5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

浄土宗・称名念仏第八回

1 :南無阿弥陀仏:2006/01/18(水) 22:11:15
日本仏教の精髄、浄土宗を盛り上げましょう。

浄土宗・称名念仏第一回
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1101618487/
浄土宗・称名念仏第二回
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1113414378/
浄土宗・称名念仏第三回
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1119955135/
浄土宗・称名念仏第四回
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1122705630/
浄土宗・称名念仏第五回
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1126536579/
浄土宗・称名念仏第六回
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1129320288/
浄土宗・称名念仏第七回
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1133171918/

2 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/18(水) 22:14:06
2かな?

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 22:30:55
浄土宗の教えが「生きる糧」になるかどうか教えてください。

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 23:00:06
どんな米も野菜も
眺めるだけで食わねば
生きる糧とはならぬ。

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 23:13:16
どんな美女も野獣も
眺めるだけで食わねば
生きる糧とはならぬ。

6 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/18(水) 23:27:00
_,....、、、、、、、...,_       
       ,..::'"´:,:'゙´`ヽ,:'゙´`ヽ`'::、
      /:::::;:、-i  ^ l ^  i‐- ;ヽ,
     /:::::;: '´‐-、`'ー''(´`)ー" ''゙´ ヽ;',
     i':::::/ , -─‐-   | ニニ ̄ }.i!
     {:::::i  i`''ー- 、..,,,,,___|__,,,,..、‐i゙ i
     .i::::!.  ',  ______       / /
    ,..., .ヽ::、  ヽ,´   `゙ヽ,  ,/./  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i゙  iー"゙'ゝ、.,,_`'‐、.,,___,,...ゝ'",./  < 三田の大松寺の ゆかこでーす!
  `;ー''ゝ:::::::::::,二M=w-、‐=''"´      \_______
 / ○/:::::::::/´    ゝソ/\...,             
 '、__,..!,{::::::::::{  「`゙゙'''ー-、/`'(   )      
    `ヽ::::::::`::.,''ー--,/   `"´
      (`'ー--‐゙<"´
      `'‐---‐'


7 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/19(木) 00:00:41
>>4
あんまり、いじわるな言い方しないでやれよ。
性格でてるぜ。

8 :けちゃっぷ:2006/01/19(木) 00:03:19
>>1 スレ立て、誠にありがとうございます。

9 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/19(木) 00:11:00
愚者です。
新スレおめでとうございます。
>>1
おつ。

ほら、いちおう、2ちゃんの流儀の挨拶ですから。



10 :けちゃっぷ:2006/01/19(木) 00:19:35
前スレの続きですが、
解脱すると生死輪廻を離れるというのが、仏教の基礎ですよね。
聖道門ではなく浄土門を選ぶのも、速やかに生死を離れるためです。


11 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/19(木) 00:24:17
>>10
教科書通りのお話、ありがとうございます。

12 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/19(木) 00:25:33
>>11 だが、それがいい

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/19(木) 00:28:17
>>12
ああ、そうですか。
>>10自身の根本課題がまるで見えないのでそういう言い方をしました。

14 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/19(木) 00:43:11
>>3
こんなの紹介しておきます。
浄土宗 総本山 知恩院HP おてつぎラジオ
http://www.chion-in.or.jp/c_bc/index_frame.html

15 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/19(木) 11:21:59
「おてつぎ」って何ですか?


16 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/19(木) 14:52:15
うっかり触っちまうとお手つきだな

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/19(木) 18:08:23
嫁さんやっちゃってもおてつきかな

18 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/19(木) 20:53:31
>>15
浄土宗の御教えを「手から手へ、人から人へ、心から心へ」繋げていこう。
という意味らしいよ。
「お手継ぎ」かな?

19 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/19(木) 21:29:14
      _,....、、、、、、、...,_       
     ,..::'"´:,:'゙´`ヽ,:'゙´`ヽ`'::、
      /:::::;:、-i  ^ l ^  i‐- ;ヽ,
     /:::::;: '´‐-、`'ー''(´`)ー" ''゙´ ヽ;',
     i':::::/ , -─‐-   | ニニ ̄ }.i!
     {:::::i  i`''ー- 、..,,,,,___|__,,,,..、‐i゙ i
     .i::::!.  ',  ______       / /
    ,..., .ヽ::、  ヽ,´   `゙ヽ,  ,/./  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i゙  iー"゙'ゝ、.,,_`'‐、.,,___,,...ゝ'",./  < 三田の大松寺の ゆかこでーす!
  `;ー''ゝ:::::::::::,二M=w-、‐=''"´      \_______
 / ○/:::::::::/´    ゝソ/\...,             
 '、__,..!,{::::::::::{  「`゙゙'''ー-、/`'(   )      
    `ヽ::::::::`::.,''ー--,/   `"´
      (`'ー--‐゙<"´
      `'‐---‐'


20 :牛飼い:2006/01/19(木) 22:55:56
もうパートエイトか、早いな。
前スレの最終部分見逃したぜ、無念。

21 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/19(木) 23:33:28
さんにあれほど言ったのに、まだそんなカキコするですか!もう許さんです!
あんたを許すわけにはいかんです!こんなカキコでレスたくさん付くとでも
思ってるなんて頭おかしーよです!あんたみたいなバカ初めて見たです!
あんたみたいなバカ、ゴキブリ以下です!あんたみたいなバカ、ウジ虫以下です!
死んでほしーです!つーか、死ぬべきです!あんたは絶対に許されないです!
勘違いしたバカを許すわけにはいかんのです!面白半分にいい加減なカキコ
するヤツなど許さんです!キャラメルコーンのピーナッツをケツの穴に詰めて
死ねよです!!!
今まであんたがどんな生き方してきたか知らんけど、どーせひどい生き様
だったと想像出来るです!あんたのカキコから読みとれるです!バカ特有の
匂いがするです!あんたのことが全く理解出来んです!あんたは絶対許さんです!
死んでも許さんです!地獄で苦しめよです!それでも足らんくらいです!
豆腐の角に頭ぶつけて死ねよです!!!
あんたもっと現実を知れよです!いつまでも引きこもってネクラなことしてる
場合じゃないよです!でも、もー手遅れです!あんたは何をやってもダメです!
この世に生まれてきたことを後悔してもダメです!あんたは生まれ変わっても
どうせダメ人間に決まってるです!絞め殺したいけどあんたに触るのが嫌なので
やめるです!でも、あんたみたいなカスは死ねよです!風呂の排水口に吸い込まれて
死ねよです!!!
絶対許さんです!絶対許さんです!絶対許さんです!あんたみたいなヤツは
絶対許さんです!早く消えろです!さっさとこの世からいなくなれよです!!!
いつまでも勘違いしたまま生きていけると思ったら大間違いだよです!この
まま生きててもお前にはいーことなんにもねーよです!何でもいいからさっさと
死ねよです!!!


22 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/20(金) 03:15:46
きちんと改変してから貼れ、粗忽者w

23 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/20(金) 12:39:53
手から手へ
人から人へ
心から心へ
繋げていこう





有料で

24 ::2006/01/20(金) 15:38:04


☆ヒューザーの小島は在日朝鮮人!☆

ヒューザーの小島の実家は宮城県で王城苑
という焼肉屋を経営している。小島は在日朝鮮人だと衝撃の事実
が暴露された!層化と在日による邪悪なコラボレート=偽造マンション乱立!
それ以外にもヤクザ=朝鮮人を暴露!ネットラジオで確認して下さい!

http://www.nikaidou.com/radio/93/051209.mp3





25 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/20(金) 16:02:34

最近2ちゃんねる上で増えているコピペのひとつです。
おわかりと思いますが、みんなどうしようもない絶望感にとらわれています。
外国人とか、被差別部落とか、とにかく理由なんてどうでもいいから
自分より「下」の人間を設定しないと自分がみじめで仕方がないのです。

これもまた、人の迷いのひとつでしょう。
これに対し、仏教はなんと答えてくれるのでしょう。


26 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/20(金) 17:44:07
ヒューザーの社長でも念仏すれば往生できます。
100年もすれば極楽で、住民や姉歯ともども
「あの時は怒鳴ったりしてスマンかった」
「私らも無理言ってしまいましたね」などと浮き世語りも。

27 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/20(金) 18:49:42
カツラの姉歯さんは創価学会やから、念仏しませんよ

28 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/20(金) 18:58:20
創価学会員も改心して念仏すれば、往生できます。
浄土宗だから「上」、学会員だから「下」ということはありません。
みな煩悩具足の凡夫です。
念仏すれば平等に阿弥陀さまに救われてゆくのです。疑ってはなりません。

29 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/20(金) 20:08:21
律蔵では釈尊は教壇から、罰として信徒追放をしてますが、阿弥陀さんは極楽から信徒を追放したりするん?

30 :けちゃっぷ:2006/01/20(金) 21:10:09
>>29 極楽に生まれてしまえば、追放されるような罪を犯すことができません。
生まれた時点でもう悪の心が摘み取られてしまってるから。
阿弥陀仏の力で、善の衆生にされてしまいます。


31 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/20(金) 21:21:29
  _,....、、、、、、、...,_       
        ,..::'"´:,:'゙´`ヽ,:'゙´`ヽ`'::、
      /:::::;:、-i  ^ l ^  i‐- ;ヽ,
     /:::::;: '´‐-、`'ー''(´`)ー" ''゙´ ヽ;',
     i':::::/ , -─‐-   | ニニ ̄ }.i!
     {:::::i  i`''ー- 、..,,,,,___|__,,,,..、‐i゙ i
     .i::::!.  ',  ______       / /
    ,..., .ヽ::、  ヽ,´   `゙ヽ,  ,/./  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i゙  iー"゙'ゝ、.,,_`'‐、.,,___,,...ゝ'",./  < 三田の大松寺の ゆかこでーす!
  `;ー''ゝ:::::::::::,二M=w-、‐=''"´      \_______
 / ○/:::::::::/´    ゝソ/\...,             
 '、__,..!,{::::::::::{  「`゙゙'''ー-、/`'(   )      
    `ヽ::::::::`::.,''ー--,/   `"´
      (`'ー--‐゙<"´
      `'‐---‐'



32 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/20(金) 21:26:31
なにこれ ゆかこさんの頭がドラえもんって意味? 笑

33 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/21(土) 12:57:14
>>30
ならば極楽=涅槃になるんですか?
善であるならば修行しなくてもいいんでは?
あと大慈大悲と執着はちがうの?

34 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/21(土) 13:20:43
>>25>>26>>28部落民まるだし。すべて平等なのであれば釈迦の一つ下の位へみんなをいざないたまへ。
社会区分として、または精神区分として決められているものでもあり、平等ということは無いのだ。
生まれつきもこれまた必然なのだ。煩悩具足なのはお前ら賎民であ〜る。一粒の人徳も無き奴等である。
そのように迷いの世を具象化している無知な御仁はみじめである。。

35 :牛飼い:2006/01/21(土) 13:47:48
経典の一ページ
南無ふもんじ現眼力とう身大慈大悲きゅうきゅうきゅうなん観世音菩薩観世音菩薩観世音菩薩

36 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/21(土) 14:18:46
>>34
頭破裂してまつね・・・

37 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/21(土) 15:33:05
ヽ(`Д´)ノ修徳短大福祉学科ヽ(`Д´)ノ




38 :ヽ(`Д´)ノ:2006/01/21(土) 15:35:54
http://www.jc.shukutoku.ac.jp/kengaku/index.html

39 :けちゃっぷ:2006/01/21(土) 16:08:09
>>33 往生すると、あと1回生きれば成仏(ニルヴァーナ)、というレベルになるようです。
極楽で修行した菩薩は、
執着・業で生死の世界に縛られることはありませんが、
大悲大慈に基づく誓願によって生死の世界にあえて留まることは、
任意で可能になります。

40 :牛飼い:2006/01/21(土) 20:01:10
>>39あの世で業が作られるわけない。
菩薩界は執着も業も克服してなければなれない階級。したがってけちゃ、のいっていることは
むちゃくちゃでつ。

41 :牛飼い:2006/01/21(土) 20:30:35
いかに生きたかにより、死の時の思いが決まる。
死の時の思いによって、来世の体が決まる。

42 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/21(土) 21:04:02
日本国は、初代天皇の即位と共に天皇の治める国として誕生しました。
それ以前は、日本列島は存在しても日本という国は存在しません。
言い換えれば、日本=天皇(皇統)であると言えます。
今の日本を形作っているものは、政治・文化・経済など様々なものが考えられますが、
日本が古代から続く日本と同じであると定義付けているものは、この皇統をもって他にありません。
男系男子の世襲による皇統を守ることは、古代から今現在も続く日本の歴史と伝統を後世に繋ぐことを意味するのです。

男系天皇制の維持を推進するスレッド 6
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136775994/
【皇位継承】万世一系の皇統を守る5【男系維持】
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1137774796/

43 :牛飼い:2006/01/21(土) 21:14:19
人間の体はただあくせく働くのではなく、人生の最高完成を得るために与えられています。
人生の完成が欲しくなければ、ただあくせく働くことになり、それも自然の法則のなせる技です。
今の時代が終わる頃には人間が一片の食料のためにロバのように必死に働かなくてはならない、と
経典に記述されていますが、実はその状況は既に始まっていて収入は年々減少し労働条件は日々
過酷さを増すばかりです。人間はただ動物のように働くために生きているわけではないので、
人間としての義務を果たさない限り、自然の法則によって下等な生命体の体の中に転落します。
聖典では、精神魂が自然の法則によって誕生し、前世の意識に応じた体を得て俗界で物質を楽しむ
ための感覚や器官を授かる様子がはっきりと説明されています。
例えば至高者への道を歩いている途中に挫折して主の意識をまっとうできなかった人々が、生まれ変わったあと、
高貴な精神的家庭や裕福な商人の家庭に生まれる、とも述べられています。成功を逃した精神的求道者でさえ
それほどすばらしい家系に生まれることができるなら、実際に成功した人々から得る恵みはどれほどの
ものだろうか?このように至聖至高者のもとに帰ろうとする試みは、途中で挫折したとしても、来世での高貴な
誕生が約束されるのです。精神的・経済的に恵まれた家庭環境は前世で終わった時点から再出発する機会を提供
してくれるので、精神的進歩発展には有利です。精神的に悟る上で健全な家族が作り出す雰囲気は精神的知識を
はぐくむのに申し分なく、聖典では、そのように優れた家族に生まれた幸運な人は前世で献身奉仕をしている、と
説明しています。


44 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/21(土) 22:02:34
>>43
その経典とは、どのような名の経典に説かれている事なのでしょうか?

45 :牛飼い:2006/01/21(土) 22:06:36
ヴェーダー聖典どす

46 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/21(土) 22:08:27
>>45
そうですか。。。。教えて下さり有難うございます。。

47 :牛飼い:2006/01/21(土) 22:14:00
だいしょうじ ゆ●こ 浄土宗 三田 

48 :ヽ(`Д´)ノ :2006/01/21(土) 22:15:13
http://www.jc.shukutoku.ac.jp/kengaku/index.html
淑徳短大 福祉学科卒  

自己ちゅーなのにどこが福祉学科じゃー! ヽ(`Д´)ノ

49 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/21(土) 22:31:46
>>39
>極楽で修行した菩薩は、 執着・業で生死の世界に縛られることはありませんが、 大悲大慈に基づく誓願によって生死の世界にあえて留まることは、 任意で可能になります。

菩薩は他者を救済する事で、自らを救済する執着を持っていると思う。ユイマ経を見ると、他人の痛みが、自分の痛みとなるから、仏は涅槃の位に常駐せずに大慈大悲に執着し救済するように感じます

50 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/21(土) 22:32:11
ちょっと相手になっとくれ。
>牛飼いさん
来世なんてありませんから。


51 :けちゃっぷ:2006/01/21(土) 23:06:41
>>49 教えを問う人がいて答えているから
結果的に入滅せず生きているというような、
ブッダの態度と比較すると、
より積極的に誓願を立てる菩薩は、執着かもしれませんね。

52 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/22(日) 01:45:33
浄土宗では来世というより後生と言いますな。
この世で命終わった後に受ける生。
此世及後生、願仏常摂取。南無阿弥陀仏。

53 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/22(日) 02:31:56
宗教に疲れた自分がいる・・・

54 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/22(日) 07:02:27
ゆかこゆかこゆかこゆかこガニマタゆかこ

55 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/22(日) 10:14:33
>>53
宗教に疲れたところから、本当の宗教が始まるのですよ。
他人の御説・御境涯を頂いていたところで、自分にはぴったりとはいきません。
所詮は古びた既製品。ところがこの人生は一回限りの、二つと同じものがない実存ときたもんだ。
どだい型にはまる方がおかしいし、第一つまらないじゃありませんか。

56 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/22(日) 12:47:52
宗教に疲れた自分がいる・・・




57 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/22(日) 13:14:07
抱え込んだガラクタをお捨てになれば、心も身体もスッキリいたしますよ。
ネットを止め、人と話そう。
経典を捨て、旅に出よう。
虚飾を排し、生の現実を直視しよう。

58 :牛飼い:2006/01/22(日) 17:05:03
>>50まず、仏教とは規定原則(規律)を守りさえすればよいという無神論者の集まりなのです。
これでは主の献身的な恍惚を味わうことが出来ないのです。

ヴェーダーは念仏を称えたり信じるだけの宗教ではありません、理解しなければ主の恍惚な愛は
何時までも分からずじまいなのです。
まず、生体と死体の違いを知ることが第一歩です。その違いは何でしょう。それは死ねば精神的魂
(純粋な精神エネルギーをもった魂)つまり体を生かしていた力が体から出ていく、ということです。
だから「死体」と呼ばれます。そこには二つの要素、つまり体とその体の中にいる生命体が関係して
います。私たちは体内の生命力に重点を置いています。そこが、主の意識の精神的科学と普通の物質
的科学との違いです。ですから、仏教者のように虚無感や仏との合一などを謳っている分では私たちの
教義は分かりにくいかもしれません。まず自分は魂である。あるいは体とは別の何かであることを
知らなくてはなりません。
例えば、子供が育って少年になり、少年はやがて青年になり、次に壮年、そして最後に老人となります。
体は少年から老人へと変化していきますが、本人は同じ人間であるという意識を持ち続けています。
わかりますか?体は変化しますが、体の所有者である魂はずっと変わりません。その点を考慮すれば
体が死ねば魂は他の体を得ることが理論的に結論できます。それが魂の輪廻です。
魂にとって誕生は無く死も無い。原初より在りて永遠に在り続け、肉体は殺され朽ち滅びるとも、
彼は常住して不壊不滅である。

59 :牛飼い:2006/01/22(日) 17:08:29
>>47俺の偽者め!

60 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/22(日) 17:16:54
牛飼いさん……ここでアートマンの話しをしても……
ちなみに釈尊はヴィシュヌ神の眷族ですが……

61 :牛飼い:2006/01/22(日) 17:41:01
ヴィシュヌ>釈迦、であればよろしい。その逆ならとんでもないが。
ブッタは無神論者たちに帰依させるために降誕してきた。あなたたちのことだ!

62 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/22(日) 19:56:06
47 :牛飼い :2006/01/21(土) 22:14:00
だいしょうじ ゆ●こ 浄土宗 三田 


48 :ヽ(`Д´)ノ :2006/01/21(土) 22:15:13
http://www.jc.shukutoku.ac.jp/kengaku/index.html
淑徳短大 福祉学科卒  

自己ちゅーなのにどこが福祉学科じゃー! ヽ(`Д´)ノ




63 :ヽ(`Д´)ノ :2006/01/22(日) 19:57:06
ヽ(`Д´)ノ
パートがイヤなら、自分でフルタイムの仕事さがせー!ヽ(`Д´)ノ
他人様に迷惑をかけるなー!!!


64 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/22(日) 20:24:36
>牛飼い
心と宗教板逝ったら?
ヴェーダなんか浄土に関係ないでしょう。
板違いがわからないなら・・・・・二度とこないでくださいね^^


65 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/22(日) 21:56:41
「阿弥陀佛も信仰してないし念仏する意志はありません」
って檀家さんの施主に言われたら、
「檀家やめてください」って言えるのかな?

66 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/22(日) 23:49:43
>>65 逆に、檀家やめたくない人ならそんなことわざわざ言わないのでは?


67 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/23(月) 00:44:53
>>66
それで、結局 離檀勧告するのかい?

68 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/23(月) 01:39:40
しなくてもいい。
墓参りして、お仏壇・御本尊に手を合わせ、寺の勤め事に参加していれば、
自然に信仰の縁はやってくる。何事も縁である。
縁が熟さないうちに信心や修行を強制されても、心に反発を覚えるだけだ。
坊さんの跡継ぎにも、はっきり無信心を宣言して寺を飛び出す者もいる。
それがふとしたきっかけで仏の道に帰りつく。
反発も含めてすべては仏の掌の上の出来事だったと知る。
語りかけを欠かさぬことだ。
一時の癇癪や小賢しい分別で離檀だなんだとやらないことだ。

69 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/23(月) 02:20:47
>>68
「仏の道」とは何?
「何事も縁である。」
確かにそうだが、仏教だけが一番優れているわけでもないだろう?
浄土宗やめて、禅宗にいくかもしれないし、
仏教徒やめて、クリスチャンになるかもしれないし、
聖意計り難し。離檀それ自身も「縁」のなせることと言える。
「仏の掌」とは一体何なのか?

70 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/23(月) 05:18:45
>>69
支離滅裂で理解できませんが・・・

71 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/23(月) 07:14:59
>>70
認識力が弱いんだね。


72 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/23(月) 07:31:24
50です
>>58
お答えありがとう。だいたいわかりました。じゃあ催眠術で
記憶を変えられたら別の魂になるわけですね。記憶喪失で
記憶をなくしても同じですね。

>>64
まあまあ。私の質問に答えてくれたんですから。
ここは相当自由に宗教議論のできる場になってると思いますよ。
浄土宗が現状打破をするためには広く議論ができた方がよいのでは?


73 :けちゃっぷ:2006/01/23(月) 12:21:12
>>67 浄土宗寺院であると同時に、日本仏教の寺院であるわけですからね。
ストゥーパや追善回向への信仰も、信仰のうちかもしれませんね。

74 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/23(月) 13:21:16
>>71
認識と言う言葉を使うところではないと思いますけど・・・

ひとりよがりおっさん理論は堪え難いので( ゚Д゚)イッテヨシです

75 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/23(月) 13:27:54
>>72
>浄土宗が現状打破をするためには広く議論ができた方がよいのでは?

議論と言うより、駄論だろ?
ヴェーダを引いてくるなんて正気の沙汰ではない。

76 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/23(月) 19:50:54
>>74
高慢ちゃ〜ん、
どんな理論を学んできたっていうんだい?

77 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/23(月) 20:12:15
>>76
物の言い回しを「おっさん理論」と揶揄していってるものを
まともに返すあんたの知性ってww

78 :ヽ(`Д´)ノ:2006/01/23(月) 21:01:02
パートがイヤなら、自分でフルタイムの仕事さがせー!ヽ(`Д´)ノ
他人様に迷惑をかけるなー!!!


79 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/23(月) 22:04:29
>>77
オマエこそ、どの程度の知性もってるんだ?
何か実績があるのか? ないだろうけど。

80 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/23(月) 22:24:19
所詮浄土教か

81 :牛飼い:2006/01/24(火) 07:59:56
所詮仏教よ

82 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/24(火) 10:06:29
>>79
人の批判を質問でできない池沼なんぞどうでもいいですがな (゚∀゚)ノ ショボーナ
坊主って馬鹿にされるとすぐにキレるよね

83 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/24(火) 10:07:09
>>82
>質問でできない
→質問でしかできない

84 :けちゃっぷ:2006/01/24(火) 12:14:54
>>83 修行を積んでどんどん煩悩が削ぎ落ちてきた高僧でも、
最後まで消しにくい煩悩が名利を求める心だそうですね。

85 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/24(火) 13:33:03
>>82
オマエ、食い付いてくるから、
暇つぶしには最適。笑えるよ。ははは。

86 :牛飼い:2006/01/24(火) 20:28:30
>>70催眠術?それは前世の記憶を蘇らせるというやつでつか。詳しくしりませんね。
まず自分が精神魂であると知るのが第一歩です。精神魂だから体を変えている。それが
精神的理解の始まりです。死んで体がなくなっても魂はなくなりません。別の体に入る、
つまり、催眠術で魂(個別魂)が他人の体へ仮に入る、というわけでは在りませんから、
要するに魂が上着やシャツを着替えるのと同じです。別の服を着たら別人になりますか?
そうではありません。このように死ぬたびに体は変わりますが、あなた自身すなわち
体の中の精神魂は同じです。その点を良く知っておくべきです。
私の使命は、人々に正しい知識を分け与えること。
誰もが無知に包まれ、愚か者の天国で無為に日々を過ごしています。そして死んだら何もかも終り、
と考えています。正に愚かなことです。

87 :牛飼い:2006/01/24(火) 20:48:40
ついでに輪廻の話を・・
>>70輪廻は目に見えない次元で起こっているために、とてもわかりにくいものです。
精神魂は原子ほどの大きさで物質的な目には見えません。感覚、血、骨、脂肪などで
できた粗厚体が無くなったあとも、想念や知性や自我でできた細妙体は存在し続けます。
死んだとき、この細妙体が小さな魂を別の粗厚体に運んでいきます。空気が匂いを運ぶ
様子を考えてみてください。バラの香りが何処からとも無く運ばれてくるのかは目では
見えません。でも、香りが運ばれてきていることは分かります。同じように魂の転生は
目に見えない現象です。
死ぬときの心情に応じて、小さな精神魂が父親の精子を通じて母親の胎内へ入り、母親から
与えられた体が成長していきます。それは人間の体かもしれませんし、犬か猫の体である
可能性もあります。どの体を得るかによってその人の人生が決まるのです。例えば犬の体
に入れば当然人間のように理を学ぶことや死生観がまるっきり変わってきます、のように。

88 :牛飼い:2006/01/24(火) 20:51:02
間違えた。すべて>>72さんへ

89 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/24(火) 20:52:46
有我論はアートマンを主体とし、無我論は相互依存関係の働き=実在とする。

90 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/24(火) 21:54:44
>牛飼い さん
でも、「今いるあなた」が死んだら、もう目覚めることは二度とありませんよね。
まあ、そんなことを主張する気はないんですけど。
「輪廻」なんてものは、物質が永遠に続いていく、というだけで十分ですから。
だから輪廻があることと、現在生きている自分と何の関係があるのかぜんぜんわかりません。

言葉を覚える前に殺された子供は、永遠に言葉を覚えることはなく、
プリンを食べずに死んだ子供は、永遠にプリンの味を知ることはありません。

人はそんな悲しみに耐えられないから「魂」というものが発明された、それだけのことです。

あなたの主張を否定するつもりはありません。ただ、前世と来世にとらわれすぎることも
ないだろう、と思うのみです。


91 :牛飼い:2006/01/24(火) 21:56:13
興味さんもヴェーダー詳しいのか?仏教をやるよりも大変ためになるし近道だぜ。
お勧めする。
因みに俺は単なる本から覚えた知識恵でないが。グルから継承せよ!(因みにオウムではないからな、笑)

92 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/24(火) 22:05:40
牛飼いさん、私は仏教の下地としてのウパニシャトを少し知るだけだよ、私は釈尊の弟子でいたいよ、ちなみに禅では牛飼い=覚りを手に入れた人と言う意味があります

93 :牛飼い:2006/01/24(火) 22:10:15
>>90唯物的思索で悲しいですよ。
確かに私も仏教者としてやってきた経験もありますから、あなたのいっていることも
良く分かりますし、かつては私も「あの世はこの世」的な思考でしか考えなかった
時期もありましたが、でもこれらの教義に出会ってからというのも、前の邪悪な師匠の
いうことはすべて間違いであり常に物質的幻想にとらわれてる、と思ったしだいです。
あのままいけば私も妖怪坊主になるところでした。
商売人(職業)坊主ではいけません。

94 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/25(水) 00:26:30
to 牛飼い
チミは一体、何者なんだ?
略歴と今の職業を簡単に紹介してください。

95 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/25(水) 11:09:01
>>85
せっかく釣られてるんだからもう少し餌撒いてよ、禿

96 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/25(水) 13:29:06
浄土に煩悩はある?

97 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/25(水) 14:03:19
>>96
ない

98 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/25(水) 15:21:00
>>97
煩悩がなくなったらさとり?

99 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/25(水) 17:01:53
>>98
正確には煩悩を起こしにくいようにできているとお経に書いてあります。
その環境の中では自然に悟りの境地に導かれるようにできているらしいです。

煩悩が無くなったら解脱(さとり)です。
煩悩は輪廻の原動力ですから。

100 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/25(水) 20:11:24
>>99
じゃあ、浄土でも煩悩は起こるの?

101 :牛飼い:2006/01/25(水) 23:56:20
>>94今までの投稿でけっこう自分の履歴を皆に話しています。
知っている人は知っている。知らない人はガラガラポン!
国家資格もちょこちょこと所有しているのをプラスしたとしてもごく普通の履歴でしょう。
宗教の博士号を持っているわけではありませんから。

102 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 00:49:20
>>99
煩悩がないから、浄らかな世界、浄土じゃないんですか?

103 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 08:29:27
仏が生きていて、理想の教団がある場所が浄土では?


104 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 08:42:33
>>103
娑婆は浄土ではありません
仏もいません
そういうものに浄土などという言葉を使うものではありません

105 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/26(木) 11:45:45
浄土には執着はあるでしょう

106 :けちゃっぷ:2006/01/26(木) 12:16:25
>>104 現在の裟婆は浄土ではありませんね。

107 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 12:20:00
>>102
煩悩具足の身で往生するんだから存在はするでしょ。
でも、浄土の環境の中ではそれを極力おさえるようにしつらえられている。
そんな最高の環境の中で仏道修行が自然と完成されるようにできている・・・・
なんて都合のいい世界なんでしょうね。

>>104
まず、娑婆とはいってないわけでw

でもね、今の日本って一部だけ見れば浄土みたいなものじゃない?
(一般的な生活水準なら)食べ物にも困らないし、寝るところにも困らないし。
当時の人から見てみればそういう面だけは浄土並。

精神的な安らぎ、の面では最低かもしれないけど。
殺伐としてきてるしねぇ。

>>105
執着の心も起こしにくくなってるから浄土なのでしょう?
そういう風にしつらえられた世界にけちつけても始まらんでしょう^^;


108 :けちゃっぷ:2006/01/26(木) 12:32:58
>>105 執着も妄念・妄想ではないでしょうか。
浄土の風の音や鳥の鳴き声など、あらゆる音は、
それを聞いた者が自然に三法を念じるようにできています。
妄想しても一瞬で喝が入って妄想から覚醒するようになっているのでは?
また、食物などは想うがままに食べたいものが出現するので、
執着し続けなくても食べたい時に瞬時に食べられます。
ですから、執着による妄想で修行が中断される時間が
極めて短く設定されているのです。
とにかく修行に専念できるのです。

109 :けちゃっぷ:2006/01/26(木) 12:39:51
裟婆の凡夫は、衣食住が満たされたら
その衣食住が与えてくれる快楽に浸ってしまいます。
極楽の行者は、衣食住が満たされたら
衣食住を調えるために割く時間が減り、
その分修行を中断される時間が少なくてすむので、
喜んで修行に励むのでしょう。


110 :けちゃっぷ:2006/01/26(木) 12:45:15
極楽浄土では、
拝み屋やサラリーマンをしなくてもいいし、
托鉢もしなくていい。
ひたすら悟りにむかって修行できる。
それに比べて日本の坊主は、忙しくて修行に専念できませんね。

111 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 14:18:34
浄土に何故煩悩があるの?
それじゃ浄土とは言えないと思うけど。

112 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 14:53:09
>>111
煩悩は身についてくるものであって、世界のついてくるものではない。

113 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 14:54:20
>>112
×世界の
○世界に

114 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 17:23:38
>>111 浄土とは、仏が生きて存在する世界のことです。


115 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/26(木) 18:34:39
>>108
浄土では執着が芽生える、だから還相回向があるんでしょ、もちろん執着は空であり、自己に佐用するんですがね。

116 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 19:25:57
>>115
還相回向と、執着による輪廻とはまったく異なる。

117 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 19:28:31
>>114
で、阿弥陀仏の浄土という世界に往生しても、
娑婆世界で持っていた肉体を失っても、
煩悩が起こるわけですか。

阿弥陀仏は、往生した人がまた煩悩を起こすような浄土を建立されたのですか?
五劫も考えられたわりには、不完全な世界に思えますが。

118 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/26(木) 20:34:16
>>116
詳しく説明してくれ、何故、執着=苦=業が無くして輪廻するのか?


119 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/26(木) 20:46:45
第七結集を葵講主催で開こう!
結集1948年にビルマであって以降、開催されていません、第七結集を葵講総本部でしましょう!!!

120 :けちゃっぷ:2006/01/26(木) 21:15:18
>>117 浄土に生まれたら不退転です。
だんだん煩悩が消えていくでしょう。
不退転ですから、消えた煩悩はもどりません。

121 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 22:08:56
>>118
還相回向は輪廻ではないと116氏が言ってるのが見えないの?

というか無理やり読んだとしても「還相回向による輪廻」は存在しない。これが大前提。

122 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 22:09:48
>>118
輪廻はしない。
それが、解脱して仏になること。

還相回向とは、仏になって、仏としてこの世に働きかけること。
霊魂とかの実体がこの世に舞い戻ってくるわけじゃない。

123 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 22:13:04
>>120
だんだん消えていくなら、最初は煩悩をもったそのまま?
浄土に往生しても、煩悩はそのまま?
なぜ、浄土に生まれているのに煩悩がすぐに消えないの?

124 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 22:13:33
>>114
これは通仏教一般論ですね^^
(なぜ極楽と言わないと)揶揄していってるんだと思いますが
これに対しレスをつける>>117は阿呆としか思えませんね。

しかも
>娑婆世界で持っていた肉体を失っても、
>煩悩が起こるわけですか。
ほうほう、往生即成仏とでも新説をたてたいわけですか?

>阿弥陀仏は、往生した人がまた煩悩を起こすような浄土
とはだれも言ってない訳ですし、よくよく訳のわからんレスをするお人ですねぇ。

125 :けちゃっぷ:2006/01/26(木) 23:06:43
>>105 すみません!
無量寿経を読みかえしてみましたら、やはり執着はないようでした。
「また、かの仏国土にいる生ける者どもには、
執着の想いはいささかもない。
また、かれらは皆、かの仏国土を、すっかり逍遥し、
歩きまわりながら、愛着も嫌悪も生じない。
進み行くときには、
それらに無関心ではなくて進み行くのであり、
また気をひかれることもなしに進み行くのでもない。
またかれらには、このような心は全く存在しない。」


126 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 23:12:28
たとえば法然さんの著作は現在でも人々に愛読されていて、
多くの念仏者を生み出している。
これが一種の還相回向ではないかと思います。
ただ著作を為すこと自体は法然さんの煩悩と呼べるかもしれない。
そうなら、煩悩と菩提とは別物ではないということかもしれませんね。

127 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 23:12:46
浄土宗信者にとって
一番お勧めの「三部経」の訳本は何か教えてください。

>>125 けちゃっぷ氏
その訳は、何かの本からの引用ですか?

128 :けちゃっぷ:2006/01/26(木) 23:15:24
>>105 還相回向は、誓願の力によってなしえるようです。
「実に、また、アーナンダよ、
かしこ(極楽)に
すでに生まれ、今生まれつつあり、未来に生まれるであろうところの
求道者たちは、すべて、
一生だけこの世につながれていり者どもであって、
これ以後はただ、この上ない正しい覚りを得るようになるであろう。
ただし、誓願の力によって〔迷いの世界のうちにとどまって〕大獅子吼をなし、
広大な〔慈悲の〕鎧をつけ、
一切の生ける者どもをことごとく
永遠の平安にみちびき入れることに
精励している求道者たちを除く。」

129 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/26(木) 23:20:05
極楽行ったら、基本的に
もうこの世に生れてくることはないのか。

キリスト教の天国と似てるね。

130 :けちゃっぷ:2006/01/26(木) 23:24:40
>>127 岩波文庫の
『浄土三部経(上)無量寿経 中村元・早島鏡正・紀野一義訳註』の、
無量寿経煩本和訳からの引用です。当時(学生のとき)620円。
(下)570円には観経と阿弥陀経が収められてます。
漢文と、漢文の書き下し、梵本からの和訳がのってます。
ただし観経は梵本が発見されてないので、漢文を口語訳にしたものです。
一応観音もアヴァローキテーシヴァラと、梵本っぽく訳してます。

131 :けちゃっぷ:2006/01/26(木) 23:31:08
前スレでも言いましたが、
やはり無量寿経に説かれる極楽の求道者についての説明を読むと、
理想の仏弟子の姿を説き示す教材に思ってしまいます。
おまえ達も彼らを見習ってそのように精進しろ、ってかんじに。

132 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/27(金) 00:01:07
_,....、、、、、、、...,_       
       ,..::'"´:,:'゙´`ヽ,:'゙´`ヽ`'::、
      /:::::;:、-i  ^ l ^  i‐- ;ヽ,
     /:::::;: '´‐-、`'ー''(´`)ー" ''゙´ ヽ;',
     i':::::/ , -─‐-   | ニニ ̄ }.i!
     {:::::i  i`''ー- 、..,,,,,___|__,,,,..、‐i゙ i
     .i::::!.  ',  ______       / /
    ,..., .ヽ::、  ヽ,´   `゙ヽ,  ,/./  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i゙  iー"゙'ゝ、.,,_`'‐、.,,___,,...ゝ'",./  < 三田の大松寺の ゆかこでーす!
  `;ー''ゝ:::::::::::,二M=w-、‐=''"´      \_______
 / ○/:::::::::/´    ゝソ/\...,             
 '、__,..!,{::::::::::{  「`゙゙'''ー-、/`'(   )      
    `ヽ::::::::`::.,''ー--,/   `"´
      (`'ー--‐゙<"´
      `'‐---‐'




133 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/27(金) 01:09:30
>>130
レスありがとう。

浄土宗の学僧が著わした「三部経」のお勧めの訳本ってないですか?

134 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/27(金) 02:49:40
煩悩や執着のない浄土に生まれたものは、
なぜ仏にはなれないの?
さらに修行が必要ですか?


135 :けちゃっぷ:2006/01/27(金) 08:27:07
>>134 浄土は、仏から直々に指導していただける理想の教団があります。
修行するために、浄土にいくのです。


136 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/27(金) 09:06:37
>>135
修行というのは煩悩をなくす為ではないのですか?

137 :けちゃっぷ:2006/01/27(金) 12:26:08
>>136 煩悩をなくすための修行をするために、極楽に往くのです。
極楽は修行しやすい環境だから。

138 :けちゃっぷ:2006/01/27(金) 12:35:45
極楽の求道者には執着がないと書かれていましたが、
まだ分別(偏計所執性・はからい)が残っているのかもしれませんね。
わずかに残存マナ識があり、アーラヤ識のみにはなりきっていないのかもしれません。


139 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/27(金) 12:51:56
>>137
ということは、やはり浄土往生しても煩悩や執着が残っている?
でも、それってどうもわからないですね。
浄土往生しても煩悩が残っているというのは、
法然上人がおっしゃっているのですか?

140 :けちゃっぷ:2006/01/27(金) 12:56:20
>>139 お経をもとに考察していますが。
往生は、修行の近道だと言われます。
往生が成仏ではないのです。
ということは、往生しただけではまだ成仏ではないということで、
わずかな煩悩はあるのでは?

141 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/27(金) 15:40:43
>>140
わずかでも浄土往生後に煩悩が残るというのは、
法然上人はどのようにおっしゃっているのですか?

142 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/27(金) 15:42:56
元祖大師(法然上人)御遺訓 一枚起請文
「智者のふるまいをせずしてただ一向に念仏すべし。」
「この外に奥ふかき事を存ぜば、二尊のあわれみにはずれ、本願にもれ候うべし。」
「浄土宗の安行起行この一紙に至極せり」

いや、ちょっと気になったもので・・・。

143 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/27(金) 17:10:37
極楽では、どれぐらいの期間、修行しないと駄目なん?


144 :牛飼い:2006/01/27(金) 22:02:48
現世での修行のほうが数倍上達する。あの世はその3倍の期間は掛かるな。

145 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/27(金) 22:19:47
>>144
どうやって調べたんだい?あの世のことを?

146 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/27(金) 22:23:06
この世で一日一夜斎戒することは、極楽で百年の間善行をすることに勝る、と言います。

たとえ往生を目指すとしても五戒・八戒・十善戒は大切だということでは。

147 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/27(金) 23:57:39
地球の一日の長さと、極楽の一日の長さって同じなの?

148 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/28(土) 00:30:40
>>144
浄土に往生しても意味ないじゃん。
阿弥陀さんも指導力問われるなあ。
というか、浄土では何のために修行するんだ?

149 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/28(土) 10:20:43
>>148
何を以て意味がない、とするかですね。
つまり裏返せば、あなたが何を以て真に意味があるとするか、ということですね。

浄土の利点は何でしょう。
第一に、不退転。
娑婆世界では修行しても後戻り、元の木阿弥ということがあり得るが、
浄土では修行は進むばかりで後に戻るということがない。これが不退転。
第二に、極長生。
娑婆世界では長生きしてもたかだか百年、浄土では無能限量です。

他にも利点はたくさんあって、だいたい四十八願を読めば分かります。
いくら娑婆世界の修行の功徳が多いといっても、浄土の利点とは比較にならない。
浄土に行くのは意味がないとする理由にはならないということです。

150 :けちゃっぷ:2006/01/28(土) 11:44:16
極楽では、成仏するまで死なずにすみますから、
悟る前に死んで生まれ変わり、学んだ仏教を忘れちゃうことがない。
逆にいえば、成仏するまで死ねない体になるのです。
極楽で何千年も生きなければならないとしたら、それは、
無始の過去から今までの業がそれだけ深く、
何千年もかけなければ滅ぼせないということでしょう。


151 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/28(土) 11:50:27
>144 お経でも釈尊が、浄土での善より裟婆での善のほうが何倍も貴いと言ってますもんね。
なぜなら、浄土では誰でもなんとなく自然に善行ができますが、
五濁の裟婆では善行がきわめて難しいから。
つまり、裟婆ではよほど才能がなければ修行が進まないということです。
だからこそ、裟婆で修行できる聖道は貴い。
釈尊は、そんなりっぱな聖者になれと説いてます。

152 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/28(土) 13:08:38
仏教の目的は仏になること、成仏でしょ。
これはどの宗派であれ同じのはずです。
そのための方法が宗派によって異なるだけですね。
浄土教は、この世で修行によって煩悩を断ずることができず、
修行を完成して悟って仏になることのできないものに、
浄土往生して仏になる道を示すものですね。
長生きや後戻りしないとかは往生の目的ではなく、
仏になることが往生することの意味のはずです。

浄土往生しても煩悩が残っているのが浄土ですか?
その浄土で阿弥陀仏のもとにありながら、
修行は、娑婆世界の三分の一の意味しかないのですか?
その修行というのは、どういう意味があるのか、
そして、いったいどのくらい修行を続けるのか?
阿弥陀仏の浄土っていったい何なんでしょうね。


153 :けちゃっぷ:2006/01/28(土) 13:30:23
ですから、浄土に往生すれば成仏しやすくなるのです。
往生すれば、成仏というゴールに手がとどきますし、誰でもかならず成仏できます。
成仏する前に死んでしまったら、また迷いの輪廻を永遠にくりかえすかもしれない。
極楽では、成仏するまで死なないのです。
速やかに生死輪廻から解脱するための近道が、往生浄土です。
終わりの見えない迷いの輪廻から、ゴール手前の浄土に往くのです。
浄土では、お釈迦様のように修行して悟ります。
裟婆には指導してくれる仏がいませんが、極楽には阿弥陀仏をはじめ優秀な指導者がたくさんいますし。

154 :けちゃっぷ:2006/01/28(土) 13:40:06
極楽浄土には、成仏できる理想の教団があります。ブッダの教団があるのです。
裟婆の方が3倍修行が進むというのは、まちがった理解です。
悪人ばかりの裟婆における善には、希少価値があるという意味でしょう。
修行は極楽のほうがずっと進みます。
仏教の目的は成仏です。
成仏のための近道が往生です。
往生のための切符が念仏です。

155 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/28(土) 13:49:04
極楽に行くと無期限の修行があるのか……
無間地獄にいる期間と、極楽にいる期間はどっちが長いんだろう……
極楽修行は永劫でしょうか?大変だなあ……

156 :けちゃっぷ:2006/01/28(土) 13:56:06
>>155 阿羅漢の悟りはすぐ得られるのではないでしょうか。
ブッダの弟子たちみたいに。
ただ、大乗仏教の如来に成るということは、
神様仏様のホトケ様に成ることですから、大変でしょうね。
阿弥陀様や薬師如来のように、自分の浄土を構えて、誓願力によって救済をする、
そういう如来をめざすのですから。

157 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/28(土) 16:14:47
修行というのが、煩悩をなくしてさとる方法なら、
浄土へ往生して煩悩がなくなれば修行の意味がわからない。

それに、阿弥陀仏がおられる浄土で、成仏に時間がかかるのもわからない。

仏になってさとるまでは迷いの存在ですね。
浄土で、迷いの存在のままで当分はいるのでしょうかね。



158 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/28(土) 16:54:01
煩悩が往生することによって消えるなら=成仏でしょ
往生が成仏では絶対ない。

煩悩具足でありながら極楽に参って、
そこにおいて(整えられた環境で)煩悩を滅する修行をする
→めでたく成仏

往生が成仏であれば、往生のみが目的と化すでしょうに。

159 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/28(土) 17:50:46
>>157
>修行というのが、煩悩をなくしてさとる方法なら、
>浄土へ往生して煩悩がなくなれば修行の意味がわからない。
そうですよ。
だから往生したら煩悩がなくなるのは極楽で修行した結果であって
した瞬間からなくなるわけではない。
執着の心が起きないのは、起こさないように極楽の環境が仕組まれているから
だからこそ、下下品の我々でもさとりが開ける予定なのです。

>それに、阿弥陀仏がおられる浄土で、成仏に時間がかかるのもわからない。
個人差もありますからね。
変なたとえですが、閉店時間も資金にも制限が無いパチンコ台で
当たりを引くまで打つようなものでしょうか。
この場合は決め手は運ですが、極楽では仏に成る資質といったところでしょうか。

>仏になってさとるまでは迷いの存在ですね。
>浄土で、迷いの存在のままで当分はいるのでしょうかね。

迷いの存在と言う言葉に引っかかるものを感じますが
あえて否定することも無いでしょうね。そのとおりです。

160 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/28(土) 17:51:44
>>159
誤 往生したら煩悩がなくなるのは
正 往生したら煩悩がなくなるというのは

161 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/28(土) 18:59:44
浄土に生まれる衆生が、煩悩をもったままの迷いの存在であるなら、
阿弥陀仏は正覚を取られなかったと思うのですが。

極楽ではいったいどういう修行をされるのか、
経典ではどこを見れば書いてありますか?

162 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/28(土) 20:06:19
煩悩を自然に持てなくなるのであって、無くなって生まれるわけではない。
煩悩が消えた状態で生まれるわけではなく、
その国に生まれ暮らせば自然に持た(持て)なくなる、と言うこと。


>浄土に生まれる衆生が、煩悩をもったままの迷いの存在であるなら、

だったならば逆に聞くけど。

浄土に生まれたらすぐさま煩悩が無くなって、さとりを開ける=成仏するとでもいうの?

若しそうならば、衆生は浄土に生まれたその瞬間仏になります。

 煩悩を滅しているわけですから。

若しそうならば、修行の必要もありませんよ?

 煩悩を滅しているわけですから。。

若しそうならば、浄土のしつらえなんて必要ないですよ?

 も う ほ と け だ か ら 。


そんなわけないじゃんwwwwww

163 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/28(土) 20:20:10
>>162
浄土で修行の必要があるのかなという疑問です。
ですから、浄土での修行というのが、
経典や法然上人の書かれたもので、
どのように説明されているのか知りたいわけです。

164 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/28(土) 20:32:57
>>163
修行の内容については詳細な記述は無かったと思う。(これについては調べてみるわ)
ただ極楽の荘厳を見たり聞いたりすれば、自然に無上菩提を求める心になるとか
絶対に仏道修行が後退しないとか
そういった記述はある。
全ては阿弥陀如来がお創りになった世界だけに
衆生がそうなる(仏道修行に励みすすむ)ようにできているからね。

てかね、阿弥陀経とか観経とか読んでみなよ。そこそこの長さだし。
大経はさすがに長いけど。
けちゃっぷがちょうど岩波文庫の浄土三部経を持ち出してるけど、これなんか安いし。
とりあえず読むだけならこれでも可。
現代語訳が梵文和訳な点が微妙なところだけどね。

もっとレベルを落とすなら、どっかで絵本も出てたはず。

法然の記述を探すのは面倒だけど、昭法全ひもといてみたら?
ある程度はネット上でも存在はするしね。
大正大蔵経に収められてるのもならデジタル版(台湾?)もあるし。

何事も自分で調べることは大事だよ。

165 :けちゃっぷ:2006/01/28(土) 22:51:03
「かれらには平等な心あり、人のためをはかる心あり、
友情ある心あり、柔軟な心あり、
やさしい心あり、軽快な心あり、浄く澄んだ心あり、
堅固な心あり、なにものにも妨げられない心あり、
不動の心あり、乱されない心あり、濁らない心あり、
智慧の完成のための行いを実行する心あり、
心の連続に覚知作用が入り、
智慧は海にひとしく、覚りはスメール山にひとしく、
多くの徳を積み集め、
覚りを完成するのになくてはならぬもの(七覚支)を唱えることを楽しみ戯れ、
仏の〔名を〕唱えることに努めているのだ。」

166 :けちゃっぷ:2006/01/28(土) 22:56:24
「かれらは三界に属するものが平等であると観ずることに努めて、
抑制された心、静かな心をもち、
一切のものは〔実体が無くてその本体は〕不可得であるということを体得し、
(事象の起る)原因についての解説に巧みであり、
法の解説を具現し、取捨することに巧みであり、
道理にかなっていることと道理にかなわないこととのことわり(を明すの)に巧みであり、
世俗の話など見向きもせずにいて、世間を超え出た話によって真実を理解するのだ。」

167 :けちゃっぷ:2006/01/28(土) 22:58:11
このほかにも無量寿経には、かれら(極楽の修行者たち)の徳や能力の高さと精進ぶりが説かれてます。

168 :けちゃっぷ:2006/01/28(土) 23:56:15
「実に、また、アーナンダよ、
かの仏国土に生まれた求道者たちは、すべて、
仏を見ることから離れず、法を聞くことから離れず、
覚りの完成に至るまで(地獄などの悪しき境涯に)堕落することがない。
かれらは、すべてそのときから、前世の生を記憶していないということはなくなるであろう。
―(ただし)たとえば、わたし(釈尊)が今(この国土に出現している)ように、
五つの濁りが現に存在しているときに仏・世尊たちが世界に現われるように、
そのような劫の乱れの中に居りたいと
過去に誓願を立てた者は除く。」


169 :けちゃっぷ:2006/01/29(日) 00:04:59
極楽では、戒・定・慧の三学を修める、ブッダの教えが実行されています。

170 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 00:32:19
で、そんなに条件の整った浄土で、
阿弥陀仏の指導を受けながら、
神通力など能力もすぐれ、
執着もないものが、
なぜすぐに仏になれないんですか?

171 :けちゃっぷ:2006/01/29(日) 00:37:43
>>170 仏とは、それくらい特別な存在であるということです。
観音菩薩や勢至菩薩や地蔵菩薩でさえ、仏じゃないのですから。


172 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/29(日) 00:56:20
>>169
娑婆世界でやればいいやん

173 :けちゃっぷ:2006/01/29(日) 01:02:39
>>172 裟婆では難しい…という前提ですね。
裟婆で三学から挫折した人でも切り捨てない仏教。


174 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 01:36:19
だいたい「菩薩」ということを忘れている。

自未得度、先度他。まずおのれ未だ度らざる前に一切衆生を渡す。
一切衆生を涅槃に導いた後、自ら涅槃に入ると誓うのが、菩薩である。
一切衆生が成仏しない限りは、自分は成仏しないのである。

大乗で如来というのは、それほどまでに広大な、無尽な、無窮な菩提心を完成させた者である。
その途上にある者をば菩薩と言う。法蔵菩薩然り。
三部経中、それを高らかに詠うのが「無量寿経」である。

175 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 02:17:53
>>174
自未得度先度他
なんで関係あるの、阿弥陀仏の本願により往生が決まってる
のでないの。

176 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 02:44:12
>>171
仏をそれ程特別な存在にしてしまったのは上座部で、
大乗仏教は仏になることを説いたのじゃなかった?
仏を理想化するのは別にかまわないが、
浄土でなかなか仏にしない阿弥陀仏の意図はなに?
特別な修行を求めないから阿弥陀仏のほうから、
浄土へ往生させたのに、来てから宿題?
われわれが成仏を難しく考えるのはわかるけど、
阿弥陀仏はなぜ、みんなを浄土ですぐに仏にしないの?

177 :けちゃっぷ:2006/01/29(日) 03:14:04
阿弥陀仏は、キリスト教のような創造主ではありませんからね。
浄土で待っている師匠です。支配者ではない。
求道者に対して、環境面でできうるかぎりのサポートはしてくださる。
でも成仏するには本人の修行が必要です。
そもそも阿弥陀仏に成る前、法蔵菩薩の四十八願の中に、
「誰であろうと私の仏国土に生まれた者はすぐ成仏させる。それができない間は私は仏にならない。」
なんて誓いはないから。

178 :けちゃっぷ:2006/01/29(日) 03:19:59
もしかしたら、そのような誓いを立てて今修行している菩薩はいるのかもしれませんし、
もしかしたらそのような誓いを成就している如来もいらっしゃるかもしれません。
私たちが知らないだけで。
阿弥陀仏は、あらゆる仏が阿弥陀仏の宣伝をするようになるという誓いを成就しているため、
裟婆世界の仏である釈尊も、阿弥陀仏を紹介してくれたのです。


179 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 03:22:56
>>176
>浄土でなかなか仏にしない阿弥陀仏の意図はなに?
なるならないは衆生の方にある。

>特別な修行を求めないから阿弥陀仏のほうから、
>浄土へ往生させたのに、来てから宿題?
阿弥陀仏のほうから往生させたのではない。
衆生のほうから発願して生まれた。
自然にそちらに向くのであって、宿題ではない。

>阿弥陀仏はなぜ、みんなを浄土ですぐに仏にしないの?
どうしてそんなに簡単に成仏できるとおもうの?
そっちのほうがわけわからん。

>>177
>阿弥陀仏は、キリスト教のような創造主ではありませんからね。
>浄土で待っている師匠です。
極楽世界の創造主ではないのかい?

180 :けちゃっぷ:2006/01/29(日) 03:25:40
>>179 浄土を建てるということがどういうことなのか、難しいですね。
創造主と言っていいのかどうか。

181 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 09:26:29
>>180
キリスト教の「創造主」と混同するからという理由なら理解できるけどね。
一般名詞としての創造主ならば何の問題も無いのでは。

極楽は元々ある世界を調整したのではなく、別願によってつくり上げた世界。
ならば創造主でかまわんとおもうんだがなぁ。


ついでに
>>178
>あらゆる仏が阿弥陀仏の宣伝をするようになるという誓い
宣伝?
そんなもの聞いたことも無いけど・・・・
第49願ですか?

182 :けちゃっぷ:2006/01/29(日) 09:59:42
阿弥陀仏の名を賛嘆する。

183 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 11:54:37
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/sec/1113619777/

184 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 13:59:01
>>182
第17願は咨嗟であって宣伝ではない。
勿論賛嘆は宣伝ではない。
もう少し言葉を選ぶべきじゃない?

185 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 17:08:14
そもそも法蔵菩薩とは何ものなんだろう?
その詳細は全く分からないよね。

キリスト教の絶対神によって生み出された者と言われても
反論できる?

186 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 17:32:28
>>185
法蔵菩薩が知りたかったら大経読んでくださいな。

>反論できる?
質問自体がダウトだね

187 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 17:39:29
>>186
いつ生れ、どこでどのように育ち、どんな人生を歩んだか
全然記されてないよ。
男性か女性かの区別も明記されていない。


188 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 18:48:09
>>187
お経を歴史書か人物伝と勘違いなさっているようで・・・
まぁ性別は男ですがね。

189 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 18:54:07
>>185
反論することに宗教的価値があるのか。
問いかけることも、反論することも価値はなさそうだ。
愚問に答えるのは愚者のすること。

190 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/29(日) 19:00:32
阿弥陀や、法蔵菩薩の実存在を証明するのが信仰ではないでしょう。

191 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 19:42:10
そもそも『2ちゃんねる』なんかで論争すること自体、
信仰から遠ざかる。

192 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 20:18:47
亡き人のために念仏回向したら、
その亡き人は極楽に往生できるって本当ですか?

三界萬霊有縁無縁 一切平等利益
自他善根 皆悉回向 と祈願することがありますが、

もし、亡き人の極楽往生を願って
念仏回向して、亡き人の魂が極楽往生できるのなら、
宗教、宗派を問わず、全ての人は極楽往生できることになりますね。

念仏回向で他者を極楽往生させることできるのかな?

193 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 20:21:34
>>188
法蔵菩薩って何者なのか?語れないってことだろ?

194 :けちゃっぷ:2006/01/29(日) 20:26:16
法蔵菩薩は法蔵菩薩ですけどね。


195 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 20:34:43
>>192

> 念仏回向で他者を極楽往生させることできるのかな?
は、建前上「できる」と答えられるのが通例だと思います。
どういった理由付けをするかが楽しみではありますが・・・

196 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 21:55:09
>>195

本音は「できない」ってこと・・・

念仏往生は本人が念仏して初めて叶う事象ってことか

197 :けちゃっぷ:2006/01/29(日) 22:02:47
>>196 死者が仏名を聞いていたなら、往生できます。
聞いていない場合は、あくまで追善です。
功徳の援護射撃として有効ですが、即往生決定かどうかはわかりません。
中陰の間なら、念仏が聞えているのではないでしょうか。

198 :けちゃっぷ:2006/01/29(日) 22:16:49
追善回向は、遺された者の気持ちとして、
死者のために何かやらずにおさまらないという執着を、
慰めてくれます。
死者がどうなろうと、あなたが念仏していれば、あなたは往生できます。

199 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 22:20:30
空約束じゃないの?

200 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 22:22:13
東日本の縁結び神社寺院はこちらにどぞー。
みなさんが、行ったことのある神社寺院で「ここが良かった!」と言う場所が
ありましたら、お知らせください。

縁結び神社寺院は、一人で行ったほうがご利益あるそうですよー。
連れ立っていくのも良いとは思いますが、ぶらりとお散歩気分で
神社寺院参拝も良いと思いますよー。

また、目に余る荒らしレスがありましたら、
レス削除依頼を出して対処してください。

前スレッド
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1118138407/

西日本の縁結びスレッド
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1135759012/
結婚式をあげるのに良い神社・寺院スレッド
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1129895039/



201 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 22:47:20
>>196
浄土宗の物言いではそうなるはずです。
専修念仏ですからね。
そこから外れる事象にはなんらかの理屈がくっついているはずですがw

202 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/29(日) 22:55:44
>201
法然の時代から先祖回向はあったはずだ。
何らかの回答をしているんジャマイカ?
念仏回向云々は知らんがな・・・

203 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/30(月) 00:50:05
愚者です。
人生にはふたつしかない。
「虚」を見ることになる人生と
「浄土」を見ることになる人生と

もちろん、「浄土」は別の言葉であらわされることがあります。
でも、まあ、じゃあ、「砂を食べることになる人生とお菓子を食べることになる人生」
に分けてもいいです。

ホリエモンほどの金持ちになっても。もちろん、逮捕も拘束もされないホリエモン
になっても「砂を食べることになる人生」は存在します。

ありとあらゆる、人から「不幸」と思える状況を背負っていても、お菓子を食べること
になる人生は存在します。

しばらくこない間にそんなことを考えていました。


204 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/30(月) 07:56:32
一生に一度だけでもお念仏を称えたら、
極楽往生は確定なんでしょうか?

あるいは、臨終に念仏できなければ、
極楽往生しないんでしょうか?


205 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/30(月) 08:26:01
モテる呪文

必得往生の文

いろいろあるな

206 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/30(月) 09:45:17
>>205
是非もてる呪文教えて><

207 :けちゃっぷ:2006/01/30(月) 12:42:56
>>204 往生を願って1回念仏しただけで、往生は決定します。
ただし、念仏してから臨終までの間に信心がなくなってしまって
往生を願う気持ちがなくなれば、
往生できないでしょう。(本人が往生したくないんだから)


208 :けちゃっぷ:2006/01/30(月) 12:47:26
1念だけでも極楽往きの切符は手に入ります。
切符を自分で捨てないかぎり、往生できます。
途中疑いが起って切符を紛失してしまった場合でも、
念仏すれば切符は再発行してもらえます。


209 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/30(月) 13:25:36
>>207
そうすると「信心」がない念仏では、
往生できないということですか?

信心の有る無しはどう判断されるのでしょうか?

210 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/30(月) 18:32:10
今さっき、念仏しましたが、興味は往生できますか?

211 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/30(月) 18:37:35
浄土OFFできますか?
浄土には2ちゃんねるはありますか?

212 :けちゃっぷ:2006/01/30(月) 19:09:11
>>209 信心のある念仏とは、
念仏で極楽に往生できると思って、往生するために念仏すればよいのでは?
念仏往生を信じようとする気もなく、
往生のためではなしに念仏を称えた場合には、信心の無い念仏でしょう。
たとえば、法事で周囲の人が称えているから場の雰囲気に合わせるために称えただけとか、
拝み屋で金儲けするために信仰があるふりをして称えているけど実は信仰がないとか、
他人の目を欺く念仏は、信心がありませんね。


213 :けちゃっぷ:2006/01/30(月) 19:17:33
>>210 ダメ元でも、一応往生したい気持ちがあれば、往生できるでしょう。
疑いながらも念仏すれば往生できる、といわれますから。
信じようとしても疑ってしまう場合は、往生できるでしょう。
もし往生できるならしたい、という気持ちがあれば。
はじめから信じてみよういう気持ちもなく、往生を願わず、
他人を欺くためだけの念仏なら、往生はできないでしょう。
極楽では、自分と他人との差別がないそうですから、
2ちゃんねるのような対話が可能かどうかわかりません。
自分と他人という感覚自体がないかもしれません。
極楽の衆生全員で、ひとつの大きな生命を形成しているみたいな感じではないでしょうか。

214 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/01/30(月) 19:25:01
極楽は自他の境界がないのか?
衆生病む 故に 我病むですね、既に菩薩の境地やんか

215 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/30(月) 20:01:39
>>213
> 極楽では、自分と他人との差別がないそうですから、

そんな浄土では
阿弥陀仏の教団だとか
自分の修行だとか
娑婆世界の概念は意味があるのかな

216 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/30(月) 20:08:39
阿弥陀仏の本願に、特定の宗派・宗教の人のみを
往生できるようにする、というのはありますか?
阿弥陀仏のお気持ちとしては、すべての生きとし生ける者を
極楽に導かれることを願われたのではないですか。

217 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/30(月) 20:47:36
本当は誰にもわからないんだろうな。
机上の勝手な想像。

何故、口称念仏に辿りついたんだろう。

テレビに出る霊能者で念仏してる人っていないね。


218 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/30(月) 21:10:07
極楽や阿弥陀仏ということ自体が想像だし、
口称念仏に辿りついたというのも机上の想像ですからな。
検証可能な形で阿弥陀仏自身が姿を現し語らない限り、
何が真実かはわからない。

219 :けちゃっぷ:2006/01/30(月) 21:26:05
>>216 本願を信じて念仏することを中心にすえた善導大師や法然さんの教えが、宗派となったのです。
はじめから宗派を前提にした本願ではありません。
何宗の人間でも、往生を願って念仏すれば往生できます。

220 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/30(月) 21:33:20
いくつかの国で聖者と呼ばれる人物が
数百年〜数千年に何人か出現してる。
これは奥深い意味があるのだろうか。




221 :けちゃっぷ:2006/01/30(月) 21:35:32
>>218 善導大師は阿弥陀仏の化身です。
善導大師がこの世に現われた=阿弥陀仏がこの世に現われた

222 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/30(月) 21:50:51
法蔵菩薩って地球人なの?

223 :けちゃっぷ:2006/01/30(月) 21:54:53
法蔵菩薩は、たぶん地球が生まれる以前の人ではないでしょうか。

224 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/30(月) 23:00:46
そしたら、法蔵菩薩は地球外知的生命体(ET)ってことになるね。

念仏の発音は「なむあみだぶ」でいいのかな?

Long time ago, and far away
他の銀河宇宙の恒星系の地球型惑星ですかね?
スターウォーズの惑星ナブーの女王がアミダラ姫だったな。

225 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/30(月) 23:52:21
               _,....、、、、、、、...,_       
        ,..::'"´:,:'゙´`ヽ,:'゙´`ヽ`'::、
      /:::::;:、-i  ^ l ^  i‐- ;ヽ,
     /:::::;: '´‐-、`'ー''(´`)ー" ''゙´ ヽ;',
     i':::::/ , -─‐-   | ニニ ̄ }.i!
     {:::::i  i`''ー- 、..,,,,,___|__,,,,..、‐i゙ i
     .i::::!.  ',  ______       / /
    ,..., .ヽ::、  ヽ,´   `゙ヽ,  ,/./  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i゙  iー"゙'ゝ、.,,_`'‐、.,,___,,...ゝ'",./  < 大松寺のゆかこでーす!
  `;ー''ゝ:::::::::::,二M=w-、‐=''"´      \_______
 / ○/:::::::::/´    ゝソ/\...,             
 '、__,..!,{::::::::::{  「`゙゙'''ー-、/`'(   )      
    `ヽ::::::::`::.,''ー--,/   `"´
      (`'ー--‐゙<"´
      `'‐---‐'


226 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/01/31(火) 23:10:14
>>225 しつこいぞ
皆が相手してくれないから
さみしいのか? ん?

227 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/01(水) 01:17:17
(;゚Д゚)オンカリカリマララウンタッタ!

228 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/01(水) 10:34:47
先祖回向の結論は〜?
法蔵菩薩の正体は〜?

229 :けちゃっぷ:2006/02/01(水) 12:49:13
>>228 法蔵菩薩の「正体」?何を求めて質問しているのでしょうか?
お経に書いてあるとおりなのに。
あなたが知っている生命体のカテゴリーに分類できないと、
納得できないのでしょうか?


230 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/01(水) 13:14:55
いや、大経の内容すら書かずに書いてあるとおりで終わらせようとする、
その態度を問うているだけでw

で、先祖回向話の結論は〜?
208みたいな駄論以外で〜

231 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/01(水) 13:33:28
>>230
ホントにああ言う208みたいな話はいいかげん止めて欲しいなあ。
自分だけわかったつもりだろうが、
宗教家が陥る最悪のパターンだな。
観光寺院で、したり顔で説教をする坊さんに多いが。


232 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/01(水) 15:33:41
またs鸞会の人が沸いてきた。


233 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/01(水) 17:43:01
親鸞会ね〜
漏れはぜんぜん違うけどね〜

話が中途半端でレスが無いのが寂しい〜

234 :けちゃっぷ:2006/02/01(水) 17:57:44
>>230 けちゃっぷ以外に浄土宗関係者のレスがないと、話が進みませんね。



235 :けちゃっぷ:2006/02/01(水) 18:11:19
>>230 先祖回向は浄土三部経には説かれていませんので、
仏教一般で行なわれている回向とおなじでしょう。
ただし、阿弥陀仏の名を聞いて信仰が起きれば、
阿弥陀仏は光明をはなってその人を救うと説かれていますので、
死者が念仏を聞いていれば阿弥陀仏の光明で救われるはずです。
四十九日を過ぎて輪廻したあとだと、念仏が聞こえている可能性は低いでしょうから、
期待できる効果としては、念仏の功徳の回向のみではないでしょうか。
本願で約束された救いではないということです。
功徳の回向は、先祖だけでなく生きてる人にたいしてもできます。
たとえばブッシュ大統領のために念仏回向して、ブッシュ大統領が死んだら確実に往生できるでしょうか?
本人に阿弥陀仏への信がなければ、本願力による往生決定はないと思います。

236 :けちゃっぷ:2006/02/01(水) 18:14:34
それでも、ブッシュ大統領のために念仏回向すれば、
ブッシュ大統領が地獄に墜ちる可能性を減らしたり、
地獄に墜ちたとしても地獄から抜け出すのを早めたりする効果は、あります。

237 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/01(水) 18:15:37
日本の伝統仏教各宗派は、教えも修行も異なっているにもかかわらず、
先祖供養を大切にするという一点だけは共通して一致していた。
このおかげで日本国内では宗教戦争と呼べるようなものが起こらなかった。
しかし近年、一部の原理主義的傾向を持つ新興団体が先祖供養を否定し伝統宗派を批判している。

238 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/01(水) 18:39:15
こんにちは、最近浄土宗に興味を持ったにわか信徒です。
百四十五箇条問答と七箇条制誡に関しまして、
全文とその現代語訳を読んでみたいのですが
お勧めのWebページか本があれば教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いします。


239 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/01(水) 18:54:56
>>235
>阿弥陀仏の名を聞いて信仰が起きれば
これはどこに書いてある?
>阿弥陀仏は光明をはなってその人を救う
九品の違いはどこに行った?
>死者が念仏を聞いていれば阿弥陀仏の光明で救われるはずです。
上と矛盾する。大体死者が念仏を聞くとはかなりぁゃιぃ。
臨終に聞くならまだしも、氏んでからとは・・・
>念仏の功徳の回向のみではないでしょうか
その功徳の回向とはどこに書いてある?
>本人に阿弥陀仏への信がなければ、本願力による往生決定
死者も同じだろう?

240 :けちゃっぷ:2006/02/01(水) 19:09:10
ですから、死者自身に信心がなければ、往生確実という保証などできないと思いますよ。


241 :けちゃっぷ:2006/02/01(水) 19:22:34
http://popup8.tok2.com/home2/qookaku/mahayana_sutra/kegon/kegon5_2.html#echo1 十回向

242 :@あぼーん!:2006/02/01(水) 23:26:38
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか

243 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/02(木) 14:25:33
>>240
235では
>死者が念仏を聞いていれば阿弥陀仏の光明で救われるはずです。
240では
>死者自身に信心がなければ、往生確実という保証などできないと思いますよ。
という
>死者自身に信心がなければ
つまりは生きてるときに信心があったのだから往生確定だろ?
生前信仰が無ければ死者は極楽往生できない。
色々不都合だねぇ

244 :243:2006/02/02(木) 14:34:26
>>243
いってることが支離滅裂だわ。書き直す。

※>243で235のと240のレスを引いたのは矛盾してねぇか?ということ

>死者自身に信心がなければ、往生確実という保証などできない
往生確定をだすには、信心して念仏しなければならない。
死ぬ前に信心+念仏があれば確定、無ければ脱落。
故に死者に信心があれば、という前提自体がおかしい。

ソレなのに、死者を回向して往生させたように見せるには
いろいろ理屈をつけなくてはならない。

・・・・色々不都合だねぇ

245 :けちゃっぷ:2006/02/02(木) 18:24:50
>>244 死んでからでも、念仏を聴いて信仰が起きるかもしれないでしょ。
輪廻する前(中陰)なら念仏が聞えてるかもしれないから、
その間に信仰が起こる可能性があります。

246 :けちゃっぷ:2006/02/02(木) 18:38:33
あくまで観念論であり理屈の上の話ですが、
生前に信仰がなくても、四十九日までに信仰が起きれば往生できる。
神通力がない場合、輪廻したら前世の記憶を忘れてしまうので、
生前の功徳はもっていけるが、生前の仏教知識はもっていけない。
他人から功徳は回向できるが、知識は回向できない。

247 :243:2006/02/02(木) 19:22:12
>>245
>死んでからでも、念仏を聴いて信仰が起きるかもしれないでしょ。
死者は既に中有なんだからきけねぇよ。
それともなにか、霊魂でもこの辺にうようよしてて聞くとでも?

>生前に信仰がなくても、四十九日までに信仰が起きれば往生できる。
典拠は?

第一回向の典拠になぜに華厳経なの?
これってば阿弥陀如来のことじゃないでしょうに…

248 :(^v^)/:2006/02/02(木) 21:26:40
淑徳短大福祉学科 バンザーイ!
淑徳短大福祉学科 バンザーイ!
淑徳短大福祉学科 バンザーイ!
淑徳短大福祉学科 バンザーイ!

249 :けちゃっぷ:2006/02/02(木) 21:27:15
>>247 中有は、
「人の場合は五蘊をそなえた5、6歳くらいの子供の姿であるが、微小なため肉眼では見えないとされる」
そうです。
念仏も聴けるのでは?

250 :(^v^)/:2006/02/02(木) 23:42:57
淑徳短大福祉学科 バンザーイ!
淑徳短大福祉学科 バンザーイ!
淑徳短大福祉学科 バンザーイ!
淑徳短大福祉学科 バンザーイ!

251 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/02(木) 23:46:25
>>249
相変わらずのオカルトぶりですね。
今時、そんなことを真に受けるバカいませんよ。

252 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 08:23:17
>>249
>人の場合は五蘊をそなえた5、6歳くらいの子供の姿であるが、微小なため肉眼では見えないとされる
で、どこにいるんだ?
三途の川の話をしないか?
十王や十三佛の話をしないか?

若し中有が死してその辺をうようよしてる状態ってなら
霊魂信じてる連中と大差ないな。

253 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 10:25:40
大切なのは真に受けるかどうかという勝手な私の判断を致すのではなく、
三部経等大乗の諸経論に基づくかどうかでしょう。
けちゃっぷさんも出典を明記すれば、皆さんも納得するかと思いますよ。

254 :けちゃっぷ:2006/02/03(金) 12:18:34
>>247 回向は、浄土教にかぎらず、大乗でも上座部でも行なわれています。
華厳経を引いたのは、それを言いたかったからです。


255 :けちゃっぷ:2006/02/03(金) 12:30:42
僕は、四十九日までは、中有の状態でその辺をうろうろしてるのだと思ってました。
だから仏教辞典にわざわざ「肉眼では見えない」と書かれてあるのだろうと。
しかし、すぐに三途の川へ行くと言われれば、そうかもしれませんね。
ただ、エンマ様の前で名前を尋ねられるということですから、
エンマ様のところへ行く時にはまだ生前の記憶があるわけですね。
だとしたら、生前に阿弥陀仏について知識はあったけれども信仰はしてなかった人が、
エンマ様の前で阿弥陀仏のことを想いだして、信を起こす可能性はありますね。

256 :けちゃっぷ:2006/02/03(金) 12:46:29
他のみなさんの考えが聞きたい。
生前に信仰がなかった人が、往生する方法はあるのか?

257 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 15:03:31
>>253
だから〜
念仏回向は本当に(華厳経に記されている)回向と言う概念に当てはまるの?
言葉が同じだけちゃうんかい。
>>255
すり替えだね。
娑婆からの念仏回向で死者が往生できるかの話に
閻魔の前で発心するのが関係あるの?

258 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 15:28:38
>>255
浄土経典のなかに、閻魔や三途の川や中有が出てくるのですか?

259 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 16:46:43
>>258
別に出てこなくてもいいのでは。
飽くまでも浄土教は仏教の一派なので、通仏教の概念はある。

260 :けちゃっぷ:2006/02/03(金) 17:25:29
>>257 今言ってる念仏回向は、おなじ意味の回向だと思います。
なぜ違うと思うのですか?
念仏が聞えて信が起きれば往生するだろうと言っただけであり、
べつに念仏回向で往生できると主張したいわけではありませんよ。
回向は、四無量心のあらわれでしょうから、
回向する側の修行という面が強いでしょ。
回向の結果死者が確実に往生できるかどうかなんて、わからない。


261 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 17:40:12
庇うのもいいがすでに庇いきれないレベルに来ていることを忘れないで
ほしい。あなたの人脈が菅ちゃんのせいで壊れるよ。

262 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/02/03(金) 18:32:12
ポアですね!
ポアは、インド・チベットの密教的心身論にもとづく秘儀で、頭頂の孔から死者の意識を抜き取り、阿弥陀如来の心に溶け込ませることによって、輪廻から解脱させる方法です。

263 :けちゃっぷ:2006/02/03(金) 18:36:45
>>262 ポアをもってきましたか!
関係ないけど、2月25日(土)21時からのTBSの番組に、スマナサーラ長老が出るそうですね。
トキオに瞑想教えて脳波計ったという噂。

264 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 19:38:41
>>259
> 別に出てこなくてもいいのでは。
> 飽くまでも浄土教は仏教の一派なので、通仏教の概念はある。

無茶苦茶だなあ、本気で言っているの?
そこで通仏教なんて言い方すれば、もう何でもありで、
法然の苦労や求道なんてどうでもよくなる。
それならオウム真理教も通仏教のなかに入るから否定できない。
ポアも仏教の教えとして語られたから問題ナシになる。

265 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 20:14:27
>>47
何が君にあったんだい????



266 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 21:15:35
>262
チベットの俗信と通仏教と異態であるところの日本の(法然系)浄土教とごちゃ混ぜにしてしまったらだめですよ。

267 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 21:33:16
>>264
法然とて通仏教的概念を浄土的に解釈してきたのだから
通仏教の概念(中有など)は認めていたであろうとおもわれる。
実際、倶舎論や大論を引くわけだからなんら不思議ではない。

>それならオウム真理教も通仏教のなかに入るから否定できない。
それは強論です。
飽くまでも従来の通仏教的概念を浄土門に用いると言う意味での
「通仏教の概念はある」ですから。
第一オウムが「通仏教のなかに入る」という物言いはおかしいですよ。

268 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 21:45:35
>>267
通仏教というのと仏教というのをごっちゃにしている。
他宗教や俗信や習俗の混在したものと、
仏教の本質的な部分とは区別をしないと。
法然上人が一切経を学ばれて、そのなかの矛盾する内容から、
真実とすべきものを選ばれた意味がおろそかにされるなら、
そもそも、法然上人のご苦労など必要がなかったことになる。

269 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 21:48:18
>>266
通仏教からチベットの俗信を排除するなら、
排除すべきものは他にいくらでもある。
それが通仏教でしょうが。

270 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 22:13:13
>269
だれもそんなつまらんことをいっていませんよ。

271 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 22:48:32
通仏教って、仏教共通の概念のことじゃないのか・・・・・

勉強しなおしてこよう

272 :けちゃっぷ:2006/02/03(金) 23:00:16
>>268 浄土経だけが真実で残りは真実ではない、と言いたいのでしょうか?
法然さんは、そんな日蓮さんみたいな思考ではなかったのでは?
すべてのお経が正しいという前提で、
その中で誰でも救われる教えを説いている浄土教を選んだのでは?
日蓮さんは、法華が真実で他は方便(というか嘘)だというニュアンスが強いですが。

273 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 23:01:12
自分の知り合いにもいる。
寺の行事よりも葬式を優先する坊頭。はっきり言って人間以下の屑、僧侶の価値なし。
逝ってよし!


274 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 23:02:00
>>272
経自体がそもそも方便だろうに。

275 :けちゃっぷ:2006/02/03(金) 23:06:24
>>274 たしかに、お経はすべて方便ですね。


276 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 23:08:00
>>242 意味がわからん??


277 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 23:08:38
通仏教というのと仏教というのをごっちゃにしている。
他宗教や俗信や習俗の混在したものと、
仏教の本質的な部分とは区別をしないと。
法然上人が一切経を学ばれて、そのなかの矛盾する内容から、
真実とすべきものを選ばれた意味がおろそかにされるなら、
そもそも、法然上人のご苦労など必要がなかったことになる。




278 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 23:09:10
>>273
どこの誤爆だ?w
>坊頭
これには少し受けた。
>>274
方便の意味は広いね

279 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 23:10:39
>>277
何ゆえ2回も書き込む???

280 :けちゃっぷ:2006/02/03(金) 23:10:50
浄土教は、
一切の経典を仏教テキストとして信仰することを前提に、
日々の修行については、往生極楽を説く「浄土三部経」の教えを実践します。
他のお経を否定するわけではない。
すべて仏教として信じているけれど、実践するのは往生浄土の行。

281 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 23:12:15
通仏教というのと仏教というのをごっちゃにしている。
他宗教や俗信や習俗の混在したものと、
仏教の本質的な部分とは区別をしないと。
法然上人が一切経を学ばれて、そのなかの矛盾する内容から、
真実とすべきものを選ばれた意味がおろそかにされるなら、
そもそも、法然上人のご苦労など必要がなかったことになる。

282 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 23:13:13
>>278
ここでは権仮方便ね。
しかし、仮に立てた法門について優劣を云々するというのがよく分からん。
結果、暫用還廃なのだから。

283 :けちゃっぷ:2006/02/03(金) 23:16:47
「優劣」という言い方も、とらえ方は色々ですよね。
幼児から大人まで遊べる積み木と、
ある程度の年齢にならないと使いこなせないコンピューターゲーム、
どちらが優れたおもちゃなのか。

284 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 23:29:17
>>283
どうでもいいんですけど、例え話は。

285 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 23:31:37
>283
たまにはマトモな喩えを使うんだね。
でも、わかる人にしかわからないから、あなたが正しく譬喩を使っているのかも判定できないや。

無限定に優劣を論じるのはどっちにしても間違い。どっちが勝っても釈迦の恥だよ。


286 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/03(金) 23:46:12
法然は真実とするべきものを選んだのではない。
自らがこれが最もよいと思う近道を選んだに過ぎない。
道は全て証得につながっているがそのどれもが真実。

287 :@あぼーん:2006/02/03(金) 23:55:05
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか


288 :ユカは外〜!:2006/02/03(金) 23:58:17
 ○
○     ○  ○    ○
   ○  ○  ○ ○        ○
 ○ ○○      ○
     ○   ○ ○               ○
  ○   ○
○  ○       ○
                                                            ○
 ○     ○
                                       ○
                ○


   ○




289 :けちゃっぷ:2006/02/04(土) 00:27:05
>>284 ある程度学問的で情報量の多いレスをお求めなのでしょうか?
僕は、あなたのような人に向かって書いていませんからねぇ…。
僕は、そうですねぇ…仏教を学びはじめたばかりの頃の僕がよろこびそうな内容を書いています。

290 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 00:28:18
>>289
別に君の主観はどうでもいいんだが。

291 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 00:29:32
学問はじめた頃のやつなら真面目だからな、そんな下手糞な譬えは反吐が出るほど嫌いだよ

292 :けちゃっぷ:2006/02/04(土) 00:29:59
>>290 「どうでもいい」はあなたの主観ではないのでしょうか。

293 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 00:31:15
このスレ全体の暗黙の了解だと思うぞ>けちゃっぷの主観はイラネ

294 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 00:32:47
>>291
そうだね。
それで「けちゃっぷさんって凄いですね!☆」とでも言って欲しいんだろう。
もはや恍惚の人。
こんなところにいないで、自坊で念仏三昧の暮らしでもしてりゃいいのに。

295 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 00:33:34
>>293
次スレのテンプレートに明記しておこう。

296 :けちゃっぷ:2006/02/04(土) 00:34:26
>>291 学問する人を対象にはしてませんよ。
仏教の知識なんかろくにないし仏教学をやるつもりもないけど、
あいだみつをやひろさちやを読んでなんか癒されるなぁ、
っていうような人もいると思います。

297 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 00:36:07
なおさら下手な比喩で惑わせるなよww

298 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 00:37:00
>>296
だから?
逆に言えば、仏教の知識がろくにないから
「あいだみつをやひろさちやを読んでなんか癒されるなぁ、っていうような人」に
勝手なことを吹き込んだり、誤った解釈を広めたりしたいわけだ。

299 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 00:40:59
>>298
まてまて
自分ではきちんと仏教の知識があると思ってるのがけちゃっぷ大先生ですよ

300 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 00:44:29
>>299
それにしちゃ見当外れの比喩が多いわけだが。
おまけに脳内教義を連発。
ご同行も困るだろ、あれじゃ。

301 :けちゃっぷ:2006/02/04(土) 00:48:16
>>298 僕は、ひろさちやさんの喩え話とか好きです。
たとえば阿弥陀経の
「青色青光黄色黄光赤色赤光白色白光」(極楽の蓮華は青い華は青く光り、黄色は黄色に光…)
を、人間にも一人一人ちがう色(個性)があり、
一人一人ちがう個性のままに輝いている…みたいな、華厳経みたいな解説をしたり。
阿弥陀経のあの部分だけ普通に読んでも、そこまで拡大解釈はできないと思うんですが、
そんなツッコミよりも、なんか癒されるからまぁいいや、と思って納得しちゃいます。

302 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 00:51:55
>>301
だから?
そういう部分だけクローズアップしていてもしょうがないことでね。
物語に酔いしれるのは結構だが。

303 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 00:54:17
最近の流行りなら金子みすゞだな。>青色青光(ry

304 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 00:56:12
荒氏がおおいっすね・・・・

305 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 00:56:40
>>303
「お浄土ありがたや」でいいんじゃないの?何せけちゃっぷだもの。

306 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 00:57:35
>>304
というか、普通に突っ込みたくなるような「ご自釈」だからだろ。

307 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 00:58:39
というか、けちゃっぷ専用の浄土宗スレを立ててやったらどうだ?

308 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 01:02:43
>>306@あぼーんのことだす

309 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 01:03:27
法然さんが根拠にした善導の観経理解は、
同じ観経の文言でも、表に現れた意味と仏の真意とは区別しましたね。

310 :けちゃっぷ:2006/02/04(土) 01:09:15
まずお経を正確に理解したいという気持ちがあり、
お経に書かれてあることを正確に解説することを目的にするのか、
まず救いを説きたいという心があり、
救いを説くためにお経を使うのか。

311 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 01:12:40
>>307
こんなんでどう?

【ソースは】 阿弥陀信仰の 【けちゃっぷは】

312 :けちゃっぷ:2006/02/04(土) 01:13:52
善導大師は、阿弥陀仏のごとき慈悲の心で救いの教えを説くために、お経を使ったのではないでしょうか。
お経に服従せずに、お経を使ったのだと思います。

313 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 01:19:55
>>311 それはいいですが、このスレにおいて、
一般の方又は他宗の人らしき方が浄土教について質問を書いた場合に、
浄土宗の人がちゃんと名乗って答えてあげてほしいです。
名無しで答えるのだって無責任だと思います。
けちゃっぷが質問者に答えたらけちゃっぷへのツッコミは入れるくせに、
もとの質問者に答えてあげようとはしない、
そういう人がけっこういますよね。
まさか、浄土宗教師ではないとは思いますが。


314 :けちゃっぷ:2006/02/04(土) 01:21:05
>>313はけちゃっぷです。

315 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 01:22:36
>>311
既に「阿弥陀如来信仰」のスレがあるから、削除されるでしょう。
どうせなら・・・

【浄土門】けちゃっぷと浄土往生するスレ【易行道】

でも良さそう。

316 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 01:23:37
>>313
少なくとも君のようにいい加減な比喩で人を惑わすようなことはしないから
安心せよ。

317 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 01:28:16
>>313
>それはいいですが、このスレにおいて、
>一般の方又は他宗の人らしき方が浄土教について質問を書いた場合に、
>浄土宗の人がちゃんと名乗って答えてあげてほしいです。

適切に対応したいと思います。合掌。

>名無しで答えるのだって無責任だと思います。

菅ちゃんみたいなことを言わないでください。合掌。

>けちゃっぷが質問者に答えたらけちゃっぷへのツッコミは入れるくせに

それは突っ込みどころ満載だからです。
質問者云々とは関係の無いことです。合掌。

318 :けちゃっぷ:2006/02/04(土) 01:32:24
>>317 突っ込まれるのはおもしろいので、むしろツッコミ入れてほしいですが。


319 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 01:33:09
>>318
このスレは君のためにあるわけではないので。

320 :けちゃっぷ:2006/02/04(土) 01:36:51
>>319 コテハンだから目立ってるだけで、
名無しで頻繁に書いてる人もいるのでは?
僕も心と宗教板では名無しですが。


321 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 01:38:01
>>320
名無しだの何だの、菅ちゃんみたいなこと言わないでください。

322 :けちゃっぷ:2006/02/04(土) 01:43:55
菅ちゃんに何か恨みでも?


323 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 01:46:03
菅ちゃんはきっと阿弥陀様の前にいっても、
念仏なんぞ唱えないだろうなぁ・・・・

324 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 01:46:32
>>322
コテに固執しているあたりが似ていると言いたいのだろう。
別に聞く側としては、回答者が名無しかコテかなど大した差ではないのだが。

325 :けちゃっぷ:2006/02/04(土) 01:59:14
>>238 http://www.jodo.or.jp/jodoshu/index4.html 百四十五箇条問答、すべて載ってはいないと思いますが

326 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 01:59:58
>>325
あらら、急に話し逸らしちゃったよ。

327 :238:2006/02/04(土) 12:56:51
>>325 回答ありがとうございます。浄土宗を調べ始め、まずそこにたどり着き、
より興味が深まり、ぜひ全部読んでみたいとお思い現在に至ります。

その後も探してて、今日、とあるページで引用元の説明と思われる
「『一百四十五箇条問答』聖典4:456」のような表現を見つけました。
浄土宗の方々にとって「聖典」といわれたら何を指しますか?
「浄土宗出版 浄土宗聖典全7冊セット 44100円」
の事と考えてよいのでしょうか?


328 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 16:07:35
2ちゃんねるで固定ハンドル強制させようとするなんて
他の板逝った方がいいんじゃない?

329 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 16:41:52
>>328
叩かれてるコテ(主にレベルが低い香具師)に限って「意見を言うならコテを付けろ」というようなことを
言うんだよねぇ。

330 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 16:50:31
昭法全ってもう古いのかなぁ

331 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 17:52:15
ある坊さんが、生前ささいな戒律を破った罪のために、死んだ後は地獄に堕ちた。
ついに閻魔王の前に引き出され、裁きを受ける段となった。
「そなたも仏教を修めた者なら、何か申し開きしてみよ」と言われるが、
坊さん生前習い覚えたことも何も思い出せない。
その時ふと、とある寺院に泊まったときに隣室から聞こえてきた文句を思い出した。
「其仏本願力・・・ 聞名欲往生、皆悉到彼国、自致不退転!」
閻魔大王、坊さんを合掌礼拝して曰く
「これはまさしく阿弥陀仏を讃える偈文。阿弥陀仏のお弟子様はどうぞ極楽へお通り下さい」と
扉を開けるとそれは極楽へと続く道。坊さんは無事往生いたしましたとな。

332 :けちゃっぷ:2006/02/04(土) 18:09:22
>328 コテハンになれとは言いませんが、浄土宗関係者ならば、そうだと名乗ってもらいたいですよ。

>329 叩かれる時には複数を相手にしなくちゃならないから、誰が誰かわからないんですよね。
しかも、複数の人が同じような質問をすることもある。
で、「私の質問にも答えてください」なんて言われても、
似たような質問にはすでに答たつもりだったのに、おまえ誰だよ?って思ってしまう。

333 :けちゃっぷ:2006/02/04(土) 18:17:32
>>330 聖書や「仏教聖典」みたいに無料もしくは文庫本程度の値段で手に入る聖典が欲しいです

334 :238:2006/02/04(土) 18:30:41
>>330 ここで言う昭法全とは >>164 の書き方からみて、書籍名ですよね?
きっと浄土宗の方々にとっては「昭法全といえばこの本のこと」と明らかな。
Webを見てると、引用元の略記として「昭法全」「法伝全」「聖典」などが
出てきますが、これらの正式名称は何なのでしょう?

因みに、自分の県の図書館でWeb検索すると以下のような本があるようです。
 浄土宗全書(浄土宗宗典刊行会編) 全20巻
 浄土宗聖典(望月信道編) ( >>327 と同じものかは未確認)
これらのことでしょうか?

335 :けちゃっぷ:2006/02/04(土) 18:48:40
昭和新修法然上人全集の略ですね。
安達先生のサイトを貼っておきます。僕はケータイなので見られませんが。
http://www.bukkyo-u.ac.jp/mmc01/adachi/data.htm

336 :238:2006/02/04(土) 20:00:46
>>335 七箇条起請文もこの本に載っているようですね。
残念ながら近隣の図書館にはない様で、書店を探してみます。
ありがとうございました。

337 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 20:04:10
宗教って、疲れるな。
寂聴さんって、坊さんの妻帯、寺の世襲化をホント嫌ってるね。

338 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 20:14:58
>334
昭法全は『昭和新修 法然上人全集』の略。偽撰も含め法然の著作が收録されています。
法然の著作を引用する場合の基準になるものですが、テキストの校訂には問題があります。
研究者が使うときにはその辺のことは心得て使っています。

浄土宗関係のサイトで聖典といえば、浄土宗聖典。全六巻で浄土宗宗務庁の刊です。
平成に入ってからできました。
浄土宗内では宗務庁の意向もあって積極的に用いるようにさせられているのですが、
訓読文には間違いといってもかまわないほどのミス、杜撰なものがあります(特に選択集)。
浄土宗聖典は古本屋に行けば安く入手できますよ。

339 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 20:20:40
第七回からこのスレを見ていて、おもしろかったので、第一回から見直したりしています。
けちゃっぷさんのレスには違和感あるもの共感できるものいろいろですが、
他のWebや書籍を調べるきっかけになったり、
逆に他では理解できなかった概念が分かったりと役に立っています。

なにかと叩かれちゃったりしており、何のお助けもできませんが、がんばってください。

340 :238:2006/02/04(土) 20:32:58
>>338 ありがとうございます。
図書館の(>>334)は1911年の本らしいので別ものですね、残念。
なかなか一般人にはハードルの高いお値段ですし、
ご助言の通り、古書店を探してみます。

あまり古書店を利用したことがなかったので、楽しい探索になるかと思います。

341 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 20:54:48
ここのスレ、おもろいね毎日みてます
どらえもん今日はでてこんのかなぁ・・

342 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/02/04(土) 20:58:25
念仏を知らない人は往生出来ないの?
念仏のみが往生への因なんか?
弥陀は、念仏を唱えない人以外は見捨てますか?

343 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 21:34:42
>>342
それはけちゃっぷ氏がたびたび書き込んでいる通りです。


344 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/04(土) 21:46:22
どらえもんちゅーのはどいつのこっちゃ?

345 :けちゃっぷ:2006/02/04(土) 23:07:31
>>342 善因善果・悪因悪果です。
善人ならば念仏も阿弥陀仏も知らなくても、縁によっては極楽に生まれるでしょう。
善人でなおかつ阿弥陀仏や極楽を知っている場合、
日頃の善行の功徳によって極楽に往生できますようにと願えば、
確実に往生できます。
以上は、自力の往生です。
悪人の場合は、自分の功徳の力で往生することができません。
しかし、阿弥陀仏の救いを信じて往生極楽を願って阿弥陀仏の名を称えれば、往生できます。

346 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 00:02:44
>>345
極楽浄土って、念仏の信者だけがいける場所かと思っていたんだけど、
ちがうの?

347 :けちゃっぷ:2006/02/05(日) 00:12:00
>>346 信者「だけ」とは限らないのでは?
因縁は複雑にからみあっていますからね。
縁があれば生まれるでしょう。
往生極楽を願わない場合は、善人だからかならず極楽に往くとはかぎりません。
他の世界の天や、他の浄土かもしれませんから。

348 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 00:27:03
念仏以外でも往生できるというのは「選択集」第十二章に明記されている。

「・・・たとえ余行無しといえども、あるいは一、あるいは多、その堪える所に随って十三観を修し、往生を得べし。・・・
・・・たとえ余行無しといえども、孝養奉事を以て、往生の業とす。・・・
・・・たとえ余行無しといえども四無量心を以て、往生の業とす。・・・」

以下、十善業・菩提心・深心因果・読誦大乗も同様に、たとえ他の修行ができなくてもそれさえやれば往生の業となると
書かれている。

349 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 17:58:47
>>348
そんな奴等はいない世の中だからこその浄土の教えなんで。
ほぼ考慮する必要は無いでしょうね。

だから

念仏しない=往生しない

はほぼ成り立つ公式です。

350 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 19:38:03
>>347
布教伝道はこちらでどうぞ。

けちゃっぷの説教所
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1139134653/

351 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 20:13:37
>>349

第一に、「そんな奴等がいないから考慮する必要がない〜」というのは、
「念仏を知らない人は往生出来ないのか?念仏のみが往生への因なのか?」
という理論的かつ経典基づいて答えられるべき問題に対して、見当はずれな回答であるということだ。

たとえば「本州から沖縄には飛行機でしか行けないのか?飛行機のみが沖縄へ行く手段なのか?」との問いに対して、
べつに足こぎボートでも行けますよと答えたところ、そんな人はいないから考慮する必要がないと言うようなもの。
実際に他の修行の成就者がいようがいまいが、経典も、法然の考えも、念仏以外の修行による往生を認める
というのは明白である。

第二に、「そんな奴等がいない」というのは根拠が無い。とんでもなく世界を知らないのか、あるいはとんでもなく
宗教的独善であるか、どちらかだということだ。

352 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 20:39:18
浄土宗の檀信徒で臨終念仏しなかった者は、
極楽往生できないでいるんですか?

353 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 20:58:19
>>351
ん〜
流れ的に、>>346の「念仏の信者だけがいける場所かと思っていた」
に対して>>347の「信者「だけ」とは限らないのでは?」
して(アンカー無しで)「念仏以外でも往生できるというのは「選択集」第十二章に明記されている。」
でもね、その部分は、他にもそういう人もいる「いてもいいさ」条項であって
この時代にはそれは難しい。ほぼできない。とみるのが、浄土の基本的姿勢でしょう。

譬えを引いていただいてますが
「沖縄は飛行機でいく人だけかと思っていた」
「飛行機でいくだけとは限らない」
「いやいやHの本の12ページには足こきでだっていけるってかいてありますよ」

・・・・実に下らなくないですか?このながれw

>第二に、「そんな奴等がいない」というのは根拠が無い。
末法ですからねぇ。教行証に欠けたる我等ですからねぇ。
まぁ自力往生を否定しない形にはなってますがね。

それにね、よくよく考えてみなさいな。
「極楽に往生するのに」自力で行こうと思う考えの宗派ってどこ?
他の宗派は別に極楽往生なんか目的じゃないですよ。
そういう意味も含めて、自力往生のことを考慮するなんて下らないといったんですよ。

354 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 20:58:34
「みんな臨終のことばかり気に掛けるが、平生から仏を信じて念仏することで往生するのです」との御言葉

355 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 20:59:01
>>352
釣りご苦労。
そんな風には書いてないよ。以上。

356 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 21:00:04
>>354
典拠かいておかないとうるさいのがいるかもね。

357 :けちゃっぷ:2006/02/05(日) 21:11:39
>>353 天台宗の常行三昧とかの修行は、自力の念仏ですよね。


358 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 21:12:50
>357
常行三昧は往生を目的とした行ではありませんよ。

359 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 21:13:06
明日も仕事だからもう寝ます。
おやすみ。


360 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 21:13:28
それに、常行三昧を念仏といっていいのですか?

361 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 21:16:55
違うよ!精神魂は原子ほどの大きさで物質的な目には見えません。感覚、血、骨、脂肪などで
できた粗厚体が無くなったあとも、想念や知性や自我でできた細妙体は存在し続けます。
死んだとき、この細妙体が小さな魂を別の粗厚体に運んでいきます。空気が匂いを運ぶ
様子を考えてみてください。バラの香りが何処からとも無く運ばれてくるのかは目では
見えません。でも、香りが運ばれてきていることは分かります。同じように魂の転生は
目に見えない現象です。
死ぬときの心情に応じて、小さな精神魂が父親の精子を通じて母親の胎内へ入り、母親から
与えられた体が成長していきます。それは人間の体かもしれませんし、犬か猫の体である
可能性もあります。どの体を得るかによってその人の人生が決まるのです。例えば犬の体
に入れば当然人間のように理を学ぶことや死生観がまるっきり変わってきます

362 :けちゃっぷ:2006/02/05(日) 21:22:32
>>360 サマタ瞑想になるのでしょうか?
でも、天台でも真言でも、浄土信仰はありますよね。
天台では、今はもう観想念仏やってないのかなぁ?
源信さんの天台浄土教の流れは途絶えたの?

363 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 21:33:42
>362
サマタ瞑想って何のこと?
どっかのオカルト宗教の用語?

364 :238:2006/02/05(日) 22:10:34
>>360 What's天台宗より

 http://www.tendai.jp/houyou/

四種三昧とは、四種の心の安定を得る方法で、次の通りです。
@ 常坐三昧(止観坐禅によって身心を安定させ、一切の因果道理を観ずる法)
A 常行三昧(常に行道し心に阿弥陀仏を念じ、名号を唱え、安心を得る法)
B 半行半坐三昧(自らの罪を懺悔してあわせて止観坐禅し、仏心を成ずる法)
C 非行非坐三昧(期日・方法を定めずして、日常生活を営みながら、念仏、観法し、悟りの境地に入る法)

常行三昧って念仏でいいんじゃないですか。「阿弥陀仏を念じ」って書いてあるし。


365 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 22:12:49
>>364 あ、番号消しわすれちゃった・・・


366 :けちゃっぷ:2006/02/05(日) 22:18:14
>>363 天台でいう「止観」の
「止」がサマタで「観」がヴィパッサナーです。
『往生論』にでてくるシャマタ・ビバシャナのことです。

367 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 22:20:56
>366
それならどうして常行三昧がサマタ瞑想になるのでしょうか?

368 :けちゃっぷ:2006/02/05(日) 22:33:57
サマタは、ひとつの対象に意識を集中させる三昧の瞑想です。
往生論に説かれる五念門においては、
「作願門」を、
心に常に作願し一心に畢竟して安楽国土に往生せんと専念し、
如実にシャマタを修行することだと説明しています。
「観察門」を
智慧をもって観察し、正念に彼(阿弥陀仏)を観じて
如実にビバシャナを修行することだと説明しています。
戒・定・慧の三学においては、サマタが定、ヴィパッサナーが慧、でしょう。

369 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 22:38:11
初期経典に説かれる「サマタ・ヴィパッサナー」は漢訳仏典に「奢摩他・毘婆舎那」と音写され、 「止観」と翻訳されています。

「止観」は大乗仏教の各宗派で、内容に差異はありますが仏教の禅定修行として説かれています。

たとえば浄土五祖の一人曇鸞大師は「浄土論註」で、「奢摩他・毘婆舎那」を軸に浄土教の実践を説いています。

370 :けちゃっぷ:2006/02/05(日) 22:38:43
>>367 「三昧」=サマタ(止)=禅定(定)でしょうから。

371 :けちゃっぷ:2006/02/05(日) 22:40:31
>>369 ありがとうございます。
ケータイなのでサマタ・ビバシャナの漢字をみつけられませんでした。

372 :けちゃっぷ:2006/02/05(日) 22:50:40
観察 ヴィパッサナー
「慧、すなわた澄みきった理知のはたらき、によって
もろもろの法の性質を観察することを意味する。
観察の対象たる法は、時に、
心の中に浮かべる種々のイメージ(その場合な観察は観想ともいう)であり、
自身の心の本性(その場合の観察は観心ともいう)であり、
あるいは仏のもつ諸徳性(その場合の観察は観仏ともいう)
であったりする」

373 :けちゃっぷ:2006/02/05(日) 22:53:46
テーラワーダ仏教協会の説くヴィパッサナーは、観心ですね。

374 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 22:55:05
>370
では、観(毘婆舍那)は禅定ではないのですか?

375 :けちゃっぷ:2006/02/05(日) 23:08:50
>>374 あるテーラワーダ系のサイトによると、
深すぎる三昧は、智慧をはたらかせる観察ヴィパッサナーを妨げることもあるとか。
ヴィパッサナーは、常に覚醒した状態でよく気をつけて観察するわけです。
そのためには、前段階として、サマタによって意識を集中させねばなりません。
しかしサマタによる三昧が深すぎるとイッちゃうので、智慧が目覚めた状態ではなくなる。
サマタをやるとセロトニン神経が活性化することは有名です。
それによって幻覚がみえることもある。禅でいう魔境です。
で、覚醒剤をやると、セロトニン神経が活性化しすぎて、やはり幻覚をみる

376 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 23:09:35
>350
けちゃっぷ師は、これでめでたく浄土宗から離れて新興宗教の教祖様だね。

377 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 23:12:08
テーラヴァーダ協会は止観の双運をご存じないらしいということでよろしうおますか。

378 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 23:16:28
日本で死んで極楽往生してる人って
何割ぐらいいるんだろうね?

379 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/05(日) 23:34:21
スタメン見ていたら、
金儲けに生き甲斐感じてる女って増えてるのかなぁと思った。
美人ばかりだったな。
生き甲斐があるっていいよな。
念仏信仰してると、極楽往生以外どうでもよくなってくる・・・

380 :けちゃっぷ:2006/02/05(日) 23:48:40
>>377 よくわかりませんが、ひたすらサティ(気付き)を入れつづけるヴィパッサナー瞑想は、
瞬間瞬間のサマタの連続でもあるのでは?


381 :けちゃっぷ:2006/02/05(日) 23:49:58
25日(土)に、テーラワーダ仏教協会のスマナサーラ長老がテレビに出るそうです。

382 :けちゃっぷ:2006/02/05(日) 23:59:18
サマタは禅定、ヴィパッサナーは気付きによる智慧ですよね。
心をちゃんと制御できている状態ですね。
眠っ夢をみている時なんかは、勝手に夢が浮かんできて制御できてない。
人と肩がぶつかったりして反射的にイラっと怒りが沸く時なんかも、
反射的に反応しているから、智慧で制御していない。


383 :けちゃっぷ:2006/02/06(月) 00:05:53
僕は仕事で電卓をよく使うため、数字を見ただけで無意識に自動的に指が動くようになってます。
で、電卓と電話のボタンは並びが逆なんです。電卓は下から1・2・3で、電話は上から1・2・3
ぼーっとしながら電話かけると、たまに
、無意識に電卓の数字の並びに合わせて電話番号を押してしまい、かけまちがっちゃいます。
智慧をはたらかせてよく気をつけて指を動かしていれば間違えるはずないのに、
体におぼえさせた動作にまかせて無意識に放逸に動かしてしまうと、間違えるのです。

384 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/06(月) 00:14:15
>>378
融通念仏宗 12万人 浄土宗 650万人 真宗・浄土真宗 1300万人 時宗 35万人
合計 1997万人
平成16年 日本人口 1億2769万人

平均的に人が死ぬ・みんな往生すると仮定して、
日本で死んで極楽往生してる人の割合は 15.64%

 信徒数は http://www10.ocn.ne.jp/~mk123456/ の値を参考に、
 人口は国勢調査の値を参考にしました。

因みに、天台宗も往生する先は極楽浄土なのでしょうか?
だとすると、天台宗 350万人 を加えて、18.38% になります。


385 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/06(月) 00:25:45
阿弥陀を忘れて憲法を拝む真宗では成仏できない。

386 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/06(月) 00:34:45
ただこのスレの流れでは坊さんや親族による回向では往生できないという結論でしたよね。


387 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/06(月) 00:43:11
>>384
果たして檀信徒だからと言って、
三心具足、信心のある念仏を称えて亡くなった人はどれだけ
いるんだろうか?

臨終念仏できてる人間なんてほとんどいないんじゃないか?

388 :384:2006/02/06(月) 02:57:42
>>385 まあまあ、ここはひとつ穏便に。

>>386 往生の保証をされてる方はいませんね。
しかし何らかの根拠を引用のうえで「往生できない」と
主張されてる方もいないようです。
往生する助けにはなるが、絶対の効果ではない、
といったとこなのでしょうか?

自分が大昔に見た絵本では、中有の人が遺族の供養により信心に目覚め、
往生するシーンが描かれてました。社会科見学で鎌倉の大仏様に行って、
売店で買ったので、今振り返ると、浄土宗の絵本だったのではと思うのですが・・・

>>387 ただし三心四修と申すことの候うは、
皆決定して南無阿弥陀仏にて往生するぞと思ううちにこもり候うなり。
とのことですから、別に臨終念仏じゃなくても良いのではないでしょうか。

ともかくいろいろご指摘も多いので、
「日本で死んで極楽往生してる人の割合は 15.64% 以下」
との主張に訂正させて頂きます。

389 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/06(月) 03:58:21
>>388
>しかし何らかの根拠を引用のうえで「往生できない」と
>主張されてる方もいないようです。
念仏回向による死者往生には、確固たる根拠が無いのが難しい点です。
(一般的には否定する根拠っていうのはあまり存在しないものだと思いますけど)

別にやり方として間違ってるとは思いませんが、
したり顔で「これは効果がありますよ」って言うとなんかのセールスみたいで嫌ですね。

>中有の人が遺族の供養により信心に目覚め、往生するシーン
やっぱり子供の頃からの刷り込みは大切ですよ。うんうん。
迷信だってそうやって小さい頃から刷り込むものです。
(勿論意図がある迷信の話です)

>>387
三心具足は388の言う通りですね。思ううちに篭り候なり、です。
臨終念仏は別に強制ではないしょう。
できればしたいところですけどね。

平生から念仏相続の日暮しができれば、この上ないことだと思います。

390 :384:2006/02/06(月) 08:58:11
>>389
あぁ、自分変なこと書いてしまってますね。
>三心具足は388の言う通りですね。思ううちに篭り候なり、です。
そうなんです、それを言いたかったんです。

その前段の、うたがいなく往生するぞと思い取りて申す外には別の仔細候わず。
があるので、特に臨終時とは指定されていない、と言うつもりでした。

391 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/06(月) 12:35:01
わからんな。
一回でも念仏すれば往生できるんじゃないのか?
経典まで逆上っても10回なら絶対だぞ。

要するに、日本人で往生する人が少ないとすれば、それは
浄土宗の坊さんがさぼっているのとちがうんか?


392 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/06(月) 12:45:43
教えて君でスマソ
部下が4月から浄土宗の道場に行くので、その餞別に個人的に数珠を送りたいと思ってます。
ちょうど今月末に京都(知恩院の近く)に出張の予定なので、そのときに購入しようかと思いますが、
お坊さん(修行僧?)が身につけるものは、お店で買うことはできるものでしょうか?

2連のものが必要、という事までは調べたのですが、それが仏具店で即日購入できるのか・・・等、
教えていただければと思います。

393 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/06(月) 12:55:52
>392
知恩院の黒門前(三門から東山通りに出たところではなく、その北側に200mほど行ったところ)バス停のすぐ北側、東山通の角に仏具屋があります。
また、東山通から西に入ったところにもあります。店の名前は出しませんが、行けばすぐにわかります。
どちらも浄土宗の法衣・仏具を専門に取り扱っているところです。
ショウインドウにも入っていますし、お店の人に僧侶用の二連数珠といえばすぐに出してくれますよ。

394 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/06(月) 13:03:10
>>393
ありがとうございます。
部下でありながら、会社(特に私)の窮地を何度も救ってくれた人間ですので、
修行の満成(←あっているのかな?)の支えとなれば、と願っています。

浄土宗の関連のものを専門に扱っているのでしたら安心ですね。

395 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/02/06(月) 13:32:44
けちゃぷ寺には、護符やお守りを売ってますか?



396 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/06(月) 14:16:27
「疑いなく往生するぞ」と思って念仏できる人って
どれくらいいるんだろう。

397 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/06(月) 15:39:16
>>388
念仏回向が死者往生の助けになるというのは、けちゃっぷ教と同じ見解でないの?
当スレで叩かれ否定の流れになったのは、まさにその点ではなかったかしらん?

398 :けちゃっぷ:2006/02/06(月) 17:53:39
>>397 現場では、回向をやっていない寺はほとんどないのでは?


399 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/02/06(月) 18:46:02
>>397
念仏回向が死者往生の助けになると言う方便やないか?
ただ、けちゃぷさんはファンダメンタリストとなったから、三部経を真実の教えと信じていますからねぇ。


400 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/06(月) 18:46:33
559 :スリムななし(仮)さん[] :06/02/06 18:45
http://highend.absolutism.info/
コピペすると美しくなれるかも?

401 :けちゃっぷ:2006/02/06(月) 19:11:48
>>395 護符やお守りは置いてないです。
ていうか、創り方わかんねーし!

402 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/06(月) 20:46:37
大松寺といった鬼平に登場する寺院

403 :384:2006/02/07(火) 00:00:26
>>397 とのご指摘で読み返してみたところ、なるほど、
中有の人でも信心がわけば往生するとかもとの話はありますが、
回向された功徳で信心がわくとはどなたも言ってませんね。
自分の勝手な先入観だったようです。

自分は回向された人が、その功徳により信心がわくのかと
思っていたのですが、違うのでしょうか?

404 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/07(火) 06:52:49
>399
>>三部経を真実の教えと信じていますからねぇ。

それが宗教者として当然じゃないの?
あ、私は愚者です。

世界は神が七日間で創造したとか、ビッグバンが起こって無から
生まれたとか、いろんな宗教のひとつである浄土教の教えを真実
としなかったらけちゃさんはお坊さんじゃなくなるのでは?




405 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/07(火) 14:04:10
>>403
「そもそも念仏を他人に回向するのが無理、そんなことは三部経に書かれていない」
という論調でしたね。それに対してけちゃっぷ氏は、
「浄土宗も大乗仏教なのだから、回向は当たり前。たとえ三部経に書かれてなくても、
遺族としてやらざるを得ない気持ちに対して応えている」 との調子で反論。
そんな勝手な理屈があるものか、カルトけちゃっぷ教め、というところまで来ていました。

406 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/07(火) 15:10:08
>>405
確かにカルトけちゃっぷ教ではあるが、
今の浄土宗の寺って浄土三部経や法然上人の教えより、
遺族の要望があれば何でもありってとこ多くない?
そういうことを続けてきたから、
遺族の要望がなくても、それが当たり前になっている。

407 :けちゃっぷ:2006/02/07(火) 18:00:16
>>405 ただし、あくまで仏教一般で行なわれている回向と同じ意味ですので、
他力本願の念仏のように、確実に往生させられるわけではないでしょうね。
それと、回向は、
回向する側の慈・悲・喜・捨の心を培う修行でしょうから、
実際に死者を往生させられるかどうかを問わず、
他者の幸せを願って回向すること自体が尊い行です。
本来は、自分の身内に対してだけではなく、
一切の衆生に回向すべきでしょうが。

408 :けちゃっぷ:2006/02/07(火) 18:04:19
回向は、他人のために回向するのだけれど、
自分の慈悲を強くさせる、自分のための修行でもあるしょう。


409 :けちゃっぷ:2006/02/07(火) 18:16:58
>>403 そもそも功徳って何でしょうね。
あなたが今仏教に興味をもって、あるいは信じているのは、
過去世から積み重ねられた功徳の結果かもしれません。
前世であなたが亡くなった時、
誰かがあなたのために回向してくれたのかもしれません。


410 :けちゃっぷ:2006/02/07(火) 18:19:37
あ、真宗だと、
信心も阿弥陀仏からの回向で与えられたと考えるんでしたっけ?

411 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/02/07(火) 20:32:59
>>409
>あなたが今仏教に興味をもって、あるいは信じているのは、 過去世から積み重ねられた功徳の結果かもしれません。

まじっすか?なら興味も………

412 :けちゃっぷ:2006/02/07(火) 21:09:40
>>411 かもしれませんねぇ!


413 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/07(火) 22:55:49
回向はそもそも浄土宗の教義とは切り離して考えるべきだと思う。
念仏は、自分が極楽へ往生するためのモノであり、
回向することは、先祖供養に端を発する民俗信仰との迎合である。
それはそれで大衆が求めているのだから応えればよいのだが、
回向が中心になっては浄土宗ではない。

414 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/07(火) 23:55:17
>>413

なンか244の
>ソレなのに、死者を回向して往生させたように見せるには
>いろいろ理屈をつけなくてはならない。

でFA?

415 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/08(水) 00:04:18
>>413
浄土宗教師の人は加行を受けて習うのですが、詳しくは申せませんが、
自分の往生のことしか考えないというのは偏った小乗仏教の心として否定されています。

善導大師の著に曰く(よく使う経にも出てきます)、

「願わくはこの功徳を以て、平等に一切に施し、同じく菩提心を起こして、極楽国へ往生せん」
また曰く
「普く師僧、父母、及び善知識、法界衆生のために、三障を断じて同じく往生を得ん」
また曰く
「願わくは衆生と共に回願して無量寿国に往生せん」

決して自分さえ良ければというのではなく、三世の衆生と共に往生する念仏です。



416 :けちゃっぷ:2006/02/08(水) 00:15:30
>>415 テーラワーダのサイトでも回向は説かれていました。
と言っても、日本の塔婆回向みたいなのじゃなくて、
慈悲の瞑想の延長みたいなもんでしょうけど。

417 :384:2006/02/08(水) 00:27:38
>>405
>そんな勝手な理屈があるものか、カルトけちゃっぷ教め、というところまで来ていました。
ここらへんがそうでしょうか >>267。以降、それに否定的な書き込みもありましたが、
特に追加の主張もない(>>277 >>281)のかとお見受けし、>>388 の様に書きました。

ところで、総回向偈を見ると、
 願以此功徳/平等施一切/同発菩提心/往生安楽国 とあります。

皆(一切)が同じ様に菩提心を発することを目的として
(直前に行った念仏の)功徳を皆(一切)に平等に施す
という意味にとってはいけないのでしょうか?

すなわち、念仏の功徳を他者に回向すると、その結果、他者の信心が起きる
ということを、前提にしてるのではないのですか?

418 :384:2006/02/08(水) 00:40:03
>>415 リロードせずに書いて、不要な質問をしてしました。失礼しました。
善導大師のお言葉なんですね、勉強になりました。
(総回向偈が法然上人の時代あったものなのか否かも聞きたいと思ってました)

419 :けちゃっぷ:2006/02/08(水) 12:36:48
浄土宗が依り所にするのは、三経一論です。
三経とは、『無量寿経』・『観無量寿経』・『阿弥陀経』(浄土三部経)です。
一論とは、世親(天親)菩薩の著『往生論(浄土論)』です。
『往生論』に説かれている往生のための修行が、五念門(ゴネンモン)。
五念門とは、1)礼拝ライハイ門 2)賛嘆サンダン門 3)作願サガン門 4)観察カンザツ門 5)回向エコウ門
『往生論』に回向門が説かれてるんだから、
浄土宗で回向をやるのは間違いじゃないのでは?

420 :けちゃっぷ:2006/02/08(水) 12:47:27
回向すれば死者がかならず往生できるなんて言いませんが、
生きている念仏者が回向をやるのは、
大乗菩薩道に属する浄土教信者であれば、
間違った修行ではないと思います。
回向によって他者の幸せを願うことが、浄土教信者自身の修行になるのです。

421 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/08(水) 12:50:40
一緒にイコウ!安楽コク!!

422 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/08(水) 13:13:13
>>420
それが法然上人のお説きになったことだと言うつもり?

423 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/08(水) 16:41:44
江戸時代の祐天上人の悪霊払いの話では、
僧侶集団で阿弥陀経の読経と念仏回向をしたが
悪霊払いはできず、
悪霊にとりつかれた本人に、「南無阿弥陀仏」と称えさせたら
悪霊が退散したという。
その記録にその悪霊が極楽浄土に往ったかどうかの記されていなかったけど。

実際、どうなってるんだろうか?
念仏回向で他者の魂を極楽往生させることができるんだろうか?

424 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/08(水) 17:35:44
念仏して、相手が念仏のありがたさに気づき、一緒に称えてしまうから
往生する、という考えではどうだろう。


425 :けちゃっぷ:2006/02/08(水) 18:22:32
>>422 世親菩薩が説いているというだけです。

426 :けちゃっぷ:2006/02/08(水) 18:30:37
>>423 ほんとに霊なのか、
なんらかの精神錯乱なのかはわかりませんが、
リアルな話ですね。


427 :413:2006/02/08(水) 20:21:04
どうなんだろう。
確かに回向は色々な所で説かれているが、
そちらにウエイトを置くことは危険かなと。

「ただ一向に念仏すべし」という上人のお言葉は、
あくまでも自分に於いて「すべし」だと思うのだが。

428 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/08(水) 22:18:05
その自分というのが、人を蹴落としてでもまず己のみ助かろうとする自分なのか、あるいは
たとえ己を最後に回してもまず亡き妻夫、父母、祖父母等の諸人を助けたまえと祈らずにはおれぬ自分なのか。
その点、吟味されねばなるまい。

今の世の風潮からすれば、自分以外には無関心、自分のみ得すべしの勝ち組思考で、
自分の往生優先となるかもしれぬが、そういうものに迎合すべきではない。
世界にも恥じることのない立派な「願共諸衆生」の思想があるんだから、その心を忘れてはならない。



429 :413:2006/02/08(水) 22:30:43
>>428
その通りなんです。
しかし、先ずは自分の信仰心を確立させることが重要です。
回向=功徳→念仏はありがたい→念仏しましょう
という議論は、本末転倒だと思います。

自分は念仏で必得往生である。
その念仏の功徳を、是非とも他の人にもお裾分けしたい→回向
そういう順番が本来ではないかと思うのです。

430 :けちゃっぷ:2006/02/08(水) 23:47:54
「ただ一向に念仏すべし」というのは、
「往生極楽のためには」の説明ですからね。
自分の往生が決定した次の瞬間から、いったいどう生きるべきなのか。


431 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/08(水) 23:57:02
>>430
そんなことに悩む幸福な人は自力門にでもいけば?
自分の使命なんて簡単だろ。あなたの場合は人を救う(往生させる)ことじゃないのかよ?
「こんなことして何になる」「一度きりの人生、もっと楽しいことがあるはずだ」という
迷いをはらってくれるのが往生決定じゃないのか?


432 :けちゃっぷ:2006/02/09(木) 00:25:45
>>431 だから回向もやるのでは?
ところで、目をつぶって念仏してても、頭にいろいろ映像が浮かびません?
今まであまり気にしてませんでしたが、
観察門がビバシャナだというのを改めて読んで、
目からウロコがおちました。
今まで僕は、観想念仏って、
念仏三昧に入ってリアルな仏のビジョンを観るのが
目的かと思ってましたが、
それだけじゃなく、ひとつの映像を意識することで、
他の映像が頭に浮かんだことに精密に気付けるようになってくる効果もありますね。
仏の顔を浮かべ続けようと意識すると、
仏の顔以外の妄念に気付きやすくなる。


433 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/09(木) 00:29:52
寺という矛盾の多い環境で、
跡継ぎの道を歩む事に悩み続けている俺が
結局、住職になるしかない道を歩んでいる。

ここの住人は跡継ぎであることに悩んでいないかい?

スレ違いでスマソ。




434 :けちゃっぷ:2006/02/09(木) 08:24:44
>>433 信仰はあるし坊主は辞めたくないけど、
寺をつぐメリットはあまりない…。

435 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/09(木) 10:43:09
>>434
それは藻前の場合だね。

>>415
真宗では、先祖回向はしないといいますが、
それは念仏は私を救うために阿弥陀様が教えを説いたという視点で
別段症状的でもないと思いますが・・・・
>三世の衆生と共に
ここは拡大解釈。

>>418
総回向文は、道俗時衆等の最後の偈文で、
玄義分の冒頭に出てきてたはずです。
(かなり常識の範疇ですが)

>>419
>『往生論』に回向門が説かれてるんだから
じゃぁ余行に夢中になってくれ。
称名正行でしょうが。

>>424
称名こそが往生の正因ですから、そういう解釈でもOKでしょう。

>>430
西山派だとそこ(領解)からは何しても往生業だとか


しかし。。。浄土宗の本義は称名正因なのにねぇ。

436 :けちゃっぷ:2006/02/09(木) 12:21:51
>>435 念仏以外の行(余行)も、
助業(念仏するきっかけになる業)として認められてるのでは?

肉食妻帯を平気でやる僧が、
余行・雑行を目くじらたてて禁止するのもおかしくないでしょうか?
念仏だけで往生は決定している。あとの生活は利他ですね。
しかし、単純に、五念門などの自力の念仏にも興味があります。

437 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/09(木) 13:01:21
>>436
>助業(念仏するきっかけになる業)として認められてるのでは?
してもよいだけで、すすんでやれとはいってないわけですよ。
私個人は行の対比(正行・雑行等)はすべて称名正定業を立てる方便だと解釈してますが、なにか?

438 :けちゃっぷ:2006/02/09(木) 17:22:59
>>437 異論はありません。
してもよいのだから、してもよいのでしょう?


439 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/09(木) 17:29:13
>>434
ならば寺を捨てるべき。
法然のように遁世僧として草庵に暮らし、念仏三昧の生活に徹すれば良い。
坊主であることも信仰も捨てることはないのだし。

440 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/09(木) 17:35:24
>>438
だから、回向は往生の因じゃない。
あってもなくてもいいものでしょ。
しかもわき道。
やるのは勝手だがそれを理由に往生ができるということではない。

私はチミがやるのを否定はしてないぞ。
ついでに言うなら、雑行に夢中で、楽しそうで、うらやましい、ぞ。

441 :439:2006/02/09(木) 17:35:56
>>440
因→正因

442 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/09(木) 17:38:57
>>439
自分にできないことを他人に強いるなよ。
そう思わないか?

443 :440:2006/02/09(木) 17:42:25
>>441
私は439じゃなかったよ(汗
てことで、441の名前は変えてよんでくれたまひ

444 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/09(木) 17:42:25
>>442
メリット云々の話ならば「やらなくてもいい」というだけのこと。
自分自身を映し出す現場と捉えるべきなのであって、メリット、デメリットで語る話ではない。

445 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/02/09(木) 17:52:56
久遠実成の釈尊=法=空、です。
は、一切は空の立場を拡大解釈しすぎる、釈尊も法に内在されまた、その成り立ちは空だが、そこまで解釈したらべつに釈尊ではなくてもよくなる、我=法=空でもよくなり、俺は古えより法華を説いていると皆がいいだす。じゃあ別に法華なんてわざわざ唱えなくていいんでは?
そうしたら、禅を天魔と誹謗した日蓮の立場はどうよ。

446 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/09(木) 17:53:05
>>444
最初から、そう言えばいいじゃん。
でも、寺の現状っていろいろだろうな。
寺も二極化が進む予感が捨てきれない、
安泰興隆していく寺と、荒廃消滅していく寺。
困った時代に日本の寺に関わったもんだ・・・

447 :けちゃっぷ:2006/02/09(木) 17:54:01
>>439 あ、布教の場があるというメリットはありましたね。


448 :けちゃっぷ:2006/02/09(木) 18:00:59
>>446 でも、お金のために葬式仏教に堕するのはよくないですしね。
そもそも、在家五重くらいタダで受けられるようにしないといけませんね。
建物のなんかのハード面より、ソフトの普及が大事です。

449 :けちゃっぷ:2006/02/09(木) 18:04:34
>>445 誤爆かな?
個人的には、
南無妙法蓮華経は南無三宝と同じ意味じゃないかと思うんで、
他宗を批判することないと思います。

450 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/09(木) 18:10:15
お父ちゃんお母ちゃんたち優先から、自分優先という時代の流れは代え難いでしょうね。
バスや電車でお年寄りを見かけたときに、「どうぞ」と席を譲るような人も滅多にない世の中です。
小学生が疲れた顔して座っていて、逆に年寄りがかくしゃくとして立っている。
自分を犠牲にして後回しにしても他の人からどうぞ、という和の心、謙譲の精神は滅びたと言っても過言ではない。
父母、親類から三界万霊の往生までも願い、最後に自分の往生の為と加える奥ゆかしさは、今の若い人には理解しがたい。
オウム信者の人たちが、自分の親兄弟の涅槃得道を願って修行しているなんて聞いたことがないはずです。
まず彼らの頭の中にあるのは、自分がいかにしてステージを上げるか、神秘体験するか、ということでしょう。
こういう世の中になってきているからには、自己往生中心とした教義を確立して対応せねばならないのではないか。

451 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/02/09(木) 18:28:38
誤爆しました

452 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/09(木) 18:43:28
>>450
なに言ってんだか。

先祖を往生させる理屈はどこからきているのか?という話をしてるだけで、
中には根拠の無いことを理由にダメでしょう、といっているだけでしょうが。


>父母、親類から三界万霊の往生までも願い、
>最後に自分の往生の為と加える奥ゆかしさは、今の若い人には理解しがたい。
そこに根拠を示してくれれば誰もが納得するのに。
我がひとりの往生なんて思ってる人はここにはいないでしょうし。
念仏回向にどういう根拠が示せるかが関心事なのであって、
こんな的外れなレスを書き込まれても蔑笑しかできはしませんよ?


>オウム信者の人たちが、自分の親兄弟の涅槃得道を
>願って修行しているなんて聞いたことがないはずです。
すぐにオウムを引きたがるのは自分を否定されたことの少ない業界人の言い訳の常套手段ですね。

>自己往生中心とした教義を確立して対応せねばならないのではないか。
奥ゆかしさを平気で翻せるとは、よほどの馬鹿か腰抜けですか?それとも商売上手?
体よく嘆いていたくせに、すぐに対機に阿って教義を変えようなんて、なんて情けない。
アンタなんか風下にも置けないわ。



>>450逝ってよし Σ(´Д`lll)

453 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/09(木) 20:45:47


風下に置けないのかよ。

454 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/09(木) 21:00:25
うん。

455 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/10(金) 09:40:12
>>449
他宗を批判することが日蓮宗のれぞんでーとるでしょうが

456 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/10(金) 13:12:17
>>450
時代が変わったからって、新たに教義を変えて対応するのはいかがなものかと…
仏教には対機説法ということがありますが…
浄土宗の念仏は>>428の通り自他平等利益のお念仏なんだから、その点揺らいだらダメと思います。
堂々と説いたらいいんじゃないですか…?

457 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/10(金) 15:06:18
恐ろしい事言われてますよ・・・・・
余行にうつつをぬかして、阿弥陀さんすら忘れてるみたいな論調で。

【御同朋】浄土真宗(真宗)総合サロンV【御同行】
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1137675229/

458 :@あぼーーん:2006/02/10(金) 23:37:47
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか

459 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/11(土) 00:19:01
>>457
ここのスレを読んでいるんでしょうね。
ここの議論読めば、そう思われるのもしかたないか・・・

460 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/11(土) 00:32:06
私は余命僅かと告知された者ですが、
病室のベッドの上で念仏を小さな声でとなえるのが日課になってます。
立花隆氏「臨死体験」のように、
体験としての極楽往生について詳しく調べている
浄土宗の僧侶の方はいらっしゃいませんか?

461 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/11(土) 01:26:25
>>460
体験に頼る必要はありません。
阿弥陀仏の浄土は信じる世界です。
実際に、本当に死んでこの世に戻った人は一人もいないのですから、
あの世の証拠を求めることも必要ありません。
ただ、信じることです。


462 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/11(土) 01:31:26
けちゃっぷ氏は、浄土宗スレでどうか面倒をみてください。
真宗にまで話を持ち込まれても迷惑です。


463 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/11(土) 01:34:40
460 です。
本気で、
極楽往生について調べて頂けませんか?


464 :けちゃっぷ:2006/02/11(土) 01:50:45
>>460 何をお知りになりたいですか?また、それを知ってどうしたいですか?


465 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/11(土) 02:33:30
>>463
極楽往生の「体験」を持つ人など、この世に一人もいないのに、
何をどうやって調べろと言うのですか?

466 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/11(土) 03:55:22
>>465
それでは何故、浄土三部経が成立したのですか?


467 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/11(土) 08:26:05
みたゆか????

468 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/11(土) 08:40:37
>>464
たいした見識も無いのに真宗スレを荒らすなよ、恥晒しめ

469 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/11(土) 08:46:43
>468
浄土宗スレでも困った存在なんですよ。
何をいっても聞く耳持たず、妄想を吐くだけ。
おかげで教学をきちんと分かった人たちがいなくなってしまったんです。
こういうのをあらしというんですね。

470 :けちゃっぷ:2006/02/11(土) 10:38:57
けちゃっぷの名前を先にだしたのはむこうの住人でしょう?

471 :けちゃっぷの:2006/02/11(土) 10:41:47
>>465 ある先生から、浄土宗でも臨死体験の研究してる人がいたと聞いたことはあります。


472 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/11(土) 11:14:51
>>470
だから荒らしていいというわけではないわ
厨房かよ

473 :けちゃっぷ:2006/02/11(土) 11:43:18
>>472 けちゃっぷがこう言ってた、という書き込みをみつけたので、
それに対して補足説明をしたつもりだったのですが…

474 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/11(土) 12:54:15
>>473
いらぬおせっかいです。
興味があれば、浄土宗のスレに行けばいいことです。
ここは真宗スレです。オカルトを持ち込まれても困ります。

475 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/11(土) 12:55:19
>>474
間違いでした。
ここは浄土宗のスレです。

476 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/11(土) 13:48:19
>>460
死後、行き先である極楽の様子がどんなものであるかについては心配入りませんよ。
というかあれこれ考えても、三部経以上の知識は得られないでしょう。

それよりも、古来から「往生伝」という形式があります。
古今東西の坊さんや在家信心者の往生の様子をまとめたものです。
まず中国で書かれて、日本でも編纂されました。調べてみてください。

「平家物語」などもある意味散ってゆく武士たちの往生伝でもあるわけです。
それから法然上人の臨終の様子が法然上人の伝記に出てきますので見てみてください。

477 :けちゃっぷ:2006/02/11(土) 21:07:51
>>476 見てみてくださいというだけでなく、
ここに具体例を抜粋して書いてあげるとか、
記載されているサイトを貼りつけてあげるとか、
できればしてあげたいですね。
もしかしたら、病室でケータイしか見られないかもしれないから。

478 :牛飼い:2006/02/11(土) 21:44:26
>>475お前アホか

479 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/11(土) 21:47:30
>>475
書き込みどころ間違えたくらいでアホ扱いとは(;-д- )
専ブラ使ってるとたまに素で間違えるんだよ。

漏れは真宗スレに書き込んだ馬鹿にいいたいよ。

480 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/12(日) 00:50:23
>>478
アホでしたね。
真宗スレに、ここの有名人が盛んに書き込まれるので、
スレの区別がつかなくなって、ついうっかりでした。
専用ブラウザですので、今どこのスレなのか見落としたわけです。
真宗スレでもあの調子でやられるので、みんな困っています。

481 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/12(日) 03:01:25
>>476
詳しいことを是非教えてください。


482 :けちゃっぷ:2006/02/12(日) 10:54:03
極楽に往生すると、あと一生だけ束縛されるだけで、次生には仏に成ることができます。

往生伝でよくあるパターンとしては、
高僧が亡くなったときに空に紫金の雲がたなびくのを目撃した人がたくさんいた等、
不思議なできごとの言い伝えです。
極楽浄土の様子などを知りたいなら、お経の記述を読むのが一番です。
法然上人が亡くなる前も、上人には仏が見えていたそうです。
弟子が上人に、
「往生できそうですか?」
と尋ねたら(失礼な話ですが)
上人は、
「私はもともと浄土にいた身なので、往生はまちがいない。」
と答えたそうです。
あと関連して有名なことばとしては、
「生きれば念仏(を毎日称える)の功徳が積もり、
死ねば浄土に往けるので、
生死ともに思い煩うことはない。」
というのもあります。

483 :けちゃっぷ:2006/02/12(日) 10:57:31
まずは阿弥陀経を検索
http://search.yahoo.co.jp/bin/search?p=%B0%A4%CC%EF%C2%CB%B7%D0

484 :けちゃっぷ:2006/02/12(日) 11:01:58
阿弥陀経 現代語訳つき
http://www.terakoya.com/amidakyo/

485 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/12(日) 13:11:57
法然は晩年、前世は善導大師であったとか、霊鷲山の会座にいたとか
のたまわっていたそうですが、ほんとうですか?

486 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/12(日) 13:30:10
>>485
そういう伝説はあり、広く知られていたようです。

487 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/12(日) 13:50:35
_,....、、、、、、、...,_       
       ,..::'"´:,:'゙´`ヽ,:'゙´`ヽ`'::、
      /:::::;:、-i  ^ l ^  i‐- ;ヽ,
     /:::::;: '´‐-、`'ー''(´`)ー" ''゙´ ヽ;',
     i':::::/ , -─‐-   | ニニ ̄ }.i!
     {:::::i  i`''ー- 、..,,,,,___|__,,,,..、‐i゙ i
     .i::::!.  ',  ______       / /
    ,..., .ヽ::、  ヽ,´   `゙ヽ,  ,/./  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i゙  iー"゙'ゝ、.,,_`'‐、.,,___,,...ゝ'",./  < 三田の大松寺の ゆかこでーす!
  `;ー''ゝ:::::::::::,二M=w-、‐=''"´      \_______
 / ○/:::::::::/´    ゝソ/\...,             
 '、__,..!,{::::::::::{  「`゙゙'''ー-、/`'(   )      
    `ヽ::::::::`::.,''ー--,/   `"´
      (`'ー--‐゙<"´
      `'‐---‐'


488 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/12(日) 14:23:13
>>486
じゃぁ夢の中で昔の自分に会って立教開宗を決意したの?

489 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/12(日) 15:47:08
>>488
伝説です。
史実として証拠があるというものではありませんし、
本人が書き残しているわけでもありません。
法然上人をそのように敬ったという史実です。

490 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/12(日) 19:50:22
電波な発言とボケた発言とどちらが本当の話なの?

491 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/12(日) 23:05:27
>>486
そういう伝説があって広く知られていた・・・・・んですか

俄かには信じがたい話ですね

492 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 00:15:52
>>491
伝説というのはそういうものでしょう。
歴史的事実というわけじゃないのだから、
信じられない人は信じない、信じる人は信じる。
お釈迦さんだって、生まれていきなり歩いたりしゃべったり、
信じられない話だけれど、伝説として今でも伝わっている。

493 :けちゃっぷ:2006/02/13(月) 00:37:25
法然さんが勢至菩薩の化身だとかいうのも、
法然さんの徳を讃えて信者が言いだしたことでしょうからね。
法然さん自らが言いだしたのではありません。
自ら言いだしたのは日蓮さんぐらいです。

494 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 00:44:17
>>491
勝尾寺の法門ってやつも伝説ですか。

>>493
ふ〜ん。あっそう。

495 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 00:48:55
二祖対面って歴史的事実じゃないのか?
夢の中だけどさ。

496 :けちゃっぷ:2006/02/13(月) 01:00:04
>>495 事実だと思います。

497 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 01:23:12
>>495
伝記以外に、法然自身の言葉でもあるのですか?

498 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 01:27:58
夢の中のこと真に受けてどうするw

たとえ事実そういう夢があったとしても、法然さんがちょっと口にしたり、
チラシ広告の裏に書き留めておいたぐらいのことを弟子達が権威づけに使ったんじゃないの?

実際時代が違うから通常の法灯血脈はないわけだしさ。

499 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 01:29:57
「三昧発得記」という、念仏三昧の神秘体験を記した秘密の日記が遺されていました。
なぜ秘密にする必要であったかというと、
信者達が、
「やっぱり法然上人みたいに念仏三昧を得た聖者でないと救われないんじゃないか
三昧を体験していない私の念仏では不完全なのじゃないか」
と不安になっては困るから。
念仏三昧の体験を公表しちゃうと、法然さんの念仏だけが特別になってしまう。
法然の念仏も他の人の念仏も、どちらも同等でなくてはならかった。


500 :けちゃっぷ:2006/02/13(月) 01:33:18
>>498 当時は、夢を真に受けるのがあたりまえだったみたいですよ。


501 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 02:00:34
>>500
現代では、歴史的事実としてではなく、伝説と受け取るのがあたりまえですね。

502 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 04:21:18
人の心が人類の歴史を作り出しているんだから、
夢も歴史的事実なんだよ。

特に、夢と宗教は歴史的に深い関係がある。

503 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 04:49:22
ふ〜んhttp://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=loveyeurui

504 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 09:55:43
>>502
夢の内容と歴史的事実が異なることぐらい理解できませんか?

人を殺す夢を見たなら、それは事実?
事実なら殺人犯ですか?

505 :けちゃっぷ:2006/02/13(月) 12:13:10
>>504 おそらく勘違いされてます。
「法然さんが夢の中で善導大師とお会いした。」
というのが歴史的事実だ、という意味です。
その夢の意味を、
単に夢にすぎないととるか、意味のある夢だととるかは、
現代と当時とでは感覚の差異があります。

506 :けちゃっぷ:2006/02/13(月) 12:16:47
>>501 夢を見たのは事実ではないでしょうか?
見てもいない夢の話をでっちあげたのではなくて。

507 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 12:50:14
>>505
二祖対面の話は、

>>495
> 二祖対面って歴史的事実じゃないのか?
> 夢の中だけどさ。

で始まっています。
「夢の中だけど」二祖対面が歴史的事実だとする意見に、

>>496
>事実だと思います

と話が続きます。
夢を見たことが事実という話ではなく、
夢の中の話が歴史的事実だという話題です。
誤解はそちらでしょう。


508 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 16:06:07
愚者です。
死を前にした人がきているというのに・・・・。
まあ、2ちゃんねるですから、仕方ないのかもしれないですね。

私とて、何かえらそうなことを言えるようなものではまったくない俗人です。

『アミターバ・無量光明』(玄侑 宗久 新潮社)という本をおすすめしておくに留めます。
あと、2ちゃんにだってもっと親身になってくれるところがあると思いますよ。
でも、現実に年配者に話を聞くのがいいと想像します。
あなたが何才か知りませんが、歳をとっていればいるほど、死についての考察も
深いと思いますから。




509 :けちゃっぷ:2006/02/13(月) 17:29:36
>>507 夢の中で善導大師に対面したというのが、二祖対面というできごとです。
それが歴史的事実というのは、
夢の中で会ったのが事実という意味では?

510 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 17:48:42
>>509
夢の中の出来事を歴史的事実とはいいません

511 :けちゃっぷ:2006/02/13(月) 18:23:32
>>510 こだわりますねぇ。


512 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 18:26:31
>>511
おい、けちゃっぷ。
おまえの回答を待ってる香具師がいるぞ。
こんなところで油売ってねえで、サッサと回答してやれ。

http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1123146717/435

435 名前:名無しさん@京都板じゃないよ :2006/02/13(月) 14:56:34
どうも〜馬鹿でーすw!
昨日夜にレス入れたと思ったけど、誤爆したかも知れんw

手短に言うと>>423還相とか>>426第十八願から先祖回向になるって理屈が分からん。
そこに根拠を示してくれれば誰もが納得するのに。
先祖回向にどんな根拠を示せるかが関心事なんであって、
親とかひとり子とか的外れなレス書き込まれてもワケ分かりません。

513 :けちゃっぷ:2006/02/13(月) 18:26:43
夢を見たという話自体がでっち上げであることにしたいの?

514 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 18:29:09
 あーっと、けちゃっぷが>>512
  スルーしたぁーっ!!
_、、_、、_、、_、、_、、_、、_、、/
         _
        r'::::::::i
         トーf/__
      /  イ| 、ヽ
      //_〉 l_l i_ノ、
\\ (_ニノ 〉____〉〉 〉
      /    } /             ,_-‐、
     /\/,ー 'ヾ          i"_Y 〈i
     〈  < /              ゝ^-'"
     \i"ヽ、  \\     //
     ├ i\i カ      ,、
      |_,,i ノ_ソ    )     ゝ
     ノ_/〉       ⌒  `

515 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 19:00:34
「死」というものは、よほどの体験をしないと実感できるものではない。
医者や坊主など、日常に「死」を置いてるものはともすれば鈍感にさえなってしまう。

だが、年齢を重ねるとそれが実感をもって迫ってくる。

『ドラゴン桜』の中で、野際陽子が「ああ、私も早くあなたの側へ行きたいわあ」と
嘆くシーンがあった。それはギャグに過ぎないから目くじら立てる気はないが、
少なくとも、あれを書いたシナリオライターは野際陽子の年齢が見ている「死」を
これっぽっちも見ていず、また、単なるギャグとしてスルーした聴衆もまったく気が
つかなかったであろう。

おれもあと10才若かったらつまらん決まり文句として気にもとめなかったろう。

坊主は死に鈍感になっちゃいかんよ。敏感になったらやってられんかも知れんが、
それに耐えるのが仕事。それに耐える方法を考えるのが仕事。


516 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 19:27:01
>>511
いつまでも間違いを認めないなあ。
それでも白いカラスがいるといった、オカルト体質というやつですか。

「歴史的事実」って、いったい何?
自分勝手な使い方を認めるなら議論そのものが成り立たない。


517 :けちゃっぷ:2006/02/13(月) 20:30:57
>>512 三部経を根拠に先祖回向をやってるなんて言いましたっけ?
一切衆生への回向は仏教一般に行なわれていますが、
先祖回向は、人情としてやりたいからやってるだけでしょう。


518 :けちゃっぷ:2006/02/13(月) 20:34:49
>>516 800年前に法然さんが善導大師の夢を見たかどうかを言ってるんですが。
あなたは、夢を見たことが事実ではないとお考えですか?

519 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 20:43:19
>>517
向こうのスレで答えてやれよ。

520 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 22:19:02
>>518
そんな話はしてないでしょ。
夢を見たか見ていないかなど、わざわざ「歴史的事実」などと言わないし、
「歴史的事実」にこだわるなら、伝記を補完する一次資料が必要になる。

夢の中の話ではあるが法然と善導が会ったのは「歴史的事実」ですか、などと言いますか?
「歴史的事実」って、夢の内容に使う言葉じゃないでしょ。
「歴史的」というのは、時間軸のなかでの出来事であり、
法然と善導との出会いに使う言葉じゃないでしょ。

もう少し、言葉の使い方を学べば?

521 :けちゃっぷ:2006/02/13(月) 22:35:55
>>520 最初に質問した方は、夢だとわかってて質問してましたが…。


522 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/13(月) 23:27:23
>>521
だから、夢の中で二祖が出会ったという出来事は、
歴史的事実とは呼ばないということで終わり。

それをけちゃっぷが事実だなんて言い出すから

523 :けちゃっぷ:2006/02/14(火) 00:21:06
>>522 ロムってる人に、夢を見た話自体がでっち上げだと勘違いされたくなかったもので。

524 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/14(火) 00:23:21
>>523
ホント、強情な人だね。
自分のバカさ加減を曝け出すだけ。もうやめておけ。

525 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/14(火) 19:34:35
真宗の光徳寺 籐田徹住職著 新みちしるべ「ちえ」(仏教伝道協会)
にこんなことが書いてある。

「浄土は・・・ご都合主義の勝手気ままな人間の逃避所として準備された世界では
決してありません。み教えを聞き、み教えに目を覚ましてもらった人の生まれる世界が、
浄土です。・・・・真実のみ教えに帰順し、乗托し、真実のみ教えに、導かれて、
この世を精いっぱい生きたものを待ってくださる世界が浄土なのです。」

真宗の坊さんって、厳しいこと言うねぇ〜。真宗スレも過激だけどさ。
立派な生き方しないと、極楽往生できないってことになっちゃうよな。
真宗では、念仏するだけでは、極楽往生できないってことを説法してるんだろうか?

526 :けちゃっぷ:2006/02/14(火) 20:08:12
>>525 「悪人」とは悪人を自覚した謙虚な人のことだ、なんて解釈しだすと、
悪人正機がかすんでしまいそうになりますね。
まぁ、戦前戦後の精神論的な教育の中で育った人ならば、
“悪人とは、謙虚な美徳をそなえた人のことだ”
…みたいな説明のほうが聞き心地いいのでしょう。

527 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/14(火) 20:40:10
>526
>「悪人」とは悪人を自覚した謙虚な人のことだ、
これがる悪人正機の意味ですよ。「謙虚な」という限定はなくてもいいのですが、
自らが自らの罪業を自覚して死ぬこともできないほど苦しんで初めて救われるんです。

チミはやっぱり何にも理解できていない、体得できていない、感じることができないでいる。
オカルトけちゃっぷ君

528 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/14(火) 20:46:16
念仏申せば救われる、だけでつっぱしるのはオメダタすぎるよ、けちゃっぷ君。

法然上人はどういう人にその言葉をおっしゃっていたのか調べてごらんよ。
だれにもかれにもそんな不遜なことをいっているわけじゃない。
あの浄土宗が出した浄土宗聖典を見るだけでもわかっちゃうじゃん。

529 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/14(火) 20:58:46
>けちゃっぷ君
ちなみに、浄土宗聖典の和語灯録はチミの大好きなF貝先生の最期の大仕事。
味読してみてください。

530 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/14(火) 21:21:45
>>526
そういう理解を読むと、
「悪人正機」が浄土宗では思想として理解できていないのがよくわかる。


531 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/14(火) 21:25:10
>>526
「悪人正機」は法然の言葉だと浄土宗でさかんに宣伝しているけど、
浄土宗では、どういう意味だとされているわけですか?

532 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/14(火) 21:32:03
>521
それは間違い。黒谷の御前を初めとして、悪人正機は法然上人のことばではない、とするのが浄土宗の立場です。


533 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/14(火) 21:37:40
>532はアンカーのつけ間違いです。>531です。

534 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/14(火) 22:05:32
ちょっと、ブレイクスルーのために。

我々僧侶も、脳科学の勉強してみないか?

いま、注目の茂木健一郎さんの著作とか読んでみようぜ。

535 :けちゃっぷ:2006/02/14(火) 22:14:11
養老さんとスマナサーラ長老の対談本も、読んでみたい。

536 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/14(火) 22:19:53
>>532
そだね。
法然上人は「悪人でも往生するのだから善人ならなおのことだ」とは言ってる。
それを根拠に梶村昇氏とかが主張して、それに浄土宗関係者がノッてる感じかな。

537 :けちゃっぷ:2006/02/14(火) 22:28:03
>>527 たしかに念仏には懺悔がともないますが、
あなたの意見では、悪人を救うための悪人正機が、むしろ善人ぶった解釈になってしまいませんか?

538 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/14(火) 22:34:23
>537
自分を責め続けざるを得ない人なら、「善人ぶった解釈」という発想が噴飯物だと思うはずですよ。
そんな発想をするチミだから、チミは何もわかってないんです。


539 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/14(火) 23:19:34
>>537
「悪人」の理解が間違ってやしない?
まず、悪人正機の自分の理解を述べないと話がすれちがいになる。

540 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/14(火) 23:20:26
>539
>537で間違っているってことを吐露しているので、無問題。

541 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/14(火) 23:54:17
明日は涅槃会。
我々仏教僧侶が「井の中の蛙」にならぬよう、
いろんな文化に触れ精進したいものだ。

これからは分化するのではなくて、いかに統合の道を歩むかだろうな。
科学の世界は細分化しすぎた分野間の統合が求められている。
僧侶もそういう世界に関われる社会的地位を得たいものだ。
玄有さん、精進されてるな。




542 :けちゃっぷ:2006/02/15(水) 00:12:18
>>539 「善人なおもて往生をとぐ いわんや悪人をや」ですよね。
悪人を救うための念仏だという意味だと思います。
おまえ悪人だろ?ならば安心しなさい!おまえは救われるから!

543 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 00:27:31
┐(´∀`)┌ヤレヤレ

法然が言って悪人正機くらいもってこいよ。
不勉強すぎるわ・・・・

544 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 00:28:16
言って→言ってる

すまん、すこし寝ぼけてる・・・・

545 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 01:39:45
>>542
で、「悪人」というのはどういう人のことを言うのですか?
なぜ、その「悪人」が「正機」なんですか。
「悪人正機」を持ち出したのなら、ちゃんと自分の理解を示さないと。

546 :けちゃっぷ:2006/02/15(水) 08:28:34
>>545 戒・定・慧を実践できない人

547 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 08:49:47
>>546
その「悪人」が、なぜ一番に救われるわけ?

548 :けちゃっぷ:2006/02/15(水) 12:39:36
>>547 善人には善人用の往生しかた、悪人には悪人用の往生しかたが、
説かれています。
口称念仏は悪人用の往生しかたです。
 往生行すべてを視野に入れて考えれば、善人正機説になるでしょう。
悪人は口称念仏でないと往生できないが、
善人は他の行でも往生できる。
→「悪人でも往生できるんだから、往生手段の選択肢が多い善人はなおさら往生できる。」
 口称念仏について限定して考えれば、悪人正機説になるでしょう。
善人は放っておいても救われるけれど、悪人は救われがたい。
そんな悪人のために念仏往生が用意されたわけです。
本願の救助船は、泳げない人(悪人)のために出動した。
でも船は余裕たっぷりなので、泳げる人も一緒に乗せてくれた。
本来救わなくても大丈夫な人まで救う余裕があるんだから、
もとから救おうとしている悪人を救えないはずがない。

549 :牛飼い:2006/02/15(水) 14:16:54
仏教は訳分からん熟語が多くて困る。親鸞、法然熟語満開だ。
難しい言葉でひけらかす、これが仏哲学者のもっとう。とても宗教とはいえないざまだ。

550 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 15:23:51
>>548
なんだ、結局「悪人正機」がわかってないじゃないか。
そんな中途半端な知識でわざわざ知ったかぶりしなくてもいいのに。

551 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 15:42:06

では教えて貰おうか。

完全無謬な悪人正機説とやらを!

552 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 16:00:39
>>550

ほぉ〜、自信満々じゃないか?
「悪人正機説」を語ってもらおう。

逃げるなよ。



553 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 16:14:51
浄土宗前教学局長、前上宮学園理事長 小林正五容疑者とその妻についてご存知のことを曝してください。
多い時には年間5000万円の「渉外費」の分け前にありつた禿も多いでしょうなあ。

554 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 16:26:08
「悪人」とは、この世の倫理道徳で言う「悪人」ではないという点。
したがって、犯罪者でもなく、能力のない人間でもない。
「罪悪深重・煩悩具足」の自覚を持つ人間のことを指します。

その「悪人」がなぜ、阿弥陀仏の救いの一番の対象であるかと言えば、
煩悩具足の自覚を持つ人は、自らの力で浄土往生出来るとは思わないから、
そういう凡夫を救うことを目的とする阿弥陀仏の本願に帰依する気持ちが強い。

阿弥陀仏の本願は、本願を必要とせず自分の力で往生できると思う「善人」ではなく、
本願でしか往生できない人をもれなく救いたいという願いであるから、
一番の対象としているのが、そういう「悪人」であるということになります。

「南無阿弥陀仏」という念仏が、口先だけでなく、本当に、
「阿弥陀仏に帰依します」という信を示すのは、
自らに煩悩具足という自覚があるからであり、
「悪人の自覚」というのは、阿弥陀仏の本願への帰依と裏表になるわけです。

これは私の理解ですから、もちろん「完全無謬な悪人正機説」ではありません。
親鸞の「悪人正機」の考え方は、『歎異抄』にくわしいですから、
それをお読みになる方が早いと思います。




555 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 17:47:29
>548
いいかげんなことを言うな。
>善人は他の行でも往生できる。
法然上人は、他の行では往生できない、とは言わないけれど、まず不可能だろうという立場だ。
それが選択本願念仏という意味だよ。

556 :けちゃっぷ:2006/02/15(水) 17:51:28
>>554 ほとんど賛同します。
ただ、一点だけ付け加えてほしいことがあります。
自覚しようがしまいが、悪人は悪人だということです。
それを言わないと、なんか、
「私は悪人を自覚している“悪人”でーす!」
と言いながら、どこかで
「でも本物の極悪人や犯罪者とは一緒にしないでね。」
と言ってるように、僕には聞こえてしまいます。


557 :けちゃっぷ:2006/02/15(水) 17:56:29
>>555 悪人だから、念仏でしか往生できないのです。
お経には、善人ならば諸行で往生できることが説かれています。

558 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 18:18:48
>556
あんたがどうきこうとかってだけれど、
悪人の自覚というやつは、客観的に見てどうこうというものではない。
>自覚しようがしまいが、悪人は悪人だということです。
このわたくしが悪人であるのであって、人樣については言及しないものなんです。
あなたは、誰かに「お前は悪人だ」なんていうわけですね。
自殺者の遺族に「自殺しておめでとう」と言うことができる人だから、ま、当然か。

>557
法然上人のご領解とはちがいますね。
なんのために選択本願念仏とおおせになったのかまるでわかってないのね。
さっさと僧籍返上してけちゃっぷ教教祖になりなさい。

559 :けちゃっぷ:2006/02/15(水) 18:27:10
>>558 では、お経に書かれている諸行往生は嘘だとおっしゃるのですか?

560 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 19:16:27
>でも本物の極悪人や犯罪者とは一緒にしないでね。
この時点で
>「悪人」とは、この世の倫理道徳で言う「悪人」ではないという点。
を理解してないことがよくわかる。

>諸行往生
できる人しかできない。
できる人はほとんど居ない。


こんなの初歩の初歩だろうに・・・・・
学生からやり直したら?

561 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 19:26:46
>559
浄土宗という宗派の成り立ちを勉強しなおしてみなよ。
所依は三部経だけれど、勝手な解釈をしていいわけじゃないんだぜ。

562 :けちゃっぷ:2006/02/15(水) 19:40:40
>>560 つまりあなたは、
「この世の倫理・道徳でいう悪人」だという自覚はないということですか?
それでは、「この世の倫理・道徳でいう悪人」を内心蔑んでるんじゃない?

563 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 20:11:34
>562
他人の心中はわからんよ。>560に対するあんたの批判があんたにそのまま向けられるものだと僕は感じるがね。

それより>557,559 のデタラメ発言を撤回するのかい?

564 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 20:58:26
おまいら、もう少しもちつけ

565 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 22:01:32
>>556
やはり、一番肝心な部分の「自覚の問題」が理解いただけないようですね。
「悪人」とは客観的なものではなく、他人から指摘されるものでも、
他人に言うべきものでもなく、あくまでも自覚の問題だということです。

世間的に見て立派な善人が、「私は煩悩具足の悪人です」とおっしゃり、
阿弥陀仏の本願は、こんな私を救うためにあったのだと喜ばれ、
阿弥陀仏の前で手をあわせて、南無阿弥陀仏と念仏をとなえられる。
他人がどう思おうと、ご自分では「悪人」との自覚があり、
だからこそ阿弥陀仏に心から帰依をされています。

566 :けちゃっぷ:2006/02/15(水) 22:09:55
>>565 それはそのとおりだと思いますよ。悪人の自覚は大事です。
能常念仏者能常懺悔人ですね。
ただ、悪人正機説がほんとにそのことを言おうとしているのかどうか、
僕はまだ疑問をもっています。
悪人正機って、
自覚だとかそういった凡夫の側の問題を言ってるんじゃなくて、
なんとしてでもいかなる悪人をも救うぞという、
阿弥陀仏の慈悲を言ってるんじゃないのでしょうか?

567 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/15(水) 23:14:38
けちゃっぷ師はどう思う?

浄土宗前教学局長、前上宮学園理事長 小林正五容疑者とその妻についてご存知のことを曝してください。
多い時には年間5000万円の「渉外費」の分け前にありつた禿も多いでしょうなあ。


568 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/16(木) 09:13:40
>>566
けちゃに一票。

569 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/16(木) 09:53:43
>>562
話のすり替えも下手糞なようで、おいちゃんは情けなくなって来ますよ。
本気で言ってるとしたら、同情してあげますよ。貴方の周りのまともな人に。
「この世で倫理・道徳で言う悪人」はそこら中に居るでしょうがwwwwwwwww

>>566
悪人が正機は、つまりはまさに(悪人たる)我々が正機だ、ということを言いたいだけのことでしょう。
そこにあるのは、悪人の自覚、自らが罪悪生死の凡夫だとうけとめること。
悪人正機は仏の方というより、受け止め方の問題でしょう。
ついでに言えば元来自力臭漂う鎮西の物言いとは思えませんね。

・・・・・・まぁ宗論を論じる気はないんでしたっけ?

570 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/16(木) 11:16:54
>>566
> 悪人正機って、
> 自覚だとかそういった凡夫の側の問題を言ってるんじゃなくて、
> なんとしてでもいかなる悪人をも救うぞという、
> 阿弥陀仏の慈悲を言ってるんじゃないのでしょうか?

どうしても理解できないようですね。
阿弥陀仏の本願の内容の話は阿弥陀仏の慈悲の話です。
凡夫がどう自覚しようと、阿弥陀仏の本願は悪人を正機としています。
ただ、われわれが悪人正機の意味について語るのは、
われわれが、それをどう受けとめ、理解しているのかということで、
その理解において、悪人正機ほど、誤解をされやすい思想はない。
事実、悪人こそが救われるのならと、わざと悪を犯す人もあらわれた。
ですから、悪人正機の「悪人」を、どうとらえるのかが、
「悪人正機」をわれわれが語る時の、一番肝心な点になるわけです。
阿弥陀仏の本願や慈悲を語るなら、わざわざ悪人正機を持ち出す必要はありません。
阿弥陀仏の本願を、どの面から、どの立場からとらえるかという点で、
悪人正機では、自らを煩悩具足の悪人と自覚することが特に問題になるということです。
悪人の自覚をすれば救われるとか、人間の側の行為を阿弥陀仏の救いの条件にしているのではなく、
阿弥陀仏の救いの一番の目標が誰なのかということです。
なかなか理解をしていただけないようですね。

571 :けちゃっぷ:2006/02/16(木) 12:13:48
>>570 おっしゃることには同意しています。
あまり考え方に違いはないけれど、言葉の行き違いがあっただけのようですね。

572 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/16(木) 12:18:10
>言葉の行き違いがあっただけ
おまえ文字だけの交流の場でふざけてんのか?

573 :けちゃっぷ:2006/02/16(木) 12:29:34
阿弥陀仏の救いの一番の目標は悪人。→同意します。
悪人の自覚については、三心の中の二種深信の信機と合致しますね。
意見が違ったのは、
何のために悪人正機を説かれたかという点のみのようです。
僕は、
阿弥陀仏の救いの一番の目標が悪人だ
というためだと思いました。
あなたの考えは、
上記のことに加えて、悪人の自覚もしなさいと言うためだ、
ってことでだいたい合ってますか?
もう一点、悪人正機説の悪人とは何かについても、
考えが違うようです。
僕は、
悪人とは戒定慧を実践できない罪悪生死の人
だと思います。
あなたは、
どんな善人や聖者でも、本人が悪人と自覚してれば、
悪人正機でいう悪人である
つまり、阿弥陀仏が救おうとしている対象である
とお考えですか?


574 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/16(木) 12:31:57
>>571
要するに理解できていなかったということだな。
ただ、これまでの経緯を読んでいると、
本当に同意しているのか、理解しているのかあやしいもんだ。
他人の意見も、どんな情報も、自分の文脈で読んでしまい、
脳内で自分だけの空想をふくらませていく、やっぱりオカルト体質だ。

575 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/16(木) 12:36:22
>>573
> どんな善人や聖者でも、本人が悪人と自覚してれば、
> 悪人正機でいう悪人である
> つまり、阿弥陀仏が救おうとしている対象である
> とお考えですか?

読めないやつだなあ。

>>570
> 悪人の自覚をすれば救われるとか、人間の側の行為を阿弥陀仏の救いの条件にしているのではなく、
> 阿弥陀仏の救いの一番の目標が誰なのかということです。

と書いてあるじゃないか。

576 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/16(木) 16:41:42
>>573
> あなたの考えは、
> 上記のことに加えて、悪人の自覚もしなさいと言うためだ、
> ってことでだいたい合ってますか?

「自覚」ってわかりますか?
「君は、もっと自主的にしなさい」「はい、わかりました」がおかしいのわかります?
自覚が必要だということでも、自覚をうながすためでもありません。

> あなたは、
> どんな善人や聖者でも、本人が悪人と自覚してれば、
> 悪人正機でいう悪人である
> つまり、阿弥陀仏が救おうとしている対象である
> とお考えですか?

「善人」とは、「聖者」とは何でしょうか。
自分の力で善を積み浄土往生をめざす人や、往生のために仏教の行を実践する人が、
「自分は煩悩具足の悪人で、この身ではどんな行も出来ないから、
すべてを阿弥陀仏の本願にまかせて帰依をします」という自覚をもつでしょうか。

立派な行動をとられている方でも、阿弥陀仏の本願に帰依する気がないのなら、
必要としていないのだから、阿弥陀仏の本願の一番の対象ではありませんし、
立派な行動をとられていても、それが往生の足しになるとか、自分が善人であるとか思わず、
やはり煩悩具足の身であり、阿弥陀仏の本願でしか自分は往生出来ないと思う人は、
阿弥陀仏の本願の一番の対象になるということです。
この世界のわれわれの価値観で「立派な行動」は、往生の条件にはならないということです。

577 :牛飼い:2006/02/16(木) 19:13:58
ん〜、やはり真宗を行事ている者は伸びるな。能力開眼。
俺も真宗をやってから浄土宗(浄土学)をやったから気持ちは分かるよ。
その後、仏教を超越したがな。

578 :牛飼い:2006/02/16(木) 19:16:19
かんじまちがえた。
しかしその後仏教を超越したがな。

579 :牛飼い:2006/02/16(木) 19:18:42
宗教界の過激派、浄土真宗
宗教界のマガイモノ(邪教)、日蓮宗

580 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/16(木) 20:42:24
>>576
深い。

けちゃは浅いぞ・・・

581 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/16(木) 21:03:06
>580
深いとか浅いとか以前に、教科書を見ればわかるような
間違いを平気で言うような奴が、浄土宗の坊主を名乗っているのが
問題なんだ。

けちゃっぷが悪人正機を論じようなんて百年はやい。
浄土宗は深心釈もまともに教えていないのか?
三部経の読み方もまともに教えていないのか?
こんなことを知らないでも坊主になれるのか?

582 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/16(木) 21:17:53
浄土宗は、
「智者の振る舞いをせずして・・・」だからね。


583 :けちゃっぷ:2006/02/16(木) 22:14:27
>>581 知らないのか?ではなくて、
わかるように書いていただけたら、スレがおもしろくなります。


584 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/16(木) 22:26:20
>583
だから、あんたの嘘っぱちは、皆さんが説明してくれてるだろ。
そういう態度を、舐めてるっていうんだぜう。

585 :けちゃっぷ:2006/02/16(木) 22:33:53
別スレでも尋ねましたが、
みなさんは、口業に念仏を称えてる時、意業に何を考えてますか?

586 :牛飼い:2006/02/16(木) 23:33:54
>>585心臓に住まいしお方スーパーソウル(至上主魂)を感じ念じています。
禅僧のように虚無感では意味ありません。

587 :けちゃっぷ:2006/02/16(木) 23:46:17
>>586 心臓…アートマンじゃないですか?それ。
意識しなくても勝手に心臓が動く…何が心臓を動かしてるんだろう?
…そういう疑問から、アートマンが想定されるようになったんじゃなかったっけ?

588 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/16(木) 23:53:00
>>582
「智者の振る舞いをせず・・・」って、智者の言葉でしょ。
何も知らなくてもいいというわけじゃないし、
誰かさんの知ったかぶりにも困ったもんだ。


589 :コント毒所床粉:2006/02/17(金) 00:22:36
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆか

みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか みたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか
みたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆかみたゆか

590 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/17(金) 00:24:35
http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E139.44.44.4N35.38.35.9&ZM=11

591 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/17(金) 00:33:29
いつもスルーされるけど書いておこ。
おれは歌を歌うのが好きだ。自転車に乗ってる時なんかはたいてい歌ってる
(移動速度が速いので、人とすれ違っても気にならないため)。

その時には歌詞とメロディをよりよくシンクロさせようと必死になっている。
精神は歌の内容に感情移入するか、あるいは歌詞の世界を感じ取ろうと集中するかだ。

念仏も同じのような気がする。
「歌っている」あいだには、阿弥陀如来の慈悲と、往生への感謝と、今生へのいとおしみと
そんなものを込めながら念仏するのがよいと思う。


592 :牛飼い:2006/02/17(金) 01:22:22
>>587アートマンは状況によって「体」「心」「魂」の意味を表す。がしかし
アートマンとは啓示経典では個別魂を指す。我は既に心に段階に居るのではない。
物質的存在に中では、人は心と感覚に支配されている。事実、純粋な魂が物質界に
巻き込まれた原因は「物質を我が物にしたい」という、心のエゴ(我欲)です。
感覚の対象の魅力にひかれて自分の性質を低下させてはいけない。対象に引き付け
られる度合いに正比例して人は物質存在の泥沼に深く沈む、これを予防する最良の
方法は常に意識をスーパーソウルに向けていることが必要だ。
生命の本来の役目は、上位者(至高者)の命令を遂行することです。心が敵として存在している
限り、人は色情とか怒りとか、また貪欲やさまざまな妄想の指図にしたがって働かなければならない。
しかし、心に勝ったならば、人は自然に神の指図に従うようになる。ここで言う神とは、
各人のハート(心臓)の中に住んでいるスーパーソウルのことである。ヨーガの実践を正当に
行ったならば、必然的に内なるスーパーソウルに会って、至高者の指図に従うようになる。主の
意識の道を行く人は自動的にお指図に絶対服従しているのである。

593 :牛飼い:2006/02/17(金) 01:40:17
世俗的な学識をどれほど高めたところで主の意識にはなれない。主のサイエンスは
純粋な意識をもった人と交際することが出来るという幸運がどうしても必要である。
清らかな奉仕に専念している主の意識たる人は、主の恩寵によって悟りの知識をもって
いる。これによってのみ、人は完成するのである。この超越的知識によって、確固不動の
信念を持続していられるのです。だが単なる世俗的知識だけでは、直ぐに外見上の矛盾に
迷ってしまい、精神(頭)が混乱する。本当に自己制御が出来るのは、「開悟した魂」である。
=主に絶対服従している人である。

594 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/17(金) 02:43:48
スーパーソウルね・・・
オカルト坊さんはオカルトフェチを呼ぶなあ、
まあ浄土宗は何でもありってことですか。

595 :けちゃっぷ:2006/02/17(金) 12:53:54
>>591 なむあみだぶつと称える、単純なことなのに、
凡夫の心は忙しくあっち行ったりこっち行ったり、
妄念だらけですね。
一回のなむあみだぶつの間に、何個も妄念が浮かびます。


596 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/17(金) 20:28:43
>けちゃっぷ
相変わらず、論理的な批判はスルーしちゃうんですね。
浄土宗スレからマトモな人が消えた理由はあなたですよ。
けちゃっぷは害毒ですね。
初期にはマトモなコテがいたんですけれど、帰ってきて欲しい。

597 :牛飼い:2006/02/18(土) 14:56:11
>>591 世俗人はやはり感覚の作用に打ちひしがれて妄想の域を出ないものです。
法華経のように自分に対して良くしてくれた会社の上司、友人・知人(所詮俗人)を観世音菩薩である、と
位置付けろという邪教義とまったく一緒です。妄念から創作された調子がいい教えに魅惑され
ているなど言語道断です。
美味い飯を食って物質的に恵まれていて性行為には不自由していない、そんな生活が理想と
思考しているのですか?それでは法華経レベルだといわれますよ。
あ、それと世俗メロディにも幻惑されないでね〜。


598 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 02:30:03
何が本物なのか?
結局、群盲象を奏す?

わからなくなる。

599 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 06:59:16
NHK 気候大異変
今後100年間で地球の気候は大変なことになるんだな。

現代科学の予測能力はすごいもんだ。

我々僧侶の議論って、空しいね。建設的な成果がない。



600 :けちゃっぷ:2006/02/19(日) 07:56:29
>>599
 地球温暖化なんて、何十年も前からわかっていたのに、
対策をしてこなかった。
僕らが子供のころから知識としては教えられていたのに。
対策をしないくせに結果を見て悲しむ
…まさに因果の道理をわきまえない愚痴の煩悩です。
 少欲知足の精神で、一人一人が石油使用量を少しずつ減らせればいいだけなんですが…
宗教者の力不足ですね。
以前ニュース番組で、
トラック運送会社が、
燃費のいい運転をしないと警報がなる装置をトラックにつけてました。
それによって社員一人一人が効率いい運転をし、ガソリンの使用量が減った。
燃費のいいエンジンを開発するハード面の改善より、
センサー一つで人間の意識を変えせるソフト面の改善のほうが、
コストがかからないしすぐにできる。
われわれが受け継いできた仏教というソフトを、もっと普及させねばなりません。

601 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 09:23:12
>>600
そんな短絡的なものじゃない。

いまさら、仏教を普及させて解決できないよ。
どんな仏教を普及させるつもりなんだ?
っていうか・・・仏教普急させた社会ってどんな国になるんだろうね。
タイやチベットのようになるのか?
現代日本人が賛同するはずがない。
また、現代日本の仏教者がその手腕もないし、社会的地位にないね。

京都議定書通りよりもさらに
二酸化炭素産出量を削減できる状況が実現できたとして
地球シミュレータを使って計算した結果が
日本の半年が夏、真夏日が100日以上、
秋から即春へ変わる季節変化、
カトリーナクラスの台風の来襲、
集中豪雨と旱魃の二極化

時すでに遅しという予測結果がでてたよ。

オレは独身で結婚もできそうにないが、
家庭持ちの
子や孫やその子孫の代には大変な環境を譲り渡すことになるな。


602 :けちゃっぷ:2006/02/19(日) 10:22:33
>>601 たしかに、手遅れかも。
僕が小学生のとき、すできこうなるであろうことは教えられてました。
あーやっぱりこうなった、ってかんじです。
地球シュミレータの予測のような世界になることは、
ん十年からわかってたことであり、現にそうなりつつある。


603 :けちゃっぷ:2006/02/19(日) 10:29:02
諸行無常。環境が変わるという前提で、
いかに平安に暮らすかを考えるべきかもしれませんね。


604 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 10:43:03
>>602
地球シミュレータの予測結果は定量的解析結果だよ。
今世紀世界で初めて日本の研究機関が公開した結果なんだ。

ん十年前からわかってたことなんてとんでもない。
それは専門家による定性的な予想にすぎなかったし、
かなり大きな違いがあるはず。

科学の結果は曖昧に認識してはいけないよ。

>>603
果たして、平安が許されるかどうか・・・



605 :けちゃっぷ:2006/02/19(日) 11:06:28
>604 小1のときから学研の「科学」を購読していたので、
環境破壊の危険性を植え付けられていました。


606 :けちゃっぷ:2006/02/19(日) 11:16:39
今、日本人の死因の1位はガンですよね?
昔からそうだったかというと、違うでしょう。
今度は、災害が死因の第1位になる時代がくる。
ただそれだけのことです。
今も昔も、死苦はなくならない。
かならず死ぬという前提で、いかに平安に暮らせるかですね。

607 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 11:20:23
>>605
学研は「ムー」を出してる出版社だからな。

20年前の小学生向けの科学雑誌で紹介されていた記事と

地球シミュレータ計算データの解析結果内容とを
同等と思っちゃいけない。

いい機会だから、
気候変動の勉強とかして科学思考の練習したらいい。
いかに緻密な学問か認識できるから。
数学や物理学や計算プログラミングができないとダメだけど・・・


608 :けちゃっぷ:2006/02/19(日) 11:29:18
>>607 たしかに細かい数値などは最近出てきたもんですね。
二酸化炭素排出の危険を知りながら、
人類がそれを止められなかったのは、
科学技術の問題じゃなくて、人の心の問題ですよね。
結果がわかっていながら、煩悩のままに行動してしまっている。


609 :けちゃっぷ:2006/02/19(日) 11:38:47
行政で働いてると、災害には、別の恐怖があります。
人の力と予算の範囲内で防げることには限界がある。
でも被害がでたら、行き場のない怒りの矛先を行政にむける人は、必ずいます。
ちょっとした大雨なんかでも、
「んなもん、知るかよ!」
っていいたくなるうような苦情があるそうです。

610 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 12:57:19
「んなもん、知るかよ!」
といって定時に帰るお役所の人はすげえむかつきますが

611 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 13:05:44
行政にいると、論理的に批判されると、
「んなもん、知るかよ!」とスルーして別の話に逃げ込む。

612 :けちゃっぷ:2006/02/19(日) 13:49:16
先日窓口に来たおばちゃん。
おばちゃんの自宅と、おばちゃんが近所に貸している駐車場に挟まれている
、第三者の畑がある。
その畑で、畑を使用してる人がゴミを野焼きしていて、
煙で近所迷惑。
しかも近所の人がその畑もおばちゃんの土地だと誤解し、おばちゃんの家に苦情がくる。
で、そんな状況だから、おばちゃんは土地の税金払いたくないと言って来ました。
結局、環境衛生課に言って、畑の人に注意してもらうことになりましたが。
第三者の迷惑行為を理由に税金払わないなんて、
「んなもん、知るか!」と内心思いました。

613 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 13:51:41
小役人が何様のつもり?そのおばあちゃんの税金があんたの給料の一部になってるんでしょ。

614 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 13:55:59
社会人としてのマナーの無さと、英語力の欠如だって!
仕方なかろ? 契約解除後は家の手伝いでもしてなされ!

はーい!ただいま〜 とかいって! 爆

615 :けちゃっぷ:2006/02/19(日) 14:04:51
>>613 ごもっともです。
でもなんか…八つ当りっぽくない?

616 :591:2006/02/19(日) 16:27:42
>>597
なぜ歌に三昧する話から菩薩の話が出てくるかはよくわかりませんが・・・。
>>美味い飯を食って物質的に恵まれていて性行為には不自由していない、そんな生活が理想と
はい、理想ですね。現実からほど遠いですからね。
しかし、それが実現しないこともも知っているし、実現しても満足は決してしない
ことを知っている。だから宗教にも興味があるわけです。「法華経レベル」とは過激な
言い方ですがわからなくもないような気がします。

「世俗メロディ」って、歌詞はともかく、メロディにも世俗なものと高尚なものがあるとは知りません
でした。

まあ歌謡曲と念仏を一緒くたにするな、という反論としては受け止めておきますが、しばし無我
を体感する快感という点では似てると思ったのですがね。


617 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 16:40:35

「んなもん、知るか!」が公僕の合言葉のようだな。
そもそも出家者である僧侶が、公権力に使われる立場になるとはお笑い種。

618 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 17:04:43
>>617何言ってんだか。

僧侶はもともと朝廷から食い扶持あてがわれて鎮護国家のために働いた役人みたいなもんですよ。
江戸時代も官寺なら幕府から支給がありましたしね。

公権力ってアなた左翼の方ですかぁ?
いまだ頭の中「資本家 vs 労働者」みたいな対立図式を引きずってるとか?

そもそも出家を言うなら、四恩に報いるのが当然だし、宗教法人が税金を軽減されてるのも、
国民の精神福祉生活に役立つ公益的な活動をすると考えられているからですね。

役人と僧侶、手段はまるで違えども、利益衆生が本義ですね。



>>617逝ってよし Σ(´Д`lll)

619 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 18:08:05
>618
江戸時代のことは措いといて、理念と実態とを混同するなよな。
公僕なんていう意識をもった役人が世の中どれだけいる?命を張っている連中以外、ほとんどいないなねぇのか?

620 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 19:14:02
>>619
ほうほう。
公僕意識をもった役人など世の中ほとんどいないから、出家の四恩報謝も、宗教法人の公益性もどうでもいいと?
理念など捨ててただただ実態に甘んじればよい、という精神の持ち主のようですね。
情けない。アンタなんか風下にも置けないわ。

621 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 20:47:19
>620
論点拡張の詐称ですね。けちゃっぷは息をするように詭弁を使うけれど、あなたは自覚的に使っている。
人間としては「息をするようにうそをつく」のと、悪意をもって使うのとどちらが度し難いかじぶんでわかっていることでしょう。

622 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 21:07:18
僧侶が役人になることを弾劾するのに
公僕意識を持った役人がいるかいないかなど持ち出すのも
論点拡張の詐称ですねえ。( ゚Д゚)イッテヨシです


623 :621:2006/02/19(日) 21:13:35
>622
そのとおりです。論点拡張の詐称が使われることはおおですね。
このスレだと、三吉とかでしょうか。

624 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 22:20:09
なんだそれ?
とにかく>>617が役人を公権力の手先としか見なしてない時点で全共闘世代臭プンプンの逝ってよしオジサンだとは分かる。

625 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 22:45:47
>624
その決め付けが全共闘世代臭プンプンだと、自分で気がつかないのかなぁ。
実態を見ろよ、実態を。実態を見ずに観念だけでかみ付くのがあの世代の特徴ですよ。

626 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/19(日) 23:50:12
こっちにもスレ荒しですか?法華経における観音さんの話もレベルひく!

627 :牛飼い:2006/02/20(月) 07:21:25
>>626 じゃあ、お前が高度なレベルとやらの説明しろ
それとも説明できない、なんていわないよな

628 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/20(月) 09:03:51
おいおい、

・公務員根性が腐ってること
・けちゃっぷが腐臭を放ってること

此の二つは厳然たる事実なんだが。


駄弁を弄して一体何がしたいんだ・・・・

629 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/20(月) 09:04:32
>>624
>役人を公権力の手先
何か間違ってますか?

630 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/20(月) 09:08:36
>>618
なんか錯綜したレスだね。
よ〜し、おじちゃんがまとめよう。


つまり、現代の腐った坊主が公務員なんだよ!   (あれ?

631 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/20(月) 10:27:36
>>630
腐ったみかんは早く捨てろってこと?

632 :牛飼い:2006/02/20(月) 11:05:16
荒らすなよお前等・・

633 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/20(月) 11:36:36
>>632
>627みたいな事を書くおまえが言うことかw

634 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/20(月) 11:45:16
>>618のレスは>>452とよく似てる。
コピペまがいですか?

635 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/20(月) 21:09:11
安国寺:住職密葬で対立 寺側と檀家側、本殿使用で−−越谷 /埼玉

 由緒のある越谷市大泊、浄土宗安国寺で15日、町田龍弘住職が96歳で死去した。
寺側は住職の密葬を18日に本殿で開くことを決めたが、檀家(だんか)側が17日「事前に話がなかった。本殿を使わせない」と反発し、同寺に大挙押しかける騒ぎになった。
住職の跡目相続で、寺と檀家の対立が背景にあるという。
浄土宗宗務庁(京都市)も心配し、仲介に乗り出している。【飯嶋英好】

 ◇背景に跡目相続問題

 同寺は源頼朝に仕えた武将、熊谷直実(蓮生坊)の草庵がルーツとされる古刹(こさつ)で、本尊の阿弥陀如来は蓮生坊が法然上人から譲り受けたと伝えられる。

 関係者によると、跡目相続争いは、次期住職の候補だった町田住職の実弟が03年2月に急死したことから始まった。
檀家側が実弟の長女を後継に推薦したが、寺側は私立大職員の男性僧侶を推したため、対立するようになった。
当初、実弟の長女を考えていた町田住職の考えがその後、男性僧侶に変わったことも事態を複雑化させたらしい

636 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/20(月) 21:28:07
>>635
ソース先は?

637 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/20(月) 21:30:17
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/saitama/archive/news/2006/02/18/20060218ddlk11040071000c.html

638 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/20(月) 22:31:07
「跡目相続争い」かwww。
寺側って誰のことなんだろう?
寺族のことじゃないのか?

本来、住職は誰がなってもいいだろうに。
宗教家は志がある人間がなるのが一番だよな。

639 :牛飼い:2006/02/21(火) 18:52:11
アク禁されたかと思ったよ。サーバーの不具合だな。
2chに通じなかったのは俺だけか?

640 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/21(火) 21:26:46
>>639
お前だけ

641 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/22(水) 02:51:43
>>638
いいこと言う。

642 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/22(水) 03:18:00
>>641
志の中身にもよるけどね・・・

643 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/23(木) 10:17:17
ここの住人で、
善導寺の大別時念仏会にいく人いる?

644 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/23(木) 12:23:56
>>643
あれだけ批判されているのに・・・

645 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/23(木) 17:10:41
念仏を批判?

646 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/23(木) 21:03:07
ギャグじゃあないの?

647 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/23(木) 21:57:08
>>643
何故念仏が批判されるの?
もしかしてお題目を唱えてたりとか

648 :647:2006/02/23(木) 22:01:29
間違った>>644

俺、昔に行った事ある。ここ10年以上無いが。
開山忌と言ってた様な…

649 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/23(木) 22:10:12
ヒント:名号札=免罪符ってことかな?

源智上人の阿弥陀仏像結縁奉納の如く
結縁の仕方は多様であってもよいかと思うが・・

650 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/23(木) 23:11:11
>>649
浄青で勧募してたあれ?


651 :けちゃっぷ:2006/02/25(土) 12:47:24
浄土宗では、大乗非仏説をどう克服してるのでしょうか?

652 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/25(土) 17:52:38
浄土宗のオカルト坊さんが、真宗スレで非難浴びながら無視して暴れまくっています。
どうか浄土宗のお仲間のみなさん、引き取りに来てください。お願いします。

653 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/25(土) 18:30:14
>>652 どこのスレ?ひきとってしんぜよう。

654 :けちゃっぷ:2006/02/25(土) 18:45:14
自分で書くのもなんだけど、
【御同朋】浄土真宗(真宗)総合サロンV【御同行】

655 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/25(土) 21:08:14
浄土宗西居院住職 廣中邦充氏。
この和尚さんの真似はできない。
感心する。



656 :けちゃっぷ:2006/02/25(土) 23:31:38
僕もよく知らないので、どなたか助けていただけたらうれしいです。
おねがいします。

http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1139134653/
結局、僧籍登録後は、どうゆうふうにするのが、浄土宗僧侶になるには
早道、あるいは、比較的易行道なのでしょうか?なんか、養成講座も大
分変わるようですし、そのへんのところを、御教授ください。

657 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/26(日) 14:33:38
極楽浄土は実在するのか?
それは脳が作り出した想像の産物なのか?
素朴な疑問。

658 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/26(日) 15:38:23
>>655
くわえ煙草に缶ビールでTV露出か?

659 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/26(日) 15:53:42
外に賢善の相を装うことなかれ、ですか。
普段のままなんでしょうな。

660 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/27(月) 05:34:39
日本テ−ラワ−ダ仏教教会のHP面白い。
いろんな話が聞ける。
http://www.j-theravada.net/

浄土宗や知恩院のHPでも、いろんな法話が聞けるといいのに。

661 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/27(月) 21:43:05
>>660
毎朝の輪話をウップしてくれれば、とも思うけど、
私個人としては、知恩院の朝の勤行をmp3で公開して欲しいな。

伐介錯、マジで((((( ゚Д゚;)))))))ガクガクブルブル・・・じゃなくて
何度聞いても心に響くよ。

662 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/27(月) 22:42:49
>>661
> 毎朝の輪話をウップしてくれれば、とも思うけど、

あんまり内容ないからやめとき。

663 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/28(火) 02:25:05
チベット仏教では、死後、極楽浄土に生れて、六道輪廻を繰り返さないという
浄土教は伝わってないのか?

死んだら、すぐ六道のいずれかに生まれ変わり
輪廻すると言っているチベットの仏教信者がいた。

664 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/28(火) 02:28:53
>>663
チベット仏教はそれが特徴。
生まれ変わりを探してきてダライラマにする。
この程度は常識だぞ。

665 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/28(火) 12:47:12
チベット仏教はもちろん大乗なので浄土の教えはある。
死者の書とかは浄土への手引きみたいなもんじゃん。

666 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/28(火) 15:04:27
>>664
浄土と言ってもいろいろある。
念仏を称えて迎えられる「西方極楽浄土」のことなのか?

チベットの仏教信者は、生まれ変わっても人間になりたいと言っていた。

本当に伝わっているのだったら、極楽浄土に生れたいというのではないか?

667 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/28(火) 20:12:20
日本人に来世のことを質問したところで、果たしてどれほどの人が極楽へ生まれたいと答えるか。
それを考えればべつに不思議ではない。
『チベット浄土思想の研究』って本が出てるそだから読んでみたら?

668 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/28(火) 23:00:34
テ−ラワ−ダだと、臨終の意識が生まれ変わりの行き先を決めるらしい。
念仏で極楽浄土に迎えられるって教えは全くない。

念仏信仰は、まさに
「青は藍より出で藍より青し」ってことか?

真実はどちらなんだろう?

念仏で六道輪廻から解脱できるというのはすごいことだな。

669 :けちゃっぷ:2006/03/01(水) 12:20:07
念仏していれば臨終に阿弥陀仏の来迎がありますので、
臨終の意識は阿弥陀仏に向かいますから、
往生できるわけですね。

670 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/01(水) 19:57:42
けちゃっぷくん
来迎してくださる阿弥陀仏とは、結局 個人個人ちがうんだろうね。
確かめようがないし。
そう考えると、
阿弥陀仏も、他の宗教の神も区別はつかないことが
真実のような気がしてくる。

671 :けちゃっぷ:2006/03/01(水) 22:19:24
>>670 阿弥陀仏ならば、阿弥陀仏だとわかる現れ方をしてくださるのでは?


672 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/01(水) 22:47:17
>>671 上品ならな。下品下生らしいけど、だいたいのひとは。師僧も
言ってたな。

673 :けちゃっぷ:2006/03/01(水) 23:22:53
>>672 蓮の華だけでも、来迎の華だとわかる現れ方なのでは?

674 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 10:15:42
>>673
現代人の臨死体験で蓮の華が現れた話って知ってるかい?

675 :けちゃっぷ:2006/03/02(木) 12:14:27
>>674 臨死体験は、脳や網膜がつくりだす幻では?

676 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 12:57:29
>>675
三昧発得も同様ですね。

677 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 13:33:44
>>675
脳についてどこまで理解して言及してるんだ?
そんなこと言ったら、
阿弥陀仏も極楽浄土も脳が作り出した幻想であると
浄土教を否定された時どう反論するのか?

678 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 13:58:34
江原氏によると、
ヒロシは前世で自殺していたそうだ。
前世で自殺しても人間界に生まれるのか?

江原氏って、極楽浄土という単語は全く使わない。
奥田瑛二の霊視をしていて、
彼の守護霊は念仏している坊さんだという話をしていたことがある。
その坊さんって極楽浄土に行ってないのかな。




679 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 14:54:22
>>678
江原はインチキで適当に言っているだけ。
あんなものを前提に話をされてもねえ・・・

680 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 15:00:02
>>676
三昧発得も、今の脳科学から見れば脳内幻想ということで理解できる。

と言っても、だから浄土や阿弥陀仏は存在しないという証明にはならないし、
見えるか見えないかで議論する問題じゃないということだろう。
臨死体験だって、本当に死んで見てきた人なんか一人もいないんだし、
「見た」というのは、客観的証明にはならないということだろうね。
まあ、今の時代、三昧発得にこだわることはないということだね。


681 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 15:57:00
>>679
江原氏がインチキであることを証明できるか?
是非、示してもらいたいものだ。

インチキ野郎ってことは詐欺師だからな。
法律上でとりしまることもできるだろう。
その動きが一向にないね。

682 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 15:59:12
>>680
語ってもらおうか、オマエが理解している脳科学とやらを!

逃げるなよ。

683 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 15:59:23
他人には見えないことなら何とでも言えるわな。放置が一番。

684 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 16:21:24
>>675,>>676 ざけんなよ、自分の経験していないものはすべて、そう
いうふうに片付けるのか?レベルの低い話だな。

685 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 16:25:32
>>677のいうとおりだな、元祖さんが善導さんと会ったのも、脳にせい
か、大笑いだな、浄土宗やめたら?全部気のせいなんだろう?死ねば
何も無くなるのなら、浄土宗は成立しないな。


686 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 18:24:24
またぞろエバラ信者が湧いて出た。
基地外は放置に限るぜ。

どっかの元法主が言い出したオカルト話も浄土宗として否定してほしいもんだ。

687 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 18:26:09
>>686
>元法主が言い出したオカルト話

それは「浄土宗けちゃっぷ派」のdデモ教義のことですか?

688 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 19:51:52
>>686
臨終の時の阿弥陀仏来迎、極楽往生。
これらにチミの言うオカルト的要素がないというのか?
それから、
チミは何故念仏信仰が尊いと思うのか? 聞かせてもらおう。

689 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 19:53:11
>>685
三昧発得が客観的事実でなければ、
法然と善導との出会いが単なる夢でなく客観的事実でなければ、
浄土宗は成立しないとでも言うつもり?

690 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 19:59:48
>>689 言っていることが矛盾している。浄土宗は、善導宗だ。論理の矛盾に
気が付くように。

691 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 20:00:50
>>686
オカルト的要素のない宗教があったら教えてほしいね。

692 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 20:02:46
念仏三昧などの修行によって肉体や精神をある状態に追い込めば、
仏を見たりという体験をすることは事実。
まず、その体験は体験として事実であることは問題がない。
しかし、それは現実に仏が現れたとかの客観的事実ではなく、
感覚遮断等による脳内の働きであることは、現代の脳科学で解決済みの話です。

UFOやお化けを見たという人は、実際に見たのでしょう。
しかし、現実に存在したということと「見た」ということは同じではないのです。

問題は、「見た」ということを、阿弥陀仏や浄土やある人物の神秘性の証明には出来ないということです。


693 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 20:08:08
つぅー事はお経だって、ありゃぁ一部の脳内も妄想者の産物かもねー。。。

694 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 20:08:57
>690
>689 の発言はおかしくないよ。
三昧発得であれ二祖対面であれ、別に客観的事実である必要はない。
法然上人が事実だと認識していれば言いだけの話。
客観的事実でなければ浄土宗が成り立たないというなら、客観的事実であると証明してください。
あなたは、客観的事実でないから、浄土宗は成り立たない、と主張するのですか?

695 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 20:17:35
>>694
同意です

696 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 20:22:50
不思議なやつだ。

697 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 20:24:13
>>694 それも違うな。

698 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 20:24:17
法然上人の体験は浄土宗信者にとって真実と受け止めるべきことだよな。
それって、十分オカルト的要素も受け入れるってことと同義になる。

699 :牛飼い:2006/03/02(木) 20:25:36
>>686>>元法主っておれのことか?
関西はけちゃっぷ教、関東はこの俺の新興団体任せておけ!
わが開教祝賀パーティにご招待しようか?

700 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 20:25:49
>>697 どうちがう?

701 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 20:26:22
>>699
てめえはおよびじゃない。

702 :牛飼い:2006/03/02(木) 20:29:37
>>701お前口縫ってやろうか、

703 :牛飼いへ:2006/03/02(木) 20:31:49
本当に開教したのか?日蓮系か?もちろん、人相手だろうな?牛相手
なら笑うぞ。もっとカキコせい、頻度が少ない。

704 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 20:32:42
牛飼い タンは宗教法人取って、葬儀ビジネスするんでつかぁ?

705 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 20:33:39
>>698
そのあたりの受けとめによって、
オカルトや迷信や習俗などの通俗仏教をどう扱うかが違ってくるな。

706 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 20:35:32
>>698  流れからして、君の意見は、かなり正しい。

707 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 20:58:35
>702
暴力的な脅威を与えられるのではと怯えています。
脅迫ですか?

708 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 21:15:27
法然上人が真実であると信じたことに導かれて浄土宗があるわけだろ。
それで充分じゃないのかな。
何か客観的な事実でそれを証明したいとでも言うのかな。

法然上人の導かれる道を信じてたどっていくわけだろ。
信じられないから、不安だから、地図で確かめたり、ナビで調べるわけ?
浄土への道は、そんな地図やナビには載っていないのに。

709 :牛飼い:2006/03/02(木) 22:59:51
>>707 「口じゃない、PCを使う指だろ」、ってことぐらい言えんのか。
愛嬌の無い奴だ。w

710 :牛飼い:2006/03/02(木) 23:06:42
おれは実のところ教義の出し惜しみしてるわけよ
他のものにパクられたら困るしな〜。
猛烈にカキコ出来ない苦悩が付きまとう哀しきサガなわけ。。

711 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 23:18:46
>>710
法は出し惜しみするものじゃないよ

712 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/02(木) 23:39:01
ウシ、若いのう、20代か?

713 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 08:56:30
>>711
建前(パクられたら困る)
本音(パクった狂義だから人前にだせない)


714 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 12:44:24
キリスト教がイエスの言葉を真実とするのは、
イエスが普通の人間ではなく「神の子」だからです。
ですから処女マリアから生まれたり、復活して生き返ったり、数々の奇跡は、
それが歴史的事実でなければ、イエスが神の子の証明にならなくなり、
キリスト教そのものが成立しなくなります。

しかし、法然の三昧発得や夢中での善導との対面や勢至菩薩の化身との説は、
客観的な歴史的事実でなく、脳内の幻想であったとしても、
法然という人格を敬う伝説であったとしても、
法然の説いた教え、阿弥陀仏の本願の真実性に影響を与えることはありません。
残されたのは、教えという論理であって、奇跡という事実ではないのです。

仏教そのものも、一人の人間、釈尊によって説かれた真実であり、
その教えを信じるということから始まっています。
釈尊の伝記における数々の奇跡も、それを信じなければ仏教が成立しないわけではなく、
仏教を説いた釈尊という人格を敬う気持ちは大事にされますが、
それを絶対視したり必要条件にすることはありません。

何を大事にしなければいけないか、本質を見誤れば、
とんでもない方向に進んでしまいます。

715 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 15:33:48
>>714
確かに、今の浄土宗にはとんでもない方向に進んでいるのが結構いる。

716 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 17:07:36
>>714
「阿弥陀仏の本願の真実性」って、奇蹟的なお話とちゃうか?
阿弥陀仏信仰、極楽浄土信仰、念仏信仰そのものが、
仏教とは言っても、初期仏教とは異なる教えの世界。

称名念仏で臨終の際、
六道輪廻から解脱でき極楽に往生でき成仏できるという
教えは奇蹟的教えだと思うがな。

717 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 17:33:56
>>714
阿弥陀仏が四十八願を成就して、
極楽浄土を建立し「今現在説法」されているということは、
まさに奇跡的な話だ。
その奇跡を信じないことには浄土宗は成立しないんじゃない?

称名念仏が論理かね? 

718 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 17:35:49
>>716
あの世のことは奇跡なんて言わんだろう。
この世の自然現象の常識を超える出来事は奇跡だが、
あの世の出来事は不可思議の世界なんだから、
この世の概念で証明することはできんだろう。
浄土や阿弥陀仏の存在も、往生も、
この世の概念で証明はできないし、証明するものでもない。
そこんとこが、まだわからないようだな。

719 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 17:39:44
目に見える証拠がなければ信じられないのなら、
浄土教はやめとき。

720 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 17:43:20
>>718
「奇跡」:ありそうもない、不思議なこと。
国語辞典にはこう記してあるぜ。

721 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 17:48:06
>>720
安物の国語辞典にたよらずに常識と教養を

722 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 17:59:00
>>721
金田一京介の辞典だが・・・?
人物攻撃に路線変更するとは逆に人格の程度がわかる。
念仏して謙虚になろうぜ。高慢は念仏の四障の一つだからな。


723 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 18:03:53
>>714
浄土宗の本質は何ですか?

724 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 18:06:37
神や仏の働きが、この世に目に見える超自然的な現象として現れるなら、それは「奇跡」
キリスト教の神はこの世を支配する人格神だからその奇跡が見えることは重要。
しかし浄土教で説かれる浄土のありさまや浄土往生を「奇跡」とは言わないでしょう。


725 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 18:28:59
>>724
不思議な話には違いない。
そういう話って、一般常識で通用するの?

726 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 21:09:00
仏教とは所詮人間の頭で思考した産物
唯物論の延長に過ぎない

狂人とは=無神論のことを指す。

727 :牛飼い:2006/03/03(金) 21:20:54
>>718 お前がまだわかってないのだ アホが!

728 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 21:36:12
>>726
唯物論の延長に阿弥陀仏、極楽浄土があるなんて
ケッタイなこという。笑えるwww

729 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 21:53:23
>>726
唯物論と仏教を結びつけるなんて、
少しでも仏教を学んだことのある人間なら、
情けなくて涙が出るな。

730 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 21:54:48
>>727
じゃあ牛飼いは何がわかっているんだ?

731 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 22:09:00
>>730 ウシの気持ち。

732 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 22:42:02
類は友を呼ぶとはよく言ったものだとつくづく思うぜ。
オレもヘンテコリンで愚か者だが、
このスレにはヘンテコリンがやってきておもろいな。
極楽浄土に行って真面目くさった話ばかりするのも
味気ないが、極楽浄土へ行ったらどんな会話するんだろう?

733 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 22:45:19
えーお前お東さん?オレ西!

734 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 22:53:39
>>733
けちゃっぷは?
いないな。迷子になったみたいだよ。

735 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/03(金) 23:16:43
>>734
このたとえならよくわかる

736 :けちゃっぷ:2006/03/04(土) 01:16:57
少僧都の資格もらったら、墓行とか、法事で結構稼いでいる爺さんがいるん
だが、なにかイヤミを言ってやりたい。いい知恵はあるか。

737 :けちゃっぷ:2006/03/04(土) 01:19:58
スマン、736で、『けちゃっぷへ』と、入れようとしたら、間違った
736は、別人だぞ。でも、いい知恵あったら教えて。

738 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/04(土) 01:21:09
イヤミを言ったところで何にもならない。。。階段で後ろから押せ!

739 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/04(土) 01:27:20
下りのか?

740 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/04(土) 01:30:27
下りにするか、昇りにするかはお主の判断に任せる。。。

741 :けちゃっぷ:2006/03/04(土) 01:37:43
>>736 その爺さんとの接点は?

742 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/04(土) 01:39:24
>>740 ワシもだが、お主も良く起きておるのう。ヘタレのけちゃっぷ
は、もう、寝たらしい。

743 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/04(土) 01:42:28
>>742
もうこんな時間だ、ヘタレでなくとも寝るほうがマトモ。

744 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/04(土) 01:54:47
法然の教えの本質的な話題に展開するのかと思ったら、
そういう話には興味を示さないようだな。
浄土宗は通俗仏教になってしまったのか・・・

745 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/04(土) 09:47:40
>>744
ヒント:2ch

746 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/04(土) 10:30:43
>>744
ヒント:けちゃっぷ

747 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/04(土) 11:02:32
>>746
リンク:オカルト

748 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/04(土) 21:16:52
出でよ、けちゃっぷ。

749 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/04(土) 21:37:43
げっぷしか出ない

750 :ごんべさん:2006/03/04(土) 21:49:26
なんか、ここのスレ、けちゃっぷは撤退したみたいだな。

751 :けちゃっぷ:2006/03/04(土) 23:22:03
>>750 エサがないから

752 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/04(土) 23:42:25
静かになったのはいいが、
けちゃっぷのアラシのおかげで、
まともな話する人までいなくなってしまった。

753 :ごんべさん:2006/03/05(日) 00:26:37
ちょっと、思い当たる節もあるのだが、浄土宗は、腕輪念珠を数珠って認めて
ないし、お守りなども、他宗と比べると、極端に少ないよな、まあ、人は何か
にすがりたいって思うこともあるし、需要があれば、少しくらいは置いてあ
ってもいいと思うが、諸君はいかがおもうか?

754 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 00:44:52
>>753
あくまでも補助的なものだからねぇ・・・

ご飯を主(念仏)とすれば、
おかずや漬物(助業)があるから
ご飯がススム君というわけで。

おかずや漬物がメインになっては本末転倒。

755 :754:2006/03/05(日) 00:45:33
けちゃっぷ氏みたいな例えをしてしまったが、
氏ではありません。念のため。。

756 :ごんべさん:2006/03/05(日) 00:51:12
ははは。

757 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 02:23:35
>>753
腕輪念珠は認めてないの?
宗務庁で腕輪念珠をしている指導員は、何人か見かけたけど?

758 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 10:20:43
>>757
数珠として認めてないだけで、
アクセサリーとしては好きにしていいんじゃない?
ストラップもあるよね。

759 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 11:39:52
けちゃっぷさんの説教所が停止になりましたね。
まあ、どう考えても板違いだろうかなあ・・・。
せっかく調子が出てきたところだったのに。

言い方は特殊だけど、思うところはよくわかりましたよ。
こっちでも、誹謗されながら復活してね。


760 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 15:34:37
宗派内の結束って実感したことある人いる?
浄土宗で無住になったり廃寺になったりしてる寺どれくらいあるんだろう。
滅びて行く寺は宗務の方では力添えしないのかね。
大遠忌でお金がをすさまじい金額集めるみたいだけどさ。

761 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 16:12:37
東京と京都が一体化しない限りは、
今のたががはずれた浄土宗の体質は変わらない。
何でもありとか通俗仏教とか言われているが、
宗派内で問題意識をもつ人も少ないし。

762 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 18:35:16
>>761
京都と東京の連携は必要だけど、難しい課題だよね。
京都では、成田台下へのアレルギーが強いと聞くし。

あくまで私見だけど、地域によって法式が変わるのは、ある程度仕方ないが、
あまりにも「関東式」を正当化させてしまった気がする。
そんな私自身、関東圏の出なんだけどね。

あと、問題意識というか危機的状況だと感じている人は少なからずいると思う。
それが、今年からの養成講座の課程変更につながったのかと・・・。

763 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 20:03:30
>762
しかし、新課程が去年までの講座より宗侶としてマトモな人材を養成できるか、ということになると???
いみじくも宗会である議員が「今までよりもっと粗悪な教師を量産することになるだけではないか」と批判していたけれど、
その通りではないかなと思う。

764 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 21:18:07
養成講座出身の浄土宗僧侶って、粗悪な人おおいのかい?
仏大、正大出身だとマトモな人多い?
瀬戸内寂聴さんが
「日本仏教は坊さんが妻帯して家庭を持つようになって堕落した。」
と言っていた。
根本はそこにあるように思うな。
不適格で、不本意な、オレのようなのが坊さんになってるから
いけないんだろう。
オレの代で終わるんだろうけどさ・・・愚痴スレになってしもうた。
スマソ

765 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 21:25:16
>763
>養成講座出身の浄土宗僧侶って、粗悪な人おおいのかい?
>仏大、正大出身だとマトモな人多い?
それは逆。仏大や正大で坊主の世界にどっぷり浸かって悪いことが悪いとわからなくなってしまっている。
普通の社会にいて普通の人の価値観がわかっている人の方がマトモなのが道理。
それに、養成講座出身者の方がオツムのできもいい場合が多い。

766 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 21:31:57
>>765
やっぱり、そうか。
オレもそう思うんだよな。
オレ、養成講座出身。

767 :ごんべさん:2006/03/05(日) 21:50:25
私は、佛大だけど、どこも一緒だよ。違いを求めるのは、人の常だが、大差
のあろうはずもない。教学だって、基本は本人の努力だしね。法式もだよ。佛
大の通信だって、なかなか、社会的地位の高い人、おおかったね。でも、いく
つか前のカキコを見ていて、妻帯してからの堕落って、妻帯の最初って、確か
真宗の親鸞じゃあないのか?なんか、不思議に同意できるな。

768 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 22:08:09
>767
坊主の世界に染まればどこ出身でも同じです。
でも、二十歳やそこらで世間とずれてもらっちゃ困りますよ。

769 :ごんべさん:2006/03/05(日) 22:21:37
私は、42歳で在家でしたよ。運良く?師僧がみつかって、得度、僧籍
登録ってかんじかな。まあ、世間から比べれば、甘いところもあるけど
心に余裕がないと、せっかくの教師資格も、生きないような気がします
ね。

770 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 22:23:58
「ズレ」という違いを受け入れる社会って、
ある意味豊かなんだろうけどね。

現代日本で、極楽往生のために念仏信仰を勧めるって
かなり「ズレ」てるかもしれんな。
インテリたちには小馬鹿にされてもしようがない。

771 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 22:24:13
>>760
無住寺院とかの統計は、
宗報やHPに掲載されてましたね。
全体で約7000ヶ寺
正住が約5000ヶ寺
兼務が約2000ヶ寺
無住は数百だったと思うが・・・

772 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 22:24:33
ただ、その養成講座でも、私が受けたときには1/3が下山してしまいました。

たしかに蹴りが跳んできたり、四百礼拝があったりと、大変ではあったけど、
下山理由を「指導員の暴力」と宗務庁に抗議した師僧があったと聞きますから、
今回の課程変更とあわせて、「浄土宗にもゆとり教育の波が」と複雑な思いです。

加行(知恩院)では、養成講座や佛大の別科・専修・通信出身の人と一緒でした。
幹事(養成講座)・副幹事(別科)の方が、厳しかったけど面倒を見て下さり助かりました。
聞けば、両人とも30前後にして様々な経験をされているとか。

つまるところ、人次第という無責任なことしか言えないのですけど。

773 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 22:29:26
>>770
死の実感が薄いからなんでしょうね。
よく「死んだら終わり」って言う人がいますが、
身内などの死に直面したら、大概ビビります。
経験上そう感じます。

そこから、念仏信仰を勧めるのは案外簡単ですが、
念仏中心の生活(信仰)を勧めるのは難しいです。
世界観を理解してもらうのが限界。。

774 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 22:31:28
>>772
律師なんかはトンデモ野郎が多いから、
厳しい指導を望む声が多いとも聞いたよ。
逆に「なんであんなのを通したんだ」って
クレームもあるって聞いたことがある。

775 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 22:34:10
>772
人次第といってしまえばそれまでですが、実際そのとおりなんだから仕方ないですね。
指導員だけでなく、講師陣も同じです。熱心に教えてくれる人、いい加減にやってやたらと威張り散らす人、いろいろでした。

新しい課程はゆとり教育というか、必要なことを今まで以上に削り、浄土宗の教師としては余技にすぎないようなことを加える
ようになっているようですね。
詠唱なんか必要なんでしょうかね?

776 :ごんべさん:2006/03/05(日) 22:41:48
>>775  詠唱が一番大事だとは、元祖さんは言ってません。教師にも
あまり・・・と、思いますが。

777 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 22:45:43
兼務約2000寺なんだ、
実質、跡継ぎがいなくなったということで、
無住と同義だな。
やっぱり、
浄土宗の寺も2極化してるんだ。
本山や大寺は生き残り、小さな寺は消え逝く宿命か・・・

778 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 22:50:11
>>777
何か問題でもあるのか?

779 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 23:24:35
>>777
食っていけないから跡継ぎが逃げ出した寺、
問題があるから跡継ぎを迎えられる状況に無い寺、
でも、新寺が設立されていく。

やる気のある僧侶がいる所に寺院が出来る。
今は小さいが、どんどん信者を増やして大きくなっていく。。
根本を見失った寺は廃れていく。
当然の流れだと思うよ。

伝統や歴史に囚われると教えを見失う。

780 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 23:26:21
>>779
いいこと言うね。
志がある人はガンガン新寺を設立し、ダメなところはサッサと廃寺。

781 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 23:28:08
>780
都市部の霊園寺院か。

782 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 23:30:33
別に霊園寺院でもいいんじゃないの?

783 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 23:37:24
>>781
過疎村の貧乏寺院か。

784 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 23:53:15
霊園寺院でキチンとした寺を見たことが無い。

785 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/05(日) 23:54:28
>>784
だから何?

786 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 00:16:35
霊園事業での金儲けに忙しい
何でもありの通俗寺院

787 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 00:28:15
>>786
だから何?

788 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 01:07:40
48:興味@日蓮宗葵講◆X872v3FaeI :2006/03/05(日) 21:26:29 [sage]
GWはけちゃっぷさんの寺に行こうと思ったら、あいつなんだか結婚するらしく忙しいみたい……
しかたないから、徳島のハーレーミーティングにいこうかなあー

789 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 01:20:01
>>788
だから何?

790 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 01:36:52
結局、現代のお寺って中小企業って感じで淘汰されるのか。

791 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 01:37:50
>>790
そこに法自体や住職・信徒の熱意がなければ腐っていくだけです。

792 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 11:38:44
>>791
そんな素晴らしい熱意持ってるの? 君は?

793 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 11:47:52
オレは葬儀社が嫌いな坊さんなんだが、
葬儀社に葬儀の紹介料としてお布施をリベートしてる坊さんって
増えてるのか? 特に東京方面。
僧侶が葬式産業の歯車になって、
葬儀社に利用される傾向が強くなっていることを嫌悪するね。

794 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 11:53:47
>>793
都市部やその近郊じゃそんなんあったりまえだよ・・・・
もはや僧侶じゃなくて単なる葬儀ビジネスと割り切って
即席僧侶を何人も抱えて相当の結構荒稼ぎしてるよ。。。
タウンページでも見てごらんよ。 広告載ってっからさ。

795 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 12:03:33
>>794
各宗派がそれを黙認してること何とかならんのかね?
僧籍与えるとき人物の身元や人格を調べるべきだ。
葬儀社ってホント商売根性剥き出しで、
あの手この手で葬儀仏教の更なる悪イメージを増幅させる。

796 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 12:24:06
何ともならんだろうね。宗門にしたって上納あって成り立っているんだし。
ただし。葬儀が出来る資格のないインスタント坊主が葬儀や法要をやってる
事実はある。だから葬儀に対して施主がしっかりとその坊主の資格を確認
すれば、ある程度の抑制力にはなるけど・・・・でも施主だってバタバタした中
で、都市部の無檀家の施主なんだからそんな余裕は無いし、脇僧には関係
ないしねぇ。
葬儀ビジネスと割り切った僧侶がもっともらしい法名付けてウハウハだよ。

797 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 12:37:06
これからの2〜30年が葬儀ビジネスも稼ぎ時だね。。。。

798 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 12:47:31
しかし、その葬儀屋の社員坊主にしても、どこぞの寺の衆徒にならないと僧籍取れない
だろうに。
ということは、結局、内部に協力者がいるということ。

799 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 12:52:11
その葬儀屋の社員坊主じゃなくて、坊主になってから廃寺を手に入れて
そいで、葬儀ビジネスをやってるんだよ。。。
まぁ中にはその葬儀屋の社員坊主もポツポツ居るけど。。

800 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 13:03:06
>>799
しかし、東京都認証の法人格なんて最高値で数もない。
地方の過疎寺の法人格を買っても、東京に事業所を設けた時点で会計はガラス張りに。
大抵は寺無しで葬儀社に隷属している儀式用坊主だと思うけど。

801 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 13:10:00
会計は必ずしもガラス張りじゃないけど。。。お布施だもの。。。。。
都市近郊のそこそこの立地に寺を建てれば葬儀に始まりその後の回忌法要。
彼岸会やらお盆やらと何かと人を集める事も可能。良心的にガラス張りに
したって税制上の利点は多々ある。

802 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 13:24:08
>>801
簡単に言いますね。
寺を作るとなったら、億単位の金が要りますよ。
まあ、中古の戸建て・マンションで布教所を開くだけも、けっこうな改装費用が要る。
借金スタートで、近隣の寺院からもいじめられ、軌道に乗るまでは食うや食わずだね。

803 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 13:32:31
葬儀屋って、
通夜の時の出迎えと見送り、葬儀の出迎えまでは
「おカバンをお持ちしましょう」とか丁寧に対応するけど、
葬儀が終わった後はほとんど知らんぷりが多くないか?
見送られたことほとんどねぇな。
あの手のひらを返したような態度には唖然とする。

804 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 13:34:58
仕事だもの。。。

805 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 13:49:27
仕事だからこそ、
葬儀の後の見送りまでするのが礼儀だろう。
葬儀後の僧侶の見送りはしなくてよい。って
マニュアル用意してるみたいだ。


806 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 13:57:29
>>805さんは見送られたいの? 葬儀屋に・・・

807 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 14:51:10
>>806
出迎えの丁寧さに比べて、
斎場去る時の殆ど無視状態のギャップの大きさが
嫌だね。
最初から挨拶程度で十分なんだけどさ。

808 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 14:55:47
陰と陽。 生と死の如くだね・・・葬儀屋さんの態度。。

おしえられるワなぁー。。。

809 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 14:59:00
けちゃっぷって、結婚の準備でいないのか?

810 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 15:05:17
けちゃっぷの新婚生活が始まると今迄のような
2チャン入りびたりが出来なくなるだろうなぁ・・・。

心は阿弥陀様でも下半身は山の神だよね・・・。

811 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 16:28:27
山神は三心に通ず。
妻をめとっても念仏申す生活させていただければいいのや。

812 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 16:58:42
日本仏教の堕落は僧侶の妻帯と世襲が原因にはちがいない。
それから、葬式仏教。
檀家といえども、無宗教、不信心を主張する人は多い。

813 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 17:09:55
>>812
真の仏教はどの宗派ですか?

814 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 17:14:23
>>813
釈尊の教えと戒律を当時のままに純粋に伝える、上座部仏教。

815 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 17:18:08
>>814
なるほど。
日本の仏教はダメなんですね。

816 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 17:20:16
なぜそこでダメだと飛躍するのよ。。

817 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 17:28:27
混ざりものが多く、宗派争いが・・・。
とくに2ちゃんねるに出入りする・・・・・・。

818 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 17:34:18
>>815
日本仏教の教えは各宗派どれも素晴らしいよ。
ただね、
その教えを人々に伝えることが難しい時代なんだよ。
伝える側も、受け取る側も、いろいろと問題がありすぎる。
信仰というのは努力して身につくものでもないし、
縁によって気付かされて自然と仏と教えと教団を敬うように
ならない限りは度し難しです。

819 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 17:54:36
修行と儀式が理にかない人間向上に役立てば、伝える側も受ける側も自然に受け入れ広まってゆくことは間違い無しです。


820 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 17:58:50
人間向上?なんて、また人間知らずな言葉だ。

821 :けちゃっぷ:2006/03/06(月) 19:21:32
>>810 コンパに行けなくなっても念仏すれば往生できます

822 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 19:24:54
嫁さんを夜な夜な極楽往生させるのは念仏じゃダメだぞ。。

823 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 20:24:08
けちゃっぷくんの奥さんは、かわいいの?
ナイスバディ?
それとも、ブサイクで貧乳? おせえて。

824 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 20:34:20
野暮な事聞くなって!本人の口からは照れて言い辛いだろが・・・・
けちゃ様の嫁さんだよ、そりゃーぁ可愛くて、ナイスバディで
それなりのオッパイだよ。。。稼ぎだってけちゃ様より稼ぐんだから!

825 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 20:52:53
けちゃっぷくんだったら、教えてくれるよ。
以前、セックス中に念仏して煩悩を抑えたとかなんとか
カキコしていたんだから。

826 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 20:56:53
>>825
なら聞いてみなよ・・・ついでにその以前の相手は
嫁さんかって言う事も。。。

827 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 20:59:35
寺院連盟「はちす会」僧侶派遣業
http://www.hachisu-net.com/homon/
こんなのあるんだな。
葬儀ビジネスって日本仏教界の恥部の一つだ。

828 :ごんべさん:2006/03/06(月) 21:11:53
あの、けちゃっぺと、けちゃっぷは、別人なのか?

829 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 22:07:00
けちゃっぷの、五段活用〜♪
かちゃっぱ、きちゃっぴ、くちゃっぷ、けちゃっぷ、こちゃっぽ〜♪


830 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 22:14:03
仏教を単なる儀式執行の宗教と考え、心の統治という役割を忘れた時、
仏教の堕落が始まったんじゃないでしょうか。

831 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 22:20:16
けちゃっぷの嫁さん。まよねーず。。。

832 :けちゃっぷ:2006/03/06(月) 22:29:00
>>828 別人です。


833 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 22:31:07
>>832
新婚旅行は何処行くの?嫁さんの希望は?

834 :ごんべさん:2006/03/06(月) 22:38:13
けちゃっぷ、人生のいい時だな、楽しみたまえ。

835 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/06(月) 23:28:45
プライベートな話はよそでやってくださいませんか。
お願いします。

836 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/07(火) 07:08:33
>>835
のような声もあるし、けちゃさん、板違いでないところで個人スレたてる気はないですか?
自分でたてるのはいくらなんでも、というなら立ててあげるよ。どこがいい?
それともあくまで浄土宗の人間の多いここにいるべきかな?


837 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/07(火) 20:20:53
さみしい人生だ。
一年間に日本で約3万人の自殺者がでてるのに、
念仏信仰が心の拠りどころになることはないんだろうな。

838 :ごんべさん:2006/03/07(火) 20:44:39
ちゃんと勉強すれば、念仏信仰は心の拠りどころになるよ。

839 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/07(火) 21:37:17
http://intermezzo.cool.ne.jp/report/Lupin/R3_temp.swf?inputStr=%82%C8%81%60%82%DE%82%A0%81%60%82%DD%82%BE%82%A0%82%A0%82%F1%82%D4%81%60%81%F4

840 :興味@日蓮宗葵講 ◆X872v3FaeI :2006/03/07(火) 22:45:30
けちゃさん、ごめんなさい……
興味はけちゃさんのプライベートを明かしてしまいたした……
ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい

841 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/07(火) 22:50:48
>>840
ほんとに誤る気があるなら、上っ面の言葉じゃなくて態度で
示したら?   2チャンを引退するとか。。。。

842 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/07(火) 22:59:59
迷惑男のプライベートな話はよそでやってくれ。
スレを私物化するのは本人だけで充分迷惑だ。

843 :けちゃっぷ:2006/03/07(火) 23:02:44
>>840 いえ、気にしないでください。
僕が言わなければよかったんですよね。
法律改正前の話とはいえ、ギリギリのとこでしたから。
もう忘れてください。あと、安心してください。
あの頃の僕はもういませんからね。
これも阿弥陀様のおかげです。

844 :牛飼い:2006/03/07(火) 23:44:06
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 ナムサーマンダラモーターナンダ

845 :牛飼い:2006/03/07(火) 23:50:55
性生活は子供を作る目的意外やってはならぬ、、恥を知れ!

かといって俺は過去にある都市でナンバーワンナンパ師だった。恐れ入ったか野郎ども!
実力のある男はひと味違うのだよ。南無阿弥陀仏

846 :けちゃっぷ:2006/03/08(水) 00:21:50
アホ2ちゃんねらの常套句「ネタだから」
直前まで虚勢を張ってた奴も、都合が悪くなったらこの捨て台詞をはいて逃げていく。
自分の書いた言葉に何の責任ももてない人間、それが2chの雑魚名無し。

847 :牛飼い:2006/03/08(水) 00:27:31
以前テレビで放映していた住職たちのお寺改革奮闘記に出演していた新潟市にある日蓮宗の住職が
昨日の読売新聞で次期住職を広く一般公募するとして募集していたが、これは彼の売名行為なのか?
それとも本当に後継ぎが居ないのか。雇われ住職募集か?採用条件では年齢、性別、国籍条項無し、
としているので多数の応募があるかもしれん。

現職の浄土宗住職にはこのように一般から募集した例は無いのか?広くと門を開くべきと思うのだが。

848 :牛飼い:2006/03/08(水) 00:28:43
>>846俺のことか?

849 :牛飼い:2006/03/08(水) 00:31:58
そう熱くなるなよ、けちゃ
眠れなくなるぜ

850 :牛飼い:2006/03/08(水) 00:35:49
いっとくけど俺の攻撃目標は、けちゃぷではないぞ

851 :ごんべさん:2006/03/08(水) 00:44:33
>>ウシへ  お前さんにゃあ、仮想敵国があるのか?

852 :牛飼い:2006/03/08(水) 01:04:04
>>851 俺は朝鮮人が大嫌いだ、なんか文句あるか!
ごんべいはどうなんだ

853 :牛飼い:2006/03/08(水) 01:10:25
2chの主催者は在日と特別なつながりがあるらしいからな、注意しないと。

854 :ごんべさん:2006/03/08(水) 01:28:20
>>ウシへ  俺は、あまり感じないんだけど・・・。ただ、今日、
嫌韓流1と2を買って来て(各1000円)読んだら、なかなか難しい
問題を含んでいるな。俺自身は、在日に直接、迷惑をかけられては
いないから、反感はないが・・・。

855 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/08(水) 04:36:42
>2chの雑魚名無し。
・・・・・・・・・・・・・・・遠吠えとはまさにこのことw

856 :けちゃっぷ:2006/03/08(水) 08:21:54
>>846 偽けちゃ

857 :けちゃっぷ:2006/03/08(水) 09:57:35
偽けちゃぷのそのまた偽けちゃぷ

858 :けちゃっぷ:2006/03/08(水) 09:58:08
>>856 偽けちゃっぷ


859 :けちゃっぷ:2006/03/08(水) 11:16:15
初代本物のけちゃっぷ師、何処行った。

860 :けちゃっぷ:2006/03/08(水) 11:59:32
オレこそが本物だ。
ちゃんと授戒して戒律まもっているから嘘はつかない。
オレこそが本物の浄土宗、他はインチキです。

861 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/08(水) 12:11:27
本物はいま奉職中・・・・・・

862 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/08(水) 12:29:10
同税務署は02年5月「読経は請負業、
遺骨の管理は倉庫業に当たる」などと指摘。

読経って請負業だってさ・・・

これからの時代、
信仰の世界に理解を持たない役人増えるだろうな。

863 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/08(水) 12:30:30
猫ひろし、にゃ〜、らっせら〜らっせら〜

864 :けちゃっぷ ◆ZutfXt.Wrk :2006/03/08(水) 12:34:08
>>389 そうですね

865 :けちゃっぷ ◆ZutfXt.Wrk :2006/03/08(水) 12:35:43
まちがった
>>838へ そうですね

866 :本物けちゃっぷ:2006/03/08(水) 12:37:58
もうそのオッサン飽きた。

867 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/08(水) 12:37:59
>>865
んじゃぁ・・・・>>389の意見には不賛同なの?

868 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/08(水) 12:39:50
>>838
勉強しなかったら、心の拠りどころにはならないだろう?
自殺をしようとする人のほとんどはそういう余裕はないよ。

869 :けちゃっぷ:2006/03/08(水) 12:42:12
>>862 ブッダは、詩を唱えた見返りとして信者から供物をいただくことを、拒否しましたね。
ですから、読経のサービス料金(対価)として、
お布施をするのではありません。
普段から「お寺に寄付したいなぁ」と信仰心に燃えている信者が、
たまたま家に僧侶が来た時や、
たまたまお寺に行く機会があった時に、
ついでに布施しているのです。
その「たまたま」の中に、法事も含まれるというだけ。

870 :けちゃっぷ ◆ZutfXt.Wrk :2006/03/08(水) 12:47:56
読経を金で買うことになると、お金のない人はお経を聞けなくなります。
んなことになっては困るので、
釈尊は詩の見返りに供養を受けるのを拒んだのでしょうか?

871 :けちゃっぷ:2006/03/08(水) 12:50:52
念のため追記。
釈尊は、人から質問されて答えるときに、
教えを詩にして答えている場面がある。
その詩に感動して信者になった人が、詩のお礼に布施しようとしたら、
釈尊がそれを断った。


872 :本物けちゃっぷ:2006/03/08(水) 13:12:08
釈尊のおしえは、無常なるもの生老病死の恐怖から
衆生を救い、「大涅槃」に至る道を示された。
読経のサービス料金とか布施なんてこと言い出すのは
餓鬼道に落ちてんだよ。



873 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/08(水) 14:05:59
けちゃっぷ乱立中。

874 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/08(水) 14:08:01

.        ∧_∧
       (・∀・ )<ヲイがほんもんだっ!
     ((⊂   と)
  グリグリ(⌒   /
    (_)ゝ ノノノ
 ⊂(´;ω;`)つ_)<ホンモンはこっちなのに。。。

       


875 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/08(水) 14:24:04
念仏していたら、
諸仏諸菩薩が囲繞して守ってくれるってホントかな?
法然上人のご法語の中には記述があるけど。

876 :本物けちゃっぷ:2006/03/08(水) 15:07:22
これが菩薩です
http://www.innolife.net/bbs2/img/star/3922.jpg

877 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/08(水) 15:12:21
ナムナム

878 :牛飼い:2006/03/08(水) 15:21:52
>>854 俺も先日嫌韓流1を買ったのだが、その後3ヶ月ほどでパート2がでたよな(早すぎ!)。
近じかその著作を買うつもりだ。

俺は結構在日たちと関わりを持ってきたので奴等の気質は心得ておるぞ。
奴等は最後には儒教的優越行為を実践するので困りものだが。(ゆすり、たかり、など)

879 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/08(水) 22:50:47
愚者です。
私の意見なんかどうでもいいけど。
牛飼いさんにがっかり。


880 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/09(木) 23:24:23
北米教区の「元」檀家・・・なんだかな〜。
どこにもタカリっているんだね〜。

と同時に、法然上人が流罪になったときの行いって、
改めてスゲーと思う今日この頃。

881 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/09(木) 23:50:08
>>880
でも、内容を読めば現地の事情もわからないレベルの低い開教使を押しつけて、
それに反発した現地の檀家さん達を出入り禁止にしたようだよ。
別院は現地の檀家さんたちの寄附で出来たんだから文句を言うのも当然だと思うし、
客観的に見ても、どうも分が悪いから訴訟費用がかかるんでしょう。

882 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/09(木) 23:54:02
とりあえず貼っときます
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1141870234/

883 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/12(日) 12:35:49
比叡山 黒谷 青龍寺。
法然上人が25年修業された良きお寺です。
大きな境内を住職がおひとりで切り盛りされています。
慈悲深いお坊様です。
車では境内近くまでは進入不可能です。
奥比叡ドライブウェイ峰道レストラン駐車場から徒歩30分程度です。
本来のお坊様の姿を垣間見た気がします。
尚、とても賢い番犬がいます。
御住職もお忙しいので電話の問い合わせは控えられた方が無難です。

884 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/12(日) 13:27:03
親鸞「悪人正機説」、「源流は法然アピールを」浄土宗議会で声相次ぐ

浄土宗の僧侶らで構成する浄土宗議会(京都市東山区)で七日、
「浄土真宗の宗祖親鸞の教えで有名な『悪人正機説』はもともと、
浄土宗の宗祖法然の『悪人往生』の思想が源流なのに知名度が低い」として、
宗派として積極的なアピールを求める声が相次いだ。
悪人正機説は、親鸞の言葉を収めた歎異抄の「善人なおもて往生をとぐ、
いわんや悪人をや」の一節で知られる。もとは親鸞の師である法然が
「悪人でも念仏を唱えれば極楽往生できる」という考えを唱え、
いくつかの伝記や書物に記述がある。
ところが、一般には悪人正機説は親鸞の独自の思想との見方が広がっており、
学校教科書でも同様の記述が目立つ。このため、この日の宗議会でも、
「宗教学者の間では法然上人がオリジナルとの見方が強まっている」
「何も言わないと浄土宗が認めたと世間は思う。
東西本願寺や教科書会社、文部科学省にきちんと説明すべきだ」など、
宗派として対応を求める意見が相次いだ。
「宗旨の『他力本願』の誤用には素早く指摘している浄土真宗を見習うべき」
との声もあった。
これについて水谷幸正宗務総長は「親鸞さんが法然上人に全幅の信頼を置いていたのは確か。
浄土宗はおおらかなのが長所で、真正面から対立するのは避けたい」と話した。
一方、浄土真宗本願寺派の教学伝道研究センターは
「だれでも阿弥陀仏に救われるという教えは共通しており、悪人正機説の思想は
浄土真宗の専売特許と言っているわけではない」と困惑している。(以上 京都新聞3月8日号)



885 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/12(日) 13:29:21
>>884
しかし、これって浄土宗的にはどうなんですか?

「悪人正機」は、うちが本家だとかアピールしても、
実際に悪人正機を今の浄土宗が説いているわけではないし、
変にアピールすると、自分の首しめるようにならないのかな。

886 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/12(日) 14:43:41
赤の真似事は真宗に任せておけ。

887 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/12(日) 16:23:48
>>885
浄土宗の真宗に対するいつもの「ひがみ」にしか思えない。


888 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/12(日) 17:10:17
>>887
それ、バカの壁の一種ですよ。こうだ、と思った事から思考が動かなくなる。
誤解を生む元ですし、卑下慢、増上慢を育てますよ。

889 :けちゃっぷ:2006/03/12(日) 17:15:16
>>888 『バカの壁』の養老さんは、スマナサーラ長老のファンですよ

890 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/12(日) 17:29:06
>889
それがどうした。浄土宗とはかんけいなだろう。オカルト坊主はひっこめ

891 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/12(日) 20:05:25
「悪人正機」って、悪人こそ救われるって考えでしょ?
でも、それは法然上人の万人救済の考えからはズレてしまうから、
俺は好きじゃない。上人は対機説法でそういう表現をしただけだと思う。
なんか、綺麗な言葉を切り取って、酔っているだけのような気がする。

892 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/12(日) 21:45:12
>>891
親鸞の「悪人正機」の「悪人」は、
法然の「悪人往生」の「悪人」とは意味が違うのに。

893 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/12(日) 23:05:48
じゃあ、言葉の意味を変えて、酔ってるんだ。

894 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/13(月) 00:49:41
>>892
折角だから、違いを説明してください。

895 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/13(月) 01:05:48
親鸞によって、仏教が堕落した面は、確かにある。宗祖が煩悩に勝てな
いのでは、後に続く者がマトモなわけない。

896 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/13(月) 01:08:19
>>895
じゃあお前は煩悩に勝てるのかと問いたいね

897 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/13(月) 01:17:38
親鸞が「悪人正機」と言う時の「悪人」は、
犯罪者でもなく、客観的に能力が劣っている人でもないでしょ。
宗教的な自覚の問題で、煩悩具足の自覚があるから、
自分自身を、自力で善を積んで修行できる存在とは見ない。
だから阿弥陀仏の本願に心から帰命するのが悪人の自覚をもつ人。
他人から見れば、立派な人でも、自分に煩悩具足の自覚があれば、
自分のことを悪人だと思う。
だから客観的に、他人を悪人だとか善人だとか判断するのではなく、
あくまでも、阿弥陀仏と私との関係において悪人の自覚がある。
よく「悪人正機」だと、凶悪犯罪の犯人も救われるのかという話になるが、
他人の善悪、他人の救いではなく、そう思う自分の自覚が問題にされる。
あんなやつよりは、自分がましだから先に救われるだろうと思う、
その心が問われているんですね。
悪人正機は、そこに本願に対する全幅の信が成立するかどうかの問題でしょうね。

898 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/13(月) 01:19:04
>>895
もうやめようよ。
何か、浄土宗の真宗に対するひがみに見えて、なさけないよ。

899 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/13(月) 01:27:18
要は「悪人正機」は、信機・信法を言い換えた言葉。これがなかなか理解されない。

900 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/13(月) 01:53:17
そりゃそうでしょう。
教科書には「悪人正機」としか
書いてないんですから。
中途半端に教科書に載せるなって
訴えたらいかがです?
宗教家が何を言ったって
メディアの宣伝力には勝てないんですから。

901 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/13(月) 08:51:35
>>900
しかし、浄土宗の僧侶ならプロでしょう。
議会の僧侶は勉強していないということ?
あんなアピールしたら恥かくよ。

902 :けちゃっぷ:2006/03/13(月) 12:34:23
>>899 信機なき人なおもて往生をとぐ、況んや信機の人をや?
質問》信法だけでも往生できますか?できませんか?

903 :けちゃっぷ:2006/03/13(月) 12:48:38
>>895 順番が逆では?
仏教が堕落したから、
悪人往生の念仏が必要になったのでしょう。

904 :ケチャッぽ:2006/03/13(月) 16:29:36
阿弥陀仏の来迎

お経には「もし善良な者が阿弥陀仏の名号を聞き、その名号を心に
とどめ、一日ないし七日の間、一心に思いを乱さないなら、臨終に弥
陀と聖衆が現れ、寿が終わると願生者の心が混乱せずに阿弥陀仏の極
楽に往生する」と説かれている。


905 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/13(月) 16:43:47
機と法の二種深信を以て深心と為す。
片方を欠かば、すなわち深とは為さず。これ浅なり。
往生かなうべからず。


906 :中央公論:2006/03/14(火) 02:23:07
ちょうど今月号の「中央公論」に西本願寺門主のインタビューが載っていて、
そこで「悪人正機」をこんなふうに説明していますね。

悪人とは誰のことか。宗教的な基本としては、それは「私」であるということです。
世の中を見て「善人もいる。悪人もいる」というように、第三者的に眺めた言葉ではない。
「私」を仏教の教えに照らして省み、自ら悪人であると気づかされる、
というところが基本にあります。

自分が悪人であるということになれば、自分が上に立って、
他の人を責めるようなことはできなくなるわけです。
自らの至らなさに気づくわけですから。
そこから他の人々を温かく見るような姿勢が出てくるといえます。


907 :中央公論:2006/03/14(火) 02:27:13
>>906 続き

ただ、この悪人という自覚も非常に難しい問題です。
「どうせ悪人なのだから、いいことなんかできるはずがない」というふうに、
世の中の秩序に対して無関心になるおそれもあります。
第三者から見れば、「悪いことをした人も救われるのなら、世の中が成り立つのか」
という批判も出てきます。

基本的には、自分の不完全さというか、至らなさに気づく言葉でした、
そのままでいいのだということではない。
そこから姿勢を正すということにつながってくる言葉です。





908 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/14(火) 07:09:26
自らの律しかたもわからないのが
悪人たる我々ですよ?
やはり完全に守れないにしても、戒律は必要では?

909 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/14(火) 09:46:23
>>908
戒律という形式にとらわれると、
また別の意識が生まれてしまいますね。
鏡は阿弥陀仏の本願ということでしょうね。

910 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/14(火) 11:23:29
>>908
酒は飲まない、嘘はつかない、
もはや形骸化した戒律を悪人の根拠にするならば、
「悪人正機」で説かれる「悪人」の自覚からは、
また外れてしまいますね。

911 :けちゃっぷ:2006/03/14(火) 12:18:40
>>910 法然さんが罪悪生死の凡夫の自覚に至った要因として、
“戒を守れない”という現実は大きかったでしょうけどね。

912 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/14(火) 12:50:10
>>911
親鸞の言う悪人正機は、
そこから、さらに人間を見つめ直した、その先でしょう。

913 :けちゃっぷ:2006/03/14(火) 17:36:06
>>912 法然さんにとって大事だったことは、
今目の前にいる人が往生できるようになること
だったのではないでしょうか。
さらに加えて、
目の前にいる信者が同じ往生できるのなら、
少しでもりっぱな仏教徒になってもえるよう
導いたのではないではないでしょうか。
祖師達の語録の言葉尻を追い掛けることが、教義なのかどうか、
疑問に思います。


914 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/14(火) 17:56:01
>>913
立派な仏教徒になって萌え〜かいな

その「りっぱ」って何なん?
だれが「りっぱ」って決めるん

915 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/14(火) 17:58:09
>>913
いつも教義の言葉尻をああだこうだと言っているのに、
都合が悪くなると、あいまいに誤魔化すんですね。

916 :けちゃっぷ:2006/03/14(火) 18:33:57
>>914 りっぱな仏教徒とは、煩悩が少ない人ではないでしょうか。

誰かに認定されなくても、
煩悩が少ない人は煩悩が少ないでしょう。
煩悩が少なくなればなるほど、
日常生活が楽ちんになり、人生が快適になります。
おなじ往生できるなら、
残された寿命を少しでも快適に全うするほうが好いでしょう。
他人にりっぱだと認められるために
りっぱになってほしいのではありません。
りっぱになれば快適になるから
りっぱになってほしいのです。
法然さんは、抜苦与楽の精神ゆえに、
信者にりっぱになってもらいたかったのでは?

917 :けちゃっぷ:2006/03/14(火) 18:42:29
りっぱな仏教徒とは、幸せな人。
法然さんは、目の前の人に少しでも幸せになって欲しかっただけではないでしょうか?


918 :けちゃっぷ:2006/03/14(火) 18:48:08
さらに法然さんは、目の前にいない人の幸せも願っていたはず。
殺人鬼でも往生できると教えて殺人鬼が幸せになる。
しかし殺人鬼に殺されて不幸になる人を増やさないためには、
殺人鬼に殺人をやめさせねばなりません。
ですから、悪人往生を説きがら、善を勧めるのです。

919 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/14(火) 19:09:19
 往生往生と、まだ見ぬ世界にブッダも浄土坊主以前の僧侶も思索はしなかった。
あの世について、仏陀は無言であった。
生きることに焦点をあてたものが求められている。現世において、往生できるために
頑張れと言って、だれが付いてこようか。己で体験し、それを世間に示してこそ僧侶の
本意かと。論理や理屈は誰でも言えるから。

920 :けちゃっぷ:2006/03/14(火) 19:49:15
>>919 現世で煩悩をなくせないから往生に目がいくのです。
しかし、念仏の瞬間には理屈もいりませんよ。
南無阿弥陀仏以外に何も要らないのですから。
南無阿弥陀仏よりも重要な思考などない。
だから南無阿弥陀仏を通してすべてを受け入れられます。


921 :けちゃっぷ:2006/03/14(火) 19:55:59
心が念仏以外の思考から念仏に戻る瞬間
その瞬間があれば幸せです。
五感からの刺激に脳が反応して妄念がつぎつぎ浮かぶでしょう。
でもある時突如、妄念から念仏にもどる。
それを体験すればそれだけでいいのです。
なんにも要らない。
あれが欲しいこれが欲しいも、
所詮念仏以外の思考です。
どうせ念仏に戻れば欲しくなくなるものなのです。
念仏から離れれば欲しくなるかもしれませんが、
また念仏に帰れば欲しくなくなるから、
手に入れなくてもいいものばかりです。

922 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/14(火) 20:22:22
あ〜あ、また始まったよ・・・・

923 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/14(火) 20:48:49
本店では放置プレイのみを認めておりますのでその他のプレイはご容赦ください。

924 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/14(火) 21:53:40
>922
ボクはそんなけちゃっぷ師の方が好きだけどなぁ。

浄土系の門徒が日本に於けるノーベル賞受賞者をほぼ独占している一因に
後生の救いがあるから憂いなく現世を精一杯生きるという姿勢があるように思う。
けちゃっぷ師が上のレスで語っているように、法然さんの教えは十分伝わってまつよ。
これからも遺漏無く伝えていってくださいな。 (‐人‐)


925 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/14(火) 23:03:47
>>924
こういうのに好かれているのか・・・
いや、まいったまいった。

926 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/15(水) 03:29:05
当時法然さんほど持戒の人はいなかったと聞くが
そんなに戒律を守れなかった自分に悩むものだろうか


927 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/15(水) 05:39:04
悩むと言うより、懺悔じゃないでしょうか。
それも究極の。
守るべきを守れないおのれを、徹底的に
見つめ直されたんでしょうね。
戒律をやぶっても、もはや厳罰を科す事は
その当時もはやなかったでしょうから
自ら懺悔するより他なかったのでしょう。

928 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/15(水) 21:03:08
結局、現代日本人に何を伝えることができるんだろう?
時機相応の教えなんだろうかな?

929 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/15(水) 21:12:46
書物に書いてある事をそのまま説いても
おそらく伝わらないでしょう。
問題は、伝える側がいかに教義を咀嚼し
相手に伝える努力をするかですが
そのためには、現実の問題を厳しく見据える目も必要です。

930 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/15(水) 21:35:41
>>929
「現実の問題」?・・・どんな問題を言っているのかな?
個個人の抱えている問題を見据えるって容易じゃない。

君は教義を咀嚼して教えを上手く伝えることができた経験でも
あるのかい?
もしそういう経験があるのなら是非参考に聞かせてほしい。

931 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/15(水) 22:34:14
苦集滅道。四諦を現実に照らし合わせて
対応してみよう。
いきなり他人の悩み苦しみを取り除こうとしても
無理がある。
まず、自分の問題から一つ一つクリアしてみよう。

その上で他人の悩みに対応出来た時、その人と気持ちが
通じあったと思える時、その喜びはとても大きい。
考えるより、とにかくやってみる事です。
それが成功か、正解かはやってみてから考えれば良い。
ただし、私はこうしたら成功した、だから貴方もこうしなさい、
なんて偉そうな事は言えない。
だって、例え成功だったとしても
それはその場限り、一期一会の事ですから。

932 :けちゃっぷ:2006/03/15(水) 22:36:11
>>929 感情や欲は無常であり必ず過ぎ去るのに、
現実には一時的なできごとにすぎない感情や欲に流され、
行動を誤り悪業を重ねてしまいます。

933 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/15(水) 23:02:05
専門用語を出して教えを説けば
有り難く聞こえるが
耳に入っても頭に残らないもの。
また、自分の言葉になっていないと
相手は聞く耳さえ持ってはくれない。
とりわけ、現代人はより解りやすいものを
求める傾向にある。
そんな時代に理論武装をしてみても
中国の軍拡問題と同じで、トラブルしか生まない。

934 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/16(木) 00:15:50
>>933
理屈の通らない勝手な教義も困るけどね。

経験に裏打ちされた言葉は重みが違いますよね。
以前大嫌いな商売ッ気たっぷりの老僧が戦争体験の話をもとに
法話をしていて、妙に頷けた自分に驚いた事がありました。
内容自体はたいした内容でもなかったんですけどね。

現代人は本来は精神的に教育しなおす必要がある障害者みたいなものだから
(差別的な意味ではなく)
そのためのケアの方法において従来のものでは全く用を為さないのは
仕方の無い事かもしれませんね。

935 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/16(木) 00:43:22
正直言って、
自分が僧侶として不適格で且つやる気もない世襲バカ野郎だから、
教えを伝えるなんてとんでもないな。
せいぜい、法事の読経の時に一枚起請文の現代語訳を読み加えるぐらいが
精一π。

936 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/16(木) 00:44:59
>>934
五重相伝は、浄土宗では
布教のためにとても重要な事として
行えば功績として加算される。

でも、参加するのは古くからの信者さん、つまりは
お年を召された方々がほとんど。
時間に余裕のない若い世代はまず参加しません。

問題、ありますよねぇ。

937 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/16(木) 00:51:14
日本仏教、微力なり。

938 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/16(木) 00:55:40
小さな事からコツコツと。

939 :けちゃっぷ:2006/03/16(木) 08:29:58
>>936 もっと気軽に参加できる仏教教室みたいなのを
やりたいです。

940 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/16(木) 09:18:29
>>939
そのためには、プレゼンテーション能力を
磨いたり、接客の方法を考えるなど
色々考えないとね。
尚且つ、それが浄土宗義に基づいたものでないと。

一つ間違うと、カルトのセミナー臭くなるから
その点も留意しよう。

また、一人では色々無理があるから
有志を集めて勉強会など、準備に手を抜かない事。

一朝一夕には出来ない事だから、とりあえず出来る事から始めてみないと。

941 :けちゃっぷ:2006/03/16(木) 12:47:02
>>940 そうなんですよねぇ。
青年会の勉強会みたいなのもほとんど平日だし、
布教師の勉強も、
兼業坊主には難しいです。
坊主の世界も格差社会かよって思えてきます。


942 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/16(木) 13:00:37
織田信長は聖徳太子の生まれかわりだそうです。輪廻転生の法則によれば、あのような偉大な魂は約500年に一度この世に生まれて覚醒するらしいです。日本に縁のある偉大な魂はそう何個もあるもではないはずです。
そういえば、お釈迦さまも末法の世に日出る国に輪廻するという事です。

943 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/16(木) 16:30:47
>>942
あほか

944 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/16(木) 16:45:14
「生まれかわり」って考えは、極楽浄土の考え方と一番矛盾する考え方だと思ふ


945 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/16(木) 16:54:20
ま、逆に考えれば、
いくら”偉大な魂”であっても、
念仏しなけりゃいつまでも六道を
輪廻してるっつーことだわな。

946 :けちゃっぷ:2006/03/16(木) 17:35:29
>>942 ブッダはすでに平安なる滅びに入られています。
再び生まれることはないでしょう。

947 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/16(木) 17:41:52
ブッダは永久に不滅です!

948 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/16(木) 17:46:56
そういえば・・・。
私は仏陀の生まれ変わりって言ってた人がいましたね。
逮捕されたんでしたっけ?あの人。

949 :けちゃっぷ:2006/03/16(木) 18:05:12
>>947 二度と生まれないから、二度と滅びません。

950 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/16(木) 23:16:20
>>949
まず、釈尊は仏になったのだから、
永遠の存在であり滅びることはないのでは?

次に、生まれ変わりの子が本物かどうかは知らないが、
応身という考え方は出来るのでは?

951 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 01:11:53
>>950
もう少し勉強してから書き込めば?

952 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 02:38:47
困った事に、自称他称共に釈迦、仏陀の
生まれ変わりと言う人が
結構あちこちにいる。
他者にあの人は立派な人だから、きっとお釈迦さんの
生まれ変わりだと言われている人はまだ良い(ホントはダメ)
自分で言う人。コレは本当にダメ。確か、何年か前に
逮捕された人がいたと記憶しているが
無知蒙昧も甚だしい。

953 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 09:19:16
浄土宗として、お釈迦様は、
今でもどこかに居ると考えるのが正しいのですか?
今はどこにも居ないと考えるのが正しいのですか?

954 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 09:27:35
>953
無勝浄土の釈尊は現にましますが(法然上人も言及しています)、
われわれ凡夫を教化する娑婆世界の釈尊は入滅なさったので、いらっしゃいません。
だから、今の世界を無仏の世と考えます。

質問の趣旨がよくわからないのですが、凡夫にとっては、釈尊はどこにもいない、というのと変わりがありません。

955 :けちゃっぷ:2006/03/17(金) 12:49:44
釈尊は入滅されたけれども、
釈迦如来の仏像を拝む時には、
生きた釈尊を拝むような気持ちになることもあります。


956 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 14:19:33
たとえ絵像木造であっても、現に生身の仏が御前にましまし対面する気持ちで望めば、
やがてその人にとってそれが生身の仏となり、そこが浄域となりますね。

957 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 15:28:48
>>941
ふと。

専業坊主にとっては、暦の休日は忙しいのだから
平日に勉強会をするのは当たり前ですな。

兼業と休日暇な人で集まってみればいいんじゃないの?


和歌山の浄青の人にはすこし同情したくなりましたがwwwwwww

958 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 16:45:36
お念仏していたら生き抜けるかな?
不幸続きで追い詰められた人間がお念仏で救われることってあるのかな?
教えてください。

959 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 17:09:04
お 念仏自体にそんな効能は無いような気がしますが・・・・
おやさまの教えに気がつけばそんなきになるかもね


960 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 17:21:15
江原氏って、念仏極楽往生を完全否定してるみたいだね。
あの能力持っている人がはっきりこんなこと(下記参照)
言ってるとなると・・・ポリポリ。

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-ehara.html

「より高い境地に行くために」より

世の人の中には、死を迎えたら天国に昇天するとか、
すぐに神と1つになると考えている人がいますが、
真相はそう簡単ではありません。
毎日神様に祈ったり、念仏を唱えてさえいれば
天国に行けると単純に考えている人もいますが、
それは全くあり得ないことなのです。

961 :けちゃっぷ:2006/03/17(金) 17:29:32
>>958 阿弥陀様の教えに救われたという一般の人を、
実際に知っています。


962 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 18:10:42
>960
そんな奴の言うことを信じるのがどうかしてるぜ。
霊能力だのなんだのといったバカなことにかぶれるようじゃ念仏も申しようがないだろうな。

963 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 18:45:31
>>962
しかし、一般受けしてるのは事実だ。
実際見えてる人に太刀打ちできない。
大槻教授とでも対決してもらいたいものだ。

念仏で極楽往生できるって教えは、まさに不思議なことだよ。
素直に信じれる人ってどれくらいいるんだろうね。

964 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 18:48:45
>963
本当に見えているの?キミに見えるモノがあいつに見えているわけかい?

965 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 19:17:26
>>961
どういうふうに救われたのか、
阿弥陀信仰のどんな所に救われたのか、
是非聞かせてください。

966 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 19:38:48
>>941
ホームページを立ち上げて
そこで教室を開くというのはどうでしょうか?
ある程度人数が集まったらオフ会のようにして
休日に霊場などに集まって
別時念仏をするとか。
毎回行き先のお寺を変えるなどして
楽しみの要素を加えるのもいいですよ。

967 :けちゃっぷ:2006/03/17(金) 19:41:47
二十代の女性です。写メで見たかぎり、びゅーてぃーです。
4年前くらいに聞いた話で、
あまり立ち入ったことは、あえて聞きませんでしたが
何か悩んでいた時期があったようです。
で、阿弥陀様の平等の慈悲に感じるところがあったのではないでしょうか。
宗教系ホームページで知り合い、
その時すでに彼女は阿弥陀仏ファンでした。
今もたまにメールしていますが。


968 :けちゃっぷ:2006/03/17(金) 19:47:54
>>966 会員にテキストを郵送すればいいですしね。
仏教入門コースに使うテキストは、どんなのがいいでしょうか?
佛大の『仏教入門』なら、一応基礎仏教と浄土宗の教えがのってますが。

969 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 19:50:43
>けちゃっぷ
宗義についても、仏教一般についても、嘘っぱちばっかり並べるあんたが仏教を説くのはよくないんじゃないの?
あんたの言葉を聞いた人が不幸になったら責任をとりなさいよね。

970 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 20:45:41
>>969
彼は自分に非があっても絶対に認めませんから。

971 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 21:03:29
何故、聖者や霊能者と言われる人間が出現するんだろう?
素朴な疑問。

972 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 21:32:29
>>967
けちゃっぷくんのお嫁さんは、びゅーてぃーなの?

973 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 21:37:32
そりゃぁぁー・・・もぅー 。けちゃっぷくんのお嫁さんだもの

びゅーてぃー無量寿、じゃろうが。。。

974 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 22:20:53
いいなぁ〜 けちゃっぷくん、
びゅーてぃーなお嫁さんと いっぱいラブラブできて。
性欲が満たされるって有り難いことだ。

975 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 22:23:57
ありがたい 感謝の気持ちで なんまんだぶ

976 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 22:33:01
けちゃっぷくんのお嫁さん。
びゅーてぃーで性欲が満たされるだけじゃないよぉ。。。

稼ぎだって、けちゃっぷくんの上なんだもん。ハッピー無量じゃん!

977 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 22:34:10
>>974
登場頻度も下がることでしょう。

978 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 22:35:38
このスレも役割を終えましたか?

979 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 22:39:34
終わりでいいでしょう。

980 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 22:41:04
けちゃっぷくんのオノロケで梅てほすい!

981 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 22:41:10
では、浄土宗の話題はこちらに雪崩れ込んでください。

◎浄土宗(鎮西・西山) 合同総合スレッド◎
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1129816018/

982 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 22:42:45
クイズでつ。。。。

けちゃっぷくんの夜の営みの好きな「退位」なんでしょうかぁ??

983 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 22:55:13
四十八手の第十八

984 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 22:55:16
念仏極楽往生の教え、
時々、ホントに真実を伝えてるのか?と疑問に思うことないか?
檀信徒の先祖供養の念仏ばっかり称えてるのが現実だし・・・

念仏の教えに間違い無しと確信した経験のある人、
その体験を語ってください。

985 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/17(金) 22:58:16
その話題は>>981でやれっての。

986 :953:2006/03/17(金) 23:43:50
>>954 お釈迦様の浄土があるとは知りませんでした。
浄土も含め、どこかに居るか居ないかが疑問でした。
>>955 >>956 ごもっともです。
今回知りたかったのは教義上どう解釈されているのかでした。

勉強になりました、ありがとうございました。

290 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)