きしないと思いますよ。

476 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 13:15:21
>>475
ハキイのチンポしゃぶって安らいでおけ

477 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2005/12/22(木) 13:33:36
人間本来 無一物 無一物こそ無尽蔵 とは六祖慧能大師でた

478 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 13:34:16
でた?

479 :465=468:2005/12/22(木) 13:55:30
宗教に、社会の秩序の維持まで求めることはできるでしょうか?
仏教は信賞必罰を実現する道具ではないのではないでしょうか。

医者が病める人を治療せずにはいられないように
料理人が飢えた人に糧せずにはいられないように

宗教者は救いを求める人には救いを与える、それでいいのではないでしょうか?

けちゃっぷさんを批判するひとは、宗教に多くを求めすぎてはいないでしょうか?

私は仮に快楽殺人者が念仏をして気が楽になることがあってはならないとは考えません。
よくこういうことをいうと「殺されたのがお前の家族だったら?」とか反論を受けるのですが、
それはもちろん、死刑にして欲しい、できれば同じように酷く殺して欲しいと願うでしょう。

しかし、その自分は阿弥陀に救われようとする自分とは離れてしまう自分です。
少なくとも念仏を称える時だけはそんな憎しみから自由になってみる、その方法は必要
だと思うのです。それは、殺人者にとってもそうだと思うのです。

宗教の昨日は政治や警察とは非なるものです。そうではないですか?


480 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 14:13:19
>>471>>472>>474
快楽殺人犯の安らぎと、釈迦・弥陀はじめ三世の諸仏が説きたもうた安らぎの区別もつかないか。
まさか坊さんの書き込みではないと思うが、ちがいが分からないならあなた、よっぽど重症だよ。

481 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 14:18:17
けちゃっぷや>>479は同じ安らぎと考えてるようだがw

482 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 14:38:52
>>481
どう読んだらそうなるんだよww基地ぶりも重症だなこりゃ?

483 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 14:51:28
おまえこそ独断でしか読めないらしい

484 :ごんべい:2005/12/22(木) 17:41:56
知恩院25日、増上寺27日、成満おめでとうございます。メリークリスマス

485 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2005/12/22(木) 17:44:40
>>479
宗教に、社会の秩序の維持まで求めることはできるでしょうか?

ユダヤ教、イスラム教、儒教は宗教倫理が社会規範でしょう、社会規範から離れた宗教である佛教が異端かもね。


486 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2005/12/22(木) 17:47:23
でも>>479の意見には賛成である

487 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 17:50:03
>>485
ゆえに彼らは道を見失った。そうは思われませんか?
社会規範に触れないことは無力さではないと思います。
むしろ深い信仰心をもった政治家が現実に則して判断を行う方が今後
は重要なように思われます。少なくとも宗教が世界戦争の大儀にされ
ている現代においては。





488 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2005/12/22(木) 17:57:30
うーん、難しいねぇ。
佛教には、律(サンガの規約)や信徒の規約はあるが社会の規約がない、釈尊は善を発見したのではないし、滅苦=善とは言えないかも………

489 :けちゃっぷ:2005/12/22(木) 17:58:05
転輪聖王は武力を使わず法によって治めると言われますね。
でもそれは、王政だから可能なんですね。
どこの国か忘れましたが、仏教国で、今も転輪聖王みたいな王さまのいる国がありますね。
武力はもたず、税金はタダ。
国土はすべて王様の所有であり、国民は全員小作人みたいなもんで、
王さまの富で行政を行なってるから、税金が不要なわけです。


490 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2005/12/22(木) 18:50:42
けちゃぷさん、ブータンかネパールあたりの王様かな?
中国で佛教が排仏された理由に、土地の寄進による税収の減益、徴兵制度を崩壊させる原因、子孫を作らず国力を低下させるなどの理由で排仏されました。
国家と佛教は相入れないんですよ

491 :けちゃっぷ:2005/12/22(木) 19:38:32
>>490 国民全員が出家するわけにはいきませんからね。
でも、国民全員が医者になるわけにもいかないし、
国民全員が農家になるわけにもいかないし、
国民全員が芸人になるわけにもいかないのだから、
仏教に限った話でもないんですけどね。
病人や老人の生命の長らえさせる医者は、
国家の医療費負担を重くしてるんだから、
出家して税金払わなくなるのと同じことなんですよ。
日頃健康的な生活をして、あらかじめ病気の予防に努めて長生きし、
同時に仏教を学んで智慧を養い、
老いたら智慧で若者を導き、自分もますます修行に励み、
適当なとこでぽっくり往生するのが、
理想ですね。

492 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 19:40:19
きちがい二人顔合わせですね

493 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 20:11:01
どうだろう。
このままアメリカ型のグローバリズムで突っ走るかわりに、
精神面では仏教的な涅槃をもって、余剰の富は布施として配分される・・・・。
そんな理想郷がこないものでしょうか。


494 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 22:21:14
けちゃっぷよ、国名をださなかったけれど、ブータンのことだとは推測がついた。
が、あの国、北朝鮮と並んだ人権弾圧国家だというのは知ってるの?

転輪聖王は、現実には存在し得ない。だからこそ転輪聖王なんだよ。

495 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 22:24:41
けちゃっぷ君。
国王の資産はどこから出てきたもの?結局領民から搾取したものだろ。
それを礼賛しちゃっていいわけ?

496 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/22(木) 22:33:49
はっきり言わないとわからないかもしれないから言うけれど、
国王が国民を奴隷として使用している、という制度ね。それが転輪聖王みたいなものになるわけか。>けちゃっぷ

497 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2005/12/22(木) 23:12:29
まあ、プロテスタントの天職とやらが資本主義に変化したと考えるならば、禅の作務は資本主義に対応できるかもよ。

498 :けちゃっぷ:2005/12/22(木) 23:23:42
べつに王政を肯定していません。
ただ、王政だからできることもあると言いたかったのです。
宗教で国政を行なうのは、王政でないとムリっぽいなぁ、と。

499 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/23(金) 02:25:23
日蓮宗って大嫌いです。

500 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/23(金) 02:26:11
とりあえず、500GET!

501 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2005/12/23(金) 07:54:59
>>499
俺も余り好きではないよ。

>>けちゃぷさん
政治なんて元々、シャーマニズムからの派生でしょう。
それと、浄土宗は本覚思想をどう捕えてますか?

502 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/23(金) 13:47:34
基本的に肯定しているでしょう。
「無明に盲ぜられて久しく本覚の路に迷い〜」って何遍詠んだことか。

503 :499:2005/12/23(金) 23:00:24
>>501 お主、なかなかだな、反発するかと思った。たまに、『名無しさん』
以外で書き込む奴を試しておる。

504 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/24(土) 00:24:53
ミスチルのコンサート行ってきた。
一度に3万人ほぼ総立ちで魅了することができる能力ってすごいなぁ。
あれがカリスマの威力というものか。
ある意味、お釈迦さまを越えてるんだね。
トップミュージシャンと呼ばれる人々は。

一度に3万人の人々の心を惹き付けて、
総立ちでその話を人々がきいてくれるような坊さんいたらすごいよな。
大川隆法が東京ドームでイベントやってたな・・・10年ぐらい前。(www

念仏は一人の人間がひっそりと称えるのが一番相応しいんだろうな。


505 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/24(土) 00:30:11
>>504
んなことあるかい。
小林一茶も書いてるが、徳本上人のカリスマ性は
ミスチルなんか問題にならんくらいだったはずだよ。
その是非は別にして。

506 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/24(土) 01:04:29
>>505
是非を別にするようなことをわざわざどうも。

507 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/24(土) 01:23:59
カリスマと言えば、
ぽっくり寺がジジババのカリスマになっている。

508 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/24(土) 01:54:39
>>507
はいはい。あんまりシツコイと嫌われるよ。
そんなに不満があるのなら、
宗務や本山に告訴したら?

ここでは相手にしてくれないよ。

509 :ごんべい:2005/12/24(土) 02:05:35
 知恩院25日、増上寺27日成満おめでとう。
今年は寒かったのに、よく頑張った。

510 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/24(土) 02:32:04
>>508
宗務や本山で問題にしないのが情けない
誰も問題だとは思わないのが怖い
浄土宗はもはやそういう体質にすっかり堕ちてしまったな

>508 も、もはや問題にも感じなくなったようだな

511 :けちゃっぷ:2005/12/24(土) 06:09:55
>>501 京都のまんが喫茶で朝を迎えてしもた…
まだ思考能力ない

512 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/24(土) 06:59:17
>>511
何読んでたの? 『ブッダ』?
『孔雀王』とかだったら大笑い。
あと、メリークリスマス!


513 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/24(土) 09:39:06
まんが「浄土宗入門」

514 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/24(土) 10:11:31
「浄土宗秘密ファイル」「オカルト浄土宗」「脳内浄土宗」「秘密の浄土宗」
「誰も知らない浄土宗」「法然上人霊言集」「神智学浄土宗」

515 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/24(土) 10:12:58
けちゃっぷの情報源がまんがだとわかったな

516 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/24(土) 10:28:51
半分寝てました。
京都で忘年会があり、帰る電車がなかったので朝まで三条のまんが喫茶。
んで、知恩院の朝の法話聴いてきました。
加行のみなさんの勤行も心地よかったです。

517 :けちゃっぷ:2005/12/24(土) 10:31:34
>>512 メリクリ。
なつかしの「3×3EYES」を1巻から。

518 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/24(土) 11:59:42
徳本上人は浄土宗の懐の深さを示すと思う。
浄土信仰、念仏を軸に、実に多様な宗教活動を内包していて奥が深い。
今現在もお寺はアート、演劇、セラピーなどの活動とも結びついて多様な展開をしてるよ。

519 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/24(土) 12:27:20
>>518
懐の深さとは言いようもあるもんだな。
他の文化活動と浄土信仰が結びついているならいいが、
そっちが主になって単なる文化センターになってもねえ。

520 :けちゃっぷ:2005/12/24(土) 13:34:36
>>518 徳本上人のような強すぎるカリスマを野放しにするよりは、
教団内につなぎとめておくほうが無難だと判断したのでは?

521 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/24(土) 14:42:59
>>520
いんや。
マジレスするけど、「つなぎとめておく」というよりは、「新たに組み込む」という感じ
だったらしい。
当時は臨済宗とかの方が流行りで、徳川家の帰依している浄土宗が廃れつつあった。
それで、「どうも浄土宗らしいエスパー坊主がいる」ってことで、スカウトに行った。

どのあたりからがスカウトかはわからんが、たぶん紀州家と関係が生じたあたりから
法然院に呼んで再剃髪させて、江戸に呼んで伝通院で正式に組みこんだんじゃなかったか。

江原が実は僧籍をもっていた、となったら、各宗派飛びつくだろうね。そんな感じかな。


522 :けちゃっぷ:2005/12/24(土) 15:08:13
>>521 なるほど。


523 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2005/12/24(土) 17:04:18
そうか……けちゃぷは寺の寄り合いで、祗園で飲み食いか………
つまり、DX東寺(ストリップ小屋)などに行ったな!
漫画は諸星大二郎だな

524 :けちゃっぷ:2005/12/24(土) 20:51:13
>>523 寺は関係ありませんよ。

525 :けちゃっぷ:2005/12/24(土) 21:36:41
>>501 悉有仏性は肯定していると思いますが、本覚思想についてどうなのか、よく知りません。

526 :ごんべい:2005/12/24(土) 22:41:49
いよいよ、明日は御身拭い式。おめでとう、加行僧(知恩院)の皆さん


527 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/24(土) 23:36:26
加行僧の諸君は正月までは純粋にお念仏を信じて、
目もキラキラしているんだが、正月のドンちゃん騒ぎで
すべてが元通り。

南無阿弥陀仏。

528 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/24(土) 23:53:50
僕なんて山を降りたとたんに世俗の臭いが体から湧き出してしまいました。
しかし、生き方、考え方は3週間でがらっとかわりました。
その後の人生の原点になっています。

529 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/25(日) 01:27:18
>>528 三週間で、どのように変わられました?

530 :ごんべい:2005/12/25(日) 23:19:10
今日は一日、けちゃっぷが休みだったな。

531 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/26(月) 06:59:14
>>530
きっと徹夜したんで寝たままのクリスマスを過ごしてたんでしょう。
敬虔な仏教徒としては正しいあり方かも・・・。


532 :けちゃっぷ:2005/12/26(月) 12:13:19
>>531 まぁ、そんなかんじでした。


533 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/26(月) 18:09:56
そんな信じてキラキラしてるやつがどれくらいいるもんでしょうか?
浄土宗の深旨を授かり晴れて比丘とならん、というよりは三週間病気せずに下山できたらラッキーってとこでしょう。
確かにしんどいことを乗り越えたらすがすがしいものがあるけど、それは別に仏教修行に限った話ではないし。

534 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/26(月) 23:45:05
ところで、ここに書いてるひとの平均年齢はいくつくらいなのでしょうか?

横道にそれるかも知れませんが、テレビのCMで「ギャツビー」っていう整髪料のが
ありますね「楽しめるだけ楽しんだら、ハイさようなら!」ってモックンが歌ってるヤツ。
最後、白髪になってガイコツになっていくんだけど・・・。

あれ作ってるひとは「死」について何も感じてないんでしょうね。
いや、あの程度、シャレも効いてるし、目くじら立てる気もないんですが。

だいたい、親が普通に生きてても死ぬかもしれない年齢になってくると、自分にも
「死」ということが実感できてきます。いわゆる「中年」で仕事が忙しかったりすると
「死」というもの実感しない。するとしても、自殺とか事故死とか「選べる死」(事故
の場合は気をつけてれば、とかね)でしょうけど、冷静になると「不可避な死」とい
うものが見えてきます。

「死」なんてものは、死ぬときまで忘れていたいものですが、その不安に落ち込む
前に極楽浄土をイメージできるのは幸せなことだろうし、それが実在するのかどう
か疑わしくなった時は、難しいこと考えるよりお念仏が一番なんだと思います。

それは「死」から目を背けてるんではなく、もっと「生」を正しく見る力になると思うんです。

法然上人には、そういうことが見えていたのではないだろうか。



535 :ごんべい:2005/12/26(月) 23:53:39
増上寺の加行僧の皆さん、成満おめでとうございます。
これで、破戒僧になる資格ができました。

536 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/27(火) 00:09:35
けちゃっぷ、電話代節約か?

537 :けちゃっぷ:2005/12/27(火) 01:14:16
>>536 ネタ切れかも。


538 :けちゃっぷ:2005/12/27(火) 01:32:34
>>534 魚をさばいてみると、基本的な体のパーツは人間と同じなんですよ。
生きた魚のおでこを、包丁の背でみね打ちすると、
バッタンバッタン暴れてたのが、
「気を付け」状態でまっすぐになって、小刻みにけいれんします。
そのすきに、胸に包丁を入れてエラ(人間の肺)を取出し、
お腹に(人間でいうみぞおちからおへそ、股間へ)
まっすぐ一直線に切り込みを入れ、
内蔵をかきだし、空になったお腹を水できれいに洗います。
内蔵のなくなったおなかの中の横隔膜はきれいで、
血はほとんど出なくなります。
個体としての生命バランスを奪うというのは、
あっけない、そして劇的な変化です。


539 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/27(火) 01:54:28
誰か戒体発得した人いる?
一回受けたら永久に守らざるを得なくなる仏性の戒だと聞いたが
そんな気配もない。もっと長い目で見なくちゃいけないのかな?

540 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/27(火) 07:39:47
>>538
魚が苦痛を感じているかどうかは誰にもわからない。
しかし、人間には言葉があるからはっきりとわかりますね。
人間はたぶん、どんな生物よりも死を恐れ、生に執着する
ように作られていると思います。それは私には、大事なこと
に思えるのです。
神の御技といってもいい、菩薩の修行といってもいい、
ただ、バランスをとらないと、生への執着だけでは車輪の
オイルぎれのように前に進めなくなってしまう。それを再び
前に進むためのオイルがお念仏ではないでしょうか。

けちゃさんの言われることはわかりますが、魚を毎日さばいて
いる板前さんが苦痛を恐れないなんて話は聞いたことがありませんよ。

いいお話しですけど、さらに精進してください。


541 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/27(火) 09:15:07
>>540
「苦を取り除く」という問題が「苦を消滅させる」ことか「苦を苦として受け入れる」ことか
という問題だね。大事なようなどうでもいいような。


542 :けちゃっぷ:2005/12/27(火) 12:13:27
>>540 人間は「死」という概念に恐れを抱く。
それは、畜生にはない悩みかもしれません。
そのかわり畜生は、いつもビクビクそわそわ、
小さな物音にも怯えながら暮らしています。
いつも恐怖と隣り合わせの生活ですね。


543 :けちゃっぷ:2005/12/27(火) 12:28:02
>>541 6根と6境と6識が接触するから、悩むわけですよね。
苦痛を感じる器官・苦痛を与える環境・苦痛を認識する心の3者が、
ほんとは別々のものだと理解できればいいのですが。
注射の痛みを感じる皮膚・注射する医者・注射を認識する私の心、
注射の場合は、わりと冷静に、注射の痛みを客観視できます。
なぜなら、注射の痛みは数秒で過ぎ去る「無常」な現象だとわかってるし、
健康のために必要だからわざと注射されているんだという、
「因果の道理」も理解できるからです。
もし、注射の痛みが永久に無間に続くと想ったら、注射は恐くなります。
もし、注射は何の意味もなくただ痛いだけだと想ったら、
医者の手をふりはらって逃れたくなります。
しかし、普通の大人は、注射に関しては智慧がはたらいていますから、恐くないのです。

544 :けちゃっぷ:2005/12/27(火) 12:39:42
注射の痛みと、「わたし」とは、実は別のものです。
「わたし」が注射されているのではなく、皮膚という物がそこにあり、それが針で刺されただけです。
注射されたのは「わたし」でもなく、「わたしの」皮膚でもない。
ただ、「わたし」には、皮膚からの刺激を感じ取る能力が備わっているだけです。
認識した刹那だけ、痛みを感じるのです。
次の刹那に別のことを認識すれば、
その刹那は、皮膚で起きている痛みという現象は消えませんが痛みを感じない。
月は消えなくても、月から目をそらせば月は見えない。
でも、月は消えていないから、もう一度月を振り替えれば、
あいかわらず月が消えていないと感じる。


545 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/27(火) 13:29:25
毎月二千円ほど念仏費用として徴収してるようなんだけど
念仏に参加すらしてないのに出さないとダメなの?

546 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/27(火) 13:32:35
>545
それは何の話?

547 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/27(火) 13:36:20
>>546
昔から徴収してるようで俺もよくわからないんだけど、スレ違いでしたか?

548 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/27(火) 13:51:27
>547
というか、どっかの寺が檀家から徴收しているのか、
宗内のどっかの団体が徴收しているのかわからなきゃ、
レスのつけようがない。

549 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/27(火) 14:11:40
>>548
あ、檀家です すみませんでした。 この手の話しは疎くて……
もう祖父母が亡くなってから20年近く払ってるようなんです

550 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/27(火) 14:12:26
>>544
人間というのはやっかいなもので、一度だけ、人の血を見て気を失いかけたことがあった。
ほっそりした幽霊みたいなおばあさんが、検査のために耳たぶを切られるのを真後ろで見て
いて「スーッ」と意識が遠くなった。
もちろん、そのあと自分の扁桃腺の手術のための血液検査がという不安があったのだろうが、
たぶん、人の血を見て己のものと認識して痛みを感じる生物も人間だけでしょう。

釈尊の考えには背くようだけれど、仏は人間だけのものだと思いますね。動物にとって
は人間が仏なんだと思います。それは人間が偉くて何をしてもいいというのとは違う。
動物の生殺与奪の件を持っている、持たされているということ。だから命を奪う時には
痛みを感じなくては・・・・・・・・・ああ、そうか。それで人間だけが共感というチカラを持たされて
いるのですね。



551 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/27(火) 17:24:30
>>549 毎年決まって払っているのは、他にもありますか?
その寺では「念仏料」と呼んでいるけれど、
斎米(ときまい)料のことかもしれないから。

552 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/27(火) 19:52:05
>>551
うちは維持費だなぁ。
東京なんかは、会費みたいな感覚で徴収しているって聞いたよ。
あの辺は、檀家ではなく会員(メンバー)みたいな感覚と聞いた。

553 :ごんべい:2005/12/27(火) 21:35:48
成満、増上寺。悲しい話も聞いたな。

554 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/27(火) 22:26:40
>553
何があったんですか?昔の百山みたいな事件?

555 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/27(火) 22:55:59
俺、聞いたけど、ちょっと言えない。

556 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/27(火) 22:57:26
>>554 昔の百山って何?

557 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/27(火) 23:16:51
>556
これも公言が憚られます。

558 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/28(水) 00:39:06
念仏料とか十念料とか聞くけど、南無阿弥陀仏って一体いくらが相場だろうね?
阿弥陀は語義からして無限だけど、聖号になると有限の値がつくよね。

559 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/28(水) 15:29:36
浄土宗の伝道ってどうなの?
人材や効果のほどは?

560 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/28(水) 17:06:47
>>559
伝道といっても教えをひろめるというよりも、
念仏をひろめるとか仏の心をひろめるとか、
その程度の漠然とした内容が多い。
だから教えをひろめられる人材もないし、
講演も他の分野の人に人生観を語ってもらう。
面白い話だったで終わって、念仏にはつながらないから効果もね・・・

561 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/28(水) 19:52:22
けちゃっぷの言うモルモン教もみたいだけど創価、親鸞会とかものすごい信念に徹してやってる人がいる。
どうやったらそんな人材が育つのか?若くて有望な人材の心をつかむにはどうすればいいのか?
伝道とか布教の分野は、新興団体から大いに学ぶ点があるだろうね。


562 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/28(水) 21:04:48
>>561
創価でも親鸞会でも、若い人たちがきちんと教学を学んでいる。
資格としているからみんな勉強に熱心。
今、教学が揺らいでいる浄土宗としては、
その点だけは学ぶべきだろうね。


563 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/28(水) 22:55:52
結局、やる気がある人間が少ないと思うんだが・・・
俺も、やる気がほとんどない。

564 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/28(水) 23:50:34
てかさ、教団というものの存在意義がなくなってしまったんじゃないか。
既成教団(浄土宗はもちろんのこと、煎餠や新興宗教も含めて)は人間の役に立ってんのかなぁ。
個別のお寺や教会の個別の坊さんや神主さんや牧師さんや神父さんは頼りにされることはあるけれども、欲望にまみれた教団組織はどんな教団でも害毒でしかないんじゃない?

565 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/28(水) 23:56:14
浄土宗限定で言うとさ、今の総長って俺、好きなんだよね。
佛大を大きくした原動力ってあの人の仏教観に基づく信念なんだよね。
きっと今の総長としての仕事だってそういう信念に基づいているものだと思いたいのよ。
でもさ、組織って自己保存本能が働くだろ。
浄土宗にしても佛大にしてもそれでおかしくなっちゃってんじゃないのかね。
新聞沙汰になっている浄土宗関係の学校法人の話題だってあんがいそのあたりに根があったりして。

566 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 13:24:08
ネパールに出現中の「釈迦の化身」と言われてる
15歳の少年、ラム・バハドゥール・バムジョン君。
7ヶ月断食断飲で瞑想して、あのふくよかさ・・・
6年間瞑想の予定だそうだ。
熱心な仏教徒がいる国には仏教に関わる珍しいことが起きるんだね。
いまの日本じゃ、起こらないだろうな。

写真で眺めると筋肉質で太い首してるんだよな。

有り難い言葉を語ってくれないかな・・・・

567 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 14:57:02
>少年の仲間によると、少年は6カ月間、食べ物や飲み物を一切口にせず瞑想を続けているという
>少年は夜になると信者によりカーテンの中に隠される。
>村には大きな経済的効果が生まれている。
>少年の周りには出来合いの店が数多く開かれ、寄付などを募り、既に多額を得ている。

568 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 16:13:24
宗教って厄介な文化だな。

569 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 16:39:11
>>565どの学校?京都?

570 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 17:18:03
>>569 浄土宗の宗務総長のことでしょう

571 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 17:19:22
後半の学校法人の話です

572 :570:2005/12/29(木) 17:19:31
>>570 ごめん、読み間違ってた

573 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 17:29:56
>>566
けちゃっぷの好きそうなネタだ

574 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 17:32:30
>>572
どの学校の話でしょうねぇ?

575 :けちゃっぷ:2005/12/29(木) 17:34:46
もとき選手の出身校のこと?

576 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 17:37:37
もとき選手てだぁれ?

577 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 18:08:23
新聞に載ったといえばあそことあそことでしょう。

578 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 18:20:38
そことそこを教えてたも

579 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 18:30:41
布教の授業の時、三枝木さんだったかな?
「念仏信仰は世界宗教になることのできる教えだ」と
力説していたけど、世界を知らない人がそんなこと言ったてぇ〜
と今さらに思う。
キリスト教のパワーには太刀打ちできない。
何せ地球上の三分の一以上の信者を持つ宗教だからなぁ。
俺の孫の代にはどうなってるんだろう?

580 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 18:39:12
>>576 じゃいあんついんたいした人

581 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 21:11:39
>>579
俺は俗人で宗教ったって大学でレポートAとった程度だけど、
世界中が浄土宗を信じるようになったら、みんな幸せになれると思うよ。
けちゃっぷのいう通りだよ。戦争する理由もなくなるんだから。

昔は殺し合わなくては食料不足で誰かが死ぬことになったけど、
現代のエネルギーを食料自給に使えば誰も不当に飢え死ぬことは
ないだろう(そのかわり、強力な産児制限が必要になるけどな)。

みんなが死後の幸せを約束されれば、もっと穏やかに生きられると思うよ。

「人間はもっと欲深いものだ」という水掛け論以外の反論はできないと思うよ。


582 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 21:22:01
>>581
キリスト教やイスラム教、そして仏教の他宗派の教えだって、
素晴らしい教えなんだぜ。

583 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 22:53:40
>>581
> みんなが死後の幸せを約束されれば、もっと穏やかに生きられると思うよ。

で、死んだら幸せになるから、現実はあきらめろってことか・・・
それで満足しなさいってことね。

584 :けちゃっぷ:2005/12/29(木) 22:58:54
>>583 現実の幸せって何なのでしょうね。

585 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 23:07:07
>>584
衣食住が安定してるってことだろう。
人生の基本だ。

586 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 23:11:46
全人類がそれを信じたら幸せになれるというなら、キリスト教やイスラム教にしたって同じことでしょうね。
明らかにそうなることはない以上、できるだけ宗派宗教の対立から離れた超宗派的傾向を持ち、
寛容で融和的な宗教がいいでしょうね。

587 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 23:22:20
一色で塗りつぶそうという発想に間違いがある。
どんな宗教がでてきても同じ。
理想の適わない世界なんだ。
「違いを認め合う」ことがどんな宗教にも不可欠な時代にはなってるし、
各宗教宗派の指導者たちは、すでにその程度のことは十分認識してる筈。

588 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/29(木) 23:53:41
>>587
> 各宗教宗派の指導者たちは、すでにその程度のことは十分認識してる筈。

口先ではそう言っても、現実には「宗教」として認めていない。
存在は否定しないが、対立になれば、不寛容なようだ。
日本人はその点、結構のんきなところがあるが・・・

589 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/30(金) 14:07:13
今夜 江原啓之「天国からの手紙」フジ系で放映されるな。
あの能力は極楽浄土への往生を伝える身にとって無視できない。
「死後の世界とは」「天国と極楽とは」・・・

念仏信仰なくても、「天国」と言われるような素晴らしい世界へ
魂は行けるのだろうか?

590 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/30(金) 14:10:27
で、問題の学校法人はどことどこ?

591 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/30(金) 15:52:04
>>589
念仏で行くのは「浄土」や「極楽」と呼ぶ世界。
仏教徒は「天国」には行きません。
もしも、江原にその区別がついてないなら恥だ。

592 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/30(金) 16:54:18
>>591
言葉に捕われていすぎ。
同じものでも、いろんな言語で表現されるぜ。
真実を見抜くことは難しい。

593 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/30(金) 18:43:31
>>592
天国と浄土が同じ?
キリスト教やイスラム教の天国の概念を知ってそんなこと言うわけ?
無知もはなはだしいな。
念仏して往生する世界は、その程度の認識か・・・・

594 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/30(金) 18:44:37
>>592
念仏とアーメンが同じだと言うようなもんだな

595 :けちゃっぷ:2005/12/30(金) 19:09:00
天国とは、同じ裟婆世界須弥山ビルの中で、
我々人間フロアより上に位置する階のことです。
一方、極楽など、他の浄土(仏国土)というのは、
他のビルのことなのです。
ですから、まったく次元が違います。
たいていのビル(仏国土)には、
天フロアから地獄フロアまで、六道が同居しています。
しかし、極楽ビルには、地獄フロア・餓鬼フロア・畜生フロアが、存在しません。

596 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/30(金) 20:24:48
>>595
そういう、誤解を生むようないいかげんな例えはやめなさい
何度言われても懲りないなあ

597 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/30(金) 20:27:59
>>595
君は天国の何を知っているというのだ
キリスト教やイスラム教の天国を本当に理解して言っているのか
そういう例えは他宗教に対する侮辱だぞ

598 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/30(金) 20:44:34
「本当に理解する」とは誰が判断できることなんだ?
「天国」の語源も、「極楽浄土」の語源も
もともとは異なる言語であった。
言葉だけで真実を見い出そうということに無理がある。

江原氏のような能力があって初めて伝えることのできる世界。

599 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/30(金) 22:21:44
>>598
> 江原氏のような能力

インチキで人をだます能力があれば、
言うことは何でも鵜呑みにするだろうね。

いいかげんにテレビのやらせに気付けよ。

600 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/30(金) 22:55:48
>>599
テレビはなんでもヤラセだと思ってるのが
オマエの性根が捻れてるって感じだな。

あれが全国ネットで放送されていて、
ヤラセなら、「詐欺罪」で訴えてみろよ。

放送局に抗議の電話ぐらいかけてみろ。

世のためになるぜ。

601 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/30(金) 23:37:49
>>600
全国放送のテレビなら信用しているのか可愛そうなやつ。
この頃はドキュメンタリーや報道番組でもやらせをやるが、
バラエティはみんなやらせで作られている。
常識があればそんなことはわかるだろ。
誰も詐欺罪が適応出来るなどと考えない。
テレビってそんなものだとみんなわかっているから。
テレビ番組を作る場面に少しでも付き合えばそんなことは常識だとわかるよ。
誰かテレビ関係に知り合いでもあれば聞いてごらん。
例えば細木の番組、全国放送だよ。あれがやらせでないとでも言うつもり?
こんなのもあるけど
http://homepage3.nifty.com/hirorin/natasha.htm


602 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/30(金) 23:45:09
テレビも宗教も、どっちもどっちだな。
芸能人、霊能者:聖職者、指導者。
結局見たこともない世界を、さも知っているかの如く語って収入を得る。

603 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/30(金) 23:58:01
>>601
テレビはヤラセで、ネットの情報は信じるのか?WWW
アッフォ〜〜〜

仏典の作成には、必ず
江原氏のような能力を持った仏弟子が関わってる筈だ。
そうでなければ、浄土三部経のような内容が真実として
伝えらることはなかったろう。

604 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/31(土) 00:14:49
>>603
情報リテラシーの問題だな。

まあ、実際にテレビの製作を見たことがないのなら、
ぜひ見ることですな。
視聴率を得るために何をするのか。
テレビを作る側の立場を考えればわかる。

605 :けちゃっぷ:2005/12/31(土) 00:18:18
>>596 仏教の世界観では、そうなっています。


606 :源氏波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/12/31(土) 00:19:24
やっぱりなー。

浄土三部経はやはりインドにはなかった。
50年前に誰かがインドに行って埋めてきて、最近発掘調査にいき
”あった〜〜!”と。(藁)

607 :けちゃっぷ:2005/12/31(土) 00:28:36
>>606 大乗非仏説を言いだすと、法華経も否定することになりますが、
波木井さんは、その点をどうお考えですか?

608 :源氏波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/12/31(土) 00:29:49
あ、どうもけちゃっぷさん

五時八教をという時間性を否定しても純円経である立場は揺るがない
というわけです。

609 :源氏波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/12/31(土) 00:30:22
>純円経
純円教、に訂正。

610 :けちゃっぷ:2005/12/31(土) 00:34:54
>>608 内容で勝負ということですね。
円教とは、一乗を説いた教えのことですか?

611 :けちゃっぷ:2005/12/31(土) 00:37:22
三乗の区別自体が、大乗の思想ではないでしょうか?
原始仏教は、円教ではないのでしょうか?

612 :源氏波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/12/31(土) 00:38:31
>>610
そうです。中身で勝負、ということしかないでしょう。(苦笑)
大乗経典がそのものが釈迦入滅後ということですから。

あとどの宗派も宗祖本佛論を導入するか活佛思想をいれていかないと
釈迦との連続性がない。

これも今後の課題ではないでしょうか。

浄土系はどうですか?宗祖本佛論論議はありますか?

613 :源氏波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/12/31(土) 00:39:36
>>611
課題がありますね。そういう部分で今後の。

614 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/31(土) 00:40:25
>>612
なあ、ミゾグチよ。
お前は今もこんな物を持ち歩いて男子高校生を物色しているのか?

溝の何時も何処でも持ち歩いている、茶色のはげたバックの中身は、

以下の9点 確実に職質の際は不審者として連行間違いなし。

手錠
合ドラ ラッシュ黄色
ラブオイル 肛門強姦用
紐 縛る為
コンドーム 小
皮のピチピチパンチ
皮の目隠し
皮の鞭
皮の顔面拘束具

615 :源氏波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/12/31(土) 00:42:50
>>614
連続コピペ荒らしとして運営側に報告しておきますよ。
ご苦労様。(^^)/

616 :源氏波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/12/31(土) 00:46:59
ま、けちゃっぷさん、
上座部仏教が円教えかどうかはともかくも、化法の四教は時間性を
問わない。教の深浅で教判している。

浄土系ではどう大乗非佛説を取り入れていっているか教えてほしいです。

617 :けちゃっぷ:2005/12/31(土) 00:49:11
>>612 大乗がゴータマ・シッダールタの直説ではないと認めた場合、
大乗を仏説にするためには、宗祖本仏論が必要ではないか、
という問いでしょうか?

浄土宗の場合、善導大師が阿弥陀仏の化身とされていますが、
お経の中で教えを説いているのは釈尊なので、
三部経が釈迦仏教である直接の証とは違いますよね。
でも、阿弥陀仏自身が善導として現れて、間違いないと説明してるわけです。

618 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/31(土) 00:53:09
>>604
自分がメディアの全てを知ってるようなことをぬかすな。

江原氏の能力を否定するんだったら、自分で会って確かめてこい。
そして、ネット使って 暴露話を公表してみろよ。

619 :けちゃっぷ:2005/12/31(土) 00:58:49
>>616 学問としては、お経の研究はされています。
しかし、仏教学と宗義は連動していませんね。


620 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/31(土) 00:58:55
>>615
どうぞ、ご自由に。
あんたこそ、警察に逮捕されるのは時間の問題だと覚悟しておきなさい。
そして、今まであんたが犯してきた罪を償う事だけを考えていなさい。
留置所のベットは冷たいからね。

621 :源氏波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/12/31(土) 01:00:55
>>617
なるほど。

しかし日蓮系でも久遠実成釈迦牟尼仏が登場して、法華経は最高の
教えで、この経の説いていることは間違いない、と言っているわけです。

けちゃっぷさん、浄土系は日蓮系ほど大乗非佛説を深刻に受け止めて
いないんですかね?

622 :源氏波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/12/31(土) 01:02:29
>>620
はいはい。逮捕逮捕と聞き飽きたよ。(苦笑)
いつになったら俺は逮捕されるんだい。三年前から聞いているよ。
で実際所轄警察生活安全課に行って相談しているのおは俺のほうだよ。(苦笑)

623 :源氏波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/12/31(土) 01:03:39
>>619
事情は日蓮宗なんかも同じですね。

宗義と歴史は別に教えていますから。

624 :けちゃっぷ:2005/12/31(土) 04:20:28
>>621 大乗非仏説をあまり深刻に受けとめていないかもしれませんね。
末法思想があるから、
どのみち現存する仏教は不完全なものばかりだ、
と想ってるのかも。
あと、阿弥陀仏を実在ではなく理の存在としてとらえ、
方便や喩え話の一種、あるいは法身仏・宇宙仏として理解し、
納得しちゃおうとしている人もいるでしょう。
キリスト教徒がイエスの復活を信じているような、
実話としては、信じていない人もいる。
“他力”を、
縁起・相依相関・インドラの網の喩え話みたいに
理解してる人もいるかも。


625 :けちゃっぷ:2005/12/31(土) 04:24:44
阿弥陀仏は、今現在も極楽浄土で説法されています。

626 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/31(土) 10:06:23
イエスの復活を歴史的事実として信じるのと、
同じ意味で阿弥陀仏を実在というのなら、
それは法然上人の説かれた教えや浄土教から外れるでしょう。

627 :けちゃっぷ:2005/12/31(土) 14:26:00
>>626 その理由は?

628 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/12/31(土) 16:05:33
>>626
イエスの復活は、時間と空間の座標軸のなかにある相対的な世界、
この現世における、歴史的事実として信じることに意味があり、
阿弥陀仏や浄土は、空間と時間を超越した存在。
アミダが無量寿や無量光であるのは、そういうことだろ。

629 :けちゃっぷ:2006/01/01(日) 17:08:58
>>628 無量寿・無量光を実現されたのは、
法蔵菩薩が阿弥陀仏になってからの話でしょう。
菩薩時代があって、今の無量寿・無量光がある。
報身仏なのだから。

630 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/01(日) 17:49:47
>>628
「空間と時間を超越した存在」?
軽々しく、こういう表現使ってるけど・・・
空間と時間を超越するということはどういうことなのか?
説明できるのかな?
科学者に笑われちゃうよ。空間とは?時間とは?
勉強すると奥が深い概念なんだ。

631 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/01(日) 19:00:04
>>630
現世の相対世界の概念である科学で認識できないということだから、
科学的に空間と時間を超越すると理解しようなんて無理ですよ。

632 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/01(日) 19:01:03
>>629
もう一度勉強しなおせば?

633 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/01(日) 21:02:15
>>631
空間と時間について無知な人間が、
「空間と時間を超越する」なんてことを軽率に述べるべきじゃないぞい。

634 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/01(日) 21:11:24
>>628さんは
イエスを実在と論じ

阿弥陀をについて

>阿弥陀仏や浄土は、空間と時間を超越した存在。

と表現するのではなく、阿弥陀仏や浄土は、空間と時間を超越した働きとすればよかったと思う。

635 :けちゃっぷ:2006/01/01(日) 21:18:24
>>632 本願を成就した結果、無量寿・無量光を体得されたのですよ。


636 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/01(日) 21:23:12
でも今は悟りを捨てて、法蔵菩薩となって衆生を救っているんですよね、だから阿弥陀如来は存在せず本願のみがあると中国浄土教では言うみたい

637 :けちゃっぷ:2006/01/01(日) 21:42:14
>>636 本願を成就した阿弥陀仏だから救えるのであり、
本願成就前の菩薩にもどる必要もないのではないかと思います。


638 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/01(日) 21:58:49
>>637
しかし、阿弥陀と浄土の実在を証明するのが浄土教ではないでしょうし、阿弥陀はいないのでは?
本願のみが在ると思いますが………

639 :牛飼い:2006/01/01(日) 21:59:17
五教九山

640 :けちゃっぷ:2006/01/01(日) 22:02:49
>>368 すくなくとも浄土宗の教えでは、阿弥陀仏が実在しなくてはなりません。
“本願はすばらしい理念だ”というだけでは、他力にならないでしょう。

641 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/01(日) 22:07:48
ちょっとまって、阿弥陀を認識する自分と本願の働きにより、認識的存在としての働きにおいて阿弥陀はいる、しかし、実存在として阿弥陀を肯定しては仏教ではないでしょう?。

642 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/01(日) 22:13:09
>>635
阿弥陀仏は、本願成就の後だから、法蔵に話を戻す必要はないだろ

643 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/01(日) 22:14:52
>>640
阿弥陀仏を実存在として、歴史的実在の釈尊やイエスと同列に考えるのはおかしい

644 :けちゃっぷ:2006/01/01(日) 22:32:22
>>641 浄土宗は、お経のままに素直に信じる教えです。
ゴータマ・ブッダの教えとは異なりますが、
ゴータマ・ブッダの弟子の弟子の弟子の…弟子が、
浄土宗を創り、今も維持しています。


645 :けちゃっぷ:2006/01/01(日) 22:35:30
>>643 あなたがおかしいと感じるのは無理ないですが、
浄土宗の教義では、阿弥陀仏とは、現に極楽におられて説法しているお方です。

646 :けちゃっぷ:2006/01/01(日) 22:39:27
>>642 阿弥陀仏の寿命に終わりはないかもしれませんが、始まりはあったのです。


647 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/01(日) 22:44:47
けちゃぷさんは、阿弥陀の実存在を肯定すると?
阿弥陀は有であり実存在である根拠は?

648 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講@佛所 ◆xd7mxrd9Z6 :2006/01/01(日) 22:49:35
興味さんもけちゃっぷさんも電波男さんの掲示板にご参加されては
いかがでしょうか。

649 :けちゃっぷ:2006/01/01(日) 22:52:01
>>647 お経に書いてあるという根拠はありますが、物証はありませんね。
ただ信じるのみです。
もし阿弥陀仏が実在するとわかった時に、念仏してなかったら後悔するでしょ?
いつ証拠が発見されてもいいように、
阿弥陀仏が存在すると証明された時にそなえて、
念仏しておくべきです。

650 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講@佛所 ◆xd7mxrd9Z6 :2006/01/01(日) 22:53:13
>>624
日蓮系にはすでに弥勒菩薩信仰に走る団体もあるわけですよ。
例えばインナートリップ霊友会のような。

56億七千万年後に仏になる弥勒さんを拝んじゃっているわけです。
かなり気が早い。(笑)

幸福の科学は創価学会教義に飽き足らない幹部集団が学会を離脱して、
作ったといわれていますが、”釈迦の本懐”でエルカンターレしちゃう
集団なんかも日蓮系から派生しています。

651 :けちゃっぷ:2006/01/01(日) 22:55:21
>>648 たまに視てますが、専門外なので。
それに、電波さんは修行方法・実践しかたについては、説いていませんからね。
何をどうやって修行すればいいのかがないと、ただの学問で終わってしまいます。

652 : 【小吉】 【1097円】 :2006/01/01(日) 22:55:51
■ 困った人
Date: 2004-12-12 (Sun)
ゲイの友人のM口氏 彼は,三年程前にミャンマーの私の自宅へ遊びに
来ればと言う,軽い社交辞令を其の侭鵜呑みにして,来麺した1人である.
彼は,富士山の麓に住み長年の友人であり,私の経営するビデオ製作会社の
元社員という,見た目は,異端を極める人である.
その風貌は,チビまるこちゃんを其の侭親父にして,50代にしたみたいな感じ,,
その彼が 滞在した一週間まるで嵐のような日々であった.
この地では,男女問わずして,肌の露出 特に太ももなどの露出は避けるのが
通例であるが,なんと背の小さい割に八十キロぐらいある彼,ピチピチモッコリ
トランクス,肉に喰いこみ,丸でブリーフのような状態である.
その姿で,天下の往来を歩くのである.靴は,白い靴下に革靴である.
あああぁぁぁぁ困った,一緒に歩くと大変である.人々が皆一様に振り返る
そんでもって,顔は,親父チビマルコ,,,,,,頭には,チビマルこそのものの
カツラ,,,,,,,,
そのカツラが又酷い,誰が見てもそれと分かる代物である.
ミャンマーにもカツラが安貨にて購入できるがあのように一目でわかる代物ではない.
のみならず,通行人やサイカーの運転手の男に どんぐり眼で流し目 色目の嵐である.
目を白黒した現地人 靴 パンツ,頭,交互に見て,噴出している.
現地人 〔頭が可笑しい,その帽子はなんだぁ〕と,,,,,,,
M氏 が何と言っているんだって問うので
些か,其の侭訳す事が出来ずに 何処の国からきたのですか
と言っていると言うと,本人大真面目にジャパンッと答えていた.

その間に道は,人だかりが出来てしまう,見世物ではないんだからと
慌てて逃げ帰るが,彼概ね気が付けばいいものだが,人々が一斉に
股関と,頭を見ているのに,一向に意に帰さない.
あれほど図太く生きていけば,それなりに幸せなのかもしれない.
帰宅後 彼 〔僕って人気者かもしれない〕って,,,,,,
返す言葉は無い.


653 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講@佛所 ◆xd7mxrd9Z6 :2006/01/01(日) 22:56:38
>>624
しかし釈迦誕生・入滅時期が新たに確認され、大乗非佛説が出てくることによって
とうの昔に五時八教は崩壊しているわけです。

つまり現在、実は末法じゃないのかもしれない。実は像法の時代かもしれない。
なので時間性より経典に書かれている中身で勝負していくしかないのでは。

654 : 【大吉】 【1131円】 :2006/01/01(日) 22:56:55
その彼が本気に怒ったのは,プールサイドでの出来事.
うちのスタッフ五人ほどが,一人離れたリクアイニングチェアでくつろぐM氏
に,忍び寄りプールに突き落とそうとした時である,あらん限りの声と力で
その五人を恫喝して,脱兎の如く1人で家まで逃げ帰ったのである.
その後口を開いてくれない. 貝になってしまった.
なんも 彼の身体上の特徴を愚弄する気は毛頭ない.人は有りの侭生きとし生きるべきである.
何でも誤魔化そうとするその姿勢自体が失笑ないし,怒りを買うのである.
そんな彼ではあるが,彼自身,悪い男ではない,
数少ない友人の1人だと今でも思っている.
そんな彼の今後の人生が男運にうんと恵まれて,
被り物等取り去って,ニコニコ笑って,楽しい人生であればと,
心から思っている.
春に帰国したら,久し振りに突然富士宮の家を訪ねてみようと思う.


泳いで,取れちゃったら,アッハハハ 取れちゃった,ぐらい言って気楽に過ごした方が
人生どんなにか楽しいものだと思う.

そうそう,その彼と,一時のアバンチュウ―ルヲ楽しんだ 自転車サイカーの
運転手の男がM氏のミャンマー来訪を望んでいる事も付記しておく.
そうそう,中華屋のウェイターの小僧年齢17だったから,はげのやったことは,
児童買春と言うれっきとした刑法違反だよな
どの様に被害届を出させようかな.

台湾系の良からぬ人々に貴殿の事を覚えているかと問うたら
噴出しながら忘れもしないあのピンクの短パンは,何だったのか,
あれが日本のスタイルかと言われてしまって,恥かしかったぞ,

655 : 【小吉】 【922円】 :2006/01/01(日) 22:57:35
それと彼の口癖の議員にコネがあるとか
議員の秘書見たいな事をしていたと言う真相は下記の通り

所属議員政党のボランティア要員 無給の雑役係 お茶組
上の方にも書いてあるが,議員に聞くとは絶対に書けない
議員秘書に聞いてみると言うところが彼の正直な所か,,,

それを自主憲,,,,,,,とは笑止

大臣を会社に呼ぶと言う事と,ハゲが議員秘書に問い合わせするのは,
同義的に考えてはいかんよ,

656 :けちゃっぷ:2006/01/01(日) 22:58:16
>>650 日蓮系と弥勒菩薩って、どんなつながりがあるんですか?
南無妙法蓮華経だけでは不足なのでしょうか?

657 : 【大吉】 【1円】 :2006/01/01(日) 22:59:37
>>656
やめておけ。
そいつは精神異常で性犯罪者の創価学会のホモザルだよ。

658 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講@佛所 ◆xd7mxrd9Z6 :2006/01/01(日) 23:00:56
>>651
では、大谷派の三吉さんなんかもよんじゃいましょうか?

電波男さん実は修験宗の行者だった方なんですよ。
今は還俗されていますが、修行方法・実践方法もかなりの
修行を積まれた方なのです。

659 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講@佛所 ◆xd7mxrd9Z6 :2006/01/01(日) 23:02:25
>>656
いんなぁ〜とりっぷぅしちゃわないとわからないかもしれません。
(実は私もようわからん(大笑)

霊友会は身延にもよくきますが独特な波動を放射していますね。(笑)

660 :けちゃっぷ:2006/01/01(日) 23:03:46
>>653 教義を変えるか付け加えないかぎり、解決されないんですよね。
まるで憲法第9条です。
原理主義でも叩かれるし、教義を逸脱しても叩かれます。


661 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講@佛所 ◆xd7mxrd9Z6 :2006/01/01(日) 23:05:52
>>660
まぁ、日蓮宗らしく、戦後になってから信徒団体の教義については
うるさく言わないんですよ。(笑)

うるさく言ったら日蓮正宗と創価学会のように骨肉の争いの大喧嘩
になっちゃうわけでしてね。

662 : 【大吉】 【628円】 :2006/01/01(日) 23:05:59

はげ口浩(ハキリ)とはこういう男(w

ハンドル名:波木井坊竜尊@日蓮宗葵講(ハキリボウリュウソン@にちれんしゅうアオイコウ)
本名:口浩
住所:静岡県富士宮市万野原新田、母親の家に同居、もうじき40歳だというのに親がかり
職業:有限会社エルノルテ代表取締役(ミャンマーの女衒と取り引き)

ここでいう女衒とは誰の事だろう もしや


663 :けちゃっぷ:2006/01/01(日) 23:07:04
>>658 電波さんは、浄土宗の僧籍もお持ちらしいです。


664 : 【凶】 【1455円】 :2006/01/01(日) 23:08:47
君もホモザルとなってアナルにゴーヤを入れないか!?
--------- -------------------------------------
       ∨ 
    ビシッ / ̄ ̄ ̄ ̄\
    / ̄\( 波木井坊竜尊_)     
  , ┤    ト|ミ/  ー◎-◎-)    
 |  \_/  ヽ    (_ _) )   
 |   __( ̄ |∴ノ  3 ノ    
 |    __)_ノ ヽ     ノ    
 ヽ___) ノ    ))   ヽ.
ズラ被り ちんぽしゃぶり ホモ カッパハゲ 引き篭もり
無職 マザコン 45歳で妄想癖 インポ 短小 精神異常
性犯罪者 などに興味がある人は、ここに急げ!

静岡市内のおもしろいホームページ見つけた!
http://shizu.0000.jp/read.php/shizuoka/1101527275/
静岡市内のおもしろいホームページ見つけた!2
http://shizu.0000.jp/read.php/shizuoka/1132214301/
静岡市内のおもしろいホームページ見つけた!2
http://shizu.0000.jp/read.cgi/chubo/1132560519/
このはなインターネット@富士宮の被害者→
http://shizu.0000.jp/read.php/pcnet/1012533065/
【創価学会】葵講を許すな!20【犯罪組織】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1135602727/

665 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講@佛所 ◆xd7mxrd9Z6 :2006/01/01(日) 23:19:43
ええ、昔聞いたことがあります。

その前は学会出身僧で日蓮正宗で出家し学僧のご経験が・・・。

正宗学僧ー>浄土宗僧侶ー>修験道行者
ですから向かうところ敵なしですね。

666 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/01(日) 23:19:59
ジーグフリード禿口のプロフww
↓他の人に迷惑がかかる部分は伏せ字でwwwww↓↓↓
******** MONOC 理想はセーラー服の似合う美!少年ジークフリート
****** 94-**-** **:**:** ******** ID変更になりました!ジークフリート
  自己紹介します。
  エーっとぼくは静岡県に住む28才の社会人です。
  裏山が富士山というド田舎です!
 趣味 やっぱパソコン(AppleのClassic2とPower Book140)
  オペラ(ドイツもの)
    鉄道(別名テッチャン)
    占い(タロット占いです。)それと、、、男です!
 体格 身長170cm 体重63kg 色黒の中肉中贅で、
    髪は長髪、イメージ的には南方系でちょっとお目目
    が危ない!!!とノン気にまで言われます。   
 性格 明るい!のは確かです。黙っていると男っぽい!と
    言われますが、やさしい喋り方をするので、オネー
    サンッぽく見られますが実は結構厳しいかもしれま
    せん。 
 服装 最近はラフな格好が多くて、デニムのシャツにジー
    ンズ、皮ジャンかGジャンとか着ています。
 タイプ 女っぽくてかわいい男の子が好きです!
     特に甘えん坊ですぐすがりついてくるような子が
     最高!!それでいて機転が利いて頭が良ければもっ
     といいです。
  メール送ってね! ******** ジークフリート(溝●)


667 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/01(日) 23:30:19
ハキリの身長は160ちょいがいいところ。
体重は70は堅い。

長髪??
ママのズラを拝借したのだろう。

668 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 00:42:21
>>645
> 浄土宗の教義では、阿弥陀仏とは、現に極楽におられて説法しているお方です。

それと、阿弥陀仏が西方の極楽浄土におられる「実在」とするのとは違うだろ。
「実在」というのなら、どの方向の浄土におられる?
西方というなら、その「西」というのを実在的見地から説明できます?

669 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講@佛所 ◆xd7mxrd9Z6 :2006/01/02(月) 00:58:16
悪質な荒らしから具体的な氏名や住所、誹謗中傷された上に創価板で
以下のような脅迫を受けました。

明日、警察署に届け出をしてまいります。

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1135602727/883
883 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2006/01/01(日) 23:14:41 ID:???
>>882
なあ、明日おまえんちに新年の挨拶に行ってやろうか?
逃げずに待ってろよ。

670 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 01:00:16
>>669
はいはい、早く警察に自首してくれ。
お前が警察に行ってくれた方が、こっちの手間が省ける。
お前の過去の犯罪が、いよいよ白日の元に晒されるわけだ。

671 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 01:06:41
愚者です。あけましておめでとうございます。
なんでしょうね、新年からのこの盛り上がりは。
今日、神社の前を通りましたが、時間がなかったし、「漏れは去年から
仏教徒だ」と思って特にお祈りはしませんでした。まあ、時間があったらしたでしょうが。

今年も江原教徒を攻撃し、けちゃっぷさんをひそか応援します。南無阿弥陀仏。



672 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 01:07:52
あ!わかった!
新年の挨拶に行くから逃げるな!といってるのに、警察を逃げる口実にしてるのか。
どこまでも卑怯なホモザルだな、ミゾグソって。

673 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 01:39:46
>>668 証明できなくても信じなさい。

674 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 01:49:08
>>668 逆に質問いたしますが、
あなたは、阿弥陀仏という存在をどのように理解なさっていますか?
実在しないというのですか?
あ、もちろん、実在といっても、名色が空であるという前提での話ですが。

675 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 01:57:34
>>674
復活したイエスという歴史的存在と同列に「実在」と述べておいて、
今さら「空」だと誤魔化すのはないでしょう。

676 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 01:59:42
>>675 過去も現在も、ケータイもパソコンも、空です。
仏教ならあたりまえの話ではないですか。
釈尊もイエスも阿弥陀仏も空ですよ。

677 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 02:05:08
空だけれども、実在すると思ってる人にとっては、実在すると感じられるのです。
幽霊だと思った人にとっては、たしかに幽霊だったのです。
柳の木だと思った人にとっては、たしかに柳の木だったのです。
阿弥陀仏が実在して救ってくれると思っている人にとっては、
たしかに阿弥陀仏が実在し救ってくれるのです。

678 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 02:30:48
そんな何でも空だ空だと言い出したら、ユニコーンやドラゴンと、動物園の実在の動物とが変わらなくなって、混乱してしまう。
もし子供にみんな同じだよと教えたら、どうなってしまうのか?大変弊害があろう。

想像上の動物と実在の動物をはっきり区別すべきであるように、実在の釈迦世尊と想像上の阿弥陀仏は区別されるべきだ。
阿弥陀仏は仏教の理想、万民救済の象徴であると理解したい。

それを、浄土が実在して阿弥陀仏がいて死んで肉体を離れたら霊が浄土に生まれ変わって神通力うんぬんなどと言い出すから
カルト宗教になってしまう。
南無阿弥陀仏と起き、南無阿弥陀仏と歩き、南無阿弥陀仏と座り。そういう日常の中で自然に仏教が活かされる教えであると思う。

679 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 08:38:09
【矛盾】「江原教徒を攻撃し、けちゃっぷを応援する」

680 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 10:01:57
法のはたらきを阿弥陀仏と名付けているだけであって、
イエスや釈尊のような歴史的実在というのと、
阿弥陀仏がおられると信じるというのは区別をすべきでしょう。
大学までいかれたのなら、学ばれたはずでしょう。

681 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/02(月) 10:09:37
私も阿弥陀と言う、実存在なんてない、ただ本願の働きがあるだけだと思う。

682 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 12:35:18
>>680 では、「他力本願」とは何なのですか?


683 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 12:42:46
>>678 今、あなたは動物園にいるのですか?
過去のあなたと今のあなたは別の物体であり、
「動物園」の記憶も、別の物体である過去のあなたから受け継いだ記憶をたよりに認識しているだけであり、
今、現実に目の前に在るわけじゃないでしょう?

684 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 12:49:06
>>681 「阿弥陀仏」も「実在する阿弥陀仏」も、ただの名前です。
名前は、五感で認識されたことがらにラベリングされます。
角砂糖を視て、『これは「実在する阿弥陀仏」である』と名付ければ、
「実在する阿弥陀仏」を現に視ていることになります。
他人が「月の光」とラベリングする時に、
僕が「阿弥陀仏の光明」とラベリングすれば、
他人にとって「月の光」が実在するように
僕にとって「阿弥陀仏の光明」が実在するようになります。

685 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 12:51:51
最終的には、何を見聞きしても「南無阿弥陀仏」とラベリングされるように、
何が入力されても絶え間なく「南無阿弥陀仏」と出力されるように、
そういう五蘊にわたしはなりたい。

686 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 12:51:58
>>682
他力本願とは阿弥陀仏のはたらき。


687 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 12:53:40
>>686 では、「阿弥陀仏のはたらき」とは何ですか?

688 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 12:54:43
>>684
自分が実在だと信じているということと、
イエスや釈尊が歴史上の実在だということは異なる

689 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 12:56:04
>>680 で「法のはたらき」とおっしゃってますが、
「法」とは、何ですか?

690 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 12:56:18
>>687
本願

691 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 12:57:16
>>689
真実

692 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 13:01:14
>>688 「イエスや釈尊が歴史上の実在だ」という情報も、法(意根が感知する対象)ではないですか?
歴史の教科書のページに反射された日光は物質かもしれませんが、
その日光が眼から入力されたことに反応して識から出力されてくる
「イエスや釈尊が歴史上の実在だ」という情報は、
物質ではないではありませんか?
ただの名称ではないですか

693 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 13:02:10
歴史的実在であった釈尊だけを仏とみた上座部に対し、
法(真実)のはたらきを仏とみて名をつけたのが大乗でしょ
その一人、阿弥陀仏のはたらきが本願
阿弥陀仏は歴史上の実在ではありません

694 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 13:06:02
>>692
お好きにどうぞ
これ以上はとても付き合いきれません


695 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 13:10:54
「法(真実)のはたらき」は、
今も昔も、地球の歴史においても、
実在するのではないんですか?
歴史上実在する「法(真実)のはたらき」を
「阿弥陀仏」と名付けるのなら、
阿弥陀仏は歴史上実在したことになるではありませんか。
言い方を変えると、実在したものを「阿弥陀仏」と名付けるのだから、
阿弥陀仏が実在することになるじゃないですか。

696 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 13:15:12
名付ける対象のない名称など意味がない。
名付ける対象とは、
六根で感知したもの。
六根で感知したものを、名称によってラベリングするのです。

697 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 13:32:30

ふむ。

ちと気がついたぞ。

「法」とか「色」とか、別の意味のある日本語を使うと、どんどん理解しにくくなる。
別の言葉か、あるいはいっそ源語か、できれば意味の近い英語あたりに置き換える
とすごく理解がしやすくなると思うけどなあ。


698 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 13:36:13
真理とは「仏教の真理」などという限定的なものはない。
真理は真理。真理に何教も何宗もない。宇宙と人間の真理だ。
その真理の一表現を阿弥陀仏と言い、また本願と名付ける。
人が南無阿弥陀仏と申しながら諸々の徳を具えて生きる中に、真理が具現化される。

それを名ばかり称えて西に阿弥陀仏がいるから死んだらそこへ行ける、などと思うなら、
そこに何の真理があろう?
死んで行くべき場所など無い。
今現在説法とは、たった今この身と宇宙に働く真理のはたらきであって、あの世で仏が法を説いているなどとは大いに誤解だ。

699 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 13:39:37
お経が意味不明に聞こえる呪文のままになったのと同じで
難しい言葉にしておかないと、何の権威もなくなった坊主の地位が危ういので
訳を難しくしているとしか思えない。

ただまあ、
たとえば「般若心経」を現代語訳したものはありがたいとも思えないし、訳もあって
いるとも思えない。

中では法華経なんかは講談みたいに面白いと白隠禅師もいっていたそうだが…。

で、けちゃっぷはわかりやすく言ってると思うのだけど、そうするとトンデモにしか
聞こえなくなる。


末法とはまさに、経典の意味が通じなくなるほど言葉の感覚がズレた時代、という
ことではないかな。釈尊のいた頃とインターネットのある今が同じ世界観であるとは
やはり思えないのだが・・・。

コーランを読むと現代には通用させようのない教えが書かれている。
キリスト教はプロテスタンやなんかで少し現実的になったかも知れんが。
仏教はどうなんだろう。

700 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 13:41:10
>>698
そう教える仏教もあると思う。
だが、浄土教自体は「阿弥陀が法を説いている」と教えなければならないと思うが。


701 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 14:34:11
>>695
かわいそうな人だ
そういう思考から抜け出られないと
オカルトはわかっても
宗教はわからないと思うけどな
まあ本人は誰よりもわかったつもりだろうが・・

702 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 14:46:52
>>700
確かに「阿弥陀仏は法を説いている」。違いない。
しかしそれを今現在となさずに死後の未来、彼方の想像上の場所とするから、カルトの蔓延る余地を生む。
眼が見えない内はなかなか気付かない。しかし山も法を説き、河も法を説いている。
宇宙自然の万象が法の顕れであり、今現在にこの命を包んで活かしめてくれている。
この深甚のはたらきをば本願と言い真理とするのであって、そのはたらきの中に思わず阿弥陀仏と
口をついて出る念仏こそ尊けれ。 死後にばかり楽しき所とて生まれ往かんとすることに、何の意義があるか。

703 :はるな@日蓮宗葵講 ◆D8aROQtru. :2006/01/02(月) 14:49:22
けちゃっぷさん、お久しぶりです!
ここは有意義なスレッドですねぇ。楽しく拝見させてもらってます!☆


704 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 17:14:49
西方の浄土で今も阿弥陀仏が法を説いているということは、
真実法のはたらきの象徴的表現ですね。
現実に西方の彼方に阿弥陀仏がおられると実在とするなら、
西とはどういうことなのか、地球上の西なのか、
そういう実在的な考え方とは矛盾をきたします。
われわれが理解しやすいように方便として説かれていますが、
阿弥陀仏の真実のありかたは、歴史や宇宙といった時間や空間に束縛されない、
世俗の概念を超越しているのですね。

705 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 18:04:56
愚者というものです。まあ、名無しでも書いてますが。
702、704の意見には賛同しかねます。
それでは易行の意味がありません。
法然上人はすべてを承知の上でそれを説かれたのだと思います。

現在の江原初め死後の世界の存在を説く人々もまたたぶん同じでしょう。
それなら浄土でいいじゃないか、と思っています。自称霊能者や、果ては
占い師風情が道徳を説くような世の中の危うさを、宗教人ならもう少し正して
ください。とてもじゃないけど、仏教同士で言い争いしている時ではないでしょう。

人は自分の属している社会を世界全体だと見がちですが(宗教に関してはそれ
ほどに独善的でも構わないと思いますが)、世間全体から見れば所詮コップ
の中の嵐。共産党と創価学会のいさかい程度にしか見えませんよ。


706 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 19:39:56
>>703 あけましておめでとうございます。

707 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 19:51:49
西とは、裟婆世界を基準に東南西北上下という空間的な配置を説明した表現です。
阿弥陀経に、いくつかの浄土が裟婆から視てどの方向か書かれています。
前後左右上下と言ってもかまわないのでしょうけど。
極楽の方角を西とした場合、
反対の方角にあしゅくび(アクショービヤ)仏などの浄土があり、その方角を東と表現します。

708 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 19:56:54
>>702 それなら大日如来でいいではありませんか。
阿弥陀仏は西方極楽世界に今もいらっしゃり、
念仏者の臨終に来迎し、正念を与えて断末魔の苦を除いてくださり、
極楽世界に往生させてくださるお方です。

709 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 20:53:42
>>705
確かに人は、l自分の宗教の真理が人類普遍の真理だと、独善的に思いがちである。

宗教に関して、独善的でも構わない、ということはない。
そのような態度が、宗教史上どれほど醜い争いと凄惨さをもたらしたか。

宗教こそ独善的であることに気をつけるべきである。
宗教は人類の古今東西を問わず、一切衆生の幸福に資する普遍的真理たらんと努力すべきである。

阿弥陀仏を実在として、名を称えて死んだら極楽という良いところへ生まれ変われるなどということ、
それ自体には何ら普遍性はない。ただ諸宗教のワン・オブ・ゼムであり、つまるところ他宗教と相容れない。
浄土教というコップの中の人たちの為の教えである。

ところがもともとの仏教は、人の道を説き、徳の実践を教え、心の安らぎを得る、古今東西を問わない
真理の教えである。阿弥陀仏もそういう表現と取れよう。


710 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 20:58:12
>>707
実体的な方向として浄土を西と言うのなら、
娑婆世界から見た西はどこにある。
地球は自転をしているし、その地球は太陽のまわりを公転しているし、
その太陽だって、宇宙の中で実体的な空間の座標軸のなかでじっとしているわけではない。
娑婆世界から見た西というのは、何ら実体的な方向を指していない。
少し考えればわかるだろう。

711 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 21:35:38
>>710 どこかはわからない。
ただ、あしゅくび仏の浄土と反対方向ということしかわかりません。


712 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 21:46:38
>>709 普遍的な教えということも大切ですね。
仏教のニルヴァーナこそ、普遍的な安らぎ、平安なる滅びです。
しかし、ニルヴァーナを得るのは難しい。
そこで、浄土経です。
念仏には、誰でも簡単に実践でき救われる、
普遍的な易しさがあります。


713 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 22:31:17
>>711
方向もわからないのに、
西にある浄土の阿弥陀仏の実在を信じるわけ?
歴史上の実在、宇宙の空間における実在なんだろ

714 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/02(月) 22:46:15
>>709
反論はよくわかります。
ただ、「宗教がもたらした凄惨」というのは結局は宗教を利用した
というだけのことでありましょう。
確かに、仏教本来のもたらす心の平安というものは素晴らしい。
それをどうやってもたらすかが仏教の課題であり、その方法論の
ひとつとしての念仏だと思うのですが。

念仏によって西方浄土に往生できると信じているひとの平安を乱して
自分たちの教えに折伏させねばならない理由とは何でしょうか?

そこに「凄惨をもたらした宗教」の本質があるのではありませんか?

「独善的であってもよいから排他的であってはならない」ということを条件
とすれば、浄土教はずいぶんよい点数がつくと思いますよ。



715 :けちゃっぷ:2006/01/02(月) 23:55:09
>>713 子供には、近所のスーパーの位置さえわからない。
でも、親の言うとおりについていって車に乗れば、
親がスーパーまで運転してくれます。

716 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/03(火) 01:09:06
名無しさん :2005/12/28(水) 23:48:03 0
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪


858 :名無しさん :2005/12/28(水) 23:55:03 0
勤務地 東京都港区三田
※転勤はありません。
交通 JR「田町駅」より徒歩7分
都営三田線・都営浅草線「三田駅」より徒歩7分
都営浅草線・京浜急行本線「泉岳寺駅」より徒歩6分



859 :名無しさん :2005/12/30(金) 22:41:12 0
世間知らずな 寺の娘を縁故で採用するな ボケ!
威張り腐ってパートのくせに、文房具管理もせんぞ!!!

気が強いからって 野放しにするなー!!!

こらーーーーーー 


717 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/03(火) 08:09:07
ほんものの便所の落書きですね。
ほんとうにありがとうございました。

ああたも仏教関係者なら、因果というものを知りなさい。
ここに書いても因は消せませんよ。


718 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/03(火) 09:33:41
>>715
子どもは実際にスーパーに行って帰ってくるからその実在を疑わない。
臨死体験が必要だとても言うのかな?
親の言うとおりと言っても、親とは誰?
変なたとえは意味がない。

719 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/03(火) 09:39:04
阿弥陀仏の浄土を信じるということと、
この目で見て、その実在を信じるということは違います。
その区別がまったくついていない。
釈尊はこの世に実在し、この目で見た人が多くいた。
イエスの復活も、この目で見たから歴史的事実とされる。
浄土や阿弥陀仏をそれと同じに語るのはどうかな。

720 :けちゃっぷ:2006/01/03(火) 11:18:00
>>719 あなたは、浄土宗関係者ですか?

721 :けちゃっぷ:2006/01/03(火) 12:20:53
>>718 わからなくても信じなさい。
確かめようがないからこそ、確かめずにただちに仰ぎ信じなさい。

722 :けちゃっぷ:2006/01/03(火) 12:29:35
>>719 浄土三部経の内容が事実でないならば、他力本願の浄土宗は成り立ちません。
信じる気がないなら、
修行で実際に結果が返ってくる、
成果がちゃんと見える、
禅や瞑想に転向すべきです。

723 :けちゃっぷ:2006/01/03(火) 12:40:19
信じようとしても疑ってしまうというなら、しかたありません。
しかし、もし坊主の中に、
はじめから信じる気もないのに、
拝み屋として生計をたてるために寺に居座っている者がいるなら、
さっさと寺を出るべきです。

724 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/03(火) 12:53:34
小泉孝太郎が祖父の幽霊を見たという話していた。
死後の世界を信じている人は意外に多いかも。
念仏信仰が恭敬されているかは別として。

725 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/03(火) 14:14:37
>>722
まだわからないようですね。
浄土三部経の内容は「歴史的事実」として信じる必要はありません。
そういうスタンスで経典の内容を読むなら、
矛盾につきあたります。
実体的証拠など必要はないのです。
それが経典の内容を信じるということです。
浄土は実証可能な実体的存在である必要はありません。
そう信じることが浄土宗の条件なら、
進化論を間違いとするキリスト教原理主義と同じで、
一部の狂信的な人々は残っても、
一般には受け入れられない特殊な宗派として歴史的遺物になるだけです。

726 :けちゃっぷ:2006/01/03(火) 17:06:09
>>725 では、往生とはどういうことを言うのですか?

727 :けちゃっぷ:2006/01/03(火) 17:09:13
「念仏をすれば臨終に来迎があり、極楽に往生できる。」
これを言葉のとおりに信じてはいけない、他に裏の意味があるとおっしゃるのですか?
ならば、その裏の意味をはっきり明らかに説いてくださいませんか?

728 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/03(火) 19:02:01
>>725
正しい意見と思う

>>727

「念仏をすれば臨終に来迎があり、極楽に往生できる。」 これを言葉のとおりに信じてはいけない、他に裏の意味があるとおっしゃるのですか?

信じる事により、認識的に苦を滅すればいいんでは?
ただ、それは認識においてでしょ?

729 :けちゃっぷ:2006/01/03(火) 19:17:12
>>728 実際に往生できると認識するから、苦が滅するのではないでしょうか。
「信じてる人は幸せだろうねぇ…オレは信じてないけど。」という風に聞こえてしまいます。
興味さんは聖道門の人だから、それでいいのです。
念仏の行も、聖道門の立場から解釈できます。
しかし、それでは浄土宗の教義は破綻してしまいます。


730 :けちゃっぷ:2006/01/03(火) 19:25:02
僕自身、
「念仏の教えとは、阿弥陀仏の本願で象徴的に語られた仏の平等の慈悲に、共感することだ。」
と以前から言ってましたが、まわりまわって、
やはりそれでは他力にならないと思いはじめました。
それでは、三部経が単なる教訓物語で終わってしまいます。
法然さんは、実際に念仏で極楽に往生できると信じていたはずです。

731 :千春子 ◆TEyUlIM42o :2006/01/03(火) 19:31:51
けちゃさん、明けましておめでとうございますm(_ _)m
なんか…お正月草々熱いですね(-.-;)
しばらくご無沙汰してる間にバージョンアップしたみたいねf^_^;
今年も頑張って下さいね(^o^)/
そして…今年も時々はよろしくお願い(^_^)vしまーす(o^-')b
ではでは、お邪魔さまでしたー(^o^)/

732 :けちゃっぷ:2006/01/03(火) 20:32:13
>>731 お元気そうで何よりです。

733 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/03(火) 20:36:41
>>729
そうかもね、しかし、けちゃぷさん信とはそんなに易行ですか?
無条件な信ほど難しいのでは?

734 :けちゃっぷ:2006/01/03(火) 21:01:06
>>733 信が易行ではなく、口称念仏が易行なのでしょうね。
いくら仏教を深く信じていても、
自力の行だけでは、この世で悟れなければまた輪廻してしまいますから。
自力でも他力でも、信は必要なんですね。
しかし、疑いながらも念仏すれば往生できる、という説もあります。
自力の念仏なら、疑いながらも往生というのは無理でしょう。
他力は阿弥陀仏が救うのですから、
疑いながらも念仏している人を、
阿弥陀仏が救おうと決めたら、救ってもらえるのです。

735 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/03(火) 21:12:59
「輪廻」を語らなければならない
我々、現代僧侶は白眼視されてもしようがないな。

実際、体験の記憶もない輪廻という現象を、
まるでホントのことのように語らなければならない。

真贋相乱れているだろうが、
霊能者の話というものを参考に調べてみたいものだ。

カトリックではそういう調査機関をもっているんだろう?

736 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/03(火) 21:40:55
仏陀の語る輪廻とは、業の輪廻のこと。

自分のしたことが巡り巡って還ってくるということであって、

霊が生まれ変わるとかいうことではない。

737 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/03(火) 21:48:19
>>735
> カトリックではそういう調査機関をもっているんだろう?

カソリックは輪廻をしません。
そういう機関もありません。

738 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/03(火) 23:14:15
>>737

ファティマ聖母出現の奇跡とか、調べる機関あるだろう。

 キリスト教の「父と子と精霊」の精霊とは一体なんなんだ?

 いわゆる霊のことじゃないのか?

739 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/03(火) 23:15:57
>>736
では、「極楽往生」とはどういうことか語ってくれ。

740 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 00:06:17
キリスト教はイエスが処女マリアから生まれたとか、
死んだ後復活したということを歴史的事実としなければ教えの真実性がなくなる。
イエスは、普通の人間ではなく神の子だという前提だから。
この世における奇跡がキリスト教を信じる根拠とする。

浄土教は、法然が奇跡をおこすことを真実性の根拠にはしない。
経典にある阿弥陀仏や浄土の描写も、それが歴史的事実であるとはしない。
経典であるから釈尊が説いた仏教であるとは信じるが、
娑婆世界の概念規定で阿弥陀仏や浄土を実証できる事実であるとはしない。


741 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 00:26:14
大事なことは
「信じることによって救われるかどうか」だと思います。
浄土宗は阿弥陀仏の存在を信じられるかどうかにかかっているでしょうが、
念仏している間はよけいなことを考えずに阿弥陀と共に存在していて、
念仏が終わったあとも「クセ」がついて信じるという感覚ではなく、阿弥陀と共
にある、という感じになるのではないでしょうか。

徳本上人あたりが「一日に何万回でも念仏する」といったのはそういうことでしょう。
ちょっと脅迫神経症かもしれませんが。

実際にお坊さんでも本当に「頭の中では間断なく」念仏している人はいるのでしょうか。
そういう状態が「苦」でないとしたら、他の苦しみからはかなり救われ気がします。

ただそれが、単に腹痛で歯痛を忘れるようなものであってはどうしようもありませんが。


742 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 00:56:56
くだらん話ばっかりしてるな。

臨終際の心を、そして魂を救えるかどうか?

くだらん解釈はどうでもいい。真実はどうなのか?

743 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 01:23:01
真実はな・・・念仏ばかり惚けて、
世の中を楽しまなかったら、
臨終ぎわ後悔するということじゃよ。
楽しみ楽しみ尽くして、すべてに飽き飽きして、
もうこの世はよろしいわ、たくさんですわとなると、
粛々としてあの世に旅立てる。
ところが宗教やら儀式に凝って、大事なことを見落とすと

744 :けちゃっぷ:2006/01/04(水) 02:12:37
>>741 おっしゃることには同意しますが、
似たようなことを僕が以前言ったら、自力の念仏だとたたかれました…。
念仏で阿弥陀仏と共にあるような感覚にもなりますね。
しかしそれなら、密教でもいいわけです。
他力で誰でも救われる念仏とは違ってしまう。
臨終に初めて仏教に出会い、何の知識もない人でも、心乱れながらでも、
往生を信じて仏の名を口に称えれば、阿弥陀仏が迎えに来てくれる、
そういう念仏は、お経が事実でなければ成り立たなくなります。
お経がただの物語だと、悪人往生もできなくなる。
「おろかな悪人どもはお経を信じて気休めにしておけ、
お利口さんな坊主は信じていないけどな…」
というような考えになってもいけません。
信仰を他人事のように分析するのではなく、
自分もお経を素直に信じなくては、浄土宗の教義と矛盾してしまいます。
聖道門の人が浄土教を他人事のように分析するのは、
別にかまいませんが。

745 :けちゃっぷ:2006/01/04(水) 02:19:55
念仏を心の主人とし、念仏以外の思考を心の客人としなさい、と言われますね。
これだけを見れば、口称念仏の行は、マントラを使った瞑想と同じ効果が期待できます。
念仏生活をつづけるうちに、智慧も育つだろうし、精神もおちつくだろうし、人によっては念仏三昧もありえます。
でも、瞑想だけでは、悪人往生がありえません。
特に、臨終間際に善知識に初めて出会って、初めて仏名を称えただけでも往生できるということは、
お経に説かれる阿弥陀仏の本願による救済が実際に起こるからこそ、
可能なわけです。

746 :けちゃっぷ:2006/01/04(水) 02:30:33
心の主人を「南無阿弥陀仏」にするというのは、
「南無阿弥陀仏」という定点を心に設けることになります。
これによって、心が「南無阿弥陀仏」の定点ならずれたら
(「南無阿弥陀仏」以外の思考が現れたら)、
すぐに気付けるようになるのです。
ばくぜんと心を観察するより、
「南無阿弥陀仏」という定点からずれたかどうかという明確な基準によって、
誰でも簡単に妄念に気付けるようになります。

747 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 07:15:35
>>743
楽しみ尽くしても飽きないで、「もっともっと楽しみたい、死にたくない」と思いながら
浄土も信じられず、無の世界に帰していく苦しみは壮絶でしょうな


748 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 10:14:43
>>747
それはそれでいいんじゃよ。問題なしじゃ。
その苦しみは壮絶であるに違いないというのは、お前さんが特定宗教の影響を受けて信じ込んでいるからじゃ。
その影響がなければ、そもそも浄土など信じないことにも問題ないし、無の世界に帰していくとか、求めることは
苦しみであるという予断もなかったはずじゃ。
そういうすべての宗教的ガラクタから解放されれば、実に気分爽快。これこそ解脱というもんじゃ。

749 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/04(水) 10:25:25
>>741
禿同

けちゃぷさんは他力と自力を相対的二元論と思ってません?
自と他は対立概念ではなく
自=他でありましょう、違いに内包しながら自と他は同一なんではないん?
阿弥陀は何処にもいない、ただ本願の働きがあるだけだと思う。

750 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 10:30:27
>>749
そこの君!
君の事だよ、興味君。
そろそろアホイ講の名を外したらどうだ?
アホでホモで無職でインポでカッパハゲのズラ被りだという事を晒しているのと同じだぞ。

751 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 11:26:08
>>748
あなたがもし、「特定宗教」を特定しているのなら勘違いです。
勘違いをしたり顔でさとされるほど、されてて滑稽な状態はないですね。
それとも、我知らず影響を受けていると? それは何という宗教の何の宗派
ですか? 参考のためにぜひお伺いしたいですね。

「苦しみは壮絶であるに違いない」というのは、なるほど、確かに単に
743への皮肉のつもりで言いましたので確かなこととは思っていません。
道を外れない程度に普通に楽しんで老いて死んでゆけばそれなりに
涅槃の境地で死んでいくことも可能でしょう。知りたいのは
「求めることは 苦しみであるという予断」という箇所です。
そこをどう、苦しみでなくしてゆけるのか、そのための修行をせよ、
ということなのでしょうかね?


752 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 11:45:22
>>751
>浄土も信じられず、無の世界に帰していく苦しみは

おまいさん、これが特定の宗教ではないとでも言うのかね?
過去・未来・現在、全地球・人類共通の宗教真理とでも?
「我知らず影響を受けていると?」じゃと?
このような態度が宗教的独善と言われるべきではないかね?

753 :けちゃっぷ:2006/01/04(水) 12:22:29
>>749 今言う他力とは、禅者や台湾の僧が言うような、自力をつきつめると他力に至るような他力のことではありません。
自他不二の自力と他力のことではありません。
阿弥陀仏が念仏者を極楽に生まれさせてくれる力のことです。
本願のはたらきとは、四十八願が実現されるはたらきです。
具体的な48項目の誓いが実現されることです。
聖道門の修行者が修行の結果気付く他力ではなく、
浄土門が言う他力です。

754 :けちゃっぷ:2006/01/04(水) 12:34:00
興味さんの言うことは理解できるのです。
僕も以前はそう考えていたから。
でも、それって結局、信じ難い法然浄土教を、
自分の納得しやすい知識に置き換えて、
信じた気になっているだけではないかと、
思いはじめました。
知的煩悩が信を邪魔しているのではないかと思うのです。
子供の頃から学んできた知識の型の中に
浄土の教えもはめ込んでしまう方が、
しっくりきますからね。
しかし、やはり阿弥陀仏は、人知を超えた不可思議なお方ではないでしょうか?
本願力は、裟婆の物理法則もぶちやぶる強さがあるはずです。
超常識の領域のはずです。


755 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 12:41:47
>>754
法然浄土教を、
自分の知っているオカルト知識に置き換えて、
信じた気になっているだけのようですね。
けちゃっぷ氏

756 :けちゃっぷ:2006/01/04(水) 12:45:15
>>755 お経に書いてあることを書いてあるとおりに信じなければ、
浄土宗の教義は成り立ちません。
それができないなら、浄土宗は間違いでしたと撤回し、
根本仏教にもどるべきです。

757 :けちゃっぷ:2006/01/04(水) 12:49:02
800年前、聖道門からこぼれ落ちた人々に、浄土門といううけ皿が与えられました。
今、今度は浄土門からこぼれ落ちる人がでてきました。
普遍的真理であるゴータマ・ブッダの教えならば、それらの人でも理解できます。

758 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 13:26:03
経典をそのまま信じたらいいじゃない
所依の経典なんだし

759 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 13:32:00
>>752

やはり、勘違いのようですね。
ほかのところではできないので、この場を借りさせていただきます
(念仏の話から離れるようですが、実は大きな関係があると思いますので)。

人間が死んだあと「無の世界に帰する」以外の真理があるとでも?

私は今「浄土」というものを信じることを選択しようとしているのですが。

人に対して「特定の宗教」と決めつけることは独善ではないのですか?

ますます知りたくなりました。教えてください。私は何の宗教の影響を受けているのですか?

実家は代々浄土真宗ですが、家族はみな天理教の信者です。私は入信を拒んだので
現在無宗教で、浄土宗に興味をもっているところです。

「浄土も信じられる、無の世界に帰していく苦しみ」は何の宗教のドグマですか?


760 :759:2006/01/04(水) 13:33:41
>>759
最後の行
×「信じられる」
○「信じられず」


761 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 13:42:16
ま、無に帰するってのも所詮人間の考えの範囲内なわけで、
浄土の教えが信じられるのなら、往生のために念仏等の行を
する価値はあると思う。

762 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 14:20:13
仏教徒にしろ、キリスト教徒もイスラム教徒もユダヤ教徒も、
宗教の影響下にありながらそれを普遍的真実と思いこむ輩どもの、独善的無知には辟易させられる。

「天にまします神を信じられずに、地獄の炎で永遠に焼かれる苦しみは壮絶でしょうな」
と言われれば、日本人ならそれは単に一神教の思想だと指摘できる。

逆に言えば浄土とか無の世界に帰るとか言うても、一神教徒相手に通じない。
地球人類史上の特定地域、特定時代の観念に過ぎぬ。

763 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/04(水) 15:18:05
うーん、そうですか……
まあ、たしかにけちゃぷさんは阿弥陀の本願力により救済されていますからね。


764 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/04(水) 15:19:16
けちゃぷさんはいつのまにか、ファンダメンダリストになったんだなすごい…

765 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 15:32:53
>>762
そうだね。一神教系はどうしても二元論になってしまう。

766 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 15:48:41
二元論だの一元論だの頭の中のガラクタに過ぎぬ。
臨終際の心は、「論」では救えない。

767 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 16:17:56
脳内盲想の議論は自粛して、
調査できることは徹底的に調べる姿勢をもつべきだ。

「念仏による極楽往生」とは、「魂の救済」とは、
一体どういうことなのか・・・
臨終の際に立ち会って見聞を深めていくべきだ。

768 :けちゃっぷ:2006/01/04(水) 17:26:25
>>764 そういう芸風でいこうかと思いまして。


769 :けちゃっぷ:2006/01/04(水) 17:31:28
>>761 “何が”無に帰するのかということも、よく考えればあいまいなんですよね。
灰や煙になったのなら、無になってないし。

770 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/04(水) 18:11:14
>>768
ファンダメンダリストけちゃぷ坊からみた、娑婆世界はどんな世界ですか?
浄土宗けちゃぷ派における、大乗的救済手段とは?

771 :けちゃっぷ:2006/01/04(水) 19:36:10
>>770 念仏している時、裟婆世界は、念仏を邪魔する刺激の軍勢です。
浮かんでは消え、浮かんでは消え、念仏を中断させる。
裟婆世界を着信拒否して、五蘊が南無阿弥陀仏だけになって南無阿弥陀仏に溶けてしまいたい。
そして次に念仏が中断された時にはもう極楽に接続された五蘊になっていたらいいのに。


772 :けちゃっぷ:2006/01/04(水) 19:43:42
寄せては返す裟婆の刺激の激流の中で、
南無阿弥陀仏の州につかまっていれば、
なんとか溺れずに済みます。
そのうち阿弥陀仏が救援に来てくれるので、
それまで激流にのまれず生きていれば、なんとか助かるのです。
激流にのまれないために、つかまる拠り所が、南無阿弥陀仏です。
南無阿弥陀仏につかまっていれば溺れずにすむということが、
この世の希望です。


773 :けちゃっぷ:2006/01/04(水) 19:51:16
色からの入力も、識からの出力も、
南無阿弥陀仏から私を離れさせようとする、
泥水の波です。
綺麗なものも汚いものも、南無阿弥陀仏を邪魔する刺激にすぎません。
綺麗な水だろうと泥水だろうとオレンジジュースだろうと、
激しいうねりとなって襲ってきたら、生命を脅かす恐ろしい波にしかなりません。
裟婆は、念仏を邪魔する苦の波でしかないのです。一切皆苦です。

774 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/04(水) 20:15:03
けちゃぷさん、なんだかけちゃぷさんの考えは、学会が否定する浄土観に見える……
嫌世観というか、絶望にも似た感じが取れます。


775 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 22:39:42
まぁ、確かに法然上人も厭世感はあっただろうね。
っていうか、お釈迦様自体がかなり厭世感を持っていたよね。。

776 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 23:25:03
創価学会のCMがテレビやラジオで頻繁に放送されるように
なったと思わないか?
不穏な気配を感じるのはオレだかかな?
創価学会は若い連中大勢が画策するから怖い。

777 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 23:48:23
今頃何言ってるんだww
政治経済全般にわたる支配、わからんか
創価板みれ

778 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/04(水) 23:56:47
歯止めは不可能な状況ってことか・・・

ラジオやテレビのCMを見聞する度にイヤ〜な心境になる。

日蓮正宗が創価学会を生んだ母体なんだよな・・・
元をたどれば日蓮宗ってことか、
興味さん、日蓮宗は創価学会の活動を抑制する対策とかとってんの?

779 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/05(木) 00:21:03
ちょw常識で考えろw 
日蓮宗と創価はすでにまったく別の団体。
誰が好んで藪の蛇つっつくような真似するか。
親鸞の師匠筋が法然だからって、浄土宗が親鸞会の抑制対策とるかね?
知らんけど。

780 :沙門:2006/01/05(木) 00:28:53
富士派には悪いが日蓮宗≠日蓮正宗です。
日蓮正宗の存在の根拠自体がでっち上げです。
その嘘を隠すために嘘を創り、その正宗の性格が創価とリンクして現在に至る。
日蓮宗は元より日本仏教教会は、まがいものは何れ消え去るという「大人の対応」に終始してきました。
現実問題として「活動を抑制する対策」はとれないでしょうね。信仰の自由が約束されていますから。
ただ対抗策として考えられる方法は、日蓮宗だけでは無理ですから日本仏教教会が一枚岩となって反学会で
法要等機会に応じて訴える一大運動をしなければ太刀打ちできないでしょう。
しかし各宗門のトップは冷めていて動かないでしょうね。

781 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/05(木) 02:14:27
>>778 百円ショップのダイソー(大創)は好きなんだけどなぁ

782 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/05(木) 06:49:46
いいじゃん! 学会に入れば!
したら、耐震疑惑のマンションに入っても政府から手厚く保証してもらえるよ!
信心なんて何宗でも、所詮空なんだし。どれでもいいなら、手厚く扱われた方が
他人に対する慈悲心をもつ余裕もできるでしょ?



783 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/05(木) 17:04:20
>>778
さあ〜〜興味は臨済宗ですから………
学会の教学的な破綻については日蓮宗側からは、色々質問しているみたいですね、さらに日蓮宗派の新興宗教なんか(佼成会や霊友会系)は学会を否定してますね

784 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/05(木) 22:01:44
ごちゃごちゃ言わんとただ一向に念仏せんかい!

785 :牛飼い:2006/01/06(金) 20:27:14
なんだなんだ!虚無感漂う法華経信奉者か
そんな物信仰していたら日蓮のように下痢が止まらずの絶叫悶絶死するぜ。
おっとハンセン病もつけとくか。お前等はいくら輪廻しても武家枠は無い。
骨馬の一切苦のみ!

786 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/06(金) 20:44:34
そんなヤツでも念仏すれば、死後六道から離れて極楽に往生できます。

787 :牛飼い:2006/01/06(金) 21:09:20
そりゃそうだ

788 :牛飼い:2006/01/06(金) 21:10:11
でも日蓮宗から離れての念仏に限る

789 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/06(金) 21:41:27
そりゃそうだ

790 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/06(金) 21:58:43
牛飼いは禅宗か?
牛は見えたか?

791 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/06(金) 23:16:08
>>790
まだ尋ねてるところだろう。


792 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/07(土) 05:55:04
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経

793 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/07(土) 07:11:25
>>792
ちゃんと一文字ずつ書いておるのじゃろうな?
コピペではコピーの浄土にしかゆけぬぞよ。


794 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/07(土) 15:49:30
坊さんの役割って何だ?

795 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/07(土) 17:07:44
>>794
他人のためではなく自分のために出家するのが本義だったのに、
変になってるから役割がただのお山の大将だったりする。

796 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/07(土) 17:28:36
>>794
他山の石

797 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/07(土) 18:23:02
一切衆生平等利益が本義。
自分のためなど小乗根性の伝統は日本にはない。

798 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/07(土) 20:20:21
>797
今の浄土宗の言っていることを見てみろ。
究竟大乗浄土門が聞いてあきれるぞ。

利他の精神のかけらもないだろ。

799 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/07(土) 20:35:14
俺のような人間が坊さんやってちゃいけないんだが・・・
今さら転職する元気はない。
罪作りだが、このままダラダラと坊さんやっていくだろうな。

800 :けちゃっぷ:2006/01/07(土) 21:33:00
>>799 だいじょうぶ。
ダラダラ坊さんやっていても、念仏すれば往生できます。


801 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/07(土) 21:51:33
>800 全然大乗じゃないのにソーシキでクギョーダイジョージョードモンって叫んでいるんですか?

802 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/07(土) 22:24:34
けちゃっぷくん。質問です。
浄土宗の教えは厭世的な面があるが、
念仏の教えが広まれば、
日本社会は良いものになっていくんだろうか?
下手をすると無気力な社会になりそうだよね。

念仏に慰められる感覚をおぼえたことはある。
しかし、念仏をして明日の活力を得た感覚はまだない。

803 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/07(土) 22:48:38
まぁ、念仏によって得られるのは、
主に「死んでも安心」の一点だからねぇ。。

法然上人の時代みたいに、
いつ死ぬか(殺されるか)分からない殺伐とした時代ではないし。。
(もちろん今でもいつ死ぬか(殺されるか)は分からんが、殺伐の重みが違う)

804 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/07(土) 23:08:50
ホリエモンが
世界平和のために、
全ての人が「食欲」「性欲」「睡眠欲」を満たせる社会づくりに
努めたいと真面目な顔して全国放送のテレビで主張していた。

こんな奴が日本経済を弄くっていると思うと唖然としてしまう。
末恐ろしい人物が跋扈してるぞ。
彼に厳しく説教できる人いないかね?細木さんだけか?www

坊さんって経済界に対して全く無力なのか?

805 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/07(土) 23:45:54
>>804
金というのは「あらゆるものに通用する」ことが属性なので、金の専門家には
「個別」のことがわからない。当然人間の欲望に底がないのは「何にでも通用する
もの」ではなく「個別のもの」を求めるから。睡眠はともかく「食」もムリ。ましてや
「性欲」は機械的に満たせるものではない。

まあ、彼のような人種が数として支配的になれば、なんとなくいまよりは煩悩が
「つまらない」ものになるので穏やかになると思うけど。

ひとつだけ指摘できるのは、私はホリエより10歳ほど年上だが、彼には「死」
が少しも見えてきていない。事故や病気で死ぬことはあっても、すべての人間
は死ぬということが、彼には絶対に実感できていない。

時代の寵児のままで年老いていければそうでもないかもしれないが、どんなに
金を儲けても自分が「やがて死ぬ」ことを実感した時、宗教以外に人を救うもの
はない。

占い師ごときだけが極端に片寄った人間に対して少しでも説得力を持つという
ことにも宗教家は反省してほしい。

妬みに聞こえるかもしれんが、おれはホリエモンと代わってくれといわれてもイヤだよ。
見るからに幸せというものを感じられない孤独な相をしてるだろ。占いじゃないよ。
人を見るのが商売の坊さんならそれくらいわかれよ。


806 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/07(土) 23:53:00
マスメディアという娯楽媒体の中で見世物に成る程僧侶は堕ちてはいません。

807 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/08(日) 00:42:58
>>800
自分さえよければね。
でも坊さんとしては檀家は迷惑な話。

808 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/08(日) 00:44:08
>>806
そのマスメディアの見せ物に、
浄土宗の僧侶、よく見るなあ。

809 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/08(日) 01:12:47
トリビアの泉にもよくでてるし・・・

810 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/08(日) 02:37:46
なんか俗っぽいイメージふりまいてるし、
実際に俗っぽい人多いですね。

811 :ごんべい:2006/01/08(日) 09:26:51
>>牛飼い  久しぶりだな。もっと、カキコせい。わしは、しばらく入院し
なければならんから、お休みじゃ。また復帰するけど。

812 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/08(日) 11:55:06
最近、浄土宗の坊主も髪を切っていない人が増えてきた
覚悟決まってないように見えるし、真宗坊主と間違えられてるぞw

813 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/08(日) 11:59:01
エイロクスケ何宗?

814 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/08(日) 12:27:35
>>813
真宗の寺の息子な

815 :けちゃっぷ:2006/01/08(日) 14:15:35
>>802 生きる活力は、肉体をとりまく縁によって、与えられます。
肉体は勝手に生きようとしますしね。
頭は心配したがりです。
頭は、過去や未来についてあれこれ心配しようとする。
死にたがるのは頭です。
頭の妄想をやめさせれば、生きる活力は勝手に湧いてきます。
念仏の癒しには、頭の妄想をやめさる力があります。
悲しんだり怒ったり落ち込んだりすることは、不幸になってからすれば間に合うのです。
しかし頭は心配したがりなので、
まだ不幸になってないのに妄想して、
悲しみ怒り落ち込みの予習をしはじめます。
また、過去の不幸もひっぱりだしてきて、復習までします。


816 :けちゃっぷ:2006/01/08(日) 14:24:17
今、念仏できるこの瞬間に、生きていられないような苦しみなどあるでしょうか?
もう死ぬしかないという悩みが本当に存在するなら、
念仏する暇もなく瞬時にショック死するはずです。
今、ここには、死ぬほどの不幸など存在しないのです。
念仏できる余裕があるうちは、不幸ではないのです。
「耐えられない」という人も、今この1秒間だけを考えてみると、
耐えられないほどのことはないのではないでしょうか。
何時間先何日先を、頭が妄想して心配すると、
「耐えられない」と錯覚するのです。
今、なむあみだぶつが口から出る。
今はまだ、私の人生はOKだという証が、口からでてくるのです。
なむあみだぶつに尋ねてみましょう。ほんとに自分が不幸なのかどうかを。

817 :牛飼い:2006/01/08(日) 15:31:54
>>811あんた誰?記憶には無いが。
いろんな教義を書くにはこのような2chでちゃきこいても意味が無いし、
某の教義は門外不出であって、いずれ俺が開教したときに十分お披露目するから
それまで待っておれ。
しかし既に宗教ではないが、あるサークル団体を主宰していることは確かだ。
某は数社の公益法人代表者でもあるし、他の団体代表者から頼まれて役員としても
活動している状態だ。
なんなら我団体へ来るか?(良く「ザイン」と間違えられるのが玉に瑕だが)。笑

818 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/08(日) 16:29:07
落語に「小言念仏」っていう話がある。
念仏を大衆の前で小馬鹿にしていて不愉快だ。
落語家が「念仏を称えているとだんだん陰気になってきます」
なんて言いながら話をすすめるんだ。
古典落語なんだろうが、自粛してほしいね。


819 :けちゃっぷ:2006/01/08(日) 18:07:09
>>818 念仏を題材にしているだけマシな気がします。
それだけ念仏が一般化している証だし。
南無妙法蓮華経を題材にしている落語はないのかなぁ?

820 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/08(日) 19:05:51
>>819
念仏を称えるとだんだん陰気になってきます。なんて
大勢の前で宣伝されているんだよ。
浄土宗僧侶としては気分よくないよ。


821 :けちゃっぷ:2006/01/08(日) 19:14:28
>>820 そりゃあ、できれば誉めてほしいですけど。

822 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/08(日) 20:11:26
そいやあ、けちゃぷさんのHPである学会員が念仏をしたらバイオリズムが低下するとか言ってましたね………
おかしいよな、彼等は念仏したことないのに

823 :けちゃっぷ:2006/01/08(日) 21:13:12
学会では、念仏の悪口も教えてるのでしょうか。

824 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/08(日) 21:23:24
林家正蔵(こぶ平)一家は創価学会ってきいたことあるが・・・
林家いっ平(こぶ平弟)がテレビで念仏なんてご利益ないって
言っていた。
落語界に創価学会ってどれくらいいるんだろうな?
「小言念仏」はどんな落語家の作なんだろう?

825 :けちゃっぷ:2006/01/08(日) 21:25:16
>>824 どんな話の流れで、テレビで念仏の話になるんだろ

826 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/08(日) 21:33:16
>>824

創価学会の芸能人

山本リンダ 久本雅美 柴田理恵 岸本加世子 田中美奈子 島田歌穂 研ナオコ
田代まさし(元芸能人) 桑野信義 上田正樹 雪村いずみ 朝比奈マリア
彦摩呂 愛川欽也 坂上二郎 平尾昌晃 細川たかし 高橋ジョージ(The虎舞竜)
近藤真彦 安室奈美恵 加藤高道・加藤久仁彦(狩人) 木根尚登・宇都宮隆(元TMN)
大森隆司(元サザン) アルベルト(元ディアマンテス) 相田翔子・鈴木早智子(元Wink)
ダウンタウン 小川菜摘 トミーズ雅 林家こん平 林家こぶ平・いっ平 海老名香葉子
加藤茶 仲本工事  原田知世 ダンプ松本 長与千種 ロベルト・バッジョ(サッカー)
中居正宏(SMAP) 山田花子 中村俊輔(サッカー) ロナウド(サッカー)の嫁
渡瀬悠宇(漫画家) 石井いさみ(漫画家) 山本和範(元野球選手)
パパイヤ鈴木( 萩本欽一 菊川怜 ノブ&フッキー とんねるず木梨 アリキリ石井
松本明子・石塚英彦・おさる・コージー冨田・原口あきまさ>(メレンゲの気持ち) 
後藤真希 吉澤ひとみ 優香 前田健 竹平海南江 長井秀和 
エレキコミック 北野大 綾小路きみまろ 清水國明 島崎和歌子 小池栄子 加藤晴彦
ベッキー 勝俣州和 小堺一機 関根勤 アジャ・コング 木の実ナナ 光浦靖子 清水章吾(チワワの親父)
 牧瀬里穂 氷川きよし 上戸彩 はなわ 松本孝弘 稲葉浩志 トキオ城島
オセロ中島 ドンドコ山口 中川家 ガクト 滝沢秀明 坂口憲二 ナイナイ矢部 ココリコ田中 今田耕司
 テツ&トモ 極楽とんぼ  ダンディ坂野 トキオ松岡 山咲トオル 水前寺清子 
  さまぁ〜ず三村 くりぃむしちゅー 藤井隆 ゴリ  間寛平 出川哲朗
磯野貴理子 遠藤久美子 はしのえみ 飯島愛 小雪 椎名法子 白石美帆
ミスチル桜井 福山雅治 嵐・大野、二宮 ウンナン 草野マサムネ



827 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/08(日) 21:39:28
>>826
ミスチルの桜井、創価学会だったのか・・・
確かな情報なのかね?

828 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/08(日) 22:08:05
愚者です。

けちゃっぷ師、GOGO!
>今はまだ、私の人生はOKだという証が、口からでてくるのです。
>なむあみだぶつに尋ねてみましょう。ほんとに自分が不幸なのかどうかを。

>>824
「念仏なんて御利益ない」

語るに落ちてますな。
現世利益の欲しいひとは株か為替でもやるこってすね。



829 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/08(日) 22:11:56
>>823
けちゃぷさん、学会が以前、本山との蜜月期に書かれた「折伏経典」とやらに念仏批判がありますよ、念仏は彼等には死後の平安を望む、妄言であり間違った仏教であり、念仏の始祖は仏罰で首吊りしたと書いてますよ。
稲荷を奉ると、狐憑きになるとか中々馬鹿馬鹿しい本ですよ。
各宗派を否定してますが、浅はかで嘘ばかり書てます。

830 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/08(日) 22:17:45
小言念仏は面白いよ。あれを笑ってもらえる時代って、浄土宗に限らず、
各宗門が生きていた時代なんだろうとおもうよ。

831 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/08(日) 22:26:57
ハキイさんも、葵講さんも、日蓮聖人がやったのと同じように
浄土宗批判をやっていただきたい。
けちゃっぷなんてひとたまりもないだろうけれど、もしも、けちゃっぷを育てようとおもうのならば、
本気で叩いて欲しい。

832 :沙門:2006/01/08(日) 22:43:50
善知識か。

833 :けちゃっぷ:2006/01/08(日) 22:48:13
学会の(日蓮さんの?)念仏批判パターンは、だいたいわかってきました。
善導自殺説はよく使われます。
釈尊ではなく阿弥陀仏を拝むのは釈尊への裏切りになるとか。
十八願で正法を誹謗したら往生できないとある、
正法とは法華だ、
法然は法華を捨てて念仏のみを選択したから正法誹謗なので、
往生できずに無間地獄におちる→“念仏無間”

834 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/08(日) 23:01:20
>833
日蓮聖人と法然上人は同じ地平に立っているですよ。
あなたは浄土宗の坊さんなんだから、昭法全を読破した上で、立正安国論なり読んでみたらわかりますよ。
昔の浄土宗の坊さんなら当たり前でやった勉強ですよ。

835 :けちゃっぷ:2006/01/08(日) 23:09:59
>>834 「同じ地平に立ってる」ということを、
具体的に説明していただけるとうれしいのですが…。


836 :けちゃっぷ:2006/01/08(日) 23:55:51
NHK特集アーカイブス「永平寺」見ます

837 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/09(月) 01:06:57
同じ地平というのはだな、偏執ということだ。

釈迦の説いた一つの法が、それを受け取る能力に応じて様々に解釈され経典となった。
無数の法門があってたくさんの能力や性格に対応し一人漏らさず救う手だてだった。

しかし「この経典のみ真実の教え」という排他的頑強な信念によって、広大無辺な仏教が
偏った、狭き門となってしまった。

838 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/09(月) 02:23:31
法然の場合は、浄土教という仏教の一つの流れを学んだ上での念仏の教えだが、
日蓮の題目は、そういう仏教の流れにない、自分の思いつき。
題目は念仏のパクリだから、後ろめたさからことさら念仏を非難したという説もある。

839 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/09(月) 07:28:06
>>題目は念仏のパクリだから、後ろめたさからことさら念仏を非難したという説もある。

おもしろい!
同じ「弱者救済」という目的があるから共産党を責める学会と同じかな?


840 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/09(月) 08:15:45
>>839
> 同じ「弱者救済」という目的があるから共産党を責める学会と同じかな?

弱者救済というのは表向きの看板で、
実態は組織の肥大化を一番にする点で同じ体質なんでしょ。
貧困層を集めて、選挙の組織票に利用する点で競合しますね。

841 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/09(月) 08:17:39
>>838
> 題目は念仏のパクリだから、後ろめたさからことさら念仏を非難したという説もある。

確かに、仏の名前を称えるという伝統は、「仏名経」もあるから仏教の中に昔からある。
しかし、お経のタイトルを唱えるというのは、日蓮以前にはなかった発想。

842 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/09(月) 09:15:08
>>841
>しかし、お経のタイトルを唱えるというのは、日蓮以前にはなかった発想。
朝題目夕念仏は天台の日課なんだが、ほめ殺しか?


843 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/09(月) 21:25:22
けちゃぷさん、経典上の観相念仏と天親菩薩には何等かの関連性ありますか?
また、浄土宗では天親菩薩をどう取り扱います?

844 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/10(火) 00:41:14
>>342
修正写真送って着ました。
でもパンプ資源ゴミに・・・

この修正費用は誰が出したのか、まさか勧募かな、とにかく大変だっただろう。

845 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/10(火) 20:30:08
ここがけちゃっぷというおもちゃを弄って遊んでいるスレですか?

846 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/10(火) 21:45:31
「極楽往生」とは、どういうことなのか教えてください。
念仏の信者ではない人は、死んだらどうなるんでしょうか?

847 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/10(火) 21:57:38
>>846 念仏の信者で無い人は、極楽には往生できません。仏様にもでき
ないことがあるのです。信仰も、帰依もされていない人は、すくいとれ
ないのです。また、極楽っていうのは、阿弥陀様の浄土です。浄土は、
たくさんありますが、極楽っていうのは、阿弥陀様の浄土だけです。
死んだらどうなるんでしょうね?




848 :けちゃっぷ:2006/01/10(火) 22:12:41
>>843 浄土宗がよりどころとするテキストは、
浄土三部経に世親菩薩の『往生論』を加えた、「三経一論」です。
『往生論』の中で世親菩薩は、
阿弥陀仏に帰命し浄土への往生をめざす信仰(安心)説き、
そのための修行法(起行)を組織立てました。
浄土教を旗揚げしたと言えますね。
その修行法とは、五念門(礼拝・讃歎・作願・観察・廻向)です。
礼拝は、身業で阿弥陀仏を礼拝すること。
讃歎は、口業で名号を称えること。
作願は、意業で往生極楽を願う念に精神を集中するシャマタ(三昧)。
観察は、阿弥陀仏や極楽等のビジョンを明らかに観るビバシャナ(智慧をもって観照すること)
廻向は、これらの行の功徳を一切衆生に施し、共に往生しようと願う利他です。
浄土教のサマタ・浄土教のヴィパッサナーが、あったわけですね。


849 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/11(水) 20:24:52
>>848
ならば、法相宗・禅宗・浄土宗は世親から派生した同じ瑜伽行唯識学派なんですか?

850 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/11(水) 23:45:05
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪


858 :名無しさん :2005/12/28(水) 23:55:03 0
勤務地 東京都港区三田
※転勤はありません。
交通 JR「田町駅」より徒歩7分
都営三田線・都営浅草線「三田駅」より徒歩7分
都営浅草線・京浜急行本線「泉岳寺駅」より徒歩6分



859 :名無しさん :2005/12/30(金) 22:41:12 0
世間知らずな 寺の娘を縁故で採用するな ボケ!
威張り腐ってパートのくせに、文房具管理もせんぞ!!!

気が強いからって 野放しにするなー!!!

こらーーーーーー 



851 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/11(水) 23:46:19
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪


858 :名無しさん :2005/12/28(水) 23:55:03 0
勤務地 東京都港区三田
※転勤はありません。
交通 JR「田町駅」より徒歩7分
都営三田線・都営浅草線「三田駅」より徒歩7分
都営浅草線・京浜急行本線「泉岳寺駅」より徒歩6分



859 :名無しさん :2005/12/30(金) 22:41:12 0
世間知らずな 寺の娘を縁故で採用するな ボケ!
威張り腐ってパートのくせに、文房具管理もせんぞ!!!

気が強いからって 野放しにするなー!!!

こらーーーーーー 



○松寺の末の娘だよ!!!ぼけ

852 :けちゃっぷ:2006/01/12(木) 12:44:21
>>849 もし法然さんに唯識ってどんな教えですかと尋ねたら、
唯識を本業とする僧も顔負けなくらいに、こと細かに説明してくれるでしょう。真言・法華・華厳について尋ねても、同様です。
しかし、唯識を知らなくても浄土宗義の理解に支障はないと思います。
唯識法相宗は、悉有仏性を否定します。
天台から別れた浄土宗は仏性肯定です。禅も一応仏性肯定じゃないでしょうか。
ところで、経・律・論という三種類のテキストを三蔵といいます。
経の中で往生浄土をメインに説くのが浄土三部経です。
論(経の解説書)の中で往生浄土をメインに説くのが世親の往生論です。
仏教のテキストを、浄土教を主題にするテキストだけにしぼったら、
消去法で三経一論になったわけですね。

853 :似非小僧 ◆bTf/dB20ac :2006/01/12(木) 18:53:37
浄土宗義と鎮西義の違いってなんですか?

歴史的に「浄土宗」の成立を見てきたら、
どう見ても鎮西義がもとになった寄せ集め集団です。

鎮西以外の少数派との折り合いを教義上でどうつけているのか、
非常に興味があります。

あと他の法然系の宗派に対する優位性(ここが正統)っていう
辺りもおききしたいですね。

854 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/12(木) 19:15:41
>>592
唯識法相宗は、悉有仏性を否定します。

うーん、徳一と最澄ですか……
でも、楞伽経ではアラヤ識=仏性ですし…
現在の仏教界の本覚思想批判に対して最近、私は疑問を持ちだしたね、ちなみに禅では仏性を仏になる可能性ではなく、本来の自己とします(自我ではない)。
いったい、そこには何が在る?のでしょうか?ファンダメンタリストけちゃぷさんに期待

855 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/12(木) 20:13:36
興味はでていけ

856 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/12(木) 20:34:06
>>855
なんで?

857 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/12(木) 20:36:31
うんこだから

858 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/12(木) 20:56:22
>>857
なんじゃそりゃ?

859 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/12(木) 20:56:41
マジシャンのセロが千切った紙幣を元通りに戻したマジックを
見たが、どうもトリックがあるように思えなかったな・・・

人間には不思議な能力(神通力)があるように思ってしまう。
開眼できるのは僅かな人数だろうが。

860 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/12(木) 21:00:13
>853
浄土宗義=鎮西義です。同じものを別の名称で呼ぶだけのことです。

861 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/12(木) 21:01:17
マジックと人間の不思議な能力(神通力)とを
一緒に考えないほうがいいんじゃないのかなぁ・・・・

862 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/12(木) 21:05:14
>854
けちゃっぷのどこがファンダメンタリストなんよ。電波が聞いたらヘソで茶を沸かしながら猿回されするど。
ただのオカルトかぶれの似非坊主やんか。

863 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/12(木) 21:14:28
>>862
けちゃぷさんは、阿弥陀如来と対面した事あるんだぞ!!

864 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/12(木) 21:19:08
>863
ほほう、それは初耳。まず、
それは、第三者に検証可能な事実か否か。
それは、けちゃっぷの脳内体験として事実か否か。
それは、興味さんの脳内体験として事実か否か(ここには伝聞情報も含む)。
いずれの場合であれ、「見た」として体験された認識対象が確実に阿弥陀仏であるかどうか。
確実に阿弥陀仏であるとする場合、それが、「西方過十万億仏土」にまします阿弥陀仏であると
どのようにして確認することができたのか。
もしも妄想であるならば、魔でないという保障は如何にして得られたのか、
すべて説明してください。

865 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/12(木) 21:36:25
>>864
けちゃぷさんの認識において、実在の働きとしての阿弥陀に会ったと言う意味であろう……
>第三者に検証可能な事実か否か。

検証可能な物なんて、存在するのか?完全に同一の科学的再現性なんてないだろ?

それよかさあ、魔って学会用語だね。

お疲れ様

866 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/12(木) 21:42:08
>865
おいおい。「魔」が学会用語?たしかに連中も使うが、仏教語としては阿含から頻出する普通の言葉だよ。
下手なレッテル貼りすんな。

867 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/12(木) 21:44:18
>865
第三者に検証可能かどうか、というのは複数の二者択一の内の唯の一つ。
この二択に対するあなたの答えは予想したものだし、僕でもそう答えるだろうよ。
で、他の二択に対する答えはどうなのよ。

868 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/12(木) 21:48:49
>>866
でもさあ……阿含経ってあんま普通の在家の人は唱えないんやない?
禅では魔境と言うが、在家の人でも魔とはいわないよ、私が初めて「魔」と言う言葉を日常会話で聞いたのは学会の女の子からだったよ。
以降、日常会話に魔なんて聞いたら学会員と考える。
違うならスマン


869 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/12(木) 21:53:26
>868
了解。あたしゃ学会じゃないですよ。
そして、ここは仏教関連スレだから日常会話をしているわけではないというのは共通認識だと思っておりますが。
日常会話で阿含が・・・なんて出てきたら僕でもひいてしまいます。

ちなみに、一般によく読まれた経典なら、金剛般若にも魔は出てきたでしょ?


870 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/12(木) 21:56:44
けちゃっぷの脳内体験としては事実である。 そして、そのけちゃぷさんを私が「見る」それでいいでしょ、見るとは記憶で有りましょう。
過去の記憶としての認識の内に「見る」があるでしょう、故に未来は見えないんですよ。

871 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/12(木) 22:12:34
>870
けちゃっぷが何を見ようがどうでもいいことなんだけれど、どうでもいい、という限りにおいて、「それでいい」でしょ。
結局、>863は、それでどうしたのよ?ってことだね。どうでもいいことをなんでもちだしたの?というのが僕の疑問。

872 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/12(木) 22:20:35
うむ、興味はけちゃぷさんをはかなり前から知ってまして、けちゃぷさんの発言が最近変わって来たのは、以前に阿弥陀さんを見たと言う発言との関連性を見出だしたかったからだよ、彼の思想的変遷を知りたい

873 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/12(木) 23:25:43
興味の味方するわけじゃないけど、あんまりムキになんなよ。

874 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/12(木) 23:26:51


277 名前:名無しさん@京都板じゃないよ :2006/01/12(木) 00:32:26
>>275
大松寺。黄鵠山・浄土宗。芝増上寺の末寺

末娘が ガム噛んでたのを 道に 吐き捨ててたぞーーーーーーーーーーーーー!




278 名前:名無しさん@京都板じゃないよ :2006/01/12(木) 22:54:47
http://www.h5.dion.ne.jp/~tokin/shiroganemita.htm



875 :けちゃっぷ:2006/01/12(木) 23:53:45
>>872 たしかに、僕の思想も変わってきましたね。
阿弥陀仏を観たというのは、あくまで夢の中での話ですが、
とても勇気づけられました。
夢の中で、なぜその方が阿弥陀仏だとわかったのかというと、
どこかで見たような阿弥陀の姿だったからです。


ちなみに、興味さんは、僕を2ちゃんねるに誘った張本人です。


876 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/13(金) 00:13:20
私が知った頃のけちゃぷさんは、真理の探求者だったが、今は完全な念仏行者ですね。

羨ましい………

けちゃぷさん夢は非連続の日常だよ、君は阿弥陀にたしかに逢ってますよ。

だって、それは間違い無く阿弥陀さんなんでしょ。

877 :似非小僧 ◆bTf/dB20ac :2006/01/13(金) 02:05:01
>>860
ほへほへ。
>鎮西以外の少数派との折り合いを教義上でどうつけているのか
その辺に返答が欲しいです。
もしかして塗りつぶし?

878 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 09:44:09
まあ、オカルト坊主が何を見ようと、ここで話題にするようなことじゃないだろ。

879 :牛飼い:2006/01/13(金) 13:00:52
俺もあの世へ四回いったことあるぜ(夢の中で)。あの世でも抱擁とキスだけはある、と聖典に書かれているが、
俺の場合は女の人に抱擁されたね。起床後、その女性の言っていたことが気にかかりいろいろと調べてみたら、
なんとその人は16世紀にインドで王女(藩王)だった人であった。誠しやかの体験はすばらしいもんだぜ>>878君。

880 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 13:04:14
>>879
あとの三回はどんなんだったんだつか。。。
出来たら、その話も教えてほすいなぁ。。。

881 :牛飼い:2006/01/13(金) 13:08:29
興味とけちゃっぷは昔から知り合いなのか?
興味も坊主なのか?

俺は数年前に真言宗と神道の聖者から弟子ににならないか、と誘われたが
断ったよ。特に神道なんて論外&糞くらい、だからよ。

882 :牛飼い:2006/01/13(金) 13:31:36
UFOも四回見たこともある。その中で一番真直(40メートル先で)で見たのは
モロ迫力があったな。直系3メートル以内くらいの大きさで色はシルバーで尻尾
みたいのが付いていたな。

>>880簡単に言ってあとの三回は風景的な美景観や小川のほとりにテーヴァ(神々)の石像があり
そこでマントラを唱えていた自分がいたな(あえて称えるえはなく、唱えるを使用する)。
でも、もう半年このような夢見ていない状態よ。
最初に見たのは一年半ぐらい前からだ。それ以前はそんなことなかったな。
どうやら俺は神様に対する献身的奉仕と理解度が高まっているようだ、とみる。

883 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 13:33:07
ポカーン
はいさよ おなら

884 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 13:36:06
>>882
それは。。。。つごい!!

理解出来ない人には永遠に理解出来ない。。わかる人には分る。。

885 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 13:38:35
うーんこ まったなあ

886 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 14:23:25
莫妄想 莫妄想

887 :ごんべい:2006/01/13(金) 15:00:55
牛飼い、オカルトっぽくなってきたな、霊だけなら理解もできるが、
UFOは、ちょっとなあ。

888 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 16:49:48
阿弥陀様をいつも憶念して敬って念仏していたら、
良い事あるかな?

889 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 16:53:20
>>888
往生しまっせ!

890 :けちゃっぷ:2006/01/13(金) 17:27:03
>>888 セロトニン神経のはたらきが整い、
うつの予防、キレる予防になります。


891 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 17:32:23
極楽往生以外の特典はないの?
「不求自得」なんて言葉あるよね。
あれは経典の言葉なのかな?

892 :けちゃっぷ:2006/01/13(金) 17:37:15
>>881 真言宗の僧の中には、不思議な力をもった人がいます。


893 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 17:50:38
>>892
浄土宗の僧侶の中にはいないの?
法力坊蓮生はいろんな伝説があるけど。

894 :けちゃっぷ:2006/01/13(金) 18:16:29
>>893 法力を使う場面もなければ、技術もないし訓練するノウハウもないので。
それに、そういう能力のある人をスカウトするわけでもないから。
特殊な力をもって生まれた人が、プロになろうと志したとしたら、
真言宗か、修験者になるでしょう。
友人のお父さんは霊感があるらしいのですが、
若い時にやはり修験者にスカウトされたらしいです。


895 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 18:47:23
>>893
教義にはそんなものはないけど、
加持祈祷をして真言密教みたいなことする勘違いはいますね。

896 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/13(金) 19:09:31
>>894
でも、けちゃぷさんは如来の本願力を流布させる力を持ってますやん。

897 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 19:14:33
きっと真言や天台には阿弥陀様を勧請して供養する
阿弥陀供や阿弥陀護摩もあるんでないの?

けちゃっぷさんもやったらカコイイ!!

898 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 19:21:35
友よ、天皇陛下の御名のもと美しい日本国を築こうではないか。


           .,.v-ー''″ ミ,
         ,,/  ,,,,   ミ
       .,/   ,,|||||||,,  ミ.
       ,!′  ,,||||||||||||| .゙゙!;
      ノ   |||||||||||||||||  ゙`!;        日本人だけの特権!
      .\.,  "|||||||||||||"   ..ミ            世界の中心で天皇陛下万歳を叫ぶ!
        .\  "|||||||" ,.,v-r|i
         )   ""  ./ ′ .ミ,
         .)    .,r'′   ミ.
          .゙'ー‐'¨¨″     フ∧_∧
                    r(,,゚Д゚)
                     〉日本つ
                    ⊂、 ノ
                      し'

     天 皇 陛 下 万 歳 !

日出づる処の極東板より
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1135328170/

899 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 19:54:36
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪
寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪寺の娘最悪


858 :名無しさん :2005/12/28(水) 23:55:03 0
勤務地 東京都港区三田 大松寺
※転勤はありません。
交通 JR「田町駅」より徒歩7分
都営三田線・都営浅草線「三田駅」より徒歩7分
都営浅草線・京浜急行本線「泉岳寺駅」より徒歩6分



末娘 ガム道端に 吐き捨ててたぞ!!!!!!!!!!

900 :似非小僧 ◆bTf/dB20ac :2006/01/13(金) 21:15:38
>>897
Σ(´д`ノ)ノ

901 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 21:49:24
>>897
おいおいおだてるなよ。
オカルトけちゃっぷなら本気でやりそうだ。

902 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 21:53:18
炎の行者・・・けちゃっぷ・・・もいいかも!  (・∀・)ニヤニヤ

903 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 21:57:46
Σ(´д`ノ)ノ


904 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 22:01:09
念仏三昧のけちゃタンが。。。

おん。あみりた。ていぜいから。うん。。。。カコイイ!!

905 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 22:16:18
大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ
大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ
大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ
大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ
大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ
大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ
大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ大松寺ゆかこ

906 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/13(金) 23:00:52
               _,....、、、、、、、...,_       
        ,..::'"´:,:'゙´`ヽ,:'゙´`ヽ`'::、
      /:::::;:、-i  ^ l ^  i‐- ;ヽ,
     /:::::;: '´‐-、`'ー''(´`)ー" ''゙´ ヽ;',
     i':::::/ , -─‐-   | ニニ ̄ }.i!
     {:::::i  i`''ー- 、..,,,,,___|__,,,,..、‐i゙ i
     .i::::!.  ',  ______       / /
    ,..., .ヽ::、  ヽ,´   `゙ヽ,  ,/./  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i゙  iー"゙'ゝ、.,,_`'‐、.,,___,,...ゝ'",./  < 三田の大松寺の ゆかこでーす!
  `;ー''ゝ:::::::::::,二M=w-、‐=''"´      \_______
 / ○/:::::::::/´    ゝソ/\...,             
 '、__,..!,{::::::::::{  「`゙゙'''ー-、/`'(   )      
    `ヽ::::::::`::.,''ー--,/   `"´
      (`'ー--‐゙<"´
      `'‐---‐'


907 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/14(土) 01:39:10
スレ違いだが・・・

もう、寺出て行こうかなと思ってる。

908 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/14(土) 01:42:38
寺出てどこ行くの?・・・あてはあんの?

909 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/14(土) 01:52:42
短気にならずに我慢するか・・・
でも、いざとなったら出て行く覚悟はもってないとな。

とりあえず、貯金で暮らすことになるが、
ある分野の職歴があるから、その関係の職に就けるんじゃないかと
思っている。
職種を選ばなかったら何でもやっていけるんじゃないか?


910 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/14(土) 01:58:26
短気にならずに・・・って・・・今の寺の状況に如何しても
憤懣やるかたないことがある訳なの?

911 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/14(土) 08:53:14
浄土宗って、法然上人の教えは立派かも知れないけど、
実際に寺でやっていること、葬式と法事ばっかりで、
教えなんかないし、拝み屋みたいなこともするし、
何だかいやになるんですね。

912 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/14(土) 09:10:20
いくら立派といっても実際に人が寺に望むのは、きちんと先祖供養・亡者回向してくれる事。
それがあったら宗派の違いなど気にならないぐらい。
「今日から葬式も法事もしないし墓も放置。教えだけやります」
って坊さんがこんな事言い出したらリコールされないか?

913 :けちゃっぷ:2006/01/14(土) 10:59:28
>>911 教えは、ご自分で説かれたいいのではないでしょうか?
「拝み屋だけやってメシが食えればいいや」というような人よりは、
あなたのような方に寺にいて欲しいですが。

914 :牛飼い:2006/01/14(土) 14:42:00
そうそう、もう自分で説きなされ。。一度坊主経験のある人は。。不必要に宗派に入ることも無い。

この中で昔ヤンキーだった人いる?
オレってヤンキー上がりだからな〜。やはり坊主はなんといっても武家上がりかヤンキー上がりに限るよな。


915 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/14(土) 15:15:48
牛飼いはん…おもろいやんか( ̄ー+ ̄)ニヤリヾ

916 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/14(土) 16:49:26
>>914
でも、けちゃぷさんは真面目一辺だよ

917 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/14(土) 16:59:47
いい取り合わせだね。
まるで相反するような性格を持った両脇持もいるしことだし。
両極も亦不二。

918 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/14(土) 17:03:58
牛飼いって、以前 このスレで、
自分の血統を威張ってたよな。

どんな血筋を威張ってたんだ? 

919 :牛飼い:2006/01/14(土) 18:53:19
またお前か。しつこいな。
B型だろ、お前。よほど悔しかったのかい?

920 :牛飼い:2006/01/14(土) 19:02:13
過去にヤングオートに掲載されたことあるしな。
ある町でオレのソアラのフルキットを知らない奴がいたら間違いなくモグリだぜ。
おっと歳がばれるな。やば!

921 :牛飼い:2006/01/14(土) 19:56:21
22時からNHKでETV特集だ。お寺の改革、再生についてらしい。
一見の価値ありかな?

922 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/14(土) 20:06:23
腐ってもいないのに何の改革が必要か?

923 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/14(土) 20:46:50
己自身腐っていることも気づかずに┐(´∀`)┌

924 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/14(土) 21:09:30
お寺ルネサンス?
勝手にそう名付けられても・・・
真似事しても続かない。

浄土宗の寺で特別な取り組みしてる所ってあるのか?
教区支部でも結束を深めるの難しい。
お坊さんって結局 スタンドプレーになってしまう。

925 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/14(土) 21:13:52
>>919
ブブー、ハズレ。
オマエ、
ウザイ奴だなと思ってんだよ。

926 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/14(土) 21:47:01
上田紀行さんの本は読んだ。
いつだったか大阪の浄土宗のお寺で講演してたよ。
そのお寺はNPO起ち上げて檀家無しで経営してるのでも有名です。
いろんな取り組みというのは、案外知られてないだけで
じっさいは全国で行われているのかも知れないね。

927 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/14(土) 22:00:42
『葬式革命―坊さんのいない葬式』という本が出ましたな。
誰か読まれましたか?

928 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/14(土) 23:54:33
仏教ルネサンス
浄土宗代表 秋田光彦さん、
確か 総合幼児教育研究会、パドマ幼稚園もやってる。

特殊な寺だ。参考にならない。

ETV特集 結局、既存仏教寺院のバッシング的要素を
強く感じた。

929 :けちゃっぷ:2006/01/15(日) 00:02:47
>>928 パドマ保育園って、大阪でしょうか?
もしそうなら、学生時代にかなりお世話になった保育園です

930 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/15(日) 00:44:26
>>929
学生になってから保育園に行き直したのか。なるほどけちゃっぷらしい。
今のオカルトは、その頃に教えてもらったのかな。

931 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/15(日) 00:59:18
上田紀行って人は、
学者さんやって、外野で無責任なこと
言ってればいいんだからなぁ。

>>929 パドマ幼稚園は 大阪天王寺区。 
   保育園じゃないよ。

932 :けちゃっぷ:2006/01/15(日) 04:18:38
>>931 天王寺…やはり知ってるとこかも…

933 :けちゃっぷ:2006/01/15(日) 04:21:11
関係ないけど、「スターウォーズ」のアミダラ女王が、最初パドメって名乗ってませんでした?
やはりアミダラは阿弥陀ラなのかなぁ?

934 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/15(日) 16:46:48
誰某は外野に過ぎないとか、参考にならないとか、文句だけ垂れるのは簡単だけどな。
誰も自分のかわりには考えてくれないし、
どんな仕事の分野だって簡単に繁盛する方法など誰も教えてはくれないんだよ。
既存の権利にしがみつけばしがみつくほど、それをかき乱すよそ者は疎ましく感じるものだ。

935 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/17(火) 11:05:21
先祖の回向の意味。

もし、ご先祖さまを拝む機会が一年に一度もなかったら、
自分が死んだら「無」になってしまうことをいやでも自覚することになる。
葬儀がなかったら、明日は自分がこの世から消えてしまっている可能性
もあるという現実から目をそむけられなくなる。

不安で社会なんか成り立たなくなる。
無になるんなら何してもいいと思えば、いつ無になるかしれないと思えば
秩序なんて有り得ない。

結論:葬儀や法事は大切


936 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/17(火) 16:59:23
質問。
「死んだらどうなるんですか?」

937 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/17(火) 17:12:24
>>936
びっくりします。

938 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/17(火) 17:16:22
936です。
多数のご意見を拝見させてください。

>>937
もう少し詳細を説明願います。

939 :けちゃっぷ:2006/01/17(火) 18:02:04
>>936 質問があいまいなので答えにくいですね。
人が死んだら、死んだ人はどうなるか、という意味でしょうか?
特定の人物がずっと生きていてある日を境に死ぬというとらえ方自体、ある意味錯覚です。
毎秒毎秒別の物体であり、新しい生命です。
「何もなくなりゃしないのさ、形が変わっていくだけさ」ということです。


940 :けちゃっぷ:2006/01/17(火) 18:03:02
ということをふまえた上で、
「死んだら呼び名が変わります。」

941 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/17(火) 18:45:02
>>939
生きてる人と死んでる人とは明らかに違いますよ。

命あるものと死を迎えたものとの違いがわからないのですか?

942 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/17(火) 19:56:39
>>906

支店長に声かけられると すぐえらくなりまーす! 威張りまくりー!はったりまくりー! 

943 :けちゃっぷ:2006/01/17(火) 21:18:15
>>941「生きてる人と死んでる人とは明らかに違いますよ。

命あるものと死を迎えたものとの違いがわからないのですか?」
違うものなんだから、違うのは当然です。
違うものにすり替わっても、
依然として同じ名前で呼び続けてしまうのが、
人の分別ですね。
そもそも「生きている人」と「死んでいる人」が、
「同一人物」なのかどうかが怪しいのですね。
違う物体を同じものだと錯覚して、同じ名前で呼んでるだけです。

944 :けちゃっぷ:2006/01/17(火) 21:25:37
犬をポチと名付けて飼っていたら、
いつのまにか犬が家からいなくなり、
次の日に猫が家に入ってきた。
何事もなかったようにその猫をポチと呼んで暮らしていた。
ある日、「そういえばポチ、いつのまにか犬から猫になったんだねぇ」と言う。
「ポチが犬から猫に変わるとき、ポチの何が変わったのかなぁ?」と考えたりする。

945 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/17(火) 21:30:35
>>944
また、そんなことを言い出す。
個人のブログと異なることをわきまえなさい。

946 :けちゃっぷ:2006/01/17(火) 21:33:18
この飼い主が愛しているのはポチであり、
どこかに消えた犬を愛していたのではないのです。
犬だったポチが猫に替わり、次に鳥に替わっても、
飼い主にとってポチだと思えているうちは何も問題ない。
しかし、鳥のポチがゴキブリに交替した瞬間に、
「なんてことだ!あぁかわいそうなポチ!ゴキブリになっちゃった!」
と嘆き悲しむのです。
「ポチがゴキブリになったら、ポチはどうなってしまうのだろう?
痛くないのかな?辛くないのかな?
ポチや、ポチ、あぁ、かわいそうなポチ!」

947 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/17(火) 21:47:50
>>946
想いつきで胡散臭い譬えを話してばっかりいないで、
本気で生命について調べてみたら?

948 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/17(火) 21:49:08
>>946
認知症の飼い主の話か? アフォ〜〜〜

949 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/17(火) 21:51:00
水幸会

950 :けちゃっぷ:2006/01/17(火) 21:53:54
>947 死(生でなくなること)とは、
寿(いのち)と煖(ぬくもり)と識(こころ)がバラバラに離れることらしいです。
パンとハムとレタスがバラバラになると、サンドウィッチという呼び名が消えてしまいます。
もともとパン・ハム・レタスは別々の存在ですが、
たまたま1ヶ所にあると、凡夫の目にはサンドウィッチに見えてしまうのです。
ほんとはもとからバラバラなのに。

951 :けちゃっぷ:2006/01/17(火) 21:57:57
凡夫は、いちどサンドウィッチとして認識し、
サンドウィッチであることに価値を見いだしてしまうと、
サンドウィッチでなくなってしまうことに「嫌だ」と感じます。
もともと「サンドウィッチ」というのは、凡夫が勝手につくった名前にすぎないのに。


952 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/17(火) 22:33:46
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
としぽん用しおり
/ | | | |ヽ
 ( ゚〜゚ ) >今日はここまで読んだのです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



953 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/17(火) 22:37:59
         _,....、、、、、、、...,_       
       ,..::'"´:,:'゙´`ヽ,:'゙´`ヽ`'::、
      /:::::;:、-i  ^ l ^  i‐- ;ヽ,
     /:::::;: '´‐-、`'ー''(´`)ー" ''゙´ ヽ;',
     i':::::/ , -─‐-   | ニニ ̄ }.i!
     {:::::i  i`''ー- 、..,,,,,___|__,,,,..、‐i゙ i
     .i::::!.  ',  ______       / /
    ,..., .ヽ::、  ヽ,´   `゙ヽ,  ,/./  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i゙  iー"゙'ゝ、.,,_`'‐、.,,___,,...ゝ'",./  < 三田の大松寺の ゆかこでーす!
  `;ー''ゝ:::::::::::,二M=w-、‐=''"´      \_______
 / ○/:::::::::/´    ゝソ/\...,             
 '、__,..!,{::::::::::{  「`゙゙'''ー-、/`'(   )      
    `ヽ::::::::`::.,''ー--,/   `"´
      (`'ー--‐゙<"´
      `'‐---‐'



954 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 00:00:47
>>951
いいかげんにしろ!
ここは、けちゃっぷ個人の落書き帳ではない!

955 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 00:01:45
今日は、阪神大震災の法要がそれぞれに行われています。
 震災によって大きなものを失った悲しみがあります。
その人でないとわからないことでしょう。
昔、ボランティアで伺った時、
ある奥さんから「私は主人を亡くし、
悲しい悲しいと涙にあけくれている日々でした。
しかし真宗の教えをいただいたら、
主人を亡くしたけど、それによってまた新しい出会い、
優しさを沢山いただきました。
真宗の教えは、すべてが無駄でないということを教えてくれるのですね」
と言ってくださいました。
 その言葉にジーンときたものです。
 悲しみの淵に入り込んでしまうと、
すべてが悲しみでしか受け取れなくなります。
何も見る余裕がなくなってしまいます。
どんな状況に立たされても、
今の現況をしっかり見ていける眼を、
阿弥陀さんはくださるのです。
共にお念仏していける眼を・・・。合掌

浄土宗の教えは、悲しむ人を癒す力あるのだろうか?


956 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 00:38:09
935を書いた愚者です。
けちゃっぷさん、今年も絶好調で心強いかぎりです。
死については同感ですが、その言い方がどの程度「死」について
考える人の心を安らかにするかは疑問っちゃあ疑問だね(タモリふうに)。

本当は「死」の真実なんて見たら人間は生きていけないものです。
私はナウシカの「オームの心」なみの深遠であり、ふつうの人は発狂します。
あらゆる宗教のテーマは「死」であり、そこからどう・・・・一番嫌な言い方をあえて
すると・・・・目をそらすかの方法論です。

「生まれ生まれ生まれ生まれて生の前に暗く、死に死に死に死に死んで死のあとに暗し」
って誰の言葉だったけかな。

念仏はとてもよくできた方法だと思っていますけどね。それだけでは救われない人もいる
というより単に熱心にやらないからだと思いますが。念仏がお題目でも座禅でも同じですよ。
いや、各地から石が飛んでくると思うけど、同じです。問題は熱心にやるかやらないか。
信心があるかないか。それだけです。それだけでしょう?


957 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 00:42:36
ケンカ売りついで。
私は上田紀之氏肯定派です。
もちろん「外野」という言い方はできるし、内部の人間にしか
わからないこともあるでしょうが。

外野の意見に耳も傾けなくなったら内部崩壊するのがオチですよ。


958 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 02:11:50
>>951
浄土宗のスレを私物化するな!
浄土宗の恥さらし!

959 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 09:44:46
      r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
.      〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
       i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
.      ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ     けちゃっぷ!
      l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、
        レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト   ここはお前の日記帳じゃねえんだ!
       ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ    
:ーゝヽ、     !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ     チラシの裏にでも書いてろ、
::::::::::::::::ヽ.-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ
::::::::::::::::::::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,     な!
:::::::::::::::::::::::::N. ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::::! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /

960 :けちゃっぷ:2006/01/18(水) 12:19:33
質問に関連したことを書いていたのですが…

961 :けちゃっぷ:2006/01/18(水) 12:26:48
>>956 浄土宗では「浄土に生まれる」のです。
遺体は遺された物体にすぎません。
生きたゴキブリのポチが消えて死骸のポチが目の前に転がっていたら、
その死骸を「ポチ」とラベリングするのではなく、「ポチの遺した死骸」だとラベリングすればよい。
そして、頭に浮かんだ「極楽に生まれた菩薩様」を、
「ポチ」だとラベリングすればよい。
もはや死体はポチではない。菩薩がポチ

962 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 12:45:09
>>961
そうですね。そうでしょう。


963 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 13:00:36
>>961
浄土まで、世俗の名前を持っていくわけ?

964 :けちゃっぷ:2006/01/18(水) 17:51:42
>>963 遺された者から見た場合の話です。
極楽では、無数の過去世のすべての名前を思い出せますから、無数に名前があるのでは?

965 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 17:55:23
>>964
極楽では無数の過去世のことを思いだせるんだ。

極楽へ行かない者はどうなるの? 

地獄はやっぱりあるんですか? 念仏しない者はどこにいくんでしょうか?

966 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/18(水) 17:59:00
大切な事だが
2ちゃんねるネット上において、葵講が日蓮宗の代名詞になったように、けちゃぷさんが浄土宗の代名詞になって来ている……

967 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/18(水) 18:00:08
つーか、あれだけちゃぷ講があればおもろい………(藁
浄土宗けちゃぷ講

968 :けちゃっぷ:2006/01/18(水) 18:22:41
>>966 僕はあくまで私見を書いてるだけです。

969 :けちゃっぷ:2006/01/18(水) 18:28:48
>>965 極楽に行かなくても、神通力をみにつけられれば過去世が見えるでしょう。
念仏しない場合には、どこに往くかは人それぞれですから、
普通の人にはわかりませんね。
基本的には、善いことをすれば善いところへ、悪いことをすれば悪いところへ、輪廻するそうです。

970 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 18:37:00
釈尊は誰かがどこかに生まれかわるという輪廻説は否定していたんじゃない?
浄土宗の坊さんでも輪廻説を認めない立場の人がいるんだけれど。

空だ空だというのにどうしてけちゃっぷ君は輪廻を説くんですか?

971 :けちゃっぷ:2006/01/18(水) 19:12:51
>>970 お経読むかぎり、釈尊が輪廻を否定しているようにも思いませんが。
もちろん輪廻も空ですよ。
ご飯も空だけど、日常会話では「ご飯を食べる」と言います。
輪廻も空だけれど、「お経に輪廻の話が載っている」と言えます。

972 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/18(水) 19:14:31
>>970
>空だ空だというのにどうしてけちゃっぷ君は輪廻を説くんですか?

一切が空だから、輪廻も空でしょ

ちなみに釈尊は輪廻を否定していない

973 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/18(水) 19:19:01
否定は肯定の反対語で、二元論つまり分別でしかない、相対二元論では無く絶対矛盾(一元論ではない)でありましょう

974 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 19:32:42
ケチャップさま、釜宮司でも阿弥陀様は救って下さいますか?

975 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 19:34:28
>>972
> ちなみに釈尊は輪廻を否定していない

というか、死後のことは説かなかったのが釈尊だろ。
だから輪廻を肯定したり説いたということじゃないだろ。
無記ということを確認してごらん。

976 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 19:36:59
>>970
> 釈尊は誰かがどこかに生まれかわるという輪廻説は否定していたんじゃない?
> 浄土宗の坊さんでも輪廻説を認めない立場の人がいるんだけれど。

浄土宗の坊さんでも、仏教学をきちんと学んだ人はそう言うね。
それまでのインドの常識であった輪廻を超えることを説いたのが釈尊だからね。

977 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 19:51:27
>976
>輪廻を超えることを説いた
いい表現ですね。昔別スレで見た 「輪廻思想の否定」と併せてメモメモさせていただきました。

978 :けちゃっぷ:2006/01/18(水) 19:51:51
>>976 『真理のことば(ダンマ・パダ)』第22章318
「避けねばならぬことを避けなくてもよいと思い、
避けてはならぬ(=必ず為さねばならぬ)ことを避けてもよいと考える人々は、
邪な見解をいだいて、
悪いところ(=地獄)におもむく。」


979 :けちゃっぷ:2006/01/18(水) 19:55:10
輪廻思想だけを超えるのではなく、あらゆる分別はからいを超えるのをめざすわけですよね。
外の日常会話を肯定している(超えていない)場面にあって、
なぜ輪廻だけを特別に扱いたがるのでしょう?

980 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 19:59:54
>979
それは、輪回するという恐怖(観念的につくり上げられた兎の角のようなもの)に縛られている人が大ぜいいたから。
今で言うなら、株という実体のないものに実体のない価値を与えて狂奔するようなこと。
今日は実例が沢山見られたでしょ?
それはアホらしいことだよって釈尊は教えてくれたわけだ。

981 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 20:13:25
念仏していれば自殺しても死後はその魂は極楽往生できますか?
慎重な回答願います。

982 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/18(水) 20:24:56
>>975
否定していないとは言ったが、肯定したとは言ってないぞ、それは単なる二元論でしかないぞ
>輪廻を超えることを説いた

それは大乗視観でしょ

983 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 20:28:01
>982
違うよ。阿含以来一貫した立場。だから、釈尊の発言に含めた言い回しをしたんだよ。

984 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/18(水) 20:31:43
>>981
けちゃぷさんの意見だと、念仏していたら苦から脱却できるはずだよ、苦からの自殺はありえないんでは?
ただ、逃避の為の死と生きる必要が無くなっての死はどうちがうの?

985 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/18(水) 20:34:19
>>983
上座仏教(テーラワーダ)は消滅と言うぞ、脱却は主体の存在を意味するよ

986 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/18(水) 20:37:06
>>983
上座仏教(テーラワーダ)は消滅と言うぞ、超えるは主体の存在を意味するよ。
何が何処を超えるの?

987 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 20:42:27
>上座仏教(テーラワーダ)
というのはあの驅るとの協会のことでつか?まさか仏音あたりをさしていっているわけではないでつよね。

「超える」というのは世俗の言説でつ(w



988 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/18(水) 20:50:13
釈尊は「後有を受けず」と宣言してますね、死後の世界(輪廻も含む)は私は対象とならないと、仮に六道を超えても生きていたら、苦となりますから永遠の死=消滅でしょう、生きていなけりゃ完全なる滅苦では?


989 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 21:02:06
生前の行為の善悪に関わらず、阿弥陀様のお誓いを
信じて浄土に生まれることを願い念仏すれば、往生いたします。
ましてや自殺は他人がいちがいに善悪を決めつけられる問題ではありません。
御本人の信心と行いが確固としたものならばきっと間違いはございません。

990 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 22:01:58
      _,....、、、、、、、...,_       
       ,..::'"´:,:'゙´`ヽ,:'゙´`ヽ`'::、
      /:::::;:、-i  ^ l ^  i‐- ;ヽ,
     /:::::;: '´‐-、`'ー''(´`)ー" ''゙´ ヽ;',
     i':::::/ , -─‐-   | ニニ ̄ }.i!
     {:::::i  i`''ー- 、..,,,,,___|__,,,,..、‐i゙ i
     .i::::!.  ',  ______       / /
    ,..., .ヽ::、  ヽ,´   `゙ヽ,  ,/./  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i゙  iー"゙'ゝ、.,,_`'‐、.,,___,,...ゝ'",./  < 三田の大松寺の ゆかこでーす!
  `;ー''ゝ:::::::::::,二M=w-、‐=''"´      \_______
 / ○/:::::::::/´    ゝソ/\...,             
 '、__,..!,{::::::::::{  「`゙゙'''ー-、/`'(   )      
    `ヽ::::::::`::.,''ー--,/   `"´
      (`'ー--‐゙<"´
      `'‐---‐'



991 :次スレ:2006/01/18(水) 22:13:16
浄土宗・称名念仏第八回
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1137589875/

992 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 22:22:54
第八回も駄スレに終始するのか。。。

993 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 22:33:58
輪廻を超えるのが解脱であり仏に成ること。
これ、仏教の基本。

994 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 22:39:20
>>979
> 輪廻思想だけを超えるのではなく、あらゆる分別はからいを超えるのをめざすわけですよね。
> 外の日常会話を肯定している(超えていない)場面にあって、
> なぜ輪廻だけを特別に扱いたがるのでしょう?

はからいと輪廻を同列には考えないでしょう。

輪廻や生死を超えることが解脱、解脱して仏になるのが仏教の目標。
輪廻は、それまでのインドの考え方を前提にしているだけで、
仏教が輪廻を説いたわけではない。

はからいの否定は、仏教の説く考え方。

995 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 23:27:54
マヨネーズ♪

996 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 23:52:06
このスレも今夜中に埋めてしまおう♪

997 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 23:53:18
南無阿弥陀仏

998 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 23:54:22
浄土宗こそ最強

999 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 23:54:26
南無観世音菩薩

1000 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 23:55:00
1000 ゲット!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

307 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)